動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
商品紹介動画・サービス紹介動画

サービス紹介動画の活用事例9選!制作種類ごとにポイントも詳しく解説

サービス紹介動画の活用事例9選!制作種類ごとにポイントも詳しく解説
B!

「サービス紹介動画の制作に必要な情報はなんだろう?」
「どんな動画を参考にして制作すればいいか知りたい」

自社サービスを動画を用いてアプローチする際に、どういった情報が必要なのか、お悩みの方もいらっしゃるでしょう。

単に自社から発信したい内容だけではなく、顧客や視聴者に魅力的に映るよう、動画の構成や表現に工夫が必要です。

本記事では、サービス紹介動画の制作に参考にしたい動画事例を紹介します。

制作ポイントなどについてもまとめているので、ぜひご担当者は動画制作の参考にしてください。

目次

サービス紹介動画の制作メリット

効果的なサービス紹介動画を制作するために、サービスのアピールに動画を利用するメリットを知っておきましょう。

主なメリットは以下の5つです。

  • 形のないサービスも可視化し表現しやすい
  • 短時間で多くの情報を伝えられる
  • サービスを利用したときのイメージがしやすい
  • ブランドイメージも一緒に伝えられる
  • 拡散性が高い

形のないサービスも可視化し表現しやすい

サービス紹介動画は、形のないサービスや抽象的なコンセプトを視覚的に表現するのに最適なツールです。

例えば、クラウドサービスやコンサルティングなど、直接目に見えないサービスも、動画を通じて具体的なイメージや流れを示すことができます。

アニメーションやグラフィックを使用することで、サービスの特徴やプロセスを分かりやすく伝え、視聴者にサービスの内容をイメージしてもらいやすくなります。

イメージがしやすいと、視聴者はサービスの価値を理解してくれると同時に、サービスへの関心度を高めやすくなります

短時間で多くの情報を伝えられる

短時間で多くの情報を効率的に伝えられることも、動画を用いるメリットです。

テキストや静止画では長々と説明する必要がある内容も、動画なら数秒で視覚的に表現できます。

さらに、音声やBGM、テキストやテロップを組み合わせることで、いくつもの情報を一度に提供することが可能です。

動画はテキストのみと比べると、5,000倍の情報量を持つと言われています。

視聴者はわずかな時間でサービスの概要や特長を理解できるので、情報が記憶に残りやすくなります。

サービスを利用したときのイメージがしやすい

サービス紹介動画を通じて、サービスを利用するシーンやシチュエーションを伝えられます。

リアルなユーザー体験を動画で演出することで、視聴者は自分自身がそのサービスを使っているところをイメージしやすくなります。

人は、自分に大きなメリットがあると感じたときに購買意欲が生まれます。

この「体験の先取り」は、視聴者の関心を引き、自分ごととして捉えやすいため、その購買意欲を高める効果も。

また、サービスの実用性や便利さを具体的に訴求することで、信頼性や説得力を向上させる効果も期待できるでしょう。

ブランドイメージも一緒に伝えられる

サービス紹介動画は、単にサービスの情報を伝えるだけでなく、ブランドイメージを同時に伝えることもできます。

動画の色使い、音楽、ナレーションのトーン、映像のスタイルなどを通じて、ブランドの個性や価値観といった企業プロモーションも可能。

ブランドのオリジナリティやコンセプトを情報に盛り込み視聴者に伝えることで、単なるサービス提供者以上の存在として認識されやすく、長期的な顧客関係を築く基盤作りに一役買ってくれます。

拡散性が高い

動画コンテンツは、その視覚的魅力と共有のしやすさから、SNS等のプラットフォーム上で素早く拡散される傾向があります。

視聴者は動画の内容が特に印象的だったり、情報に価値を感じたりすると、人に共有したくなるものです。

動画は共有が簡単なため拡散されやすい特徴があります。

動画のバイラル性は、他の多くのマーケティング手法と比較しても、効率的なブランディングと顧客獲得の手段として注目されています。

拡散性を活かして広告やマーケティングの効果を最大化し、新しい顧客層へのアピールに利用しましょう。

動画制作の際に必要な情報

動画制作にあたり、単に自社が提供したい情報だけを集めても、効果的な動画はできません。

また、自社内製ではなく外注する際にも必要な情報になるので、できる限り用意しておくと、外注担当者とのコミュニケーションもスムーズにとれます。

  • 予算
  • サービスのコンセプト
  • ターゲットや詳細なペルソナ設定
  • 配信するサービス
  • 参考にしたい動画

予算

動画制作において、予算は制作の方向性やクオリティ、範囲を決定する基本的な要素です。

予算に基づき、制作内容、使用する機材、必要な人材、分数、編集のクオリティを決めていきます

制作会社やクリエイターに外注する場合も、予算や動画の規模が目安になります。

また、予期せぬコストが発生しないよう、余裕を持った予算設定をしましょう。

サービスのコンセプト

アピールするサービス自体がどういったものか、また、動画のコンセプトや目的を決めましょう。

サービスのコンセプトは、動画が伝えるべきメッセージや世界観、価値観の指針になります。

サービスの特色や利用する顧客が得られるメリット、競合と差別化したい点などを明確にし、ターゲットに刺さる動画を目指しましょう。

また、コンセプトは動画のトーンやスタイル、どのようなストーリー構成するかなどの方向性にも影響を与えるため、制作チーム全員が共有し、理解することが不可欠です。

ターゲットや詳細なペルソナ設定

ターゲットオーディエンスと詳細なペルソナ設定は、動画制作の方向性を導く重要な要素です。

視聴者がどのような背景を持ち、どのような問題やニーズを抱えているかを理解することで、共感を呼び起こしやすい内容や、効果的なメッセージを打ち出せます

また、ターゲットの年齢、性別、興味、生活習慣などの詳細を考慮することで、よりターゲットに刺さる構成にできるでしょう。

配信するサービス

動画を配信するプラットフォームやサービスを決定することは、動画のフォーマットやスタイル、さらにはマーケティング戦略を決定する上で重要です。

例えば、YouTube、SNS、企業のウェブサイトなど、各プラットフォームはそれぞれの特性と視聴者層があります。

動画の長さやテイスト、ターゲットから、最適な配信サービスやタイミングを決定しましょう。

参考にしたい動画

制作イメージに近い動画をピックアップし、参考動画としてチームや制作依頼先へ共有しましょう。

具体的な例を示すことで、抽象的なアイデアや要望を視覚化し、コミュニケーションがとりやすくなります。

特に外注する場合は、参考にしたい動画があると、予算感や方向性、テイストが伝わりやすくスムーズです。

また、競合他社がどのような動画を制作しているかのリサーチも行い、内容がかぶらないように配慮する必要があります。

さまざまな動画を見て、自社のサービスが魅力的に周知できる構成やテイストなどを決めましょう。

そのほか、動画の詳しい作り方について知りたい方は、以下の記事で解説しているので、参考にしてくださいね。

サービス紹介動画の活用事例

それでは、サービス紹介動画の事例を、以下3種類ごとに解説します!

アニメーションを用いたサービス紹介動画事例

①【ミライ不動産】サービス紹介映像

徳島県にある無店舗型のお部屋探しサービスを展開している「ミライ不動産」の動画です。

お部屋探しというと、不動産屋へ行って見たい部屋をピックアップして内見して…と現地に行くことがほとんどでした。

そのなかでオンラインでお部屋探しができるということで、「無店舗」「オンライン」がパワーワードになっており、冒頭で特徴を掲げることで気になるポイントを作っています。

そのまま、お部屋探しに関するお悩みを提示し、メリットを打ち出しています。

仲介手数料が無料、LINEで紹介を受けられるなど、比較的若年層から働き盛りの層をターゲットにしていそうですね。

動画の時間も45秒弱と、かなりコンパクトにまとめられています。

親しみやすい絵柄を使いながらも、信頼感を得やすいとされている青を基調にしているので、軽くなりすぎない雰囲気に仕上がっています。

②【リノベる。/ Renoveru】3分でわかる「リノベる。」サービス説明動画

リノベーションできる中古物件サービスを行っている「リノベる。」のサービス紹介動画です。

会社目線のサービス紹介ではなく、利用者目線でサービスの利用方法を紹介しています。

要点をまとめるのではなく、流れに沿って説明をしているため利用イメージがしやすく、サービス特有の言葉も説明しながら進めていっているので、初心者の方もわかりやすい構成になっていますね。

イラストや文体もポップで見やすく、リノベーションで物件を購入する30代向けのテイストになっています。

③【アイデミープライム】AIスキル学習サービス「Aidemy」サービス紹介動画

「アイデミープライム」が運営するプログラミング未経験でも学習をはじめられるAI学習サービスの動画です。

10秒ではじめられる、とうたっている通りで、最初に立ち上げから実際の10秒間で学習開始までの流れを不動画の中で実演してみせています。

手軽さ以外にもサービスがしっかり整っていることをウリだしており、グレーとグリーンの色合いが学習者に向けたやわらかなイメージを与えます。

実写を用いたサービス紹介動画

④【リクルートスタッフィング】「ワタシと時間たち」遅いよ篇

人材サービスの「リクルートスタッフィング」によるCM動画です。

サービスを利用して転職したことで、時間と仲良くなれた、充実した時間が送れるようになった、という様子をコミカルに表現しています。

時間をそれぞれ人に置き換え、24時間だと24名。

こうして実写にすることで、リアルさと存在感が強調され、時間というものが大事なものなのだと感じられます。

⑤【オープンワーク】TVCM 「よし決めた」編

「Openwork(オープンワーク)」は、企業の口コミや評価も公開している、転職マッチングサポートを行っています。

20代後半〜30代前半をターゲットにしたと思われ、冒頭で会社からの自己評価について、全力で叫びながら走るという、エネルギッシュかつターゲット層の悩みを代弁しています。

ターゲット層は、「なるべく失敗したくない」と思っている方が多いとされているので、訴求内容、キャッチコピーもぴったりですね。

全体的にスカイブルーの色を配色することで、爽やかさや仕事というジャンルへの堅実さなどのイメージを感じやすくしています。

⑥【Yappli UNITE】CM「稲垣部長とヤプリユナイト」篇

 アプリ開発を行えるアプリプラットフォームを運営する「Yappli(ヤプリ)」による、社内向けの情報共有サイトの動画です。

社内の状態や情報の共有が円滑にされていない会社の実情を、実はあまりわかっていない上司と社長の会話をコミカルに表現しています。

アプリを導入することで社内での共有がスムーズになり、社内整備にも役立つ、という流れを30秒というCM枠のなかでコンパクトにおさめています。

制度紹介動画

⑦【株式会社 USEN】USEN パートナー制度 紹介動画

有線放送サービスを提供している「株式会社 USEN」のサービス制度に関する紹介動画です。

親しみやすいイラストとインフォグラフィックを駆使し、スライドショー形式で説明が進んでいきます。

幅広い年代に向けたBtoBの動画となるため、信頼感を感じられるナレーションを使い、サービスの詳細がしっかり動画内でわかるようになっています。

ぬくもりのある色使いも好感が持てますね。

インフォグラフィックについては以下で解説しているので、ぜひ参考にご覧ください。

⑧【明治安田生命】「iDeCo+」制度紹介動画

明治安田生命による、企業年金の福利厚生制度「iDeco +(イデコプラス)」の説明動画です。

中小企業の役員等の年齢に合わせ、優しい雰囲気やわかりやすさ重視にしたテイストです。

冒頭で、中小企業の福利厚生に関する実態や悩み、課題点を提示し、解決方法としてもサービス紹介を行っています。

続いて「iDeco+」自体の制度説明に入り、制度を導入することでの企業へのメリットへと説明移り、制度内容や導入のメリットが理解しやすい流れになっていますね。

ナレーションも、落ち着いたニュース原稿を読むような声色で、信頼感を感じさせえる声色やスピードで話しています。

⑨【芦屋大学】進学支援制度紹介!報奨金制度について

「芦屋大学」による、進学支援の報奨金制度についての動画です。

制度紹介をしながらも大学のPR動画となるため、高校生や受験を控えている年代に向けたポップな色彩と文体で、わかりやすく制度の周知を目的とした構成やテイストになっています。

詳細ははさまず、大きめのテロップでキーワードを頻出させ、制度と大学の存在を印象づけることを優先した作りです。

サービス紹介動画の制作ポイント

動画の制作は、単に事例を参考に、情報を盛り込んでいくだけではありません。

より訴求力の強いサービス紹介動画にするために、以下のポイントに注意しましょう。

  • 視聴者の悩みや課題を冒頭で提示する
  • メッセージをしぼる
  • トンマナを揃えて統一感を出す
  • 「自分ごと化」しやすい内容にする
  • 視聴者目線で動画を制作する

視聴者の悩みや課題を冒頭で提示する

サービス紹介動画の冒頭で視聴者の悩みや課題を提示することで、視聴者の関心を引き、動画への関心を高める効果があります。

特に若い世代へアピールするには、最初にどれだけ興味を引けるかが勝負です。

視聴者が動画で自身が抱えている悩みを認識し、共感を覚えることで、サービスへの関心を期待できます。

冒頭で視聴者の共感を呼び、解決策としてサービスの利用を訴えていける流れを作ってみましょう。

メッセージをしぼる

サービス紹介動画では、伝えたいメッセージを1つに絞ることが重要です。

複数のメッセージを一度に伝えようとすると、視聴者は混乱し、結果的に何も伝わらない可能性があります。

動画で伝える内容を明確かつ印象深いものに限定することで、メッセージが視聴者の心に残りやすくなります。

トンマナを揃えて統一感を出す

サービス紹介動画は、トーンとマナー(トンマナ)を統一し、ブランドイメージと一致させるように制作しましょう。

統一された色使い、フォント、映像スタイルは、視聴者に対して商品やサービスへの信頼感を高めるとともに、ブランドの一体感を演出します。

視聴者にブランド性を訴えかけられ、ブランドイメージの向上も期待できます。

「自分ごと化」しやすい内容にする

視聴者が動画の内容を「自分ごと」として捉えられるように、シナリオを工夫することが大切です。

自分にとってのメリットを感じられる内容にすることで、視聴者の購入意欲や関心を引き出しやすくなります。

例えば、会社に着ていく洋服選びに迷ってしまう、でもあまりお金はかけすぎたくない、という女性に、月々定額でコーディネートし洋服を貸してくれるサービス等です。

視聴者が自身の状況やニーズに照らし合わせて、商品やサービスを考えられるようなストーリーを意識して制作しましょう。

視聴者目線で動画を制作する

動画を制作する際には、視聴者の立場に立って、理解しやすく、共感できる内容にすることが最も重要です。

視聴者に伝えたい内容で制作しても、自社での目線が強くなると独りよがりになってしまい、第三者が見るとどんな内容だったか理解できない、ということも。

テロップやアニメーションを効果的に活用し、キーメッセージを強調するなどして、自社のサービスに対してどんな内容を視聴者が求めているか考えてみましょう。

サービス紹介動画を制作するなら「Video Works」

VideoWorksバナー①-20231023

効果的なサービス紹介動画を制作するには、なるべく詳細な情報が必要です。

サービスの内容に関してだけでなく、どのように見せたいか、どのように見えたいか、どういったターゲット層に届いてほしいのか、というマーケティングの観点が制作に大きく関わってきます。

ですが、「イメージはあるけど、自社内製ができない」「基本的な内容は制作できるけど、思うようにクオリティが上がらない」など、ご担当者のなかにはさまざまなお悩みをお持ちの方もいらっしゃいますよね。

そのお悩みの解決に、Video Worksがおすすめです!

Video Worksは、映像制作希望者とフリーのクリエイターをつなぐマッチングサービスで、全国のハイクオリティなスキルを持つクリエイターが多数登録しています。

Video Worksサービス紹介動画

おすすめポイント①:サービス紹介動画をはじめ動画制作実績が豊富

Video Worksでは、年間1,000件を超える案件がやりとりされており、業界最大級の制作実績を誇ります。

そのため、経験も豊富で提案力のあるクリエイターが多数登録

サービス紹介動画も多くご依頼をいただいております。

クリエイターのプロフィールや制作実績は、Video Worksのサイト上で簡単に確認できます。

Video Works制作実績①:株式会社ワールドアライブ 様

制作実績②: 株式会社ネオキャリア 様

▶ 提案力がありハイクオリティな動画を制作できるクリエイターに出会える ◀

おすすめポイント②:数万円〜クリエイターに依頼できる

Video Worksは、間に代理店をはさまないためマージンが発生せず、クリエイターに直依頼できます。

また、企画からまるごとの依頼はもちろん、アニメーション制作、ナレーションだけ、などのスポット依頼も可能。

そのため、数万円〜で依頼ができる案件もあります。

依頼内容を投稿して集まった案件を比較検討できるので、一社一社見積りを依頼していく必要もありません。

▶ 多種多様な案件に適正価格で対応可能 ◀

おすすめポイント③:最短即日で発注可能

現在10,000名を超えるクリエイターがVideo Worksに登録しているため、ご依頼に対して提案が集まりやすいことも魅力です。

そのため、条件が合えば最短即日で発注いただけることもあります。

発注前にクリエイターとビデオ通話などを使い、事前打ち合わせができるので安心です。

また、「依頼内容の作成の仕方がわからない」「動画制作初心者で、いろいろ相談しながら決めていきたいんだけど・・・」といった場合は、専任のコンシェルジュによる利用フォローをご利用ください。

クリエイターのマッチングサポートも行っているので、サービスになれない方も、動画制作知識に自信がない方でも気軽にご利用いただけます。

▶ 発注までの時間や作業を大幅に削減できる ◀

まとめ 〜サービス紹介動画は事例をうまく活用して制作しよう〜

本記事では、サービス紹介動画の事例と制作ポイントなどについて解説しました。

動画制作に必要な情報ですが、実際に「こんな動画を制作したい」と具体例があると、イメージが伝わりやすいですよね。

予算やコンセプトから動画を探してもいいですし、希望するテイストの動画を基軸に、自社の訴求内容を寄せていってもいいでしょう。

ですが、後者の場合は特に予算を含め、動画の内容を調整していくため、専門の知識がないとクオリティに影響が出る可能性が高いですよね。

Video Worksなら、様々なニーズに合わせてクリエイターと制作ができ、柔軟に提案力を持って対応可能です。

ぜひ記事の内容を参考に、Video Worksで質の良いサービス紹介動画を制作しましょう。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。