動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
動画制作

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておくべきポイントとは

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておくべきポイントとは
B!

「動画制作を制作会社やクリエイターに依頼する場合は、どういう流れになる?」
「映像や動画制作を依頼する場合に知っておくべきポイントを知りたい!」

動画制作を依頼する場面で、上記のようにお悩みをお持ちのご担当者もいらっしゃるでしょう。

映像や動画を利用する場面が多くなった昨今、自社内製している企業も多いですが、質の良いものを制作するために外注することもあります。

その場合、動画制作の流れを把握しておくとスムーズに依頼でき、かつより良い動画を制作するためのコミュニケーションを依頼先ととっていけます。

制作の依頼先を比較検討するにも役立ちますよね。

そこで本記事では、動画制作の依頼から納品までの流れを解説します!

記事の後半では、動画制作のを依頼する場合に気をつけておきたいポイントも紹介しています。

依頼を多数対応しているVideo Worksにおける納品までの流れもまとめているので、ぜひ比較してみてくださいね。

動画制作の依頼から納品までの流れ

ではまず、一般的な制作会社やフリーのクリエイターへ動画制作を依頼する場合の流れを見ていきましょう。

流れとともにポイントも紹介します。

  1. お問い合わせ
  2. ヒアリング
  3. 企画構成提案
  4. 見積もり
  5. 発注
  6. 打ち合わせ・絵コンテ作成
  7. 動画制作
  8. 初稿チェック&修正
  9. 納品

お問い合わせ

まず、気になる制作会社やクリエイターを見つけたら、問い合わせをしてみましょう。

資料請求ができる場合は利用しても良いですね。

その際に、

  • どのような企業、サービスなのか
  • 動画を制作する目的や用途
  • 予算

などの依頼情報が最低限あると、問い合わせを受けた側もその後の対応がしやすいでしょう。

ヒアリング

ヒアリングは、依頼者の要望やニーズを理解し、より良い提案のために行います

この段階で、制作会社やクリエイターは依頼者に、

  • 動画の目的
  • ターゲットオーディエンス
  • 予算
  • 希望するスタイルやトーン
  • 重要なメッセージ

などについて細かく話をうかがいます。

依頼側も、できるだけ詳細な情報を用意しておき、しっかりと問い合わせ先に伝えるようにしましょう。

企画・構成提案

ヒアリングの情報を基に、制作会社やクリエイターは企画構成を作り提案を行います

この提案には、

  • 動画のコンセプト
  • ストーリー(シナリオ)
  • ビジュアルスタイル
  • 必要な人材、機器、物資などのリソース

が含まれていることが多いでしょう。

この段階では、依頼者がもらった提案に対してフィードバックを提供し、必要に応じて調整を行っていきます。

依頼側の要望に現実的にできる限り沿った、満足のいく提案に仕上げることが目的になります。

見積もり

企画構成の提案が承認された後、制作会社やクリエイターは、プロジェクトの見積もりを作成します。

見積もりには、制作費用の詳細な内訳が含まれ、企画制作費、撮影技術費、編集技術費などが明示されます。

依頼者はこの見積もりを検討し、予算内でプロジェクトを進めることができるかどうかを判断します。

予期せぬコストが後になって発生しないように、見積もりの段階でしっかりコミュニケーションをとり、漏れがないように入念に確認しましょう。

発注

見積もりと条件に同意したら、正式に依頼者が制作側に動画制作を発注します。

発注のプロセスには、契約書の交換や必要に応じて機密保持契約の締結が含まれることがあります。

この段階で、動画の権利や使用範囲についても合意が行われ、両者の間で明確な取り決めが確立されます。

権利や使用範囲を誤ると後々大きな問題に発展することもあるので、取り決めたことは厳守しましょう。

発注が完了すると、制作側はプロジェクトの実際の制作作業をスタートします。

打ち合わせ・絵コンテ作成

制作作業は、依頼者と制作側の間でさらに細かい内容の打ち合わせから行っていきます。

この段階で、動画の目的、ターゲットやペルソナ、動画のスタイル、内容などがより綿密に話し合われ、企画段階で大まかに決まっていた内容を、動画の細かな構成や絵コンテに作り上げていきます。

絵コンテは、動画のシーンごとのビジュアルレイアウトや、シナリオ、ナレーション、特殊効果などを含む、いわゆる動画の青写真です。

この絵コンテを素に動画の素材撮影、ナレーション台本の作成、編集が行われていきます。

各カットの構図や秒数などの細かなところまで決定していく、とても大事な作業です。

キャスティングやそのほか人員手配

絵コンテが決まったら、キャスティングや必要な人員の手配を行います

動画に出演する俳優やモデル、ナレーターを選定し、撮影に必要なスタッフやクルーを確保しましょう。

あまり欲張ってしまうと予算からはみ出てしまうこともあり危険です。

プロジェクトの規模や予算に合わせて、適切な人材を選びましょう。

動画制作

動画制作は、撮影準備〜撮影〜編集という一連の映像制作作業を指します。

撮影で時間がかかってしまうと、その分費用がかかってしまいます。

スムーズに撮影を進行させるため、抜けのない準備が必要です。

また、編集で映像の良し悪しが大きく異なるため、慎重に進めていきましょう。

撮影準備&撮影

撮影準備は、スムーズに撮影を行えるようにするためにとても重要です。

ロケーションの選定、セットデザイン、撮影スケジュールの調整や機材調達などがあります。

その後実際の撮影の間際には、撮影がスタートしてから進行を止めることがないよう、機材の準備、照明の設置、セットの組み立てなどが細心の注意を払いながら行われます。

撮影が始まると、監督やスタッフは絵コンテや制作スケジュールに沿って撮影を進行させていきます。

動画の規模により撮影日数は異なりますが、1日で撮りきれる場合もあれば、数日かかることも。

また、動画素材の撮影は後から撮り直しがききません。

撮影には必ず動画のOKを出す責任者が同行し、必要な映像素材は撮りきれるようにしましょう。

編集

撮影がすべて完了すると、編集作業が始まります。

編集では、撮影された映像をトリミングし、不要な箇所はカットして正しい順序に並べ替えてシーンをつないでいきます

また、効果音や音楽、ナレーションの追加、カラーコレクションなどもこの段階で行われます。

アニメーション制作の場合

アニメーション制作の場合は、この撮影〜編集作業の代わりに、素材制作〜アニメーション制作・編集の流れが入ります。

もととなる原画の制作をし、必要な背景やCGとともに原画と原画をつなぐ間の絵を描く中割りが作られ、彩色をし、制作した動画・背景・CGを合成して映像に仕上げます。

その映像をつなぎあわせ、不要なところをカットし、ナレーションやBGM・効果音をのせて編集を行います。

初稿チェック&修正

編集が完了すると、動画の初稿が依頼者に提出されます。

依頼者は初稿をチェックし、必要に応じて修正を依頼します。

修正は、映像の変更、音声の調整、テキストの追加や変更など、最後の仕上げに向けた細かな修正依頼と対応のやりとりです。

大きな映像制作の場合は、MA(Multi Audio)という映像で使用するBGMやナレーション音声などのミキシングと仕上げが行われることがあります。

また、ここで大きな修正が出てしまうと、編集作業の負担がかかってしまいます。

特に制作側の抜けが原因で修正を依頼する場合は、修正に時間要するだけではなく、追加料金が発生することも。

この段階で大きな修正を出さないためにも、不安な方は大まかな映像編集が終わった時点で共有してもらうなど、制作側としっかりコミュニケーションをとっていきましょう。

納品

最終的な修正が完了した後、動画が納品されます。

動画はデジタルファイルの形式をはじめとして、依頼者指定の形式で納品されるので、誤りのないよう配信媒体に適した正しいファイル形式を依頼しましょう。

そして、納品された動画を依頼者は自社のウェブサイトやソーシャルメディア、イベントなどで使用、配信を行い、公開していきます。

Video Worksの動画制作の依頼から納品までの流れ

次に、動画制作希望者とクリエイターのマッチングを行っているVideo Worksの依頼から納品の流れを解説します。

ぜひ違いをしっかり比べてみてくださいね。

  1. サイト登録・お問い合わせ
  2. 依頼・募集開始
  3. クリエイター選定
  4. オファー発注
  5. マッチング成立
  6. 制作
  7. 検収・クリエイター評価

サイト登録・お問い合わせ

まず、Video Worksのサイトにて無料でできる会員登録をしていただきます。

会員登録をしていただくことで、Video Worksに登録しているクリエイターを閲覧したり、過去の依頼案件の詳細を確認できたりします。

会員登録の前に、依頼に関する問い合わせや利用方法などの個別問い合わせにも対応しているので、不明点がある場合は問い合わせフォームよりご相談ください。

依頼・募集開始

サイトに登録すると、クリエイターに仕事依頼を公表できます。

仕事依頼は、条件に合ったクリエイターから、依頼内容について仕事の応募・提案をもらえるコンペ形式です。

公開依頼とは、制作を依頼したい内容や予算を専用フォームで入力し、Video Worksに登録しているクリエイターたちへ同時に依頼相談を公開・知らせることをいいます。

ログイン後、サイト右上の「仕事依頼」から入力フォームに入力して「公開申請」をすると、運営が内容を確認し、クリエイターに依頼情報を公表します。

入力フォームは選択形式の箇所も多いので、作成しやすいため、はじめてのご利用でも安心です。

複数のクリエイターから提案をもらえることも多いため、自然とクリエイターからの提案を比較検討できるので、より良い依頼先を選べますよ。

また、Video Worksのサイト上では、登録後に過去案件の詳細や予算が閲覧できるようになります。

まず依頼を投稿する前に、過去にどんな依頼があったのか、どのように依頼しているか、予算はどれくらいかなどを参考として見てみましょう。

そうすることで、どういった依頼の書き方をすればいいか、どのくらいの予算なら多く提案をもらえそうかなど、検討をつけやすくなります。

仕事依頼は、クリエイター全体を対象としたものと、特定のクリエイターを招待して行う招待制があるので、Video Worksの利用になれてきたらぜひこちらも使用してみてくださいね。

クリエイター選定

公開した仕事依頼についてクリエイターから応募が集まったら、自社に合う依頼クリエイターの選定に移ります。

気になるクリエイターに個別でメッセージを送信できるので、依頼と提案内容のすり合わせ等を行いましょう。

WEBミーティングも行えるので、直接話してみたいという方はご活用ください。

依頼決定前に、依頼業務の内容の詳細を伝えることに不安がある場合は、クリエイターと個別に秘密保持契約を締結もできます。

オファー・発注

発注したいクリエイターが決まったら、「オファーする」で正式に発注をしましょう。

クリエイターからオファーの承認がされたら、正式に発注確定です。

マッチング後にも、クリエイターと合意が取れれば要件の変更もできます。

制作

マッチングが成立したら、早速制作に取りかかっていきます。

メッセージで直接やり取りを行いながら、依頼した業務の制作を進めてもらいましょう

この制作中のやり取りに関しては、既存の連絡ツールでもOKで、対面打ち合わせ・Webミーティング・撮影・MAなどでのやりとりも可能です。

制作の過程については、ひとつ前の見出しの「動画制作」をご参照ください。

なお、Video Worksでは制作内容のスポット依頼も可能なため、動画制作のなかの細分化された業務だけをクリエイターが担う場合もあります。

検収・クリエイター評価

制作や依頼内容が完了したら、クリエイターよりVideo Worksのサイト上で納品または納品のかたちで完了報告があります。

制作物を依頼した場合は、納品内容を検収してください。

納品完了で良ければ、クリエイター評価を入力して、依頼・発注はすべて完了です。

請求書発行

納品検収完了後、Video Worksよりご請求書をPDFでお送りするので、期日までに支払いを済ませましょう。

クリエイターへの報酬はVideo Worksから支払われるため、依頼者側での対応は不要です。

動画制作を依頼する際に気をつけたいポイントは?

動画制作を依頼する際に、お互いスムーズに進めるため気をつけたいポイントはどんなところでしょうか。

以下のポイントに絞って順に解説します。

  • 目的を明確にしておく
  • 予算を決めておく
  • 納期を決めておく
  • 参考動画を用意しておく
  • 配信媒体を決めておく
  • 動画の尺を決めておく

目的を明確にしておく

動画制作を依頼する際、必ず動画制作の目的や用途を明確にして伝えましょう

動画が何を伝えたいのか、メッセージは何か、どのようなターゲットオーディエンスを想定しているのかを具体的に決めておく必要があります。

プロモーション動画のように、コンセプトを発信する内容でなく、研修動画のような内々で利用するような動画でも同様です。

目的や用途が明確になっていることで、制作側も適切な企画が提案でき、効果的な動画を作成するための大きなヒントとなります。

予算を決めておく

動画制作にはさまざまなコストがかかるため、予算を事前に決めておくことも重要です。

予算を決めることで、制作側はその予算の範囲内で最適な制作内容を思案し、提案できます。

また、予算を明確にしておくことで、予期せぬ追加費用の発生を防げることも。

予算は目的や用途を並び、動画制作の指針を決める大事な要素です。

納期を決めておく

動画の納期も事前に必ず決めておきましょう

特に納品を急いでない場合でも、プロジェクトのスケジュールを明確にすることで、制作側は納期から逆算して制作の流れを組み立てられるので、効率的に作業を進められます。

納期によって料金が変動することもあるので、費用面での調整もしやすくなるでしょう。

また、特定のイベントやキャンペーンに合わせて動画を使用したい場合には、納期を適切に管理することが重要になります。

進捗状況の確認を含め、納期管理は徹底しましょう。

参考動画を用意しておく

次に気をつけたいポイントは、参考になる動画を用意しておくことです。

参考動画は、制作側へ依頼内容のイメージを具体的に伝えるのに大変役立ちます。

実際に制作を行わない方が希望を伝えようとすると、抽象的なイメージになってしまったり、共通言語がなく要点が食い違ってしまったりしがちです。

意図が誤って伝わってしまうと、後々大幅な修正が必要になってしまうことがあります。

希望するスタイル、トーン、演出の具体例として参考動画を示すことで、より効率的にコミュニケーションが取れ、完成イメージに近づけやすくなります。

配信媒体を決めておく

動画をどの媒体で配信するか事前に決めておきましょう

動画の配信媒体は、ウェブサイト、ソーシャルメディア、テレビCM、イベント会場など多岐にわたります。

それぞれの媒体には適したフォーマットや長さ、解像度がるため、これを明確にしておくと、制作側は媒体に合わせて最適な動画を制作できます。

動画の尺を決めておく

動画の尺、つまり長さを決めておくことも大切です。

動画の長さは、メッセージの伝達方法やコンテンツ内容の深さや詰め込み方に大きく影響します。

短すぎると内容が十分に伝わらない可能性があり、長すぎると視聴者の関心を失うリスクがあります。

また、費用を大きく左右する要素のひとつが、動画の尺です。

尺が長くなるほど、もちろん作業が多くかかります。

目的に合わせた適切な尺を事前に決定することで、予算の決定や制作がスムーズに進み、効果的な動画制作を行えます。

動画制作なら制作会社よりも依頼がスムーズな「Video Works」

VideoWorksバナー①-20231023

動画制作はさまざまな工程をふんで制作されていきます。

きちんとした予備知識があることで、依頼側も必要な情報や知識を正確に伝えやすく、制作側もコミュニケーションがとりやすくなるため、お互いにメリットがあることがわかりましたね。

ですが、肝心の依頼先探しに多くの時間を費やしたり、ひとつひとつ問い合わせをして比較検討したりするのは手間もかかります。

できれば一度に多数の制作会社やクリエイターに依頼をしたり、自社の要望に合う依頼先を紹介してくれると、ほかの制作準備に時間を割けますよね。

そんな方におすすめなのが、依頼とやり取りがスムーズな「Video Works」です!

Video Worksは映像制作依頼者とクリエイターをつなぐマッチングサービスで、業界最大級の制作実績があります。

登録しているクリエイターに一括して依頼ができ、コンシェルジュによるマッチングサポートもあるため、効率よく依頼先を探したい方に最適です。

ポイント①:ジャンルを問わず業界最大級の制作実績

おすすめポイントのひとつめが、動画のジャンルを問わずさまざまな映像制作の制作実績があることです。

年間1000件以上の依頼があり、リピーターも多くいます。

さまざまなジャンルに精通した多彩なスキルを持った数多くのクリエイターが登録しているため、細かなニーズにも対応可能。

Video Works独自の厳しいスキルチェックにより、業界最高レベルのハイクオリティな制作・業務対応を提供しています。

Video Worksのサイト上でクリエイターのプロフィールや実績も公開しているので、サイト内での比較検討ができることで効率よくクリエイター選びができます。

Video Worksの制作実績①:本の情報サイト「好書好日」コンセプト動画

 

Video Worksの制作実績②:GMOクリエイターズネットワーク株式会社様 FREENANCE byGMOのサービス説明動画

 

Video Worksの制作実績③:イベント動画「ECO EDO 日本橋 2016 ~五感で楽しむ、江戸の涼~」

ポイント②:最短即日で発注可能

ポイントの2つめは、依頼から最短即日での発注が可能なことです。

Video Worksには現在、10,000名を超えるクリエイターや制作会社が登録しているため、ご依頼に対して一定の提案が集まりやすくなっています。

速いときは5分ほどで提案がかえってくることも。

そのため、お互いに合意がとれれば、その日のうちに発注まで行うことも可能です。

1社1社問い合わせをして返答を待って・・・という手間と時間が省けるので、大変効率よく依頼先探しができます。

ポイント③:クリエイターに直発注で数万円からの依頼もできる

もうひとつのポイントは、クリエイターに直発注できるため、数万円からの料金で依頼ができることです。

依頼は、企画からの丸ごとの制作はもちろん、バナー制作だけ、ディレクションだけ、ナレーションだけ、などのスポット依頼も可能。

また、代理店を通さないため適正価格でクリエイターに直発注でき、数万円〜で依頼できることもあります。

クリエイターが決めきれない、もっと効率よく依頼先を決めたい、という方は、専任のコンシェルジュによるマッチング提案もできます。

Video Worksなら、余計な手数料等がかからず、かつ映像制作に関することはなんでも依頼できます

まとめ 〜動画制作なら依頼の流れがスムーズなVideo Worksにおまかせ〜

本記事では、動画制作の一般的な流れとVideo Worksでの制作の流れを比較解説しました。

基本的な制作の流れに大きな違いはありませんが、発注までの流れがより効率的なのはVideo Worksです。

ご自身では依頼検討をしていなかった方面からの提案を受け取れる場合もあり、より多くの可能性を、Video Worksで見つけられることもあるでしょう。

そして、依頼をする際に気をつけたいポイントをおさえることで、よりお互いがスムーズに制作を進められ、有意義なコミュニケーションを行なえます。

ぜひ記事の内容を参考にしていただき、制作に活かしてくださいね。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。