動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
YouTube動画

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも
B!

「広告の種類や課金方法はどうなってる?」
「ターゲット層に自社をアピールしていくたに適切な広告選びをしたい」
「YouTube広告を出稿するのに入札の仕組みを知りたい」

YouTube広告を、企業やサービスの認知、新規顧客や販路拡大に向けた選択肢の1つとしている広報担当者も多いでしょう。

ですが、効果的な広告運用のためには、YouTube広告の仕組みをしっかり把握しておく必要があります。

そこで本記事では、YouTube広告の種類や課金形式と、入札方式の仕組みについて解説します。

出稿までの流れやポイントについてもまとめているので、ぜひ記事の内容をYouTube広告の活用にお役立てください。

目次

YouTube広告とは

YouTube広告とは、Googleの広告サービスの一環としてYouTube上で表示される広告です。

YouTubeの動画再生ページ、ホームページ、検索結果ページなどでユーザーに表示され、視聴者を企業のウェブサイトやLP(ランディングページ)へ誘導します。

見込める効果として、

  • ブランド認知度を高める
  • サービスや製品の比較検討層にアプローチ可能
  • 製品やサービスを宣伝し、購買アクションを促す

などがあり、世界で25億人、日本でも7,000万人を超えるというYouTubeの月間アクティブユーザーに訴求できるメリットがあります。

また、Google広告プラットフォームを通じ、広告のターゲティング、予算設定、パフォーマンス追跡などを行うことができます。

また、YouTubeでホストされた動画広告は、YouTubeだけではなく、Googleの審査に通過し、良質なパブリッシャーと認められたGoogle動画パートナーのウェブサイトやモバイルアプリにも掲載可能です。

YouTube広告の仕組み

YouTube広告への出稿を考えるなら、まずは配信が決まる仕組みや課金システムを理解しておきましょう。

以下のポイントに分けて見ていきます。

入札(オークション形式)の仕組み

YouTube広告の配信は、Google広告システムを通じてのオークション形式がとられています。

ここでのポイントは、必ずしも最高額を入札した広告主が広告枠を獲得するわけではないということです。

広告主は特定の広告スペースに対して入札を行い、最終的には入札額と広告の品質スコアに基づいて広告の表示が決定されます。

広告の品質スコアは、広告の関連性やクリックスルー率(CTR)、ランディングページの質などに基づいて決定されます。

したがって、品質スコアが高ければ、比較的低い入札額でも広告枠を獲得することが可能になり、実際の支払い額は、「実際のクリック単価」として知られ、競合他社の入札額に依存します。

例えば、A者が100円を入札し、B社が90円を入札した場合、落札したA社が競合であるB者が入札した金額プラス1円で配信できるので、この場合は、A社が91円で広告配信できることになります。

予算設定

YouTube広告の予算設定では、キャンペーンの目的や期間、目標オーディエンスなどに基づいて適切な予算額を決定することが重要です。

また、市場の動向や競合の活動によっては、予算を調整する必要があります。

1日の平均予算の設定

1日の平均予算は、キャンペーンに毎日割り当てる予算額で、1日あたり広告にかけることができる最大の費用を意味します。

例えば、1日の予算を5,000円に設定した場合、1ヶ月間での総予算は約152,000円(5,000円 x 30.4日)となります。

重要なのは、この平均予算が日々変動する可能性がある点です。

ある日は予算未満で終わることもあれば、別の日には設定した予算を超えることもあります。

共有予算の活用

共有予算は、複数のキャンペーン間で予算を分配する際に利用される設定で、あるキャンペーンが予算未消化で終わった場合、その残りの予算を他のキャンペーンで使用することができます。

例えば、1日の共有予算を10,000円とし、2つのキャンペーンに配分した場合、一方のキャンペーンが7,000円使ったとすれば、残りの3,000円はほかのキャンペーンに自動的に再配分されます。

特定の期間やイベントに合わせて複数のキャンペーンを出稿する際に、効率的に管理するのに最適です。

課金の仕組み

YouTube広告には3種類の課金方法があり、それぞれ費用の換算方法が異なります。

広告の種類ごとに課金方法は定められているので、まずは課金の種類と内容を確認しておきましょう。

CPV(視聴単価) 広告費用 ÷ 視聴回数 = 視聴回数1回あたりのコスト(CPV)
CPM(表示単価) 広告費用 ÷ 表示回数 ×1000= 表示回数1000回あたりのコスト (CPM)
CPC(クリック単価) 広告費用 ÷ クリック数= 1クリックあたりのコスト(CPC)

CPV(Cost Per View/視聴単価)

YouTube広告のCPVは、ユーザーが広告動画を一定時間視聴した場合に課金される方式です。

通常、広告が30秒以上視聴されたり、視聴者が広告をクリックしたりした場合に課金が発生します。

この方式は、広告が実際に視聴者の関心を引いているかどうかを反映しているため、広告主にとっては実際の興味や関与度に基づいた効果的な予算配分が可能となります。

広告の視聴回数に応じて費用が発生するため、視聴率や関心度を高める動画制作が必要です。

CPM(Cost Per Mille/表示単価)

CPMは、広告が1000回表示されるごとに課金される方式です。

この課金方式は、特にブランド認知度の向上や広告の露出を重視する場合に適しています。

CPMでは広告が表示されること自体に価値があるため、実際の視聴やクリックには依存しません。

広告が広範囲に表示されることで、自社のブランドやメッセージを広く伝えることができます。

広告の価格は市場の需要と供給によって変動するため、ターゲティングの精度や広告のクオリティを高めることが効率的な広告運用の鍵になるでしょう。

CPC(Cost Per Click/クリック単価)

CPCは、広告がクリックされるごとに課金される方式です。

この方式は、実際に広告が視聴者の行動を促すことができた場合にのみ費用が発生するため、特に商品やサービスの購入やウェブサイトへの誘導など具体的な成果を目指すキャンペーンに効果的です。

CPCでは広告のクリック率や転換率を高めるために、ターゲットに響くメッセージや魅力的なビジュアルが重要となります。

また、CPCの費用は市場の競争や広告の質によって変動するため、継続的な分析と最適化を行いましょう。

YouTube広告の種類と課金の仕組み

YouTube広告は現在6種類あり、種類により特性や課金方法が異なります

広告の種類 特徴 課金方法 費用相場
スキップ可能なインストリーム広告 ユーザーが動画を5秒以上視聴した後に広告をスキップできる広告 ・30秒以上視聴した場(CPV)
・広告リンクをクリックした場合(CPC)
2円〜25円ほど/1回
スキップ不可のインストリーム広告 主に15秒以下の動画で構成される、ユーザーがスキップできない広告 ・表示回数によって課金、1,000回〜(CPM) 400円〜600円ほど
インフィード動画広告 ユーザーがコンテンツを探している場所に表示される広告 ・広告リンクをクリックした場合(CPC) 3~20円ほど/1クリック
バンパー広告 動画再生前後や途中に表示される6秒以内の短い動画広告 ・表示回数によって課金、1,000回〜(CPM) 400円〜600円ほど
アウトストリーム広告 YouTube以外のGoogle動画パートナーのウェブサイトやアプリで表示される動画広告 ・表示回数によって課金、1,000回〜(CPM) 400円〜600円ほど
マストヘッド広告 YouTubeのトップページ最上部に表示される大規模な広告 ・表示回数によって課金、1,000回〜(CPM) 数百万円〜/1日の場合もある

スキップ可能なインストリーム広告

※出典:Google:YouTubeヘルプ

スキップ可能なインストリーム広告は、ほかの動画の再生前、再生中、または再生後に表示される動画広告で、広告が開始されてから5秒後に、視聴者は広告をスキップできます

この広告形式の課金方式はCPV(Cost Per View/視聴単価)で、ユーザーが広告を30秒以上視聴するか、広告に関連する操作(例えば、クリック)を行った場合にのみ課金されます。

この方式は、低予算でも広告を展開でき、視聴者の関心度に応じて効果的な広告配信が可能なため、企業やサービスの認知度を高めたい場合に有効です。

配信先 YouTube 動画、Google 動画パートナー
動画の尺指定 長さの上限なし(3分未満を推奨)
特徴 ユーザーが広告をスキップできるため強制感が少なく、請求対象が視聴回数のみになるため安価で出稿できる

スキップ不可のインストリーム広告

※出典:Google:YouTubeヘルプ

スキップ不可のインストリーム広告は、15秒〜30秒の視聴者が途中でスキップできない広告形式で、通常、30秒以下の動画で構成され、他の動画の再生前、再生中、再生前後に表示されます。

この形式の課金方式はCPM(Cost Per Mille/表示単価)で、広告が1,000回表示されるごとに料金が発生します。

この広告はブランド認知度を高めるのに適しており、動画を見終わるまで全ての視聴者に広告メッセージを届けることができます。

その分強制感があるため、動画としての魅力ある広告の制作が求められるでしょう。

配信先 YouTube 動画、Google 動画パートナー
動画の尺指定 15秒〜30秒
特徴 ユーザーが広告をスキップできないため、メッセージ全体を視聴してもらえるが、強制感を与えやすい

インフィード動画広告

※出典:Google:YouTubeヘルプ

インフィード動画広告は、YouTubeの検索結果や関連動画のリストなど、ユーザーがコンテンツを探している場所に表示される広告形式です。

サムネイルと短いテキストで構成されており、ユーザーが広告をクリックすると動画が再生されます。

課金方式はCPC(Cost Per Click/クリック単価)で、広告がクリックされた場合のみ料金が発生します。

特定のターゲット層に直接アピールし、ブランド認知度を向上させるのに有効です。

配信先 YouTube ホームフィード、YouTube 検索
動画の尺指定 長さの上限なし
特徴 情報収集や検索の段階で関心の高いユーザーに広告を表示できる

バンパー広告

※出典:Google:YouTubeヘルプ

バンパー広告は、スキップできない6秒以内の短い動画広告です。

YouTube動画やGoogle動画パートナーのウェブサイトやアプリに動画の再生前、再生中、または再生後に表示され、特にブランド認知度の向上に効果的です。

課金方式は目標インプレッション単価(tCPM)で、広告が1,000回表示されるごとに料金が発生します。

コンパクトでインパクトのあるメッセージを伝えるのに最適で、幅広いオーディエンスにリーチするための手段として利用されます。

また、インストリーム動画と併用したり関連する動画を制作したりすることで、お互いに相乗効果を生み、より高い効果が期待できます。

配信先 YouTube 動画、Google 動画パートナー
動画の尺指定 6 秒
特徴 スキップできない短いメッセージで、認知度の向上やほかの広告の効果を高めることに役立つ

アウトストリーム広告

※出典:Google:YouTubeヘルプ

アウトストリーム広告は、Google動画パートナーのモバイルウェブサイトやアプリで表示されるモバイル専用の広告です。

広告は音声なしで自動再生され、ユーザーがタップすると音声がオンになります。

モバイルアプリでは、アウトストリーム広告はバナー、インタースティシャル(操作して画面が切り替わる際に表示される全面広告)、インフィード、ネイティブ(Webメディア内の一般記事に溶け込むように表示される広告)形式で表示され、縦向きモードと全画面表示モードの両方に対応。

広告の料金は、動画が視認範囲で2秒以上再生された場合にのみ発生する視認範囲のインプレッション単価(vCPM)で計算されます。

モバイルユーザーへのリーチ拡大に効果的で、比較的低コストで広告を展開できます。

配信先 Google 動画パートナー
動画の尺指定 長さの上限なし
特徴 Google 以外のお気に入りのサイトを閲覧しているユーザーに認知してもらえる

マストヘッド広告

※出典:Google:YouTubeヘルプ

マストヘッド広告は、YouTubeのトップページ最上部に表示される大型広告で、特に大規模なキャンペーンや重要なブランドメッセージを一目で伝えたい場合に効果的です。

音声なしで自動再生され、一目で大量の視聴者の注意を引くことができます。

この広告はGoogleの営業担当者を通じ、予約ベースでのみ利用できるタイプで、ほかの5種類の広告とは少々異なります。

パソコン、モバイル、テレビ画面それぞれで再生仕様が異なり、パソコンとテレビ画面では、動画再生後にサムネイル表示になり、動画やサムネイルをクリックすると、動画のYouTube再生ページに移動します。

モバイルでは、広告見出しのテキストや説明文のほか、CTA(カスタム外部リンク)のテキストが表示でき、広告をクリックするとYouTube 動画再生ページに移動します。

料金はインプレッション単価(CPM)に基づいており、特に広告効果の高い曜日や特別なイベントの期間中に設定すると効果的です。

大規模な露出とブランド認知度の向上を狙う場合に最適ですが、その分コストも高額になることがあるため、予算と相談しましょう。

配信先 YouTube ホームフィード、テレビ向け YouTube アプリのホームフィード
動画の尺指定 パソコン:30秒、モバイル・テレビ画面:長さの上限なし
特徴 新しい商品やサービスの認知度を高め、短期間で大規模なオーディエンスにリーチできる

出稿の流れと仕組み

入札や課金の仕組み、広告の種類を把握したら、広告の目的やコンセプトに合わせて広告動画を制作します。

制作できた動画は、以下の手順を踏んで出稿しましょう。

広告配信に使用するGoogleアカウントを作成

YouTube広告を出稿するためにはまず、Google広告アカウントの作成が必要です。

Googleアカウントをもともとお持ちの場合は、そのアカウントを使用してGoogle広告に登録し、広告配信の準備を進めます。

Google広告アカウントを通じて、キャンペーン管理や広告費用の支払い、パフォーマンスのトラッキングなどを行うことができます。

広告動画を制作しアップロード

広告として使用する動画をYouTubeにアップロードします。

YouTube広告は広告品質も入札に関わってくるので、動画は広告のメッセージや目的に沿って制作し、視聴者に魅力的でわかりやすい内容を心がけましょう。

広告一つひとつに品質スコアや広告ランクが設けられ、広告入札の一因になりえます。

  • 入札単価
  • 広告とランディングページの品質や有用度
  • 広告としての最低限の品質
  • 出稿広告やそのほかの広告の情報量

出典:Google広告ヘルプ:広告ランクについて

アップロード後は、動画のタイトルや説明文、タグなどを設定し、適切なカテゴリに分類します。

キャンペーンを設定

Google広告アカウントから「新しいキャンペーン」を作成し、キャンペーンの目標を設定します。

目標としては、ブランド認知度の向上、ウェブサイトへのトラフィックの増加、コンバージョンの促進などがあります。

キャンペーンのタイプを「動画」とし、サブタイプに応じて広告形式を選択します。

複数の広告の組み合わせる場合は「広告シーケンス」を選択しましょう。

入札戦略や予算・日程を決定

キャンペーンの入札戦略を決定し、予算を設定します。

予算には「日別」または「キャンペーン合計」の選択が可能で、広告の期間と総予算を考慮して決定します。

入札戦略は、目的に応じて「コンバージョン数の最大化」「クリック数の最大化」などから選択します。

ターゲットを決定

広告のターゲットを決定します。

これには、地域や言語、性別、年齢、興味関心など、さまざまなセグメントがあります。

【オーディエンスターゲティング】

  • 年齢
  • 性別
  • 子供の有無
  • 世帯収入
  • 詳しいユーザー属性
  • 特定のトピックに高い関心を示すユーザー(アフィニティ セグメント)
  • ライフイベント
  • 特定のテーマに対して、積極的に情報収集しているユーザー(購買意向の強いセグメント)
  • リターゲティング(データ セグメント)

【コンテンツターゲティング】

  • プレースメント
  • トピック
  • キーワード
  • デバイス

【その他のターゲティング】

  • 地域
  • 言語
  • 曜日/時間帯

具体的なターゲットを設定することで、関連性の高いオーディエンスに広告を届けることが可能です。

出稿する広告の設定

最後に、広告の詳細を設定します。

これには、広告のタイトル、説明文、最終的なリンク先URLなどが含まれます。

広告内容がGoogleのポリシーに違反していないことを確認し、問題がなければキャンペーンを開始します。

広告はGoogleによる審査を経て承認され、その後に配信が開始されます。

広告品質を上げるためのポイント

YouTube広告は、入札価格と広告の品質で配信入札が決まります。

また、せっかく広告を配信できても、広告動画自体が魅力的でなければ、スキップできる配信方式もある分、成果が上げにくくなる可能性もあります。

ブランドイメージにも関わってくる広告動画の制作について、品質を上げるためのポイントをまとめました。

目的やターゲットに沿った広告を制作する

YouTube広告の内容は、ターゲットや目的に合致している必要があります。

特定の目標に合わせて動画広告を作ることで、広告の効果が高まります

例えば、ブランド認知度を高めたい場合、冒頭で視聴者の注意を引くような構成の短尺の動画が良いでしょう。

長尺の動画は、詳細情報の提供や製品の詳細紹介に適していますが、見続けてもらうために視聴者が飽きない、気になってしまう工夫が必要です。

若年層向けの広告であれば、パッと目を引く色味や耳に入る言葉を利用し、勢いよくパンバー広告を打っても有効かもしれませんね。

ターゲットのニーズや関心に基づき、目的に沿ったメッセージや内容を盛り込むことが重要です。

LP(ランディングページ)を充実させる

広告をクリックした後に訪れるLP(ランディングページ)は、広告のメッセージと一貫性を持たせ、ユーザーに対して明確な行動を促す必要があります。

ランディングページは、広告を見た視聴者が最初に訪れ、目にするページです。

魅力的で分かりやすいデザインと情報で構成し、広告の内容と相違ないようにしなければ意味がありません。

また、応答時間の速さやモバイルフレンドリーな設計も重要な要素となります。

YouTube広告の品質スコアにも加味されるランディングページの充実度は、広告を制作する以外にも、常日頃から整備しておきたい部分ですね。

メッセージをしっかり伝える

広告のメッセージは明確で簡潔であることが重要です。

視聴者が動画を見始めた最初の数秒間で興味を引き、メッセージを伝える必要があります。

また、視聴者が広告の内容を理解し、関連するアクションを取りやすいようにするために、映像効果やテキストを適切に組み合わせることが肝心です。

また、視聴者が広告のどの部分に着目し記憶すればいいのか、わかりやすい情報を提示できると広告としても印象に残りやすくなるでしょう。

ABCDフレームワークを活用する

Googleが提唱するABCDフレームワークを活用することで、広告の品質を向上させることができます。

  • Attention:没入型のストーリーで注目を集め、視聴者の関心を引き込む
  • Branding:早い段階で、頻繁に、そして十分にブランドを認知してもらう
  • Connection:ブランドストーリーと視聴者の感情を結びつける
  • Direction:ブランドが望むアクションを視聴者に対して明確に提示して行動を促す

出典:Think with Google – RIZAP、アドビ、カネボウの YouTube 広告の作り方 —— ABCD フレームワークで広告効果が向上

それぞれの要素に注目し、視聴者のエンゲージメントを高め、目的に合ったアクションを促すような広告を作成します。

GoogleとKANTARの共同調査によると、上記4つの要素を盛り込むことで短期的な売上リフトが30%、長期的なブランド貢献度は 7%も向上するという結果がでています。

フレームワークを活用して、広告効果だけではなく、製品やサービス、ブランド価値の向上も目指していきましょう。

PDCAを回し広告の最適化を目指す

広告の品質向上には、PDCA(計画-実行-評価-改善)サイクルを回し続けることが不可欠です。

広告のパフォーマンスを定期的に分析し、改善点を見つけては実装することで、効果的な広告運用が可能となります。

Googleによる品質スコアを参考にしてみるのも良いでしょう。

市場やターゲットの変化に合わせて広告戦略を調整し、常に最適化を目指してください。

YouTube広告の品質を上げるなら「Video Works」

VideoWorksバナー①-20231023

YouTube広告はYouTubeだけではなく、Google動画パートナーのウェブサイトにも配信できたりと、巨大なプラットフォームを活かした多様な広告配信が何よりの魅力です。

ほかのSNSよりも利用者数も多く利用者層も幅広いため、様々なターゲットに向けた広告展開が可能になります。

ですが、多様な仕組みをすべて理解し、「自社だけで広告を制作し運用まで対応しきっていくのが難しい」「広告を自社内製しているけど、思うような成果が出ない…」という方もいらっしゃるでしょう。

特に遷移先のランディングページの充実度を向上させる必要を考えると、品質の良さも入札に関わってくる動画制作は、プロに任せてしまう方が懸命です。

映像制作希望者とフリーのクリエイターをつなぐ「Video Works」なら、ハイクオリティな広告動画を制作できます。

利用方法も、Video Worksのサイトに登録をして専用フォームに予算や依頼内容を記入し、公開依頼を押すだけでクリエイターに依頼が共有され、提案がもらえます。

Video Worksのポイント①:最短即日で発注可能

10,000名を超えるクリエイターが全国から登録しいるため、依頼に対し提案が集まりやすくなっています。

そのため、条件が合えば最短即日での発注も可能です。

また、依頼前に事前打ち合わせもできるため、話を直接聞いて依頼先を決めたい方も安心です。

クリエイターに直発注なので、予算を含め制作中もクリエイターに直接相談でき、スムーズに制作を進めていけます。

▶ 短納期の動画制作にも柔軟に対応できる ◀

Video Worksのポイント②:YouTube広告をはじめ制作実績が豊富

Video Worksでは、年間約1,000件の案件を依頼いただいており、多数の映像作品が視聴されています。

短尺の動画から、しっかりとサービス内容を伝えたい60秒広告まで、YouTube動画に最適な動画制作も各種対応可能

「やっと自社のパートナーとして依頼できるクリエイターに出会えた」など、ご利用者からもお喜びの声をいただいています。

多数の提案をもらえるためVideo Works内での相見積もりが可能となっており、思いがけないクリエイターとの出会いも利用の醍醐味です。

Video Works制作実績①:エン・ジャパン株式会社 様

Video Works制作実績②:英治出版株式会社 様

▶ 豊富な経験による提案力でより質の高いYouTube広告動画が制作できる ◀

Video Worksのポイント③:数万円〜依頼できる

Video Worksでは間に代理店が介在しないため、余計なマージンが発生せず、適正価格でクリエイターに直依頼できます

企画から丸ごとの依頼から、編集だけ、イラストだけ、ナレーションだけなどのスポット依頼まで対応可能なため数万円〜依頼可能

様々な得意分野を持ったハイクオリティな動画を制作できるクリエイターが登録しているので、映像制作に関することでしたら何でもご相談ください。

動画初心者の方やクリエイターとのマッチングを希望する方にも利用いただきやすいよう、専任のコンシェルジュにより無料サポートもございます。

▶ 多様なご依頼にも対応できるため広告担当初心者も安心して利用できる ◀

まとめ 〜YouTube広告の仕組みを正しく理解して効果の上がる運用をしよう〜

本記事では、YouTube広告の仕組みについて解説しました。

YouTube広告は入札や課金方式の仕組み、多様な広告形態があり、広告担当の初心者の方だとわからないことも多くありそうです。

ですが、広告運用は1度きりのものではなく、いかに継続して運用改善を行い、長期的に利益を生み出していけるかが重要です。

ぜひ記事の内容を参考に、YouTube広告での効果の最大化をはかりながら運用していきましょう。

そして、広告品質の向上を目指したい場合は、ぜひ「Video Works」にご相談ください。

豊富な経験と提案力を持ったクリエイターが、効果の上がるYouTube広告を制作いたします。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

サービス紹介動画の活用事例9選!制作種類ごとにポイントも詳しく解説

サービス紹介動画の活用事例9選!制作種類ごとにポイントも詳しく解説

サービス紹介動画の作り方を初心者向けに解説!実写とアニメーションの制作の違いも

サービス紹介動画の作り方を初心者向けに解説!実写とアニメーションの制作...

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。