動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
動画制作

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費用も徹底解説!

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費用も徹底解説!
B!

「動画制作をプロに依頼する場合の費用相場はどれくらい?」
「動画制作の種類ごとの費用相場を知りたい!」

企業でも動画を用いる機会は多くありますが、その動画制作についてこのように情報をお求めの方はいませんか?

動画といってもさまざまな種類があり、制作規模や尺によって大きく費用は異なります。

ですが、予算あっての動画制作、予算に見合った動画に仕上げるために、ある程度の動画制作の料金相場は知っておきたいですよね。

そこで今回は、動画制作をプロの依頼する場合の費用相場や制作料金を解説します!

費用を抑えるコツや依頼先の選び方もまとめているので、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

目次

動画制作の工程ごとの相場や費用内訳

まず最初に、動画制作の工程ごとの料金相場や費用の内訳を見てみましょう。

動画制作の流れを把握し、どの工程にどのくらいの割合の費用を使用すべきか理解しておくことで、予算を調整しやすく、効率良く制作を進めていけます。

企画費用や相場

企画費の相場は、プロジェクトの規模や複雑さによって大きく異なりますが、一般的には10万円から50万円程度が目安です。

動画制作における企画費とは、動画の台本作成、構成、進行管理などに関わる費用を指します。

この工程では、プロデューサーやディレクターが動画の目的やメッセージ、ターゲットに合わせたコンセプトを策定します。

そのコンセプトに合わせてシナリオ、絵コンテを制作しますが、主に企画費用でかかる費用は、

  • プロデューサー、ディレクター費用
  • シナリオ作成費用
  • 絵コンテ作成費用
  • ロケハン費用
  • 制作の進行管理費用

などです。

質の高い企画を立案することで、動画自体のクオリティも高いものが期待できます。

せめてディレクターはたてて、しっかり現場の手綱を握れる人物にプロジェクトに参加してもらいましょう。

映像作成費用や相場

映像作成費用は、実際の映像素材の撮影やアニメーション作成にかかる費用です。

この費用には、主に以下が含まれます。

  • カメラマン、照明技師、音声技師などの撮影スタッフ費用
  • 使用する撮影機材費用
  • 必要に応じてロケ地の使用料やスタジオのレンタル費用
  • 交通費、宿泊費用
  • 車両費用
  • 美術費用
  • キャスティング費用
  • 衣装、メイクスタッフ費用

実写動画の場合、撮影規模や撮影地、使用する機材によって費用が大きく変動し、一般的には10万円から300万円の範囲で変わります。

また、撮影にモデルや俳優をキャスティングすると、より費用はかかり、著名なタレントを起用した場合、キャスティング費だけで数千万円にのぼることもよくあります。

アニメーションや3DCGの制作には、イラストレーターやアニメーターの人件費が含まれ、その費用はプロジェクトの内容やクオリティによって変わります。

動きやテクスチャなど、スムーズにリアルに近づくほど予算は上がります。

アニメーション動画で10万円から300万円程度、3DCGを用いた動画では、60万円〜500万円以上が相場です。

映像作成の費用は、動画の見栄えや品質を左右します。

予算が制作のネックとなる場合、費用をかけるべきところ、不要なところを見直してみましょう。

編集費用や相場

動画制作における編集費用は、撮影された映像をつなぎ合わせ、効果音やBGM、テロップ等を加えて動画を完成させる工程で発生します。

編集費用は、動画の長さや複雑さ、必要な編集作業によって異なり、一般的には10万円から50万円の範囲が相場です。

高度な色彩補正や特殊効果を加える場合、またはアニメーションや3DCGを含む動画の場合は、編集費用が高くなる傾向にあります。

編集工程の費用は、主に以下があります。

  • 編集作業費用
  • 編集機材費用
  • 素材購入費用
  • ナレーション費用
  • BGM使用、制作費用

この時点で、ナレーションが必要な場合は録音、編集をして動画にあてます。

BGMの使用、また書き下ろしで依頼した場合も費用が発生しますね。

動画の目的や内容に応じて最適な編集技術を選び、費用対効果を考慮しながら予算を決定することが重要です。

動画制作で費用が最もかかるのは人件費

動画制作において、最も費用がかかるのは人件費です。

この費用にはディレクター、カメラマン、編集者、ナレーター、アニメーターなど、制作に関わるすべてのスタッフの報酬が含まれます。

特に専門性の高いスキルが求められる職種や、出演者のキャスティングによっては人件費が大幅に増加することがあります。

人件費の範囲は広く、数万円から数百万円以上に及ぶことも珍しくありません。

プロジェクトの規模やクオリティの程度に応じて、適切なスタッフを選定し、予め企画段階で人件費を含めた予算を見積もる必要があります。

スタッフの経験や実績によっても費用は変動するため、目的に応じた人材選びを心がけましょう。

商品紹介・サービス紹介動画制作の費用や料金相場:10万円から200万円程度

参考動画:αble商品紹介動画 / freecle Inc.

商品やサービス紹介動画の制作には、一般的に10万円から200万円程度の費用がかかります。

これは、使用する映像の種類(実写かアニメーション)、動画の長さ、動画のクオリティ、制作スタッフのスキルレベル、撮影場所や機材、タイアップの有無などによって大きく変動します。

特に実写動画の場合、撮影の規模や撮影日数、プロのキャストやロケーションの使用によって費用が大きく異なります。

アニメーション動画では、オリジナルイラストの使用やアニメーションの質、動画の長さによって費用が変わります。

10万円〜30万円の相場でできる動画制作

この価格帯では、比較的シンプルな動画制作が可能です。

基本的に撮影は通常1カ所で、1〜2台定点カメラを想定することが多いでしょう。

動画の尺としては15〜30秒と短く、シンプルな撮影素材やフリーの素材を活用した簡単な編集、ナレーション、テロップや基本的な説明、音楽の挿入が含まれます。

この価格帯では、演出や特殊効果は最低限に留まりますが、予算を抑えて迅速に動画を制作したい場合に適しています。

スライドショーがメインとなった簡易的な商品説明やサービスの紹介、小規模なキャンペーンやプロモーション向けの映像がこの予算にあたるでしょう。

30万円〜80万円の相場でできる動画制作

30万円以上の予算では、より高度な撮影技術や演出が可能になり、クオリティが高めのアニメーションや、プロのカメラワークを活用した実写動画が制作できます。

スタジオや特定のロケーションなど、撮影を複数の場所で行うことも可能で、演者のキャスティングが行われることもあります。

プロの演者を起用すると費用は高くなりますが、社員など内部の人材を使うことでコストを抑えることができます。

カメラの台数も2〜3台に増えることが一般的です。

動画の長さはおおむね1分前後となり、オリジナルのイラストレーション、複数の撮影ショットや編集技術を駆使した内容での制作もできるでしょう。

中規模のプロモーションや、商品特性を詳細に伝える映像制作に適しています。

80万円〜200万円の相場でできる動画制作

80万円以上の予算範囲では、高いメッセージ性を持ち、視聴者の注目を集めるための演出に重点を置いた、専門的な技術を要する動画制作が可能です。

テレビCMレベルのクオリティも制作できるようになり、プロの俳優を起用したり、複数のロケーションでの撮影、高度なアニメーション技術、特殊効果などを取り入れることができます。

企画費や編集費の割合も高くなり、有名タレントをキャストとして起用する場合、出演料だけで高額になることがあるため注意しましょう。

この予算であれば、1〜2分以上の動画制作にも対応可能です。

ストーリー性を持たせた複雑なシナリオや、ターゲットに深く訴えかける映像が行えるため、大規模なプロモーションやブランドイメージの強化を目的とした動画制作にも適しています。

200万円以上の相場でできる動画制作

200万円以上の予算をかけると、非常に高いクオリティの映像、凝ったシナリオ、特殊効果やCGIの使用など、映画や高品質なテレビCM並みの動画制作が可能になります。

大規模なロケーション撮影、特殊効果やCGIの導入、業界トップクラスの演出家やカメラマン、俳優の起用など、大掛かりなプロダクションが実現可能です。

この価格帯では、広告キャンペーンや高度で長い尺をとったストーリー性のある流れや構成、国際的な規模のキャンペーン、ブランドのイメージアップを狙った本格的な映像制作に適しており、視聴者に強い印象を残すことが可能です。

会社紹介動画制作の費用や料金相場:10万円〜200万円以上

参考動画:会社紹介ムービー / NOK株式会社

会社紹介動画の制作にかかる費用は、動画のスタイルや内容によって大きく異なり、10万円から200万円以上の幅広い相場があります。

制作する動画の目的や、使用する機材、撮影場所の数、キャスティング、編集の複雑さなどによって費用は変動します。

また、単に企業を紹介するだけではなく、ブランドイメージを高める動画となると、必然的に費用が上がってきます。

10万円〜30万円の相場でできる動画制作

10万円〜30万円の相場で制作できる動画は、、基本的なスライドショー形式や簡単な社内の様子を紹介する動画が制作できます。

この価格帯では、撮影は最小限で、既存の写真やテロップ、簡易的なグラフィックを使用して会社の概要やビジョン、メッセージを簡潔に伝える内容になります。

編集がメインになるため、撮影はなるべく避ける制作方法が多いでしょう。

撮影場所は主に社内等の1か所に限られ、撮影機材カメラは基本1台で、最小限に抑えて制作します。

この価格帯でプロに依頼する場合は、主にフリーランスや小規模の制作会社になるでしょう。

30万円〜80万円の相場でできる動画制作

30万円〜80万円の相場では、社員インタビューや社内風景を取り入れた、より詳細な紹介動画が制作可能です。

より高品質な映像や複数のインタビュー映像や社内風景の撮影が可能になり、プロのナレーションも起用できるでしょう。

動画の尺も、あまり手の込まない構成であれば、2分ほどの動画も制作できそうです。

この価格帯では、中規模の制作会社が多く対応し、社内の雰囲気や企業文化をより深く紹介することができます。

80万円〜200万円の相場でできる動画制作

高いクオリティと本格的な演出を動画に求める場合、80万円から200万円の費用がかかります。

プロのキャストや高度な撮影技術、特殊効果、複雑な編集作業などが含まれます。

このレベルの動画制作では、企業のブランドイメージを高めるためのストーリー展開や、独創的なビジュアル表現など、いわゆるコンセプトムービーの制作が可能になってきます

ある程度のこだわりが取り入れられ、複数のロケ地での撮影が行われることもあります。

フリーランスでも実績がかなりなければ難しい予算に入ってきており、主に中小の制作会社から、大手でも安価で対応してくれる場合は依頼できるでしょう。

200万円以上の相場でできる動画制作

200万円以上の予算では、他社との差別化を図りながら、自社の認知度を高めていくための高品質な企業紹介動画が制作できます。

特殊なCGやアニメーション、複数のロケーション、有名人の起用などが可能で、強烈な印象を与えるためのクリエイティブなアプローチが期待できます。

そのため、話題性や拡散性を狙った動画に仕上げていけます。

大手制作会社や専門のスタジオが対応し、企業のブランド価値を最大限に高める効果が期待できるでしょう。

採用動画制作の費用や料金相場:10万円〜200万円以上

参考動画:タンスのゲン

採用動画の制作にかかる費用については、要求される内容や品質によって大きく異なります。

一般的な費用相場は10万円から200万円以上と幅広く、内容も企業紹介やインタビュー動画、コンセプトムービー的なものまで多岐にわたります。

採用動画のクオリティや内容が企業のイメージに直結しやすく、企業への応募人数にも影響があるため、求めている人材に対してどのようなアプローチをするかは、とても重要になってきます。

10万円〜30万円の相場でできる動画制作

10万円〜30万円の価格帯では、シンプルなインタビュー形式の動画が作成されます。

数分程度の短いもので、撮影場所は基本的に自社のオフィス内に限られ、出演者は社員のみです。

使用するカメラは1台で、手持ちカメラや一脚を使用して撮影が行われます。

現在のスマホは画質もいいので、手持ちカメラがなければ、スマホのカメラでも撮影はできるでしょう。

動画の長さは数分程度で、定点で撮影したインタビュー動画を、画像などの素材と合わせながら動画に仕上げていきます。

コストを抑えつつも、企業の雰囲気を伝えられる動画が制作できます。

30万円〜80万円の相場でできる動画制作

30万円〜80万円の相場では、ストーリーテリングの要素を取り入れた動画が制作されます。

撮影は自社オフィスに加え、外部のロケ地も使用し、出演者には社員とは別に、プロの俳優をキャスティングできます。

カメラは1〜2台使用し、スライダーやジンバルを活用した滑らかな移動撮影が可能です。

職場の風景も紹介し、企業の全体像を伝えられるため、より多くの情報で求職者に企業をアプローチできます。

80万円〜200万円の相場でできる動画制作

80万円〜200万円の予算範囲では、ブランディングを活用した高品質な動画が制作されます。

撮影場所は多数に及び、自社オフィスや複数の外部ロケ地が使われます。

出演者は社員のほか、複数名のプロの俳優に出演依頼が可能です。

使用するカメラは2〜3台で、クレーンやドローンを用いた空撮などの高度な撮影方法が取り入れられます。

映像や構成にもこだわりながら、企業の事業内容やブランドイメージをしっかりと伝える内容が制作できます。

200万円以上の相場でできる動画制作

200万円以上の予算をかけると、再現ドラマを用いることもでき、高品質で大規模な動画が制作できます。

撮影場所は自社オフィスを含む多数のロケ地で、出演者には社員、プロの俳優、そして著名人が起用されることもあります。

使用するカメラは3台以上で、最先端のカメラ技術と映像表現手法が用いられます。

企業ブランディングを強化し、メッセージ性の高い動画を目指すなら、この価格帯の動画制作が妥当です。

研修動画制作の費用や料金相場:5万円〜200万円

参考動画:社員研修ビデオ「私たちのコンプライアンスⅢ」/ 松下幸之助創設 PHP研究所

研修動画制作の費用相場は5万円から200万円となります。

この範囲内で、主にセミナー型動画、マニュアル型動画、ドラマ型動画という三つのスタイルがあり、それぞれのタイプに応じて、制作の内容やコストが異なります。

また、研修動画も実写とアニメーションの両方で制作できます。

実写形式に向いている内容:人間の感情や体験を伝えたい場合や、採用動画、社内研修、製品紹介など
アニメーション形式に向いている内容:仕事や業務の紹介・指示、製品概要の説明、複雑なサービスの紹介など

より伝わりやすい動画になる形式を選びましょう。

セミナー型動画:5万円〜15万円

セミナー型動画は、講義やセミナーの様子を録画する形式です。

このタイプでは、専門家や社内の講師が登壇し、特定のトピックについて説明します。

費用は比較的低めで、5万円から15万円程度の予算で制作できます。

主に講師の講演料、撮影機材、編集費用が含まれ、30分程度の講義を1台のカメラで撮影することが多く、編集も比較的シンプルです。

さらに、eラーニングシステムの導入を検討する場合、一般的に、3万円から8万円程度の月額利用料が追加されます。

eラーニングは電子教材を用いた学習を可能にし、学習内容の理解度をテストしたり、受講者同士のコミュニケーションを促進したりするためのプラットフォームです。

より受講者の研修内容の定着度を上げる場合には、導入を検討したい有効なシステムですね。

マニュアル型動画:5万円〜15万円

マニュアル型動画は、特定の操作方法や具体的な手順を説明するためのものです。

このタイプでは、実際の作業風景の撮影や、順を追って説明ができる素材が用いられます。

費用はセミナー型よりも高くなることが多く、詳細な作業プロセスが発生することがあるため、一般的な制作費用は5万円から15万円程度です。

動画内容が複雑化すると、字幕やナレーション、イラストの挿入など、追加の編集作業が必要になる場合があり、10万円から30万円の費用が必要になることも。

ですが、マニュアル動画は何よりわかりやすさがなければ意味がありません。

視聴者に実際に作業してもらえるようにならなくてはいけないため、撮影場所の準備、複数のカメラの使用、詳細な編集など、ぱっと動画を見てのわかりやすさが求められます。

ドラマ型動画:80万円〜200万円

ドラマ型動画は、研修内容をドラマ仕立てで伝えるものです。

実際の職場のシナリオを再現したり、特定の業務状況を演出したりと、そのシチュエーションをイメージしやすいため、研修効果を高められます。

そのため、リアリティさを追求した動画にするには、密着取材やプロのキャストの起用など、高度な演出と撮影技術が必要になるでしょう。

制作費は最低でも80万円から200万円程度を見込む必要があり、特殊機材の使用、複数の俳優やスタッフの起用などによっては、さらに費用が増加します。

良いクオリティのものを制作するとなると、最低100万円を見込んでおくと良いでしょう。

ですが、ドラマ仕立ての動画は、従業員の理解度を向上させる効果が期待できます。

自社の社員で対応しようとしても難しい場合もあるので、投資として割り切ることも大事かもしれません。

CM/WEB CM用動画制作の費用や料金相場:50万円〜500万円以上

参考動画:スーパーマリオブラザーズ ワンダー CM / Nintendo

CM用動画制作の費用や料金相場は、その内容やクオリティによって大きく異なります。

テレビCMの場合、通常は100万円から数千万円の範囲で変動します。

制作費用の高額な理由には、高品質な映像を求める場合の専門的な撮影機材、特殊効果、プロの俳優やスタッフの人件費などが挙げられます。

広告代理店を通じて制作する場合、その手数料も加わるため注意が必要です。

特に、著名なタレントや俳優を起用するとそれだけで数千万円になることもあり、実際は天井知らずといえます。

また、テレビCMの場合は、放送する地域や時間帯によっても費用相場が変動することは把握しておきましょう。

逆に、YouTubeやSNSに出すCM動画であれば、費用は比較的抑えられます。

50万円〜100万円の相場でできる動画制作

50万円〜100万円予算でのCM制作では、基本的な撮影機材と簡易なセットを使用し、限定された範囲でのロケーション撮影が可能です。

主にWEB CMで活用され、簡素なシナリオや限られたキャストの使用が一般的です。

撮影は通常1日以内に完了することが多く、編集も比較的シンプルに仕上げられます。

WEB CMは、テレビCMよりも短い時間での配信が多いため、制作にかかるコストが低くなります。

また、SNSや企業のホームページなど、インターネット上での配信を主な目的としているため、広告料がテレビCMに比べて安くなりやすいことも一因でしょう。

WEB CMは、よりクリエイティブなアプローチや実験的な試みが可能で、フリーランスのクリエイターや小規模制作会社に依頼することで、コストを抑えることができます。

テレビCMの場合、地方局や短い放送時間をターゲットにした簡易的な内容が該当するでしょう。

100万円〜500万円の相場でできる動画制作

100万円〜500万円の相場では、より高度な撮影技術や専門の撮影機材、特殊効果、プロのキャストとスタッフの利用が可能となります。

キャストやロケーション、機材の質が向上するほど、費用も増加します。

WEB CMでは、より複雑なシナリオや、高品質な映像編集、アニメーション要素の導入が可能で、ある程度のクオリティの動画が制作できます。

テレビCMの場合は、地方局や全国ネットの短い放送時間枠に適した、専門性の高いプロモーション映像を制作できます。

費用は抑えつつテレビCMを打ちたい、という場合が該当します。

500万円以上の相場でできる動画制作

500万円以上の費用相場であれば、高品質で複雑な演出や特殊効果、有名タレントの起用などが可能となります。

テレビCMでは、全国放送での長い放送時間枠や、非常に高いクオリティの映像制作が可能です。

WEB CMにおいても、映画並みの品質の動画や、国際的にも通用するレベルのプロモーション映像を作成することができます。

プロのクリエイティブチームが関わり、細部まで緻密に計画された内容を実現できるため、大規模なマーケティングキャンペーンに適しています。

この規模になると撮影や編集に関して費用が上がることはないですが、キャスト費用とそれに伴う諸経費で予算が大幅に変動があると見ていいでしょう。

YouTubeチャンネル用動画制作の費用や料金相場:1万円〜50万円

YouTubeチャンネル用の動画制作における費用相場は、1万円から50万円ほどと幅広く設定されています。

YouTube動画の内容には、シンプルな自撮りスタイルのVlogから、専門的な機材を使った高品質な映像までさまざまなものがあり、低予算なものからある程度予算をかけたものまで幅広く公開されています。

YouTubeはそもそもコンセプトやカテゴリーがはっきりしているものが多く、それに伴い動画のテンプレート的なものも存在します。

そのため、動画構成と撮影は自社で行い、編集を依頼する場合がほとんどです。

ですが、YouTubeの動画は定期的に上げ続けることで全体収益が上がっていくため、1本動画を上げて終わり、という場合はかなり少ないです。

チャンネル運営のためのコンサルティングを含めた依頼の場合は、数十万円の相場を見込みましょう。

また、あくまでYouTubeという動画プラットフォーム規格に合わせた動画を対象としているので、企業CM等でYouTubeにアップロードしたものは除外とします。

1万円〜5万円の相場でできる動画制作

YouTubeチャンネル用動画の制作で1万円から5万円の相場では、比較的シンプルな内容のものが多いです。

この価格帯では、既に撮影された映像素材へのシンプルなカット編集、基本的なテロップの挿入、簡易な効果音の追加などです。

映像素材は、スマートフォンや低価格のカメラを使用し、自然光や基本的な照明を活用し撮影したものも用いられます。

多くは定点カメラの前で話をしたり、商品やサービスを紹介する動画に多く見れます。

動画の尺は短めで、主に個人のVlogや基本的な内容の情報提供動画など、初心者向けのコンテンツ制作に適しています。

5万円〜30万円の相場でできる動画制作

5万円から30万円の相場でのYouTube動画制作では、より高度な編集技術や、複数の素材を組み合わせた動画制作が可能になります。

この価格帯では、複数のカメラアングルからの映像撮影と編集も含まれてきます。

そのほか、動画内でアニメーションや複雑なグラフィックの挿入、カラーグレーディングを含めた編集、高品質なBGMや効果音の追加など、動画のクオリティが向上するとともに、より視聴者の関心を引きつける要素を取り入れられます。

このレベルの動画は、ビジネスチャンネルのプロモーションビデオや、教育・解説動画、中規模の商品紹介などに適しており、よりプロフェッショナルな仕上がりが期待できます。

数十万人規模でのチャンネル登録者数がいるYouTuberにプロモーションを依頼する場合も、この予算感に該当します。

30万円〜50万円の相場でできる動画制作

30万円から50万円の相場で制作されるYouTube動画は、高品質で洗練された内容が期待できます。

また、企画〜編集までだけでなく、コンサルティングまで依頼する場合もこの予算に該当することが多いでしょう。

この予算範囲では、専門的な撮影チームが使用され、複数のカメラや照明機材、専門的な音声録音機材などが利用されます。

編集面では、ストーリーテリングに重点を置き、アニメーションや高度なグラフィックデザイン、特殊効果などが取り入れられ、視覚的にも魅力的な動画が制作されます。

企業のブランディングや高度な教育・解説コンテンツ、大規模な商品紹介動画など、広告効果を最大化するための動画制作に最適です。

チャンネル登録数が数百万人以上規模の人気YouTuberとのタイアップや大がかりな撮影でも、該当する場合があるでしょう。

イベント・セミナー動画制作の費用や料金相場:10万円〜50万円以上

参考動画:ディップ株式会社

イベントやセミナー動画の制作に関する費用相場は10万円から50万円以上となり、この費用幅は制作内容の多様性と必要な技術レベルの違いによるものです。

この相場範囲内で、撮影のスケール、編集の複雑さ、使用される技術や機材、そして求められる動画クオリティによって費用が異なります。

また、費用は撮影に携わるスタッフの数、その専門性、使用される機材の種類と品質、撮影後の編集作業の範囲によっても変動します。

例えば、マルチカメラでのライブストリーミング、ドローンを用いた空撮、複数日間にわたる撮影などは、それぞれ追加費用が必要になります。

イベントやセミナー動画制作の費用相場は、イベントの性質、規模、そして目的や目指す映像のクオリティによって幅広く設定されるため、それぞれのイベントに適した制作プランを選ぶことが重要です。

10万円〜30万円の相場でできる動画制作

10万円から30万円の相場で制作できるイベントやセミナー動画は、基本的な撮影と編集が中心です。

この価格帯では、一眼レフカメラや基本的なビデオカメラなどのシンプルな撮影機材を使用し、イベントやセミナーの様子を記録します。

いわゆる定点カメラの前でセミナーを実施しおさめるイメージです。

編集作業には基本的なカット、テロップの挿入、シンプルな音声調整が含まれ、高度な特殊効果や複雑なアニメーションは限られます。

配信用のセミナーや小規模なセミナーやワークショップ、ローカルなイベント向けに適しており、必要最低限のクオリティを保ちつつ、コストパフォーマンスを重視した動画制作が可能です。

30万円〜50万円の相場でできる動画制作

30万円から50万円の相場では、より専門的な撮影機材と複雑な編集作業での制作ができます。

この価格帯では、複数のカメラを使った多角度撮影、プロフェッショナルな照明設備、高品質な音声録音を用いた撮影が可能です。

編集作業には、動きのあるテロップの挿入、BGMや効果音の追加、そしてより洗練されたビジュアルエフェクトが含まれてきます。

中規模のコンファレンス、展示会、カルチャーイベントなど、より大きな規模のイベントやセミナーに適しており、視覚的に魅力的で視聴者を引き付ける動画制作を目指します。

50万円以上の相場でできる動画制作

50万円以上の予算があるイベントやセミナー動画制作となると、100人規模のイベントやセミナーが対象となります。

この価格帯では、高度な映像技術、専門的なカメラオペレーター、複雑な照明設定が取り入れられます。

また、会場の大きさや雑音の入りをカバーするために、ピンマイクの別録りも行われることが多く、音響設備はよりハイグレードになります。

編集作業には、詳細なカラーグレーディング、洗練されたアニメーション、3Dエフェクト、インタラクティブな要素などが含まれることがあり、セミナーやイベントの内容や情報を伝えると同時に、視覚的なインパクトも含まれる大々的な動画に仕上がります。

会場の規模が大きくなるだけ、カメラの台数や音響の工夫も必要になるため、費用は上がっていきます。

大規模な企業イベント、国際カンファレンス、大型の展示会やフェスティバルなど、特に重要なイベントやブランドイメージを強く印象付けることを目指す場合に最適です。

IR動画制作の費用や料金相場:50万円〜200万円

参考動画:会社概要と業績推移、成長戦略のご紹介 / GMOリサーチ株式会社

IR(Investor Relations)動画の制作において、50万円から200万円の費用相場は、動画の内容、品質、および制作に求められる技術的な複雑さによって大きく異なります。

IR動画は主に決算説明会や企業説明会などで用いられ、企業が主に投資家に向けて、企業の業績や経営状況、今後の企業収益見込みなどの投資に必要な情報を提供していくために用いられます。

そのため、IR動画の制作においては、動画が投資家にとって魅力的で理解しやすい内容であることが重要です。

また、企業自体が持つ可能性や将来性、企業が持つ想いやヴィジョンをしっかり株主や投資家にアピールできる内容も含まれていなければなりません。

価値ある動画にするために、予算と目的に応じて、適切な品質とレベルの制作を選択することが肝心です。

投資家への訴求力を高め、企業の信頼性を向上させるためには、適切な技術とアプローチができる制作会社やフリーランスに依頼する必要があります

50万円〜100万円の相場でできる動画制作

50万円以上の相場では、専門的なグラフィックデザイン、アニメーション、高品質のビデオ編集などにより、洗練されたプレゼンテーションが期待できます。

この価格帯のIR動画は通常、中規模から大企業が利用し、企業の財務状況や将来の展望を株主や潜在的な投資家に効果的に伝えること目的に制作されます。

そのため、情報メインの説明動画に寄る内容になるでしょう。

グラフやチャート、企業の業績データを視覚的に魅力に感じてもらえるよう、専門のグラフィックデザイナーやアニメーターが制作に関わってきます。

100万円以上の相場でできる動画制作

100万円以上の予算を設定すると、動画の品質はさらに向上します。

カスタムメイドのアニメーション、複数のカメラアングルで撮影した映像素材、動画の魅力を最大限に高めるための凝った編集作業などが含まれることが一般的です。

大企業や上場企業向けのこのレベルのIR動画では、企業のブランドイメージを高め、投資家に対する信頼を深めるために、高品質でプロフェッショナルな映像ビジュアルと音情報が反映されます。

また、企業としての魅力を存分に投資家や株主にアピールできる動画になるよう、専門的な映像プロデューサー、カメラマン、エディターがチームとして作業に取り組むため、費用が高くなります。

アニメーション動画制作の費用や料金相場:10万円〜500万円以上

参考動画:ポカリスエットweb movie「スカフィンのうた」 / 大塚製薬

アニメーション動画制作の費用や料金相場は、制作するアニメーションの種類や品質、長さ、および使用される技術やリソースによって大きく異なります。

そのため、10万円から500万円以上の広い範囲で費用が変動します。

アニメーション動画制作においては、目的やメッセージに応じて、適切な品質と技術レベルの制作を選ぶことが重要です。

品質の高いアニメーションは視聴者に強い印象を残し、メッセージの伝達やブランドイメージの向上に大きく貢献してくれます。

スライドショーの相場:10万円~25万円

スライドショー型のアニメーション動画は、連続するカットを使用し、シンプルな構成で制作されます。

編集作業が比較的簡単で、完成まで1週間から2週間程度という短期間です。

この動画は特にSNSの短いWeb広告に適しており予算は10万円から25万円が相場になるでしょう。

既存のイラストを活用することが多く、ほかの動画と比べるとアニメーション自体のクオリティは低くなりやすいですが、予算を抑えながらも効果的なプロモーションが可能です。

低コストでも動画を制作したい場合などに最適です。

モーショングラフィックスの相場:30万円~200万円

モーショングラフィックスは、静止画に動きを付加する技術で作られた動画です。

ロゴやイラストに動きを加える技術を用いて、サービスの特徴を分かりやすく伝えられます。

特に技術的に複雑な製品やサービスの説明に適しており、SaaSやクラウドサービスのプロモーションに効果的です。

費用相場は30万円から200万円と幅広く、1.5ヶ月から2ヶ月の制作期間が見込まれます。

動きの滑らかさや表現の複雑さによって費用が変動し、オリジナルイラストを作成するか、またベクター素材を購入するかも費用に大きく影響するため、予算と合わせて検討しましょう。

会話劇の相場:50万円~80万円

会話劇アニメーションでは、キャラクター同士の対話によって情報が伝えられます

予算は50万円から80万円が一般的で、キャラクターの原作使用料や声優の起用などで追加費用が発生することがあります。

キャラクターの選定や声優の演技力が動画のクオリティを左右するため、予算内で慎重に検討し、最適な選択を心がけましょう。

制作期間は1ヶ月半から3ヶ月程度が必要で、会話劇は動きが少なく、描く絵の枚数も少なく済むため、その分制作予算を抑えられます。

ですが、企業が独自のキャラクターを使用する場合は、キャラクター料やそれに伴うグッズ化などの権利関係も考慮する必要があります。

説明動画や紹介動画などに最適で、メッセージや伝えたいことを会話を通して明確に表現できるため、印象に残りやすく、効率的な動画形式のひとつです。

ホワイトボードアニメーションの相場:50万円~100万円

ホワイトボードアニメーションは、黒や白の背景に手描きで絵を描いていく、生の描画プロセスを通して情報を伝えるアニメーションスタイルです。

手書きの温もりと直感的な描画が視聴者の関心を引き起こし、理解を促します。

テロップや図解を用いて強調したい箇所を際立たせ、メリハリを持たせながら、よりわかりやすい構成を立てることも可能です。

このタイプの動画は、サービス紹介や企業理念の説明に特に効果的で、制作には約1ヶ月から3ヶ月の期間が見込まれます。

ソフトウェアを使った自作も可能ですが、プロの制作会社やクリエイターに依頼することで、オリジナルイラストや練り込まれたストーリー、専門のナレーション、適切なBGMを含めた高品質な動画が作成できます。

パラパラ漫画の相場:80万円~150万円

パラパラ漫画は、手書きの絵を次々と切り替えることで動きを表現するアニメーション手法です。

パラパラ漫画は視覚的な魅力を活かしてメッセージを強く印象付ける効果があり、個人的なイベントや企業のブランディング動画でよく使用され、SNSでの共有に特に適しています

イラストレーターによって一枚ずつ丹念に描かれるため、制作費は高く設定されます。

制作期間は通常2ヶ月から3ヶ月が必要で、白黒のシンプルな構成が主流ですが、BGMやナレーションを加えることでさらに魅力的な仕上がりが期待できます。

フレームバイフレームの相場:300万円以上

フレームバイフレームアニメーションは、1秒間に多くの静止画を連続して表示する高度な技術です。

この手法はアニメや映画でよく使用され、特に企業のブランディングやテレビCMに効果的です。

費用相場は300万円から始まり、その精密さに応じて上昇する傾向があります。

イラストレーターやキャラクターの知名度によって価格はさらに上がり、有名スタッフのキャスティングやアニメのコラボレーションなどを行うと、1000万円を超えることも。

制作期間は最低でも3ヶ月必要で、大手の制作会社が担当することが一般的です。

3Dアニメの相場:200万円~500万円

3Dアニメーションは、3次元空間を活用してリアルな映像を作り出す手法です。

このタイプのアニメーションは、キャラクターやオブジェクトを立体的に表現でき、商品紹介やサービスの擬人化に特に有効です。

費用相場は200万円から始まり、複雑さに応じて最大500万円に達することもあります。

制作期間はおおよそ2ヶ月から3ヶ月が見込まれ、立体感のある映像が求められる場面での採用が増えています。

キャラクターアニメーションの相場:50万円~150万円

キャラクターアニメーションは、登場するキャラクターが企業のイメージを象徴し、視聴者に強い印象を与える手法です。

費用相場は50万円から150万円で、制作期間は2ヶ月から3ヶ月が一般的です。

特にオリジナルキャラクターを使用する場合、自社に合うキャラクター作りのために、デザインや声の選定にプロの手が必要で。

ブランディング面の強化や他社との差別化に有効で、印象的なキャラクターは企業の認知度にも貢献してくれます。

フルアニメーションの相場:300万円以上

フルアニメーションは、キャラクターや背景が自然に動く高品質な動画です。

テレビアニメや映画のような映像の美しさが特徴で、視聴者を一瞬で世界観に引き込む効果があります。

ストーリー性が高く、ブランドコンセプトや世界観の伝達に適しています

制作には時間と手間がかかるため費用相場は300万円以上となっており、有名アニメーターを起用する場合は1000万円を超えることもあります。

制作期間は3ヶ月から6ヶ月が必要で、大手企業や若年層をターゲットにしたプロジェクトに最適です。

ストップモーションアニメーションの相場:20万円~50万円

ストップモーションアニメーションは、物体を少しずつ動かしてコマ撮りする技法で作られる動画です。

いわゆる手で描くようなアニメーションとは異なり、ぬいぐるみやおもちゃなどの実際の物体を利用し動きを作ってつなげ、制作していきます。

特に子供や若年層に人気があり、視覚的にインパクトのある内容を作成できます。

費用相場は20万円から50万円で、制作期間は約1ヶ月から2.5ヶ月が必要です。

そのカクカクした動きが特徴で、教育コンテンツや子供向けのプロモーションに適しており、中高年層には懐かしさを感じさせる効果もあります。

1分動画や3分動画の制作費用や料金相場

動画のジャンルのほかに、動画制作において1つの指針となるのが動画の尺です。

集中力を保たせたり、手軽に視聴できたりすることから、現在はコンパクトにまとまった短い尺が主流となっています。

特にTikTokやInstagramの影響で、1分動画を制作する企業も増えてきました。

1分動画に比べ3分動画は、実写の撮影が必要な動画では撮影時間や編集時間が長くなるため、その分の費用が必要になります。

アニメーション動画に関しては、単に時間が伸びた分、必要な作業が多くなる場合もあるので、尺の違いでも動画の種類によって費用が高くなる割合が異なることは把握しておきましょう。

動画の種類 1分動画 3分動画
商品・サービス紹介動画 10万円〜100万円 30万円〜150万円
会社紹介動画 15万円〜100万円 30万円〜150万円
採用動画 10万円〜100万円 30万円〜150万円
研修動画 5万円〜30万円 10万円〜80万円
CM / WEB CM 50万円〜500万円以上
YouTube向け動画 1万円〜15万円 1万円〜30万円
IR動画 80万円〜150万円
アニメーション動画 10万円〜100万円 30万円〜250万円

1分動画の制作費用や料金相場:3万円〜100万円以上

1分動画の制作費用は、その目的や内容の複雑さによって3万円から100万円以上の範囲で変動します。

例えば、商品紹介やサービス紹介動画の場合、製品の特性やサービス内容を短時間で効果的に伝える必要があるため、クリエイティブな演出や高品質な映像が求められます。

会社紹介動画や採用動画では、企業の文化や雰囲気を表現するために、インタビューや施設の映像など、より詳細な内容の撮影が必要になることがあります。

一方で、研修動画では、専門的な内容を分かりやすく伝えるためのアプローチが必要であり、これも制作費用に影響を与えます。

また、YouTubeチャンネル用動画、イベント・セミナー動画、アニメーション動画なども同様に、目的やスタイルに応じて費用が変わります。

※IR動画は1分以内で制作するメリットがないため、表記除外としています。

3分動画の制作費用や料金相場:10万円〜250万円以上

3分動画では、尺が長くなった分1分動画よりも内容が充実し、より多くの情報を伝えることが可能です。

これにより、制作にかかる費用も10万円から250万円以上なります。

例えば、商品やサービスを深く掘り下げた紹介動画、企業の歴史や文化を詳細に伝える会社紹介動画、求職者に響くような採用動画、従業員のスキルアップを目指す研修動画などがあります。

また、YouTubeチャンネル用の動画やイベントやセミナーの様子を伝える動画、視聴者に強い印象を与えるアニメーション動画など、より高度な制作技術や創造性が要求される場合が多く、その分、制作費用も上昇します。

※テレビCMは基本15秒、30秒、1分枠で制作するため、表記除外としています。

動画制作で相場より費用を抑えて依頼するポイント

動画制作は常に予算との闘いです。

費用をたくさん使用できればその分高品質な動画が制作できますが、ほとんどの場合はそういうこともないでしょう。

いかに予算内でクオリティを保ちながら、できる限り不要な作業は避け、無駄のないコンパクトな動画に仕上げていけるかで、相場よりも費用を抑えやすくなります。

以下が費用を抑えながら動画を制作する主なポイントです。

動画制作の企画を行う段階でチェックしていきましょう。

  • 短い尺の動画を制作する
  • 人件費を減らす
  • 素材の差し替えを検討する
  • 目的やコンセプトを明確にする
  • メッセージや伝えたい内容を絞る
  • 自社内や近場で撮影する
  • 動画のテンプレートを作る
  • 補助金を利用する
  • 自社内製できることはする

短い尺の動画を制作する

費用を相場より抑えて制作するためにいちばん最初に検討したいのが、動画の尺の長さです。

単純に短い尺の動画を制作することで、企画から撮影、編集にかかる時間を短縮でき、コスト削減になります。

特にアニメーション動画は制作する作業そのものが短くできるため、素材制作等の基となる作業を除くと費用の負担減少が顕著です。

ですが、予算を注視するあまりに尺を短くすることを意識しすぎてしまうと、伝えたいことやメッセージが盛り込みきれなかったり、伝わりきれなかったりする場合があります。

動画制作の目的を達成するために必要な情報やメッセージは必ず盛り込み、そのほかに不要な部分はないか、第三者の意見も交えながら検討すると良いでしょう。

人件費を減らす

動画制作にあたって、いちばん費用がかかるのが人件費です。

人件費を削減することで、予算をぐっと抑えることが可能になります。

動画の種類により、動画内に登場するモデルや俳優を、自社の社員でまかなえるような構成にしてみましょう

また、自分たちで衣装を用意したりメイクを施すなど対応できると、スタイリストやヘアメイクなどのスタッフ費用が不要となります。

携わる人員が少なくなるほど、移動費や滞在費などの諸経費も浮くので、さらに費用を相場より抑えられる結果に。

地方自治体のPR動画では、一般市民にボランティアで参加してもらうなどもしていますね。

ですが、無理に自社の社員で対応しようとすると、ドラマ仕立ての動画や高いブランディング性を打ち出したい動画の場合は、仕上がりやブランドイメージとしてのクオリティが低下する可能性もあります。

動画としての「見栄え」が必要な場合はプロに依頼するなどして、正しいキャスティング判断を行いましょう。

素材の差し替えを検討する

動画制作の費用を抑えるために、既存の素材を活用できるところはないか検討しましょう。

新たに撮影を行う代わりに、既に持っている写真や映像、イラスト、フリー素材などを使うことで、撮影にかかる人件費や機材費を大幅に削減できます。

特に限られた予算内で効果的な動画を制作する場合に有効で、スライドショーやアニメーションなどの形式を取り入れることも、制作コストを抑えるひとつの方法です。

こちらもあまり差し替えすぎてしまうと、安価な印象を持ちやすくなってしまうため、大々的に公表する動画の場合は十分な注意が必要です。

目的やコンセプトを明確にする

動画の目的やコンセプトを明確にして、無駄な費用を発生させないようにしましょう。

目的やコンセプトがブレてしまうと、必要以上の撮影や演出が加わり、迷走してしまうことがあります。

結局撮影や素材の使用損になってしまい、結果として余計なコストがかかる可能性も。

動画制作の目的を企画・構成段階でしっかりと固めることで、効率的な制作プロセスを作成できます。

制作の最中に軸になる部分がブレないよう、しっかり全体を見据えながら手綱を握れるディレクター、プロデューサー的な役割の人物を登用できるとベストです。

メッセージや伝えたい内容を絞る

動画の中で伝えたいメッセージや内容を絞り込むことも、費用を抑える重要な要素です。

内容が多岐にわたると、動画が長くなったり、複雑になったりすることで制作コストが上昇します。

また、あまり動画内容の情報が多いと、いちばん伝えたい内容の存在感が薄れ、狙い通りの訴求ができないこともあります。

動画は一度に多くの情報を提示できるため、いろいろと詰め込みたくなりますが、主要なメッセージに焦点を当て、余計な情報を削ぎ落とすことで、よりコンパクトで効果的な動画を低予算で制作できます。

自社内や近場で撮影する

意外とかかるのが、ロケーション撮影にかかる費用です。

できるだけ自社内や会社から移動の少ない近場で撮影を行うことで、撮影使用費、移動費などを削減でき、また移動時間なども短縮できるため効率が良いです。

自社内であればロケハンも最低限で済み、近場であれば空いた時間で対応しやすいこともメリットです。

また同時に、なるべく屋外ではなく屋内で撮影できないかも検討しましょう。

屋外の場合は天候に左右されやすく、大がかりな制作規模のものだった場合、スケジュールを立て直すとなると膨大な費用が余計にかかってしまいます。

天候が安定している時期の撮影でない場合は、屋内でグリーンバックで撮影し背景を合成する等、代替案も視野にいれておくことをおすすめします。

動画のテンプレートを作る

YouTube用の動画に多くあるように、複数本同じ環境で撮影する場合は、撮影や編集環境をテンプレート化しておくことで、環境作りの時間や手間のコストを省けます。

動画編集で繰り返し使用するテロップや構成、ロゴやバナーもすべてテンプレートとして保存しておくことで、スムーズに対応できますね。

また、テンプレート化することで動画ことにブレが生まれにくく、複数本の動画を通じて統一感が生まれるため、視聴者も記憶に残りやすいメリットもあります。

一から作り直すことがいちばん時間と労力がかかるため、複数本制作予定がある場合は、まとめて発注できる依頼先を探すか、自社でできる限り手間を抑えるためにテンプレートデータを用意するなどして、少しでも作業の手間を減らせる方法を考えましょう。

補助金を利用する

映像制作や動画制作に使用できる補助金を活用する方法もあるので検討しましょう。

基本的に事前の申請が必要ですが、利用できれば制作の大きな助けになってくれます。

 

内容 補助額
小規模事業者持続化補助金
  • 通常枠:上限50万円
  • 特別枠:上限200万
事業再構築補助金 補助上限額2000万円〜
※事業規模により異なる
IT導入補助金
  • A類:最大150万円
  • B類:最大450万円

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金は、小規模事業者が自社の経営を見直し、持続的な経営に向けた販路開拓や生産性向上のために必要な経費を補助するためのものです。

申請類型が複数あり、補助金の対象者も従業員数等の規定により、小規模事業者のみに定められています。

通常枠で補助率2/3で補助上限50万円、そのほかの特別枠は補助率2/3で補助上限200万円です。

引用:商工会議所地区 小規模事業者持続化補助金

事業再構築補助金

ポストコロナ・ウィズコロナ時代の社会変化に対応するための、中小企業による事業再構築を支援する目的で設けられた補助金です。

申請枠がいくつかに分かれており、従業員規模によって補助金額が異なりますが、補助上限額が2000万円〜です。

給与増額などさまざまな必須要件があるので、しっかり中身を確認して申請しましょう。

引用:事業再構築補助金

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金)

さまざまな中小企業が抱える経営課題解決のための、ITツール導入を支援する補助金です。

この補助金は制作依頼について利用できるのもではなく、ツール導入についての補助金のため、動画制作を自社内製したい、できる限りを自社で制作したい、という場合のツール導入に利用できます。

補助額はA類・B類あり、ともに補助率は1/2以内で、A類は最大150万円、B類は最大450万円です。

引用:IT導入補助金

※2023年12月時点での情報です

自社内製できることはする

いちばんの費用を抑える方法は、自社でできる作業は自社で行うことです。

動画制作に慣れていないと、時間や手間はかかりますが、プロに依頼する費用は削減できます。

自社で対応できることとして、企画や構成作成、撮影などがあげられます。

ですが、基本的な要素を詰め込んだ比較的低予算の動画であれば、自社でできることは行ったほうが良いですが、ある程度大がかりな動画制作になる場合は、動画のクオリティが如実に現れる編集はもちろん、撮影もプロに依頼したほうが無難です。

しっかりと狙いを定め、会社の認知度向上やブランディングを行いたい場合は、企画・構成からプロに依頼することを検討しましょう。

また、自社内製する場合も、視聴者視点に立った伝わる動画やわかりやすい動画になっているか、第三者からの意見を取り入れるようにしましょう。

動画制作会社やクリエイターの選び方とポイント

動画のクオリティを上げるいちばんの方法は、プロに依頼することです。

依頼先として、動画制作会社や広告代理店、フリーランスのクリエイターがおり、動画の規模やジャンルによって依頼先は異なります。

多数ある候補から自社に合う依頼先をどのように選ぶべきか、ポイントをしっかり抑えましょう

  • 制作実績は豊富か
  • 提案力があるか
  • 担当者とのコミュニケーションはスムーズか
  • 相見積もりをして比較検討する

制作実績は豊富か

動画制作会社やクリエイターを選ぶ際には、まずその制作実績の豊富さを確認することが大切です。

実績が多いということは、多様なジャンルやスタイルの動画制作に対応できる経験と技術を持っているという証拠です。

これまでに手掛けたプロジェクトの種類や品質、顧客の満足度などをチェックし、自社のニーズに合った実績を持つ会社やクリエイターを選びましょう。

ですが、フリーランスのクリエイターのなかには、大手の制作会社や広告代理店で経験を積み、独立したばかりという方もいます。

実績が少ない場合でも、会社を立ち上げたりフリーランスになる前の実績が豊富な場合もあるので、そのうえで実績内容をしっかり確認し判断しましょう。

提案力があるか

動画制作の際には、クリエイティブな提案力があるかも重要なポイントになります。

制作会社やクリエイターがただ指示に従うだけでなく、独自のアイデアや創造性を持ってプロジェクトに貢献できるかどうかを見極めましょう。

特に目新しいコンセプトや斬新な演出を求める場合、提案力の高い制作パートナーは大きな強みとなります。

また、WEBマーケティングの知識や経験があると、マーケティング視点での意見ももらえます。

YouTubeやSNSでの拡散性を目的のひとつとする場合は、マーケティング知識の有無も大きなチェックポイントですね。

担当者とのコミュニケーションはスムーズか

制作会社やクリエイター選びでは、担当者とのコミュニケーションのスムーズさも重要です。

プロジェクトが成功するかどうかは、クライアントと制作サイドの良好なコミュニケーションが大きく影響します。

伝えたいことがなかなかうまく伝わらなかったり、レスポンスが遅かったりすると、制作が滞るだけではなく、余計な手間や時間、労力が生まれてしまい、ストレスも溜まりやすくなってしまいます。

少なくとも数週間、規模が大きくなると数ヶ月単位での制作となるため、対応が億劫になってしまうと辛いですよね。

担当者が要望を正確に理解し、迅速かつ適切にレスポンスできるかを確認しましょう。

初回の打ち合わせや見積もりの対応から、その会社のコミュニケーションスタイルを見極めるよう心がけましょう。

相見積もりをして比較検討する

最後に、複数の制作会社やクリエイターから相見積もりを取ることをおすすめします。

見積もりを複数とることで、価格だけでなく提供されるサービスの内容、クオリティ、対応の速さなどを比較検討できます。

1社、2社のみの見積もりだった場合、適正価格なのか、本当に自社に合った依頼先なのか、なかなか判断できません。

予算内で最もコストパフォーマンスの高い選択をするためには、幅広く情報を集め、各制作会社の強みや特色を理解した上で決定することが大切です。

動画制作を相場よりも費用を抑えて依頼したいなら直発注できる「Video Works」!

動画といっても、さまざまなジャンルや種類があることがわかりました。

自社内製できることもありますが、やはり動画を制作する目的を達成するためには、よりクオリティの高い動画が必要です。

そのためには、プロに制作を依頼する等して、専門的な視点から動画を制作すると良いでしょう。

ですが、制作会社に依頼すると費用が高くなってしまったり、自分たちできることとの分業で制作ができなかったりすることもあります。

フリーランスのクリエイターに依頼するにしても、どのように探して目星をつければいいかわからないことも多いですよね。

また、一つひとつ問い合わせて検討して・・・という作業は時間も手間もかかってしまいます。

できるだけ手間を省き、早めに動画制作に集中したいという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には、一括依頼でクリエイターから提案がもらえ、直接依頼できる「Video Works」がおすすめです!

Video Worksは、映像制作希望者とフリーランスのクリエイターをつなぐマッチングサービスで、全国のクリエイターが多数の成果を残してきています。

依頼方法も簡単3ステップ。

制作会社やクリエイター一つひとつに問い合わせをする手間がなく、今まで出会えなかったクリエイターに出会えることが大きな魅力です。

【Video Worksの利用方法】

  1. Video Worksのサイトで会員登録をする
  2. 制作を依頼したい内容や予算を専用フォームで入力し、公開依頼をする
  3. 運営での内容チェック後クリエイターに依頼が公開されるので、クリエイターからの提案を待つ

おすすめポイント①:クリエイターに数万円〜依頼できる

Video Worksのひとつのおすすめポイントは、クリエイターに数万円〜の金額で依頼できることです。

現在Video Worksでは、全国47都道府県から、10,000名を超える業界最高レベルのスキルを持ったクリエイターや制作会社が登録しています。

そのため、都市部だけではなく、地方の撮影依頼にも提案がきやすくなっています。

また、企画から丸ごとの依頼から、自社内製と合わせて編集だけ、キャスティングだけ、ディレクションだけ、整音だけ、などの細かなスポット依頼にも幅広く対応できるため、映像制作に関することなら何でもご相談いただけます

間に代理店を通さないため余計なマージンが発生せず、適正価格での依頼が可能。

スポット依頼の場合、数万円〜での依頼もできます。

自社で探すだけでは見落としがちな意外なクリエイターから提案がもらえる場合もあるので、依頼いただくごとに新鮮な感覚で利用いただけます。

おすすめポイント②:業界最大級の制作実績

Video Worksは動画のジャンルや業種を問わずあらゆる動画制作に対応してきており、業界最大級の制作実績を誇ります。

お客様の声として、

「自社と一緒に制作してくれる最良のパートナーに巡り会えた」
「登録クリエイターが多く一定数の提案が集まりやすくなっており、依頼できなかったことがなく助かっている」
「自社の要望を踏まえながらいただいた多様な提案とプロのスキルで、サービス内容がわかりやすく満足のいく動画に仕上がった」

などいただいております。

依頼数は年間約1,000件ほどいただいており、リピーターが多いことからも、クリエイターのスキルや対応力の高さがうかがえます。

実写はもちろん、アニメーションでの制作やプロモーション動画、採用動画や研修動画、サービス紹介動画など、「こんな動画制作でも依頼していいかな」といった案件でも、ぜひ一度Video Worksにご相談ください。

おすすめポイント③:最短即日で発注できる

もうひとつのポイントは、依頼から最短即日で発注できるスピーディーさです。

Video Worksで多くのクリエイターが登録しているため、提案が集まりやすくなっており、最短5分で最初の提案がくることも。

そのため、条件が合えば依頼から最短即日で発注できることもあります。

依頼前にクリエイターとオンラインで打ち合わせもできるため、事前に案件のすり合わせはもちろん、予算や内容の相談も直接できます。

また、サービス利用のフォローも充実しており、「利用の仕方がわからない」「予算てどういう風に決めたらいいか知りたい」など、動画制作になれていないご依頼者からのご相談も、専任のコンシェルジュがしっかりサポート。

クリエイターを選ぶ時間も惜しいので、自社の依頼に合いそうなクリエイターを紹介して欲しい、というようなクリーンのマッチングにも対応しております。

ご不明点を残さずに利用いただけるよう、徹底したフォローもVideo Worksが選ばれるポイントです。

Video Worksの動画制作実績と相場事例を紹介

それでは、Video Worksの今までの動画制作実績を、相場とともに紹介します。

費用:15万円〜30万円

①労務手続き・労務管理システムの「jinjer」サービス紹介動画:1分12秒

オールアニメーションのサービス紹介動画です。

冒頭でターゲットである人事の方のよくある悩みを提示し、「jinjer」なら解決できる、というストーリー構成になっています。

②株式会社セルフケアテクノロジーズ様 オンラインフィットネスクラブの無料体験レッスンの受講方法:1分00秒

家トレのイメージがつかないというユーザー様向けの動画で、ナレーションを省き、テロップとBGMで費用を抑えています。

費用:30万円〜60万円

①サービス紹介動画「鉄道コンテナNAVI」:1分44秒

アニメーションでのサービス紹介動画です。

こちらも悩みや不安な点を冒頭で提示し、サービスを導入することで解決に導く、という構成です。

②航空会社「スターフライヤー」機内ディスプレイ用ブランディング動画:0分48秒

日本の航空会社の機内ディスプレイ用の動画です。

白と黒のメインカラーを守りつつ、おしゃれなJazzのBGMに乗せ、文字を動かしたアニメーション動画であるタイポグラフィックアニメーションを使用しています。

費用:60万円〜100万円

①GMOクリエイターズネットワーク株式会社様 FREENANCE byGMOのサービス説明動画:0分16秒

GMOクリエイターズネットワークのサービス紹介動画です。

短い尺でどのように見せるかをクリエイターと相談しながら制作したアニメーション映像で、内容が詰め込まれていながらもわかりやすく仕上がっています。

②アクセス解析ツール「Usergram」サービス紹介動画:3分01秒

冒頭で担当者が1人で抱えがちな悩みを提示し、実写とアニメーションを組み合わせることで、視聴者がより自分ごととして共感しやすい見せ方にこだわっています。

費用:100万円〜

①サービス紹介動画「どこかなGPS」:0分58秒

ドラマ仕立ての動画になっており、サービスの利便性を感じやすい動画表現になっています。

あたたかくやわらかい雰囲気の演出が製品とマッチしていますね。

②早稲田大学様 卒業式ドキュメンタリー動画:3分00秒

早稲田大学の卒業市域に密着したドキュメンタリー映像です。

密着ということことで制作期間も3ヶ月ほど要しており、海外からの留学生が多いということも加味し、アカデミックな雰囲気をまとわせるよう、大学の校風にも合わせた動画です。

まとめ 〜動画制作をプロに依頼する場合の相場は10万円〜500万円以上!〜

本記事では、動画制作をプロに依頼する場合の相場を、各動画ジャンルごとに解説しました。

もう一度おさらいしておきましょう。

動画の種類 費用・料金相場
商品・サービス紹介動画 10万円〜200万円以上
会社紹介動画 10万円〜200万円以上
採用動画 10万円〜200万円以上
研修動画 5万円〜200万円
CM / WEB CM 50万円〜500万円以上
YouTube向け動画 1万円〜50万円
IR動画 50万円〜200万円
アニメーション動画 10万円〜500万円以上

動画制作は案件の数だけさまざまなシチュエーションがあり、費用が変動しやすいという特徴があります。

そのため、「この動画制作なら費用はいくら」と明示することは難しいものです。

また、相場よりも料金を押さえながら依頼するためのポイントや、依頼先選びに注意したいことも紹介しました。

解説した料金はあくまで目安として把握いただき、費用を抑えるためのポイントを踏まえながら、どうすれば効果的な動画制作ができるかの参考にしてみてください。

また、Video Worksならフリーランスのクリエイターに直依頼できるため、比較的費用を押さえながら依頼でき、依頼できる業務範囲も柔軟性に富んでいます。

業界最高レベルの腕を持つプロのクリエイターとの新たな出会いを活用し、満足のいく自社動画をVideo Worksで制作しましょう!

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

サービス紹介動画の活用事例9選!制作種類ごとにポイントも詳しく解説

サービス紹介動画の活用事例9選!制作種類ごとにポイントも詳しく解説

サービス紹介動画の作り方を初心者向けに解説!実写とアニメーションの制作の違いも

サービス紹介動画の作り方を初心者向けに解説!実写とアニメーションの制作...

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。