動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
PR動画

PR動画制作の相場は?制作会社に依頼する場合の費用の抑え方はある?

PR動画制作の相場は?制作会社に依頼する場合の費用の抑え方はある?
B!

「PR動画の相場ってどれくらい?」
「PR動画の制作費用を相場より安く依頼するポイントを知りたい!」

など、PR動画の制作と費用バランスでお困りのご担当の方もいらっしゃるでしょう。

費用をかければ、もちろんその分豪華でクオリティの高いPR動画ができますが、限りある予算をうまく利用して制作しなければいけない場合がほとんど。

ですが、PR動画の制作相場を安く抑える方法や、できるだけ安く発注する方法など、制作費用や相場に関する情報をお求めの方はいませんか。

そんな方に向けて本記事では、PR動画の相場と、実例で見る費用バランスについて解説します!

記事の後半では、費用を安く済ませるコツや、発注先選びのポイントもまとめていますので、ご担当の方は最後まで目を通していただき、ぜひ制作にお役立てください。

VideoWorksバナー②-20231023

目次

PR動画の平均相場は15万円〜100万円以上

結論からすると、PR動画の平均相場は幅広く、15万円〜100万円以上です。

これは、

  • どのような仕上がりを目指すか
  • どこまで自社内製できるか
  • どのくらいの分数にするか
  • 配信媒体は何か

など、PR動画を構成するさまざまな要因により、費用は大きく変動するためです。

費用は「作業工程」と「人件費」で大きく変動する

PR動画の相場は、主に「作業工程」と「人件費」が変動の要因です。

詳しく見てみましょう。

作業工程

動画制作の工程は、大まかに

  • 企画
  • 撮影
  • 編集

の手順を踏みます。

PR動画の場合、その工程のすべてが必要となり、まんべんなく費用がかかりがちです。

例えば、自治体のPR動画でも、アピールする要素の新たな撮影が必要ですし、より魅力的に映る編集や、映像に合うBGMなどの手配などが最低限必要です。

企業のPR動画においては、特に自社のアピールに使用できる映像素材を持ち合わせていないことも多く、コンセプトムービー的に仕上げるのであれば、新たな映像素材は必須です。

美しい映像を撮影するには、高精細な撮影機材が必要になり、代わりにアニメーションで制作するにも、アニメーションは分数や品質によって実写より費用がかかることも。

丁寧に工程を踏むほど、制作費用は発生し相場は上がります

人件費

人件費は、予算のかなりの割合を占めています

以下は、主に人件費として計上される内訳です。

  • ディレクター費
  • シナリオ費(別途外注の場合)
  • カメラマン費
  • スタイリスト費
  • メイク・ヘアメイク費
  • 照明費
  • 音声費
  • アシスタント費
  • キャスティング費
  • スタジオ費(ロケーション撮影ではない場合も)
  • 編集クリエイター費
  • BGM費
  • ナレーション費

ざっと並べただけでもこれほどあり、さらに人件費にかかる諸経費(交通費、弁当費、車両費など)も発生します。

関わる人員が多いほど、相場も膨らんでいきます。

制作会社とフリーランスの依頼で異なる相場

PR動画を依頼する場合、制作会社かフリーランスのクリエイターに依頼するか、主に2択になります。

それぞれの特徴を見てみましょう。

メリット デメリット
制作会社
  • 必要な分すべてを依頼できる
  • 規模の大きい動画も制作できる
  • 費用がかさみやすい
フリーランス
  • 費用が抑えやすい
  • 必要な分だけの依頼もできる
  • 丸ごとの依頼が難しい場合もある
  • 規模が大きい制作はNGな場合がある

制作会社の場合、会社の規模にもよりますが、関わっている人員が多いため、費用がかさみやすい特徴があります。

さらに自社内製しきれていない場合は、代理店を通す等でマージンが発生すると、さらに相場が上がることもあります。

品質も良く、会社で制作工程を網羅できているので、必要な分すべてを依頼しやすいため、展開規模の大きなPR動画の場合は、制作会社に軍配が上がるでしょう。

反対に、フリーランスのクリエイターの場合は個人発注となるため、費用を抑えやすいことがポイントです。

ですが、その分人手が限られており、PR動画の規模や依頼内容によっては対応できないことも。

コネクションが豊富な方もいるので、まずは相談してみるのがおすすめです。

以上の要素があり、フリーランスの場合は、制作会社より5万円〜20万円以上費用が抑えられることがあります

著名なクリエイターの場合は、中小の制作会社より費用がかかることもあるので注意しましょう。

PR動画の制作工程から見る相場内訳

それでは、制作工程を追いながら、おおよその相場を見ていきましょう。

企業や自治体で自社内製できる工程は、費用0円と想定してください。

企画:5万円〜25万円以上

企画では、主にディレクター費用が発生します。

動画の目的やコンセプトを決め、最終的なゴールを決めます。

ディレクターの手腕によって、PR動画の質が問われるといっても過言ではありません。

しっかりとした動画を制作したい場合は、ディレクターを立て、プロの目線から制作を行うことをおすすめします。

その場合のディレクター費用は、20万円以上を見込んだ方が良さそうです。

構成・絵コンテ:8万円〜25万円以上

構成・絵コンテやシナリオ作成にかかる費用は、おおよそ8万円〜25万円以上です。

 

費用項目 費用相場
構成 3~15万円
シナリオ作成 5~10万円

そのほかに、撮影や編集の計画の作成したり、実際の作業計画の進行もこの時点で行います。

ディレクターとコミュニケーションをとりながら、撮影に向けて必要な手配を洗い出し、撮影がスムーズに進むよう入念に準備を行いましょう。

撮影:30万円〜100万円以上

撮影費用は、最も人員がかかる工程で、相場はおおよそ30万円〜100万円以上です。

 

費用項目 費用相場
撮影(カメラマン・アシスタントなど) 5~35万円
機材 5~50万円
キャスティング 5~50万円
撮影スタジオ 5~40万円
諸経費  8~40万円

このなかで費用が抑えられるのは、主にキャスティング、撮影スタジオです。

また、キャスティングが少なければ交通費や待機中の弁当費用やそのほか経費も抑えられます。

ロケ撮影がほとんどの場合は、スタジオ費用が抑えられますね。

また、撮影日数が伸びるほど費用はかかってしまいます。

企画で決めたシナリオや工程に沿ってスムーズに進行できるよう、協力しあって撮影していきましょう。

アニメーションやCG技術

実写の撮影をしない代わりに、アニメーションを活用する場合もあるでしょう。

その場合は、キャスティング費や撮影スタジオ費、クルー費などはかかりませんが、アニメーションの内容によって費用がかかります。

アニメーションの制作費用もかなり幅があり、20万円〜300万円以上

撮影にプラスCGを組み込むとなると、大体1分につき140万円が業界認識として相場になっています。

こう見てみると実写の方が安く制作できることもあるので、予算に合わせて検討しましょう。

編集:15万円〜90万円以上

編集費用の相場としては、おおよそ15万円〜90万円以上です。

費用項目 費用相場
動画編集 5~25万円
音響効果 3~15万円
グラフィック 3~50万円
ナレーション 3~10万円

基本的に、割愛できる作業はないのが編集工程です。

編集の良し悪しで、PR動画としての見栄えは大きく変わります。

仕上がりを見ながら、求めている動画に近づいているか、コミュニケーションを密にとって完成を目指しましょう。

ナレーションを入れる場合は、ほぼ動画完成してから録音、整音をし映像に重ねます。

仕上がったら、メディア出力をして完成です。

PR動画の実例で見る費用のかけ方

ここまで工程と費用相場を見てきましたが、実際にどういうかたちでPR動画の工程を分析できるか、実例を交えて解説します。

①【長野県小諸市】小諸がアツ・イー!

長野県小諸市によるPR動画です。

驚くべきはその制作費用で、なんと9,500円で制作しています。

出演はすべて職員で、企画・撮影・編集もすべて職員が自社内製で仕上げました。

ちなみに9,500円は衣装代だそうです。

費用の抑え方もここまでくると話題性が生まれますね。

低予算で制作する場合は、逆に制作費用の低さを追求し、ネタにしてみるというのもひとつの手ですね。

アイディア次第で話題づくりができる好例です。

②【宮崎県小林市】移住促進PRムービー “ンダモシタン小林”

宮崎県小林市による、移住促進PRムービーです。

あるフランス人が小林市で暮らしながら、市内の良さを紹介していくのですが、フランス語に聞こえる言葉は、実はこの地域で話されている「西諸弁」だった、というオチです。

公開当時はそのラストの衝撃さが話題を呼び、メディアでも紹介されましたね。

映像自体は主人公の男性を取り巻く風景がほとんどのため、撮影にはさほど大きな予算がかかっていないように見えます。

BGMはオリジナルですが、ほぼピアノ一本なので、そこまで大きな費用はかかっていないでしょう。

アイディアの秀逸さとインパクトの大きさを見本にしたい動画です。

③【崎永海運株式会社】WEATHER WARS | 企業PRウェブムービー

長崎県長崎市の海運会社のPRムービーです。

某超人気SF映画のパロディで、構成や撮影、編集やナレーションまで凝っていますが、出演者はなんと全員海運会社の社員です。

そのため、キャスティング費用を大幅に削減でき、その分を撮影・編集の技術面に使用しています。

くすっと笑えるパートもしっかり取り入れられていて、海運会社や牽引という業務に馴染みのない方でも見入ってしまいますね。

会社や業種のPRに成功した例と言えるでしょう。

④【福岡県北九州市・山口県下関市】関門海峡PRムービー「COME ON!関門!」

福岡県北九州市・山口県下関市の合同制作で、関門海峡PRムービーです。

なんと再生回数2億回超えのモンスターPR動画です。

その理由は、何と言っても自治体制作の動画とは思えないクオリティのCGです。

映像のなかに出演している方々は市民の方ということで、これもキャスティング費用を抑えられています。

流れの速い関門海峡に怪獣が現れましたが、流れの速さに足をとられてしまい、街は破壊されずに事なきを得た、というストーリー構成やオチも素晴らしいです。

⑤【KANEBO】人は、変われる。世界は、どうだろう。/ 化粧愛。ANTHEM

化粧品メーカーKANEBOのブランドムービーです。

年齢、性別、国籍など関係なく、化粧を施すことですべてを超えて混じり合っていける、という化粧と多様性を組み合わせた、心躍るPR動画です。

鼓舞するように、アンセムをたくさんの出演モデルが歌い上げます。

撮影環境自体はシンプルですが、撮影モデルの人数が圧倒的で、ひとりひとりにかかるメイクやヘアメイク、撮影時間と、緻密な編集技術が光ります。

コンセプトに沿った費用のかけ方の参考になりますね。

PR動画の費用を相場より安く制作会社に依頼するコツは?

高クオリティのPR動画を制作するには、やはりプロに依頼する方が良いことがわかりました。

ですが、立ちはだかるのが予算の壁。

少しでも予算を抑えて制作を依頼するにはどうしたらいいか、コツをまとめてみました。

  • 短時間のPR動画にする
  • キャスティングを抑える
  • ハイクオリティなCGなどは使用しない
  • 自社内製でできることはする
  • 複数の依頼先候補から相見積もりする
  • 補助金を利用する
  • フリーのクリエイターに依頼する

短時間のPR動画にする

PR動画の尺を短くすることで、予算を抑えやすくなります。

短くてもかなり凝った作りだったり、3DCGを使ったりするともちろん費用は上がりますが、単純に映像自体の時間が短かければ、その分撮影すべき素材や編集作業も少なくできます。

動画は1分異なるだけで数万円〜費用が異なってくるので、手っ取り早く費用を削減できるでしょう。

また、現在の若い世代は短い動画を好む傾向にあるため、ニーズにも合っています。

キャスティングを抑える

キャスティングを抑えて撮影することも、費用を抑えるには非常に有効です。

先に見たように、人件費は予算のかなりの割合を占めます。

そのなかで、動画に著名な俳優をキャスティングしたり、たくさんの俳優に参加してもらうとなると、かなりの費用がかかりますよね。

著名な俳優の場合は、出演料だけで1000万円〜など容易にかかってしまい、キャスティング費用は実際のところ天井知らずです。

可能であれば、自社の社員が出演したり、自治体の場合は職員や市民ボランティアに参加してもらったりすると、ぐっと相場よりも安く撮影できます。

また、プロの俳優が出演すると、ぐっと本格感が増しますが、自治体のPR動画であれば、職員や市民が出演している動画は親近感を生んでくれます。

キャスティングをどうするか、を主軸に構成を考えてみるのもひとつの手かもしれませんね。

ハイクオリティなCGなどは使用しない

ハイクオリティなCGは使用しないようにすることもポイントです。

CGはそれだけで費用が跳ね上がります。

先にも見た通り、CGの相場は「1分あたり140万円」とされており、PR動画1本分の予算が使用されます。

予算が潤沢にあり、大々的なPRを行う場合には使用したいところですが、無理は禁物です。

CGを駆使しなくとも、話題性があったり拡散性のある動画は制作できるので、しっかり方向性を考えましょう。

自社内製でできることはする

次に、余計な発注をしないで済むように、自社内製でできることはしましょう

例えば、美しい風景撮影は無理でも、社員や職員に焦点を当てた撮影や、企画・構成、シナリオ作成、キャスティングなど、できる範囲のことは自社で行うと外注量を少なくできます。

YouTubeであれば著作権管理がされており、管理保護されている音楽であれば使用できるので、自社でBGM探しをしてもいいですね。

複数の依頼先候補から相見積もりする

発注のために見積もりを依頼する際、1社ではなく、必ず複数の制作会社に見積もりを依頼しましょう。

1社だけの見積もりでは他社と比較できないため、ニーズに本当に合っているか、価格は適正か、制作に必要な対応は抜けがないかなど、わからないまま依頼してしまうことがあります。

動画の制作会社はたくさんあるため、比較や見積もりの依頼だけでも大変ですが、より良いPR動画を制作するためには惜しめない作業です。

制作した後に後悔しないよう、制作会社の情報を収集し、比較検討してから依頼先を決定しましょう。

補助金を利用する

費用を抑える方法として、助成金を使用することもおすすめです。

特に中小企業向けの助成金制度があるので、自社が該当するかどうか、ぜひ調べてみてください。

助成金がおりると、その分予算が増えるので、より良い品質を追求できます。

内容 補助額
小規模事業者持続化補助金
  • 通常枠:上限50万円
  • 特別枠:上限200万円
事業再構築補助金  補助上限額2000万円〜
※事業規模により異なる

※2023年11月現在の情報です。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金は、小規模事業者が自社の経営を見直すにあたって、持続的な経営に向け販路開拓や生産性向上のために必要な経費を対象として補助してくれるものです。

申請類型がいくつかに分かれており、補助金の対象者も従業員数などにより小規模事業者のみに定められています。

通常枠で補助率2/3で補助上限50万円、そのほかの特別枠は補助率2/3で補助上限200万円です。

受付時期がいくつかに分かれているので、希望する場合は早めに確認し申請しましょう。

引用:商工会議所地区 小規模事業者持続化補助金

事業再構築補助金

ポストコロナ・ウィズコロナ時代の社会変化に対応するための、中小企業の事業への取り組みを支援する目的で設けられた補助金です。

申請枠が複数あり、従業員規模によって金額が異なりますが、補助上限額は2000万円〜です。

給与増額といった必須要件がさまざまありますが、適用できれば制作の大きな助けとなるでしょう。

引用:事業再構築補助金

フリーのクリエイターに依頼する

制作会社ではなく、フリーのクリエイターに依頼することで費用を抑えられます。

個人のクリエイターは、制作会社に比べて少人数で作業することが多く、また、直接依頼することで、代理店を通したときのマージンの発生が抑えられることが相場に大きく影響します。

個人やフリーランスのクリエイターでも、制作会社から独立した経験豊富な方も多数いるため、クオリティに関して大きな心配はしなくても良いでしょう。

ただ、PR動画の配信規模が大きくなり、専門性の高い作業が必要になった場合等には、複数のクリエイターに依頼することもあるかもしれません。

その場合は逆に制作会社より費用がかかってしまうことがあるので、注意が必要です。

また、フリーのクリエイターに依頼する場合でも、複数の候補で相見積もりし、比較検討して決めるようにしましょう。

PR動画の制作会社やクリエイター選びのポイント

それでは、PR動画制作にあたって、依頼する制作会社やクリエイター選びのポイントやコツについて解説します。

  • 作りたいテイストの映像制作実績があるか
  • 自社内製しているか
  • 相談しやすい担当者か
  • 予算に見合う依頼先か
  • プラスアルファの提案力があるか

作りたいテイストの映像制作実績があるか

ひとつめは、まず作りたい動画のテイストの映像制作実績があるかどうかです。

PR動画もにぎやかなもの、シンプルなもの、かっこいいもの、ユーモア溢れるものなど、さまざまなテイストがありますね。

映像の質感や、構成の組み方、見せ方なども変わってきます。

PR動画で目指す仕上がりに近い作品が作れるかどうかは、非常に重要なポイントです。

必ず過去実績を確認し、希望するテイストで制作してもらえそうか検討しましょう。

自社内製しているか

次に、依頼について自社内製で対応しているかどうかです。

自社内製で完結させていない場合、下請けに出す際の手数料や依頼費が発生している場合があります。

そうすると、実際の発注料金に知らず知らずに上乗せされ、価格が上がっていることも。

また、何か制作途中で相談したいことがあった場合、直接やりとりができないため、対応や返答に時間がかかったり、意図したことが正しく伝わっていないといったことが発生しかねません。

費用面と進行面の両方の視点からでも、自社内製しているかどうかは重視したいポイントですね。

相談しやすい担当者か

意外と重要なのが、担当者との相性です。

大きな予算をかけて制作するPR動画は、制作から完成まで2〜3ヶ月かかることもあります。

その間、さまざまなコミュニケーションを担当者ととる必要があります。

レスポンスが遅かったり、伝えたいことがなかなか伝わらなかったりすると、スムーズに進まないばかりか、ストレスが溜まってしまって対応が億劫に感じてしまうこともあるでしょう。

こちらの意図を的確に汲んでくれるか、より良い動画制作のために親身になってくれるかなど、担当者の依頼に対する姿勢や人柄も、気持ちよく制作を進めるには重要です。

予算に見合う依頼先か

制作予算に合う依頼先かどうかは、動画制作を依頼するにあたって最も大事です。

予算が数十万円で、大手の制作会社に依頼することはなかなか難しいですよね。

逆に、数百万円の潤沢な予算があれば、フリーランスのクリエイターに依頼せずとも選択肢はたくさんあります。

制作規模に最適な制作会社やクリエイターを見つけて依頼しましょう。

また、現在は手軽に動画が配信できるようになったこともあり、動画制作の相場を下げて依頼を受けている中小の制作会社も増えています。

予算から少々はみ出そうでも、気になる制作会社があれば一度問い合わせてみるのもいいでしょう。

プラスアルファの提案力があるか

もうひとつのポイントは、依頼に対してプラスアルファの提案力があるかどうかです。

依頼する側は、動画制作についてわからないことも多いため、プロに依頼をしています。

要望に沿って対応してくれることはもちろんですが、プロならではの視点や提案力があるかどうかで、動画の質や話題づくりのしかけなどは変わってきますよね。

制作は依頼する側からだけの一方通行なものではなく、双方のコミュニケーションやキャッチボールで、化学反応が生まれることも多々あります。

また、発想の豊かさと提案力があると、制作の最中でも柔軟に対応してくれそうです。

より高品質な動画の完成が期待できる制作会社やクリエイターに依頼しましょう。

PR動画の費用を相場より抑えて依頼したいならクリエイターに直発注の「Video Works」!

https://videoworks.com/wp-content/themes/videoworks

PR動画の制作依頼といっても、規模や動画のテイストが合うかどうかも含め、制作会社やクリエイターなどさまざまな依頼先があります。

PR動画の企画・構成を練るだけでも大変なのに、さらに無数にある制作会社やクリエイターのなかから依頼候補を探しつつピックアップするのは、骨が折れる作業です。

良い制作のパートナーには出会いたいけど、制作に割く時間を確保したい!とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

そんな方にぴったりなのが、案件依頼を投稿するだけで全国のクリエイターから制作提案がもらえる「Video Works」です!

Video Worksは、映像制作希望者とプロのクリエイターをつなぐマッチングサービスです。

サイトに登録し、予算や依頼内容を投稿するだけで提案がもらえ、たくさんのクリエイターと出会えるのが魅力です。

おすすめポイント①:PR動画の制作実績も豊富なクリエイターが在籍

PR動画の制作実績が豊富なクリエイターが、Video Worksには多数登録しています。

現在、10,000名を超えるクリエイターが全国から登録しており、依頼数も年間1,000件以上と、業界最大規模のサービスです。

そのため、一定数の提案数を確保できており、制作映像のクオリティの高さは、リピーターが多いことからもうかがえます。

「ずっとパートナーとして、高いクオリティで制作を手伝ってくれるクリエイターを探していた」
「提案が集まりやすく、クオリティも確かなので安心して依頼できる」

など、ご利用の方々からも喜びの声をいただいています。

実績が豊富なため、経験を踏まえた提案力も抜群です。

Video Worksのサイトでは、クリエイターのプロフィールはもちろん、ポートフォリオも掲載しているので、自社のニーズに合ったクリエイターに依頼できます。

Video Works制作実績:本の情報サイト「好書好日」サービスサイト紹介動画

おすすめポイント②:クリエイターに数万円〜直発注可能

丸ごとの制作依頼からスポット依頼まで数万円〜対応できることも、おすすめポイントのひとつです。

さまざまな得意分野を持つクリエイターが登録しており、企画立案から撮影、編集はもちろん、優秀なディレクターに依頼したい、キャスティングをお願いしたいなどの細かな要望にも対応できます。

また、間に代理店が入らないため余計なマージンが発生せず、適正価格でクリエイターに直依頼が可能

そのため、数万円〜の依頼実績もあります。

もちろん丸ごとの制作依頼も対応可能で、Video Worksなら映像制作に関することは何でも依頼できます。

依頼前にクリエイターと面談もできるので、話をして相性を確かめてから依頼したい、という方も安心です。

おすすめポイント③:最短即日発注のスムーズさ

依頼から最短即日で発注できる流れのスムーズさも、おすすめポイントのひとつです。

多数のフリーのクリエイターや制作会社が登録しているため、依頼に対して一定数の案件が確保しやすくなっています。

そのため、クリエイターとうまくマッチングすれば即日で依頼できます。

また、「提案はたくさんもらえたけど、ここからどうやって依頼先を決めたらいいかわからない」といった方もスムーズに利用いただけるよう、専任のコーディネイターによるマッチングサポートも。

依頼をする時間もない、という方はコンシェルジュにご相談いただければ、案件に合うクリエイターを紹介できます。

「依頼の方法がわからない」「この納期で対応してくれるか聞きたい」など、利用に関してお困りのことも、お気軽にご相談ください。

まとめ 〜PR動画の費用は相場を抑える工夫をして依頼しよう〜

本記事では、PR動画の相場と、費用の抑え方やポイントを実例を交えて解説しました。

動画制作の工程と相場をしっかり把握し、予算のバランスを調整することで、的確に予算を落とし、相場よりも費用を抑えて制作できることがわかりました。

また、制作の依頼先も、どのようなPR動画に仕上げたいのかによって変わります。

ぜひ紹介した内容を参考に、予算を有効活用して満足のいくPR動画を制作してくださいね。

そして、PR動画の制作依頼先をお探しの場合は、ぜひVideo Worksをご利用ください!

ハイクオリティな動画を制作できるたくさんのクリエイターが、新たなクライアントの出会いを待っています。

関連記事

動画制作人材探すのに困っていませんか?
フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!...

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

新着記事

動画制作の報酬に源泉徴収は必要?動画編集やフリーランスの場合も解説

動画制作の報酬に源泉徴収は必要?動画編集やフリーランスの場合も解説

失敗しない映像・動画制作会社の重要な選び方!動画制作を依頼する場合のポイントは?

失敗しない映像・動画制作会社の重要な選び方!動画制作を依頼する場合のポ...

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!依頼の際に重要なポイントも解説

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!依頼の際に重要なポイ...

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイントも解説

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイント...

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼す...

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解説

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解...

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解...

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/映像制作/動画編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を動画制作会社/映像制作会社に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみてください。VideoWorksでの動画制作は、動画制作会社/映像制作会社に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。