動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
動画編集

動画編集スクールの料金相場を知りたい!安くて質の高い学習スタイル別おすすめスクール6選

動画編集スクールの料金相場を知りたい!安くて質の高い学習スタイル別おすすめスクール6選
B!

「動画編集スクールの料金相場ってどれくらい?」
「料金が安めで質の高い動画編集スクールを知りたい!」

動画編集の仕事は、今後も右肩上がりで需要が高まると予測されています。

正しく知識を身につければ、現在の仕事に活かすことも、副業やフリーランスで本格的にスキルを活用して稼いでいくこともできます。

そのためには、動画編集スクールでの受講を検討される方も多いですが、気になるのはスクールの内容や料金ですよね。

独学と比べるとだいぶ先行投資が必要になるため、できるだけスキルが身につく質の高いスクールを選びたいもの。

そこで本記事では、動画編集スクールの料金相場とおすすめのスクールについて紹介します!

学習スタイルごとの特徴やスクール選びのポイントについてもまとめているので、ぜひ最後まで読んでいただき、最適なスクール選びの参考にしてくださいね。

動画編集コースのバナー_1200-628-20240214

目次

動画編集スクールの料金は20万円〜80万円ほど

一般的な動画編集スクールの料金はスクールによって差が大きく、約20万円〜80万円です。

この料金は、スクールの種類や学ぶ内容によって異なります。

また、スクールによっては割引や給付金制度を利用できたりもするので、その場合は通常の料金より少し安く受講できることもあります。

動画編集スクールで学べること

動画編集ソフトやツールの使い方

動画編集スクールでは、Premiere ProやAfter Effectsといった動画制作の現場で使われている一般的な動画編集ソフトの操作方法を学んでいきます

映像のカット編集、音声調整、色彩補正、特殊効果の追加など、動画制作に必要な基本的なスキルを習得できるでしょう。

また、実際のプロジェクトに近い形での実践的な演習を通じて、理論だけでなく実践的なスキルも身につけることができます。

未経験から学べるカリキュラムを用意しているスクールがほとんどなので、新たなキャリアへ踏み出したいという方にもおすすめです。

案件獲得のための営業スキル

動画編集の技術だけではなく、フリーランスや副業として活動する際に必要な営業スキルも学習内容に加えているスクールがあります。

クライアントに自分のサービスを売り込む方法、価格交渉のテクニック、クライアントやチーム内での信頼関係の構築方法などが含まれます。

また、ポートフォリオの作成指導やクライアントからのフィードバックの受け方など、実際の案件獲得につながる知識を習得できるスクールもあります。

クライアントやチームで制作を進めるためのコミュニケーションスキル

動画制作は個人で行うこともありますが、チームやクライアントとの共同制作を行なう場合も多くあります。

特に通学型の動画編集スクールでは、チームメンバーやクライアントと効果的にコミュニケーションを取るためのスキルを学べるスクールもあります。

意見の交換やアイデアの共有、プロジェクトの進捗管理、対人のスムーズな対応や問題解決など、実際の職場では多岐にわたる考え方を持っていることで、うまく立ち回れます。

プロジェクトを成功に導くために必要な、作業スキル以外の人間力を学べることは、大きな財産となるでしょう。

動画編集スクールの料金と内訳

まずは、動画編集スクールの料金と、内訳がどうなっているかを見てみましょう。

どこにどういった経費がかかっているかで、スクールの特性や費用を安く抑えるポイントを見つけやすくなります。

入学金:〜数万円

動画編集スクールへの入学には入学金が必要な場合があります。

入学金はスクールによって異なり、無料の場合もあれば、高いところでは数万円かかることも。

また、スクールによっては入学金の記載が公式サイトになく、契約時に初めて請求されるケースもあります。

説明会や相談会に参加する際には、入学金の有無や金額について確認しておくと良いでしょう。

受講料:15万円〜80万円

受講料はスクール選びにおいて最も重要なポイントのひとつです。

通学型かオンライン型かによって費用相場に差があり、通学型は費用が高くなる傾向にあります。

受講料には通常、授業料の他にメンターやトレーナーのサポート、就職・転職相談、案件紹介などのサービスが含まれることが多く、相場は通常15万円〜80万円ほどです。

受講内容やどういったサポートが受けられるかによって受講料は変動するので、自身に必要なサービスはどういったものかを予め見極めておくことが重要です。

その他料金:〜数万円

設備費も動画編集スクールを選ぶ際に考慮すべきポイントです。

通学型の場合、校舎の環境を自由に利用できることが魅力ですが、その分設備費がかかることがあり、別途数万円かかることがあります。

この料金は授業料に含まれている場合と、別途請求される場合があり、かつスクールのサイトに表示されていないこともあるので、事前に確認しましょう。

オンライン型やミックス型のスクールの場合、設備費は比較的低いことが多いので、トータルの料金を抑えたい場合は、これらの点もチェックしておくと良いでしょう。

また、受講にあたってのパソコン代や、使用するソフトの購入代金なども別途費用としてかかります。

ほとんどのスクールで学習内容として含まれているAdobe Premiere ProやAdobe After Effectsは、月額2,728 円(税込)。

Creative Cloudもいくつかのソフトがセットになってオトクですが、学割を適用するには購入資格が必要で、個人での購入金額とあわせると、1,980円〜 6,480円(税込)の料金幅です。

オンラインの場合は、学習にあたってWi-Fi等一定量の電波の確保も忘れないようにしましょう。

※2024年1月現在

動画編集スクールの種類と特徴

動画編集スクールは、大きく分けて以下の2種類に分かれます。

  • オンライン型動画編集スクール
  • 通学型動画編集スクール

なかには、ご自身の都合に合わせてオンラインか通学型か選べるスクールもあります。

料金相場や仕組みを理解する前に、まずはスクールの種類と特徴から見てみましょう。

オンライン型動画編集スクール

オンライン型動画編集スクールは、特定の教室を持たず、または講座を教室で直接行なわずに、オンラインを利用して遠隔で受講できます

コロナ禍を機にオンライン型を導入しているスクールも多くあり、通学時間がないため時間を効率よく使えることから、近年人気が高まっています。

メリット デメリット
  • 費用が安い
  • 自分の都合に合わせて学べる
  • どこからでも学べる
  • 時間効率が良い
  • 直接的なコミュニケーションがとれない
  • モチベーションの維持が難しい

メリット

オンライン型動画編集スクールは、料金が比較的安く、時間と場所を選ばずに、受講者のライフスタイルに合わせて学習できるという大きな利点があります。

通学がないため、その分忙しい方も時間を有効に使えますね。

講義用の教室や設備を持たなくて良い分、スクールのスペース等施設費用がかかりにくいため、料金が安くなる傾向があります。

また、全国どこからでも受講でき、遠方であっても学びたいスクールで学べることは大きなメリットです。

動画自体の見直しができる講座も多いので、繰り返し視聴できることで理解も深まりやすくなります。

主婦の方や社会人など、学習する方を選びにくいのも魅力のひとつです。

デメリット

オンライン型スクールのデメリットとしては、質問への即時回答が難しいことや、モチベーションの維持が難しい点が挙げられます。

特に学習中に生じた疑問点や不明点を解消するサポートが限られることがあり、わからない点を抱えたままになると、学習の進みに支障が出てしまいますよね。

不明点が生じた場合の早めのフォローがあるか、相談できるサポートはあるかなどしっかり調べておきましょう。

また、オンライン型は直接学習の様子を講師やメンターに見てもらえるわけではないので、学習の自由度が高い分、自分でペースを作り学びを進めて行く必要があります。

受講中のつまずきが、学習自体のモチベーションを下げてしまうことも多くあります。

自分で学習配分ができるか、挫折せずに進めていけるかなども検討しましょう。

通学型動画編集スクール

通学型動画編集スクールは、直接スクールの教室に通い、対面で受講する方法です。

直接講師からスキルを学べるため、臨場感溢れるなかで受講でき、ほかの受講生や仲間とも交流を持ちやすいことが特徴です。

メリット デメリット
  • 質問がしやすく疑問点を解消しやすい
  • コミュニケーションを取りやすい
  • 臨場感を感じながらモチベーションを維持しやすい
  • 費用が高くなりがち
  • 通学のアクセスが悪いと時間・交通費の負担がかかる

メリット

通学型動画編集スクールの最大のメリットは、その場で直接質問ができる点です。

特に学び始めの頃は、わからないことも多く、学習を進めるうえで理解につまずくこともあるでしょう。

また、わからないままの状態が続くことは、学習上ストレスを感じやすいです。

通学型では、疑問や不安を解消しやすく、学習をスムーズに進めやすいので、特に初心者にとっては理解を深めるのに良い環境だと言えます。

また、ほかの受講生と交流をもつこともでき、モチベーションを維持しやすいこともメリットですね。

直接コミュニケーションを取ることでわかることや得られることも多いため、交流を持ったり学びの空気感を肌で感じたりしたい方にはおすすめです。

デメリット

一方で、通学型スクールのデメリットとしては、受講料が高くなりがちな点が挙げられます。

スクールそのものの賃貸料や設備費などが反映されるため、オンライン型に比べるとコストが高くなりがちです。

また、通学にかかる時間と距離も検討の際に考慮しましょう。

仕事の合間などに通学する方だと、アクセスの利便性が高い場合は問題ありませんが、長距離を移動する場合、通学にかかる時間や交通費が負担になるケースも少なくありません。

あまり学習以外の余計な負担が増えてしまうと、モチベーションが下がりやすくなってしまい、受講を続けられなくなってしまう可能性もあります。

逆に交通の利便性を重視しすぎても、本当に学べる内容がなかったり、講師や講座の質が落ちてしまったりしても困りものです。

通学型の場合、特に地方に住む方にとっては選択肢が限られることもあるので、コミュニケーションをとりやすいライブ型のオンライン講義を行っているスクールの受講を検討してみましょう。

受講スタイル別の料金や相場の違い

自身に最適な動画編集スクールを選ぶには、受講スタイルによって料金や相場が異なることを理解しておくのも良いでしょう。

以下では、それぞれのスタイルに応じた料金や相場の違いを見ていきましょう。

完全オンライン型:10万円〜30万円

完全オンライン型の動画編集スクールは、場所の制約がなく、時間も自由に選べることが魅力です。

オンライン型スクールの料金相場は10万円から30万円程度と幅広く、主に学習内容やサポート内容によって差が出ます。

スクールによって基礎的な知識やスキルを身につけられるところもあれば、本格的にフリーランスとして卒業後活躍することを目的とした講座もあります。

スクールとしても、固定の教室維持費が削減できること、一度学習動画を制作してしまえば効率よく学習内容を提供できるため、比較的安価に設定されているのが特徴です。

一方で、直接の指導ではなく学習時間も自由なため、その分質問への回答等のサポート体制が限られる場合があります。

ご自身で学習を進めていく計画性や、オンラインというなかでも積極的に質問やサポートを活用しにいく学習姿勢が求められるでしょう。

ですが、動画編集というスクール内容を考えると、いちばんその利点を体現している受講スタイルとも言えますね。

通学型:50万円以上

通学型のスクールは、設備や機材が整っており、実習を通じた学習が可能なことが大きなメリットです。

料金は50万円以上が一般的で、オンライン型に比べるとやや受講期間が長くなりますが、実践もできる本格的なカリキュラムが特徴です。

受講のための教室維持費や設備費などがかかるため、オンライン型と比べると高額に設定されることが多いです。

主に週末に受講できるところが多いですが、時間に多少余裕があったり、社会人なら時間の都合をつけやすい方のほうが受講しやすいでしょう。

また、ともに学ぶ仲間とのコミュニケーションをとったり、講師へ直接指導を依頼したり、実際の機材に触れながら幅広く動画制作について学べたりと、深く知識やスキルを身につけられる点は大きな魅力ですね。

オンライン+通学のミックス型:20万円〜40万円

ミックス型は通学とオンラインを組み合わせたスタイルで、料金相場は20万円から40万円程度です。

平日はオンライン、休日は校舎で学ぶなど、柔軟なスケジュール調整が可能

基本的な講義は動画で提供することが多いため、通学型よりも講義コストを抑えられることがスクール側としてのメリットです。

受講側も、講義はオンラインでご自身のペースで学習を進めつつ、課題や実習では校舎で実践を行なうなど、それぞれの利点を活用しやすいことが特徴です。

現在の動画編集スクールの多くはこのミックス型で、通学型よりは手頃で、オンライン型よりも実践的な学習が期待できます。

LIVE授業も取り入れたり、卒業後の進路に向けたサポート体制など、各スクールにてサービスの充実度や差別化をはかっています。

買い切り型:数千円〜10万円

買い切り型は、一度の支払いで何度でも復習できるスタイルです。

料金は数千円から10万円程度で、趣味や初心者向けに適しています。

ただし、オンライン型よりもスクール側とのコミュニケーションが活発ではないため、質問対応やサポート体制がほとんどなく、自身でいかに学びを進めていけるかにかかってきます。

いわゆる本格的な動画情報を用いた独学に近いかたちなので、とにかくご自身のペースで学びたい方には良いでしょう。

スクールとコミュニケーションをとりながら専門的なスキルをしっかり身につけたい方には、あまりおすすめできません。

料金が安い場合の理由を把握することが大事

料金に重点を置いてスクール選びをする場合、その料金の差異がどのようにして反映さえているのか、理由を把握しましょう。

しっかりした理由を把握することで、ご自身に合う正しいスクール選びができます。

ポジティブな理由

広告費用をかけていない

料金が安い一つの良い理由として、広告費用をかけずに運営している点があります。

口コミや実績による集客に成功している場合、広告にかかるコストを削減でき、それが受講料の低価格化につながります。

また、口コミが良いということは、実際に受講した生徒からの評価が高いということなので、スクールとしての質も良い、ということにつながりますね。

実際の教室などの固定費を持たない

オンライン完結型のスクールでは、実際の教室を持たずに運営されていることが多く、その結果として固定費が削減されています。

これも受講料が安く設定される一因となっています。

また、通学とオンラインのミックス型では、教室数が不要な分、実践機材に投資できたり、良い講師を招き入れたりなど、ほかのサービスやサポートが充実しやすくなるという側面もあります。

そのほかの事業で収益を得ている

大手企業が運営するスクールの場合、他の事業での収益によりスクール事業をリーズナブルな価格で提供できていることもあります。

このようなスクールは、低価格でも質の高い学習内容が期待できます。

また、動画制作会社が運営しているスクールもあります。

その場合は、会社が運営しているYoutube動画制作や案件を手伝うことで実践経験を積めたり、受講後のスキルに応じて案件を紹介してくれたりというメリットも。

スクールのサービス内容とともに、運営会社の母体を確認しておき、受講後の自身の進路にどう影響するかも検討材料となるでしょう。

ネガティブな理由

サポートや教材に費用をさいていない

一方で、料金が安いネガティブな理由としては、サポートや教材に十分な投資をしていない場合が挙げられます。

講師の質や数に影響を及ぼし、学習品質の低下を招く可能性があります。

また、動画制作業界はトレンドや最新技術などの情報更新がめまぐるしいため、少しでも最新情報で学習できることが受講後にできるだけ実績を積んでいく鍵にもなります。

オンライン型で用いる学習動画についても、情報のアップデートは不可欠です。

教材に費用をさけないということは、古い情報で学ばなくてはいけないということ。

無駄な学習にならないためにも、しっかりと料金が安い理由を事前に確認しましょう。

質の良い動画編集スクールの選び方やポイント7つ

動画編集スクールの特徴や料金のカラクリを理解した上で、自分に合った質の良い動画編集スクール選びのポイントについて押さえておきましょう。

以下の7つのポイントをメインに比較検討をおすすめします。

🎥 質の良い動画編集スクールの選び方やポイント 🎥

  1. 無料説明会や相談会に参加する
  2. 受講生の作品や実績を確認してみる
  3. 料金と予算が合うか
  4. 口コミやそのほかの評判はどうか
  5. 学習スタイルが合い無理なく続けられそうか
  6. 身につけたいスキルやゴールに合っているか
  7. 安さだけで選ばない

無料説明会や相談会に参加する

動画編集スクールを選ぶ際には、できるだけ無料説明会や相談会へ参加してみましょう。

説明会や相談会は、スクールの雰囲気や講師の質、提供してくれるカリキュラムの内容を理解するのに役立ちます。

自分がスクールの雰囲気に合うかどうかも、学びを進めていく上で重要ですよね。

直接講師やスタッフに質問することで、自分の目的やスキルレベルに合ったスクールを見つけることができます。

また、料金の安さが際立つスクールの場合、こういった機会に理由を聞いてみましょう

明確に回答をもらえるのであれば信用できますが、少しでも口ごもる場面があるようなら少々警戒した方が良いかもしれません。

また、受講料や入学金以外にもかかる費用がないかも聞いておくと、受講開始後に思わぬ出費に焦ることもないので安心です。

とことん不明点をなくして検討できるように、機会を活用しましょう。

受講生の作品や実績を確認してみる

過去の受講生の作品や実績の確認もスクール選びの際に有効です。

過去の実績はスクールの学習クオリティの指標となり、どのようなスキルや知識が身につくのかを具体的に確認できます。

成功事例やポートフォリオは、そのスクールの卒業生が動画編集の業界で、どのように活躍しているかを伝える重要な資料です。

ご自身が学びたい内容を学べるのか、到達したいレベルまでスキルを学べるかを確認するためにも、しっかりとチェックしておきましょう。

料金と予算が合うか

動画編集スクールの料金体系は多様で、スクールによって大きく異なります。

無理なく学習を進めていくためには、ご自身の予算の範囲内かどうかを検討することが大切です。

ですが、スクール選びのポイントとしては、料金のほかにも学習内容の質やカリキュラムの充実度、講師の経験や資格などを総合的に考慮する必要があります。

受講後の案件獲得など長期的に考えた場合、少々高額でも価値のある教育を受けることが重要です。

また、給付金制度や割引制度を設けているスクールもあります

カードローンを組んで支払えるスクールも多くあるので、支払い計画をしっかり立てながら検討しましょう。

口コミやそのほかの評判はどうか

実際にスクールを体験した受講生の声や外部からの評判も重要な判断材料になります。

口コミや評価は、スクールの実際の様子や講師の指導スタイル、卒業後に役立つ内容かなど学習内容の質を知るための情報源です。

インターネット上のレビューサイトやSNSでの投稿をチェックすることで、スクールに対する客観的な評価を閲覧できるので、チェックすることをおすすめします。

ですが、一個人の感想でもあるので、受講生それぞれの感覚やもともと持っているスキルによるところもあり、あまり真に受けすぎてもよくありません。

なるべく偏らず、多くのレビューを確認するようにしましょう。

学習スタイルが合い無理なく続けられそうか

動画編集スクールを選ぶ際には、自分のライフスタイルや学習スタイルに合わせて学びを進められるかを確認しましょう。

たとえば、社会人であれば、自分のペースで学べるオンラインコースが適しているでしょう。

子育て中のママも、オンラインでの学習であれば家事やお子様のお世話の合間に学べますよね。

より実践的な指導を希望する場合は、対面での講義や実習が豊富なスクールが良いかもしれません。

自分に合った学習方法を選ぶことで、無理なくスキルを身に付けることができます。

身につけたいスキルやゴールに合っているか

自分がどのようなスキルを身につけたいのか、またどのようなゴールを持っているのかを明確にして検討しましょう。

同時に、卒業後のキャリアサポートの有無もチェックしましょう。

例えば、フリーランスとして活動を目指す場合は、営業や案件獲得のノウハウを学べるコースが必要です。

また、特定のソフトウェアの操作をマスターしたいなら、そのソフトウェアに特化した教育を行っているスクールを選んだ方がいいですよね。

ご自身の目標とスクールの提供する教育内容が一致していることが、学び成功の鍵となります。

安さだけで選ばない

受講料の安さは魅力的ですが、それだけでスクールを選ぶのは避けるべきです。

安価なスクールでも、教育の質やサポート体制、カリキュラムの内容が優れていれば十分な価値がありますが、反対に安さのみを追求した結果、質の低い教育を受けるリスクもあります。

受講料とともに、講師の質、卒業後のサポート、カリキュラムの充実度なども総合的に検討し、賢い選択をすることが重要です。

安さと質のバランスを考慮し、最適なスクールを見つけましょう。

料金や費用対効果の高い動画編集スクールおすすめ6選

それでは、紹介した内容を含めて、受講スタイル別におすすめのスクールを6つ以下にまとめました。

ぜひスクール選びの参考にしてくださいね。

  • オンライン型①:Chapter Two
  • オンライン型②:デジハク
  • オンライン型+買い切りオプション:studio US
  • オンライン+通学型①:デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
  • オンライン+通学型②:ヒューマンアカデミー
  • 通学型:MOOCRES(ムークリ)

オンライン型①:Chapter Two

動画編集コースのバナー_1200-628-20240214

全体を含めていちばんのおすすめは、案件獲得のための営業スキルに重きをおいた「Chapter Two」です。

動画編集スクール名 Chapter Two
料金 298,000円※最大10万円分OFF
分割月々:8,933円(税込)〜
そのほかの料金 Adobe年間契約費:月々3,300円ほど
学習期間 90日間〜無期限
講座時間 毎週2時間+ビデオ講義
学習スタイル オンライン
学習内容・コース
  • ソフト使用方法
  • 案件獲得のための営業ノウハウ
  • 企画、構成術
  • 絵コンテ作成
  • 動画マーケティング
  • 商談コミュニケーション術
  • オリジナル作品制作スキル
使用ソフト
  • After Effects(メイン)
  • Premiere Pro
サポート体制
  • 営業活動支援(商談への講師同伴/ 3回、作品実績の共有、契約書など実務書類の提供、営業講義)
  • 講座録画ビデオ無期限視聴
  • バーチャルオフィス
  • 24時間質問可能
  • 卒業後も月々5,000円~添削やコミュニティ参加の継続可能
学習目的 副業・フリーランス向け
その他 講座ごとに宿題あり

オンライン型の動画編集スクールですが、バーチャルオフィスを導入しているため、質問やコミュニケーションを取りやすくなっています。

24時間質問ができるので、学習中の疑問をそのままにせず、学習を進めていける体制が整えられているのは嬉しいポイントです。

フリーランスとして案件を獲得していける営業スキルが学べる

Chapter Two受講のいちばんのメリットは、単に動画編集スキルを身につけるだけでなく、実際にお金を稼げるクリエイターを目指して、継続的な指導をおこなっている点です。

特にフリーランスとしてやっていこうとすると、実際の作業スキルはもちろんですが、営業のかけ方、効果的なポートフォリオの作り方、クライアントとの対応など、必要なスキルや知識はたくさんありますよね。

受講中に予行演習ができることで、卒業後の案件獲得まで最短で到達できます。

フリーランスや副業として案件を獲得するための営業スキルを、受講中の2週間の営業プログラムや実際の商談方法や必要な事務作業を通して学べます。

サポート期間内では、講師が実際の営業活動に3回まで同伴することも可能です。

受講中にプロの目線でしっかり指導してもらえるので、卒業後も自信を持ってクライアントとの交渉が行えますね。

卒業後提携サービスから案件紹介サポートを受けられ、動画編集ツールやWebデザインツールが実質無料に

Chapter Twoは動画制作会社が運営しているスクールということもあり、卒業後は提携サービスから案件紹介のサポートを受けられます

そのため、経験とスキルを積めば、高単価案件へのアプローチも可能です。

しかも卒業後は”永続的にマンツーマンでサポート”してくれるため、いざ実践になってからもフォローを受けたい方でも安心です。

なお受講期間中は動画編集ツールやWebデザインツールを実質無料で利用でき、特にAdobe Creative Cloudが受講期間中の3ヶ月間無料で提供されるため、学習初期の負担が軽減できることもポイントです。

 

▶「Chapter Two」受講生の作品リール

オンライン型②:デジハク

 

「デジハク」は、未経験からでも仕事受注レベルまでスキルを磨ける、コスパの高いオンライン型の動画編集スクールです。

動画編集スクール名 デジハク
料金
  • デジハクコースREG:148,000円(税込)
    (分割払い 月々6,200円(税込)〜)
  • デジハクコースPRO:248,000円(税込)
    (分割払い 月々10,340円税込)〜) 
    ※2024年2月〜:287,000円(税込)
そのほかの料金
  • Adobeツール契約費
学習期間
  • デジハクコースREG:90日間
  • デジハクコースPRO:180日間
講座時間 自学習型
学習スタイル オンライン
学習内容・コース
  • モーショングラフィックス
  • 編集力アップ講座
  • サムネイル制作
  • デザイン基礎
  • 動画マーケティング
  • リテラシー
  • YouTube編集講座
  • SNS動画広告講座
  • ポートフォリオ制作
使用ソフト
  • After Effects
  • Premiere Pro
  • Photoshop
  • Illustrator
サポート体制
  • 受講後も閲覧無制限の学習教材
  • 動画教材が300本以上
  • 現役フリーランス講師がマンツーマンでサポート
  • 初級・中級・上級・実践と段階的な学習プログラム
  • 24時間チャット質問OK
  • 現役プロによる作品の添削サポート
  • オンライン面談サポート
学習目的 副業・転職・フリーランス向け
その他
  • 未経験からでもわかりやすい教材が充実
  • 受講後も参加できる受講生限定コミュニティあり

Premiere ProやAfter Effectsなどの動画編集ソフトの基本操作から、YouTubeの動画編集、動画広告の制作方法、アニメーションやモーショングラフィックスまで、300本以上の豊富な動画教材を通して学べます

未経験からでも理解しやすい動画教材は、わかりやすいと高い評価を得ており、日々最新の情報を取り入れた動画が追加されています。

教材は卒業後もアクセスでき、学習期間中は実際の副業案件の獲得や転職活動に役立つ、自分だけの動画作品やポートフォリオを作成できる点も魅力です。

費用も安く月額6,200円から受講可能で、無料説明会もあるので検討の際は参加してみましょう。

受講中から卒業後まで手厚いサポート

サポート体制も充実しており、現役フリーランスの講師がマンツーマンで質問に答え、作品の添削もしてくれます

また、24時間チャットでの質問やオンライン面談サポートもあり、副業やフリーランスとしての案件獲得から納品までのサポートが充実。

受講生限定のコミュニティにも参加できるので、コミュニケーションを持つこともでき、情報交換にも役立ちますね。

デジハクは、実践的なスキルを身に付けるための環境が整っており、副業や転職、フリーランスを目指す方におすすめの動画編集スクールです。

オンライン型+買い切りオプション:studio US

 

「studio US」は、最大50本の動画制作でスキルを身につけていける、実践型の動画編集スクールです。

動画編集スクール名 studio US
料金
  • 動画編集コース:55,000円(税込)
    (分割払い 月々4,584円〜)
  • 動画クリエイターコース:99,000円(税込)
    (分割払い  月々8,250円〜)
  • 動画クリエイター総合コース:165,000円(税込)
    (分割払い 月々13,750円〜)
  • 買い切りオプション:+55,000円
    (継続会費不要、学び終えるまで受講可能)
そのほかの料金
  • Adobeツール契約費
学習期間
講座時間 自学習型
学習スタイル オンライン
学習内容・コース
  • ディレクション
  • 映像編集
  • 画像加工
  • リテラシー
  • 営業スキル
使用ソフト
  • After Effects
  • Premiere Pro
  • Photoshop
  • Illustrator
  • Cinema 4D
サポート体制
  • プロダクション宛の高単価案件・連携企業の案件の紹介
  • 常時チャットでの質問対応
  • 定期的なライブ授業(動画クリエイター総合コース)
  • 900本以上の動画素材
学習目的 副業・フリーランス向け
その他
  • 最低15本以上の動画制作カリキュラム(最大50本)
  • ポートフォリオ制作

受講料金が比較的安価ではありますが、受講内容の充実度を鑑みるとかなりコスパの高いカリキュラム内容と言えます。講師がソフトの使い方から基礎や応用まで丁寧に指導するため、未経験者でも安心して学ぶことが可能です。

質問があればチャットを通じて迅速にサポートが受けられ、学習のモチベーションを維持しやすくなってることもポイントです。

また、買い切りオプションがあるのが特徴で、55,000円(税込)で学び終えるまで受講可能です。

圧倒的な受講動画本数と実践重視の動画制作カリキュラム

学べる動画素材は900本以上あり、毎月最新のトレンドや情報、スキルに関する教材が追加されます。

受講者は最低15本から最大50本の動画制作を行い、実践を通して動画編集スキルを磨いていける実践型スクールです。

動画クリエイター総合コースでは、ライブレッスンも受けられ、ライブレッスンでしか得られない貴重な知識も学べます。

また、studio USは映像制作プロダクションでもあるため、受講後に依頼案件の紹介が可能です。

初めての案件ではトップクリエイターのディレクションフォローもあり、初期の成果を安心して出すことができるのが大きなメリットです。

 

▶「studio US」受講生制作動画

オンライン+通学型①:デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

 

「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」は、様々な講座でプロフェッショナルな人材育成を目指す動画編集スクールです。

動画編集スクール名 デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
料金
  • ネット動画ディレクター専攻:330,000円(税込)
    (分割払い 月々3,548円(税込)〜)
  • 動画編集入門プラン:132,000円(税込)
  • AfterEffectsデザイン講座:195,800円(税込)
    セット割:96,800円(税込)
  • 動画撮影スキル実践講座:77,000円(税込)
    セット割:71,500円(税込)
  • クライアントワーク実践講座:184,800円(税込)
    セット割:118,800円(税込)
そのほかの料金
  • Adobeツール契約費
学習期間
  • ネット動画ディレクター専攻:3ヶ月
  • 動画編集入門プラン / AfterEffectsデザイン講座 / クライアントワーク実践講座:2ヶ月
  • 動画撮影スキル実践講座:1ヶ月
講座時間 自学習型
学習スタイル オンライン+通学型
(上野 / 池袋 / 北千住 / 町田 / 川崎 / 大宮)
学習内容・コース
  • 動画マーケティング
  • 企画シナリオライティング
  • 実写やアニメーション動画
  • オリジナル作品制作
使用ソフト
  • After Effects
  • Premiere Pro
  • Photoshop
  • Illustrator
  • XD(Storyboard Editor)
サポート体制
  • 補助金活用での費用割引あり
  • 教室でパソコン利用、講師へ直接の質問可能
  • 企業紹介やマンツーマンでの就職・転職サポート
  • 副業案件獲得サポート
  • オンラインチャットでの質問対応
  • 月1回のライブ授業
  • 実務を積みながらの実践できる
学習目的 就職・転職・副業・フリーランス向け
その他
  • ポートフォリオ制作

もともとネット動画ディレクター専攻のコースから始まり、現在は5つの動画編集系コースがあります。

授業は主に動画教材で行われ、オンラインと通学の両方の学習スタイルが選択できます。

実務や実践積みながら学べることも大きな強みです。

また、関東のメイン校舎以外にも全国に校舎があるため、地域に合わせて選ぶことも可能。

LIVE授業では、現役のクリエイターから直接指導を受けることができ、実際のYouTube動画制作の見学を通じて撮影から編集までの一連の流れを学べます。

WEB制作会社が運営しているスクールということもあり、履歴書やポートフォリオの添削、面談練習など、マンツーマンでのサポートなど、受講後の案件獲得のフォローや就職・転職支援に力を入れています

補助金対象事業のため、最大70%の料金で受講できる

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGは、経済産業省に認定された補助金対象事業であるため、受講料が最大70%割引されます。

補助金を活用することで、受講料は120,000円からとなり、経済的負担を軽減しながら質の高い学習が可能です。

このような費用面のメリットも、多くの受講生にとって魅力的なポイントです。

オンライン+通学型②:ヒューマンアカデミー

 

「ヒューマンアカデミー」は受講前から就職・転職活動時まで専任カウンセラーのサポートが受けられる動画編集スクールです。

動画編集スクール名 ヒューマンアカデミー
料金
  • 動画クリエイターコース:240,900円(税込)
    (分割払い 月々5,200円(税込)〜)
  • 動画クリエイター総合コース:424,600円(税込)
    (分割払い 月々9,100円税込)〜) 
  • Web動画クリエイター総合コース:922,900円円
    (分割払い 月々13,500円(税込)〜)
    ※教育訓練給付金制度対象・上限10万円(20%)支給
そのほかの料金
  • 入学金 11,000円(税込)
  • Adobeツール契約費
学習期間
  • 動画クリエイターコース / 動画クリエイター総合コース:6ヶ月
  • Web動画クリエイター総合コース:12ヶ月
講座時間 自学習型
学習スタイル オンライン or 通学
学習内容・コース
  • ITビジネスエッセンシャルガイド講座
  • 制作実践講座(動画)
  • Webリテラシー
  • デザイン基礎
  • そのほかWebサイト制作スキル
使用ソフト
  • After Effects
  • Premiere Pro
  • Photoshop
  • Illustrator
サポート体制
  • 専任のカウンセラーによるマンツーマンサポート
  • チャットで24時間質問・オンラインでも講師への直接質問
  • Adobeソフトの特別価格購入
  • 教育訓練給付制度適用で割引コースあり
  • 各地の校舎でパソコン学習が可能
  • e-ラーニング導入
  • ヒューマン独自の就職プログラム提携企業への紹介や就職指導
学習目的 就職・転職・フリーランス向け
その他
  • ママ割・学生割などの割引制度あり

動画制作の基礎からPremiere Pro、After Effectsの操作方法、動画広告の企画・制作まで、幅広いカリキュラムを提供する動画編集スクールです。

オンライン講座も提供しており、質問回数無制限のサポートや映像教材の見放題システムが特長です。

就職や転職のサポートも充実しており、専任カウンセラーが入学前から就職・転職活動時までサポート。

全国に24校舎があり、オンラインと合わせて学習スタイルに合わせた選択ができることもポイントです。

転職・就職支援が手厚く、就職後まで専任カウンセラーのサポートが受けられる点も、ヒューマンアカデミーの大きな特徴と言えます。

ただし、営業方法などの案件獲得の実践スキルはカリキュラムに含まれていない点には注意が必要です。

教育訓練給付制度や割引制度、Adobeソフトの特別価格購入などお得に利用可能

ヒューマンアカデミーでは、教育訓練給付制度やママ割、学生割などの割引制度を活用して、受講費用をお得に抑えることが可能です。

また、Adobeソフトを特別価格で購入できるサービスも提供されており、学習に必要なソフトウェアを手軽に手に入れられます。

初期費用が抑えやすく、学習環境を整えやすいことは大きな強みですね。

 

「ヒューマンアカデミー」受講生制作動画

通学型:MOOCRES(ムークリ)

 

「MOOCRES」は、高単価が狙えるAfter Effectsを少人数クラスで身につけられる、通学型メインの動画編集スクールです。

動画編集スクール名 MOOCRES
料金
  • クラスプラン:374,000円(税込)
    (分割払い 月々5,584円(税込))
  • マンツーマンプラン:594,000円(税込)
    (分割払い 月々24,750円(税込)) 
  • ゼロイチプラン:297,000円
    (分割払い 月々12,375円(税込))
そのほかの料金
  • Adobeツール契約費
学習期間
  • クラスプラン:4ヶ月(クラス人数:最大6名)
  • マンツーマンプラン:4ヶ月
  • ゼロイチプラン:3ヶ月(クラス人数:2〜6名)
講座時間 2時間 / 回
学習スタイル オンライン or 通学
学習内容・コース
  • プロモーション動画 / SNS広告動画 / ロゴアニメーション動画 / YouTube動画 / ミュージックビデオ
  • マーケティングスキル
  • 企画・構成力スキル
  • デザイン基礎
  • 仕事獲得スキル
使用ソフト
  • After Effects
  • Premiere Pro
  • Photoshop
サポート体制
  • 少人数制での対面授業
  • 授業録画のアーカイブ視聴可能
  • 現役クリエイター講師の課題添削
  • 24時間チャットで質問OK&サポートで疑問解決
  • Adobeツール3ヶ月分無償
  • PCレンタル実質無料
  • 卒業後も続く質問サポート
学習目的 副業・フリーランス向け
その他
  • 過去案件などの実践課題
  • オプションでの撮影実習あり

MOOCRESは、特に未経験者を対象にした動画編集スクールで、After Effectsの高度なスキルを中心としたカリキュラムを提供しています。

現役クリエイターが指導し、副業やフリーランスとしての独立を目指す方に適した実践的な内容が学べる点が特徴です。

また、少人数制のクラスで質問しやすい環境が整っており、マンツーマンや最大6名までのグループレッスンを選択できます。

受講はオンラインとオフラインのハイブリッド方式で行われ、東京、大阪、名古屋の各教室での授業が可能です。

社会人でも働きながら学べる環境が用意されている点も魅力の一つです。

さらに、卒業後も案件紹介サポート、チャットでのサポートを受けられるため、学んだスキルを現場で活用しながら、実践的な経験を積むことが可能です。

教材は卒業後もアクセス可能で、学習内容を振り返りながら案件に取り組むことができます。

Adobeツール3ヶ月分無償、PCレンタル実質無料でスタート支援が充実

MOOCRESでは、Adobeツール3ヶ月分を無償で提供し、PCレンタルも実質無料でサポート

受講者は初期投資を抑えつつ、学習を始めることができるのは大きなメリットです。

通学がメインとなる動画編集スクールのため、受講料はほかのスクールと比べると高くなりますが、多くの実践を積んでいけるため、費用対効果は高いです。

 

「MOOCRES」受講生制作動画

まとめ 〜動画編集スクールは安さだけでなく料金や自身のニーズに合うかどうかで選ぼう〜

本記事では、動画編集スクールの料金相場と、費用対効果抜群のおすすめのスクールを紹介しました。

動画編集スクールを一括りに言っても、学習スタイルが複数あり、それぞれ料金相場やサービスが異なることがわかりましたね。

もう一度解説した内容をおさらいしましょう。

  • 動画編集スクールの料金相場は数千円〜50万円以上
  • 通学型は設備費がかかるため高くなり、オンライン型は安くなる傾向にある
  • 現在は通学型とオンライン型のミックス型が主流
  • ご自身の学習スタイルに合うスクールを選ぶことが重要
  • 安さだけで選ばず、自身が欲しいスキルや目指すゴールに到達できるスクールを選ぶ
  • 給付金制度や割引制度、月々払いなどを活用して無理のない支払い計画を立てる

記事の内容を参考に、ぜひご自身にぴったりのスクールを見つけてくださいね。

動画編集コースのバナー_1200-628-20240214

関連記事

動画制作人材探すのに困っていませんか?
Chapter Twoの動画編集コース

ピックアップ記事

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

新着記事

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイントも解説

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイント...

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼す...

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解説

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解...

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解...

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも...

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

人気記事

カテゴリー

無料相談会はこちら

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/動画編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を動画制作会社/映像制作会社に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみてください。VideoWorksでの動画制作は、動画制作会社/映像制作会社に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。