動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
PR動画

PR動画の作り方や制作のコツを解説!効果的な動画にするには?

PR動画の作り方や制作のコツを解説!効果的な動画にするには?
B!

「PR動画の作り方ってどうしたらいい?」
「質の良いPR動画の作り方を知りたい!」

など、PR動画の制作について情報をお求めのご担当者もいらっしゃるでしょう。

動画はSNSや配信プラットフォームで容易にアップロードできるようになったため、動画数自体の分母が日に日に大きくなっています。

多くの動画のなかからどう視聴者に見つけてもらうか、話題性を持った動画が制作できるかが、PR動画としての成功の鍵となります。

そして、PR動画の出来がそのまま商品やサービス、自治体などの評価につながることも多いため、品質の良さや狙いの定め方が重要です。

ですが、PR動画を制作するにあたっての詳細をご存知ない方もいるのではないでしょうか。

そんな方に向けて本記事では、PR動画の作り方やポイントを解説します!

記事の後半では、PR動画の制作を外部に発注する場合についてもまとめているので、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

VideoWorksバナー②-20231023

PR動画とは?

PR動画とは、企業や地方自治体が自らの商品、サービス、または地域の魅力を伝えるために用いる動画のことを指します。

企業では、事業の紹介や採用活動、商品やサービスの販売促進が主な目的とされ、一方で、地方自治体では移住や観光誘致のために使用されることが多いです。

動画で情報を視覚的に伝えることができ、視聴者の関心を引きやすく、記憶に残りやすいというメリットがあります。

PR動画が効果的になった背景には、スマホやタブレットの普及が大きく関係しています。

デバイスの普及によって、多くの人々が日常的にインターネットを利用するようになり、動画コンテンツへのアクセスが容易になりました。

また、YouTubeをはじめとする動画配信プラットフォームの充実が、PR動画の普及に一役買っています。

YouTubeのようなプラットフォームは、テレビCMと比較してもコストが低く、性別や年齢など特定のターゲットに絞って動画を配信できることが、配信側のメリットでもあります。

企業や自治体にとっては、自らのメッセージを効果的に伝える手段として非常に有効です。

モバイル環境の進化に伴い、今後さらに多くの企業や自治体がPR動画を活用していくことが予想されます。

PR動画はスマホで制作できる?

結論からすると、PR動画はスマホでも制作は可能です。

現代のスマホは高品質なカメラを搭載しており、一定レベルの動画撮影が手軽に行えます。

特に話題性を作る目的や、特定の狙いがある場合には、スマホでの動画制作も良いでしょう。

ですが、狙いが明確でない場合や、高いクオリティのPR動画を制作する場合には、スマホでの制作はおすすめできません。

プロが作る動画制作には専門的な機材や編集技術が必要で、スマホだけでは限界があります。

例えば、大々的に行う商業的なプロモーションビデオや、企業のイメージを高めるための動画などは、高解像度のカメラや専門的な編集技術を要することが多いです。

こういった場合は、プロの機材や編集ソフトを使用し、プロに依頼することが望ましいです。

そのなかで、例えば、スマホで撮影した動画を使用して家族ムービーのようなコンセプトでPR動画や、逆に話題作りのためにわざとチープさを演出したりなど、スマホでの動画や編集をうまく組み込んだPR動画を制作する場合には有効です。

スマホを使用する場合は、シチュエーションや狙いに合った場合に使用しましょう。

PR動画を制作するメリットとは

PRに動画を形式を利用する目的や、PR動画を制作するメリットはなんでしょうか。

効果的なPR動画を制作するために、しっかりとメリットを把握しておきましょう。

  • 多くの情報を短時間で伝えられる
  • SNSでの拡散が期待できる
  • 印象に残りやすい
  • 時間や場所を選ばずいつでもPRできる

多くの情報を短時間で伝えられる

PR動画は、限られた時間内に多くの情報を視聴者に伝えられる強みがあります。

テキストや静止画だけでは表現しにくく、受け手の想像に頼るところが大きくなりがちです。

視覚と聴覚の情報を同時に与えることによって、より早くより正確に情報が伝わりやすくなります。

例えば、スナック菓子のPR動画であれば、「サクサク」や「パリッ」などの文字情報よりも、実際にサクサク食べる音やパリッと割れる音が映像と一緒にダイレクトに聞こえるだけで、硬さや質感も想像できますよね。

できるだけ多くの情報を正確に伝えられることが、PRをする上では非常に重要です。

SNSでの拡散が期待できる

PR動画はSNSとの相性が非常に良く、動画や情報の拡散がされやすいという特徴があります。

良いと感じたもの、インパクトがあるもの、おもしろいものなど、感情を刺激するようなものを見たときに人は「誰かと共有したい」と感じ行動します。

見知らぬ人からのおすすめや、ぽんと動画があるだけではなかなか拡散の可能性は低いですが、親しい友人や知人、好きな芸能人などが共有しているものだと、関心を持ちやすいですよね。

人の「何かを共有して一緒に楽しみたい」という欲求を刺激し、情報を視聴者が拡散してくれることでPR効果が高まります。

広告費をかけずに多くの人々にリーチすることが可能で、費用対効果も上がりやすいのです。

印象に残りやすい

動画は視聴者の記憶に残りやすいメディア形式です。

アメリカ国立訓練研究所が提言するラーニングピラミッドにおいて、視覚情報と音声情報の組み合わせは、テキストや画像、音情報のみよりも強い印象を残し、動画を視聴する学習形式では記憶の定着率が20%まで上昇するとされています。

PR動画を用いることで、ブランドイメージや商品の特徴が、人の記憶に残りやすくなることが期待できます。

時間や場所を選ばずいつでもPRできる

PR動画は、時間や場所を選ばずにアクセス可能なため、広範囲の視聴者に対して効果的にPRを行うことができます。

スマホの普及により、場所を選ばずどこでも動画を視聴できるようになりました。

この利便性を活用することで、店舗に実際に足を運ぶことができない方にも、動画を通して企業や製品の魅力を伝えられます。

さらに、時間帯を問わず視聴できるため、さまざまなライフスタイルの方にリーチできるのです。

PR動画の活用事例

①企業PR動画

企業PR動画は、企業のブランドイメージや理念、事業内容を紹介する目的で活用されます。

企業の顔とも言える重要なツールで、特に採用活動や取引先や従業員向けのプレゼンテーションに用いられます。

例えば、社内の雰囲気や従業員の声を紹介することで、企業の文化や働きやすさを伝えたり、企業としてのコンセプトを紹介しブランドイメージを高めたりできます。

また、企業の社会貢献活動や環境への取り組みを映像で示すことにより、企業の良心的な面をアピールすることも可能です。

上記は時計で有名な「SEIKO」のムービーです。

特に商品をPRするのではなく、動画を見て知ってもらうことで、企業そのものの価値を高めるために制作されています。

日頃目にすることがない部品が、世界の当たり前を支えている、というメッセージが込められています。

②サービス・商品PR動画

サービスや商品のPR動画は、その特長や使い方、顧客の声などを効果的に伝える手段として利用されます。

特に新しい商品やサービスを紹介する場合、商品やサービスを利用することでどのような問題を解決するのか、どのような価値を提供できるのかを分かりやすく伝えることが重要です。

動画を商品PRに使用することで、実際の使用シーンを視覚化し、消費者が商品やサービスを理解しやすくなります。

さらに、実際に商品を使用している人々の声を取り入れて動画内で語ってもらい、信頼性や商品の効果を示すこともできます。

上記は、ドライヤーのPR動画です。

実際の使用感や使用方法を、モデルさんがドライヤーを使用する様子を動画にすることでアピールできています。

単に画像でBefore・Afterで示されるよりも髪の質感や雰囲気の変化がわかりやすく、使用方法も理解しやすいので、より購入したい、という意欲を掻き立てられますね。

③地域・観光PR動画

地域や観光地のPR動画は、その地域の魅力や特色を紹介し、観光客を呼び込むために利用されます。

自治体のPR動画は、美しい景色、地元の食文化、歴史的な建造物など、その地域ならではの魅力を映像で伝えられます。

また、地域の祭りやイベント、地元住民のライフスタイルを紹介することで、視聴者にその地域の雰囲気を感じてもらうことが可能です。

移住促進のPR動画も最近では増えており、住みやすさや住環境としての魅力を押し出した動画も増えていますね。

見る人にその場所を訪れたくなるような魅力的な内容が求められる自治体のPR動画は、話題性に富んだものが多く、自治体によってはシリーズ化していて、ファンが更新を待ちわびているケースもあります。

フランス語のように聞こえるけれど、実は西諸弁という方言だった、というオチが話題になった、「ンダモシタン小林」のPR動画を制作した宮崎県小林市の第2弾PR動画です。

山奥で道に迷ったときに神様が現れて道案内をしてくれますが、西諸弁がわからなくて結局どうにもできない…という、同じく方言にフォーカスしたネタ動画に仕上げています。

実際に小林市を訪れて、どのように話されているか聞いてみたくなりますよね。

PR動画の作り方の流れ

では、実際にPR動画を作る手順や考慮すべき点について解説していきます。

流れを把握し、スムーズに制作を進めていきましょう。

企画・構成

PR動画制作の最初のステップは、企画と構成を作成することです。

ここでまず、動画のテーマやターゲット層、伝えたいメッセージを明確にします。

この企画で決めた内容が動画のいちばんの指針となるため、しっかりと決めましょう。

動画の長さ(尺)もこの段階で決定し、視聴者が視聴途中で離脱しない適切な長さを考慮します。

一般的には3分程度が望ましいですが、視聴者の特性やターゲット層に応じて調整しましょう。

動画の長さも決まったら、シナリオを作成し、次に絵コンテを作成します。

絵コンテはテキストで書かれたシナリオ台本をもとに、イラストや映像内の動きや配置、セリフやナレーション、効果音などが書かれた設計図のようなものです。

撮影〜編集作業のもととなる重要なものなので、以後修正や変更がでないように、ここで入念に確認して決定します。

そして動画は最初の5秒間が特に重要です。

動画の冒頭で注目を集め、その後、メッセージを簡潔に伝える構成を心がけてみましょう。

撮影

撮影では、企業や製品の信頼性や魅力を引き出すような映像を目指しましょう

撮影前にシナリオや絵コンテをもとに撮影場所や撮影機材の手配、キャスティングの有無などを決め、撮影をスムーズに終えられるよう入念に準備をします。

撮影当日は、まずライティングの正しい位置、バッテリーの残りやカメラの設定など、撮影を途中で止めないよう撮影機材の設営、確認を行います。

準備が終わったら、撮影素材の質が動画の完成度を支えるため、抜けがないよう慎重に撮影を進めていきましょう

そして、撮影は終わった後の撮影し直しはほぼ不可能に近く、できたとしても本撮影と同じほどの費用がかかりかねません。

きちんと必要な素材を撮影しきることが重要なので、必ず撮影現場には最終判断を下せる動画責任者が同行しましょう。

また、撮影時間が長引くとその分出費も増えていきます。

計画通りに撮影が進行しているか、現場指揮も必ず撮影現場につけることをおすすめします。

編集

撮影のあとは、いよいよ動画編集の作業に入ります。

動画は視覚と聴覚からの印象が強いため、画質や音量の調整は特に重要です。

明るさや音声の調整から始め、視聴者目線で見やすい画質、音声に整えていきます。

素材を整えたら、不要なところをカットし、テンポを意識しながら視聴者の関心を最後まで引きつけられるような流れを作ります。

テロップの書体やサイズ、BGMの選曲も調整しましょう。

ナレーションを入れる場合は、動画の編集ができあがったら録音を行います。

動画の内容やターゲットに合うよう、ナレーションのキャスティングや話し方、話すスピードなどを細かく決めながら録音し、整音、編集をします。

大々的なPRを行う場合や予算が潤沢にある場合は、この後に映像と音声素材を組み合わせて最終仕上げを行うMA(Multi Audio)の作業が入ります。

すべての編集作業が終わり、責任者からOKが出たら、所定のフォーマットで書き出して納品され、動画制作は終了です。

PR動画の作り方のポイント

PR動画の作り方の流れを追ったところで、理想とするPR動画を制作するためのポイントを紹介します。

ポイントの内容を頭に入れて、動画制作に活かしましょう。

  • 明確な目的と内容で訴求力を高める
  • 伝えるメッセージを1つに絞る
  • ストーリー性を持たせた構成で興味を引く
  • 最新のトレンドや話題性を取り入れる
  • 視聴者が参加したくなるようなPR動画を目指す

明確な目的と内容で訴求力を高める

PR動画の制作においては、その目的と伝えたい内容をはっきりさせることが重要です。

動画の目的によって、メッセージの伝え方や配信プラットフォームが変わるため、何を伝えたいのか、どのような成果やゴールを目指すのかを明確に定めましょう。

例えば、売り上げ増加を目指すのであれば、購買意欲を刺激し、購買行動を促す内容が適しています。

一方でブランドの認知度向上を目的とする場合は、広く人々の関心を引く内容が必要ですね。

目的や目標があやふやだと、動画の方向性や内容がブレやすくなります。

視聴者に届くPR動画を制作するためにも、目的やコンセプトなどは明確にしましょう。

参考動画:『世界一地味な技術』篇(岡部株式会社 企業CM)

伝えるメッセージを1つに絞る

伝えたいメッセージを1つに絞ることで、PR動画の効果を高められます。

複数の情報を詰め込むと、メッセージが散漫になりがちで、結局何が伝えたかったのか視聴者は汲み取りにくくなります。

その結果、メッセージがうまく伝わらなくなってしまい、PR動画としての意味を成さなくなってしまう可能性も。

動画内ではメッセージは1つにフォーカスし、それを効果的に視聴者に伝える構成を考えましょう。

参考動画:SHISEIDO MEN「MY FIRST SHISEIDO」篇|資生堂

ストーリー性を持たせた構成で興味を引く

PR動画はただ情報を伝えるだけでなく、構成にストーリー性を持たせて視聴者の関心を引きつけることが大切です。

一般的に視聴者はストーリーがあることによって感情移入しやすくなるため、動画の構成には「始まり、中盤、結末」「起承転結」といったいわゆる4コマ漫画の手法で、ストーリーの流れを取り入れると良いでしょう。

また、冒頭で視聴者に投げかけをして興味を引き、答えを動画の最後にもってくる形も、回答が気になって見てしまうこともありますよね。

きれいな流れのある動画になっているかは、動画制作にあたってひとつの大事なチェックポイントです。

参考動画:大村市移住・定住推進PR動画(ロングバージョン)

最新のトレンドや話題性を取り入れる

PR動画の魅力を高めるためには、現在のトレンドや話題性に敏感になることも重要です。

巷で流行っている音楽スタイル、ビジュアルスタイル、話題のコンテンツなどをうまく取り入れることで、動画の鮮度を上げ、より多くの人々の目に留まる可能性が高まります。

ですが、下手に入れてしまうとただの二番煎じになってしまい、イメージが下がってしまうことも。

また、トレンドを取り入れた場合は配信のタイミングも重要です。

トレンドや話題性を取り入れたPRを動画を制作する場合は、プロに依頼することをおすすめします。

参考動画:維新dancin’鹿児島市リターンズ ~これがリアルKAGOSHIMA~ | フルバージョン

視聴者が参加したくなるようなPR動画を目指す

視聴者が積極的に関わりたくなるような内容を目指すことも、PR動画を制作する際のポイントです。

視聴者が自分のこととして捉えられるような設定や、感情に訴えかける要素を盛り込んで、単なる情報伝達から一歩進んだ、視聴者からの関与を促す動画を目指しましょう。

例えば、商品紹介のPR動画であれば、冒頭で悩みを打ち出し、解決するために該当のサービスや商品に出会いって使用してみると悩みが解決し、さらに明るい生活を送れるようになった、などです。

自治体のPR動画であれば、美味しい食べ物や美しい景色、地元の名物などを「シズル感」を取り入れながら魅力的に映し出し、「体験できる」ことを打ち出すことで、行ってみたいと感じてもらえるでしょう。

視聴者をどのように巻き込んでいけるか、動画の目標のひとつとして設定し、視聴者目線でわかりやすく印象に残りやすいPR動画を制作しましょう。

参考動画:自分の世界に、まだない場所へ。東北へ 世界の広さ篇90秒

PR動画の作り方

PR動画の制作方法については、主に以下の3つがあります。

  • 自社内製する
  • 制作会社や広告代理店に依頼する
  • フリーランスのクリエイターに依頼する

PR動画の効果を高めるには、動画自体の品質はもちろん、それを制作する方法が最も大きな要因になります。

それぞれのメリット、デメリットを把握し、最適な制作方法を選択しましょう。

自社内製する

PR動画の制作方法として、まず自社内製する方法があります。

企画構成、撮影から編集まで、すべて自社で行うやり方です。

自社内でPR動画を制作する場合、最大のメリットはコスト削減です。

外注することなく内部リソースを活用するため、費用を大幅に節約できます。

また、自社の製品やサービスを深く理解しているため、企業のブランドイメージやメッセージを正確に反映させやすい利点も。

しかし、デメリットとしては、自社内に動画作りに関する専門的な知識や経験を持っている社員がいない場合、動画の品質が低下するリスクがあります。

高品質な動画を制作するためには、専門的な知識や機材、ツールが必要で、これらをそろえるためには大きな初期投資が必要なことも考慮しましょう。

制作会社や広告代理店に依頼する

次に、制作会社や広告代理店などにPR動画の制作を依頼することです。

この場合、制作会社によりますが、企画からまるっと依頼することが多いでしょう。

いちばんのメリットとしては、専門的な知識と経験を持つプロフェッショナルによる高品質な動画制作が期待できることです。

また、トレンドや市場動向を踏まえた効果的なコンテンツの提案が得られることも大きなポイントです。

一方で、費用がかかることが懸念ポイントです。

予算が潤沢にある場合は大きなデメリットにはなりませんが、高品質な動画を求めるほど制作費は高くなり、特に小規模な企業にとっては大きな出費となる可能性があります。

大手の広告代理店で著名なタレント等を起用する場合は、数千万円になることも。

ですが、動画を制作する中小企業も増えてきたため、昨今ではコンパクトな予算で制作を担う中小の制作会社もあります。

予算とよくすり合わせながら検討してみるのも良いでしょう。

フリーランスのクリエイターに依頼する

もうひとつが、フリーランスのクリエイターに依頼することです。

フリーランスのクリエイターは固定のオフィスやスタッフを持たないため、その分のコストが削減される傾向にあり、制作会社に比べて費用を抑えやすいというメリットがあります。

また、制作会社のように担当者を通さないため、直接コミュニケーションが取りやすいことも利点です。

チームで動いていない場合は主にひとりで対応することも多いため、小回りや融通が効きやすく、工程ごとのスポット依頼も受けてくれるなど比較的柔軟性があることもポイントでしょう。

ですが、フリーランスにはプロジェクトごとに異なる専門分野や技術レベルがあり、品質面でバラつきが生じやすいことがデメリットとして挙げられます。

また、複数のクリエイターに分担して作業する場合、統一感を持たせるための調整が必要になることもあります。

ですが、予算が少なかったり、自社内製では対応しきれない作業を依頼したい場合には、フリーランスへの依頼がおすすめです。

PR動画を外注する場合の注意点

ではPR動画を制作会社やフリーランスのクリエイターに依頼する場合に、どのような点に注意すればいいでしょうか。

選ぶポイントや気をつける点について、以下3つにまとめました。

  • 目指す動画に近い映像制作実績があるか
  • 担当者とのコミュニケーションはスムーズか
  • プラスアルファの提案力があるか

目指す動画に近い映像制作実績があるか

PR動画を外注する際には、まず、制作会社やフリーランスのクリエイターが過去に手掛けた映像作品が、自社の目指す動画スタイルと近いかどうかを確認しましょう。

制作実績を確認することで、そのクリエイターが、自社の要望やイメージをPR動画として具現化できる能力を持っているかどうかを判断できます。

また、類似のプロジェクトを経験しているクリエイターは、業界の特性やターゲット層へのアプローチ方法を理解している可能性が高く、より効果的な動画制作が期待できます。

担当者とのコミュニケーションはスムーズか

担当者とのコミュニケーションのスムーズさもPR動画の外注において大切な要素です。

動画制作は進行過程で多くのやり取りが発生するため、担当者との円滑なコミュニケーションが必要になります。

制作会社やクリエイターが、自社の要望や質問にすばやく明確に応答できるか、伝えたいことを正しくキャッチアップしてくれるかどうかを確認しましょう。

また、進捗報告や修正点の確認など、適切なタイミングで情報共有をしてもらえるかどうかも大切です。

コミュニケーションがスムーズでないと、プロジェクトの進行に支障をきたす可能性があり、連絡対応も億劫になってしまいます。

担当者との相性は、意外と重要なのです。

要望に対しての提案力があるか

制作会社やクリエイターが、自社の要望に対して適切な提案を行えるかどうかも考慮する必要があります。

自社が持つアイディアやビジョンを理解し、それを映像として具現化するために、効果的な提案をしてくれるかが重要です。

特に、PR動画の目的やターゲット層に合わせた戦略的なアイディアや新しい視点を提供してくれるかどうかは、動画の成功に大きく影響します。

提案力がある制作会社やクリエイターは、単に要望に応え形にするだけはでなく、プロジェクトに付加価値をもたらしてくれます。

より良いクオリティのPR動画を目指すためにも、相乗効果の期待できる制作会社やクリエイターに依頼しましょう。

PR動画の制作なら効果的な動画の作り方を心得ている「Video Works」

VideoWorksバナー①-20231023

PR動画はさまざまなジャンルで活用でき、動画という視聴者による拡散性の高さから、あらゆる企業や自治体が制作を行っています。

また、動画の撮影技術やツールが豊富になったことで動画を制作できる人が増え、ある程度のクオリティであれば制作できてしまう時代になりました。

もちろん星の数ほどある動画のなかで、どれだけ視聴者の目に止まるかは大事ですが、そのために必要な企業・自治体の強みや打ち出すべき要素が明確化していないと、効果的なPR動画は制作できません。

そのためには、しっかりとPR動画の作り方を心得ている制作会社やクリエイターに依頼して、魅力的なPR動画を制作したいですよね。

ですが、「どこに依頼したらいいのかわからない」「動画制作にもなれていないので、どうやって依頼したらいいか不安・・・」とお悩みを抱えている方はいませんか?

そんな方におすすめなのが、経験や実績豊富でPR動画の作り方も熟知したクリエイターが多く登録している「Video Works」です!

Video Worksは、映像制作希望者とフリーランスのクリエイターをつなぐマッチングサービスです。

動画制作になれていない方でも利用しやすい、わかりやすく簡単な利用方法で、業界最大級の案件数を誇っています。

おすすめポイント①:ジャンルを問わずたくさんの制作実績

Video Worksは、現在までに業種やテイストのジャンルを問わず、たくさんの制作実績があります。

登録しているクリエイターは10,000名を超え、年に1,000件以上の案件が依頼されています。

動画のクオリティは業界最高レベルで、リピーターも多いため、満足度の高さがうかがえますね。

「提案が集まりやすいうえ、確かなクオリティを持っているクリエイターが多く安心して依頼できる」
「こちらのニーズを的確に捉え、期待以上の提案をもらえた」

など、利用者からお喜びの声をいただいています。

過去の実績やクリエイターごとのプロフィールはVideo Worksのサイト上でも見れるので、案件やニーズにあったクリエイターに依頼できます。

Video Works制作実績①:株式会社QuickWork様 AI営業マン「Daniel」サービス紹介動画

Video Works制作実績②:「マルイのラクチンきれいパンツ」商品紹介動画

おすすめポイント②:数万円〜依頼できる

Video Worksはさまざまな依頼に対応しており、数万円〜発注できることも、おすすめポイントのひとつです。

丸ごとの依頼から、アニメーションだけ、キャスティングだけ、編集だけといったスポット依頼も可能。

あらゆる分野に精通したたくさんのクリエイターが登録しているため、依頼先に困りません。

また、間に代理店が入らないため余計なマージンが発生せず、適正価格でクリエイターに直依頼ができることもメリットです。

依頼前にクリエイターと面談もできるので、安心して任せられるクリエイターに発注できます。

おすすめポイント③:最短即日での発注も可能

数多くのフリーのクリエイターや制作会社が登録しているため、依頼に対して一定数の案件が集まりやすくなっています。

そのため、クリエイターとうまくマッチングすれば最短即日で依頼から発注まで可能です。

また、「提案はもらえたけど、依頼先の決め方がわからない」といった方も、専任のコンシェルジュによるサポートがご利用いただけます。

公開依頼をして提案をもらう手間を省きたい、という場合は、コンシェルジュが案件に合うクリエイターを紹介することもできます。

「サービスの利用方法で困っている」「この納期で対応してくれるか確認したい」など、お気軽にご相談ください。

まとめ 〜PR動画の作り方やポイントを知って効果的な動画を制作しよう〜

本記事では、PR動画の作り方やコツ、外注する際のポイントを中心に解説しました。

PR動画は企業やサービス、製品、自治体などの土地の良さが伝わってはじめて、PR動画として機能します。

少しでも多くの視聴者の目に触れてもらうために、動画としてのインパクトや話題性も大事なポイントですが、PR動画としての本質を見失わないよう、作り方やコツを把握して制作しましょう。

そして、PR動画の制作は、予算や融通の効きやすさからフリーのクリエイターに依頼するのがオススメです。

Video Worksなら、10,000名を超えるクリエイターが登録しているので、希望に合ったクリエイターと出会えます。

依頼までも3ステップで容易にできるので、ぜひVideo Worksに依頼してみましょう!

関連記事

動画制作人材探すのに困っていませんか?
フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

新着記事

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイントも解説

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイント...

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼す...

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解説

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解...

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解...

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも...

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/動画編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を動画制作会社/映像制作会社に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみてください。VideoWorksでの動画制作は、動画制作会社/映像制作会社に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。