動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
YouTube動画

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説
B!

「YouTube広告の費用対効果はどれくらい見込める?」
「効果を上げる動画制作や運用のポイントを知りたい」

今やテレビCM以上とも言われるYouTube広告ですが、出稿にあたって上記のような情報をお求めの広報担当者もいらっしゃるでしょう。

巨大なデータベースを持つYouTube広告は、テレビCMよりも効果測定やターゲティング、出稿のしやすさがあり、かなり多くの企業が広告を出しています。

メリットの多いYouTube広告ですが、1人の人が 1年で目にする広告の数は、およそ200万件とも言われており、こういった環境や条件のなかでいかに効果を出していけるかが重要です。

そこで本記事では、YouTube広告の費用対効果について解説します!

YouTube広告の特徴や効果をあげる制作や運用のポイントについてもまとめているので、ぜひ最後まで読んでいただきご活用ください。

目次

YouTube広告の特徴とは

YouTube広告は、その独自の特性と広告配信システムが特徴です。

ターゲット層に合わせた細かなカスタマイズが可能で、視聴者の関心や行動に基づいて広告を表示できます。

さらに、YouTubeのアナリティクス機能を活用すれば、広告のパフォーマンスを細かく分析し、キャンペーンの最適化が行えるため、費用対効果の高い広告運用が期待できるでしょう。

YouTubeの課金制度

CPV(視聴単価) 広告費用 ÷ 視聴回数 = 視聴回数1回あたりのコスト(CPV)
CPM(表示単価) 広告費用 ÷ 表示回数 ×1000= 表示回数1000回あたりのコスト (CPM)
CPC(クリック単価) 広告費用 ÷ クリック数= 1クリックあたりのコスト(CPC)

YouTube広告はCPV、CPM、CPCという3つの課金方式を採用しています。

CPV(Cost Per View/視聴単価)では、視聴者が広告を一定時間視聴するか、クリックするなど広告にアクションを起こしたときに課金されます。

この方式は、広告が視聴者の関心を引くかどうかを反映し、広告の関心度や視聴率を高めるための工夫が求められます。

一方、CPM(Cost Per Mille/表示単価)では、広告が1,000回表示されるごとに課金され、ブランド認知度の向上や広告露出を重視する場合に適しています。

実際の視聴やクリックに依存せず、広告の表示自体に価値があるのが特徴です。

CPC(Cost Per Click/クリック単価)は、広告クリックごとに課金され、実際に広告がユーザーの行動を促せたかどうかを反映します。

サービス・商品購入やウェブサイトへの誘導など具体的な成果を目指すキャンペーンに効果的です。

YouTube広告の種類

広告の種類 課金方法 費用相場
スキップ可能なインストリーム広告 30秒以上視聴した場(CPV)
広告リンクをクリックした場合(CPC)
2円〜25円ほど/1回
スキップ不可のインストリーム広告 表示回数によって課金、1,000回〜(CPM) 400円〜600円ほど
インフィード動画広告 広告リンクをクリックした場合(CPC) 3~20円ほど/1クリック
バンパー広告 表示回数によって課金、1,000回〜(CPM) 400円〜600円ほど
アウトストリーム広告 表示回数によって課金、1,000回〜(CPM) 400円〜600円ほど
マストヘッド広告 表示回数によって課金、1,000回〜(CPM) 数百万円〜/1日の場合もある

YouTube広告は、YouTube内で表示される5種類の広告と、Google動画パートナーのウェブサイトやアプリで表示される1種類の広告の全6種類があります。

スキップ可能なインストリーム広告は、視聴者に5秒以上の視聴を促し、興味を持ったユーザーのみから課金が発生するため、効果的な費用対効果を期待できます。

一方で、スキップ不可のインストリーム広告は、短い動画を全視聴者に視聴してもらうことで、ブランドや製品の認知度向上に貢献します。

インフィード動画広告は、サムネイルとテキストで構成され、クリックによってのみ課金されるため、興味を持ったユーザーに的確にリーチできるでしょう。

バンパー広告は、6秒間の短い動画でインパクトのあるメッセージを伝え、ブランドの印象を短時間で強く残すことができます。

YouTube以外のプラットフォームで表示されることで、より幅広いオーディエンスへアプローチ可能な広告が、アウトストリーム広告です。

そして、マストヘッド広告は、YouTubeのトップページに大きく表示されることで、短期間での最大限の露出をし、認知度向上を目指します。

上記の広告は、それぞれ異なる目的とターゲットオーディエンスに合わせて設計されているため、キャンペーンに最適な方法を選択し、効率的に広告を配信することで、費用対効果の向上を狙えるようになっています。

YouTube広告はその柔軟性と多様性により、企業のマーケティング戦略の重要な一翼を担っていると言えるでしょう。

YouTube広告を出稿するメリット

ブランドやサービス・製品の認知度向上が期待できる

YouTube広告は、世界最大の動画プラットフォームとしての広範なリーチを活用することで、ブランドやサービス、製品の認知度を効果的に高める強力なツールです。

様々な年齢層や興味・関心を持つ視聴者が存在するため、多様な市場にアプローチできます

また、視聴者の行動パターンや好みに基づいたターゲティング機能を活用することで、ブランドメッセージを最も興味を持ちそうなユーザーに届けることが可能となり、広告の露出から認知度の向上、さらには企業やブランドのコアなファンの形成に至るプロセスを促進することが期待できます。

見込み客の獲得を促進できる

YouTube広告の精度の高いターゲティング機能を活用することで、製品やサービスに関心を持つ質の高い見込み客へアピールしやすくなります。

ユーザーの検索履歴、視聴履歴、デモグラフィック情報など、多岐にわたるデータを用いてターゲットを絞り込むことができ、関連性の高い広告でアプローチすることでユーザーの興味を引き、企業やサービスへのアクションを促します

この結果、購入意欲の高いユーザーへのアプローチが可能となり、新規顧客の獲得に繋がるだけでなく、既存顧客との関係を強化し、リピート購入を促進する効果も期待できます。

ウェブサイトやLPへ誘導しCVや購買の導線を確保できる

YouTube広告の最大の利点の1つは、高いクリックスルーレート(CTR)により、ウェブサイトやLP(ランディングページ)への誘導が効率的に行える点です。

広告内に明確なコールトゥアクション(CTA)を設置し、ユーザーが興味を持った直後に、製品購入や詳細情報の取得、ウェッブサイトへの遷移などの具体的なアクションへと導けます

視聴者を直接購買の導線へと誘導することで、広告の露出からアクションまでのプロセスをスムーズにし、コンバージョン率の向上を図ることができるのです。

また、分析ツールを使用してユーザー行動を追跡し、広告のパフォーマンスを常に最適化することで、より高い投資収益率(ROI)を達成することが可能です。

ほかの広告と比べてYouTube広告は費用対効果が高い?

広告の種類 費用相場
リスティング広告
  • 約20万円〜50万円/月
ディスプレイ広告
  • 約50~100円/1クリック
  • 数十~数百円程度/1,000回表示あたり
動画広告
  • 約20万~80万円
SNS広告
  • 約30万円/月
記事(コラム)広告
  • 約200万~300万円
アフィリエイト広告
  • 初期費用:約5万円
  • 月額費用:約3万~4万円
メルマガ広告
  • 約300~800円/1クリック
  • 約5~100円/配信1件あたり
  • 配信メルマガ数×0.1~2円ほど(一斉配信契約)
YouTube広告
  • 3~20円ほど/1クリック
  • 2円〜25円ほど/1回
  • 400円〜600円ほど

YouTube広告は、ターゲットを明確に設定し、計画的に運用することで、高い費用対効果を期待できる可能性があります。

特に、テレビCMと比較した場合、YouTube広告は直接サイトへのアクセスを促し、ユーザーの行動をデータで分析できるため、より具体的な成果を測定しやすいというメリットがあります。

また、YouTubeは独自の広範なユーザーデータを持っており、これを活用してターゲット層に効率的にリーチすることで、高い投資収益率(ROI)を実現する可能性が高まります。

ですが、広告の成功は、広告コンテンツの質、精密なターゲティング、そして継続的な分析と改善にかかっています。

したがって、ビジネスの目的、ターゲット層、予算、広告運用戦略に基づいて、各ケースにおける費用対効果を慎重に評価・検討することが重要です。

結果として、YouTube広告は、適切な計画と運用が行われた場合に、ほかの広告手段に比べて効果的なオプションとなる可能性があると言えるでしょう。

YouTube広告で効果が出ない場合の失敗要因

「YouTube広告を出稿しているのに、なかなか成果が上がらない…」という方もいらっしゃるでしょう。

何度出しても成果が出にくいということは、必ず何か原因があるはずです。

基本的に商品やサービスがどうこうではなく、打ち出し方や運用が弱い可能性があります。

YouTube広告での以下の主な失敗原因がないかを確認し、該当する場合は重点的に改善を行いましょう

目的に合った広告動画が制作できていない

YouTube広告の効果が出ない原因の1つに、目的と合わない広告動画の制作があります。

広告の目的がブランド認知の拡大なのか、具体的な製品の購買促進なのかによって、動画の内容やメッセージは大きく異なります。

例えば、ブランド認知を目的とする広告は、企業ロゴや商品名とそれに付随するキャッチフレーズなどを強調する内容が良いでしょう。

一方で、購入促進を狙う広告は、製品の特徴や利点を明確に示し、視聴者の行動を促すCTA(Call To Action)を含めることが重要です。

目標や目的が不明確になったまま制作をすると、広告のメッセージが散漫になり、視聴者に強い印象を残すことが難しくなります。

明確なマーケティング目標を設定し、各目標に対して異なる広告を展開することで、より効率的に目的を達成できる可能性が高まります。

冒頭で視聴者の心をつかめる広告になっていない

YouTube広告では、多くの視聴者が広告動画をスキップする前の初めの数秒が重要です。

この短い時間内に視聴者の興味を引き、動画の残りを視聴してもらえる理由を作らなければいけません

そのためには、印象的ななビジュアル、魅力的で説得力のあるメッセージ、または共感を呼ぶストーリーテリングなどを通じて、視聴者の注意を引きつけ、動画の残り部分に興味を持たせる工夫が必要です。

冒頭が印象的でなければ、たとえ広告内容が優れていても、視聴者への訴求効果は半減してしまう可能性が高いです。

いかに冒頭で視聴者に強い印象を与えられるかも重要視しましょう。

正しい運用ができていない

YouTube広告の効果を最大化するためには、適切な運用が不可欠です。

広告のターゲティングが正確でない、PDCA(Plan-Do-Check-Act)サイクルを適切に回せていない、A/Bテストを行っていないなど、運用上の問題が効果を阻害することがあります。

正しいターゲティングが行われていない場合、関心のないユーザーに広告が表示され、視聴率やクリック率が低下してしまいます。

適切なターゲット層に広告を届けるためには、Google広告のターゲティング機能を最大限活用し、広告のパフォーマンス結果を定期的に分析し、戦略を調整していきましょう

動画制作自体に予算を割きすぎている

高品質な動画制作は重要ですが、過剰な予算投入は費用対効果を損なう可能性があります。

動画制作費用が高額になりすぎると、広告キャンペーン全体のROIが低下する原因となります。

高品質な動画制作は重要ですが、予算内で最大の効果を得るためには、制作コストと広告運用コストのバランスといった予算配分を考慮しましょう。

動画制作の目的を明確にして予算を適切に管理し、必要な要素にのみ予算を割り当てることで、効率的な広告キャンペーンに近づけます。

そもそもYouTube広告にネガティブなイメージをもたれている

YouTube広告が視聴者に不快感を与え、ネガティブなイメージを持たれることもあります。

頻繁に同じ広告が表示される、視聴者の興味やニーズと合致しない広告内容、スキップできない広告の強制的な表示などが原因で、広告自体が視聴者の反感を買ってしまっていることも。

このような状況を避けるためには、広告の種類や配信頻度を適切に管理し、視聴者に鬱陶しさを感じさせないよう注意が必要です。

ターゲティングの最適化、広告の種類の選択、そして視聴者に価値を提供する魅力的な広告コンテンツの制作を行いましょう。

視聴者の体験や体感を尊重し、ポジティブな印象を与える広告戦略を採用することが、ブランドイメージの悪化を防ぎ、広告効果を最大化するための鍵となります。

費用対効果を上げるYouTube広告の制作ポイント

YouTube広告の失敗原因を見直した上で、広告動画自体のクオリティを上げるために必要なポイントがあります。

以下の点に気をつけながら制作を行い、広告としての効果が上がる動画制作を行いましょう

念入りに情報収集を行う

YouTube広告を制作するには、まず、市場の動向、競合他社の広告戦略、そしてターゲットオーディエンスの行動や好みを深く理解することが不可欠です。

どういった動画に仕上げたいかのイメージや参考になる動画例があると、チーム内でもイメージ共有がしやすく、コミュニケーションにも役立ちます。

業界のトレンドを追跡し、競合他社の広告を評価し、目的のオーディエンスについて徹底的に調査を行いましょう。

こういった情報が、広告のトーン、スタイル、メッセージを決定する上での重要な基盤となります。

また、他社や時流について情報を入手することで、自社の強みや立ち位置など見えてくることもあります。

効果的な打ち出しを行うために、情報収集はしっかり行い、どういった広告動画を制作すべきなのかを決めていきましょう。

ターゲット層やペルソナを明確にする

ターゲット層やペルソナを明確にすることで、共感を呼び、行動を促す広告を作成を目指せます

ペルソナは具体的であればあるほどいいので、年齢や職業、趣味や家族構成などを決定し、ひとりの人間像を作り上げてみましょう。

そしてそのペルソナのニーズ、関心事、課題を深く理解することで、より効果的な広告を制作できるでしょう。

また、ターゲット層が明確にあることで、どういった広告形式を採用すればいいか、どういったテイストの動画を制作すればいいかがわかってきます

例えば、若年層向けの製品であれば、最新のトレンドや縦長で1分以内の動画を制作するなど反映させると効果的です。

目的やコンセプトを明確にする

広告の目的を明確にし、その目的に沿って全ての制作要素を一貫して設計することが重要です。

目的が明確であれば、その目的に合ったコンテンツとメッセージを盛り込んで制作し、ターゲット層に効果的にアプローチできます

ブランド認知の向上、製品紹介、直接的な販売促進など、広告の目的に応じた効果的な広告キャンペーンを展開できます。

どの広告媒体であれば目的を達成できるか、広告の種類や配信タイミングもしっかり検討しましょう。

広告とLPやコーポレートサイトのトンマナを統一する

広告とLP(ランディングページ)やコーポレートサイトへの一貫性を持つことで、視聴者に対して企業のイメージを強く印象づけ、信頼感を高められる可能性が高くなります

例えば、広告で使用される色彩、フォント、メッセージのスタイルがLPやサイトと統一されていると、ユーザーはブランドイメージをより明確に理解し、記憶に残りやすくなります。

逆に情報がバラバラで一貫性がないと、サービスや商品と企業を結びつけにくく、覚えてもらいにくくなる可能性も。

せっかく気になってクリックした遷移先サイトが印象の違うスタイルだった場合、視聴者が「サイト間違っているかも」「印象とぜんぜん違う」と興味を一気に失いかねません。

ブランドの認知度や好感度を向上させるためには、視聴者の立場からの広告の見え方や操作性などを十分に配慮して制作しましょう。

CTA(Call To Action)を設置する

YouTube広告の成果を大きく左右するのが、視聴者に具体的なアクションを促すCTA(Call To Action)です。

明確で直接的なCTAを広告内に配置することで、視聴者は次のステップへと導かれやすくなります。

特に販売促進や新規顧客開拓など、実際に視聴者からのアクションが欲しい場合には必ず実施し、またクリックが計測できる広告形態を選びます。

例えば、「今すぐ購入」や「詳細はこちら」といったフレーズは、視聴者がアクションを起こすきっかけを作ります。

広告の目的に応じたCTAを選び、視聴者が誘導先ページにスムーズに移行できるように配慮しましょう。

開始5秒で印象に残る動画にする

一般的に動画は、視聴者の注意を引きつけるために、開始5秒が非常に重要とされています。

この短い時間内にブランド名やロゴ、キャッチコピーなど、伝えたい要点を明確に提示することで、視聴者の記憶に残りやすくなります

意外性のあるもの、印象に残る音楽や映像、風景などでも良いでしょう。

スキップできない5秒間を最大限に活用し、視聴者に強い印象を与えるクリエイティブを心がけましょう。

視聴し続けてもらえる構成にする

視聴者が広告を最後まで視聴し、アクションを起こしてもらうには、視聴者を引きつける魅力的なストーリー構成が必要です。

視聴者の興味や関心に合わせた内容を提供し、動画全体を通じて一貫性のあるメッセージを伝えることが大切です。

これには、Googleがまとめた「ABCDフレームワーク」が有効です。

  • Attention:没入型のストーリーで注目を集め、視聴者の関心を引き込む
  • Branding:早い段階で、頻繁に、そして十分にブランドを認知してもらう
  • Connection:ブランドストーリーと視聴者の感情を結びつける
  • Direction:ブランドが望むアクションを視聴者に対して明確に提示して行動を促す

引用元:Think with Google / ABCDフレームワーク事例

GoogleとKANTARが2021年に行った共同調査によると、上記の4つの要素を含む広告では、短期的な売上が30%、長期的なブランド貢献度は 17%も向上したとされています。

また、視聴者が動画の内容に没入しやすいよう、視覚的にも魅力的な映像や音響効果を用いるよう心がけましょう。

広告の掲載場所に合わせた仕様で制作する

YouTubeには様々な広告形式があり、それぞれに最適なクリエイティブのサイズや形状があります。

例えば、「インストリーム広告」や「インフィード広告」などの広告形式に応じて、視聴者の体験を損なわないように、視覚的な魅力と使いやすさのバランスを考慮して広告を制作することが重要です。

また、モバイルユーザーの増加に伴い、縦型動画などモバイルに最適化された広告の制作も重要になっています。

費用対効果を上げるYouTube広告の運用ポイント

テストを行う

効果的なYouTube広告を作成するために、複数の動画バリエーションを用意しテストできると良いでしょう。

A/Bテストを行うことで、異なるクリエイティブやメッセージがターゲットオーディエンスに与える影響を評価できます。

例えば、異なる色彩やコピー、ビデオの長さを試し、どの要素が最も高いエンゲージメントやコンバージョンを生むかを分析します。

一度で成功できる前提ではなく、こういったテストを含めた広告をいくつも打っていきながら統計がとれ、最も効果的な広告コンテンツを特定でき、将来のキャンペーンに活かしていけます

自社内製を行う場合は、こういった施策が必要ですが、そのノウハウを有しているのが制作会社や広告代理店、クリエイターです。

自社のみで行うよりは早く成果にたどりつけることもまるので、広告制作の外注も前向きに検討しましょう。

効果測定を活用する

YouTube広告の効果を正確に測定するためには、中間目標としてのKPI(重要業績評価指標)を設定し、それに基づいてデータを分析することが不可欠です。

指標には再生回数、視聴率、クリック率、コンバージョン率などが含まれます。

GoogleアナリティクスやYouTubeアナリティクスなどのツールを使用して、これらの指標を追跡し、どの広告が最も効果的であるかを検証しましょう。

効果測定を行うことで、予算の最適化や広告の改善ポイントを見つけられます

PDCAに則った運用を行う

PDCA(計画-実行-評価-改善)サイクルに従った運用を行うことで、YouTube広告成果の継続的な向上を期待できます。

計画段階での目標設定から始め、実際に広告を運用して得られたデータを分析し、必要に応じて広告の改善や戦略の調整を行います。

定期的にPDCAサイクルを回して広告の効果を最大限に引き出し、ROI(投資収益率)の向上を目指しましょう。

費用対効果の上がるYouTube広告の制作なら「Video Works」

VideoWorksバナー①-20231023

YouTube広告を出稿し成果をあげるには、ただ闇雲に広告をうつだけではいけません。

しっかりと狙いを定めて動画を制作し、出稿後は結果を数値化して回数を重ね、継続的な運用を行っていくことで成果を生み出していきます。

トレンドや世の中が求めるものもどんどん変化していくので、時代のニーズには常にアンテナを張り、打ち出していく必要があります。

ですが、ここまで解説してきたポイントのすべてを自社でまかなうには限界があり、精度を確実に上げていくには、プロに依頼したほうが効率も良いですよね。

「どこに依頼したらいいかわからない」「依頼先一つひとつに問い合わせをする手間や時間が惜しい」という担当者の方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめなのが、動画制作のスペシャリストに出会える「Video Works」です。

Video Worksは、映像制作希望者とフリーのクリエイターをつなぐマッチングサービスで、ハイクオリティな動画制作が可能です。

Video Worksのポイント①:YouTube広告をはじめとした動画制作実績が豊富

Video Worksでは、YouTube広告をはじめとした多くのハイクオリティな動画制作実績があります。

年間約1,000件の案件を依頼いただいており、多数の映像作品が様々な媒体で視聴されています。

また、リピーターが多いことからクオリティの高さもうかがえます。

Video Works制作実績①:本の情報サイト「好書好日」コンセプト動画

Video Works制作実績②:ネットショップ制作サービス「stores.jp」広告用動画

▶ 豊富な経験と提案力で費用対効果の高い動画を制作できる ◀

Video Worksのポイント②:数万円から依頼できる

プロのクリエイターに数万円から依頼でき、発注予算も抑えられることが魅力です。

間に代理店を挟まないため、余計なマージンがかからず、クリエイターに直依頼できます。

企画からの丸ごとの依頼や、ディレクションだけ、編集だけなどの必要な分だけスポット依頼ができ、数万円で依頼できることも。

自社のニーズに合わせて発注できるので、余計なコストも抑えられます。

また、専任のコンシェルジュによる利用サポートも行っているので、「マッチングを待たずに合いそうなクリエイターを紹介してほしい」「どういうふうに依頼したらいいかわからない」という方は、ぜひお問い合わせください。

▶ 適正価格で依頼でき不要なコストカットができる ◀

Video Worksのポイント③:最短即日で発注できる

最短即日で発注できるスピーディさも、Video Worksの特徴です。

10,000名を超えるクリエイターが全国から登録しており、依頼に対し提案が集まりやすいため、条件が合えば最短即日での発注も可能です。

また、依頼前に事前打ち合わせもできるため、話を直接聞いてどのクリエイターに依頼するか決めたい方も安心です。

クリエイターに直発注なので、予算を含め制作中の相談も直接できてスムーズに進められます。

▶ 依頼先探しの手間が省けスピーディに制作が進められる ◀

まとめ 〜YouTube広告は効果が出せる動画制作と運用がポイント〜

本記事では、YouTube広告の費用対効果や効果を上げるためのポイントを解説してきました。

まずはYouTube広告の特性やメカニズムを知り、広告形態にあった打ち出しや運用が不可欠でしたね。

YouTube広告はGoogleやYouTubeアナリティクスといった分析ツールや独自のデータベースがあるので、より効果を生むための運用を進めていきやすい点も魅力です。

ぜひ記事の内容を参考に、YouTube広告で効果を出して自社の知名度アップや販売促進につなげていきましょう。

そして、広告動画の制作を外注する場合は、ぜひVideo Worksにご依頼ください!

経験豊富なクリエイターが、費用対効果の高いYouTube広告を制作します。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。