動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
商品紹介動画・サービス紹介動画

商品紹介動画の作り方を解説!企業としての制作メリットや魅力の伝え方も

商品紹介動画の作り方を解説!企業としての制作メリットや魅力の伝え方も
B!

「商品紹介動画を作るメリットってなんだろう?」
「効果的な商品紹介動画の作り方を知りたい。」

さまざまな商品やサービスを紹介するために用いる動画の作り方について、上記のようにお困りになっている方はいませんか。

BtoCだけではなく、BtoBのサービスや製品にも利用できる商品紹介動画は、活用方法が多岐にわたるため、制作しておいて損はありません。

ですが、制作の知識がないと、商品紹介動画をどのように作ればいいか、外注する場合にはどのように依頼すればいいのか、わからないこともあるでしょう。

そこで今回は、商品紹介動画の作り方を解説します!

商品紹介動画を制作するメリットや、魅力を伝えるコツも紹介しているので、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

目次

商品紹介動画の主な種類

商品紹介動画の作り方を見ていく前に、まず商品紹介動画にはどんな種類があるのか、どういったものに活用できるのかを確認しておきましょう。

商品紹介

商品紹介動画は、製品の特徴や使い方、仕様を視聴者に分かりやすく伝えるためのものです。

画像だけではわかりにくい特徴や、目新しい技術を使った製品などの場合、動画だとより理解しやすくなります。

例えば洋服の場合、画像だでけはわかりにくい質感や着用したときの動き、光の当たり方による色の見え方の変化など、より自分が着用したときのイメージが湧きやすくなります。

そのため、製品の発売時やプロモーション期間に特に効果的で、視聴者に製品の魅力やたくさんの情報をダイレクトに伝えやすくなるのです。

サービス紹介

サービス紹介動画は、特定のサービスやプログラムの利用方法や導入メリットを紹介する動画です。

特に画像やテキストだけでは理解しにくいサービスや、抽象的なサービス、視覚的な特性が少ない製品など、多角的な説明が必要な場合に有効です。

また、動画内で実際のサービス使用シーンを紹介することで、視聴者がサービスを利用する際のイメージがしやすくなります。

顧客サポートの一環としても活用されており、利用者の満足度向上につながることが期待できます。

アプリ紹介

アプリ紹介動画は、主にスマートフォンやタブレットで使用されるアプリケーションの機能や使い方を紹介するものです。

基本的にアプリは画面上での操作がメインのため、アプリの使い勝手や特徴をアピールでき、動画ととても相性がいいです。

特に、操作方法が複雑なアプリや、特定のニーズに対応したアプリの場合、実際の画面操作を映したデモンストレーションを含めることで、利用者がアプリの機能を理解しやすくなります。

これはゲームにも同様で、動き方やテイスト、世界観を覗けるメリットがあり、アプリのダウンロード数増加にも役立っています。

商品紹介を動画で行なうメリット

商品紹介を行なうひとつの方法として、動画を活用するメリットは何でしょうか。

以下の3つにまとめてみましたので、制作で最大限に活かせるよう把握しておきましょう。

  • 短時間で商品の魅力を伝えられる
  • ユーザーにダイレクトに訴求でき購買意欲を掻き立てやすい
  • 無形サービスや抽象的な表現もビジュアル化しやすい

短時間で商品の魅力を伝えられる

商品紹介動画は、短時間で商品の魅力や特徴を効果的に伝えることができる大きなメリットがあります。

動画は、静止画やテキストよりも豊富な情報を同時に、かつすばやく視聴者に伝えられるため、商品の詳細な内容や使用方法を分かりやすく届けられます。

視聴者は、動画を見るだけで実際に手に取らなくても商品について理解しやすくなるため、対面外での販売範囲が一気に広がることが魅力です。

ユーザーにダイレクトに訴求でき購買意欲を掻き立てやすい

動画は視覚的な情報効果が大変有効で、視聴者にダイレクトに訴求する力があります。

動画を通じて商品の使用シーンを実際に見せることで、視聴者はその商品を使用している自分自身をイメージしやすくなります。

例えば、静音に特化したエアコンの場合、エアコンの見た目や電気代の節約量などは画像やテキスト情報から読み取れても、音に関しては「従来より●●dB静か!」と言葉で説明されても想像しにくいですよね。

実際にエアコンを運転して録音した音や風量を動画で見られると、容易に性能の良さが理解できます。

動画はこうした技術や複雑な機能を持つ商品を紹介する場合に効果的で、視聴者に製品の実用性や使用するメリットを明確に示し、購買意欲を刺激できます

無形サービスや抽象的な表現もビジュアル化しやすい

動画は、形のないサービスや抽象的な概念をビジュアル化しやすいというメリットもあります。

例えば、クラウドサービスやコンサルティングといった目に見えない商品やサービスを、動画を通して具体的にアピールできます。

人の行動によって成果がでるコンサルティングや流通などの職業自体、また、商品に対する思いや販売のサービスもそれにあたるでしょう。

音に関する商品やサービスも同様ですね。

ナレーション、アニメーション、グラフィックなどを活用し、サービスの効果やプロセスを視覚的に表現することで、視聴者の理解を深め、言葉だけではわかりにくい商品や、あまりなじみのないサービスについても、興味を引き出しやすくなります。

商品紹介動画の活用場面

商品紹介動画は、動画という特性上さまざまな配信媒体を使用できます。

訴求したいターゲットに向けてより効果的な動画を制作できるよう、ビジネスとしての活用場面を知っておきましょう。

展示会イベントや営業ツール

商品紹介動画は展示会やイベントでの魅力的なプレゼンテーションツールとして活用できます。

また、営業ツールとしての役割も担い、商談時には効果的に、手近に商品の特長を伝えるのに役立ちます。

動画を使用することで、話し手の説明能力によらずに、一貫性のある情報をいつ・どこでも提供できることもメリットです。

少ない時間で商品やサービスの良さをアピールしなくてはならないシチュエーションでは、特に重宝されます。

店頭プロモーションやサイネージ

店頭でのプロモーションにおいても、商品紹介動画は大きな効果を発揮します。

タブレット以外にも、デジタルサイネージなどの映像ディスプレイを利用して、商品の特長や使用方法を流しておくと、消費者の目を引き、購入意欲を刺激できるでしょう。

基本的に商品が動かない店内や店頭で、映像が動いていたら見てしまいますよね。

動画は静止画よりも注目を集めやすいので、顧客の足を止める効果が狙えます。

SNSやYouTube

SNSやYouTubeは、商品紹介動画の配信に最適なプラットフォームです。

Instagram、TikTokなどのSNSでは、投稿された動画がユーザーによって共有され、広範囲に拡散する可能性があります。

また、YouTubeでは、動画をアップロードすることで、検索結果や関連動画に表示されることが多く、新たな顧客層にアプローチすることが可能です。

話題性が生まれると拡散も早く、視聴者の手で自動的にプロモーションされていくことになります。

ホームページ

自社のホームページに商品紹介動画を掲載することで、オンラインでのブランド力を高める効果が期待できます。

ウェブサイト訪問者には、動画コンテンツを通じて、商品やサービスの魅力にダイレクトに触れてもらえます。

また、SEOの観点からも動画はウェブサイトの訪問時間を延ばし、検索エンジンにおけるランキング向上に一役買っているため、マーケティング戦略としても有効です。

商品紹介動画の作り方の流れ

では、商品紹介動画の作り方の流れについて見てみましょう。

基本的に、

  1. 企画・構成
  2. シナリオ・絵コンテ作成
  3. 撮影またはアニメーション作成
  4. 編集

といった流れで行います。

企画・構成

商品紹介動画を成功させるためには、まず企画と構成をいかにしっかり作れるかが鍵です。

動画の目的を明確に設定し、ターゲット層を具体的に定めましょう。

商品の特長や消費者が期待する効果を把握し、それをいかに魅力的に伝えるかを考えることが大切です。

この段階で、動画の長さやスタイル、テーマ、メッセージなどの大枠を決定します。

動画のテーマやコンセプトが決まれば、後の制作プロセスがスムーズに進行します。

シナリオ・絵コンテ作成

先の構成で決定した内容をもとにシナリオと絵コンテを制作していきます。

シナリオはいわゆる台本で、動画のストーリーを細かく決めたものです。

そのシナリオをもとに、映像の見せ方や尺、背景、映像効果などで書き上げる絵コンテを作成します。

この絵コンテが、撮影や編集の大きな指針となるため非常に重要です。

この時点で、撮影に必要な機材やキャスティング、撮影場所などがピックアップできるので、撮影までに余裕を持って手配を終わらせましょう。

撮影またはアニメーション作成

次に、撮影またはアニメーション作成の段階に移ります。

実写の場合は、商品の魅力を最大限に引き出すために、カメラ等の撮影機材や照明を正しくセッティングし、撮影を途中で止めてしまうことがないよう入念に準備しましょう。

セッティングが完了したら、先の絵コンテを参考に必要な映像素材を撮影していきます。

撮影が長引くとその分費用がかかることが多いので、撮影の進行状況はできるだけ細かく確認をしましょう。

アニメーションの場合は、商品の特長を分かりやすく伝えるためのビジュアル要素や動きのデザインがキーポイントです。

一般的には、イラスト作成→中割り作成→映像制作の順で進んでいきます。

編集

撮影やアニメーションの制作が終わったら、最終的なステップは編集です。

撮影された映像素材やアニメーションを使って、1つの映像にまとめあげます。

ここでも絵コンテを基に、トリミングを行って不要な素材や場面をカットし、音楽や効果音の追加、必要に応じて字幕やテロップの挿入などを行います。

編集作業は動画の完成度を大きく左右するため、メッセージが伝わりやすいように、視聴者の注目を引くように丁寧に行うことが求められます。

ナレーションの追加は映像編集後に行います。

追加する場合は、読む速度や声のトーンによって商品のイメージが大きく変わることを意識しながら、しっかり商品の魅力にマッチするナレーターに依頼しましょう。

完成した動画は、ターゲット層に適切に伝わるか、目的に沿っているかを確認した上で、最終的な微調整を加えます。

商品紹介動画の実用例

それでは、実際の商品紹介動画の実例と一緒に、ポイントを解説していきます。

  • 商品紹介動画
  • サービス紹介動画
  • アプリ紹介動画

でそれぞれ紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

商品紹介動画

①αble商品紹介動画

周囲の騒音を軽減できるデバイスの商品紹介動画です。

音に関する商品のため、動画を活用することでしっかりイメージがしやすくなっています。

商品を使用することでクリアに相手の声が聞こえるようになり、コミュニケーションが容易になる様子に、興味をそそられますね。

最後には企業の代表インタビューも添えられていて、作り手の顔が見えることで安心感もあります。

②アンパンマンはじめてハウス 商品紹介PV

アンパンマンのお家を模したお子様用のおもちゃを紹介する動画です。

お子様が物件案内人となって、パパにプレゼンをする、という設定です。

子ども視点での商品の特徴がわかりやすく、時折はっきり話せていないお子様のプレゼンの様子も可愛らしく、思わず見入ってしまいます。

遊ぶ対象となるお子様も親御さんも見たくなる動画になっていますね。

③「伝説の家政婦」タサン志麻さんが語る、スチームオーブンレンジ ビストロの魅力。【パナソニック公式】

Panasonicから販売されているオーブンレンジの商品紹介動画です。

実際の性能を、著名な方のインタビューや料理風景を交えながら紹介していきます。

単に調理の映像を用いて紹介するより、プロが言うなら、と説得力も生まれますね。

オーブンレンジがあることで料理の幅が広がったり、ラクをすることを楽しんだりという、ターゲット層に届く訴求やメッセージが込められています。

サービス紹介動画

①SURGE(サージ)サービス紹介動画

Web・デジタルマーケティング支援サービスである「SURGE」のサービス紹介動画です。

さまざまな知識が必要で難しいイメージのあるマーケティングについて、3つの主要なサービスにスポットを当て、どういった悩みが解決できるか、導入後にどのような変化があるかを説明しています。

また、やわらかいテイストのアニメーションを用いることで、敷居の高さを払拭し、かつわかりやすく紹介しています。

動画時間も85秒ほどでコンパクトにまとめられています。

②fondeskサービス紹介動画

電話代行サービスの紹介動画です。

冒頭は実写で、実際に良くあるような風景が映し出され、視聴者の共感を誘います。

サービス紹介自体はアニメーションを用いて説明され、サービス導入後の様子で再度実写を使用し、より導入後の変化がわかりやすくなっています。

BGMも控えめで、ナレーションが聞き取りやすいですね。

③Honda 会社紹介ムービー

自動車会社HONDAの企業紹介動画です。

軽快な音楽にのせて、「時代が変わっても、変わらない私たちの想い”The Honda Way”」というコンセプトのもと、これまでの歴史を振り返っていきます。

映像の中盤からは、「HONDAとは一言で言うと?」という質問に対して、グローバル企業らしくさまざまな国籍の社員インタビューを交え、働く人の顔を見せています。

具体的な企業での取り組みを紹介する動画ではないですが、企業としての情熱やブランドイメージの向上に重きを置いた動画です。

知名度の高い企業だからこその制作の仕方でもありますね。

④NOK株式会社 会社紹介ムービー

部品メーカーであるNOK株式会社による企業紹介動画です。

こちらは打って変わって、会社の成り立ちや事業紹介を、ナレーター無しのBGMと動画だけで紹介していきます。

実写とアニメーションをうまくミックスした動画で、センスの良い映像に仕上がっています。

身近なところからロケット産業まで、どういったところにNOKの部品が使われているのか、わかりやすく明示されることで、一気に親近感が湧いてきます。

動画の長さも3分以内でおさめられていて、見やすく設計されています。

アプリ紹介動画

①自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」サービス紹介動画

貯金をしたくてもなかなかできない方へ向けた貯金アプリの紹介動画です。

冒頭はペルソナへの問いかけではじまり、興味がありそうな方をぐっと引き込みます。

その後サービスの特徴、メリットをアニメーションを用いて説明していく流れで、なるほど、と最後まで見てしまいますよね。

途中アプリの実際の画面も映し出されていて、利用のイメージがより湧きやすくなっています。

時間も130分ほどと、丁度よい長さにおさめられています。

②SUNTORY+ 小さな「できた」が楽しく続く健康アプリSUNTORY+

SUNTORYが提案する、健康づくりのアプリです。

便利さと利用のハードルの低さなどを主に打ち出し、実際の使用画面も明示されていて、動画のスピードのちょっとした「ゆるさ」も、アプリのゆるさとマッチしていますね。

しっかりとメニューの裏付けも公表されており、あまり大変なことはしたくないけど、健康にも気を使いたい、という方にぴったりの動画になっています。

商品紹介動画の作り方のポイント

より訴求効果の高い商品紹介動画の作り方として、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

以下の内容をしっかり把握して、視聴者に届きやすい商品紹介動画を制作しましょう。

  • ターゲットや目的を明確にする
  • 動画の尺は3分以内にする
  • 情報を多く入れすぎない
  • 商品やサービスをイメージしやすい構成・シナリオを作る
  • トンマナを揃えて統一感を出す
  • テロップやアニメーションを活用する
  • 消費者目線で伝わりやすい動画制作を心がける

ターゲットや目的を明確にする

商品紹介動画を成功させるには、まず明確なターゲット設定と目的を理解することです。

誰に、どのような効果やメリットを伝えたいのかを明確にするために、「6W1H」の原則を活用しましょう。

Who 誰が何の動画を作るのか
Whom 誰に向けた動画を制作するか
When いつ動画を視聴してもらうか/配信するか
Where 視聴場所/配信プラットフォームはどこか
What 何の動画を制作するのか
Why なぜ動画を制作するのか
How どのように配信するか

例えば、若年層向けのスポーツ製品の紹介であれば、その年代の関心事やライフスタイルに焦点を当てた内容にしてみましょう。

機能性だけではなくデザインのカッコよさでも周囲に差がつけられる、憧れの選手に一歩近づくための手助けになる、などでも良いですね。

また、動画を通じて達成したい目的をはっきりさせることで、その成果を測定しやすくなります。

制作しながら動画の軌道修正を行なうためにも、このターゲットや目的をいかに明確に設定できるかは非常に重要です。

動画の尺は3分以内にする

視聴者の注意を引き続けるためには、動画の長さも重要な要素です。

一般的に、短くて内容が凝縮された3分以内の動画が効果的とされています。

特にSNSやウェブ広告での使用を考慮すると、短い尺の方がユーザーの興味を引きやすく、メッセージを効果的に伝えられます。

若い世代はInstagramやTikTok、YouTubeのショートなど1分ほどの動画に見慣れていることも要因のひとつです。

予算都合上可能なのであれば、短い尺のバージョンと、より内容を詳しくみたいユーザーに向けた長めのバージョンと2パターン制作しても良いでしょう。

情報を多く入れすぎない

動画に情報を詰め込みすぎると、伝えたい内容やメッセージがが伝わりきらず、視聴者が理解の迷子になってしまいがちです。

重要なのは、商品やサービスの主要な魅力や利用メリットに焦点を当て、それを簡潔にわかりやすく伝えることにあります。

視聴者が動画の主旨を簡単に理解できるよう、メッセージを明確にし、そのメッセージを引き立たせるために必要な情報だけを盛り込みましょう。

商品やサービスをイメージしやすい構成・シナリオを作る

視聴者が、商品やサービスをイメージしやすくなるようなシナリオを考案することも重要です。

顧客が抱えたり悩んだりしている問題やニーズをシナリオに反映させ、それに対する商品やサービスを用いることでの解決策を提示することで、視聴者の共感を得やすくなります。

視聴者にとっての商品やサービスを「自分ごと化」させることで、一気に購買意欲が高まります。

トンマナを揃えて統一感を出す

商品紹介動画においても、動画全体のトーンとマナーを統一し、ブランドイメージと一致させることが大切です。

一体感や統一感があると、視聴者は商品やブランドに信頼感を抱きやすくなります。

色使い、フォント、映像スタイルなどを統一して、ブランドとしてのプロフェッショナルな印象を与えましょう。

良い意味でのブランドイメージに対する裏切りやインパクトも、この統一感がより効果を引き出します。

テロップやアニメーションを活用する

テロップやアニメーションを効果的に使用することで、視聴者の商品に対する理解を深められます。

重要な情報やキーメッセージをテロップで強調したり、アニメーションを使って商品の機能や特徴を分かりやすく説明したりすることで、視聴者の関心を引きつけ、情報を理解しやすくしてくれます。

効果音やBGM、キャッチコピーなどの言葉も印象に残りやすいポイントなので、商品のイメージや動画の内容にぴったり合うものを用意しましょう。

消費者目線で伝わりやすい動画制作を心がける

制作した動画は、消費者のためにあるものです。

そのため、最終的になゴールを目指す前に、まず視聴者が理解しやすく、共感できる内容に仕上がっているか、を制作途中の指針のひとつにしましょう。

動画制作をしていると、制作側として盛り込みたい情報や伝えたいことばかりが先行してしまい、特に素人が作ると、自己満足に仕上がってしまうことがあります。

その場合、視聴者を置いていってしまい、商品紹介動画の意味をなさない可能性もあります。

視聴者が理解して、伝わってはじめて商品紹介動画として機能するという認識が、制作の過程で最も重要なポイントかもしれません。

商品紹介動画で顧客を増やすなら作り方に精通したクリエイターに出会える「Video Works」!

VideoWorksバナー①-20231023

商品紹介動画は利便性が高いうえに、一度制作できれば何度でも利用できるため、うまく制作できると高い費用対効果が見込めます。

また、視聴者目線からしても、欲しい情報を短時間で受け取れるためイメージしやすく、購買の手助けになってくれます。

そんなメリットの多い商品紹介動画ですが、クオリティが企業や商品のイメージに直結してしまうため、よっぽどの環境が整っていない限り、自社内製しきることはおすすめしません。

プロ目線での動画制作を行なう方が、よりブランドイメージを高めながら商品やサービスの魅力が引き立つでしょう。

ですが、「どこに依頼したらいいかわからない」「自社内製と合わせて行なうため細かく制作依頼ができるところが知りたい」という方もいらっしゃいますよね。

しかも数多くある制作会社やクリエイターから、依頼候補をピックアップしてそれぞれ問い合わせて・・・というのはかなりの労力と時間がかかります。

そこでおすすめなのが、商品紹介動画の作り方にも精通したさまざまなクリエイターから、一括で制作提案がもらえる「Video Works」です!

Video Worksは、映像制作希望者とフリーランスのクリエイターをつなぐマッチングプラットフォームです。

業界最大級となる年間1,000件もの依頼をいただいており、クオリティも業界最高レベルです。

おすすめポイント①:商品紹介動画をはじめとした制作実績多数

Video Worksは、商品紹介動画をはじめとした制作実績が豊富です。

年間1000件以上の依頼があり、リピーターも多いことがクオリティの高さを裏付けています。

商品紹介動画はもちろん、さまざまなジャンルやテイストの映像制作に精通したクリエイターが多く登録しているので

Video Worksのサイトでは、クリエイターのプロフィールはもちろん、過去の制作実績も掲載しているので、自社のニーズに合ったクリエイターに依頼できます。

Video Works制作実績①:サービス紹介動画「七田式教室幼児コース」

Video Works制作実績②:デジタルサイネージ用配信管理クラウドシステム「クイックサイネージ」導入事例動画(エッグセレント編)

Video Works制作実績③:店内デジタルサイネージ用動画「カンタン美白テク!」

おすすめポイント②:対応の幅が広く数万円〜依頼可能

丸ごとの制作依頼からスポット依頼まで、幅広い案件に数万円〜対応できることもおすすめポイントです。

さまざまな得意分野を持つクリエイターが登録しているVideo Worksなら、企画立案から撮影、編集はもちろん、制作ディレクター業務、ナレーション業務、バナー作成業務などの細かな要望に対応できます。

もちろん、丸ごとの制作依頼も歓迎で、Video Worksなら、映像制作に関することは何でも依頼可能。

また、間に代理店が入らないため余計なマージンが発生せず、適正価格でクリエイターに直依頼が可能なため、数万円から発注できることも。

依頼前にクリエイターと面談・打ち合わせができるので、安心して依頼できます。

おすすめポイント③:最短即日でクリエイターに発注できる

もうひとつのおすすめポイントは、依頼から最短即日で発注できることです。

現在10,000名を超えるフリーのクリエイターや制作会社が登録しているため、依頼に対して一定数の案件が確保しやすくなっています。

依頼方法も、サイトに登録して予算や依頼内容をフォームに入力して公開依頼するだけ。

クリエイターとうまくマッチングすれば即日で依頼できることもあります。

また、専任のコーディネイターによるサポートもあるので、「依頼の方法がわからない」「この納期で対応してくれるか聞きたい」など、お困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

クリエイターからの提案ではなく、自社に合うクリエイターを紹介して欲しい、という場合のマッチングフォローも対応可能です。

初心者の方こそ、Video Worksで映像制作をはじめてみませんか。

まとめ 〜商品紹介動画は作り方を把握して制作メリットを最大限に活かそう〜

本記事では、商品紹介動画の作り方について、制作のメリットやポイントを、実例を交えながら解説しました。

商品やサービスは事業の規模を問わずさまざまあり、それぞれが個々の特色や特徴を打ち出すために動画を活用しています。

拡散性の高さやいつでも手軽に見れる・見せられるメリットの高さが動画の特徴です。

ですが、やはり視聴者に伝わってはじめて動画としての役割を果たせます。

記事のなかで解説した内容を参考に、ぜひ作り方を理解して、メリットをフル活用できる商品紹介動画を制作しましょう。

そして、動画を制作される場合は、ぜひVideo Worksにご相談ください。

動画制作の作り方を熟知したプロクリエイターが、商品やサービスの魅力を引き出す商品紹介動画を制作いたします。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。