動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
動画編集

動画編集スクールは無駄で意味ない?やめとけと言われる理由や受講のメリットも解説

動画編集スクールは無駄で意味ない?やめとけと言われる理由や受講のメリットも解説
B!

「動画編集スクールの受講って無駄で意味がないとか、やめとけって言われてるけど本当?」
「無駄にしない動画編集スクールの選び方や受講のメリットが知りたい!」

今後も右肩上がりの需要が予想されている動画編集の仕事ですが、上記のように情報をお求めの方はいませんか?

動画編集のスキルを習得するには、独学か動画編集スクールを受講するかの2択が主な選択肢です。

ですが、動画編集スクールでの受講について「無駄」「意味ない」「やめとけ」と言われていることをご存知でしょうか。

独学では不安だからと動画編集スクールの受講を検討されている方には見過ごせない情報ですよね。

そこで本記事では、動画編集スクールは無駄で意味がないと言われる理由を解説します!

動画編集スクールの受講が無駄になりにくい人の特徴や、スクールの選び方についてもまとめているので、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

動画編集コースのバナー_1200-628-20240214

目次

動画編集スクールが「無駄」「やめとけ」と言われる理由は?

動画編集スクールでの受講は、口コミでも「無駄」「意味ない」「やめとけ」と書かれていることがあります。

ですが、誰にでもその感想や評価が当てはまるわけではありません

動画編集スクールが無駄と言われる主な理由は以下です。

  • 初心者向けの内容が多い
  • スクールに通わなくても独学でできると思っている人がいる
  • 受講費用が高い
  • 必ず卒業後に動画編集で稼げるわけではない
  • 受講内容や使用ソフトが古い場合がある
  • スクールの学習スタイルによっては続かないことがある

初心者向けの内容が多い

動画編集スクールが「無駄」と言われる理由のひとつとして、初心者向けのカリキュラムが多いことです。

多くのスクールは、動画編集の経験が全くない未経験者を主な対象とし、プロとして活躍していけるまでの教育を目的としています。

これにより、基本的な操作や機能の説明が中心となり、経験者にとってはすでに熟知している内容を再度学ぶことになる可能性があります。

このため、経験者にとってはスクールでの学習が物足りなく感じられることがあり、「無駄」「やめとけ」という評価につながっているのです。

逆に、初心者の方にとってはスクールに通うメリットのほうが大きいでしょう。

スクールに通わなくても独学でできると思っている人がいる

動画編集スキルは、スクールに通わずともYouTubeや書籍などを通じて無料または低コストで学ぶことが可能です。

適切なソフトウェアやハードウェアを揃えることに一定の費用はかかりますが、それ以外の大きな出費は避けられます。

また、独学は自分のペースで自由に学べるうえ、特に費用面を重視したい学習希望者にとって魅力的なため、動画編集スクールの必要性を問う声につながっています。

独学では学習しきれる自信がない、という方はスクールでの受講がおすすめです。

受講費用が高い

受講料の高さも、動画編集スクールの是非を問う声のひとつしてあがっています。

一般的に動画編集スクールの料金は数万円から数十万円と幅広く、特に学生や節約を重視する人にとっては高額に感じられることがあります。

ですが、この費用対効果は、スクール卒業後のキャリアをどうしたいかや、スキルの実用性によって大きく異なります。

例えば、スクールで得たスキルを副業や転職に活かせば、費用を回収することも十分可能です。

また、どういった内容を重視しているのかによって受講料も異なっており、分割払いや給付金制度を利用すれば、より経済的に学べることもあります。

必ず卒業後に動画編集で稼げるわけではない

動画編集スクールを卒業したからといって、必ずしも動画編集で稼げるようになるとは限りません

スクールでは基本的な技術や知識を学ぶことができますが、それだけで動画編集者としてすぐに独り立ちし、稼げるようになるわけではありません。

実際の業界では、技術力だけでなくクリエイティブな発想や顧客とのコミュニケーション能力も重要です。

こういった実際の現場で必要なスキルは、実践を積みながら学んでいくことでもあるので、一朝一夕でどうにかなるものではない、ということは認識しておきましょう。

なかには、動画編集自体のスキルとともに、案件対応や営業スキルを学べるスクールもあります。

卒業後になるべく早く案件を獲得したい方は、営業スキルを学べるスクールに通うことをおすすめします。

受講内容や使用ソフトが古い場合がある

動画分野は日々進化しており、新しい技術やトレンドが常に登場しています

ですが、一部の動画編集スクールでは、古いカリキュラムやソフトウェアを用いた授業を行っている場合があります。

これでは、最新の市場動向や技術を反映したスキルを習得することができず、古い知識しか身につけられない可能性があります。

常に最先端のアイディアやスキル、トレンドを扱っていく動画制作の業界では、知識遅れは致命的です。

最新の動画編集技術を学ぶために、カリキュラムが常に最新の状態に保たれているスクールを選びましょう

スクールの学習スタイルによっては続かないことがある

動画編集スクールの学習スタイルは多岐にわたり、その中には受講生の学習習慣やライフスタイルに合わないものもあります。

例えば、集中的な通学型のコースは、忙しい社会人や主婦にとっては負担が大きく、途中で挫折してしまうこともあります。

また、オンラインコースでも多い自学習型では、個人での学習管理が求められるため、一定の自律性や積極性がなければ学習を継続するのが難しい場合があります。

そのため、学習を継続し受講しきるには、自分のライフスタイルや学習習慣に合ったスクールを選ぶことが重要です。

動画編集スクールを受講するメリット

せっかく受講料を支払って動画編集スクールで学ぶことを検討するのであれば、しっかりスクールに通うメリットを理解し、効率良く学んでいきたいですよね。

動画編集スクールに通うメリットが合わなければ、受講する意味を成しません。

まずはご自身に合うかどうかを確認しましょう。

  • 未経験でもスキルを一から学べる
  • 独学よりも効率的に学べる
  • 仲間やクリエイターとのつながりが生まれる
  • 実績を積みやすい

未経験でもスキルを一から学べる

動画編集スクールは、特に動画編集の経験がない初心者が受講するのに最適です。

基礎から学べるカリキュラムが用意されているところがほとんどで、ソフトウェアの使い方や基本的な編集技術、映像制作の理論など、動画編集に必要なスキルを段階的に習得できます。

未経験者でも確実に基本的な知識と技術を身につけ、徐々に実践的なスキルを向上させやすい環境が整っています

もしくは、独学で学んできて学習につまずいた方が、基礎から学びなおす場として利用するのが良いでしょう。

独学よりも効率的に学べる

動画編集スクールでは、自学習で個々の学習進度に合わせて学んでいけるところが多くあります。

また、わからないところや不明点をすぐに質問できるシステムが整っているところもあります。

独学では見逃しがちなポイントも講師の指導で補えるため、独学よりもつまずきにくく、挫折する確立が少なくなり、効率よく学習を進めることが可能です。

また、独学では自分のペースになりすぎてしまい、うまく学習を進められない方が期間を設け、自分の学習意欲を奮いたたせるためにスクールに入学する、という方も。

また、様々なプロジェクトや実践的な課題に取り組むことで、独学では学習できない現場で直面する問題解決能力も身につけられます

仲間やクリエイターとのつながりが生まれる

同じ目標を持つ学生や、業界で活躍するクリエイターとのネットワークを築くチャンスが多いことも、動画編集スクールのメリットです。

クラスメイトや講師との交流は、学習における刺激や支援になるだけでなく、将来のキャリア構築に役立つ貴重なコネクションを築くことにもつながります。

業界の動向を知る機会や、将来の仕事の機会につながることもあり、スクールならではの最大のメリットと言えるかもしれません。

実績を積みやすい

動画編集スクールでは、卒業時には自分のポートフォリオを作成する機会が多くあります

ポートフォリオがあることで、就職やフリーランスとしてのキャリアをスタートする際に、自分の技術やセンスをアピールできます。

また、実際にスクールが運営するYouTubeや提携先から、実践経験を積ませてもらえる機会があることも大きいでしょう。

ポートフォリオは、クライアントや雇用主に対して自分の能力を証明する重要なツールとなり、仕事を獲得する上で大きなアドバンテージになりえます。

スクールで実績を積むことは自信を持つことにもつながり、自分の技術を信じて積極的に活動するきっかけにもなるでしょう。

動画編集スクールの受講が無駄になりにくい・向いている人の特徴

では、実際にご自身が動画編集スクールを受講しても無駄になりにくいか、向いているのかをチェックしてみましょう。

以下の項目に当てはまる方は、動画編集スクールの受講が無駄になりにくい方です。

  • 明確な目的を持って学べる人
  • 独学での学習に不安がある人
  • 卒業後にしっかり仕事として稼ぎたい人
  • 積極的に学んだり質問したりできる人
  • 実践しながらスキルを学びたい人

明確な目的を持って学べる人

動画編集スクールでは、明確な学習目的を持っている人が、いちばん受講のメリットを受けやすいです。

学習の目的は人ぞれぞれで、プロの動画編集者を目指すことかもしれませんし、副業や趣味としてスキルを磨くことかもしれません。

ですが、明確な目的があることで、学習内容に集中し、必要な技術や知識を効率的に吸収できます。

目標が明確な人は、スクールでの学びを最大限に活用し、目的に沿った成果を得やすい特徴があります。

独学での学習に不安がある人

独学での動画編集学習に不安がある人も、動画編集スクールの受講が有効です。

独学では得られない指導や、課題や作品へのフィードバック、質問への即時回答など、専門的なサポートを受けられます。

スクールならではの学習サポートで、学習の効率が高まり、迷いや不安を減らしながら必要なスキルを身に付けられるでしょう。

卒業後にしっかり仕事として稼ぎたい人

動画編集スクールは、特に卒業後に動画編集を仕事として稼ぎたいと考えている人に適しています。

多くのスクールでは、実際の仕事で求められる技術や業界のトレンドに基づいた教育を行っています。

また、案件獲得の方法やクライアントとの交渉術など、実務に必要な知識も提供されることが多いです。

動画編集を仕事にしていくには、編集の技術だけではなく、人とのコミュニケーション力や対応力が必要です。

実際に案件獲得していく前に実践として経験できることは、大きなメリットですよね。

積極的に学んだり質問したりできる人

積極的に学習に取り組み、分からないことがあれば質問できる人にも、動画編集スクールの受講がおすすめです。

積極的な姿勢で学習に取り組むことで、学習過程での疑問や課題を迅速に解決し、効果的な学習ができるでしょう。

また、講師や他の受講生とのコミュニケーションを通じて、新しい視点やアイデアを得ることもできます。

クリエイティブな仕事なため、積極性や情報への敏感さは切っても切り離せません

実践しながらスキルを学びたい人

動画編集スクールは、実際に手を動かし、経験を通して学びたい人に最適です。

多くのスクールでは、実際の編集作業を行いながら学習するカリキュラムが設定されており、理論だけでなく実践的なスキルも習得できます。

実践的なアプローチを行うことで、理解を深め、仕事で直面するような現実的な問題解決能力を養うのに役立ちます。

知識だけではなく、肌で体感し経験を積んでいけることで、自信にもつながります。

動画編集スクールの受講が無駄になりやすい・「やめとけ」となる人の特徴

逆に、以下のポイントに当てはまる方は、動画編集スクールでの学習は合いにくいかもしれません。

スクールでの学習を検討中の方は、少し考え方や学ぶ姿勢を変えてみると、より学習内容を吸収しやすくなるでしょう。

  • 独学でスキルを習得できる自信がある人
  • コミュニケーションが苦手な人
  • 費用をかけずに学びたい人
  • スクールに通えば稼げるようになると思っている人
  • 受け身で学習しようとしている人

独学でスキルを習得できる自信がある人

動画編集スクールの受講が無駄になりやすい人の特徴のひとつとして、自ら独学でスキルを習得できると自信がある人があげられます。

独学を選択する人は、一般的に自律性が高く、独自の学習方法で効率的に学べる方が多いでしょう。

スクールで決められたカリキュラムや指導よりも、自分のペースで学ぶことを好む傾向にあります。

独学を選ぶ人は、動画編集スクールの教材や学習スタイルが必ずしも自信のニーズに合わない可能性が高いです。

コミュニケーションが苦手な人

コミュニケーションが苦手な人も、動画編集スクールの環境に適応するのが難しい場合があります。

多くの動画編集スクールでは、グループプロジェクトや講師との相談が重要な学習の一部となっています。

通学型の場合、教室内で仲間と一緒に受講することもあります。

コミュニケーションが苦手な人には、仲間や講師とのやりとりが必要な環境で学ぶことにストレスを感じるかもしれません。

また、クライアントやチームメンバーとの効果的なコミュニケーションが業務の重要な要素となるため、コミュニケーションスキルが欠けている場合は、スクールでの学びや将来のキャリアに影響を与える可能性があります。

コミュニケーションが苦手でも、仕事を得るためや今後のキャリアを考えて克服したい、と考える方には、スクールでの実践は良い練習になるでしょう。

費用をかけずに学びたい人

動画編集スクールの受講には一定の費用がかかります。

費用をかけずに学びたい、または最小限の投資で学びたいと考える人には、動画編集スクールは適していない可能性があります。

現在はYouTubeや各種のブログなどでも、基本的なスキルについて解説しているものもあります。

そのため、無料または低コストのオンラインリソースや自習用教材を活用することで、必要なスキルを習得することも可能です。

費用対効果を重視する人は、動画編集スクールの費用とそれが提供する利益を比較検討してみましょう。

スクールに通えば稼げるようになると思っている人

スクールに通えばすぐに稼げるようになると考えている人は、動画編集スクールの受講が無駄になったり向いていない可能性が高いです。

動画編集は技術だけでなく、クリエイティビティや業界・市場でのニーズに合わせた応用力も求められます

動画編集で稼げるようになるには、学んだことを実践に生かすための受講後の継続的な努力と時間が必要です。

スクールでは基本的なスキルと知識を得られますが、卒業後すぐに収入に結びついたり稼げるようになったりすることを保証するものではありません

受け身で学習しようとしている人

最後に、動画編集スクールの受講が向いていないと言えるのは、受け身で学習しようとする人です。

動画編集の習得には実践的な経験と積極的な学習姿勢が求められます。

自身で積極的にスキルを習得しようとする意欲がないと、スクールでの学習は効果的ではなく、投資した時間や費用が無駄になる可能性があります。

また、受講後も仕事は勝手に舞い込んでくるものではありません。

特にフリーランスの場合、営業をしたり、クライアントになりうる方へ効果的に見つけてもらいやすいように行動していく必要があります。

学習後にどのようにすれば稼いでいけるのか、仕事にするための行動方法もしっかり考えて検討しましょう。

受講を無駄にしない動画編集スクールの選び方や受講のポイント7つ

では、動画編集スクールを選ぶ際にどういったポイントに気をつければいいのか見てみましょう。

ポイントは主に以下の7つです。

  1. 学習スタイルが合う無理なく続けられるスクールを選ぶ
  2. 身につけたいスキルやゴールに合ったスクールを選ぶ
  3. 受講生の作品や実績を確認してみる
  4. 学びの時間を確保する
  5. 受け身にならず積極的に学習する
  6. わからないことはそのままにしない
  7. 受講後からが本番であることを認識する

①学習スタイルが合う無理なく続けられるスクールを選ぶ

動画編集スクールを選ぶ際は、自分の学習スタイルに合ったスクールを選びましょう。

オンライン授業が良いのか、対面の授業が適しているのかを考え、生活リズムや仕事との両立を考慮したうえで選択が重要です。

また、カリキュラムの内容や期間も、無理なく続けられるかどうかを見極めるポイントになります。

自分に合った学習方法であれば、モチベーションを維持しやすく、スクール受講を最大限に活かせます。

②身につけたいスキルやゴールに合ったスクールを選ぶ

動画編集スキルの習得を目指す際、目標や目指すキャリアに応じて最適なスクールを選びましょう。

例えば、専門的な技術を身につけたい場合は、その分野に特化したスクールを選ぶことが大切です。

YouTube動画の編集を実践できるスクールや、後々にディレクションなどの業務まで対応したい場合は、チームで企画から動画を制作できるスクールなどが良いでしょう。

また、フリーランスとして活動したい場合は、実務で役立つスキルや案件獲得のノウハウを教えてくれるスクールがおすすめです。

自分の目標に合わせてスクールを選ぶことで、学習効果を最大化できます。

③受講生の作品や実績を確認してみる

スクール選びの際には、卒業生の作品や実績を確認してみるのも良いでしょう。

スクールのウェブサイトやパンフレットで卒業生の作品が紹介されていることが多く、そのクオリティや内容からスクールの学習・教育レベルを判断できます。

また、卒業生がどのような分野で活躍しているかを知ることで、自分が目指すキャリアに近いスクールかどうかを確かめられますよ。

④学びの時間を確保する

スクールを受講する際には、学びの時間をしっかり確保することが大切です。

スクールの授業だけでなく、自宅での復習や課題に取り組む時間も必要です。

忙しい日常の中でも、一定の学習時間を確保し、効率的にスキルを身につけるために時間管理を意識しましょう。

⑤受け身にならず積極的に学習する

受け身の姿勢ではなく、積極的に学ぶことが大事です。

授業で学んだことをどう応用するか、自分なりの工夫を凝らしてみるなど、自発的に学びを深める姿勢が重要です。

わからないことがあれば積極的に質問し、理解を深めましょう。

また、通学型のスクールの場合は特に、仲間と一緒に受講したり、グループワークを行ったりする機会を設けているスクールもあります。

フリーランスの場合は、案件を獲得するための交渉スキルや、クライアントやチームでの作業においてのコミュニケーションスキルも重要です。

積極性をスクールで学び、少しでも卒業後の練習をしておけると良いでしょう。

⑥わからないことはそのままにしない

スクールでの学びの中で、わからないことはそのままにせず、積極的に質問し解決しましょう。

不明点をすぐに質問することで、正しく理解でき、学習につまずくことが減るので、モチベーションを維持しやすくなります

また、講師や他の受講生とのコミュニケーションを通じて、新しい視点やアイデアを得られることも。

わからないことを放置せず、積極的に解決を図ることで、より充実した学びができます。

⑦受講後からが本番であることを認識する

最後に、スクールを卒業した後が本番であるという認識を持つことが大切です。

スクールで学んだ技術や知識をどのように活用し、実際の現場で生かしていくかが重要です。

スクール卒業後も自身での情報収集はもちろん、スキルアップを目指す姿勢を持ち続けましょう。

動画編集は常に新しい技術やトレンドが登場する分野なので、学び続けることが成功への鍵となります。

動画編集スクールを無駄にしたくないなら案件獲得のスキルを学べる「Chapter Two」!

Chapter Two-動画編集コース-20240104

動画編集の学習についても、それぞれの知識レベルや学習スタイルによって、どういった学習の進め方が合うかは異なってきます。

独学は自分の思う通りに自分のペースで進めていけるのに対し、スクールではある程度の決められた期間で集中して学習を進めていけ、プロのクリエイターや仲間とのつながりも育んでいけますね。

そのなかで、動画編集スクールでの受講を決めた際に、どのスクールで学べばいいのか、困ってしまう方もいるでしょう。

編集スキルを学べるだけではなく、受講後に動画編集者として仕事を獲得していけるスキルを身につけたいですよね。

そんな方におすすめなのが、案件獲得のスキル獲得に特化した「Chapter Two」です!

特にフリーランスとして動画編集の仕事をしていきたい方にぴったりの、実践型学習ができるスクールです。

おすすめポイント①:実績を作るための案件紹介をしてくれる

ポイントのひとつめが、受講終了後、提携サービスから案件の紹介を受けられることです。

テストに合格した受講生には、スクール側から仕事を発注をしてくれたり、副業やフリーランスで対応していけるよう、案件の紹介をしてくれたりします。

自身のレベルに合わせ、提携サービスからの高単価案件の紹介があることも大きなメリットですね。

また、卒業生限定のコミュニティでは卒業生同士での案件紹介もあるので、案件獲得のサポート体制が充実。

最初の収益獲得まで徹底したフォローがあるので、着実に実績を積んでいくことが出来て安心ですね。

おすすめポイント②:動画編集/Webデザインツールを実質無料で受講できる

Chapter Twoでは、受講期間の3ヶ月間、動画編集ツールやWebデザインツールが実質無料で利用できます

After EffectsやPremiere Proなどを含んだAdobe Creative Cloudのソフトウェアが無料で使えるため、学習初期の負担が減ります。(※受講期間後の4ヶ月目以降は支払い発生)

また、毎週提出する課題にプロが添削してくれるので、上達が格段に速くなり、実際に受注して制作した作品に関しても添削を受けられるのが大きなメリットです。

受講料に関してはクレジットカードの分割払いが可能です。

おすすめポイント③:案件獲得の営業スキルを学べる

単に技術を身につけるだけでなく、案件獲得のための営業スキルも重点的に学べます

商談方法の学習を通じて、自信を持ってクライアントと交渉できるスキルが身につきます。

サポート期間内であれば、実際の商談に講師が同伴してくれるため、プロの技術と経験を直接学ぶことも可能

契約書や見積書などの必要書類のテンプレートも提供されるので、仕事の準備も万全です。

また、オンライン講義ながらバーチャルオフィスを採用しているため、質問がしやすく、周囲の仲間とコミュニケーションが取りやすい環境が整えられています。

24時間質問可能な体制でモチベーションを保ちやすく、継続的に収益を生むクリエイターを目指せる、質の高い指導が受けられます

「Chapter Two」受講生制作実績

まとめ 〜動画編集スクールでの受講が無駄になるのは「やめとけ」の理由に当てはまる人が多い〜

本記事では、動画編集スクールの受講が「無駄」「意味ない」「やめとけ」と言われる理由について解説しました。

動画編集スクールの受講が合うかどうかは、動画編集スクールに通うメリットが合うか合わないか、ということでしたね。

ある程度のスキルがある方や、月に数万円の副業や趣味に活かす程度を想定している方にとっては、数十万円という費用は高額に思えるでしょう。

ですが、未経験から職にしたいと考えている方からすると、一から教えてもらえるスクールは有益なことが多いですよね。

スクール選びも予算やスクールごとの特徴をしっかり確認して、自身の学習スタイルに合うところを選びましょう。

また、おすすめの動画編集スクールとして「Chapter Two」を紹介しました。

Video Worksでもサービス提携を行っていますが、受講生の質の高い動画制作には定評があります。

Video Worksは年間1,000件もの案件対応を行っている業界最大規模のクリエイターマッチングサービスです。

ぜひ案件獲得の機会を逃さず、動画編集クリエイターとしての一歩を、Chapter Twoで踏み出しましょう!

動画編集コースのバナー_1200-628-20240214

関連記事

動画制作人材探すのに困っていませんか?
Chapter Twoの動画編集コース

ピックアップ記事

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

新着記事

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイントも解説

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイント...

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼す...

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解説

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解...

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解...

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも...

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

人気記事

カテゴリー

無料相談会はこちら

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/動画編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を動画制作会社/映像制作会社に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみてください。VideoWorksでの動画制作は、動画制作会社/映像制作会社に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。