動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
商品紹介動画・サービス紹介動画

面白い・かっこいい商品紹介動画の作り方を事例とともに解説!制作のコツも解説

面白い・かっこいい商品紹介動画の作り方を事例とともに解説!制作のコツも解説
B!

「面白い商品紹介動画を制作する場合のポイントは?」
「商品紹介動画に面白さやかっこよさを取り入れて制作する方法が知りたい」

など、商品紹介動画の制作について、情報をお探しの方はいませんか?

たくさんの消費者の目に触れるために制作する商品紹介動画ですが、単に紹介するだけではなく、面白さやかっこよさを取り入れることで、話題作りになります。

また、SNSでの拡散が大きな効果をもたらす現在では、動画に話題性があるかどうかで、商品の販売数にも大きな影響を与えますね。

ですが、面白さやかっこよさを商品紹介動画に取り入れながら制作するにはコツがあり、センスも問われる少々難易度の高い動画制作です。

それでも、企業や商品を知ってもらえる機会を動画で制作できるので、制作を希望するご担当の方も多いでしょう。

そこで本記事では、面白い・かっこいい商品紹介動画の制作について事例とともに解説します!

制作のメリットやポイントについてもまとめているので、ぜひ最後まで読んでいただき、記事の内容をお役立てください。

VideoWorksバナー②-20231023

目次

商品紹介動画を制作するメリットは?

効果的な動画を制作するためには、制作するメリットを理解しておくことが重要です。

メリットを最大限に活かすために、以下の3点をしっかりインプットしておきましょう。

  • 短い時間で商品の魅力を伝えられる
  • 視聴者にダイレクトに訴求し購買意欲を刺激できる
  • 形のないサービスもビジュアル化しやすい

短い時間で商品の魅力を伝えられる

商品紹介動画の大きなメリットのひとつは、短い時間で商品の魅力や特徴を効果的に伝えられる点です。

動画は、静止画やテキストと比べて情報量が多く、複雑な商品の詳細や使用方法を分かりやすく表現できます。

特にオンラインでの販売やマーケティングでは、短時間で効果的に情報を伝えられることで、実際に店舗に行ったり企業に出向いたりしなくても、販売範囲や機会を大幅に増やせることが最大も魅力です。

ダイレクトに訴求し購買意欲を刺激できる

動画は、視覚・聴覚の2つの要素を用いて、視聴者にダイレクトに訴求する力を持っています。

実際の使用シーンをデモンストレーションに使用すると、視聴者は商品を使っている自分をイメージしやすくなります。

例えば、高性能なドライヤーの紹介動画だった場合、単に「髪にツヤが出る」「速乾性が高い」とテキストで説明があるより、動画のなかで実際にドライヤーを使用して、どれくらいの時間で乾くのか、髪にどれくらい影響が出るのか、が見えるほうがわかりやすいですよね。

商品紹介で動画を用いることで、具体的な製品のメリットや使い勝手を効果的にアピールでき、視聴者の購買意欲を刺激します。

動画は、特に技術的な特徴や複雑な機能を持つ商品の紹介に最適で、視聴者に製品の具体的な利点や使用感を伝えるのに役立ちます。

形のないサービスもビジュアル化しやすい

動画は形のないサービスや抽象的なコンセプトを視覚化しやすいというメリットも持っています。

クラウドサービスやコンサルティングなど、目に見えない商品やサービスを、ナレーション、アニメーション、グラフィックなどを活用して視覚的に表現することで、視聴者の理解を深めやすくしします。

動画を使うことで、言葉だけでは伝わりにくいサービスの効果やプロセスをより鮮明に伝えられ、視聴者の興味を引き出しやすくできるのです。

商品紹介動画に面白さやかっこよさを取り入れて制作するメリットとは?

では、たくさんの情報を盛り込み、視聴者に訴求しやすい商品紹介動画ですが、面白さやかっこよさを盛り込むことで得られるメリットはなんでしょうか。

  • 話題性を作れる
  • 商品やサービスの魅力を伝えられる
  • ブランドイメージを向上

話題性を作れる

面白い要素やかっこいい演出を加えることで、動画が話題性を持ちやすくなります

一般的に人は面白い、または印象的な動画を自然と他人に共有したくなるものです。

この傾向は、特にSNSやYouTubeなどのプラットフォームで顕著で、ユーザーが動画を共有し合うことで自然とプロモーション効果が生まれ、商品の認知度が高まります。

商品やサービスの魅力を伝えられる

商品やサービスの魅力を効果的に伝えられる点も大きなメリットです。

面白い要素や洗練された演出は、商品の特徴を際立たせ、視聴者の記憶に残りやすくなります。

特に、競合製品が多い市場では、ほかの商品との差別化を図ることが重要です。

面白さやかっこよさは、動画を視聴してもらうきっかけ作りにも大変有効で、視聴回数を増やしながら、商品やサービスの知名度の向上にも役立ちます。

ブランドイメージを向上

商品紹介動画が面白さやかっこよさを含んでいることで、ブランドイメージの向上も期待できます

面白さやかっこよさがある動画は、視聴者にポジティブな印象を与え、その結果として企業やブランドのイメージ向上に一役買っています。

特に新しいターゲット層を開拓したい場合や、ブランドを若々しく、革新的なイメージでアピールしたい時などに効果的です。

良いブランドイメージは、長期的な顧客ロイヤルティの構築にもつながります。

面白い・かっこいい商品紹介動画の実例5選!

それでは、面白い商品紹介動画を3つと、かっこいい商品紹介動画を2つそれぞれのポイントを解説します!

どのようなコンセプトでどのように表現しているか、ひとつひとつ見てみましょう。

面白い商品紹介動画3選

【亀田製菓】 贅を尽くした海老せんべい |フルバージョン

お菓子メーカー亀田製菓の商紹介動画です。

ドラマ仕立てになっており、雨のなかでの残業という鬱々としたシチュエーション。

購入してきたおせんべいを一口頬張ると、海辺のレストランというなんとも贅沢な空間で、まるでシェフが極上の海老焼きを振る舞ってくれたかのような芳醇な味わいが口のなかに広がって…という構成です。

華やかさはなく淡々と進みますが、男性のシチュエーションと商品との対比が面白く、思わず残業の日に買って行きたくなってしまいますよね。

【日清食品】カップヌードルCM「塩分控えめプロ出た 篇」30秒 / はじめまして松尾です・眉村ちあき

インスタント食品、カップヌードルの動画です。

人気の動画クリエイターとシンガーのコラボレーションを実現させており、話題作りが上手な日清食品らしさが魅力の動画のひとつです。

塩分等の成分が心配になりがちなインスタント食品ですが、塩分を控え栄養も豊富な健康志向のカップヌードルということで、身体を気にしてカップヌードルを食べることを控えていた方にアピールする構成になっています。

構成だけだと定番なのですが、そこに話題性のあるクリエイターを起用するセンスが光りますね。

また、コミカルさとトレンド性を取り入れることで、健康を気にする世代のみならず、若い世代へのアプローチにも成功しています。

【リクルートスタッフィング】「ボクと課題たち」篇 (30秒)

人材派遣サービスを運営しているリクルートスタッフィングのサービス紹介動画です。

人材採用における課題や対応の困難さをコミカルに描き、サービスを取り入れて抱えていた問題解決につなげるというサービス紹介です。

抱える課題や悩みを擬人化することで、視覚化し再認識しやすくなっています。

かっこいい商品紹介動画2選

【大塚製薬】ポカリスエットweb movie|「スカフィンのうた」

大塚製薬によるポカリスエットの商品紹介動画です。

通常目にするペットボトルタイプではなく、「ポカリスエット リターナブル瓶 250ml」について、回収システムや取り組み、メッセージをわかりやすく伝えるため、ファンタジーな世界感で切り絵アニメーションに落とし込んでいます。

「スカフィン」とは、瓶が繰り返し使用されることで、刻印されていく線を指しています。

なかなかわかりにくく表現しにくいサスティナビリティへの取り組みと仕組みを、切り絵アニメーションと中村佳穂さんの楽曲を採用することで独特の世界感ながらも魅力溢れる動画に仕上がっています。

コンセプト、話題性、クオリティのどこをとっても見応えのある動画ですね。

【トヨタ自動車株式会社】CROWN FUEL CELL ELECTRIC VEHICLE

トヨタ自動車の自動車紹介動画です。

クラウンのチーフエンジニアのインタビューを交えながら、性能や特徴を紹介していきます。

実際に開発に携わった方のインタビューは、作り手の顔が見えることで得られる安心感や信ぴょう性を視聴者に与えられます。

そのほかに実際の操作性、テクノロジーの説明をアニメーションを取り入れ、より理解しやすく、利用イメージがしやすくなっています。

シンプルな室内での撮影、黒字のスーツでのインタビューは、高級感や洗練さも感じさせますね。

商品紹介動画を制作するポイント6つ

効果的な商品紹介動画を制作するには、いくつかのポイントを押さえておくと便利です。

まずは基本となる動画制作の主なポイントを6つ解説します。

  • ターゲットや目的を明確にする
  • 動画の尺は1分〜3分程度にする
  • 盛り込む情報やメッセージをしぼる
  • 商品やサービスとの統一感を出す
  • テロップやアニメーションを活用する
  • スマホでの見やすさにも注意する
  • 消費者目線で伝わりやすい動画を制作する

ターゲットや目的を明確にする

効果的な商品紹介動画を制作するためには、動画制作の目的とターゲットを明確に定めることが重要です。

その際に活用したいのが、「6W1H」の原則です。

Who 誰が何の動画を作るのか
Whom 誰に向けた動画を制作するか
When いつ動画を視聴してもらうか/配信するか
Where 視聴場所/配信プラットフォームはどこか
What 何の動画を制作するのか
Why なぜ動画を制作するのか
How どのように配信するか

誰に、どのような効果やメリットを伝えたいのかを明確にし、具体的なターゲット設定を行いましょう。

例えば、若い世代に向けた化粧水の商品であれば、高級感よりも日常使いに手頃に買えて、肌に自信が持てて学生生活も楽しくなる、というような動画だと共感を得やすそうです。

配信媒体もYouTubeや、SNSなどで広告に出す方が効果がありそうですね。

また、動画の目的を明確にすることで、制作過程での方向性がブレることを防ぎます。

しっかりと動画制作ができるよう、指針となるような目的、ペルソナ作りは不可欠です。

動画の尺は1分〜3分程度にする

視聴者の注意を引き続けるためには、動画の長さもひとつの重要なポイントです。

一般的に、コンパクトにまとめられた1分〜3分以内の動画が最も効果的とされています。

特に若い世代は、InstagramやTikTokなどで1分ほどの動画にみなれているため、あまり尺が長いと途中で離脱してしまう可能性があります。

SNSやウェブ広告での使用を考慮すると、短い尺の方がユーザーの興味を引きやすく、メッセージを効果的に伝えられるでしょう。

盛り込む情報やメッセージをしぼる

動画に情報を詰め込みすぎると、視聴者が混乱し、伝えたい内容が伝わりにくくなります。

重要なのは、商品やサービスの魅力や利用メリットに焦点を当て、それを簡潔にわかりやすく伝えることです。

せっかくなのでたくさんの情報やメッセージを伝えるために、いろんな要素を盛り込みたくなりますが、ぐっと押さえて、要点をまずは伝えきれる動画を目指しましょう。

商品やサービスとの統一感を出す

動画全体のトーンとマナーを商品やサービスのブランドイメージに合わせて統一することで、視聴者に信頼感を与え、ブランド価値を高めることができます。

商品紹介動画の世界観やトーンは、商品イメージだけなく、企業イメージにも直結します。

商品をどう打ち出したいか、どんな企業に見られたいか、乖離しないように注意しましょう。

テロップやアニメーションを活用する

商品紹介動画にテロップやアニメーションを効果的に使用することで、視聴者の商品に対する理解を深めやすくできます。

重要な情報をテロップで強調したり、アニメーションを使って商品の特徴を分かりやすく説明することで、視聴者の関心を引きつけ、情報を理解しやすくすることができます。

テロップはフォントや大きさ、色にももちろん統一感を持たせましょう。

アニメーションも、商品や企業のイメージとマッチするようなテイストやタッチを選びましょう。

スマホでの見やすさにも注意する

YouTubeやSNSでの動画配信を行う場合は、スマホでの動画の見やすさにも注意して制作しましょう。

現代ではパソコンよりもスマホで動画を見る方が圧倒的に多いです。

映像があまり引きのものだったり、テロップの文字が小さくてもスマホではとても見にくくなります。

大きなスクリーンやサイネージなどでの配信でなければ、スマホでも見やすい動画に仕上がっているかはよく確認しましょう。

消費者目線で伝わりやすい動画を制作する

制作する動画は消費者のためにあるため、視聴者が理解しやすく、共感できる内容であることが重要です。

消費者が抱える悩みやニーズに対応する内容を含め、視聴者の視点からメッセージが伝わりやすいように構成を作りましょう。

どうしても動画を制作していると、制作側の視点に偏りがちになります。

制作側の自己満足に仕上がってしまうと、視聴者は内容を理解できず置いてけぼりになってしまうことも。

視聴者に伝わってはじめて動画の意義を成すため、視聴者に寄り添った動画の内容になっているかは、動画を制作する上で大前提となる重要なポイントです。

面白い・かっこいい商品紹介動画を成功に導く制作ポイント8つ

商品紹介動画に面白さやかっこよさをうまく組み込んでいくために、どういったことに気をつければいいでしょうか。

主に以下の8つのポイントに注意して制作してみましょう。

  • コンセプトを明確にする
  • 冒頭の3秒で視聴者を引き込む
  • ストーリー性をしっかり組み込む
  • 拡散したくなる話題性を意識する
  • トレンドを取り入れる
  • オリジナリティを追求する
  • 動画のテンポ感を重視する
  • プロのクリエイターに依頼する

コンセプトを明確にする

面白さやかっこよさを盛り込み効果的な商品紹介動画を作るためには、明確なコンセプト設定が不可欠です。

決定したターゲットや目的をどのようなコンセプトに落とし込むかが、面白い・かっこいい動画の肝になります。

しっかりと見てもらいたい視聴者に届くようなコンセプトを決めましょう。

冒頭の3秒で視聴者を引き込む

動画は冒頭の3秒で視聴者の注意を引きつけると良いでしょう。

とにかく動画を見始めてもらうためには、この短い時間で視聴者にインパクトを与え、魅力的で意外性のある映像やメッセージを用いることが効果的です。

例えば、驚きの事実、興味をそそる質問、視覚的に魅力的な映像などを冒頭に挿し込み、視聴者の好奇心を刺激しましょう。

ストーリー性をしっかり組み込む

ストーリー性は動画に深みと魅力を加える重要な要素です。

視聴者が感情移入できるようなストーリー展開を商品やサービスの特徴を自然に組み込むことで、視聴者の関心を引きます。

ストーリーは、商品・サービスの使用シーンや利用者の体験談、企業の紹介動画であれば、企業としての取り組みから目指す方向性など、さまざまな形で表現できます。

ストーリーによって視聴者の感情を引き出し、記憶に残る動画を目指しましょう。

拡散したくなる話題性を意識する

動画を多く拡散してもらうためには、話題性のあるコンテンツが必要です。

話題性を盛り込む手法として、時事ネタを取り入れる、ユニークなアイディアを展開する、または感動的なストーリーやユーモアなど、視聴者が共有したくなる要素を含めましょう。

話題性のある商品紹介動画は、視聴者を引きつけ、SNS等での拡散を促します。

トレンドを取り入れる

現在のトレンドをうまく取り入れることで、動画自体の魅力とリーチ力が高まります

特に、流行に敏感な視聴者の関心を引きやすくなります。

また、企業としても「流行に敏感そう」「時代に合った事業やサービスを展開している」などのイメージを作りやすくなるでしょう。

ただし、トレンド感を盛り込む場合は、ブランドのアイデンティティと矛盾しないように注意し、自然に組み込むことが重要です。

配信するタイミングやセンスが求められるため、トレンドを商品紹介動画に取り込む場合は、プロに依頼することをおすすめします。

オリジナリティを追求する

面白さやかっこよさを商品紹介動画に取り入れる場合は、商品やサービスでしか表現できないオリジナリティを追求しましょう。

オリジナルなコンテンツは視聴者に新鮮な印象を与え、記憶に残りやすくなります。

例えば、ユニークなキャラクターを用いる、オリジナルのストーリーラインを作る、自社にしか組み込めないパロディのネタなど、他社競合にはない要素を動画に取り入れることが重要です。

競合との差別化を図るためにも、独自の視点やスタイルを追求しましょう。

動画のテンポ感を重視する

面白さやかっこよさ、またおしゃれな動画に共通するポイントして、動画のテンポの良さがあります。

映像の動き、切り替わり、テロップや映像効果、ナレーションの話し方、BGMなど、動画のテンポ感を構成する要素はさまざまあります。

面白さでも、テンポが早くインパクトの強いものもあれば、ストーリーの内容をしっかり伝えるために、ゆっくりとしたテンポで制作することもあるでしょう。

求めるテイストや効果に最適なテンポ感を決め、すべての要素が統一感を持つようにします。

特に、動画の長さに対して情報量が多すぎないように配慮することが大切です。

プロのクリエイターに依頼する

質の高い商品紹介動画を制作するなら、制作会社やプロのクリエイターに依頼することをおすすめします。

プロに依頼することでクオリティが向上し、より効果的な商品紹介動画に仕上がります。

プロは高い企画構成力や編集技術、撮影技術など、幅広い知識と経験を持っており、面白くかっこいい動画制作の要素を魅力的に演出できます。

また、マーケティングを見越した提案にも期待できることも魅力です。

ですが、プロに依頼するとなると、ある程度の費用が必要になります。

現在では事業規模の大小を問わず動画を制作する企業が多いため、中小の制作会社であれば、比較的安価で制作してくれる場合もあります。

できるだけ自社内製を含めて費用を抑えて制作したい場合は、フリーランスのクリエイターへの依頼を検討しましょう。

面白い商品紹介動画を制作するなら実績豊富な「Video Works」!

VideoWorksバナー①-20231023

単に商品や企業の魅力を紹介するだけではなく、もっと視聴者に注目してもらい、印象に残る商品紹介動画を制作したいですよね。

面白い、かっこいい要素は、紹介する商品やサービスを通し、企業のイメージにも影響します。

自社のコンセプトや商品にうまく合った要素をどう組み込むのかは、動画制作の醍醐味でもあります。

ですが、話題性を生み出す要素を動画に取り入れるには、センスや効果的に制作するための知識、技術が必要です。

自社内製できるツールがそろっていても、動画の中身が重要な面白い、かっこいい動画は制作しきれないことも多いです。

ですが、どこに依頼したらいいのか、また依頼するにしても、ひとつひとつ制作会社やクリエイターを探して問い合わせをして・・・という作業は手間も時間もかかってしまいますよね。

そんな方におすすめなのが、一括依頼でフリーランスのクリエイターから提案が集まる「Video Works」です!

Video Worksは映像制作希望社とフリーランスのクリエイターや制作会社をつなぐマッチングプラットフォームです。

業界最高レベルの技術や知識を持つさまざまなクリエイターが全国から登録しており、映像制作に関することならなんでもご依頼いただけます。

ポイント①:面白い商品紹介動画も実績がある

Video Worksのポイントひとつめは、面白い商品紹介動画を含め、さまざまなジャンルの動画制作実績が多数あることです。

年間1,000件ほどの依頼実績があり、プロならではの品質の動画が制作できます。

面白い商品紹介動画はや話題性の高い動画も、経験豊富なクリエイターが制作をサポートしてくれるので、安心してご依頼いただけます。

ご依頼に対して対応できるクリエイターからのみ提案をもらえるので、動画制作のパートナー探しにVideo Worksは最適です。

Video Works商品紹介動画制作事例

ポイント②:数万円〜でクリエイターに依頼できる

数万円〜の費用でプロのクリエイターに依頼ができることも、ポイントのひとつです。

Video Worksではさまざまな得意分野を持つクリエイターが登録しており、丸ごと制作依頼はもちろん、編集だけ、キャスティングだけ、ナレーションだけなどのスポット依頼も可能で、数万円〜で発注できることも。

また、代理店が介在しないため余計なマージンが発生せず、適正価格でクリエイターに直依頼できます。

依頼前にオンラインでの顔を合わせながらの事前打ち合わせもできるので、安心して依頼先を決めていただけます。

ポイント③:最短即日で発注できる

もうひとつのポイントは、依頼から最短即日で発注できることです。

現在約10,000名のクリエイターが登録しているため、依頼に対して複数の提案を受けやすくなっています。

そのため、提案やクリエイターを探しなおす手間も省きやすく、条件が合えば依頼から最短即日で発注できることもあります。

直接クリエイターとやり取りができるので、相談しやすくスムーズに進められます。

「クリエイターを決めきれない」「依頼する手間も惜しいので、条件に合いそうなクリエイターを探して欲しい」といったご相談にも、専任のコンシェルジュが無料で対応可能です。

ぜひクオリティの高さだけではなく、クリエイターを探しやすいVideo Worksで、拡散性の高い面白い商品紹介動画を制作しましょう。

まとめ 〜面白い・かっこいい商品紹介動画の制作はプロに依頼しよう〜

本記事では、面白い・かっこいい商品紹介動画の制作ポイントや、事例を交えて解説しました。

商品紹介動画は、テキストや画像よりも細部まで情報を伝えやすく、また。話題性を盛り込むことで拡散を期待できるので、企業の認知度向上にも役立ちます。

効果的な商品紹介動画にするためには、基本の動画制作で気をつけるべきポイント以外に、トレンドを取り入れたり、視聴者を引き込むために冒頭3秒にインパクトを持ってくるなどの工夫が必要でした。

面白さやかっこよさを商品紹介動画に組み込むには、センスや動画制作技術が求められるため、プロに依頼すべきとも紹介しました。

そして、プロに制作を依頼する場合は、Video Worksにご依頼いただければ、クオリティの高い動画を制作できるフリーのクリエイターに出会えます。

動画制作になれていない方でも依頼をしやすく、コンシェルジュによる利用サポートもあります。

ぜひ、面白い・かっこいい商品紹介動画を制作したい場合は、業界最大級の実績数を誇るVideo Worksにご相談ください!

関連記事

動画制作人材探すのに困っていませんか?
フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

新着記事

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイントも解説

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイント...

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼す...

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解説

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解...

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解...

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも...

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/動画編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を動画制作会社/映像制作会社に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみてください。VideoWorksでの動画制作は、動画制作会社/映像制作会社に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。