動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
採用動画

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポイントも解説

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポイントも解説
B!

「採用動画の制作を外注したいけど、費用相場はどれくらいだろう」
「相場よりも安く採用動画を制作してくれる業者はある…?」

人事担当をはじめとした採用動画の制作について任された方のなかには、こうお思いの方もいますよね。

ですが採用動画の費用相場は「10万円~200万円」とピンキリ。

どれくらいの金額でどんな動画を制作してもらえるのか把握し、最適なかたちで依頼したいことでしょう。

今回はそんな方に向けて、採用動画を業者に依頼するときの費用相場について詳しく解説していきます。

目次

採用動画の費用相場を予算別で解説

採用動画を業者に外注して制作依頼を出すときの、費用相場は「10万円~200万円」です。

相場といっても金額の幅が広いため、ここでは各金額で制作できる動画についても解説します。

詳細 10万円〜30万円 30万円〜80万円 80万円〜200万円 200万円以上〜
制作できる動画の種類 シンプルなインタビュー形式の動画 ストーリーテリングの要素を取り入れた動画 ブランディングを活用した高品質な動画 映画のような高品質・大規模な動画
制作できる動画の長さ 数分程度 数分〜10分程度 数分〜15分程度 15分以上
撮影場所 1ヶ所(主に自社オフィス内) 2〜3ヶ所(自社オフィス及び外部ロケ地) 多数(自社オフィス及び複数の外部ロケ地) 多数(自社オフィス及び国内外の複数のロケ地)
出演者 社員のみ 社員及び一部プロフェッショナルなキャスト 社員、プロフェッショナルなキャスト、俳優 社員、プロのキャスト、著名人
カメラの台数 1台 1〜2台 2〜3台 3台以上
撮影方法 手持ちカメラや一脚を使用 スライダーやジンバルを活用した滑らかな移動撮影 クレーンやドローンを用いた空撮など高度な撮影方法 最先端のカメラ技術と映像表現手法
動画の制作期間 1週間〜2週間 2週間〜1か月 1〜2か月 2〜3か月以上

相場10万円〜30万円の動画を依頼する場合

制作できる動画の種類 シンプルなインタビュー形式の動画
制作できる動画の長さ 数分程度
撮影場所 1ヶ所(主に自社オフィス内)
出演者 社員のみ
カメラの台数 1台
撮影方法 手持ちカメラや一脚を使用
動画の制作期間 1週間〜2週間

この範囲の費用では、シンプルなインタビュー形式の動画を制作可能です。

長さは数分程度で撮影場所は1箇所、主に自社オフィス内で行います。出演者は社員で、使用するカメラは1台です。

手持ちカメラや一脚を用いて撮影をおこない、制作期間は約1週間から2週間程度が目安となります。

相場30万円〜80万円の動画を依頼する場合

制作できる動画の種類 ストーリーテリングの要素を取り入れた動画
制作できる動画の長さ 数分〜10分程度
撮影場所 2〜3ヶ所(自社オフィス及び外部ロケ地)
出演者 社員及び一部プロフェッショナルなキャスト
カメラの台数 1〜2台
撮影方法 スライダーやジンバルを活用した滑らかな移動撮影
動画の制作期間 2週間から1か月

少し予算が上がると、ストーリーテリングの要素を取り入れた動画の制作が可能です。

動画の長さは数分から10分程度です。

撮影場所は自社のオフィスと外部のロケ地を併用し、2~3箇所で撮影可能です。

出演者は社内の人間に加えて、一部プロフェッショナルなキャストが参加することもあります。

また1〜2台のカメラを使って、スライダーやジンバルを活用した滑らかな移動撮影が行えます。

制作期間は約2週間から1ヶ月程度です。

相場80万円〜200万円の動画を依頼する場合

制作できる動画の種類 ブランディングを活用した高品質な動画
制作できる動画の長さ 数分〜15分程度
撮影場所 多数(自社オフィス及び複数の外部ロケ地)
出演者 社員及び一部なキャスト
カメラの台数 2〜3台
撮影方法 クレーンやドローンを用いた空撮など高度な撮影方法
動画の制作期間 1〜2か月

この予算範囲では、ブランディングの要素を活用した高品質な動画制作ができます。

動画の長さは数分から15分程度になります。

多数のスポットで撮影でき、自社オフィスに加えて複数の外部ロケ地で撮影可能。

出演者は社員に加えて、プロのキャスト・俳優も起用可能です。

カメラは2〜3台使用し、クレーンやドローンを使った空撮などの高度な撮影方法も取り入れられます。制作期間は約1〜2ヶ月となります。

相場200万円以上〜の動画を依頼する場合

制作できる動画の種類 映画のような高品質・大規模な動画
制作できる動画の長さ 15分以上
撮影場所 多数(自社オフィス及び国内外の複数のロケ地)
出演者 社員、プロのキャスト、著名人
カメラの台数 3台以上
撮影方法 最先端のカメラ技術と映像表現手法
動画の制作期間 2〜3か月以上

相場200万円以上の動画ともなれば、映画レベルの動画にまで引き上げられます。

15分以上の長さで、撮影場所は自社のオフィスに加え、国内外の複数のロケ地に及びます。

出演者は社員やプロのキャストに加えて、著名人も起用可能です。

3台以上のカメラを使用し、最先端のカメラ技術と映像表現手法で撮影を行います。

制作期間は2〜3ヶ月以上となります。

採用動画の制作費用を相場より安く抑えるには?

採用動画は企業の顔ともいえる、重要なコンテンツです。

しかし予算の関係で制作費用をなるべく抑えたいと考える企業も少なくありません。

そこで、賢く費用を抑えるためのポイントをいくつか紹介します。

①採用動画の尺を短くして制作依頼を出す

動画の長さは制作コストに大きく影響します。長い動画は撮影や編集に多くの時間を要するため、当然ながら費用も高くなります。

しかし尺を短くするという選択は、単にコストを抑えるためだけではありません。

短い動画は視聴者の注意を引きやすく、伝えたい情報をダイレクトに届けられます。

忙しい現代人は長時間の動画を最後まで見ることは少なく、短時間で企業の魅力を伝える必要があります。

また情報過多にならないよう必要な点のみを凝縮することで、志望者に強い印象を与えられるのもポイントです。

尺を短くするためには伝えたいメッセージを明確にし、それに沿った内容のみを取り上げることが重要です。

たとえば会社の文化を強調する場合、社員のインタビューや職場の様子など、見ている人がイメージしやすい具体的なシーンを厳選します。

不要なシーンを削除してメインのメッセージにフォーカスを絞ることで、効果的な動画に仕上げつつ、制作費用も抑えられます。

関連記事:採用動画の効果はどう?制作動画の効果を高めるコツも解説

②撮影日数を少なくする

撮影日数を減らすことは、採用動画の制作費用を抑えるもっとも効果的な方法の一つです。

多くの日数を撮影に費やすと、スタッフの人件費や場所のレンタル料など、さまざまなコストがかさみます。

したがって“効率的なスケジュール作り”が重要となります。

計画段階で必要なショットリストを作成し、撮影スケジュールを詳細に構築することが求められます。

また撮影が滞りなく進行するように、関係者全員とのコミュニケーションを密に取ることも重要です。

さらに自社のオフィスを利用することで、ロケーション費用を削減できるだけでなく、実際の職場環境を映し出すことが可能。

実際の撮影では営業日に職場の様子を捉えることで、企業文化やチームの雰囲気をリアルに伝えられます。

しかしこれには事前の通知とスタッフの承認が必要となります。

全プロセスを効率化することで、質の高い採用動画をより少ない予算で実現できます。

③自社内から出演者を選出する

社内のスタッフを動画に出演させることでコストを大幅削減でき、さらに企業のリアルな雰囲気を応募者に直接的に伝えられます。

ここでプロのモデルや俳優を雇うとその分の出演料が必要になり、制作コストがかさんでしまいます。

しかし社員を起用することでそのコストをカットし、より誠実な企業イメージをアピールできるでしょう。

さらに社員が出演することで、会社への所属感やモチベーションの向上にも繋がります。

応募者は実際の社員の姿を見ることで、職場の雰囲気を感じ取りやすくなります。

自社内から出演者を選出するときの注意点と対策

自社内から出演者を選出するには、肖像権の観点で注意が必要です。

社員が会社を退職した後、動画の使用に関して法的な問題が発生する可能性があるため、出演する社員から肖像権の使用に関する同意を得ることが重要です。

具体的には、出演の承諾と肖像権使用の同意書を書面で確実に取り交わし、後々のトラブルを未然に防ぐ必要があります。

④撮影場所は極力1か所に絞る

採用動画のロケーション選びは、実は制作費用を抑える上でも重要。

複数の場所で撮影をおこなうと移動費・移動時間がかかり、制作コストを引き上げてしまいます。

特に大人数のキャストや長距離の移動が必要な場合は、費用の増加が顕著になります。

そのため撮影場所は1ヶ所に絞ることがおすすめです。

そして、その場所として最適なのが自社オフィスです。自社オフィスを活用すれば、スタジオレンタル費や搬入・搬出費用、さらには移動に関するコストも必要ありません。

自社オフィスでの撮影には、通常の業務を最小限に中断する工夫も必要です。

たとえば、会議室やオフィスの利用可能な時間帯をうまく活用しましょう。

インタビュー動画の場合は人の少ない時間帯を選ぶと、よりスムーズに撮影を進められます。

以上の点を考慮して撮影場所選びに工夫を凝らすことで、制作費用を見直せます。

⑤撮影で高度な技術を使わない

最先端の撮影技術や高価な機材を取り入れることで、間違いなく映像クオリティは向上します。

しかしこれらには追加のコストや時間が必要となります。さらに高画質動画は容量が大きくなり、配信時の通信量や再生スピードに影響を及ぼすこともあります。

近年はカメラ技術が飛躍的に進化し、スマートフォンやコンパクトなGoProでも十分な映像品質を得られます。

またこれらの機材は手に入れやすく、使いこなすための特別なスキルも必要ありません。

ここで重要なのは「十分なクオリティ」を見極めることです。

映像制作に熱心になりがちですが、あまりにもこだわりすぎると、結果的には製作費用がかさむばかりではなく、制作時間や配信上の効率性も犠牲になる恐れがあります。

よって身近で手軽に利用できる機材を活用し、適度な品質や効率性を追求することで、動画制作の深みを探るとともに、コストパフォーマンスも向上させられます。

高度な技術をあえて使わない選択も、賢明な制作費用の削減策の一つといえるでしょう。

⑤追加撮影がないよう入念に打ち合わせをする

撮影が一度終わった後に「ああ、こういうシーンも加えたかった」「あのメッセージを伝えたい」と思っても、スタッフや機材を再度集めるのはなかなか難しい話です。

特に大規模な撮影であるほど、追加費用は馬鹿になりません。

その点、業者による失敗による再撮影ならば、通常、追加コストは発生しません。それはすぐに対応可能な範囲内であり、依頼者の側に負担をかけません。

しかし依頼者側からのリクエストで追加の撮影が発生した場合、その分コストが発生します。

そこで効果的なのが、撮影前の準備と打ち合わせです。

具体的にどのような内容の動画を作成したいのか、どのようなシーンを撮りたいのかなど、事前にしっかりと計画しましょう。

一発勝負で撮影を成功させ、追加の撮影や費用を抑えられます。

採用動画の制作を依頼するなら「VideoWorks」へ

VideoWorksバナー①-20231023

VideoWorksのおすすめポイント①あらゆる採用動画に対応可能

VideoWorksでは幅広いプロ動画クリエイターが在籍。

国内最大級10,000名ものクリエイターが登録しています。

実写撮影、アニメーションの活用などあらゆる要望に応えられます。

VideoWorksのおすすめポイント②企画~納品をまるごと対応

VideoWorksのサポートスタッフが、ユーザーと動画クリエイターとのマッチングをしっかりサポート。

マッチングしてから動画クリエイターでの撮影・編集・納品など、まるごと一貫で対応しますので、採用動画の制作を依頼するのがはじめての方でも安心です。

VideoWorksのおすすめポイント③タイトなスケジュールでもまずは相談からでOK

業務が忙しくて動画制作のスケジュールがタイトになりそうでも、まずはVideoWorksにご相談ください。

VideoWorksだと、動画クリエイターからの応募・提案は最短5分で集まります。

急な案件でも制作に対応できる動画クリエイターとマッチングすることで、他社では対応不可能だった短納期も実現できます。

VideoWorksでの採用動画制作についてよくある質問

ここでは、採用動画の制作について寄せられるよくある質問を紹介していきます。

採用動画の実績はありますか?

VideoWorksでは採用動画をはじめとした、企業で活用されるさまざまな動画をメインに対応しています。

もちろん採用動画の制作実績も豊富。

一部、VideoWorksを通じて制作した採用動画の例を、ピックアップして紹介します。

採用動画の制作実績①:新卒採用動画の例

採用動画の制作実績②:新卒採用動画の例

「こんな人材がほしい!」という要望に対して提案はもらえますか?

探している動画クリエイターのイメージがある場合は、ご要望をいただくことでVideoWorksからクリエイターの提案もできます。

なお登録クリエイターは1.7万名在籍しており、平均にして30件もの提案がもらえますよ。

制作してもらった採用動画はSNSや企業HPで公開してもいいですか?

制作を担当した動画クリエイターとの相談のもとで、公開しても問題ないか決められます。

採用にも企業PRにも活用できる動画は作れますか?

VideoWorksでは、採用にも企業PRにも活用できる動画制作にも対応しています。

先ほど触れたとおり、採用動画の制作実績は豊富なため、ぜひご相談くださいね。

今トレンドの採用動画も制作できますか?

VideoWorksではインタビュー形式、インタラクティブ形式など、トレンドを押さえた採用動画の制作もできます。

関連記事:採用動画のトレンドとは?トレンドを押さえた動画事例も紹介

まとめ~採用動画の制作の費用相場は「10万円~200万円」~

今回は採用動画の制作でかかる費用相場について、詳しく解説してきました。

制作には10万円~200万円ほどかかり、金額幅ごとで制作できる動画のパターンも異なります。

改めて下記表をもとに、どれくらいの金額幅でどんな動画を制作できるか、押さえておきましょう。

詳細 10万円〜30万円 30万円〜80万円 80万円〜200万円 200万円以上〜
制作できる動画の種類 シンプルなインタビュー形式の動画 ストーリーテリングの要素を取り入れた動画 ブランディングを活用した高品質な動画 映画のような高品質・大規模な動画
制作できる動画の長さ 数分程度 数分〜10分程度 数分〜15分程度 15分以上
撮影場所 1ヶ所(主に自社オフィス内) 2〜3ヶ所(自社オフィス及び外部ロケ地) 多数(自社オフィス及び複数の外部ロケ地) 多数(自社オフィス及び国内外の複数のロケ地)
出演者 社員のみ 社員及び一部プロフェッショナルなキャスト 社員、プロフェッショナルなキャスト、俳優 社員、プロのキャスト、著名人
カメラの台数 1台 1〜2台 2〜3台 3台以上
撮影方法 手持ちカメラや一脚を使用 スライダーやジンバルを活用した滑らかな移動撮影 クレーンやドローンを用いた空撮など高度な撮影方法 最先端のカメラ技術と映像表現手法
動画の制作期間 1週間〜2週間 2週間〜1か月 1〜2か月 2〜3か月以上

なお費用相場より安く動画を制作してもらいたいなら、採用動画の制作実績が豊富な「VideoWorks」がおすすめ。

動画クリエイターに直接発注でき、相場の半額以下で制作可能です。

数万円から制作を依頼できるため、まずはお気軽に相談してみてくださいね。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。