動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
動画編集

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも解説
B!
動画編集だけをプロに依頼する場合の費用相場はどれくらいか」
「プロに動画編集依頼する場合の依頼先選びのポイントがあれば知りたい」

限りある予算のなかで、どれだけ費用対効果の高い動画が制作できるか、いつも頭を悩まている広報担当者の方は多いでしょう。

できるだけ自社内製を行い、対応できない作業のみをプロに依頼することで費用を抑えることは可能ですが、そのなかでも外注しやすい工程が動画編集です。

ですが、費用相場がわからないと、そのほかの工程でどれほどの予算を割いていいのかわかりません。

そこで本記事では、動画編集をプロに依頼する場合の費用相場について解説します。

動画編集を依頼する前に用意しておくべきことや、依頼先選びのポイントについてもまとめているので、これから動画制作をされるご担当者は、ぜひ最後まで目を通していただき、納得できる動画制作を目指しましょう。

■この記事の結論■

  • 動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は10万円から50万円以上
  • 依頼先は安さだけでは選ばず、全体のバランスを見ながら検討しよう

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場

コスト

動画編集は、一般的には10万円〜50万円が費用相場です。

また、動画の内容や長さによっても相場は大きく変わります。

主な動画ジャンルごとの費用相場を見てみましょう。

動画の種類 費用相場
商品・サービス紹介 10万円〜30万円以上
企業PR・採用系 20万円〜50万円以上
イベント・セミナー系 5万円〜20万円
研修動画 5万円〜15万円
YouTube動画 5千円〜数万円

商品・サービス紹介:10万円〜30万円以上

商品やサービスを紹介する動画の場合、費用はだいたい10万円から30万円以上が相場です。

この価格帯で、商品の魅力を伝える動画やサービスの使い方を解説する動画などが作れます。

ただし、どれだけ凝った演出を加えるかによって、費用は上がる傾向にあります。

シンプルな動画であれば予算を抑えられますが、特別な効果やアニメーションを多用すると、それだけ費用がかかります。

企業PR・採用系:20万円〜50万円以上

企業のPRや採用を目的とした動画は、20万円から50万円以上が相場です。

企業のイメージを高める動画や、働きがいのある職場環境を紹介する動画などがこの範囲で作成可能です。

こちらも、動画の内容やクオリティによって費用が変動します。

たとえば、社員インタビューや職場の様子を紹介する動画であれば、比較的低予算で制作できることもありますが、プロのナレーターや特別な撮影技術が必要な場合は、編集の作業が増えるため、費用が高くなります。

イベント・セミナー系:5万円〜20万円

イベントやセミナーの動画編集は、内容の長さや編集の複雑さによって費用が変わります。

基本的には5万円からスタートし、20万円程度までを見込んでおくと良いでしょう。

たとえば、単に講演の映像をトリミングして短くするだけなら、低価格で済みますが、複数のカメラアングルからの映像を組み合わせたり、資料の挿入や特別なエフェクトを加えたりすると、費用は上がります。

研修動画:5万円〜15万円

研修動画は、新入社員教育やスキルアップ研修など、社内で使う教材として使われることが多く、内容によっては比較的シンプルな編集で済むこともあります。

そのため、5万円からのスタートとなり、内容が複雑でなければ15万円以内で収まることが多いです。

ただし、研修内容が専門的で、特定の技術やプロセスを細かく説明する必要がある場合は、それに応じて費用が増える可能性があります。

YouTube動画:5千円〜数万円

YouTube動画の編集ですが、こちらは5千円から数万円と、比較的リーズナブルな価格で依頼できます。

趣味の動画や情報発信、商品紹介など、さまざまな目的でYouTubeを利用している方々にとって、手軽にプロの技術を利用できるのは大きなメリットです。

しかし、より専門的な編集技術が必要な場合や、アニメーション、特殊効果を多用する場合は、数万円の費用がかかることもあります。

また、YouTubeでは、視聴者の注意を引くためにクオリティの高い編集が求められることが多いため、内容に応じて適切な予算を見積もることが大切です。

動画編集をプロに依頼するメリット

虫眼鏡・ひらめきのイメージ

今は無料で利用できる動画編集ソフトや、スマホで編集できてしまったりと、難しくない編集作業であれば、個人でも作業は可能です。

ですが、やはり「動画=企業の名刺」とも言うべき現代において、重要な動画編集プロに依頼することのメリットは大いにあります。

クオリティの高い動画にできる

動画編集をプロに依頼する最大のメリットは、何と言ってもそのクオリティの高さです。

プロの編集者や制作会社は、最新の技術と豊富な経験を持っており、ただ映像をつなげるだけでなく、視聴者の心を掴むような魅力的な動画を制作できます

例えば、動きのあるアニメーションや、目を引くトランジション(映像の切り替え効果)を加えることで、動画に深みや動きを出すことが可能です。

また、色調整や音響効果の最適化など、細部にわたる調整を行うことで、全体のクオリティを格段に向上させることができます。

動画制作にかかる労力や時間を削減できる

動画編集は、専門的なスキルと時間を要する作業です。

自社で行う場合、撮影した素材の整理から始まり、編集、効果の追加、フォーマット変換など、多くの作業をこなす必要があります。

専門的な知識だけでなく、適切なソフトウェアや機材も必要です。

こういった作業をプロに依頼することで、内部での作業負担を大幅に軽減できます。

社内のリソースを他の重要な業務に集中させることが可能になり、全体の業務効率の向上にも繋がるでしょう。

プロならではの提案をもらえる

計画・立案のイメージ

プロの動画制作会社や編集者から、多くのプロジェクトを手がけてきた経験や知識で、ニーズに合わせた提案をもらえることもメリットのひとつです。

提案には、ターゲットとする視聴者層に最適な動画のスタイルや、メッセージの伝え方に関するアドバイスが含まれます。

また、最新のトレンドを取り入れた動画制作の提案を受けられることも多いでしょう。

プロからの提案を取り入れることで、より効果的な動画を制作することができ、結果として視聴者の関心を引き、目的を達成しやすくなります。

動画編集を依頼する前に用意しておきたいこと

チェックリストの前で鉛筆を持つ男性

動画編集をプロに依頼することになった場合、イメージに沿ってスムーズに編集作業を行ってもらうためにも、念入りに事前準備をしておきましょう。

情報をしっかり伝えることで、作業途中のやりとりを最小限に留め、かつよりクオリティの高い動画に仕上げてもらいやすくなります

ターゲットや目的・予算などの情報をまとめておく

マ^ケティングのイメージ

動画編集をプロに依頼する際、まず必要なのが「ターゲット」「目的」「予算」の明確化です。

誰に向けて、どれくらいの予算で何を目的として制作するか、の情報がはっきりしていると、編集の方向性が決まりやすく、効果的な動画を制作ます。

例えば、若年層をターゲットにした製品紹介動画では、ポップで動きのある編集が求められるかもしれません。

一方で、ビジネスマン向けのサービス紹介動画では、シンプルで情報量の多い編集が好まれるでしょう。

また、予算を明確にしておくことで、無駄なコストを避け、効率的に動画制作を進めることができます。

予算内で最大限の効果を出すためにも、これらの情報は事前にしっかりとまとめておきましょう。

シナリオ・絵コンテを作成しておく

動画編集の依頼をスムーズに進めるために、シナリオや絵コンテを事前に準備しておきましょう。

シナリオは動画の「ストーリーライン」を示し、絵コンテは「画面の流れ」を視覚的に表現したものです。

シナリオと絵コンテを用意しておくことで、編集者に対して具体的なイメージを伝えることができ、より意図に沿った動画を制作してもらいやすくなります。

特に、動画のキーメッセージや伝えたい情報が多い場合、シナリオや絵コンテがあると、それらを効果的に伝えるための編集方法を一緒に考えやすいため便利です。

また、修正が必要になった時にも、シナリオや絵コンテがあれば、どの部分をどう変更するかが明確になり、作業がスムーズに進みます。

BGMを用意する

動画編集を依頼する際には、なるべくBGM(背景音楽)を事前に選んでおきましょう

BGMは動画の雰囲気を大きく左右するため、動画の内容やメッセージに合った音楽を選ぶことが大切です。

BGMの制作を依頼してももちろんOKですが、その分費用がかかってしまうことも多いので、予算と合わせて相談することをおすすめします。

また、既存曲を使用する場合は、著作権に配慮した音楽選びも必要になります。

フリーの音楽素材を利用する場合でも、使用条件を確認し、必要な場合はクレジット表記を忘れずに行いましょう。

動画制作会社に依頼する場合、音楽の選定や著作権管理もサポートしてもらえることが多いですが、自分で用意したBGMがあれば、それを伝えることでより理想に近い動画を制作してもらえます。

配信媒体を決めておく

広告配信

動画をどのプラットフォームで配信するかを事前に決めておくことも大切です。

YouTube、Instagram、Facebook、自社サイトなど、配信する媒体によって最適な動画のフォーマットや長さ、解像度が異なります。

例えば、SNS用の動画では短めのものが好まれ、自社サイトではもう少し長めの内容が許容されることがあります。

また、媒体によっては縦型動画の制作が必要など、フォーマットも異なります。

配信媒体を明確にしておくことで、編集者はその要件に合わせた動画を制作できるため、効果的な動画配信が可能になります。

参考にしたい動画をピックアップしておく

動画編集を依頼する前に、参考にしたい動画をピックアップしておきましょう

自分の頭の中にあるイメージを、編集者に具体的に伝えるために非常に便利です。

参考動画を示すことで、「こんな感じの動画にしたい」「この動画のような雰囲気を出したい」という要望を、言葉で説明するよりも明確に伝えられます。

また、動画のスタイル、トーン、カット割り、色使いなど、具体的な編集の方向性を示すことができるため、よりスムーズに理想の動画を制作してもらいやすいでしょう。

費用を抑えて動画編集を依頼するためのポイント

虫眼鏡・はてな

動画を制作する際に気になることの最たるものが費用です。

できるだけ費用を抑えつつ、費用対効果の高い動画編集を依頼するために押さえておきたいポイントを解説します。

制作実績を確認する

動画編集をプロに依頼する際、まず重要なのが制作実績の確認です。

制作実績をチェックすることで、その会社がどのような動画を得意としているか、過去にどんなクライアントと仕事をしてきたかがわかります。

例えば、企業のPR動画を作りたい場合、同じような業種やジャンルの動画制作実績がある会社なら、安心して依頼できるでしょう。

また、実績を見ることで、動画のクオリティやスタイルも把握でき、自社のイメージに合うかどうかを判断する材料になります。

実績が豊富な会社ほど、多様な要望に応えることができる可能性が高いため、費用を抑えつつも期待に応える動画を制作してもらいやすくなります。

必要な分だけ依頼する

依頼・引き抜くイメージ

動画編集の費用を抑えるためには、必要な分だけ依頼するという点も大切です。

全てを一からプロに任せると、当然費用は高くなりますが、例えば撮影済みの素材がある場合は編集のみを依頼することでコストを下げることが可能です。

また、動画の中で特に重要な部分だけプロの手を借りて、残りは自社で対応するという方法もあります。

さらに、動画の長さや使用するエフェクトの種類、アニメーションの複雑さなどを事前に検討し、本当に必要な機能や演出に絞り込むこともコスト削減につながります。

プロジェクトの初期段階でしっかりと計画を立て、無駄なコストがかからないようにすることが重要です。

相見積もりをする

動画編集を外注する際、費用を抑える一つの方法として相見積もりがあります。

相見積もりとは、複数の制作会社やフリーランスから見積もりを取り、それらを比較検討することです。

相見積もりをすることで、各社の価格や提供サービスの内容を明確に理解でき、最もコストパフォーマンスの高い選択が可能になります。

しっかり比較するために、最低でも3社以上から見積もりをとりましょう

市場の相場感も掴めるため、適正価格で質の高い動画編集を依頼できます。

ただし、見積もりを比較する際には、価格だけでなく提案内容や過去の実績、納期なども総合的に評価することが重要です。

安さだけで選ばない

資料のイメージ

動画編集の外注先を選ぶ際には、安さだけで決めるのは避けましょう。

確かに予算は重要な判断基準のひとつですが、安いからといってその会社が自社のニーズに合ったサービスを提供できるとは限りません

安さを追求するあまり、最終的に満足のいく動画が得られなかったり、追加で修正が必要になって結果的にコストがかさむこともあります。

価格と同じくらい、提案内容の質、対応の速さ、過去の制作実績なども総合的に評価し、バランスの良い選択を心がけることが大切です。

安さだけでなく、価格に見合った価値が提供されるかどうかの費用対効果を見極めて、依頼先を決めましょう。

動画の制作規模に合った依頼先を選ぶ

プロジェクトの規模や目的、予算に応じて、広告代理店、制作会社、フリーランスの中から最適なパートナーを選ぶことが、コストを抑えつつ質の高い動画を制作するポイントの一つです。

例えば、大規模なプロモーション動画であれば、豊富な実績を持つ制作会社が適しているかもしれません。

一方で、小規模なプロジェクトや限られた予算内での制作であれば、コストパフォーマンスに優れたフリーランスの編集者が適している場合があります。

広告代理店を通じて依頼する場合は、代理店を通すことで発生するマージンも考慮に入れておきましょう。

費用相場よりも安く動画編集を依頼したい方は「Video Works」に相談

VideoWorksバナー①-20231023

動画制作は企画構成〜撮影までの工程ももちろん重要ですが、編集作業により、クオリティは大きく左右されます。

素材や内容がよくても、うまく編集できていないと、伝えたいメッセージやPRしたい内容の良さを伝えきれません。

また、プロに依頼したくても「動画制作の知識が乏しくどこに依頼したらいいかわからない」「いろんな会社やクリエイターに問い合わせて見積もりをとる時間がない」とお困りのご担当者もいらっしゃるでしょう。

映像制作希望者とフリーのクリエイターをつなぐマッチングサービスの「Video Works」なら、そんなお悩みを解決しつつ、クオリティの高い動画制作が可能です。

様々な動画編集・制作の実績が豊富

Video Worksでは、年間1,000件以上の案件に対応しており、ジャンルや用途を問わず様々な動画制作や動画編集案件を承っております

現在登録しているクリエイターは10,000名以上なので、制作スキルはもちろん、経験豊富なクリエイターからご依頼に対して提案が集まりやすいことも魅力のひとつです。

ニーズに沿いながらも、ワンランク上の動画制作を目指せます

Video Works制作実績①:広告用動画 書籍「ティール組織」

Video Works制作実績②:イベント動画「ECO EDO 日本橋 2016 ~五感で楽しむ、江戸の涼~」

数万円〜でプロクリエイターに依頼できる

Video Worksでは、企画から丸ごとの依頼はもちろん、編集だけ、アニメーションだけ、といったスポット的な依頼まで対応しています。

数万円〜でプロクリエイターに依頼できるため、少ない予算でも動画編集を依頼できます。

また、代理店を通さないため適正価格でクリエイターに直発注できることも魅力です。

最短即日で発注可能

現在、10,000名を超えるクリエイターや制作会社がVideo Worksに登録しています。

ご依頼に対して一定の提案が集まりやすくなっており、早いときは5分ほどで提案がかえってくることも。

そのため、条件が合えばその日のうちに発注まで行うことも可能で、納期にも柔軟に対応

1社1社問い合わせをして返答を待って・・・という手間と時間が省けるので、効率よく相見積もりができます。

また、「どのように依頼すればいいかわからない」「依頼内容に合うクリエイターを紹介して欲しい」という方は、無料のコンシェルジュサービスもございますのでぜひご利用ください。

まとめ 〜動画編集を依頼する際の費用相場は10万円から50万円以上〜

本記事では、動画編集をプロに依頼する場合の費用相場について解説しました。

一般的な相場は、10万円〜50万円以上で、動画のジャンルや長さ、どこまでクオリティを求めるかで大きく異なることがわかりました。

企画から丸ごと依頼するよりも費用を抑えて動画制作ができるので、企画や撮影など、クオリティを損なわない範囲で自社内製できる場合は、自社で対応しきれない作業だけ外注できると良いですね。

それでも、外注先によって料金幅はあるので、自社のニーズに合っているか、相見積もりをとりながら、料金だけにとらわれず、全体的なバランスを見ながら依頼先を決めましょう。

そのなかでも、「Video Works」は案件依頼を投稿するだけで、登録しているクリエイターから提案をもらえ、自動相見積もりができるので手間も時間も省けてとても便利です。

もちろん制作クオリティも業界最高レベル。

ぜひ動画編集の依頼先にお困りの場合は、Video Worksへご相談ください。

関連記事

動画制作人材探すのに困っていませんか?
フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

新着記事

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社3選!依頼先選びのポイントも解説

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社3選!依頼先選びのポイント...

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼す...

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解説

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解...

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解...

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも...

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/動画編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を動画制作会社/映像制作会社に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみてください。VideoWorksでの動画制作は、動画制作会社/映像制作会社に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。