動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
商品紹介動画・サービス紹介動画

サービス紹介動画の作り方を初心者向けに解説!実写とアニメーションの制作の違いも

サービス紹介動画の作り方を初心者向けに解説!実写とアニメーションの制作の違いも
B!

「自社のサービスをアピールしたいけど、効果的な動画の制作方法はある?」
「サービス紹介動画の作り方やポイントを知りたい」

上記のように、サービスの紹介動画のアプローチについてお悩みの方はいませんか。

動画広告の市場は今後も右肩上がりが予測されており、情報伝達力の高い動画は活用場面も多く便利です。

現在は企業のアプローチ方法としても動画が主流となっていますが、動画を活用するメリットや設計・訴求方法を正しく把握していなければ、正しくターゲットにリーチできないこともあります。

そこで本記事では、サービス紹介動画の作り方について徹底解説します!

初心者の方にもわかりやすいよう、実写とアニメーションそれぞれの作り方のポイント等も紹介していますので、ぜひ最後まで記事をお読みの上、動画制作にお役立てください。

目次

サービス紹介動画とは

サービス紹介動画とは、企業や事業者が自社の提供するサービスの特徴や利用方法、メリットを映像と音声を通じて紹介する動画のことです。

無形商材であるサービスは、実際に目に見えないため、その価値や利用シーンを理解するのが難しいのが特徴です。

サービス紹介動画では、この課題を解決し、サービスを視覚的に表現することで、視聴者にその内容をより深く理解してもらうことができます。

また、動画を用いることで、サービスの具体的な使用例や効果を視覚的に伝えることが可能になり、視聴者に対する訴求力を高めることも期待できますね。

特に、BtoBサービスや複雑なサービス内容を持つ商材の場合、動画による紹介は非常に効果的です。

動画は、視聴者が情報を受け取りやすい形式であるため、サービスの魅力を分かりやすく伝え、興味や関心を引きやすくなります。

サービス紹介動画の活用目的と活用シーン

サービス紹介動画は、様々な広報シーンで活用でき、主に以下3つの目的で使用されます。

  • サービスの認知度やブランディングの向上
  • 販売を目的としたプロモーション
  • サービスの利用方法の説明

具体的な活用シーンを見てみましょう。

営業活動やイベント

サービス紹介動画は営業活動のシーンやイベント出展の際に役に立ちます。

営業活動においても、動画を活用することでサービスの特徴やメリットを短時間で伝えられ、営業担当者の説明に一貫性を持たせることができます。

デバイスがあればすぐに提示できるので、手軽さも魅力ですね。

イベントでの利用では、大画面に映し出された動画が来場者の関心を引きつけ、一度に多くの参加者に情報を伝えることが可能です。

採用活動のブースでも、会社で提供しているサービスや事業案内として活用できます。

プレスリリースやウェブサイト

新商品の発表やサービスリリース時にサービス紹介動画を使用することで、サービスの概要を迅速かつ効果的に伝えられます。

また、企業のウェブサイトに動画を掲載すると、訪問者に対してサービスを分かりやすく説明し、自社のサービス案内として活用できますね。

ウェブ上での視認性やSEO効果の向上にも貢献してくれます。

この場合、直接企業の情報とともに動画を掲載するので、トンマナといったデザインやコンセプトの一貫性について、ブランドイメージと統一されることが重要です。

サイネージ

公共スペースに設置されたデジタルサイネージで、サービス紹介動画を流すことも有効的です。

通行人の注意を引き、サービスへの関心を高められます

動きのある映像は静止画よりも注目を集めやすく、サービスの魅力を効果的にアピールし、プロモーションできます。

この場合、縦型と横型があるため、規格を確認し制作する必要があります。

インターネット広告

SNSやYouTubeなどでサービス紹介動画を広告として配信することで、ターゲット層に直接アプローチできます

動画は視聴者によって共有されやすく、ウェブ上での拡散効果が高いため、広範囲のユーザーへのリーチが可能です。

動画広告はエンゲージメントという視聴者と企業の一体感や双方向の関係性を高めやすく、ユーザーの関心を引きつける効果が期待できます。

また、サービス利用の説明方法としてYouTube等のプラットフォームに動画をあげることで、サービス申し込み者へのサポートを兼ねながら、サービスの利用を検討している方へのアピールもできますね。

サービス紹介動画の制作メリット5つ

サービス紹介に動画を用いて制作することのメリットを紹介します。

メリットや特徴を踏まえ、制作する動画効果の最大化を狙いましょう。

  • 無形のサービスも可視化し表現しやすい
  • 限られた時間で多くの情報を伝えられる
  • 具体的な利用イメージがしやすい
  • サービスだけでなくブランドイメージも伝えられる
  • SNSでの拡散性が期待できる

無形のサービスも可視化し表現しやすい

サービス紹介動画は、特に無形で目には見えないサービスを分かりやすく可視化し、表現するのに非常に有効です。

例えば、クラウドサービスやオンラインプラットフォームなど、目に見えないサービスでも、動画を通じてその機能やメリットを具体的に示すことができます。

コンサルタントのような数字で結果が見えてくるようなサービスも同様です。

アニメーションや実写映像を組み合わせることで、サービスの抽象的な概念も視覚的に理解しやすくし、顧客にサービスの価値を効果的に伝えられます。

限られた時間で多くの情報を伝えられる

動画は限られた時間の中で、テキストや静止画よりも多くの情報を伝達することが可能です。

動画の場合、人間が内容を判断する言語・聴覚・視覚の3つの情報を一気に盛り込めます。

そのため、視聴者は動画を通じて、短時間でサービスの全体像を把握し、その特徴や利点を迅速に理解できますね。

特に複雑なサービスや多くの機能を持つサービスの説明、企業コンセプトの具現化などに役立ちます。

具体的な利用イメージがしやすい

視聴者が具体的なサービスの利用や体験をイメージしやすいことも、メリットのひとつです。

実際の使用場面を描写することで、顧客はサービスを自分の日常生活やビジネスシーンでどのように利用できるかを具体的にイメージできます。

また、視聴者の悩みや抱える課題を提起し、解決へと導く動画シナリオは、「自分ごと化」しやすく、より共感を得やすくなる効果も。

顧客の購買決定に大きく影響を与える要素となるため、できるだけリアルなシチュエーションを表現すると良いでしょう。

サービスだけでなくブランドイメージも伝えられる

動画は単にサービスを紹介するだけでなく、企業のブランドイメージや企業風土も同時に伝えられます

動画のスタイル、トーン、メッセージは、企業のブランドを表現する重要な要素になり、視聴者に対して企業のアイデンティティを強く印象づけます。

そのため、企業のイメージと逸脱しない動画制作が不可欠です。

視聴者にどのように見えるか、といった第三者の目線も動画制作の大事なポイントになります。

SNSでの拡散性が期待できる

SNSは動画コンテンツの共有が容易で、拡散性が高いプラットフォームです。

サービス紹介動画は、視覚的に魅力的で共感を呼ぶ内容であれば、視聴者によってSNS上で自発的に共有され、広範囲にわたるターゲットにリーチできる可能性が高まります

動画自体の拡散力や共有数が高まることで、ブランドの認知度が向上し、新しい顧客層の獲得機会を生める機会が増えていきます。

また、SNSを通じた動画の共有は、低コストで効率的なマーケティング手段としても非常に有効です。

そのため、いかに視聴者の興味を引けるか、が動画制作のポイントのひとつになっています。

サービス紹介動画に実写やアニメーションを用いるメリット

動画制作の場合、実写で制作するか、アニメーションを用いるかも重要なポイントです。

実写・アニメーションそれぞれの良さがあるので、メリットを確認し、動画の内容を活かせる方法を選びましょう。

実写

実写は、実際の人物やものを撮影して映像にする方法です。

撮影用の機材やスタッフなどのほか、撮影のための手配や準備が必要になることが特徴です。

リアルさや臨場感を伝えられる

実写動画の大きなメリットは、リアルさや臨場感を強く伝えられることです。

実際の人物、環境、製品やサービスを利用している様子を映し出すことにより、視聴者に現実感の高い映像体験を提供できます。

特に人の感情や反応、製品の使い勝手や質感などを伝えるのに非常に効果的です。

視聴者は、実写映像を通して、製品やサービスが実際にどのようなものか、より深く感じ取ることができます。

「自分ごと化」しやすい

実写動画は、視聴者が「自分ごと」として感じやすいです。

実際の人物やシチュエーションが登場することで、視聴者は自分自身をその場面に置き換えやすくなります

例えば、同じような悩みを持つ方がサービスを利用することで、悩みが解決した、という様子を見せることで、視聴者は「自分も同じように悩みから開放されるかも」と感じやすくなります。

実写動画は視聴者に直接的な共感や自分との関連性をイメージさせ、サービスや製品への関心を深められる魅力があります。

実際の操作や利用シーンを理解しやすい

実写動画は、実際のサービスの操作方法や利用シーンを直感的に理解しやすくするメリットがあります。

特に、最新技術を使用したアプリの使用方法や手順、飲食店やホテルなどのサービスの体験プロセスなどを動画で表現する場合、実際の行動や手順を映像にすることで、視聴者に具体的な操作感や体験の流れを伝えられます。

実写では、実際にサービスを使う人の表情やリアクションも捉えられるため、サービスの受け手の感覚をリアルに伝えられることもポイントですね。

サービスへの理解を深め、実際の利用へスムーズに促してくれる手法として活用できます。

アニメーション

アニメーションは、動きに合わせて少しずつ変化させた複数のイラストをつなぎ合わせて再生し、動いているように見せる技法です。

キャラクターがいなくても、イラストであればアニメーションにカテゴリーされ、現在はデジタルでの制作が主流になっています。

制作コストを抑えやすい

アニメーション動画の制作は、実写動画と比較してコストを大幅に削減しやすい特徴があります。

実写動画では必要となる撮影機材、ロケーションの確保、俳優やスタッフの手配などが不要です。

そのため、アニメーション制作ソフトウェアを使用すれば、比較的低予算でも高品質な動画を作成できます。

ですが、アニメーションも、手間の多い作業や高度なCG技術などを取り入れると一気に予算が上がることがあるので、注意しましょう。

イメージのしやすい動画制作ができる

抽象的な概念や複雑なサービス内容を視覚的に表現しやすく、視聴者に内容をよりわかりやすく伝えられることも、アニメーションの特徴です。

キャラクターやオブジェクトを用いてストーリーを展開することで、視聴者の理解を促し、具体的にイメージしやすくします。

例えば、形のないサービスの成果や結果をイメージしてもらうには、アニメーションで具体的に示すと、頭のなかで情報の整理がしやすくなりますね。

再編集や調整がしやすい

アニメーション動画は、後からでも修正や変更が比較的容易に行えるメリットがあります。

実写であれば再撮影や差し替えが必要な場合でも、元の素材を再利用し、比較的手をわずらわせることなく追加や修正を行えます。

市場の変化や最新情報の更新が必要な場合も、柔軟かつ迅速にコンテンツ更新が可能です。

幅広いシーンで活用できる

アニメーション動画の汎用性は非常に高く、様々なシーンで効果的に使用できます

企業のプロモーション、教育、広告、SNSコンテンツなど、幅広い分野での活用が可能です。

視聴者の興味を引くやすく、情報を伝えやすいアニメーション表現は、メッセージを効果的に伝えるのに役立ちます。

実写とアニメーションを組み合わせることで表現の幅が広がる

サービス紹介動画に実写とアニメーションを組み合わせることで、表現力の幅を格段に広げ、サービスの魅力を多角的に描くことができます。

実写で現実感を演出しつつ、アニメーションでクリエイティブな要素や動きを加えて動画を制作すると、視聴者のサービスのイメージをしやすくさせるだけでなく、サービスへの興味や理解を深めやすくなるでしょう。

例えば、本好きの方が「捨てたくはないけど家に溜まってしまっている本をなんとかしたい」と問題を抱えている様子やサービス利用後の様子を実写で撮影し、レンタルスペースの利用やメリットをアニメーションで表現するなどです。

映像にメリハリや動きがでるため、表現の幅が広がると同時に、動画自体の質や訴求力を高められます

サービス紹介動画の作り方と流れ:実写

それでは、実写を用いたサービス紹介動画の作り方と流れについて解説していきます。

実写は、大まかに分けて撮影に向けての構成設定と撮影、編集の3過程です。

どのパートも手が抜けませんが、撮影に向けての構成設定が動画のゴールを決定づけます

しっかりと一つひとつ丁寧に行っていきましょう。

  1. 動画の目的・解決したい課題を決める
  2. ターゲットやペルソナを決める
  3. 動画の公開方法や媒体を決める
  4. サービスの魅力やメッセージを洗い出す
  5. 企画・構成を練る
  6. シナリオを作る
  7. 絵コンテを作る
  8. 撮影に必要な手配をする
  9. 撮影
  10. 編集・ナレーション追加
  11. 最終調整

動画の目的・解決したい課題を決める

サービス紹介動画を制作する場合、まず動画制作の目的や解決したい課題を明確にします。

例えば、「新しいサービスの認知度を向上させたい」「サービスを利用してもらうことで、仕事の効率が上がることをアピールしたい」などです。

動画の内容を構成するにあたって大事な指針や動画の流れのゴールになるため、目的や課題は明確に決めましょう。

ターゲットやペルソナを決める

次に、動画のターゲットやペルソナを特定します。

若年層をターゲットにする場合は、ある程度トレンドを取り入れたり、動画の尺を短くするなどが必要になります。

ペルソナ設定は動画のトーンやスタイルに直接影響するため、年齢、職業、住環境、趣味嗜好や抱える悩みなど、できるだけ細かく決めましょう。

【ペルソナ設定例】

名前 佐藤 菜那子
性別・年齢 女性・28歳
職業 アクセサリー販売員・副店長
住まい・趣味 マンションにひとり暮らし・カフェ巡り
悩みごと 20代後半になってきて、どのような服装が似合うのかわからなくなってきた。出勤時も服装自由なため、仕事に来ていく服装に迷う。

動画の公開方法や媒体を決める

実写動画の媒体は何を利用するか、どういったタイミングで公開するかを決めましょう。

例えば、ウェブサイトやソーシャルメディア、イベントでの公開など、目的やペルソナに合わせて最適な公開方法や媒体を選択します。

公開媒体や公開方法によって、動画の規格や動画としての見え方も異なるため、配信や公開の方法に合わせて動画を制作する必要があります。

いずれにしろ、拡散性を狙うのであれば、YouTubeやSNSに公開できる動画を用意できるようにはしておきましょう。

サービスの魅力やメッセージを洗い出す

サービスのどの点を強調したいか、どういった魅力があるかを決め、それを伝えるメッセージを洗い出します。

実写の場合、特にサービスのリアルな使い心地や顧客の反応を映像で表現できますね。

また、魅力や強調したい点があることで、どういうメリットを顧客にもたらすのか、そのためにどういったメッセージが必要なのかを決めましょう。

企画・構成を練る

この段階で、ターゲットやサービスの特徴に基づいて、企画や構成を練ります。

動画の全体的な流れやキーポイントを決定し、どのように視聴者の関心を引きつけるかを考えましょう。

実写では、実際の使用シーンや顧客の声を取り入れるのも大変有効です。

構成を作成する際には、以下の6W1Hを参考にしてみましょう。

Who 誰が何の動画を作るのか
Whom 誰に向けた動画を制作するか
When いつ動画を視聴してもらうか/配信するか
Where 視聴場所/配信プラットフォームはどこか
What 何の動画を制作するのか
Why なぜ動画を制作するのか
How どのように配信するか

シナリオを作る

動画の詳細なシナリオを作成します。

シナリオには、登場する人物、場所、具体的なセリフ、映像の流れなどを含めます。

実写の場合、特に自然な会話やリアルなシーンを作り込みましょう。

絵コンテを作る

動画のビジュアルイメージを具体化するために、シナリオをもとに絵コンテを作成します。

シーンごとのカット、カメラワーク、演出などの詳細を書き出し、撮影時の指針とします。

この絵コンテをもとに撮影を進めていくので、撮影前の最終調整を細かく行っておきましょう。

撮影中に変更が生じた場合、費用が大幅に増えてしまうこともあるため、念入りな確認が必要です。

撮影に必要な手配をする

実写動画の撮影に入る前には、場所の選定や手配、機材の準備、俳優やスタッフの手配など、多くの準備が必要です。

準備する内容と費用をこの時点で再計算し、予算オーバーしないように確認・調整を行います。

予算とスケジュールに応じて、効率的かつ効果的な撮影計画を立てましょう。

撮影

実写のサービス紹介動画では、撮影がとても重要になります。

撮影時には、映像の明るさや背景、カメラの設定などを適切に調整し、高品質な映像を撮影しましょう

周囲に雑音がたっていないかを確認し、可能な限り静かな環境で撮影することが大切です。

また、撮影するシーンや対象が明確になっているか、撮影計画に沿って進行しているかも常に確認が必要です。

撮影時間が伸びるほど、費用もかさんでいく傾向にあります。

撮り逃がしはいちばん避けなければいけませんが、撮影自体が大幅に遅れていないかのコントロールは大変重要です。

必ずディレクターやプロデューサー、また予算管理をしている方など、最終OKを出せる方が現地に同行しましょう。

編集・ナレーション追加

撮影が終わったら、編集作業に入ります。

編集では、撮影した映像を整理し、シーンの順序やカットを適切に繋ぎ合わせていきます

強調したいポイントやメッセージは、ナレーションやテロップを追加することで、より効果的に伝えられます。

特にナレーションは、視聴者の理解を深めるために重要で、ナレーションを追加する際は、サービスの特徴や利点を明確にし、視聴者に伝わりやすい言葉選びが重要です。

また、ターゲットや動画に合ったスピード、声色、テンションをディレクションしながら録音を進めましょう。

また、編集段階での音量調整や映像効果の追加も、動画の印象を左右しますので、慎重に行いましょう。

最終調整

最終的な調整段階では、全体の流れや映像の質、分数、ナレーションの明瞭さなどを確認します。

ここで大切なのは、動画がターゲットに向けたメッセージを効果的に伝えているか、サービスの魅力が十分に表現されているかをチェックすることです。

必要に応じて、色調整や音響調整を行い、全体のバランスをとります。

動画が完成したら、ターゲットや使用する媒体に適しているか最終確認をしましょう。

視聴者にとって魅力的でわかりやすい動画になっているか、目的に沿った結果が得られるかを最終的に確認することが大切です。

サービス紹介動画の作り方と流れ:アニメーション

次に、アニメーションを用いたサービス紹介動画の作り方と流れを解説します。

途中までは実写と変わりませんが、アニメーションは外注する場合が多いため、絵コンテ作りまでをより慎重に決定していきましょう。

  1. 動画の目的・解決したい課題を決める
  2. ターゲットやペルソナを決める
  3. 動画の公開方法や媒体を決める
  4. サービスの魅力やメッセージを洗い出す
  5. 企画・構成を練る
  6. シナリオ・絵コンテを作る
  7. 素材・原画を作る
  8. 中割り作成・彩色
  9. 編集・ナレーション追加
  10. 最終調整

主に1〜4の過程は、先の実写を用いた制作の場合と変わりません。先の見出しを参考に進めましょう。

また、アニメーションの種類や質によって、作業が簡易化する場合もあるので認識しておきましょう。

アニメーションと実写の両方を用いる場合もあるので、企画・構成から改めて解説します。

企画・構成を練る

アニメーションのサービス紹介動画を制作する際は、この段階で、動画の全体的な長さやストーリーライン、動画のトーンやスタイルなどを決定します。

動画のテーマやメッセージに合わせて、視聴者に伝わりやすいビジュアルスタイルや色調を選び、ストーリーに沿った構成を考えます。

この時点で、実写とアニメーションの両方を用いる場合は、バランスやどのポイントで双方を使用するかを決めておきましょう。

シナリオ・絵コンテを作る

企画・構成後のシナリオ作成では、具体的なセリフやシーンの流れ、キャラクターの行動や感情表現を細かく書き出します。

セリフがなければ、ナレーションの内容を書きましょう。

シナリオが完成したら、絵コンテの作成に進みます。

絵コンテはアニメーションのいわば「青写真」で、シナリオを基にシーンごとのビジュアルを具体的に描きます。

キャラクターや背景のデザイン、カメラアングル、アニメーションの動き、セリフや効果音のタイミングなどを細かく決定していきます。

また、視聴者がサービスの特徴やメリットを、直感的に理解できるようなビジュアルを考えることが重要です。

絵コンテはアニメーション制作の方向性を定め、制作チーム全員が同じビジョンを共有するための重要な道具です。

視覚的に動画の全体像を描くことで、実際のアニメーション制作時にスムーズな作業が行えるようになります。

素材・原画を作る

絵コンテまで制作したら、早速アニメーションの制作に入っていきます。

まずは、必要なすべてのビジュアル要素を作り出すことから始めましょう。

キャラクターデザインには、表情、衣装、ポーズなど細かな部分に注意を払い、背景はサービスイメージにあう色彩やデザインを用います。

現在多く用いられているピクトグラム的なデザインは、ポップなイメージを与えますね。

素材が完成したら、アニメーションのキーポイントとなる原画の制作に移ります。

従来は欲しい動きに合わせて枚数を描いていましたが、今はデジタルに動かすこともできます。

原画はアニメーションのもととなるパートなので、ここでいかに丁寧に作業できるかが、アニメーション全体の質に直結します。

中割り作成・彩色

原画が完成した後は、中割りの制作に取りかかります。

中割りは、原画と原画の間に挿入されるイラストで、キャラクターやオブジェクトの動きを自然に見せるために必要とされています。

細かな動きやイラストの移り変わりを注意深く描き、アニメーションの滑らかさを生み出していきましょう。

彩色段階では、色を加え、光と影を用いてアニメーションに深みとリアリティを与えます。

編集・ナレーション追加

素材が揃ったら、編集作業に移ります。

ここでは、絵コンテに基づいて素材を組み合わせ、映像を連続させる作業を行います。

カットの順序やタイミングの調整、効果音や音楽の追加、テキストやタイトルの挿入などを行い、仕上げを目指していきましょう。

編集段階では、動画全体の流れやリズムを見極め、視聴者にとって魅力的で理解しやすい映像を目指します。

ナレーションを入れる場合、映像がほぼ完成した状態で録音を行い、整音を施した後、映像に重ねてタイミングや音量を調整します。

最終調整

すべての工程を経た後、試写と微調整を行います。

細かな編集の修正や色調の調整、音声の最終チェックなどを行い、全体の品質を高めます。

最終的な確認を経て、アニメーションは完成です。

効果的なサービス紹介動画を制作するポイント7つ

動画制作の流れを把握したら、より動画の質を高めていくための以下のポイントを押さえながら、効果を最大化できる動画を目指して制作していきましょう。

  • 視聴者の悩みや課題を冒頭で提示する
  • メッセージをしぼる
  • 動画の尺が長くならないようにする
  • トンマナを揃えて統一感を出す
  • 「自分ごと化」しやすい内容にする
  • サービスに合った媒体で配信する
  • 視聴者目線で動画を制作する

視聴者の悩みや課題を冒頭で提示する

サービス紹介動画では、視聴者が抱える課題や悩みを初めに提示すると、より効果がのぞめます。

冒頭に親近感を持ってもらうことで、視聴者は動画に対して関心を持ちやすくなります

ユーザーの問題を理解し共感を呼び、その解決策としてのサービスを自然に紹介するする流れを作りましょう。

メッセージをしぼる

動画には伝えたいメッセージをいくつも盛り込まず、1つにしぼりましょう。

複数のメッセージを詰め込もうとすると、視聴者は混乱し、結局何も伝わらない可能性があります。

1つの動画で伝える内容は、視聴者の心に響きやすいよう、明確で印象に残るものに限定しましょう。

動画の尺が長くならないようにする

サービス紹介動画の長さは、できるだけ短くすることが望ましいです。

動画の尺が長くなると、視聴者の離脱率が高まります。

また、特に若い世代はSNSの影響で、1分程度の短い動画に見なれているため、長い動画には飽きやすい傾向があります。

必要な情報を簡潔に伝え、視聴者の興味を維持することが重要です。

余計な説明や演出は省略し、情報密度の高いコンテンツを目指しましょう

トンマナを揃えて統一感を出す

動画制作では、トーンとマナー(トンマナ)を揃え、統一感を出すことが大切です。

色使い、フォント、映像スタイルを統一し、ブランドイメージに合致させることで、視聴者は商品やサービスに対して信頼感を持ちやすくなります。

ブランドの一体感を演出することで、視聴者に深く印象を残すこともでき、ブランドイメージの向上も期待できるでしょう。

「自分ごと化」しやすい内容にする

動画は、視聴者がいかに「自分ごと」として捉えてもらえるかが重要です。

商品やサービスを購入する際、視聴者は自分にどのようなメリットがあるのかを考えます。

そのため、視聴者が自分の状況やニーズに照らし合わせて考えられるようなシナリオを作成することが重要です。

サービスに合った媒体で配信する

サービス紹介動画をどの媒体で配信するかは、そのサービスの性質やターゲットによって異なります。

配信するプラットフォームの特性を理解し、それぞれに合わせて動画のサイズや尺、BGMなどを調整する必要があります。

サービスサイト / コーポレートサイト

サービス紹介動画は、コーポレートサイトやサービスサイトのトップページに掲載されることが多いです。

事業方針やサービス概要を分かりやすく伝えることができ、ブランドイメージの情報としても機能します。

採用サイト

採用サイトでは、サービス紹介動画を通じて、求職者に対し、企業が提供しているサービスや事業の魅力を伝えることができます。

求職者が会社の事業内容やサービスの価値を理解しやすくなり、認知度向上にも役立ちます。

SNS

SNSでは、動画の長さや内容を各プラットフォームの特性に合わせて調整することが重要です。

YouTubeでは長めの動画が適していますが、TwitterやInstagramでは短く要点を絞った動画が効果的です。

投稿するプラットフォームごとの、横型や縦型などの映像比率もしっかり確認し制作しましょう。

視聴者目線で動画を制作する

視聴者が動画を見て何を感じ、どう行動するかを常に意識しながら制作することが何より大事な点です。

動画制作時には、常に視聴者の立場に立って、彼らが理解しやすく、共感できる内容を心がけましょう。

視聴者の関心を引きつけるためには、テロップやアニメーションを効果的に活用し、キーメッセージを強調することも有効です。

また、BGMや効果音、キャッチコピーの選定も、動画の全体的な印象に影響を与えるため、慎重に選びましょう。

サービス紹介動画の作り方

動画の作り方として、自社内製する方法と、クリエイターや制作会社に外注する方法の主に2種類があります。

シチュエーションや予算によって最適な方法を選べるよう、それぞれの特徴を確認しておきましょう。

自社内製する

メリット

自社で動画を制作する最大のメリットは、コスト削減にあります。

機材やソフトなどの初期投資は必要になりますが、長期的に見ると、外部に依頼するよりも費用を抑えられます。

また、自社製品やサービスに対して十分に理解できているため、細部にわたってサービス内容の魅力を反映させやすいです。

さらに、制作過程での意思決定が迅速に行え、変更や追加が発生しても柔軟に対応できる点も大きな利点です。

デメリット

しかし、自社内製にはいくつかのデメリットも存在します。

高品質な動画を制作するためには、専門的なスキルや経験が必要ですが、身につけた社員が社内にない場合は、制作内容のクオリティが低下する可能性があります。

また、社内リソースを動画制作に割くことで、本来の業務に影響を及ぼすことも懸念されます。

特に初心者が動画を制作するとなると、かなりの時間を費やすことになるでしょう。

さらに、プロフェッショナルな機材やソフトウェアの不足も、ダイレクトに品質に影響を与えます。

品質の良くない動画を公開することで、サービスの魅力を伝えきれなかったり、ブランドイメージを損なってしまう可能性もあります。

確かな品質の動画が制作できない場合は、プロに依頼することをおすすめします。

  • 自社内製できるとコストや作業効率面でメリットが大きい
  • 制作スキルや知識に自信がない場合は、制作した動画で企業イメージを損なう可能性があるため外注がおすすめ

クリエイターや制作会社に依頼する

メリット

クリエイターや制作会社に動画制作を依頼する最大のメリットは、専門的な技術と経験による高品質な制作が期待できる点です。

プロフェッショナルな視点からのアドバイスや、最新のトレンドを取り入れたクリエイティブな提案が得られることも大きな利点です。

マーケティングに精通している制作会社やクリエイターの場合、市場動向の情報をもとに、より効果的な配信方法や訴求方法を提案してくれることも。

また、社内リソースを動画制作に割かずに済むため、本業に専念することができます。

デメリット

外部に依頼する場合のデメリットとしては、費用が自社内製に比べて高くなることが挙げられます。

現在は動画を制作する企業が格段に増えたこともあり、中小企業向けにコンパクトな予算で動画制作を請け負う制作会社やプランもでてきています。

ですが、ある程度のターゲットへのリーチを狙うとなると、大手の制作会社に依頼する必要があります。

また、制作会社とのコミュニケーションには時間がかかることもあり、自社のニーズや意図を正確に伝えるためには細かな調整が必要になることもあります。

さらに、制作スケジュールが外部の事情に左右されることもあり、急な変更や追加に対応しにくい場合もあるでしょう。

そのなかでも、ある程度小回りを利かせながら対応できるのが、フリーランスのクリエイターです。

クリエイターは1人、または少人数のチームで請け負うことがほとんどのため、制作会社に比べると費用を抑えやすい傾向にあります。

ですが、人手が少ない分、大きな予算をつぎこむような大型の動画制作には向かないことが多いです。

規模の大きさに合う依頼先を決めましょう。

  • 質や効果の高いプロフェッショナルな動画制作や提案、施策を期待できる
  • 費用が高くなる傾向にあるため、動画制作規模や予算感にあった制作会社やクリエイターを選ぶ必要がある

自社内製しつつ部分的に外注する

サービス紹介動画を効率よく、高品質に仕上げる方法として、自社内で制作を行いつつ、必要な部分を外注するという方法があります。

コストを最小限に抑えつつ、サービス紹介動画の効果を高められる方法です。

社内に存在するサービスの知識やブランド理解を活かし、動画の基礎となる企画・構成を自社で行うことで、サービスの魅力を最大限に伝えるための要素を的確に反映させることができます。

奇抜なアイディアや、マーケティングを強く意識した動画制作の場合は、企画から外部に入ってもらうと良いでしょう。

一方、専門的な技術や高度なクリエイティブが求められる部分、例えば映像の撮影、編集、特殊効果の追加、ナレーションなどを依頼するなどして、業務を分担して進めます。

外部のプロを活用することで、動画全体のクオリティを高めることができ、最新のトレンドや技術を取り入れた、魅力的でインパクトのある動画に近づけます

外注する業務は、費用とスケジュールを事前にしっかりと把握し、全体の制作プロセスをスムーズに進めることが重要です。

希望するクオリティの動画を制作するためにも、外注先とのコミュニケーションを密にし、自社のビジョンや要望を正確に伝えましょう。

効果的なサービス紹介動画制作のための外注ポイント4つ

自社内製が難しい場合、または自社内製でまかなえないようなサービス紹介動画を制作する場合は、制作会社や広告代理店、クリエイターに依頼する必要があります。

外注する場合は、いかに自社の要望やイメージをスムーズに伝え、コミュニケーションを円滑にとっていけるかが重要です。

以下のポイントを踏まえ、外注先と効率よく動画制作を進めていきましょう。

  • 予算や納期を決めておく
  • 目的やターゲットなどを言語化しておく
  • 配信媒体や参考動画を決めておく
  • 相見積もりする

予算や納期を決めておく

動画制作の予算や納期は必ず事前に決めておきましょう

依頼を受けた制作会社やクリエイターは、設定された予算の範囲内で最適な提案を行えます。

また、納期が明確にあることで、制作プロセスの計画が立てられます。

急な納品を希望する場合は、追加料金が発生することもあるため、早めにスケジュールを確認しましょう。

目的やターゲットなどを言語化しておく

動画制作の目的やターゲットを明確にし、言葉として表現できるようにしておくことが重要です。

動画が伝えるべきメッセージや、ターゲットとなる視聴者層について具体的に言葉で伝えることで、制作会社やクリエイターは適切な企画をたてやすくなります。

例えば、「新サービスの宣伝とともに自社の認知度を上げたい」「新しい顧客層をとりこみたいため、20代後半の男性にアプローチしたい」などです。

配信媒体や参考動画を決めておく

動画の配信媒体を事前に決定し、可能であれば参考になる動画を用意しておくと、企画がスムーズに進みます。

配信媒体によって最適なフォーマットや長さが異なるため、明確にしておくと手間が減らせます。

参考動画は、制作会社に対して具体的なイメージを伝えるのに大いに役立ち、イメージを通じた効率的なコミュニケーションにつながります

相見積もりする

外注する場合は、複数の制作会社やクリエイターから見積もりを取ることをおすすめします。

価格だけでなく、サービスの内容やクオリティ、対応の速さなどを比較することが可能です。

また、依頼内容の適正価格を知ることもできるため、不要な出費を防ぐことにもつながります。

相見積もりをすることで、予算内で最適なパートナーを選ぶことができ、より効果的な動画制作を実現できるでしょう。

サービス紹介動画を制作するなら「Video Works」

VideoWorksバナー①-20231023

無形で成果がわかりにくいサービスは、いかにメリットや魅力をわかりやすくできるかが、動画制作成功のポイントになります。

自社内製できればいちばん良いですが、求める動画のクオリティに至らなかったり、マーケティング視点が不足していたりと、予算以外にも改善すべき点が多い、とお困りの方もいらっしゃるでしょう。

「Video Works」は、そんなお悩みを解決できるフリーランスのクリエイターと出会える、業界最大級のマッチングサービスです。

依頼先探しの際の、一社一社見積もりを依頼して問い合わせて・・・という手間もなく、サイトに登録して予算や依頼内容を専用フォームに入力するだけで、クリエイターからの提案が集まります。

ポイント①:サービス紹介動画も制作実績が豊富

Video Worksでは、年間1,000件ほどの案件を発注いただいており、ジャンルを問わず様々な動画制作に対応しています。

サービス紹介動画の依頼も多く、たくさんの制作実績があります。

経験と知識に基づいた提案力があることも、Video Worksのクリエイターの強みです。

Video Works制作実績①:GMOクリエイターズネットワーク株式会社 様

Video Works制作実績②:株式会社QuickWork様

▶ 多数の実績と経験で効果の高い動画制作の提案ができる ◀

ポイント②:数万円〜で依頼できる

数万円〜の予算でも依頼できることもポイントです。

Video Worksのクリエイターへは、企画から丸ごとの依頼から、アニメーションだけ、編集だけ、といったスポット依頼まで、自社の都合や要望に合わせて依頼できます。

また、間に代理店を挟まないためマージンが発生せず、クリエイターに直依頼が可能。

そのため、数万円〜で依頼できることもあります。

▶ コストを極力減らし、質の良い動画を量産できる ◀

ポイント③:最短当日に発注できる

もうひとつのメリットは、依頼から最短当日に発注できる点です。

Video Worksには現在10,000名を超える全国のクリエイターが登録しているため、提案が集まりやすくなっています。

そのため、条件が合えば最短即日で発注できることも。

発注前にクリエイターと直接打ち合わせができるので、しっかり依頼内容をすり合わせた上で発注可能なので、安心です。

クリエイター選びに迷ったり、クリエイターを探す時間もなかったりする場合には、専任のコーディネーターによるクリエイターの紹介も対応しています。

▶ タイトなスケジュールでも柔軟な対応が可能 ◀

まとめ 〜サービス紹介動画は作り方を把握して外注をうまく利用して制作しよう〜

本記事では、サービス紹介動画の作り方やメリットについて詳しく解説しました。

わかりやすさや伝わりやすさを重視した動画制作になりますが、やはりインパクトやどれだけ印象に残るかも大事です。

せっかくの良いサービスも、魅力的にその情報を届けられなければ意味がありません。

記事の内容で解説したメリットや特徴をインプットし、外注をうまく活用して、質の高い効果的なサービス紹介動画を制作しましょう。

そして、外注の依頼先に悩んだ場合は、ぜひVideo Worksをご利用ください。

初心者でも利用しやすく、ハイクオリティな動画制作ができるVideo Worksなら、思いがけないクリエイターとの出会いで、素敵な化学反応が起こるかもしれません。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。