動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
PR動画

面白いPR動画はインパクト大!事例で見る魅力や制作のポイントとは?

面白いPR動画はインパクト大!事例で見る魅力や制作のポイントとは?
B!

「面白いPR動画ってどんなものがある?」
「PR動画を面白くするにはどうすればいいか知りたい」

PR動画で目を引くのは、おしゃれだったり面白かったり、企業やサービスの良さと一緒に打ち出されるコンセプトだったりもします。

ですが、面白さを動画に組み込むには、センスや技術がいりますよね。

どうしたら視聴者の心を掴む面白いPR動画が制作できるか、頭を抱えている担当者の方はいませんか?

そこで本記事では、面白いPR動画の事例とともに、動画を面白くするポイントなども解説します!

ぜひ動画づくりの参考に、最後まで読んでくださいね。

目次

面白いPR動画が人気の理由は?

数あるPR動画のなかでも、拡散性が高いのが「面白さ」のある動画です。

拡散性が高ければ高いほど、認知度も向上することになりますが、なぜ人気があるのか、視聴者と企業・自治体双方の目線で理由を探ってみましょう。

視聴者目線で面白いPR動画が人気の理由

面白いPR動画は、気軽に楽しめるエンターテイメントとして重宝されます。

PR動画を見ることで、新しい企業やサービスを知れたり、自治体の観光動画であれば、その土地の美しい景観や美味しそうな食事なども見て楽しめたりしますよね。

そして、笑いや驚きは感じる人の心をリラックスさせ、ポジティブな気持ちに変える効果があります。

心に響くものを見ると、誰かに共有したくもなりますよね。

知識欲、ストレス発散や気分転換、そして動画はSNS等でのシェアや拡散が容易にできるため、誰かと共有したいという欲求を満たしやすいコンテンツということが、面白いPR動画が人気の理由のようです。

企業・自治体目線で面白いPR動画が人気の理由

一方で、企業や自治体は、自らのブランドやメッセージを効果的に伝えたいと考えています。

面白いPR動画は、従来の広告手法と比べて、視聴者に強い印象を残し、記憶に残りやすいというメリットがあります。

特にユニークでクリエイティブな内容は、ブランドイメージを強化し、商品やサービスへの関心を一気に高めることができます。

また、広告のコストパフォーマンスも高く、大々的な広告と比べると、工夫次第では少ない予算でも大きな反響を得ることが可能です。

このように、面白いPR動画は、企業や自治体が広告の目的を達成する上で非常に有効な手段となっています。

面白いPR動画に求められる要素

それでは、面白いPR動画として視聴者に認識されるために不可欠な要素とはどういうものでしょうか。

制作に入る前に、大事な要素を知っておきましょう。

  • 拡散したくなる話題性がある
  • 意外性がある
  • コンパクトでストーリー性がある

拡散したくなる話題性がある

ひとつには、拡散したくなる・誰かと共有したくなるような話題性が含まれているかです。

そのためには、まず視聴者にとってもわかりやすい内容かどうか、ということが大前提です。

そのうえで、ユーモア溢れるセンスの良い動画になっているか、が重要になります。

時事ネタやトレンドを取り入れるのも良いでしょう。

動画のターゲットとなる視聴者層が共感しやすく、関心を持ちやすい内容で、打ち出しの切り口やコンセプトに工夫が凝らしてあるものが好まれます。

意外性がある

拡散されるべき面白いPR動画の要素として、意外性も大事です。

例えば、堅いイメージのある業種の方が、仕事着のまま真顔で踊ってみせたり、自虐ネタを用いながらパロディに仕上げてみたりなど、一見しそうに見えないことを演出してみます。

予測できない展開や斬新なアイディアは、視聴者に強い印象を残し、記憶に残りやすくなります。

いかに従来の枠を超えたアプローチで視聴者を驚かせ、話題を生み出す力があるかが、PR動画に面白さを含ませ、成功させるポイントになるでしょう。

コンパクトでストーリー性がある

PR動画はあまり長いと視聴者も飽きてしまうため、1分〜3分程度のコンパクトな内容にする必要があります。

その限られた時間のなかで、いかに視聴者を惹きつけるストーリーを組み込み、インパクトを与えられるかが勝負です。

ストーリー性、起承転結が動画内にあることで、視聴者が感情移入しやすく、動画のメッセージを理解しやすくなります。

制作サイドの自己満足にならず、視聴者目線で「面白い」と感じられるPR動画が、爆発的な拡散を生みます。

面白いPR動画事例:自治体・観光編

ポイントや項目ばかりでは、なかなかイメージしにくいですよね。

それではまず、面白い自治体・観光PR動画の事例を、ポイントと一緒に解説します!

①【宮崎県小林市】移住促進PRムービー “ンダモシタン小林”

あるフランス人が、宮崎県小林市での生活を紹介しているような動画です。

フランス語のように聞こえる言葉ですが、実はこの地域で実際に話されている「西諸弁」だった!という、方言の強さを逆手に取り、PRに転換した動画です。

タイトルの「んだもしたん」とは、西諸弁で「おやまあ!」という意味。

YouTubeの字幕機能もうまく活用し、映像に表示される標準語と、字幕で表示される西諸弁を比較しながら、2度3度と楽しめる動画に仕上がっています。

そのため、動画再生回数も自治体のPR動画のなかではトップクラス。

また、コンセプトの秀逸さはもちろんのこと、小林市内を移す映像の美しさ、魅力の絡め方、BGMに至るまで、統一感が出ていますね。

面白さもありながら、ウマい!と唸ってしまう自治体PR動画の代表選手的作品です。

②【鹿児島県鹿児島市】維新dancin’鹿児島市リターンズ ~これがリアルKAGOSHIMA~ フルバージョン

鹿児島県鹿児島市の地域PR動画です。

テレビでも話題に上がる鹿児島実業高校男子新体操部が、西郷どんに扮し、鹿児島市のあらゆる場所で踊りながらPRしていきます。

歌も耳についたら離れない中毒性がありますね。

冒頭は美しい景色と効果音で、何かが始まりそうな気配を漂わせて視聴者の注意を引き、開始20秒も経たずに良い意味で予想を裏切られる展開に。

20年ほど前の特撮のような映像加工が逆にいい味を出しています。

このダンスは振り付け動画も公開されており、興味を持った方々がダンスを真似てSNSにアップすることで、また拡散性が上がっていきます。

紹介した動画は第3弾で、YouTubeのコメント欄を見ると第1弾からファンの方も多く、新しい動画を心待ちにしている方も多いようです。

思わず動画のロケ地に行って、彼らろ同じように踊って撮影したくなってしまいますね。

③【千葉県印西市】PR動画 | 印度じゃないよ、印西市

お次は、千葉県印西市のPR動画です。

市名の「印西」が印度(インド)に似ていることから、ボリウッド映画風なPR動画を制作しました。

自治体初のボリウッド風PR動画だそうで、途中では市長も動画内でダンスに参加しています。

音楽はJazztronikの野崎良太さんが書き下ろしているという豪華ぶりで、力の入りようがわかります。

観光をメインにしたPRではなく、住みやすさ、ということで定住者PRの要素が濃くなっています。

これだけアピールされると、印西市の名前を覚えずにはいらいれませんね。

とにかく自治体としての存在感を出したい、といった場合には、インパクト重視の面白いPR動画は有効です。

印西市はほかにも一度見るとクセになる面白い動画を制作しているので、ぜひ見てみてください。

④【福岡県北九州市・山口県下関市】関門海峡PRムービー「COME ON!関門!」

福岡県北九州市と山口県下関市が制作した、関門海峡のPRムービーです。

大変有名な動画で、再生回数はなんと2億回超え。(2023年11月現在)

関門海峡は北九州市と山口県下関市の間にあり、流れが速いことでも有名です。

ハリウッド映画を彷彿とさせるようにセリフも英語で語られ、映像は始まります。

市民が異変に気づくと海峡から怪獣が現れますが、流れの速い関門海峡の水流に足をとられて…というオチ。

自治体が制作したPR動画のクオリティとは思えないほどの特撮と映像技術、そしてそこからは想像できないオチをつけるという見事な狙いで、話題性抜群です。

自治体とは思えない、誰が見ても素晴らしい映像技術という意外性とストーリー構成で、非の打ち所のないような面白いPR動画に仕上がっています。

⑤【兵庫県伊丹市】PR動画 | もしも伊丹さんと結婚したら フルバージョン

兵庫県伊丹市初のPR動画として公開された作品です。

伊丹市を擬人化させ、お見合いのシチュエーションで「もしも伊丹(市)さんと結婚したらこんないいことがある…」と、伊丹市に定住する魅力をお見合い相手の目線でアピールしています。

伊丹空港、充実した医療施設、子育てのしやすい環境を、お見合い中の妄想のなかでコミカルな楽曲とともに紹介していきます。

最初はお見合いに乗り気でなかった女性も、伊丹(市)さんの将来性に惹かれ、最後には乗り気になってきていますね。

子育て世代のご家族をターゲットにしたPR動画です。

この動画の音楽もJazztronikの野崎良太さんが書き下ろしており、PR動画で用いる楽曲の重要性がわかります。

面白いPR動画事例:企業編

次に、企業の面白いPR動画を紹介します!

①【丸紅】できないことは、みんなでやろう。「紅丸」篇 90秒 堺雅人 キングギドラ/ビッグブリッヂの死闘

世界を股にかける総合商社、丸紅のムービーです。

合戦の場というよりも、ゲームの戦闘シーンに近いシチュエーションで戦いがはじまりますが、その瞬間に土のなかから現れたのはなんとゾンビ。

争っていた彼らと共闘しソンビに立ち向かおうとしますが、次は空にキングギドラが舞う。

ゾンビと人間がタッグを組んでキングギドラを倒そうと相対すると、今度は宇宙から隕石が。

最終的には人間もゾンビもキングギドラも一緒になって、隕石をどうにかしようとする…というPR動画で、面白さと同時に世界観の情報量の多さに圧倒されます。

総合商社のPRということで、各分野の人材が手を合わせることによって、自分だけではできないことにも挑戦していける、というメッセージが表現されています。

BGMは人気ゲーム「FINAL FANTASY」でも特に人気の高い楽曲です。

面白そうなものをごちゃ混ぜにしてしまうところも、日本らしさが出ていて面白い点ですね。

②【崎永海運株式会社】WEATHER WARS |  企業PRウェブムービー

長崎県長崎市にある海運会社のPRムービーです。

某超有名なSFムービーをパロディにした、ハリウッドの予告編のようなハイクオリティな動画になっています。

R2D2は掃除機に、ライトセーバーは通信機となって動画内で会社の業務に使用されています。

宇宙にも行ける時代に、自分たちは牽引で人々のサポートをする、というメッセージを、うまくパロディに落とし込んでいますね。

出演者は全員会社の社員だそうで、迫真の演技が光ります。

あまり身近ではない開運、牽引の仕事を知る良いきっかけになるでしょう。

ふふっと笑える小ネタを最後まで挟んでおり、抜かりない構成が秀逸ですね。

③【株式会社ジェイテック】オーディオコマーシャル『破壊オノマトペ』編

大分県大分市で、非破壊検査や製品販売を行っている企業のPR動画です。

オノマトペとは、自然界の音や声、物事の状態や動きなどを音で表した言葉のことです。

オーディオコマーシャルということで、映像は動きません。

非破壊検査の会社とかけて、破壊音のオノマトペをナレーターが話していきます。

後半に行くに連れて激しめのオノマトペになり、ナレーターもヒートアップ。

クライマックスを迎えたところで、会社のPRに移るオチです。

上品なクラシックのBGM、いたって真面目そうなナレーターの声と、オノマトペの言葉のギャップが、シュールさを演出しています。

予算もかなり抑えられていながら印象に残る、アイディアが光る作品です。

面白いPR動画を成功に導く制作のポイントとは?

面白いPR動画はとても魅力的ですが、PR動画としての効果を最大化するために注意すべきポイントがあります。

少しでも多くの方にリーチするために、制作時には以下のポイントに気をつけましょう。

  • ターゲットや目的を決める
  • 拡散したくなる話題性を盛り込む
  • 短時間でコンパクトにまとめる
  • しっかりとしたストーリーを組み込む
  • オリジナリティを追求する
  • 「シズル感」を用いた演出をする
  • プロの映像クリエイターに依頼する

ターゲットや目的を決める

PR動画として成果を出すには、まずターゲットと目的を明確に定めることです。

どのような人々に動画を見てもらいたいのか、そして動画を通じて伝えたいメッセージや企業・製品イメージ、魅力は何かを決めます。

ターゲットに合わせた内容やトーンで制作することで、視聴者に共感されやすくなり、目的を達成しやすくなります。

特に観光PR動画など特定のシーンでの制作には、ターゲット層を観光地と親和性の高い層に絞ると効果的です。

ターゲット層に合わせたコンテンツやストーリーを考案し、メッセージが際立つようにします。

若い世代にはSNSのシェアを意識し、高齢層には安心・安全性を訴求するなど、ターゲットに応じたアプローチをしましょう。

拡散したくなる話題性を盛り込む

PR動画が面白いと感じられ、多くの人にリーチするには、シェアしたくなる話題性を盛り込むことが重要です。

これには、トレンドを活用する、ユーモアやサプライズな要素を取り入れる、感動や共感を呼ぶストーリーを作るなどの方法があります。

話題性のある要素は、視聴者の注目を引き、SNSなどでの拡散を促します。

拡散性が高いだけ、費用対効果も高まるでしょう。

短時間でコンパクトにまとめる

拡散性の高い動画を制作する際には、短時間でコンパクトにまとめるようにしましょう。

短い時間で情報を的確に伝えることで、視聴者の記憶に残りやすくなります。

また、特に若い世代は、InstgramやTikTokなど、1分程度の動画に見慣れているため、あまり長いと視聴を途中でやめてしまったり、長いだけで視聴されない可能性もあります。

そのため、用途によっては、2分前後の短いバージョンと、長いバージョンの2本を制作することも。

ポイントを絞り込み、短くインパクトのある内容を心がけることが、成功への道となるでしょう。

しっかりとしたストーリーを組み込む

ドラマのような構成でなくても、動画のストーリー性は非常に重要なポイントです。

物語があると、単なる情報伝達以上の感情移入や共感を生み出します。

起承転結はもちろん、ミクロからマクロの視点や、時間の動きなど、最後のオチをいかに魅力的に見せる導線を描けるかが勝負です。

いわゆるプレゼンテーションにも近い要素がありますね。

どう順序だてて視聴者に良さを伝えるか、しっかり狙いを定めてオチに持っていきましょう。

オリジナリティを追求する

視聴者の記憶に残るためには、オリジナリティの強さは不可欠です。

他とは違う独自の視点や表現方法を追求することで、動画は唯一無二の魅力を放ちます。

オリジナリティを追求することは、ブランドや地域の個性を際立たせ、競合との差別化を図ることにもつながります。

打ち出すメッセージや強み、魅力はそれだけではありふれていても、アイディアをかけ合わせることで輝きます。

いろんなアイディアを出し、掛け算を試してオリジナリティと面白みのあるPRを動画を制作しましょう。

「シズル感」を用いた演出をする

PR動画で活用できる演出のひとつに、「シズル感」があります。

「シズル感」とは、映像、光や音などの五感を刺激する演出を用いて、魅力を引き出す効果のことです。

商品やサービス、地域の魅力を「シズル感」で強調することで、視聴者の興味や欲求を刺激します。

例えば、料理のおいしそうな見た目や、美しい自然、製品の高級感を強調する映像などがこれに該当します。

映像だけではなく、さざ波の音や風に葉がこすれる音、紙に線を引く音、お肉がジュゥッと焼ける音なども非常に有効です。

面白さにフォーカスを置いた動画ですが、あくまでPR動画なので、アピールできる素材はできる限り魅力的に映しましょう。

プロの映像クリエイターに依頼する

見た目も構成も高品質な動画制作をする場合には、専門の映像クリエイターに依頼することをおすすめします。

プロのクリエイターは、撮影技術、編集スキル、ストーリー構成など、プロならではの技術と経験を持っています。

しっかりと目的やコンセプトに焦点を当て、打ち出す切り口もアイディアに富んでいる方が多くいます。

また、面白さをセンスよく組み込み、品質の高い魅力的な動画に仕上げるのは、素人にはなかなか至難の業です。

細部にまでこだわり、経験と知識、技術を持ってさまざまな視点からのアプローチができるため、映像作品としての可能性が一気に広がるでしょう。

面白いPR動画制作を外注する場合に気をつけたいこと

では、プロのクリエイターに映像制作の依頼をする場合、どういったことに気をつければいいでしょうか。

注意すべき点はいくつかありますが、今回は3つに絞って解説します。

  1. ターゲットや目的・コンセプトは明確にする
  2. 予算を決めておく
  3. 企業や自治体の魅力をまとめておく

①ターゲットや目的・コンセプトは明確にする

プロに依頼する前に、自分たちでターゲットや目的・コンセプトを明確に決めておきましょう

企業や自治体も今回の制作を含め、長い時間軸でロードマップをしき、様々な施策を行っていくでしょう。

今まではどうだったのか、そして未来はどうしていきたいのか、という企業や地域としての在り方も一緒に伝えることで、しっかりとつながりのある打ち出しができます。

そのうえで、今回の制作におけるターゲティングを行い、外注に企画構成を依頼すると、クリエイターも理解しやすく進行もスムーズになるでしょう。

②予算を決めておく

必ず決めておきたいことのひとつが、予算決めです。

予算は制作すべての指針です。

動画制作においてやりたいこと、アピールしたいことがいくら良くても、予算と見合わなければ企画構成が出来ません。

たくさんの予算を注ぎ込めば、誰でもある程度の品質の動画は作れますが、そうはいかないことがほとんどですよね。

いかに限られた予算のなかで、品質の良い映像を作るかが成功の鍵です。

逆に予算の低さを逆手に取り、ユーモア溢れる動画作品にできることもあるでしょう。

そのなかでこだわるところにはこだわりをしっかり持ち、予算をうまく制作過程に落とし込むことが重要です。

③企業や自治体の魅力をまとめておく

依頼する前に、企業や自治体、地域の魅力をわかりやすくまとめておきましょう

事前にポイントをまとめておくと、クリエイターも理解しやすく、進行がスムーズに進みます。

また、特に制作ディレクターには、現地視察にも必ず来てもらうようにしましょう。

第3者の目線で見てもらうことで、今まで自分たちでは気づかなかった魅力に気づくこともあるでしょう。

また、ちょっとしたポイントがPR動画の仕掛けになることも。

その仕掛けが、今後の施策のヒントになることもあるかもしれません。

また、資料をしっかりまとめておくことで、お互いにコミュニケーションがとりやすくなります。

用意できる材料はできる限りまとめて、効率よく依頼できるようにしましょう

面白いPR動画なら全国で対応できる「Video Works」にお任せ!

https://videoworks.com/wp-content/themes/videoworks

企業以外に、自治体の観光PR動画でも面白い動画が増え、世間から注目してもらうには抜きん出たアイディアやトレンド感、世間の流れを見極めた最適なタイミングなど、必要な要素はさまざまです。

ただ流行りに乗るだけでは逆につまらなくなってしまったり、イメージダウンにつながってしまうことも。

面白いだけではなく、しっかりと企業や地域の良さ、メッセージを表現する必要があり、PR動画制作の複雑さを感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。

また、予算との闘いもあり、「高品質なPR動画にはしたいけど、大手企業への依頼は難しい」とお困りになっているご担当の方はいませんか?

そんな方におすすめしたいのが、予算も抑えられ全国でハイクオリティな動画制作を依頼いただいている「Video Works」です!

Video Worksは、映像制作依頼者とプロのクリエイターをつなぐマッチングサービスで、業界最大級の依頼総数を誇ります。

サイトに登録し、予算や発注したい内容を入力して依頼するだけでクリエイターから提案をもらえる、手順の手軽さも魅力です。

おすすめポイント①:面白いPR動画を含めたくさんの動画制作実績

Video Worksでは、ハイクオリティなたくさんの動画制作実績があります。

年間約1,000件の案件を依頼いただいており、多数の映像作品がたくさんの方に視聴されています。

PR動画はもちろん、面白さ、かっこよさ、かわいさなど、さまざまな得意分野を持つクリエイターが登録しているため、あらゆるテイスト、種類の動画制作が可能です。

また、リピーターが多いことからクオリティの高さもうかがえます。

Video Works制作実績

おすすめポイント②:数万円からプロに依頼できる

プロのクリエイターに数万円から依頼できるので、発注予算も抑えられます。

間に代理店を挟まないため、余計なマージンがかからず、クリエイターに直依頼できます。

制作会社よりも安く適正価格で発注できるため、数万円で依頼できることも。

また、企画からの丸ごとの依頼や、ディレクションだけ、撮影だけ、キャスティングだけ、などの必要な分だけスポット依頼ができます。

自社のニーズに合わせて発注できるので、余計なコストも抑えられますね。

動画制作になれていなくて、依頼の仕方がわからない・・・という方は、専任のコンシェルジュにご相談ください。

案件の依頼から発注、納品まで、しっかりとご利用をサポートしているので、動画制作初心者の方にこそぴったりなサービスです。

おすすめポイント③:提案が集まりやすく最短即日での発注も可能

最短即日で発注できるスピーディさも、Video Worksの特徴です。

10,000名を超えるクリエイターが全国から登録しいるため、依頼に対し提案が集まりやすくなっています。

そのため、条件が合えば最短即日での発注も可能です。

また、大事なプロジェクトを任せるのなら、制作者の顔が見えないと不安ですよね。

依頼前に事前打ち合わせもできるため、話を直接聞いて依頼先を決めたい方も安心です。

クリエイターに直発注なので、予算を含め制作中の相談も直接できてスムーズに進められます。

ハイクオリティ、かつたくさんのクリエイターと出会えるVideo Worksで、面白いPR動画を制作しましょう!

まとめ 〜質の良い面白いPR動画制作はプロに任せよう〜

本記事では、面白いPR動画の事例と制作のポイントなどについて解説しました。

面白さで話題性を作るにも、センスや技術がいることがわかりましたね。

また、面白い内容だからこそ、どれだけ真面目にこだわって作り抜けるか、ということも重要です。

全国にアピールできる企業・自治体のPR動画にするには、動画としての質の良さは必須になっています。

ぜひ本記事の内容を参考に、必要な制作材料を揃えてPR動画の制作をプロに依頼し、拡散性の高い面白い動画を制作しましょう。

そして、面白いPR動画を制作する場合は、ぜひVideo Worksにご相談ください!

経験と高い技術を持ったプロクリエイターたちが、ハイクオリティで面白いPR動画を制作します。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。