動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
動画制作

1分動画の制作をフリーランスに依頼したときの相場は?必要な費用や予算を抑えるコツは

1分動画の制作をフリーランスに依頼したときの相場は?必要な費用や予算を抑えるコツは
B!

「1分動画の制作をフリーランスに依頼する場合の相場ってどれくらい?」
「フリーランスに1分動画の制作を依頼するときに、気をつけることはある?」

動画制作を発注する場合に多い依頼先は制作会社ですが、フリーランスに依頼する方が費用を抑えやすいことをご存知ですか?

また、動画はInstagramやTikTokなどのSNSの影響もあり、特に若い世代は尺が短い動画に見慣れています。

そのため、動画サイトにアップロードする動画は1分ほどのものも多くなっています。

尺が短いことは制作側にもメリットが大きく、何より制作費用が安くできることも。

ですが、フリーランスの相場について、制作会社と比べてどのくらいものか、わかりにくいですよね。

そこで本記事では、1分動画の制作をフリーランスに依頼したときの相場について解説します!

制作のポイントやメリットなどについてもまとめているので、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

専属コンシェルジュがしっかりサポートする
LINEでお気軽にお問い合わせ LINEで相談する
※クリックするとLINEが開きます
お電話でのご相談も受け付けております
受付時間  平日 10:00 ~ 19:00
VideoWorksバナー②-20231023

目次

1分動画の制作をフリーランスに依頼したときの相場は3万円〜50万円以上

1分動画の制作を制作会社、フリーランスにそれぞれ依頼した場合のおおまかな相場を、動画の種類ごとにまとめると以下のようになります。

動画の種類や内容により大きく費用は変動するので、あくまで目安としてください。

動画の種類 制作会社 フリーランス
インタビュー動画 5万円〜 3万円〜
企業紹介動画 15万円〜80万円 15万円〜50万円
商品・サービス紹介動画 10万円〜100万円 10万円〜
セミナー・イベント動画 15万円〜50万円 15万円〜
YouTube向け動画 1万円〜50万円 1万円〜30万円
アニメーション動画 10万円〜100万円 10万円〜100万円

動画ごとにもう少し詳しくみてみましょう。

インタビュー動画の相場:3万円〜

フリーランスにインタビュー動画を依頼した場合の相場は、3万円からスタートします。

この料金には基本的な素材撮影や編集を含んでいるので、シンプルな構成のインタビュー動画に適しています。

複数のカメラを使用した撮影や高度な編集が必要な場合、クリエイターひとりでは作業しきるのは難しくなってきます。

アシスタントを必要としたり、オリジナルのBGMを使用するとなると、その分費用は上がるので、動画構成は重要になるでしょう。

企業紹介動画の相場:15万円〜50万円

企業紹介動画については、相場は15万円から50万円ほどです。

1分間の動画でも、高品質な機材の利用や手の込んだ編集、特殊効果を入れようとすると、価格は高くなります。

また、企業紹介の動画を制作するには経験と知識が必要です。

企業のブランドイメージやメッセージを効果的に伝えるために、作り込んだシナリオや大掛かりな撮影が必要になると、フリーランスによっては依頼の範疇を超える可能性があります。

過去実績などをよく確認することをおすすめします。

商品・サービス紹介動画の相場:10万円〜

商品やサービス紹介動画の場合、費用は10万円からが相場です。

企業紹介動画と同様、商品やサービスを良く見せる技術や、打ち出し方の切り口などの柔軟な思考や対応が求められます

プロモーション目的の高品質な動画を制作する場合は、相場の上限に近い費用がかかることが一般的です。

セミナー・イベント動画の相場:15万円〜

セミナーやイベント動画の制作に関しては、相場はおおよそ15万円からです。

ですが、撮影場所やセッティングが複雑だったり、使用する機材の種類や数、映像編集の内容や撮影時間、セミナーやイベントの大きさによって、費用が増加しやすいジャンルです。

いかにセミナーやイベントの雰囲気や良さが伝わるかが大事な動画なので、企業紹介動画と同じく、経験や魅力をうまく反映していく技術がフリーランスに求められます。

YouTube向け動画の相場:1万円〜30万円

YouTube向け動画については、1万円から30万円の範囲の相場が一般的です。

YouTube向けといっても、動画のスタイルや手の込み方、制作にかかる時間などによってとても幅が広いため、費用は依頼により大きく変動します。

例えば、単純なトーク形式の動画やシンプルな実況系動画、有料ツールがあればある程度のクオリティを作れるようなジャンルの動画は低価格帯になりやすいですが、高度な編集やアニメーションを含む動画は高価格帯になります。

また、単にYouTubeにアップロードする動画ではなく、YouTubeでの配信広告の場合はCM動画となるため、1分の動画であれば30万円〜と多少値段が張ってきます。

CM動画については制作だけではなくWebマーケティングの知識も必要となり、総合的に対応できるフリーランスを探すか、別途依頼を検討する必要があるでしょう。

アニメーション動画の相場: 10万円〜100万円

アニメーション動画の場合も、相場は10万円から100万円と幅広いです。

アニメーションの種類、キャラクターの数やビジュアルの複雑さ、動きのスムーズさ、などによって価格が異なります。

また、アニメーションの制作方法もさまざまあり、1分動画でも制作方法により20万円〜100万円以上と大きな差がでてきます。

スライドショー型やストップモーション、モーショングラフィックスなどは、費用の最低相場が低くなりやすい傾向があります。

詳細なキャラクター動画や複雑なシナリオを含む動画は、アニメーションにおいても高い技術と時間を要するため、高価格になるでしょう。

フリーランスに1分動画制作を依頼する場合の相場内訳

フリーランスに動画制作を依頼する場合、制作会社と比べて、内訳と費用の相場が異なることが多いです。

理由として、フリーランスは一般的に小規模で業務を行なうことが多く、固定のオフィスや多数のスタッフを抱える必要がないため、制作コストを抑えられる傾向にあります。

以下はフリーランスによる動画制作の主な内訳です。

企画構成・シナリオ作成の内訳

フリーランスに依頼する場合、企画構成費やシナリオ作成費は制作会社と比べて低く抑えられることが多いです。

企画構成、シナリオ作成の内訳としては以下です。

  • プロデューサー費
  • ディレクター費
  • 構成・シナリオ作成費

主に人件費がメインになります。

企画構成費やシナリオ作成にかかる費用は、1分動画であれば1万円から、ディレクション費用などを含めても5万円からほどとなるでしょう。

撮影の内訳

大掛かりな機材やスタジオ、多数のスタッフを必要としない小規模なプロジェクトでは、撮影費用は5万円から10万円程度で抑えられます。

撮影費用の内訳としては、

  • 撮影費
  • スタジオ費
  • ロケハン費
  • 機材費
  • スタイリスト費
  • キャスティング費
  • 車両費、交通費
  • 美術費、衣装費
  • 宿泊費

などが一般的には必要とされ、主に費用がかかるのは撮影費、スタジオ費、機材費、キャスティング費などです。

このうち、人件費に分類されるキャスティング費やスタイリスト費、スタジオ費以外は、制作のフリーランスで対応できる内訳です。

そのため、映像素材がすでに多くあり、撮影が少ない場合は、人件費やスタジオ費を除外するともう少し価格が抑えられるかもしれません。

ただし、撮影場所の選定や機材の種類、プロジェクトの規模によりアシスタントが必要な場合などは費用が増えるので、事前に詳細を確認しましょう。

編集の内訳

動画編集に関する費用は3万円から10万円程度で、音響効果やナレーションなど追加の要素によっては更に費用が上乗せされます。

編集の作業内訳としては、

  • 動画編集費
  • 音響効果費
  • MA(音声編集)費
  • ナレーション費
  • マスター制作費

で、依頼用に新たに素材を制作・購入した場合は、制作費として別途請求が発生する場合もあります。

ナレーション費用や音響も、追加する場合はフリーランスに依頼した方が費用は抑えられます。

また、現状の機材やスキル、持っている素材でどこまでできるかは事前に確認した方が良いでしょう。

フリーランスの場合、個人の技術や経験に依存するため、編集のクオリティやスタイルもしっかり確認することが大切です。

1分動画の制作メリットは?

1分という時間を設定して動画を制作するメリットは、視聴者側と制作側双方にあります

効果的な動画を制作するために、しっかりとメリットを理解しておきましょう。

メリットは主に以下の3つです。

時間が短いため最後まで見てもらいやすい

1分動画の大きなメリットのひとつは、時間が短いため視聴者の関心を持続させやすく、最後までみてもらいやすいことです。

よっぽどおもしろい内容や有益な情報でない限り、はじめて触れる動画を長い時間じっくりと見る、という方は少ないのではないでしょうか。

ですが、1分という短い時間ならスキマ時間にも視聴でき、最初から最後まで視聴してもらいやすくなります。

また、若い世代はInstagramのリールやTikTokなどのSNSで、1分ほどの短い時間の動画を見慣れているため、特に3分以上の動画は途中で離脱する可能性が高くなります。

そういった意味でも、1分動画は現在のニーズに合っていると言えますね。

コンパクトにまとめられていて分かりやすい

短い時間内でメッセージをコンパクトにまとめられることも、1分動画の魅力です。

動画が長くなると、情報量が増えすぎて視聴者が「何を伝えたいんだろう?」とメッセージを見失うことがありますが、1分動画ではそのリスクが抑えられます。

時間をコンパクトにすることで伝えたい内容が簡潔かつ明確になり、視聴者が情報を理解しやすくなります。

そのため、商品やサービスの紹介、簡単な説明、宣伝などさまざまな用途で有効で、制作する際にも情報の整理ができるのでメリットは大きいでしょう。

また、1分という時間で視聴者に少し物足りなさを感じてもらえる構成で制作し、さらにほかの動画やページに誘導するなど、戦略的なマーケティング活用も期待できます。

スマホからも視聴しやすい

1分動画は、スマホでも非常に視聴しやすいこともメリットです。

スマホ利用者は、移動中やちょっとした空き時間に動画を見ることが多いです。

短い動画であれば、そうしたスキマ時間に容易に視聴できることもモバイルユーザーにとっては魅力的です。

また、データ使用量の観点からも、1分動画はスマホでの視聴に適しており、より多くの人々にリーチすることが可能になります。

また、スマホでの閲覧を考慮して、1分という時間に追加して縦型の動画を制作し、拡散性を狙う動画も多く見られます。

ターゲット層に合わせて、動画尺以外のなんの要素をプラスアルファすると効果的か、狙いを定めて制作しましょう。

効果的な1分動画を制作するポイント

1分動画の制作メリットや魅力を把握したところで、動画制作に活用できる要点はなんでしょうか。

効果を十二分に発揮できる動画を制作するためのポイントをまとめました。

目的や伝えたい内容を整理する

1分動画の制作では、伝えたい内容を整理し、優先順位をつけることが重要です。

限られた時間内で視聴者に最も重要な情報を伝えるためには、必要な要素をピックアップし、余計な情報は控えるようにします。

この際に用いたいのが「6W1H」の原則です。

Who 誰が動画を作るのか
Whom 誰に向けた動画を制作するか
When いつ動画を視聴してもらうか/配信するか
Where 視聴場所/配信プラットフォームはどこか
What 何の動画を制作するのか
Why なぜ動画を制作するのか
How どのように配信するか

誰が(who)誰に(whom)いつ(when)どこで(where)何を(what)なぜ(why)どうやって(how)の7項目に当てはめ、視聴者が興味を持ちやすい形で情報を整理してみましょう。

情報過多にならないよう注意しすることで内容を簡潔にまとめ、分かりやすく伝えられます。

ターゲット層を明確にする

動画制作では、ターゲット層を明確にすることも大切です。

ターゲット層によって動画のトーン、スタイル、内容は大きく変わるため、キャストや演出をターゲット層に合わせて選ぶことで、動画の効果を最大化できます。

例えば、若い世代をターゲットにする場合は、印象的な映像や音楽、耳に残る言葉、トレンドを取り入れると効果的です。

一方で、高齢者を対象にする場合は、わかりやすさと親しみやすさを重視した演出が望まれます。

ナレーションも世代によって聞こえやすい声や速度があるので、細部まで設定し、ターゲット層に届きやすい動画制作をしましょう。

冒頭でつかむ演出を心がける

動画の冒頭で視聴者の興味を引き込む演出は、視聴率を高める上で非常に重要です。

動画の最初の5秒で、視聴者が関心を持ち続けるかどうかが決まるとされています。

  • じらす
  • 違和感を与える
  • スピード感のある動画にする
  • 視聴者の興味や疑問への答えを期待させる
  • 直接本題に入った後、オープニングを入れる
  • 質問をして動画を自分ごととして見てもらう
  • 音楽や目に飛び込みやすい配色でインパクトを出す

インパクトのある映像、興味をそそる質問、関連する話題の提示などを通じて、視聴者を引き込む工夫が必要です。

動画冒頭の部分で視聴者に動画と自分との関連性を感じさせ、動画全体を見るてもらえる導線を作りましょう。

ただし、1分という尺の指定があるので、あとの構成を考えて引っ張りすぎないことも大切です。

複数の映像素材を使ってテンポ感を出す

複数の映像素材を活用することでテンポ感を出し、視聴者の注意を引き続けることができます。

異なるアングルからの映像、カット割り、グラフィックやテキストの挿入などを活用して、動画にリズムと変化を持たせてみましょう。

ただし、素材を多用しすぎると忙しくなってしまい、肝心の動画のメッセージ性が薄れてしまう可能性があります。

バランスを考慮しながら素材を選び、効果的に配置することが重要です。

全体の流れを見極め、視聴者が飽きることなく最後まで見てもらえるように工夫しましょう。

1分動画の制作をフリーランスに依頼するメリット・デメリット

動画制作をフリーランスに依頼するメリットは?

費用が抑えやすい

フリーランスに動画制作を依頼する最大のメリットは、制作費用を抑えやすいことです。

動画制作会社や広告代理店と比較すると、フリーランスは運営コストが低いため、一般的に低価格でサービスを提供することができます。

特に駆け出しのフリーランスの場合、相場よりも安い料金設定をしていることがありますが、制作会社で経験や実績を重ね独立した方も多く、高品質な作品を制作していることも。

ただし、動画の種類によっては高度なスキルが必要な場合もあるため、必要な内容と予算を事前にしっかりと検討することが重要です。

細かく依頼ができる

フリーランスには、動画制作の一部分だけを依頼することも可能です。

制作会社や広告代理店の場合、まとまった内容の依頼をすることが多いですが、その分自社でできる分も依頼してしまうと費用がかさみやすくなります。

そのため、例えば全体の編集は自社で行い、特定の部分だけ字幕付けや特殊効果をフリーランスに任せることで、全体のコストを抑えることができます。

また、部分的な修正や細かい変更にも柔軟に対応してくれることが多く、特定のニーズに合わせたカスタマイズがしやすいこともメリットです。

融通が効きやすい

フリーランスは企業での制作とは異なり、スケジュールや仕事の流れにおいて柔軟性を持ちやすいことがメリットにあげられます。

例えば、急な納期の変更や特別な要望にも柔軟に対応してくれる可能性が高いです。

また、自分のスタイルで稼働するフリーランスの中には、土日や祝日でも対応してくれる方もいるため、通常の企業よりも迅速な対応が期待できます。

ただし、フリーランスの中には休日を設けている方もいます。

特別対応には追加費用が発生する場合もあるので、事前にどこまで対応可能か確認しましょう。

コミュニケーションがとりやすい

制作会社や広告代理店と比べ、コミュニケーションが取りやすいこともフリーランスに依頼するメリットです。

フリーランスは個人で業務を運営しているため、依頼者との直接的なやり取りが可能です。

直接コミュニケーションを取れることで、依頼側は素早く伝えられ、取り次ぎにありがちな伝えたい本質の内容が担当者や制作者に伝わっていなかった、という事態も防ぎやすくなります。

制作過程での意思疎通がスムーズに行えることで、最終的な動画のクオリティ向上にもつながります。

動画制作をフリーランスに依頼するデメリットは?

フリーランスに動画制作を依頼するのに、メリットばかりではありません。

注意すべき点も確認し、納得のうえで依頼を検討しましょう。

クオリティにバラつきがある

フリーランスによって作品のクオリティにバラつきがあることが、依頼の際の注意点のひとつです。

フリーランスの動画クリエイターは各々技術レベルや専門分野が異なるため、同じ「動画クリエイター」という肩書きでも、提供される動画の品質は大きく異なります。

特に企業の公式サイトや広告用の動画など、高いクオリティが求められる場合は、注意が必要です。

依頼前には、必ずクリエイターの過去の作品を確認し、そのスキルとスタイルが依頼内容に適しているかを慎重に検討しましょう。

窓口・人員がひとりのため万が一があると制作が止まる

フリーランスは基本的に個人で業務を行うため、何らかのトラブルが発生した際には代わりの人員がいないというデメリットがあります。

これにより、病気や個人的な事情などで作業が一時的に止まるリスクが生じる可能性があります。

また、フリーランスのスケジュールは限られているため、納期がずれることも。

このようなリスクを避けるために、余裕を持ったスケジュールでの依頼や、緊急時の対応計画を事前に確認しておくようにしましょう。

こうしたリスクを考慮し、柔軟に対応できるようお互いに計画を立て合意しておくことで、万が一の事態に備えられます。

1分動画の制作を依頼するフリーランス選びのポイント

数々いるフリーランスのクリエイターに1分動画の制作を依頼する場合に、どういった点に気をつけて決めればいいでしょうか。

以下にまとめた3つのポイントをチェックしながら検討してみましょう。

実績やクオリティに問題がないか

1分動画の制作をフリーランスに依頼する際、まず重要なのはクリエイターの実績や提供する動画のクオリティです。

フリーランスの動画クリエイターはスキルや経験が異なるため、依頼前にはポートフォリオを確認し、過去に制作した動画の品質を必ずチェックしましょう。

特に企業の広告や公式サイトに使用する動画の場合は、クオリティがブランドイメージに直結するため、依頼するクリエイターは慎重に選ばなくてはいけません。

また、クリエイターの得意分野を理解し、自社の要望に合ったスキルを持つ人を選ぶことも大切です。

コミュニケーションはスムーズにとれるか

動画制作は単に技術的な作業だけでなく、依頼者の意図を正確に理解し、それを映像に反映させるコミュニケーション能力も必要です。

フリーランスとのスムーズなコミュニケーションがとれるかどうか、依頼前に事前の打ち合わせをお願いして、実際に話をしてみることをおすすめします。

納期や内容の変更、追加要望など、途中で発生する可能性のあるさまざまなシチュエーションに対して、柔軟かつ迅速に対応できるかどうかを見極めましょう。

また、自分の要望を的確に伝え、相手の提案を理解するためには、両者間の信頼関係の構築も大切です。

そのため、「何でも出来ます」として要望を聞くだけで的確な提案がない場合や、少しでも違和感がある場合は、ほかのクリエイターを探す方が無難です。

マーケティングの知識や活用方法まで対応できるか

特にマーケティング活用を目的のひとつとして動画を制作する場合、フリーランスには動画制作の技術だけでなく、マーケティングの知識や動画の活用方法についての理解があるかも重要です。

動画が完成した後の配信戦略、ターゲット層へのアプローチ方法など、制作だけでなくその後の展開についても考慮し、提案・対応してくれるフリーランスだと心強いですよね。

マーケティングの知識は、個人で身につけることもできますが、有力な制作会社で経験を積み、独立したフリーランスだとなお安心です。

フリーランスとしての実績はもちろん、フリーランス前の経歴もチェックしましょう。

動画の目的や使用するプラットフォームに応じて最適な提案ができるクリエイターを選べると、動画効果の最大化や費用対効果が期待できます。

1分動画の制作費用を相場より安く依頼するには?

フリーランスに依頼することで、動画制作の費用を抑えやすくできますが、相場より安く依頼するためには、ほかにもできるポイントがあります

  • 自社で内製できるところは対応する
  • フリー素材やフリーイラストを使用する
  • 追加費用を発生させない
  • 複数のフリーランスに相見積もりする

自社で内製できるところは対応する

可能な限り自社で内製できる部分を自分たちで行うと、費用の節約に効果的です。

例えば、コンセプト策定やシナリオ作り、簡単な撮影や編集など、専門的な技術が不要な作業は自社で行い、外注する作業を最低限に抑えることで、制作費用の削減につながります。

自社でまかなえる部分を明確にし、できるだけフリーランスにはそのほかの部分を依頼するようにしましょう。

フリー素材やフリーイラストを使用する

BGMやイラスト、写真などの素材は、新たに制作すると費用がかさみます。

1分動画にフリー素材を活用することで、制作費用を大幅に削減できます。

インターネット上には高品質なフリー素材が多数提供されているので、活用してみましょう。

利用条件に注意しながら選ぶことで、質の高い動画を低コストで制作できます。

ですが、大々的な配信を行なう場合や、ブランドイメージによって、オリジナルを使用していないことにチープさを感じさせてしまうことがあります。

その場合、企業やブランドへの信頼性やイメージが低下してしまう可能性のあるので、使用する場合はしっかりと目的を持つことが重要です。

追加費用を発生させない

動画制作過程での変更や修正は追加費用の原因となります。

事前に動画の目的、用途、イメージを明確にして、無駄な変更や修正を生まないようにしましょう。

また、撮影時間やアニメーションの使用有無なども事前に決めておくと、想定外の追加費用を防ぐことができます。

複数のフリーランスに相見積もりする

依頼前に複数のフリーランスに見積もりを依頼し、必ず料金と提供されるサービスを比較検討して発注先を決めましょう。

同じクオリティや作業内容でも、フリーランスによっては価格に大きな差が生じることがあります。

相見積もりを取ることで、最適な価格とサービス内容を見極め、コストパフォーマンスの高い制作パートナーを選びやくなります。

ただし、安さだけでなく、先の見出しで見てきたように提供されるサービスの質や過去の実績、コミュニケーションのスムーズさなど、総合的なスキルと価格の釣り合いで判断をしましょう。

1分動画をフリーランスに依頼して費用を相場より安く抑えるなら「Video Works」

VideoWorksバナー①-20231023

フリーランスのクリエイターに依頼できると、直接やり取りができるため、進行がスムーズに進みます。

また、料金を抑えて依頼できるため、予算が少ないなかで動画制作をする場合には、フリーランスのクリエイターは大きな味方になってくれるでしょう。

ですが、フリーランスのクリエイターは数多く、それぞれの得意分野やテイストがあるため、ひとつひとつを確認し目星をつけ、問い合わせをして検討をして・・・としていくと、発注先探しだけで数日かかってしまいます。

また、動画制作になれていない担当者の場合、部分的にスポット依頼をするにしても、依頼方法や制作の詳細についての相談方法など、戸惑うことも多いでしょう。

できるだけ効率よく、自社の予算やニーズに合うフリーランスのクリエイターに出会いたいですよね。

そんな方におすすめなのが、依頼についてクリエイターから提案をもらえ、適正価格で依頼できる「Video Works」です!

Video Worksは、映像制作希望者とフリーのクリエイターをつなぐマッチングサービスで、全国から約10,000名のクリエイターが登録しています。

依頼も、Video Worksのサイトに登録後、専用フォームに書き込むだけで完了。

クリエイターから制作の提案がもらえるため、ご自身でひとつひとつ探す手間が省けます。

おすすめポイント①:数万円〜の適正価格でクリエイターに直発注できる

ひとつめのポイントは、Video Worksに登録しているクリエイターに直発注できることです。

間に代理店が介在しないため、余計なマージンが発生せず、適正価格で依頼できます。

企画から丸ごとの依頼から、編集だけ、イラストだけ、ナレーションだけなどのスポット依頼まで、数万円〜の予算でも、映像制作に関するあらゆる業務についてご相談いただけます

また、Video Worksのサイト上では、登録後に過去案件の詳細や予算が閲覧可能。

過去にどんな案件があったのか、どのように依頼しているか、予算はどれくらいかなどを参考として見ることができ、より提案の集まりやすい依頼作成もしやすくなります。

登録しているクリエイターについても、過去の実績や制作ジャンル、対応可能な業務をサイト上で確認できます。

おすすめポイント②:さまざまなジャンルで業界最大級の制作実績

Video Worksでは、実写やアニメーション、プロモーション動画やイベント動画など、あらゆるジャンルの映像制作に対応しています。

Video Worksでは独自の厳しいスキルチェックをクリエイターに行っており、業界最高レベルの制作・業務提供を実現。

年間1,000件以上の依頼があり、実績も多数あります。

以下は、Video Worksで制作全般を手掛けた作品の一部です。

Video Works制作実績①:「ECO EDO 日本橋 2016 ~五感で楽しむ、江戸の涼~」イベント動画(費用 30万円〜60万円)

Video Works制作実績②:店内デジタルサイネージ用動画「カンタン美白テク!」(費用 60万円〜100万円)

Video Works制作実績③:早稲田大学スポーツ科学学術院(細川研究室)様 小学生向けの教育ショートアニメーション(費用 15万円〜30万円)

おすすめポイント③:最短即日で発注できてスピーディ

もうひとつのメリットは、依頼から最短即日で発注できることです。

専用フォームに依頼内容と予算を入力し、依頼の公開申請をすると、運営の内容確認後にクリエイターに依頼が公表され、提案が集まります。

そのため、最短5分で提案がもらえたり、即日で発注できることがあったりと、スムーズかつスピーディな発注ができます。

一度にたくさんの提案から選べるので、ひとつひとつ問い合わせていく手間が省けます。

また、依頼内容や予算決めからわからないことが多い・・・という方は、専任のコンシェルジュによるクリエイターの提案や利用フォローも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

発注前にクリエイターと事前打ち合わせもできるので、直接話しながら検討できることも魅力です。

まとめ 〜1分動画をフリーランスに依頼した場合の制作相場は3万円から50万円以上〜

本記事では、1分動画をフリーランスのクリエイターに依頼する場合の相場や、費用の内訳、依頼や制作のポイントまで解説しました。

ここまでの内容をもう一度まとめておきましょう。

  • 1分動画の制作をフリーランスに依頼したときの相場は3万円〜50万円以上
  • 制作の工程を細かく把握することで、効果的にフリーランスに依頼できる
  • 1分動画はコンパクトに視聴でき、現在のニーズにマッチしているためメリットが大きい
  • 効果的な1分動画にするために情報を明確化する
  • フリーランスに依頼する場合は、メリットだけではなく注意点も把握しておく
  • より相場より費用を抑えて依頼するために、自社内製やフリー素材の使用、相見積もりなどをする

ぜひ上記の点を見直していただき、より良いフリーランスのクリエイターと動画を制作してくださいね。

そして、ぜひ1分動画を制作する場合はVideo Worksまでご相談ください!

高クオリティの制作はもちろん、利用フォローの手厚さと適正な価格での提案で、さまざまな案件に対応いたします。

関連記事

動画制作人材探すのに困っていませんか?
フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!...

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

新着記事

埼玉県でおすすめの動画制作会社3選!依頼する際に用意しておきたいことも解説

埼玉県でおすすめの動画制作会社3選!依頼する際に用意しておきたいことも...

群馬県でおすすめの動画制作会社3選!依頼する際に用意しておきたいことも解説

群馬県でおすすめの動画制作会社3選!依頼する際に用意しておきたいことも...

山形県で魅力的な動画づくりにおすすめの動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

山形県で魅力的な動画づくりにおすすめの動画制作会社3選!プロに依頼する...

福井県で魅力的な動画づくりにおすすめの動画制作会社3選!プロへ依頼するメリットも解説

福井県で魅力的な動画づくりにおすすめの動画制作会社3選!プロへ依頼する...

富山県で魅力的な動画づくりにおすすめの動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

富山県で魅力的な動画づくりにおすすめの動画制作会社3選!プロに依頼する...

動画制作の報酬に源泉徴収は必要?動画編集やフリーランスの場合も解説

動画制作の報酬に源泉徴収は必要?動画編集やフリーランスの場合も解説

失敗しない映像・動画制作会社の重要な選び方!動画制作を依頼する場合のポイントは?

失敗しない映像・動画制作会社の重要な選び方!動画制作を依頼する場合のポ...

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!依頼の際に重要なポイントも解説

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!依頼の際に重要なポイ...

映像クリエイターを目指せるおすすめの専門学校3選!選び方のポイントも解説

映像クリエイターを目指せるおすすめの専門学校3選!選び方のポイントも解...

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイントも解説

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイント...

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/映像制作/動画編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を動画制作会社/映像制作会社に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみてください。VideoWorksでの動画制作は、動画制作会社/映像制作会社に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。