動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
YouTube動画

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説
B!

「YouTubeの再生回数が増えないのはなぜ…?」
「再生回数を増やせるYouTubeのカウント方法や仕組みを知りたい」

など、YouTubeの再生回数に伸び悩んでいる企業やご担当者はいませんか?

せっかく自信のある動画を制作し配信しても、再生回数が増えなかったり、反応がなかったりすることもあります。

ですが、しっかりと傾向と対策をたてて活かしていけば、YouTubeの再生回数を伸ばしながら、自社のブランド力の向上を目指すこともできます。

そこで本記事では、YouTubeの再生回数を増やすコツやポイントについて紹介します!

再生回数のカウント方法や仕組みについても解説していますので、ぜひ記事の内容を参考にしていただき、効果的なチャンネル運営を叶えましょう。

VideoWorksバナー②-20231023

目次

YouTube再生カウントの仕組み

YouTubeの再生カウントは、視聴者が動画の再生ボタンをクリックした回数を基に計算されますが、単純なクリック数だけではなく、特定の条件を満たした再生のみがカウントされるように設計されています。

不正操作を防ぐための仕組みがYouTubeには導入されており、同一ユーザーによる繰り返しの再生や自動化された再生はカウントから除外されるようになっています。

再生時間やユーザーのインタラクションなど、さまざまな指標を分析し、動画が実際に人間によって視聴されていることを確認しているのです。

また、再生回数を正確にカウントすることで、クリエイターや広告主にとって公平で信頼性の高い指標を提供できています。

こういった仕組みを持つYouTubeで再生回数を増やすには、視聴者が関心を持ちやすい魅力的なコンテンツを作成し、適切なタイトルやサムネイルを用いて、動画が検索結果やおすすめ欄に表示されやすくすることが重要です。

また、YouTube Studioを利用して動画のパフォーマンスを分析し、改善点を見つけることも効果的でしょう。

再生回数を増やすためにチェックしたい項目

YouTubeは、アルゴリズムに基づき、優良な動画をおすすめ欄や検索結果の上位に表示させています。

動画の再生回数を伸ばすためには、まず、このYouTubeのアルゴリズム(計算方法、課題解決の手順)がどういった項目に影響を受けているかを理解しておきましょう。

視聴回数

視聴回数は、動画がどれだけ注目を集めているかを示す基本的な指標として評価されます。

多くの視聴回数を獲得するには、魅力的なコンテンツの提供と、ターゲットとなる視聴者に適したプロモーション戦略が必要です。

総再生時間・視聴維持時間

総再生時間と視聴維持時間は、視聴者が動画にどれだけ興味を持っているか、そして動画を最後まで見ているかを示します。

長い時間視聴される動画は、「ユーザーが求めている内容の動画」としてYouTubeアルゴリズムによって推奨されやすくなるため、動画内容の質を高め、視聴者を引きつけ続ける構成と的確な動画の長さが求められます。

チャンネル登録者数

チャンネル登録者数は、チャンネルの人気と視聴者の動画に対する信頼性の指標です。

登録者数が多いほど、新しい動画が公開された際にすぐに多くの視聴者にリーチできます。

インプレッション数・クリック率

インプレッション数は動画のサムネイルがどれだけ表示されたかを、クリック率は表示されたサムネイルがどれだけクリックされて視聴されたかを示します。

魅力的なサムネイルとタイトルでクリック率を高めることが、再生回数増加の鍵です。

高評価やコメントの数

高評価やコメントの数は、視聴者のエンゲージメント(アクション)と動画の人気を示します。

積極的な視聴者の参加を促し、コミュニティを形成することで、動画の拡散を促進します。

YouTubeの再生回数を増やす動画制作のポイント5つ

それでは、YouTube動画の再生回数を増やす動画のポイントを制作の側面から5つ紹介します。

YouTubeの動画表示はアルゴリズムによるものですが、いちばん大事なことは「視聴者にとって有益な情報やコンテンツかどうか」です。

以下は、視聴者のために制作する動画を、さらに多くのユーザーに知ってもらえる動画へと引き上げるためのポイントとして活用ください。

視聴したくなるタイトルやサムネイルを作成する

視聴者がクリックしたくなるようなタイトルとサムネイルの作成は、最も重要です。

サムネイルとタイトルの良し悪しで、クリック率は雲泥の差が生まれます

タイトルは、視聴者の興味を引きつつ動画の内容がわかるようにし、キーワードを適切に含めることで検索結果にも上位表示されやすくなります。

サムネイルについては、色彩を鮮やかにし、視聴者の好奇心を刺激するような画像やテキストを使用することで、目を引くことが可能です。

あまりいろんな色味を使用してもごちゃごちゃしてしまうので、色数はできるだけ抑え、タイトルと異なるワードやテキストが望ましいです。

特に、動画の中で最も印象的なシーンをサムネイルに選ぶと良いでしょう。

冒頭で視聴者を一気に引き込む仕掛けを作る

冒頭で視聴者の注意を引き、動画の内容が魅力的であることを示すことができれば、視聴を続けてもらいやすくなります。

動画は冒頭の5秒でその先を視聴してもらえるかどうかが決まるとも言われているので、動画制作の際は特にこだわりましょう。

例えば、衝撃的な事実、面白いエピソードの紹介、質問を投げかけることで、視聴者の好奇心を刺激すると良いでしょう。

視聴維持率を意識した構成にする

視聴維持率を高めるためには、動画全体を通して視聴者の興味を保ち続けられる内容にする必要があります。

内容が途中で薄れることなく、常に次に何が起こるのかを予測させるような構成が効果的です。

視聴者に有益な情報を提供することや、エンターテイメント性を高めることも視聴維持率向上につながりますね。

また、動画自体の長さも非常に重要です。

長すぎても飽きてしまいやすく、短すぎても伝えたいことが伝わりきらないと、視聴者が消化不良になってしまいます。

無駄を作りすぎず、打ち出したい内容に対して適切な動画の長さを意識し、制作しましょう。

終了画面を活用する

終了画面は、視聴者に次のアクションを促す絶好の機会です。

終了画面とは、動画終了間際の10秒程度を指し、チャンネル登録を促すボタンや、関連する他の動画へのリンクを設置することで、視聴者をチャンネル内で留められます。

さらに、視聴者が次に見るべき動画を提案することで、チャンネル全体の視聴回数や視聴時間の増加に期待できます。

終了画面の設定は、YouTube Studioで簡単に行うことができるので、有効活用しましょう。

話題性や情報の鮮度で急上昇ページへの表示を狙う

YouTubeにおける急上昇ページへの表示を狙うには、できるだけ多くのユーザーに有益で話題性や情報の鮮度が高い動画を制作しましょう。

最新のニュースやトレンドに関連する動画を作成し、迅速にアップロードすることで、視聴者の関心を引き、大量の再生回数を獲得するチャンスがあります。

また、ソーシャルメディアなど他のプラットフォームで話題になっている内容を取り上げることも効果的です。

YouTubeの再生回数を増やす設定・運用ポイント7つ

いくら視聴者に有益な動画が制作できても、多くのユーザーにリーチしなければ意味がないですよね。

次に、YouTube動画の再生回数を増やすためのポイントを設定や運用の観点から7つ紹介します。

正しいキーワードを設定する

動画の再生回数を増やすために、キーワード設定を適切に行いましょう。

タイトル、説明文、タグに検索されやすいキーワードを含めることで、検索結果における動画の表示頻度が高まります

キーワード選定には、ターゲット視聴者がどのような言葉で動画を検索するかを考え、それに合わせた言葉を選びましょう。

また、YouTubeのキーワードプランナーや検索トレンドを利用して、人気のあるキーワードを調査するのも効果的です。

ですが、動画の内容と一致していなければ意味がありません。

予めキーワードから視聴者のニーズを抽出し、ニーズを満たすための動画を織り交ぜることで、企業の認知度向上もはかれるでしょう。

再生リストを作成し流入を増やす

再生リストの作成は、関連する複数の動画を一つにまとめ、視聴者に連続して視聴させることで再生回数を増やす効果的な方法です。

同じテーマやシリーズ物の動画を再生リストにまとめることで、視聴者の興味を持続させ、チャンネル内での滞在時間を延ばすことができます。

再生リストはユーザーが視聴しやすいように分かりやすいタイトルをつけ、説明文にはリストの内容や目的を記載するとより効果的です。

高評価やコメントでおすすめ欄や検索上位を狙う

視聴者からの高評価やコメントは、動画のエンゲージメントを示す重要な指標です。

高いエンゲージメントを持つ動画はYouTubeのアルゴリズムによって推奨されやすくなり、おすすめ欄や検索結果の上位に表示される可能性が高まります。

動画内で視聴者に対し、高評価やコメントを促すような呼びかけをすることで、エンゲージメントを高めることができます。

視聴されやすい時間帯に投稿する

動画の投稿タイミングも再生回数に大きく影響します。

ターゲットとする視聴者層が活動的な時間帯に合わせて動画を公開することで、初動の再生回数を増やすことができます。

一般的には、夕方から夜にかけての時間帯が視聴者が最も多い時間帯ですが、ターゲットによって最適な時間帯は異なるため、視聴者の活動パターンを分析し、最適な投稿スケジュールを見つけ出しましょう。

ほかのクリエイターとコラボする

ほかのYouTubeクリエイターやインフルエンサーとのコラボレーションは、新たな視聴者層にリーチし、再生回数を増加させる効果的な方法です。

コラボレーションを通じて、相手のファンベースに自分のチャンネルを紹介できます。

選択するクリエイターは、自分のチャンネルコンテンツと関連性が高く、相互のファンにとって価値のある内容を提供できる人物が理想的です。

コラボレーションの企画は、両者の視聴者が楽しめる動画になるよう、しっかり企画を練りましょう。

SNSで拡散する

自社のYouTube動画をSNSで積極的に共有し、拡散することで、より広い範囲の視聴者にリーチできます

X、Facebook、Instagramなど、さまざまなSNSアカウントを利用して、新しい動画の告知やプロモーションを行いましょう。

また、ブログやウェブサイトに動画を埋め込むことで、別のチャンネルからの視聴者増加も期待できるでしょう。

YouTubeのショート動画を利用して、YouTube内での動画の露出を増やすことも効果的です。

YouTubeの機能をフル活用する

YouTubeには、動画をコンテンツとして有効に活用するための機能がいくつかあります。

カード機能

YouTubeのカード機能は、動画視聴中に視聴者に追加情報を提供したり、他の動画やプレイリストへ誘導するための表示ツールです。

動画の再生中に、動画に編集された内容でない別の動画のサムネイルやテロップが表示されるのを見たことがある方も多いでしょう。

カードを利用して視聴者を自分の他の関連動画へと促すことで、チャンネル内での視聴時間の増加や再生回数の向上を目指します

カード機能を有効活用するには、適切なタイミングで、関連するコンテンツへのリンクを提示することが重要です。

チャプター機能

YouTube動画は、アップロードした動画にセクション(区切り)をつけて保存できるチャプター機能があり、視聴者が興味のある部分へ簡単にアクセスできるようになります

特に料理動画などの手順を説明する動画に多く使用されており、ユーザーは効率良く動画を視聴できるようになるため、動画自体への満足度を高めることにもつながります。

アナリティクス

YouTubeアナリティクスを用いて動画のパフォーマンスを分析し、何がうまくいっているのか、どのエリアで改善が必要かを把握しましょう。

視聴回数、平均視聴時間、視聴者の詳細属性やどのように視聴者が動画に流れ着いたかなどのデータを詳しく分析し、次の動画制作やマーケティング戦略に活かすことが可能です。

定期的に分析を行い、戦略を調整することで、チャンネルの成長を加速させることができます。

YouTube再生回数がカウントされない原因

YouTubeを公開していても、なかなか視聴回数がカウントされない場合、以下の原因が考えられます。

不正操作や意図的に視聴回数を上げるような行為は、すべてはじかれるような仕組みがとられていることを把握しておきましょう。

短時間で何度も再生された

YouTubeは同一アカウントからの短時間での連続再生を再生回数としてカウントしない場合があります。

これは、不正な再生回数の増加を防ぐための措置です。

例えば、自身の動画をループ再生したり、何度もリフレッシュして再生したりても、1回のみの再生としてカウントされる可能性が高いです。

動画の再生時間が短すぎる

動画がほんの数秒間だけ再生された場合、YouTubeはこれを有効な視聴とは認識しないことがあります。

具体的なカウント基準は公開されていませんが、動画を一定時間以上視聴しないと再生回数としてカウントされない可能性があるため、視聴者が最後まで見たくなるような内容を作ることが重要です。

再生回数の反映に時間を要している

YouTubeで動画の再生回数はリアルタイムで更新されるわけではなく、特にアップロード直後や再生回数が急激に増加した場合は、正確な数値が表示されるまでに時間がかかることがあります。

YouTubeが不正な再生をチェックしているために発生する場合が多いです。

少し待ってから再生回数を再度確認してみましょう。

再生回数を水増しするための不正な操作がされた

YouTubeは不正な方法で再生回数を増やそうとする試みを厳しくチェックしています。

例えば、自動再生ソフトウェアの使用やクリックファームからの大量の再生など、人工的な方法で再生回数を増やす行為はYouTubeのポリシーに違反します。

不正が発覚した場合、再生回数が削除されるだけでなく、チャンネルがペナルティを受ける可能性もあります。

自然流入の再生操作のみがカウントされることを理解しておきましょう。

再生回数を伸ばすためにしてはいけないこと

再生回数を伸ばしたい、稼ぎたいと思うのは投稿者ならば皆思うことですが、そのために行ってはいけないことがあります。

行ってしまうと、

  • おすすめに動画が表示されにくくなる
  • 不正とみなされ動画が削除される
  • チャンネル停止などのペナルティを課せられる場合がある

といったことが起こりえますので、じゅうぶんに注意しましょう。

同じアカウントで何度も再生する

YouTubeで自分の動画を何度も再生する行為は、再生回数を正当に増やす方法ではありません。

YouTubeのアルゴリズムは高度で、同一アカウントからの繰り返し再生を正確に識別し、それを再生数としてカウントしないように設計されています。

時間と労力の無駄遣いになる行為であり、動画の本当の意味での人気や受け入れられ度を歪めることにもなりかねません。

自身のチャンネルの成長と動画の普及を目指すなら、魅力的で価値あるコンテンツを制作し、正直かつ透明性のある方法で視聴者を増やすことに注力しましょう。

再生回数をお金で買わない

YouTube上で再生回数をお金で購入することは、厳しく禁じられています

この行為は、YouTubeの利用規約に明確に違反し、発覚した場合、動画の削除やアカウントの停止といった厳しい制裁を受けることになります。

再生回数を購入することは、一見するとチャンネルを短期間で成長させる便利な方法のように見えるかもしれませんが、実際には視聴者との真の関係を築くことができず、長期的なチャンネルの成功を損なうことになります。

特に企業のチャンネルとなればなおさらです。

クリエイティブなコンテンツを通じて実際の視聴者とつながり、正直なフィードバックと支持を得ることが最善の策です。

正直で公正な方法でチャンネルを成長させることで、長期的に見てより大きな満足と成果を得ることができるでしょう。

再生回数の増えるYouTube動画の制作なら「Video Works」

VideoWorksバナー①-20231023

YouTubeの動画を投稿する個人や企業は増加し、今やショート動画を含め膨大な数の動画があがっています。

そのなかから自社の制作した動画にたどり着いてもらい、まとまった時間視聴してもらうことは容易ではありません。

視聴のためのクリックを促すためには、動画の質を含め、タイトルやサムネイルといった、まずいちばん最初に目に飛び込んでくる一瞬の情報をどれだけ魅力的にできるかが重要です。

そして、クリックしてもらい動画が再生され始めたら、最後まで視聴してもらえるような動画が必要です。

ユーザーに動画をしっかり視聴してもらうためには、検索、視聴する動画の選択、冒頭の興味を引く演出、といった3つの難関を突破する必要があります。

このうち、「Video Works」は、興味を引くサムネイルや動画制作のお手伝いができます。

Video Worksは、映像制作希望者とフリーのクリエイターをつなぐマッチングを行っており、業界最大級のクリエイター登録数と案件数を誇り、全国どこからでもご利用いただけるサービスです。

YouTube動画も多数の制作実績

Video Worksは年間1,000件あまりの動画制作実績があり、様々な動画が多くの方の目に触れています。

多くの経験や実績があるので、提案力も抜群で、依頼の希望に沿いながらも再生回数を伸ばせる質の良い動画制作が可能。

ショート動画やほかのSNSでの共有や拡散を行いたい、などのご相談にももちろん対応しています。

▶ 業界最高レベルの技術や提案力でワンランク上の動画制作が目指せる ◀

Video Works制作実績①:資格の通信講座「ネバギバ」紹介動画

Video Works制作実績②:アクセス解析ツール「Usergram」サービス紹介動画

数万円〜でプロのクリエイターに制作を任せられる

VideoWorksではプロダクションを独立した、優秀な動画クリエイターが多数登録しています。

「依頼内容に深い知識や専門性を持っている方に依頼したい」「今回だけではなく、長くパートナーとして制作に携わっているクリエイターと出会いたい」といった様々な要望にお応えしています。

また、企画から丸ごとに依頼から、編集だけ、サムネイルだけ、などのスポット的な依頼まで対応できるため、案件によっては数万円〜でプロに制作を依頼できます

また、間に代理店を通さないためマージンが発生せず、適正価格での依頼が可能となっています。

▶ 欲しい作業だけ依頼ができる低コストで柔軟性の高さが魅力 ◀

最短で即日発注ができる

国内約10,000名ほどのクリエイターが登録しているため、各依頼に対して提案が集まりやすくなっています。

そのため、依頼公開からわずか数時間で提案が届くこともあり、最短でその日のうちに発注することも可能で、短時間でプロジェクトを開始できます。

しっかりクリエイターと打ち合わせをしてから決めたい場合も、発注前に直接やりとりや相談ができるので安心です。

▶ 急ぎの作業やタイトなスケジュールの依頼にも対応しやすい ◀

まとめ 〜YouTube再生回数を増やすコツを知って効果的な動画制作とチャンネル運営をしよう〜

本記事では、YouTubeの動画再生回数を増やすコツや仕組みについて解説しました。

再生回数によりYouTube上での動画自体の露出も増えるため、なんとかして再生数を増やし、少しでも多くのユーザーの目に止まるようにしたいですよね。

ですが、YouTubeのアルゴリズムはかなり高度に設計されており、小手先の対応では視聴回数や時間、エンゲージメントを伸ばすことはできません。

あくまで「視聴者に有益な質の良い動画」の制作を行い、正しい解析と運用を重ねながら、自社のブランドとしてのチャンネル運営も行っていきましょう。

そして、少しでも動画制作にお困りの方や、再生回数が増えないとお悩みをお持ちの方は、ぜひVideo Worksにご相談ください。

今まで出会えなかったクリエイターとの出会いで、新たな側面の動画制作が叶えられるかもしれません。

関連記事

動画制作人材探すのに困っていませんか?
フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

新着記事

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイントも解説

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイント...

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼す...

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解説

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解...

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解...

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも...

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/動画編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を動画制作会社/映像制作会社に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみてください。VideoWorksでの動画制作は、動画制作会社/映像制作会社に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。