動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
採用動画

面白い採用動画の制作方法は?企業事例とともにアイディアを紹介!

面白い採用動画の制作方法は?企業事例とともにアイディアを紹介!
B!

「面白い採用動画を制作したいけど、どうやって制作すればいい?」
「自社に合った面白い採用動画を制作してくれる依頼先が知りたい!」

趣向を凝らした採用動画が目を惹くようになってきた昨今、このようにお悩みの方はいませんか?

企業の魅力を伝えつつ、求職者の興味を引く「面白さ」にフォーカスした採用動画が話題になっています。

社風に合った面白さを取り入れつつ、自社に合った求人もできる採用動画を制作したい、という企業も多いでしょう。

そこで本記事では、面白い採用動画の成功事例を紹介します!

記事の後半では、希望に合った採用動画を制作するコツについても解説しているので、これから制作をお考えの方は、ぜひ記事の内容をお役立てください。

VideoWorksバナー②-20231023

目次

面白い採用動画制作のメリットとは?

それではまず、採用動画に「面白い」という要素を含ませるメリットとは何でしょうか。

主に以下があげられます。

  1. 注目を集めやすい
  2. 企業文化の魅力を伝える
  3. ブランドイメージの向上
  4. 応募者とのコミュニケーション促進

1. 注目を集めやすい

面白い採用動画は、そのユニークさや斬新さで注目を集めやすくなります

面白いものに自然と惹かれて、なぜか見たり聞いたりしてしまった、ということがある方も多いでしょう。

特にSNSでは面白いコンテンツは共有されやすく、より広範囲に企業の認知度を高めるられる効果も。

一般的な採用動画とは異なるアプローチを仕掛けることで、特に学生等の若い世代の求職者に対してインパクトを与え、企業への関心を高めることが期待できます。

2. 企業文化の魅力を伝える

2つめに、求職者に対して企業の人間的な側面を伝えることができるメリットがあげられます。

面白い採用動画は、企業の持つ楽しい面や独自の文化を強調しやすいコンテンツです。

また、求職者の多くは、自分に合う風土なのか、企業の雰囲気を採用動画で知りたいという方も多くいます。

ユーモアのある動画で、企業の雰囲気や文化に魅力を感じ、求職者からの応募増加につながる可能性が高まるでしょう。

3. ブランドイメージの向上

企業のブランドイメージをポジティブな方向に導くことができる点も、面白い採用動画の魅力です。

新しい試みに挑戦する姿勢や、オープンで革新的な文化を持っていることをアピールしたい、という企業にはぴったりです。

多様化が求められる現代の風潮にもマッチしており、求職者に親しみやすさや楽しさを感じてもらうこともでき、企業の魅力やブランドイメージの向上に役立つでしょう。

4. 応募者とのコミュニケーション促進

面白い動画は見る人に強い印象を残すため、企業への接触や会話の新たなチャンスを生む可能性があります。

これにより、求職者との間で積極的なコミュニケーションが生まれやすくなり、企業と求職者の間の距離を縮めることができます。

距離が縮まることで、求職者の本音や人となりを引き出しやすくなるメリットも。

活用場面も考慮しつつ、コミュニケーションが生まれやすい採用動画を制作してみましょう。

面白い採用動画はどんな種類がある?

面白い採用動画といっても、様々なパターンがありますよね。

まずはどんな種類の採用動画があるのか見てみましょう。

  • パロディ型採用動画
  • バラエティ型採用動画
  • コンセプト型採用動画
  • アニメ・イラスト型採用動画
  • インタラクティブ型採用動画

パロディ型採用動画

パロディ型採用動画は、既存の映画やドラマ、アニメ、CMなどの有名なシーンや設定を動画に盛り込む方法です。

自分の知っている内容がコンテンツに反映されていると、自然と親近感を感じ、見たり聞いたりしてしまうことはよくありますよね。

また、ポピュラーなコンテンツを用いることで、幅広い層の注目を集めることが可能です。

ですが、取り入れ方には品やセンスがかなり問われる種類でもあります。

パロディ元の作品にもリスペクトを感じさせる動画にする必要があるため、利用する場合には細かく構成や見え方を考えて制作しましょう。

バラエティ型採用動画

バラエティ型採用動画は、エンターテイメント性を重視し、企業の楽しい雰囲気や社員の個性を前面に出すスタイルです。

主にクイズやゲーム、社員同士のトークセッションなど、バラエティ番組を彷彿とさせる内容で構成されます。

また、テロップを多様することでポップさを演出でき、工夫次第で低予算でも制作できるでしょう。

コンセプト型採用動画

特定のテーマやコンセプトに沿って動画を制作する手法が、コンセプト型採用動画です。

企業のブランドや文化をユニークに表現でき、エンターテイメント要素が強く、特に学生等の若い求職者に強い印象を残すことが可能です。

また、企業の創造性や柔軟性をアピールするチャンスにもなりますね。

ただし、企業のブランドイメージや目指す採用ターゲットに合致することが重要で、過度に型破りな内容は企業イメージに影響を与える可能性もあるため、慎重に企画する必要があります。

アニメ・イラスト型採用動画

実写ではなく、アニメーションやイラストを用いて企業の文化や仕事内容を表現する方法です。

アニメやイラストは、言葉や実写では表現しにくい抽象的な概念や、企業のイメージを視覚的に伝えるのに適しています。

また、企業のクリエイティブな面をアピールできますね。

ただ、どんな社員がいる会社か、業務中の雰囲気などはアニメーションでは伝えにくいため、別の動画を用意するか、うまく動画内に実写を組み込むなどの工夫が必要かもしれません。

インタラクティブ型採用動画

インタラクティブ動画とは、視聴者が動画の中で選択を行い、その選択に応じて異なるシナリオが展開されるタイプの動画です。

視聴者の参加意欲を高め、動画を通じて企業の文化や職場環境を体験的に認知・理解してもらう効果が期待できます。

先のアニメーションを用いた動画を含め、特に学生などの若いデジタルネイティブな求職者に響く可能性が高く、従来の採用動画とは差別化したアプローチができます。

ですが、高度な技術や制作の手間、専門知識とそれに伴う予算を多く必要とすることがあるため、制作の際には十分検討しましょう。

面白い採用動画の成功事例を紹介

それでは、面白い採用動画の事例をいくつか紹介していきます。

気になる動画はチェックしてみてくださいね。

【崎永海運株式会社】企業PRウェブムービー「WEATHER WARS」

長崎市にある海運会社の企業PRムービーです。

宇宙での戦いを繰り広げる、かの有名なSF超大作をもじりながら、映画の予告映像仕立てにしています。

海運会社の社員総出で撮影しているそうで、仕事のなかで降りかかる難問に対し、ユーモアをふんだんに取り込んでストーリーを展開しています。

くすっと笑える箇所が多数ありながらも、仕事の達成感や責任感を表現し、企業のPRに成功した事例です。

ナレーションをプロが行っているのか、洋画の吹き替えのようになっている点も、しっかり作り込まれていますね。

会社の認知度を上げ、海運業を身近に感じさせることができるでしょう。

【デルタ工業】「開発vs製造ラップバトル」篇

 広島県に拠点を置く、自動車用のシートを開発している会社です。

開発本部と製造本部それぞれが、業務を行う上でのお互いへの不満をラップでぶつけ合う、という斬新な採用動画が話題を呼びました。

「言いたいことを言い合える風通しの良い会社」を表現しており、ラップからそれぞれの部門の業務や考え方、姿勢、理念を知ることができます。

もっと業務や会社について知りたいを思わせてくれる採用動画ですね。

【株式会社ジェイテック】「レッツ!ドボクサイズ!with girls ver.」

株式会社 ジェイテックは、大分県を拠点に、非破壊検査の業務や技術開発を行っている会社です。

若い世代に敬遠されがちな土木事業のPRを、海外のエクササイズムービーをもじって制作していました。

こちらはその派生的動画のひとつです。

事業を身近に感じさせ、ユーモアを交えながらメリットを紹介することで、親和性を生み出し、また土木事業に向いていそうなターゲットをしぼってアピールしています。

ターゲットはしぼりつつも話題性が高く仕上がっているので、拡散性はばっちりです。

以下の採用動画もリアルな社員の姿や意見を投影していると人気なので、ぜひ見てみてください。

【戸田建設】「ヨウカンで洋館!? -食べられる建物をゼネコンが作ってみた-」

戸田建設は、創業140年をこえる建設会社です。

小さな子どものふとした一言から、食べられる建物を作る、というコンセプトムービーになっています。

あつかう材料は多少異なるものの、建設の流れや業務を動画のなかで紹介できています。

また、子どもの発想力に着目する、という企業の柔軟性や、実際に実現させるというオープンな企業風土が、求職者には魅力に映るでしょう。

【Dropbox】Working at Dropbox

アメリカのオンラインストレージサービスを展開するDropbox社の企業ムービーです。

Dropbox社で働くこと、というお題をインタビュー形式で制作していますが、実際の社員でなく、パペットを採用しているところにセンスがうかがえますね。

社内の風景はしっかりと確認できつつも、パペットのかわいらしい仕草に心が惹かれてしまう、世代を問わず見入ってしまうなんともかわいらしい動画です。

【ソニーミュージックグループ】新卒採用2016オープニングムービー

音楽エンターテイメントの制作を行っている、ソニーミュージックグループの採用動画です。

日本らしい役者絵を活用したアニメーションで、コミカルにテンポよく事業紹介を行っています。

若い世代にもおなじみの企業ではありますが、 キャラクタービジネスや放送局運営など、意外と知られていない事業があることがわかりますね。

さまざまな業務形態の認知度を上げ、アニメーションにより求職者の興味を引くことに成功した事例といえるでしょう。

【株式会社トクミツ建築企画】リクルート動画第3弾!「就活戦線に異変アリ編 フルver」

秋田県を拠点に事業を展開している建設会社の採用動画のひとつです。

この第3弾ムービーでは、求職者ではなく、会社の面接担当が逆に面接されている、という設定です。

慢性的な人手不足に悩まされている、という建設業界の未来を予測したような動画の内容に、求職者を必死に求める会社からのメッセージが感じられますね。

求職者と企業の面接の中でも温度差や、求職者の会社への質問も、就職に対する姿勢を表しているようでリアルな印象を受けます。

他にも某ゲームをパロディにした動画など、認知度の向上や拡散性を狙った面白い採用動画を使用しているので、ぜひ見てみてくださいね。

 

企業におすすめの面白い採用動画制作のコツ

ここまで、面白い採用動画の事例を紹介しましたが、実際に自身の企業で動画を制作するにあたり、どういった点について気をつけて制作すればよいでしょうか。

制作の主な以下のコツを解説します。

  1. 動画制作の目的を明確にする
  2. 活用場面に合った構成にする
  3. 企業の強みや魅力を伝えられる内容にする
  4. 求職者目線で構成を考える
  5. テンポ感を重視

動画制作の目的を明確にする

採用動画を作る際、その目的を明確にすることが重要です。

目的によって動画の内容や方向性が異なるため、それぞれの目的について、以下のポイントを考慮することをおすすめします。

  • 認知度アップ:共感を呼び、親近感のある、印象に残るストーリー性のある動画が効果的です。視聴者の関心を引きつけ、企業に対する認知を深めることができます。
  • 応募者増加:社内の設備や待遇、自社の良さをアピールすることで、応募者の興味を引き、応募数の増加を目指します。
  • 質の高い人材の採用:企業理念や採用メッセージを伝える動画を通じて、企業と価値観を共有できる人材の獲得を目指します。

また、欲しい人材のターゲットを明確にし、それに合わせた動画を制作することも大事です。

採用動画の目的を考慮し、動画の方向性やどういう情報を動画に反映させるのかを決定しましょう。

活用場面に合った構成にする

採用動画の使用シーンやターゲットに応じて、内容や動画フォーマットを調整しましょう。

動画は、配信するプラットフォームの特性や、視聴される環境に合わせて内容や長さを決めます。

SNSでの拡散を目的にする場合は、短くてインパクトのある内容が求められるでしょう。

例えば、TikTokに合わせるには、約1分ほどの縦型動画を制作する必要があります。

また、ぱっと見てもらえる動画の分数は約3分ほどとされているため、長い動画は、拡散を目的とする場合は特にあまりおすすめできません。

目的と活用場面をかけあわせて、最適な動画の構成にしましょう。

企業の強みや魅力を伝えられる内容にする

企業の文化、環境や社内の雰囲気、どんな社員が働いているかなど、魅力的な要素を前面に出すことが重要です。

他社と差別化できるところは何か、優れている点など、企業のブランド性を含めて洗い出してみましょう。

また、面白い動画の制作では、自社の弱い点をうまく笑いに変えることで成功している事例もあります。

自社がどう見られているのか、という第3者的な目線を含めて、動画で打ち出すポイントを見定めましょう。

求職者目線で構成を考える

採用動画の構成は、求職者の視点に立って考えることが大切です。

求職者が何を知りたいか、何に価値を見出すかを理解し、正しく情報を提供することで企業への関心度も高まります。

リアルな職場の雰囲気や社員を登場させることで、どんな会社なのか、どんな社員が働いているのかを伝えられます。

面白い採用動画に組み込むのであれば、社内でインパクトのある動画構成の撮影を行うと良いでしょう。

求職者が気にするポイントや、彼らが興味を持ちそうな情報を中心に動画を構成してみましょう。

テンポ感を重視

面白い採用動画は、テンポの良い動画進行が重要です。

テンポの良い動画は、注意を引きつけ、メッセージを効果的に伝えることができます。

情報量が過多でないように意識し、映像や音楽のリズム、カットの切り替わりを工夫することで、気になる仕掛けを作り、最後まで視聴してもらいやすくなります。

テンポ感も、どういう面白さを主軸にするかで変わるため注意しましょう。

どの方向性で動画を制作するか、ゴールを明確にし、自社の打ち出しを伝えられる採用動画を目指しましょう。

面白い採用動画の制作なら最適なクリエイターに出会える「Video Works」

https://videoworks.com/wp-content/themes/videoworks

面白い採用動画の制作には、動画制作の基本を踏まえたうえで、自社の打ち出しと興味を引くコンテンツ、面白さのベクトルの合わせ方などのセンスやスキルが求められます。

この高い課題をクリアしながら、採用のターゲットに訴求する動画制作をするには、プロに依頼することがいちばんです。

ですが、どこに依頼すればいいのかわからないという方も多いでしょう。

そんな方や企業におすすめなのが、動画制作にあたって最適なクリエイターに出会える「Video Works」です!

Video Worksは、動画制作希望者とプロの動画クリエイターをつなぐマッチングサービスです。

丸ごとの制作依頼はもちろん、イラスト制作だけ、撮影だけ、編集だけ、といったスポットの依頼にも対応しています。

登録後依頼内容を投稿するだけで、クリエイターからの提案が届く手軽さも魅力です。

自社のニーズに合うクリエイターを見つけたら、そのまま依頼をするだけで発注できます。

おすすめポイント①:採用動画の制作実績が豊富

おすすめポイントのひとつめは、採用動画の制作依頼実績が豊富なクリエイターが在籍していることです。

Video Worksでは、現在約10,000名を超える豊富な実績を持ったクリエイターが登録しています。

実写だけでなく、アニメーションを駆使した採用動画など、幅広いジャンルやテイストの動画制作が可能です。

認知度向上や拡散性などを目的とした動画はもちろん、YouTube公開用や説明会用などの活用目的に最適な動画構成をからめた、プロならではのクオリティで動画制作を提供しています。

たくさんのクリエイターと知り合えるVideo Worksによるさまざまな提案で、より良い動画制作を目指せますよ。

ーVideo Works採用動画制作事例

 

おすすめポイント②:最短即日で発注ができる

2つめのおすすめポイントは、依頼から最短即日で発注できることです。

多数のクリエイターが登録していることで、ご依頼に対して一定数の提案が集まりやすくなっています。

条件が合えば最短即日での発注も可能で、スピーディーな依頼が可能。

また、直接クリエイターとやり取りができ、相談などの対応もスムーズです。

専任のコーディネイターのサポートも行っており、依頼内容に合うクリエイターの提案もできます。

Video Worksはスピーディーな対応と充実したフォローサービスで、はじめての方も依頼から納品まで安心してご利用いただけます。

おすすめポイント③:数万円〜で多様な発注方法が可能

丸ごとの制作からスポット依頼まで、数万円〜の多様な発注が可能な点もおすすめポイントのひとつです。

Video Worksでは、さまざまな得意分野を持ったクリエイターが登録しているため、動画丸ごとの制作依頼からイラスト制作だけ、編集だけ、撮影だけ、といったスポットの依頼も可能で、業務によっては数万円〜発注ができます

また、撮影にうつってみないとわからない、キャスティング担当や音声担当などの細かな依頼にまで対応しており、動画制作に関することなら何でも相談できることが魅力のひとつです。

間に代理店が介在しないため、余計なマージンを省くことができ、適正価格でクリエイターに直依頼できます。

依頼前にオンラインで顔を合わせながらの打ち合わせもできるので、クリエイターと直接を話をして依頼先を決めたい、という方にはぴったりです。

自社のニーズにあった映像制作を価格を抑えて依頼したい、映像制作のパートナーが欲しい、という方は、ぜひVideo Worksまでご相談ください。

まとめ 〜面白い採用動画は企業に合ったコンセプトで制作しよう〜

本記事では、面白い採用動画の成功事例と、動画制作のコツなどについて解説しました。

面白さもさまざまありますね。

中途採用はもちろん、新卒採用の世代に響く動画を制作するには、話題性や惹き込まれる魅力があることがひとつの条件です。

敷居を低くして足がかりを作り、興味を引きながら自社の魅力をアピールしていくのが良いでしょう。

ですが、採用動画はあくまで求人がゴールです。

認知度やブランド性を高めながらも、自社にとって優秀な人材を募るためのツールであることを主軸に置き、自社に合ったユーモアさを盛り込んだ採用動画にしましょう。

そして、動画制作をご検討の場合は、ぜひVideo Worksへご相談ください!

プロのクリエイターたちが得意のスキルを持って、新たな出会いをお待ちしております。

関連記事

動画制作人材探すのに困っていませんか?
フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!...

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

新着記事

動画制作の報酬に源泉徴収は必要?動画編集やフリーランスの場合も解説

動画制作の報酬に源泉徴収は必要?動画編集やフリーランスの場合も解説

失敗しない映像・動画制作会社の重要な選び方!動画制作を依頼する場合のポイントは?

失敗しない映像・動画制作会社の重要な選び方!動画制作を依頼する場合のポ...

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!依頼の際に重要なポイントも解説

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!依頼の際に重要なポイ...

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイントも解説

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイント...

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼す...

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解説

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解...

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解...

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/映像制作/動画編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を動画制作会社/映像制作会社に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみてください。VideoWorksでの動画制作は、動画制作会社/映像制作会社に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。