動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
採用動画

採用動画の効果はどう?制作動画の効果を高めるコツも解説

採用動画の効果はどう?制作動画の効果を高めるコツも解説
B!

「採用動画って自社の採用活動にどんな効果がある?」
「採用動画の制作を外注したいけど、意味はあるのかな…」

などなど、採用活動を展開している企業のなかに、こうお考えのケースもありますよね。

採用活動のオンライン化が進む今、採用動画を制作して自社の採用活動に導入する企業が増えています。

ですが採用動画を取り入れたところで、どんな効果が期待できるのか気になることでしょう。

今回はそんな方に向けて、企業の採用活動に採用動画を取り入れたときの効果を解説していきます。

採用動画でどんな効果を期待できる?

企業が採用活動の際に採用動画を用いる際、以下の効果を期待できます。

  • 企業のイメージアップ
  • 企業の知名度アップ
  • 採用におけるミスマッチを防ぐ
  • 安心感を生み出せる

企業のイメージアップ

企業がこれまで積み上げてきた成果や活動に自信を持ち、それを動画に詰め込むことで、企業の魅力が見込みの求職者に対して強く伝わります。

結果として企業はより魅力的な人材を惹き付けられ、長所や強みを前面に押し出せます。

また採用動画は、単なる情報提供のツール以上の価値があります。

それは求職者に対して「自分がこの企業で働いている姿」をイメージさせる効果があるからです。

たとえば「活気に満ちた職場」「笑顔が絶えない環境」などといった言葉以上に、実際の映像を見ることでより強い印象を与えられます。

映像は職場の雰囲気や社風を直感的に知ることができるため、求職者が未来の自分をイメージする一助となります。

企業の知名度アップ

企業が優れた独自商品やサービスを開発していても、その知名度が低ければ露出が減り、その商品・サービスはなかなか利用してもらえません。

これと同様に、企業そのものへの認知度が上がらない限り、求職者からの応募はなかなか集まりません。

ここで採用動画が役立ちます。採用動画を制作して活用することで、効果的に企業紹介ができます。これにより企業の詳細を多くの人々に知ってもらい、知名度を上げられます。

さらにYoutubeやTwitter、FacebookなどのSNSに採用動画を掲載することで、募集の旨が自然と拡散され、多くの人々に企業の名前を知ってもらえることでしょう。

採用におけるミスマッチを防ぐ

採用が上手く行ったとしても採用後の辞退や早期離職、つまりミスマッチは避けられません。

その防止策として採用動画が有効です。

採用前に動画を視聴してもらうことで、入社後に実際の企業の状況とイメージが違うと感じることを防ぎやすくなります。

”こんな仕事がしたかった”や”こんな環境で働きたかった”といった理想とする人材が実際に現れる可能性も広がります。

採用動画は、単なる求人広告やナビサイトだけでは伝え切れない、リアルな企業の内部関係やオフィス環境などを伝達する手段となります。

社風、つまり、企業のカルチャーや環境は応募者が企業を選ぶ基準の一つです。

採用動画を用いてこれらの要素を具現化し、価値観が合致する人材を引き寄せ、適正なマッチングを促進できます。

また採用動画は非言語的な要素を表現する際にも優れています。

企業の理念やビジョンなどを具体的に表現するために、仕事を楽しむ社員やオフィスの雰囲気を動画にすることで、企業のメッセージを見ている人に伝えることができます。

安心感を生み出せる

採用動画を通じて、単なるテキストや写真だけでは伝え切れないリアルな働く現場の情報を求職者に提供できます。

その結果、求職者はその企業がどのような職場であるか、自分がどのように働くことになるのかということをより具体的に理解できます。

これにより求職者にとっては採用活動を通して企業を知る手段として非常に役立つと同時に、企業としては求職者に対する安心感を醸成することができます。

未知の環境である新たな職場に対する不安を和らげ、自分がどんな職場で働くのかを知ることは、求職者にとっての安心感に直結します。

その安心感が、より意欲的な応募や自身と企業とのフィット感を感じられる応募へと繋がり、企業としてはより良質な採用に繋がる可能性が高まるのです。

採用動画の効果を高めるコツ

採用動画の効果を高めるため、下記のポイントを押さえましょう。

  • 採用したい人材イメージを明確に設定する
  • 応募までの導線をよく考える
  • 明確なコンセプトを設計する
  • リアリティを感じる情報を伝える
  • 企業独自の情報を発信する
  • 動画を見てもらうベストな媒体を選ぶ

採用したい人材イメージを明確に設定する

採用動画を制作するにあたって、まず「採用したい人材のイメージ」を明確に設定することが不可欠です。

このイメージの設定とは、具体的には求職者の「ペルソナ」を設定することといえます。

それぞれのペルソナが採用市場でどのように行動しているのかを理解し、その動向に対してマーケティングを行うのがポイントです。

さらに動画制作における重要なポイントは、「何を達成したいのか」というゴールの設定です。

このゴールは、採用したい求職者のペルソナ、そして企業自体がアピールしたいと考える魅力を洗い出し、それをベースに設定するとよいでしょう。

このゴールの設定を明確におこなうことで動画制作の方向性が決まり、より効果的な採用動画を制作できます。

応募までの導線をよく考える

採用動画を活用する際には「どのようなルートで視聴者が応募者となるのか」を慎重に考える必要があります。

視聴した求職者がどう感じ、何を期待し、最終的に応募ボタンを押すのかを意識しながら、動画の企画を立てていくのがポイントです。

そしてその動画が企業の求人広告や採用ホームページと一貫性を持つように工夫することで、効果的なアプローチができます。

その一方で、応募してほしい人材が何を最優先に考えているのかをしっかりと把握することも大切です。

たとえば、”人間関係”を重視する人材と”業務内容”を重視する人材では求めるものが大きく異なります。

そのニーズに応じた採用動画を企画し、可能な限りそのニーズを満たせるように訴求することが、採用動画の効果を高めるコツとなります。

リアリティを感じる情報を伝える

求職者に企業の魅力を効果的に伝えるためには、ポジティブな面だけではなく、働く上での課題や困難な点もリアルに伝えることが重要です。

これは企業の姿を示すだけでなく、個々の社員の働く様子を伝える際にも同じです。

リアルな経験談を含めることで、求職者に対して現状を正確に伝えられます。

その結果、入社後に求職者が理想と現実のギャップに直面して早期退職するリスクを低減できます。

上記に加えて、伝える情報の内容も工夫が必要です。たとえば社員インタビューでは、課題や困難だけでなく、その問題をどのように乗り越えたかという前向きなエピソードを交えると効果的です。

これにより求職者にとっての職場の魅力を総合的に伝えられます。

また、企業や職場の現況を反映したリアルな映像も、採用動画の信頼性を高めます。良いことだけではなく、難しいことも含めた全体像を描くことで、求職者に対して包み隠さず語りかけられます。

全体的に見て企業が魅力的であり、適切な情報提供によって積極的に応募してもらえる状態を作り出すことが求められます。

企業独自の情報を発信する

求職者が多くの選択肢の中から最適な会社を見つけるためには、企業が独自の魅力を発信することが重要です。

具体的なアピールポイントが無い場合は、社員の個性や企業文化に焦点を当ててみると良いでしょう。

たとえば従業員間の強い絆や、オープンなコミュニケーションを促す企業文化などを強調することで、他社との差別化が図れます。

その一方で、社員同士の良好な関係性を捉えたシーンを採用動画に取り入れることで、企業の風通しの良さを具体的に伝えることも可能です。

採用成功に向けては、他社との違いを明確に伝えることが求められます。

自社のビジネスモデルやサービス、企業文化など、会社の強みを巧みに動画に反映させることで、求職者に対するアピール力を強化できます。

これらの要素を効果的に伝えることで、求職者は自社の魅力を理解し、より積極的に応募してくれる可能性が高まります。

このようなアプローチを採用動画に反映させることで、企業の独自性を保ちながらも求職者に対して魅力的なイメージを伝えられます。

結果として、採用活動の成功に寄与する高い効果のある採用動画を作り出せます。

動画を見てもらうベストな媒体を選ぶ

採用動画で効果を出すにあたり、動画の配信場所を慎重に選ぶのもポイントです。

採用動画を配信する媒体や場所とは、自社サイトや採用専用サイト、企業の各種SNSアカウント(Twitter、Instagram、YouTubeなど)、そして会社説明会などさまざまです。

求職者がどの媒体をよく利用しているのか、どの場所で彼らが集まりやすいのかを考慮し、その上で最適な媒体を選択することが重要です。

視聴率を高めるためには、柔軟に媒体を選択し、求職者にアクセスしやすい場所で動画を配信することを心掛けましょう。

これにより採用動画は求職者により確実に届けられ、結果として高い効果を発揮するでしょう。

採用動画の相場はどれくらい?

採用動画の制作を外注したときの費用相場は「10万円~200万円」と、どんな動画を撮るかでピンキリ。

予算ごとで制作できる動画のパターンは以下のとおりです。

詳細 10万円〜30万円 30万円〜80万円 80万円〜200万円 200万円以上〜
制作できる動画の種類 シンプルなインタビュー形式の動画 ストーリーテリングの要素を取り入れた動画 ブランディングを活用した高品質な動画 映画のような高品質・大規模な動画
制作できる動画の長さ 数分程度 数分〜10分程度 数分〜15分程度 15分以上
撮影場所 1ヶ所(主に自社オフィス内) 2〜3ヶ所(自社オフィス及び外部ロケ地) 多数(自社オフィス及び複数の外部ロケ地) 多数(自社オフィス及び国内外の複数のロケ地)
出演者 社員のみ 社員及び一部プロフェッショナルなキャスト 社員、プロフェッショナルなキャスト、俳優 社員、プロのキャスト、著名人
カメラの台数 1台 1〜2台 2〜3台 3台以上
撮影方法 手持ちカメラや一脚を使用 スライダーやジンバルを活用した滑らかな移動撮影 クレーンやドローンを用いた空撮など高度な撮影方法 最先端のカメラ技術と映像表現手法
動画の制作期間 1週間〜2週間 2週間〜1か月 1〜2か月 2〜3か月以上

上記それぞれの費用相場とその詳細については、以下の記事でチェックしてみてくださいね。

関連記事:採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポイントも解説

採用動画の外注費用を抑えるには?

採用動画を自社で作るにしても外注するにしても、費用を抑えたうえで制作を進めたいですよね。

ここでは、採用動画の外注費用を抑えるときのポイントを解説します。

  • 動画1本の尺を短くする
  • 自社の社員をキャスティングする
  • 一部の制作プロセスを自社内でおこなう

動画1本の尺を短くする

動画の制作費用と動画の尺には密接な関係があり、動画の時間を短くすることで予算をうまくコントロールできます。

具体的な手法として、求職者に伝えたい情報を優先度順に絞り込むことで、効果的に要点を伝達できます。

そのための要素として「求職者に示す必要があるポイントの選択」や「中心となるメッセージの明瞭化」が挙げられます。

また尺を短くするためには、内容密度の高い「インタビュー形式の動画」や「社内の密着ドキュメンタリー」が有効と考えられます。

こうした動画形式は、効率的に大事なポイントを伝える上で役立ちます。

逆に動画の尺が長すぎると、制作にかかる時間や費用が増えるだけでなく、視聴者の関心を維持するのが難しくなります。

情報量が多すぎると視聴者は混乱し、結果的に本来伝えたいメッセージが見失われる可能性があります。

したがって情報の見直しや尺の調整は、制作コストを下げるだけでなく、視聴者に伝えたい情報を適切に伝達する上でも非常に重要といえます。

自社の社員をキャスティングする

採用動画を制作する際の一番のコストは、専門の俳優やタレントに依頼することで発生する「キャスティング費」です。

キャスティング費を節約するためと、よりリアルな職場の雰囲気を伝えるために、自社社員を配役するのが効果的です。

自社スタッフを登場させることで、コストを下げるだけでなく、実際に職場で働いている人々の声をそのまま伝えさせられます。

求職者からすれば、より実際の仕事環境を理解する上で大切な情報となるでしょう。

ただし自社スタッフをキャスティングするにあたっては、退職後の肖像権問題に注意が必要です。

映像内で登場するスタッフが退職した後に肖像権を主張されると、動画の取り下げを余儀なくされる恐れもあります。

そうした事態を避けるためにも事前に誓約書を用意し、肖像権に関するトラブルが起きないようにするのがおすすめです。

一部の制作プロセスを自社内でおこなう

動画制作は工程ごとに進行しますので、すべてを外部に頼まなくても、一部制作を自社でおこなえばその分のコストを削減できます。

たとえばプロに絵コンテ制作・撮影は依頼し、その後の動画編集を自社でおこなうといった形が考えられます。

ただし多くの場合、動画の訴求力を最大限に引き出すためにはプロにすべて依頼するのが有効です。特に企画段階からプロの力を借りることで、効果的な動画を制作してもらえます。

また動画制作に関連する費用を節約するためには、自社で所有している素材やフリー素材の利用も有効です。これには写真、イラスト、映像、音楽、SEなどが含まれます。

たとえばオリジナルのBGMを制作する代わりにフリーの音楽を利用することで、作曲やアレンジの費用を削減できます。

効果のある採用活動の動画制作なら「VideoWorks」へ

VideoWorksバナー①-20231023
効果のある採用動画を作成するなら、企業とプロ動画クリエイターをつなぐ動画制作プラットフォーム「VideoWorks」へぜひご依頼ください。

VideoWorksおすすめポイント①採用動画の制作実績が豊富

VideoWorksでは採用動画の制作実績が豊富。新卒採用・中途採用をはじめとした、さまざまなニーズに幅広く対応しています。

たとえばVideoWorksでは下記の動画を制作した実績があります。

VideoWorks採用動画事例①

札幌市に本社を構えるIT企業の採用動画の例です。

新卒者・中途の方をターゲットにし、働く様子やキャリアプランについてイメージがわきやすいように詳しく社内を紹介しています。

会社PRはもちろん、仕事内容の紹介ダイジェスト、社員インタビューなども盛り込んでいます。

VideoWorks採用動画事例②

先ほどの動画とは違い、こちらは1分ほどとコンパクトな内容です。

動画尺は短いですがそのぶん端的な内容になっており、伝えたいことが無駄なくまとまった一本になっています。

VideoWorksでは実写の採用動画の他、上記のようなアニメーションでの採用動画の制作にも対応しています。

また、その他インタラクティブ動画、SNSで活用する縦型動画など、トレンドを押さえたさまざまな動画制作にも対応しています。

関連記事:採用動画のトレンドとは?トレンドを押さえた動画事例も紹介

VideoWorksおすすめポイント②優秀なプロの動画クリエイターが10,000名登録

VideoWorksには現在、国内最大級10,000名以上のプロ動画クリエイターが登録しています。

さまざまなクリエイターが登録している分、数時間でクリエイターの提案が集まります。なかには最短即日で制作をスタートできるクリエイターもいるため、お急ぎの方にもおすすめです。

VideoWorksおすすめポイント③数万円から依頼できる

VideoWorksの場合、動画クリエイターに直接発注できるため、数万円から発注可能。

場合によっては相場の半額以下からの依頼依頼もできるため、費用をなるべく抑えたい方にもおすすめです。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。