動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
採用動画

採用動画のトレンドとは?トレンドを押さえた動画事例も紹介

採用動画のトレンドとは?トレンドを押さえた動画事例も紹介
B!

「採用動画のトレンドって何だろう…?」
「採用動画でうまく自社の魅力を発信できていないかも…」

などなど、採用担当や人事担当の方のなかには、こうお思いの方もいることでしょう。

自社の求める社員を採用するためにも、トレンドを押さえた効果的な動画を用意したいですよね。

ですが採用動画にもさまざまなパターンがあり、今のトレンドが何なのか捉えにくいです。

今回はそんな方に向けて、採用動画の最新トレンドを紹介していきます。

目次

採用動画の最新トレンド・動画事例を解説

採用動画のトレンドは以下のとおりです。今はどのような動画が採用活動に取り入れられているのか、詳しく見ていきましょう。

■採用動画の最新トレンド7選

  1. アニメーションを採用している
  2. 経営者メッセージを盛り込んでいる
  3. 社員同士で座談会をしている
  4. 社員の仕事現場に1日密着している
  5. インタラクティブな要素を盛り込んでいる
  6. ドローンを活用して職場を紹介する
  7. InstagramやTikTokでの視聴を前提としている

トレンド①アニメーションを採用している

 アニメーションでの採用動画を用意することで、情報を整理して伝えやすくなります。

特に、インフォグラフィックやデータなどの要素を視覚的に表現する場合、アニメーションはその効果を最大限に引き出します。

アニメーションを取り入れることで、一般的な文字情報よりも内容が頭に残りやすくなります。

また、BtoB企業のように特定の事業内容がわかりにくい場合や、社員の顔出しや現場の撮影が難しい場合でも、アニメーションを用いれば内容を伝えやすくなるのもポイントです。

また、従来の採用動画にありがちなフレーズを避け、アニメーションで独自性や企業の魅力を際立たせられます。

結論として、アニメーションを取り入れることで採用動画はさらに魅力的なものとなり、求職者の興味や関心を引きつける力が増すわけです。

トレンド②経営者メッセージを盛り込んでいる

経営者、特に社長からのメッセージ発信は、多くの企業で採用されてきた古典的ですが、今でも効果的な手法です。

求職者は、企業の核心や将来の方向性を知るために、経営者の考えやビジョンに耳を傾けます。この点で、経営者からの直接的なメッセージは、企業の真の姿勢や人間性を伝える強力なツールとなります。

特に新卒の求職者は、経営者の信念やビジョンに強く共感する傾向が見られます。

彼らが「この経営者のもとで働きたい」と感じるか、または「この方針に賛同して一緒に成長していきたい」と思うかは、求職者側の選考基準として重要な位置を占めています。

そのため、動画内で経営者が会社の変遷、今後の方向性や求める人材像を伝えることは、採用活動において大きな差別化要因となります。

結論として経営者のメッセージは、採用動画における強力な武器となり得ます。

トレンド③社員同士で座談会をしている

若い世代が主に利用する、YouTubeをはじめとするプラットフォームでのカジュアルな動画視聴が増えるなか、採用動画においても自然な雰囲気を持った内容が求められています。

特に、新卒採用のターゲットとなる学生層には、企業のリアルな一面を見せることが重要です。

そのため、作られた雰囲気や台本ではなく、社員たちが自由に意見を交わす「座談会形式」の動画が注目を浴びています。

このスタイルの採用動画の魅力は多くの場合、テーマのみが設定され、細かい台本などは存在しません。

そのため社員たちの自然体の姿や会話から、企業の雰囲気や文化を伝えられます。社員たちが気兼ねなく本音で話す様子は、求職者にとっても信頼感をもたらす要素となります。

また司会役を置かず、すべての社員がフラットに意見を交換するスタイルを取り入れることで、社内のコミュニケーションの取りやすさや企業の風土を間接的に感じ取れます。

求職者は自らがその環境で働くイメージを持ちやすくなりますから、より自社が魅力的に映ることでしょう。

トレンド④社員の仕事現場に1日密着している

採用動画は従来のインタビュー形式から一歩進めて、よりリアルな企業の雰囲気や社員の日常を伝える内容へと変わりつつあります。

特に目立つのは、社員の1日をドキュメンタリータッチで追いかける形式の動画です。

オフィスの風景や他の社員とのコミュニケーションの様子も捉えられ、これにより求職者は企業の実際の環境や働く様子を具体的に感じやすくなります。

この手法の利点は、社員の活躍の場面や日常の仕事の流れを直接視覚的に捉えることで、入社後の期待と実際のギャップを最小限に抑えられる点にあります。

従来のインタビュー動画が会議室などの限定的な場面での撮影が中心でしたが、新しいトレンドでは社内外の多岐にわたるシーンを撮影します。

密着動画だとシーンが多くなりやすいため制作の手間こそかかりますが、その結果として求職者はより詳細な情報を得られますね。

トレンド⑤インタラクティブな要素を盛り込んでいる

MIL株式会社のインタラクティブ動画

インタラクティブ動画とは、動画内にタップやクリックといった操作要素が組み込まれ、視聴者の選択により内容やシナリオが分岐するスタイルの動画のことです。

視聴者に動画内でのアクションを取らせ、双方向でコミュニケーションを取れるのがポイントです。

たとえば社員の1日を追った動画で途中で選択肢を提示し、その選択によってシナリオが変わるといった使い方が考えられます。

これにより、求職者は自らの選択を通じて企業の雰囲気や業務内容をより詳しく把握できます。

求職者からするとゲーム感覚で楽しめるうえに、内容に興味をもってもらいやすい点から、インパクトのある自社アピールができます。

トレンド⑥ドローンを活用して職場を紹介する

ドローンを利用することで、オフィスの規模や様子をより魅力的に表現できます。

オフィス内でのドローンを飛ばすことで、働く人々の日常的な姿を自然にキャッチし、より身近に感じさせられます。

ドローンを使用すると人間の目では捉えきれない視点からの撮影ができ、高い臨場感を持った動画を制作できます。

またドローン撮影は外注しても低コストで制作でき、ドローン操縦士の人件費や簡単な編集作業を考慮しても、20万円程度の予算でハイクオリティな動画を制作してもらえます。

またドローンを活用した動画は採用情報だけでなく、会社のPRや施設の紹介にも使用できるため、一度の投資で長きにわたって利用しやすいのもポイントです。

トレンド⑦InstagramやTikTokでの視聴を前提としている

@dkykeibi_tokyo What is this character?#animegelsheet #anime #fyp #foryou ♬ 紅蓮の弓矢 (第1〜13.5話OP) – mu-ray


最近の採用広報活動のなかでは、縦型動画の利用も目立ってきました。

多くの企業はSNSアカウント、特にInstagramやTikTokなどを活用して、この新たなフォーマットの動画を発信しています。

主な目的は、若い世代を対象にした際の会社の認知度を上げることや、話題作りを通じたシェアの促進。

特に縦型動画は友人とのやりとりのようなカジュアルな雰囲気を持っており、これが求職者との距離を縮める効果を持っています。

また縦型動画の特徴として、エンタメ色を強化し、個性的な内容を伝えることが挙げられます。

動画のインパクトが強ければ他の企業との差別化でき、より魅力的な採用動画として機能します。

しかし縦型動画が効果を発揮するためには、内容がエンタメ性に富んでいるかもポイント。

たとえばインタビューや社内の風景をただ映し出すだけの縦型動画では、スマホでの視聴を楽しむ若者の関心を引くことは難しいため、外注の際は注意しましょう。

トレンドに合った採用動画の制作を外注するときのポイント

ではトレンドに合った採用動画の制作を外部に依頼するとき、どんな点を押さえるのが良いかを解説していきます。

  • 求職者が求める情報を押さえる
  • 自社の伝えたいことをクリアにする
  • 採用動画をどの媒体で活用するか決めておく

求職者が求める情報を押さえる

近年の社会情勢の変化に伴い、求職者の求める情報も変わってきました。

時代の変動に合わせ、求職者が今知りたい情報を掴むことは、魅力的な採用動画の作成に不可欠です。

特に採用条件だけでなく、実際の職場環境や上司、先輩の顔、そして企業の雰囲気も重要な情報源となっています。

どれだけ条件が良かったとしても、劣悪な職場環境や働きづらい雰囲気は入社後にミスマッチを生みかねません。

そうしたミスマッチ避ける観点からも、実際の職場情報の提供は不可欠です。

自社の伝えたいことをクリアにする

企業が採用動画を制作する際、自社のメッセージを明確に伝えるのも重要。

単に待遇や休日などの条件を羅列するのではなく、求職者の目線に立って「なぜこの企業で働くべきなのか」を強調するべきです。

たとえば社内での調査結果や低い離職率データから「企業内の雰囲気が良い」という場合、自社の魅力を求職者目線で強調しやすいです。

このような実際の自社の良さを、採用動画でアピールする際のセールスポイントとして活用すべきです。

さらに、動画を制作するゴールを明確にすることも必要です。

具体的にどのような求職者を採用したいのか、そのためのペルソナ設定や、自社の魅力をどのように伝えたいのかを考えることで、メッセージが伝わりやすくなります。

内容を無闇に盛り込むのではなく、伝えたいポイントを絞り込むことで、動画の内容がクリアでわかりやすくなります。

採用動画をどの媒体で活用するか決めておく

採用動画はこれまで、採用サイトや求人サイト、または自社HPの求人ページへ掲載されるのが一般的でした。

しかし今日ではターゲット層や動画のコンセプトに合わせて、YouTubeやSNSなどのプラットフォームで配信することで、より高い効果を得られるケースもあります。

また採用動画の料金は動画の種類・長さに応じて変動するため、事前に動画の大まかな種類・長さを決定し、活用予定のプラットフォームも伝えておくことで、制作会社からすると動画内の細かな調整をしやすくなります。

完成した採用動画をもとに目的を達成するのであれば、どの媒体を活用して配信するのかも重要です。

採用動画を採用活動に取り入れるメリット

では採用動画を自社の採用活動に取り入れると、どんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

  • 自社のイメージアップにつながる
  • 自社の知名度アップにつながる
  • 採用のミスマッチを防げる

自社のイメージアップにつながる

社内の雰囲気や力を入れている事業、さらには社長のビジョンなど、自社の魅力を直感的に伝えられます。

テキストや静止画だけでは伝えきれない、リアルな職場の空気や働くスタッフの顔を求職者に見せることで、求職者の疑問・不安を解消できるのもポイントです。

また過去の実績や取り組み、企業の長所を効果的に映像化することで、求職者に対して自社の価値や強みを伝えられます。

これにより企業のイメージ向上に直接寄与し、優秀な人材を魅了するきっかけとなります。

採用動画を用意することで企業のポジティブなイメージを広め、質の高い人材の採用に貢献するツールになるといえます。

自社の知名度アップにつながる

動画を通じて自社のことを知ってもらえるため、知名度・認知度アップにも貢献してくれます。

採用動画は求職者への印象付けのツールとしての役割を果たします。

特に求職者が企業名だけでなく、企業の業務内容や取り扱う商品・サービスについての情報も掴めることで、その企業の魅力が多角的に伝わることでしょう。

この結果、求職者からの認知と知名度の双方が向上し、採用活動をより効果的に進められます。

採用のミスマッチを防げる

採用動画の導入は、入社後のミスマッチを予防する役割も果たします。

求職者に企業のビジョンや実際の業務内容をはっきり伝えることで、応募者が自社と合うかをより正確に判断しやすくなります。

この結果、ビジョンや働き方が合わないと感じる求職者が応募しないようになり、ミスマッチが減少すると考えられます。

関連記事:採用動画の効果はどう?制作動画の効果を高めるコツも解説

トレンドを押さえた採用動画の制作ならVideoWorksへ

https://videoworks.com/wp-content/themes/videoworks

VideoWorksに依頼するメリット①さまざまな採用動画の制作に対応している

VideoWorksでは採用動画の制作実績も豊富。今回紹介したインタビュー形式の動画、代表者挨拶の動画など、トレンドを押さえた採用動画の制作もできます。

また採用の領域にリテラシーのあるクリエイターに依頼でき、クリエイターから動画制作についての提案ももらえます。

一部、VideoWorksで制作した採用動画を紹介しますので、ご依頼の際の参考にしてくださいね。

採用動画の事例①株式会社エイチ・エル・シー様の採用動画

採用動画の事例①司法書士法人A.I.グローバル様の採用動画

VideoWorksに依頼するメリット②最短即日で発注できる

人事担当・採用担当の方のなかには「とにかく急ぎで動画を制作してほしい」という方もいることでしょう。

スケジュールがタイトなため、他社では対応してもらえないこともあります。

ですがVideoWorksでは最短即日で発注可能。お急ぎの方でも安心です。

VideoWorksでは国内最大級の10,000名の動画クリエイターが登録。

クリエイターからすぐに提案が集まるため、最短即日で発注できるクリエイターが見つかるとすぐに依頼を出せます。

VideoWorksに依頼するメリット③数万円から制作を依頼できる

採用活動に予算をあまり割けないため、安価に動画を制作してもらいたい方もいることでしょう。

VideoWorksでは動画クリエイターに直接依頼できますから、その分数万円から安価に外注できます。

場合によっては相場の半分以下で依頼できますので、費用面に懸念がある方はまず相談してみてくださいね。

関連記事:採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポイントも解説

採用動画の制作についてVideoWorksに寄せられるよくある質問

ここではVideoWorksに実際に寄せられた、採用動画についてよくある質問を紹介します。

採用動画の制作でかかる費用・相場はどれくらいですか?

採用動画を制作してもらう場合、費用・相場は以下のとおりです。

詳細 10万円〜30万円 30万円〜80万円 80万円〜200万円 200万円以上〜
制作できる動画の種類 シンプルなインタビュー形式の動画 ストーリーテリングの要素を取り入れた動画 ブランディングを活用した高品質な動画 映画のような高品質・大規模な動画
制作できる動画の長さ 数分程度 数分〜10分程度 数分〜15分程度 15分以上
撮影場所 1ヶ所(主に自社オフィス内) 2〜3ヶ所(自社オフィス及び外部ロケ地) 多数(自社オフィス及び複数の外部ロケ地) 多数(自社オフィス及び国内外の複数のロケ地)
出演者 社員のみ 社員及び一部プロフェッショナルなキャスト 社員、プロフェッショナルなキャスト、俳優 社員、プロのキャスト、著名人
カメラの台数 1台 1〜2台 2〜3台 3台以上
撮影方法 手持ちカメラや一脚を使用 スライダーやジンバルを活用した滑らかな移動撮影 クレーンやドローンを用いた空撮など高度な撮影方法 最先端のカメラ技術と映像表現手法
動画の制作期間 1週間〜2週間 2週間〜1か月 1〜2か月 2〜3か月以上

上記の相場表の詳細については、以下の記事で掘り下げていますのでチェックしてみてくださいね。

関連記事:採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポイントも解説

制作動画はSNSや企業HPでアップしてもいいですか?

制作動画をSNS・コーポレートサイトにアップできるかについては、制作を担当した動画クリエイターと相談して決められます。

採用活動でも企業PRでも活用できる動画は制作できますか?

VideoWorksでは採用活動・企業PRにも活用できる動画も制作できます。

さまざまな採用動画の制作実績がありますから、制作できる動画クリエイターがいるかまずは相談してみてくださいね。

まとめ~採用動画のトレンドを押さえよう~

今回は、採用動画のトレンドについて詳しく解説してきました。

採用動画について外部に依頼する場合、以下のトレンドは押さえておくと、より求職者に対して効果的なアピールができることでしょう。

  1. アニメーションを採用している
  2. 経営者メッセージを盛り込んでいる
  3. 社員同士で座談会をしている
  4. 社員の仕事現場に1日密着している
  5. インタラクティブな要素を盛り込んでいる
  6. ドローンを活用して職場を紹介する
  7. InstagramやTikTokでの視聴を前提としている

また、採用動画の外注を検討している場合は、まずVideoWorksに相談してみてくださいね。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

サービス紹介動画の活用事例9選!制作種類ごとにポイントも詳しく解説

サービス紹介動画の活用事例9選!制作種類ごとにポイントも詳しく解説

サービス紹介動画の作り方を初心者向けに解説!実写とアニメーションの制作の違いも

サービス紹介動画の作り方を初心者向けに解説!実写とアニメーションの制作...

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。