動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
YouTube動画

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!
B!

「YouTubeの広告費用の相場はどれくらい?」
「費用を抑えながらYouTube広告の制作や出稿をする方法が知りたい」

Google日本法人の発表によると、日本国内での18歳以上のYouTube月間視聴者数が、2023年5月時点で7100万人を突破したとされています。

特に45〜64歳は2680万人以上と同世代人口の79%以上を占めており、今後も視聴者層の拡大が見込まれます。

このような有益な動画プラットフォームの利用を、広報担当者であれば見逃すわけにはいきません。

ですが、広告出稿の費用相場や、どういった広告の種類があるかを正しく把握しなければ、効果を得にくくなってしまいます。

そこで本記事では、YouTube広告の種類とそれぞれの費用相場について解説します。

出稿費用だけではなく、制作費用や予算を抑えるポイントもまとめているので、ぜひ広告出稿をお考えの方は最後までお目通しください。

目次

YouTube広告の費用相場は40万円〜

結論から言うと、YouTubeの広告費用の相場は、全体で40万円からです。

広告費用とは、出稿費用のみではなく、広告動画の制作費用も含まれます

以下でそれぞれの費用内訳を見てみましょう。

広告出稿費用:10万円〜

YouTube広告の出稿費用は、動画視聴やクリックに基づいて課金されます。

出稿費用は広告の種類やターゲット設定、競争状況に応じて変動するため、広告キャンペーンの目的に合わせた適切な予算設定が重要です。

また、広告の成果を最大化するためには、効果測定と改善を繰り返し、出稿戦略を継続的に調整する必要があります。

それぞれの出稿費用自体は手頃な価格になっていますが、YouTube広告でしっかりと効果を出すためには、10万円〜見ておくと良いでしょう。

ですが、視聴者へ正しく訴求するためには、広告の打ち方はもちろん、ターゲットにインパクトを残せる広告自体の制作が不可欠です。

広告制作費用:30万円〜

YouTube広告の制作費用は、広告の内容やクオリティに応じて大きく異なり、通常は30万円以上が必要とされます。

制作費用には、動画の企画、脚本、撮影、編集、アフターエフェクトなど、動画制作に関わる様々な工程が含まれます。

動画にも様々な種類があり、スライドショー形式の動画であれば、5万円〜10万円ほどの予算でも制作可能です。

ですが、広告効果を上げるには、やはり質の良い動画制作が必要になります。

クオリティを上げる方法として手近なのは、制作会社やクリエイターに外注することですが、動画の長さや映像のクオリティ、使用するアニメーションや特殊効果などによっても費用は大きく変わります。

予算内で最大の効果を得られるように、制作プランを慎重に策定していきましょう。

ターゲット層に響く魅力的なコンテンツの提供を目指し、クリエイティブなアイデアを取り入れることで、広告の魅力をさらに高められます。

YouTube広告の仕組み

YouTube広告には3種類の課金方法があり、それぞれ費用の換算方法が異なります。

広告の種類やターゲット、広告の目的やどのような効果を得たいかによって、最適な種類を選ぶことが重要です。

CPV(視聴単価) 広告費用 ÷ 視聴回数 = 視聴回数1回あたりのコスト(CPV)
CPM(表示単価) 広告費用 ÷ 表示回数 ×1000= 表示回数1000回あたりのコスト (CPM)
CPC(クリック単価) 広告費用 ÷ クリック数= 1クリックあたりのコスト(CPC)

CPV(Cost Per View/視聴単価)

YouTube広告のCPVは、ユーザーが動画広告を一定の時間視聴するたびに課金される仕組みです。

広告が30秒間以上視聴されるか、動画の任意の場所でユーザーが広告をクリックするなどアクションを行った場合に課金が発生します。

実際にユーザーが広告に興味を持っているかを反映した課金が可能になり、広告主にとって効果的な予算配分を行うことができます。

視聴回数1回あたりのコストは、広告費用を視聴回数で割った値で表され、広告の関心度や視聴率を高める広告にするための工夫が必要です。

CPM(Cost Per Mille/表示単価)

CPMは、動画広告が1,000回表示されるごとに課金される単位で、特にブランド認知度の向上や広告の露出を重視する場合に適しています。

CPMでは、広告が表示されること自体に価値があるとされ、実際の視聴やクリックには依存しません。

そのため、広告の出稿を通じて広範囲に自社のブランドやメッセージを伝えたい、と考える広告主にとっては有効な手段となります。

CPMの価格は市場の需要と供給によって変動するため、ターゲティングの精度や広告のクオリティを高めることが、効率的な広告運用の鍵となります。

CPC(Cost Per Click/クリック単価)

CPCは、ユーザーが広告をクリックするごとに課金される仕組みで、実際に広告がユーザーの行動を促すことができたかどうかを反映しています。

特に、商品やサービスの購入、ウェブサイトへの誘導など、具体的な成果を目指すキャンペーンで効果的です。

CPCの場合、広告のクリック率や転換率を高めることが求められるため、ターゲットに響くメッセージや魅力的なビジュアルが重要となります。

また、CPCの費用は市場競争や広告の質によって変動するため、継続的な分析と最適化を行っていきましょう。

種類ごとのYouTube広告費用相場

YouTube広告は現在6種類あり、種類により特性や費用相場が異なります

また、YouTubeでホストされた動画広告は、YouTubeだけではなく、Googleの審査に通過し、良質なパブリッシャーと認められたGoogle動画パートナーのウェブサイトやモバイルアプリにも掲載できます。

広告の種類 課金方法 費用相場
スキップ可能なインストリーム広告 30秒以上視聴した場(CPV)
広告リンクをクリックした場合(CPC)
2円〜25円ほど/1回
スキップ不可のインストリーム広告 表示回数によって課金、1,000回〜(CPM) 400円〜600円ほど
インフィード動画広告 広告リンクをクリックした場合(CPC) 3~20円ほど/1クリック
バンパー広告 表示回数によって課金、1,000回〜(CPM) 400円〜600円ほど
アウトストリーム広告 表示回数によって課金、1,000回〜(CPM) 400円〜600円ほど
マストヘッド広告 表示回数によって課金、1,000回〜(CPM) 数百万円〜/1日の場合もある

スキップ可能なインストリーム広告

※出典:Google:YouTubeヘルプ

スキップ可能なインストリーム広告は、ユーザーが動画を5秒以上視聴した後に広告をスキップできる仕組みです。

別の動画の前後、または途中に再生され、最大の特徴は、30秒以上視聴されるか、視聴者が広告に対してクリックなどの何らかのアクションをとった場合にのみ課金されることです。

広告の視聴単価は、ターゲットとなるオーディエンスや競争状況によって変動しますが、一般的には1視聴あたり2円から25円ほどが相場とされています。

販売促進や見込み顧客の獲得、ブランド認知度の向上を目指したい場合に最適で、広告主にとっては、興味を持ったユーザーにのみ費用がかかるため、効率的な広告展開が可能です。

配信先 YouTube 動画、Google 動画パートナー
動画の尺指定 長さの上限なし(3分未満を推奨)
特徴 ユーザーが広告をスキップできるため強制感が少なく、請求対象が視聴回数のみになるため安価で出稿できる

スキップ不可のインストリーム広告

※出典:Google:YouTubeヘルプ

スキップ不可のインストリーム広告は、主に15秒以下の動画で構成される、ユーザーが広告をスキップできないタイプの広告です。

他の動画の再生前、再生中、または再生後に30 秒以下で再生されます。

この形式の課金は、表示単価(CPM)に基づいて行われ、1,000回の広告表示ごとに料金が発生します。

料金はターゲット層や配信エリア、広告のクオリティなどによって変動し、おおよその相場は1,000回の表示ごとに400円から600円程度です。

全ての視聴者に広告メッセージを届けることができるため、ブランド認知度の向上や新商品の紹介に効果的ですが、興味のないユーザーにも広告が表示されるため、受け取り方には注意が必要です。

配信先 YouTube 動画、Google 動画パートナー
動画の尺指定 15秒〜30秒
特徴 ユーザーが広告をスキップできないため、メッセージ全体を視聴してもらえるが、強制感を与えやすい

インフィード動画広告

※出典:Google:YouTubeヘルプ

インフィード動画広告は、YouTube検索結果や関連動画リスト、モバイルのトップページなど、ユーザーがコンテンツを探している場所に表示される広告形式です。

広告はサムネイルとテキストで構成され、ユーザーがクリックすると動画が再生されます。

課金形式はクリック単価(CPC)で、実際にユーザーが広告をクリックして動画を視聴した場合のみ料金が発生します。

CPCの相場は、ターゲット層や広告のクリック率によって変動し、一般的には1クリックあたり3~20円ほどです。

ブランド認知度向上に適しており、ユーザーの興味を引く魅力的なサムネイルやタイトルを用いることで、高いクリック率と効果的なブランド露出を実現できます。

配信先 YouTube ホームフィード、YouTube 検索
動画の尺指定 長さの上限なし
特徴 情報収集や検索の段階で関心の高いユーザーに広告を表示できる

バンパー広告

※出典:Google:YouTubeヘルプ

バンパー広告は、6秒以内の短い動画広告で、動画再生前後や途中に表示されます。

視聴者はスキップできないため、短時間で強烈な印象を残すことが可能です。

課金方式はインプレッション単価(CPM)で、広告が1,000回表示されるごとに料金が発生します。

この広告形式は、特にブランド認知度の向上に効果的で、料金は1,000回の表示ごとにおおよその相場は1,000回の表示ごとに400円から600円程度です。

広告の訴求力を短い時間で最大限に発揮したい場合に適しており、インストリーム動画と併用したり関連する動画を制作したりすることで、お互いに相乗効果を生み、より高い効果が期待できます。

配信先 YouTube 動画、Google 動画パートナー
動画の尺指定 6 秒
特徴 スキップできない短いメッセージで、認知度の向上やほかの広告の効果を高めることに役立つ

アウトストリーム広告

※出典:Google:YouTubeヘルプ

アウトストリーム広告は、YouTube以外のGoogle動画パートナーのウェブサイトやアプリで表示される動画広告です。

モバイルアプリでは、アウトストリーム広告はバナー、インタースティシャル(操作して画面が切り替わる際に表示される全面広告)、インフィード、ネイティブ(Webメディア内の一般記事に溶け込むように表示される広告)形式で表示され、縦向きモードと全画面表示モードの両方に対応。

特にモバイルデバイスに最適化されており、音声なしで自動再生され、ユーザーがタップすると音声がオンになります。

この広告は視認範囲のインプレッション単価(vCPM)制で、動画が視認可能な範囲で2秒以上再生された場合にのみ料金が発生します。

料金は1,000回の視認範囲インプレッションごとにおおよその相場は1,000回の表示ごとに400円から600円程度で、特にモバイルユーザーへのリーチ拡大に効果的です。

配信先 Google 動画パートナー
動画の尺指定 長さの上限なし
特徴 Google 以外のお気に入りのサイトを閲覧しているユーザーに認知してもらえる

マストヘッド広告

※出典:Google:YouTubeヘルプ

マストヘッド広告は、YouTubeのトップページ最上部に表示される大規模な広告形式です。

音声なしで自動再生され、一目で大量の視聴者の注意を引くことができます。

この広告はGoogleの営業担当者を通じ、予約ベースでのみ利用できるタイプで、ほかの5種類の広告とは少々異なります。

パソコン、モバイル、テレビ画面それぞれで再生仕様が異なり、パソコンとテレビ画面では、動画再生後にサムネイル表示になり、動画やサムネイルをクリックすると、動画のYouTube再生ページに移動します。

モバイルでは、広告見出しのテキストや説明文のほか、CTA(カスタム外部リンク)のテキストが表示でき、広告をクリックするとYouTube 動画再生ページに移動します。

課金方式はインプレッション単価(CPM)制で、キャンペーンの目標インプレッション数に基づいて料金が発生します。

料金は比較的高額で、1日あたり数百万円に達することもありますが、短期間での大規模な露出とブランド認知度の向上を目指す際に非常に効果的です。

配信先 YouTube ホームフィード、テレビ向け YouTube アプリのホームフィード
動画の尺指定 パソコン:30秒、モバイル・テレビ画面:長さの上限なし
特徴 新しい商品やサービスの認知度を高め、短期間で大規模なオーディエンスにリーチできる

YouTube広告はほかの広告と比べて費用は安い?

広告の種類 費用相場
リスティング広告
  • 約20万円〜50万円/月
ディスプレイ広告
  • 約50~100円/1クリック
  • 数十~数百円程度/1,000回表示あたり
動画広告
  • 約20万~80万円
SNS広告
  • 約30万円/月
記事(コラム)広告
  • 約200万~300万円
アフィリエイト広告
  • 初期費用:約5万円
  • 月額費用:約3万~4万円
メルマガ広告
  • 約300~800円/1クリック
  • 約5~100円/配信1件あたり
  • 配信メルマガ数×0.1~2円ほど(一斉配信契約)
YouTube広告
  • 3~20円ほど/1クリック
  • 2円〜25円ほど/1回
  • 400円〜600円ほど

YouTube広告の費用が他のウェブ広告に比べて安いかどうかは、広告の種類、ターゲティングの精度、キャンペーンの目的などによって変わります

YouTube広告には、先の見出しでも解説したとおり、

  • CPV(視聴単価)
  • CPM(表示単価)
  • CPC(クリック単価)

といった異なる課金方式があり、どの課金方式が採用されるかは広告の目的やフォーマットによって決められています。

たとえば、CPV方式では、視聴者が広告を一定時間視聴した場合にのみ費用が発生します。

これは、特にブランドの認知度向上を目的とするキャンペーンにおいて、無関係な視聴者への課金を避けることができるため、費用対効果が高くなる可能性があります。

ですが、YouTube広告の費用はターゲティングオプションの精度や広告の競争状況によっても大きく変動します。

ターゲット層が狭く、競争が激しい分野では、広告費用が高くなることがあることも覚えておきましょう。

一方、広告のターゲティングをより精密に行い、広告を関心の高い視聴者にのみ表示することで、無駄な広告表示を減らし、結果として費用を抑えることも可能です。

YouTube広告は豊富なデータベースが魅力

また、他のウェブ広告プラットフォームと比較すると、YouTubeは独自のユーザーベースと豊富な行動データを有していることが特徴のひとつです。

例えば、視聴者がどのタイプのコンテンツを好んで視聴しているか、どの広告に反応しているか、などのマーケティングにおいて非常に有用な情報が手に入ります。

このYouTubeのデータベースを活用することでターゲット層により適切にリーチし、高いROI(投資収益率)を実現できる可能性があります。

しかし、費用対効果の向上を保証するものではなく、効果的な広告キャンペーンを実施するためには、クリエイティブな広告コンテンツ、適切なターゲティング、継続的な分析と改善が不可欠です。

結局のところ、YouTube広告がほかのWeb広告と比べて費用が安いかどうかは一概に言えません。

広告の目的、ターゲット層、予算、そして広告運用の戦略によって最適な広告プラットフォームが変わるため、それぞれのビジネスケースに応じて費用対効果を評価することが重要です。

YouTube広告の費用対効果を上げるための制作ポイント7つ

テレビ広告に匹敵するともされているYouTube広告は、すでに多くの企業が動画を制作し、広告を活用しています。

少しでも費用対効果を上げ、ユーザーに届く動画を制作するためのポイントをピックアップしました。

情報収集を念入りに行う

YouTube広告の成功には、ターゲット市場に関する深い理解が不可欠です。

市場の動向をつかむには、業界のトレンド分析、競合他社の広告戦略の評価、そして最も重要なこととして、ターゲットオーディエンスの行動と好みの徹底的な調査が必要です。

こういった情報は、広告のトーン、スタイル、メッセージを決定するための基礎となるため、できるだけ多く集めるようにしましょう。

例えば、若年層が好む視覚的なスタイルや、特定の興味や趣味を持つグループが反応する特定のキーワードやテーマなど、詳細な情報が有効です。

また、競合他社を含め市場を調査することで、自社の立ち位置や特色などが見えてくるメリットもあり、どのように企業としてブランディングしていくべきか、広告を打ち出していくかのヒントを多く得られるでしょう。

ターゲット層やペルソナを明確にする

誰に対してメッセージを発信しているのかを明確にすることで、YouTube広告の効果向上につながります。

具体的なターゲットペルソナを設定し、そのペルソナのニーズ、関心事、課題を理解することで、より共感を呼び、行動を促す広告を作成できます。

例えば、若年層向けの製品であれば、最新のトレンドやデジタルメディアの使用習慣を反映させるなどが効果的です。

目的やコンセプトを明確にする

広告の目的を明確にし、この目的に沿って全ての制作要素を一貫して設計する必要があります。

広告の目的とは、ブランド認知の向上、製品紹介、直接的な販売促進などを指し、ビジュアル、コピー、CTAなどが制作要素に含まれます。

目的が明確であれば、それに合ったコンテンツとメッセージングを開発し、ターゲットオーディエンスに効果的にアプローチできます

広告とLPやコーポレートサイトのトンマナを統一する

広告からLPやコーポレートサイトへの一貫性を持つことで、ユーザーにおける企業イメージの構築を手助けし、信頼感を生んでいけます。

例えば、広告で使用される色彩やフォント、メッセージのスタイルがLPやサイト上で揃っていると、ユーザーはよりブランドイメージを理解しやすく、かつ印象に残るため覚えてもらいやすくなります。

コンテンツの方向性がバラバラでは、情報が整理しにくく、混乱しかねませんよね。

トンマナ(トーンとマナー)に一貫性を持つことで、ブランドイメージの強化にもつながり、好感度や認知度の向上が期待できます。

CTA(Call To Action)を設置する

視聴者に具体的なアクションを促すCTA(Call To Action)は、YouTube広告における成果を左右する重要な要素です。

例えば、「今すぐ購入」や「詳細はこちら」など、明確でわかりやすいCTAを広告内に配置することで、視聴者が次のステップに進みやすくなります

広告の目的に応じた適切なCTAを選び、視聴者の注意を引きつつ、誘導先ページにスムーズに移行できるように設計しましょう。

広告とリンク先のページが一貫したメッセージであることも重要です。

印象に残る文言や映像を使用する

YouTube広告において、視聴者の記憶に残る文言や映像などのクリエイティブは、ブランドや商品の印象を強くするために不可欠でしょう。

視覚的に魅力的な映像や、心に響くキャッチコピーを使用することで、視聴者の関心を引き、広告の効果を高めることができます。

異なるクリエイティブパターンや訴求メッセージでのA/Bテストを行い、最も効果的な組み合わせを見つけることも、費用対効果を高めるために有効です。

また、視聴者の注意を引くために、冒頭のインパクトを重視しましょう。

視聴者が気になるような言葉を最初に使う、印象的な映像を使うなど、導入部分のクオリティは十分にこだわって制作しましょう。

広告の掲載場所に合わせた仕様で制作する

YouTubeには「インストリーム広告」や「インフィード広告」など、複数の広告形式があります。

それぞれの広告形式には最適なクリエイティブのサイズや形状があり、掲載場所によって最適な表示方法が異なります。

広告の掲載場所と広告形式を事前に確認し、それに合わせたクリエイティブを制作しなければなりません。

視聴者の体験を損なわないよう、視覚的な魅力と使いやすさのバランスを考慮しながら、効果的な広告を制作しましょう。

また、現在はモバイルでも手軽に視聴できるよう、縦型動画の制作も主流になりつつあります。

ターゲットに向けた正しい訴求ができるよう、どの広告を出すかから構成を練っていくのもひとつの方法ですね。

動画広告制作の作り方とそれぞれの費用相場

広告を出稿するには、出稿費用のほかに、まずは広告動画の制作が必要です。

動画制作については、主に自社内製するか、制作会社やクリエイターに依頼するかなどになりますが、いずれにしても、出稿費用とあわせた予算のなかでまかなわなくてはなりません。

できる作業を自社内製し、自社では対応しきれない作業やクオリティを上げたい箇所についてをプロに依頼することも、ひとつの方法です。

まずは各過程でどれくらいの費用が必要かを把握し、予算内でできるだけクオリティの高い動画を制作できるようにしましょう

企画・構成:5万円〜

企画・構成の段階では、動画のコンセプトやメッセージ、ターゲットを定め、全体のストーリーラインを策定します。

ここでの重要な役割を果たすのは、プロデューサーやディレクターです。

彼らはアイデアを絞り込み、プロジェクトのビジョンを明確にし、動画の目的に合わせた効果的な構成を考案します。

この段階でしっかりとコンセプトを固めることが、後続の制作工程のスムーズな進行と高いクオリティの保証につながります。

企画・構成の費用相場は5万円からとなりますが、プロジェクトの規模や制作する動画の複雑さによって変動します。

また、広告の成果を出せるようにする場合は、プロデューサーやディレクターをどういった人材に依頼できるかが鍵を握ります。

その場合、1人あたり20万円〜の報酬を用意できれば、良いクオリティの動画が制作できるでしょう。

プロデューサーは自社の社員やプロジェクト責任者が努め、現場のディレクターを外注する、ということもあります。

シナリオ・絵コンテ作成:5万円〜

シナリオ作成は、企画・構成で決定されたコンセプトを元に、具体的な台詞や動きを紙上に落とし込む工程です。

絵コンテ作成では、シナリオを基に、画面の構図や動きをスケッチし、ビジュアル面でのストーリーを展開します。

絵コンテはできあがりの映像を想定して描かれるため、BGMの入るタイミングや編集での効果の付け方、映像アングルをはじめとした動かし方など、できる限り詳細におこしていきます。

この工程は、製作チームが共通のビジョンを共有し、動画の流れを視覚的に理解するために不可欠なものです。

シナリオ・絵コンテ作成の費用相場は5万円からとなりますが、内容の複雑さや細かさ、または著名なシナリオ作家に依頼るかなどによって、費用が増加することがあります。

撮影・制作準備:5万円〜

撮影・制作準備段階では、ロケーションの選定、キャスティング、衣装や小道具の準備など、実際の撮影に向けた具体的な準備を行います。

そのほかにも、機材運びに必要な車両の手配、撮影でキャストがいる場合は弁当の手配、泊りがけでの大掛かりな撮影の場合は宿泊先の手配など、撮影に必要なあらゆることピックアップし、準備しておきましょう。

この段階で準備を怠ると、撮影現場でのトラブルにつながることもあるため、十分な時間と余裕を持った予算の運用が必要です。

撮影・制作準備費用の相場は5万円からとなりますが、ロケハンの有無やスタッフ数によって大きく変わる可能性があります。

撮影/アニメーション制作:10万円〜300万円以上

動画広告における撮影やアニメーション制作は、最終的な映像の質に直結する重要な工程です。

撮影にはカメラマン、照明技師、音声技師、メイクや衣装スタッフなど専門のスタッフが必要で、使用する機材やロケ地、撮影規模に応じて費用は大きく変動します。

ですが、有名人や著名な俳優などが出演する場合は、出演料だけで数千万円かかることもあり、実際の撮影費用は天井知らずとも言えます。

できるだけ費用を抑えるのであれば、キャスティングは社員や低予算で引き受けてくれる俳優やモデルなどを起用し、人件費を抑えましょう。

アニメーションや3DCGの制作には、イラストレーターやアニメーターの人件費が含まれ、デザインの複雑さや動きのスムーズさによって予算は上昇します。

また、3DCGなどのハイクオリティな技術を使用する場合や、納期までに余裕があるかないかも費用の増加に関わるので注意が必要です。

実写・アニメーションに関わらず、10万円から300万円程度が制作相場となりますが、キャスティングの人件費による予算の増減を加味すると、アニメーション制作の方が費用を抑えやすい傾向にあります。

編集:10万円〜50万円

編集作業は、撮影された映像素材を編集し、完成度の高い動画を制作する、動画制作において終盤の工程です。

編集は不要な映像をカットし、整えた映像データをつなぎ合わせ、効果音やBGM、テロップなどを加えていきます。

動画の長さや編集の複雑さによって費用は変動し、一般的な費用相場は10万円から50万円です。

色彩補正や特殊効果を加える場合、費用はさらに上がります。

また、ナレーションを入れる場合は動画編集ができあがったタイミングで録音し、挿入します。

ある程度の規模の動画制作の場合、MA(Multi Audio)という音質やバランスの調整、音の最終仕上げを別途行い、完成に近づけていきます。

動画の目的や内容に応じて、最適な編集技術を選択し、予算を決定しましょう。

YouTube広告を外注する場合の費用相場

YouTube広告を制作する場合は、まずどの広告形式にするかで、制作する秒数が変わってきます。

動画制作の費用相場は、制作する秒数によって大きく変動します。

各動画の長さによってどれくらい予算が変化するかを把握し、無理のない予算組みを行いましょう。

バンパー広告(6秒):5万円〜30万円程度

バンパー広告の費用は、一般的に5万円から30万円が相場です。

この短い6秒というフォーマットでは、視聴者の目に映った段階で勝負が始まるので、クリエイティブのコンセプト作りやデザインに注力する必要があります。

企業名やキャッチフレーズを訴求して終わるほどの秒数なので、実写よりもアニメーションの方が費用は抑えられるでしょう。

もしくは、インストリーム広告との併用を想定し、尺の長い動画から切り取る形でバンパー広告を制作することでも、撮影分の費用を削減できますね。

制作のポイント

限られた時間内で視聴者の記憶に残るような印象深いビジュアルや音響効果を用いて、ブランドのメッセージを伝えることが重要です。

視聴者から瞬間的な注意を引くために、強い色彩、鮮明な画像、インパクトのある音楽や効果音、言葉を活用しましょう。

視聴者が短い間にメッセージを受け取れるよう、シンプルで明確な内容にすることが成功の鍵です。

30秒広告:30万円〜100万円以上

30秒広告は15秒広告と並び主流の長さで、一般的には30万円から100万円程度が相場とされています。

30秒という長さがあれば、ある程度の情報を視聴者に伝えられますが、その分視聴者が飽きない工夫を施さなくてはいけません。

そのため、動画の構成やストーリーの組み立てをしっかりさせる必要があり、ある程度のクオリティが求められます。

自社内製ではまかなえない部分が出てくる可能性が高く、その分外注に頼るとなると費用が増加します。

制作のポイント

30秒という限られた時間の中で、製品やサービスの特徴を効果的に伝えるストーリーテリングが求められます。

視聴者の関心を引きつけるために、感情に訴えかける内容や、記憶に残るキャッチフレーズの使用が効果的です。

また、視聴者に行動を促すための明確な呼びかけ(CTA)も忘れずに含めましょう。

1分広告:50万円〜200万円以上

通常、1分広告の費用は50万円から200万円以上が相場です。

広告としては長い分数になり、その分必要な素材や編集作業が増えます。

1分ほどになると、実写よりもアニメーション制作の方が費用が高くなることもあるでしょう。

制作のポイント

1分の広告では、より詳細な情報を視聴者に提供できます。

製品やサービスの利用シーンの紹介や顧客のインタビュー、社員による解説など、視聴者に製品やサービスの価値を理解してもらうための具体的な情報を織り交ぜましょう

同時に、視聴者の注意を最後まで保つための工夫も必要です。

視覚的な魅力だけでなく、流れやBGMなど、感情に訴えかける要素を加えることで、視聴者の関心を維持し、少しでも長く動画を見てもらえます。

意外性やかっこよさ、面白さ、トレンド性など、どのようなテイストがターゲット層に刺さるか、情報収集と動画への落とし込み方が非常に重要になります。

3分動画を制作する場合:100万円から300万円以上

広告としては3分の長さは制作することは稀ですが、広告の遷移先のプロモーション動画、PR動画として制作することの多い分数です。

広告と併用して制作することを想定し、費用としては100万円から300万円以上が一般的ですが、プロジェクトの規模やクオリティによってはこれ以上になることも少なくありません。

制作のポイント

3分動画は、製品やサービスに関する訴求ポイントをしっかり提供できる長さです。

そのため、視聴者の興味を引きつけ、最後まで視聴させるためのストーリーテリングや視覚的な演出が特に重要です。

短い動画と異なり、勢いで駆け抜けられないため、動画制作としてのあらが見えるてしまうと、視聴者の関心は一気に薄れてしまいます。

一貫したクオリティの維持もしっかり管理しましょう。

また、動画のテンポも非常に重要なため、テンポやBGMに合わせた映像編集、ナレーションが必要です。

高度な映像技術や特殊効果を使用することで、視聴者に強い印象を与えることもできます。

3分あると情報量が多くなるため、内容を適切に構成し、クリアで一貫性のあるメッセージを動画内で分かりやすく伝えるようにしましょう。

費用を抑えた動画制作のポイント

クオリティは高いものを制作したいですが、できるだけ費用を抑えたいのも制作担当者としては当然です。

以下、少しでも費用を抑えて動画を制作するためのヒントをまとめましたので、制作で取り入れられることはないか、チェックしていきましょう。

フリー素材を使用する

費用を抑えるためには、フリー素材の活用が有効です。

多くのウェブサイトで高品質な写真、イラスト、BGMなどを無料、または低価格で提供しています。

こういった素材を利用することで、撮影やイラスト制作にかかるコストを大幅に削減できます。

ただし、使用する際は著作権や利用規約をしっかりと確認し、適切に利用しましょう。

すでにある情報やデータを活用する

既存の情報やデータを賢く活用することで、新たなコンテンツ制作にかかる時間と費用を節約できます。

例えば、以前に行った調査結果や業界データ、自社製品の使用事例などを再利用することで、制作コストを抑えつつも価値あるコンテンツを提供できます。

重要なのは、古い情報をただ再利用するのではなく、現在の市場やターゲットに合わせて内容を更新し、魅力を再構築することです。

古い情報やデータでも工夫次第で活用できますが、新しさを中心に発信する場合は、撮影や制作のし直しを行いましょう。

ターゲットや予算を決めておく

事前に明確なターゲットと予算を設定することで、無駄な支出を防ぎ、効率的な制作プロセスを確立できます

ターゲットを理解しておくことで、コンテンツがそのニーズにどう応えるべきかが明確になり、不要なコンテンツ制作を避けられます。

制作過程で取捨選択が迫られた場合も、予算はひとつの指標となってくれます。

また、ターゲットやコンセプト、予算などの企画詳細を自社で事前に決めておくことで、外注先との交渉がスムーズに行え、コスト管理や意見交換もしやすくなるでしょう。

広告規模にあった外注先を選ぶ

動画制作を依頼する場合には、プロジェクトの規模に合った外注先を選ぶことも重要です。

大規模な制作会社は高品質な作品を提供できますが、費用も高くなりがちです。

一方、小規模なスタジオやフリーランスのクリエイターはコストを抑えることができますが、プロジェクトの規模や要件によっては対応できない場合もあります。

プロジェクトの要件と予算に基づいて、最も適した外注先を選ぶことが、コスト効率の良い制作につながります

フリーランスのクリエイターに依頼する

フリーランスのクリエイターに動画制作を依頼することで、費用を抑えつつも高品質なコンテンツ作りが叶えられます。

フリーランスは運営コストが低いため、制作会社や広告代理店と比べ、リーズナブルな価格で対応してくれることが多くあります。

ただし、クリエイター選びは慎重に行う必要があります。

過去の作品やクライアントの評価を参照し、そのクオリティ、専門性、信頼性を確認することが重要です。

また、柔軟な対応が可能である一方で、制作の幅が限られていることもあるため、プロジェクトの要件に合ったクリエイターを選びに注力しましょう

YouTube広告を費用を抑えて制作するなら「Video Works」

VideoWorksバナー①-20231023

YouTube広告はそれぞれの広告形式に特徴があり、ターゲット層やアピールしたいサービスや製品に合わせ、適切な出稿方法を決めることが重要です。

出稿費用自体は高くはありませんが、市場規模を鑑みても、いかに多くの他社広告よりもインパクトを残していけるか、クオリティは重視する必要があります。

また、出稿形式に則った仕様での動画が必須なため、デバイスでの見え方も想定し制作しなくてはなりません。

「専門的なことを相談したいけどどこに相談したらいいかわからない」「YouTube広告の制作用にアドバイスをくれる専門家が欲しい」など、様々なお悩みを抱えてらっしゃる担当者様も多いでしょう。

そんな方におすすめなのが、YouTube広告をはじめとした様々な映像制作のプロクリエイターに出会える「Video Works」です!

Video Worksは映像制作希望者とフリーのプロクリエイターをつなぐマッチングサービスで、年間1,000件ほどの案件対応実績を持っています。

Video Worksのポイント①:広告制作をはじめとした多くの動画制作実績

Video Worksでは、広告制作はもちろんのこと、ジャンルを問わず様々な動画制作に対応しています。

YouTube広告の特性や仕様に合わせ、適切な対応が可能。

また、経験と知識に基づいた提案力があることも、Video Worksのクリエイターの強みで、期待以上の動画制作に満足のお声を頂戴しております。

「自社のパートナーとして制作を任せられるクリエイターにやっと出会えた」

「こちらのニーズを的確に捉え、期待以上の提案をもらえた」

Video Works制作実績①:子供服通販サイト「devirock」プロモーション動画(シネアド活用)

Video Works制作実績②:株式会社QuickWork様 AI営業マン「Daniel」公式CM動画

▶ 新たなクリエイターとの出会いでハイクオリティな動画制作が期待できる ◀

Video Worksのポイント②:最短即日で発注できる

Video Worksには現在10,000名を超える全国のクリエイターが登録しているため、提案が集まりやすくなっており、条件が合えば最短即日で発注することも可能

発注前にクリエイターと直接打ち合わせもできるので、お互いに詳細を確認、相談できるのも安心できるポイントです。

クリエイター選びに迷ったり、クリエイターを探す時間もなかったりする場合には、専任のコーディネーターによるクリエイターの紹介も対応しています。

▶ サイト内で相見積もりができるため手間や時間を短縮できる ◀

Video Worksのポイント③:数万円〜クリエイターに依頼できる

Video Worksのクリエイターへは、企画から丸ごとの依頼から、アニメーションだけ、編集だけ、といったスポット依頼まで、自社の都合や要望に合わせて依頼できます

また、間に代理店を挟まないためマージンが発生せず、クリエイターに直依頼が可能なため、数万円〜で依頼できることも。

ポイントを押さえることで質を上げられる動画制作は、予算に応じて依頼できることがメリットです。

▶ コストを抑えつつ動画のクオリティアップを目指せる ◀

まとめ 〜YouTube広告の費用相場や特徴を理解して最適な広告形式で出稿しよう〜

本記事では、主にYouTube広告の種類と費用について解説しました。

YouTube広告は複数の形式があり、それぞれ課金方法や費用が異なっていました。

リスティング広告やディスプレイ広告といったほかの広告と比べ特段安いということはありませんでしたが、YouTubeはかなり大規模で精密なデータベースがあり、ターゲットに訴求しやすいという大きなメリットがあります。

記事の内容を参考に、余計なコストを抑えつつ質の良い動画制作を行い、少しでもYouTube広告を活用できるよう、自社に最適な動画の打ち出しを行いましょう。

そして、動画制作をプロに依頼する場合は、ぜひVideo Worksへご相談ください!

経験と知識豊かなクリエイターが、より視聴者に響く広告動画の制作を提案いたします。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

サービス紹介動画の活用事例9選!制作種類ごとにポイントも詳しく解説

サービス紹介動画の活用事例9選!制作種類ごとにポイントも詳しく解説

サービス紹介動画の作り方を初心者向けに解説!実写とアニメーションの制作の違いも

サービス紹介動画の作り方を初心者向けに解説!実写とアニメーションの制作...

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。