動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
動画編集

動画編集スクールのおすすめランキング15選!受講できるコースや講座などを比較解説

動画編集スクールのおすすめランキング15選!受講できるコースや講座などを比較解説
B!
「動画編集でキャリアをスタートさせるには、どんな動画編集スクールに行ったらいい?」
「自分の学び方・予算に合った動画編集スクールに通いたい」
「動画編集スクールって、結局どこがいい?」

コンテンツ媒体の代名詞、と言っても過言ではないほど普及している動画。

YouTube等の動画配信サービスはもちろん、SNSの投稿や広告など、動画を見ない日はないほど、ネット上に普及しています。

動画は、短時間で音声情報と視覚情報の両方を利用して視聴者に情報を提供できるため、効率が良く、印象に残りやすいことが特徴です。

また、動画制作のツールが普及したため自社内製しやすく、動画制作が身近になりました。

そのため、企業が動画を用いる機会が劇的に増え、多方面で必要とされているスキルが動画編集技術です。

本格的にスキルを会得する場合は、正しい知識が得られる動画編集スクールで学ぶのがおすすめです。

ですが、どんな特徴があるのか、自分に合うのか一つひとつ調べていくのは面倒ですよね。

そこで今回は、おすすめの動画編集スクールを、2024年7月最新版のランキングとしてまとめました!

スクール選びのコツや、スクールの種類などについても解説しているので、ぜひ最後まで目を通して参考にしてくださいね。

むびるスクールのオーバーレイバナー-20240523

目次

動画編集スクールのおすすめランキング!【2024年7月最新版】

それでは、おすすめの動画編集スクールをランキング形式で紹介します!

  1. むびるスクール
  2. Chapter Two
  3. インスパークスクール
  4. studio US
  5. デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
  6. MOOCRES(ムークリ)
  7. ヒューマンアカデミー
  8. デジハク
  9. DMM WEBCAMP 動画クリエイターコース
  10. MOVA(ムーバ)
  11. デジハリ ONLINE
  12. SHElikes(シーライクス)
  13. Winスクール
  14. インターネット・アカデミー
  15. Famm

※すでにパソコンやモニター、編集用マウスなどは手元にある前提で費用掲載をしています。

※各内容は、2024年7月現在のものです。

①むびるスクール

むびるスクール-20240522

むびるスクールは、「未経験から誰でも稼げる動画編集スクール」をコンセプトにした動画編集スクール。

特に”未経験/初心者から挑戦してスキルを身に付けたい””在宅での仕事をしたい”なんて方におすすめのスクールです。

動画編集スクール名 むびるスクール
料金 298,000円(税込)
├内訳:入学金100,000円+授業料198,000円
└分割払いもOK!
そのほかの料金 Adobe年間契約費:3,300円ほど/月
学習期間 約3ヵ月
講座時間
  • Zoom研修:毎週1回(2時間/回・全12回)
  • ビデオ研修:100本以上(無制限に視聴できる)
学習スタイル 完全オンラインで完結(いつでも受講できる)
学習内容・コース 月30万円以上稼ぐ動画編集スキル/商談スキル/営業スキル/ポートフォリオ制作など
使用ソフト Adobe After Effects(アフターエフェクト)/Adobe Premiere Pro/Adobe Photoshop
サポート体制
  • 動画制作サービス「むびる」での案件獲得サポート
  • 現役のフリーランスがマンツーマンでサポート(LINEやZoomなど)
  • 24時間対応のチャットサポート
  • 卒業後も無制限の添削&質問サポート
  • 一人ひとりに合わせた学習プラン
学習目的 就職・転職・副業・フリーランス向け
その他 LINE友達追加で授業3回分の動画教材を無料プレゼント

ポイント①:未経験から「誰でも」稼げるスクール!

むびるスクールで実現できること

「未経験からだと学費より稼げるまで時間かかるよな…」
「営業スキルとか商談スキルとかもないし不安…」

未経験からの動画編集となると、そもそも稼げるのか、スキルがぜんぜん無くても良いのか不安になるものです。

ですがむびるスクールは、“たった3ヶ月でコース料金より稼げるスキルが身につくスクール”で、動画編集スキルはもちろん商談スキル、営業スキル、ポートフォリオの制作スキルなども一気に身に付けられます。

ポイント②:超充実の「案件獲得サポート」で卒業後も安心

案件獲得サポート

むびるスクールは動画制作プラットフォームの「むびる」が運営するスクール。

むびるでは動画制作/動画編集の優良案件を常時多く保有しているため、スクールで習得したスキルをすぐ実践できます。

具体的には30,000円ほどのビギナー向けの案件から、100,000円以上のハイグレードな案件まで取り揃えています。

もちろん案件を完遂すればその分の報酬ももらえますし、制作/編集実績を積めるのも嬉しいポイント。

さらに卒業後は実案件の商談同席、課題提出の管理、LINEやZoomでの相談とマンツーマンで徹底フォロー。

超充実のサポートのもと、本気で受講生一人ひとりに向き合ってもらえます!

ポイント③:公式LINE友達追加で授業3回分の無料プレゼント!

むびるスクールの無料プレゼントキャンペーン

むびるスクールでは公式LINEにて、お友達追加で「授業3回分(5万円相当)の無料プレゼントキャンペーン」を実施中!

実際のスクール/講座の様子を無料体験できるため、いきなり講座で学習するのが不安な方でも安心です。

公式LINEでは無料のオンライン説明会も開催中。LINEで日程調整でき、スク-ルの受講まで進められます。

また公式LINEでは講座内容、料金、案件獲得サポートなどの相談もOK!受講しようか迷っている方は、まず下記のボタンから相談してみましょう!

②Chapter Two

Chapter Two-動画編集コース-20240104
 

「Chapter Two」は、フリーランスでの活動を目的とした支援に重きを置いた動画編集スクールです。

動画編集スクール名 Chapter Two
料金 298,000円※最大10万円分OFF
分割月々:8,933円(税込)〜
そのほかの料金 Adobe年間契約費:月々3,300円ほど
支払方法 銀行振込 / クレジットカード払い
学習期間 90日間〜無期限
講座時間 毎週2時間+ビデオ講義
学習スタイル オンライン受講
学習内容・コース
  • ソフト使用方法
  • 案件獲得のための営業ノウハウ
  • 企画、構成術
  • 絵コンテ作成
  • 動画マーケティング
  • 商談コミュニケーション術
  • オリジナル作品制作スキル 
使用ソフト
  • After Effects(メイン)
  • Premiere Pro 
サポート体制
  • 営業活動支援(商談への講師同伴/ 3回、作品実績の共有、契約書など実務書類の提供、営業講義
  • 講座録画ビデオ無期限視聴
  • バーチャルオフィス
  • 24時間質問可能
  • 卒業後も月々5,000円~添削やコミュニティ参加の継続可能
学習目的 副業・フリーランス向け
その他
  • 講座ごとに宿題あり

オンラインでのみ講義を行っていますが、バーチャルオフィスを使用しているため、質問もしやすく、周りの仲間とのコミュニケーションが取りやすいよう配慮されています。

24時間質問可能としており、不明点をそのままにせず、モチベーションを保つ工夫もされていることは大きなメリットです。

スキルを身につけることをゴールとせず、継続的にお金を稼げるクリエイターを目指し、高水準で再現性の高い指導を行っています。

ポイント①:フリーランスとして案件を獲得していける営業スキルが学べる

ひとつめのポイントは、副業やフリーランスで業務を請け負っていけるよう、案件を獲得していくための高水準の営業スキルを学べることです。

2週間営業プログラムへの参加や新規顧客獲得や商談方法など、役立つノウハウを提供しています。

また、サポート期間内であれば、3回まで自身の営業活動で獲得した商談に講師を同伴してもらうこともできます。

受講中にプロの目線でしっかり指導してもらえると、自立後にも自信を持ってクライアントと交渉しやすくなるでしょう。

営業活動もスキルアップや自分の作品が出来上がった上でスタートしていくため、無理な営業活動はありません。

契約書や見積書など仕事で必要な書類のテンプレートをもらえるのもありがたいですね。

ポイント②:卒業後提携サービスから案件紹介を受けられる

受講終了後、提携サービスから案件の紹介を受けられることもポイントのひとつです。

就業、転職支援は行っていませんが、テストに合格した受講生には、スクール側からの仕事を発注をくれたり、副業やフリーランスで対応していけるよう、案件の紹介をしてくれたりします。

自信のレベルに合わせて、高単価案件の紹介もあります。

実績が「0」と「1」の差は大きいです。

最初の収益獲得のフォローまでしっかりしているので、着実に実績を積んでいくことが出来ます。

ポイント③:動画編集ツールやWebデザインツール実質無料

受講期間中の3ヶ月間、動画編集ツールやデザインツールが実質無料で使えます

Chapter Twoの講義で使用するAfter EffectsやPremiere Proを含むAdobe Creative Cloudが3ヶ月間無料で使用できるため、年間プランだったら月々6,480円(税込)が、月々プランだったら月々10,280円(税込)の3月分がお得です。
(※4ヶ月目以降は支払い発生)

学習の初期投資の負担が少し減るのはありがたいですね。

以下は「Chapter Two」受講生の作品リールです。ぜひ参考に見てみてくださいね。

 

🎥 『Chapter Two』のポイント 🎥

⭕ 就職や転職希望よりも、副業やフリーランスでの個人就業、および継続的に稼げる力をつけられる

⭕ 商談などの営業交渉をプロから直に学べる

⭕ オンライン学習ながら、質問や交流しやすい環境が整っている

⭕ 提携サービスを駆使し、最初の案件獲得や発注依頼の手厚いフォロー

⭕ ソフト使用量が受講中無料で、初期投資の負担軽減になる

③インスパークスクール

インスパークスクール

インスパークスクールは、ショート動画の制作&編集特化の動画編集スクール。

特に「SNSで稼ぎたい…」「自分もショート動画に出て有名になりたい!」なんて方におすすめです。

動画編集スクール名 インスパークスクール
料金 198,000円(税込)
└内訳:授業料165,000円+入学金33,000円!
そのほかの料金 なし
学習期間 1.5ヵ月
講座時間 毎週1回1時間(全6回)
開講予定:月曜20:00~21:00、土曜17:00~18:00または日曜17:00~18:00
学習スタイル Zoom授業(オンライン)
学習内容・コース ショート動画の編集方法/広告マーケティング/撮影・台本作成ノウハウ/ディレクター・クライアントワークなど
使用ソフト Cap cut
サポート体制
  • プロの動画クリエイターからのフィードバック
  • トレーナーによるマンツーマンでのサポート
  • 案件紹介サポート(当スクールの卒業生対象)
学習目的 副業・フリーランス向け
その他 入学金0円キャンペーンを実施中!(対象:説明会から1週間にご契約の方)

ポイント①:スマホ1台で稼げるノウハウが身につく!

スマホを持つ男性の手元

ショート動画の制作や編集では、アフターエフェクトやPhotoshopといった有料のツールが不要。

お手元のスマホ1台さえあれば撮影も編集もでき、月5万円の副収入をゲットできるクリエイターも目指せます。

なお当スクールの運営元では「インスパークスクエア」という、顔出しOKのクリエイターと企業をマッチングするサービスも運営。

当スクールを通じてスキルを身に付けると、さらに高単価な制作/編集案件の依頼も受けられます!

ポイント②:週1回のリアルタイム授業!密に授業を受けられます

インスパークスクールで展開される授業は、週1回・1回1時間実施のZoomによる「リアルタイム授業」。

Zoomの生配信による授業につき、講師と生徒の間でコミュニケーションを取りながら密に学習できるのも魅力です。

なお授業は全6回で、プロの動画クリエイターから動画編集・動画制作、マーケティングスキル、撮影・台本作成ノウハウ、ディレクター・クライアントワークなど、幅広く習得できます。

授業ごとにある提出課題については随時フィードバックを受けられ、質問があればその都度回答してくれるのも嬉しいですね。

ポイント③:期間限定!入学金0円キャンペーンを実施中!

インスパークスクールでは現在、説明会から1週間以内に契約された方を対象に、入学金が0円になるキャンペーンを実施中!

通常だと入学金が3万円ほどかかるところが0円になるため、入学にあたって費用面が気になる方にとってはありがたいですね。

④studio US

 

「studio US」は、最大50本の動画制作でスキルを磨ける、実践型の動画編集スクールです。

動画編集スクール名 studio US
料金
  • 動画編集コース:55,000円(税込)
    (分割払い 月々4,584円〜)
  • 動画クリエイターコース:99,000円(税込)
    (分割払い  月々8,250円〜)
  • 動画クリエイター総合コース:165,000円(税込)
    (分割払い 月々13,750円〜)
  • 買い切りオプション:+55,000円
    (継続回避不要、学び終えるまで受講可能)
そのほかの料金
  • Adobeツール契約費
  • インターネット環境
学習期間
講座時間 自学習型
学習スタイル オンライン受講
学習内容・コース
  • ディレクション
  • 映像編集
  • 画像加工
  • リテラシー
  • 営業スキル
使用ソフト
  • After Effects
  • Premiere Pro
  • Photoshop
  • Illustrator
  • Cinema 4D
サポート体制
  • プロダクション宛の高単価案件・連携企業の案件の紹介
  • 常時チャットでの質問対応
  • 定期的なライブ授業(動画クリエイター総合コース)
  • 900本以上の動画素材
学習目的 副業・フリーランス向け
その他
  • 最低15本以上の動画制作カリキュラム(最大50本)
  • ポートフォリオ制作

基本的に自身で学習を進めていくオンライン学習スタイルで、自分のペースに合わせて学習を進めていけます。

未経験者でも安心して学習していけるよう、講師が丁寧にソフトの使い方から基礎や応用まで説明をしてくれます。

わからないことがあっても、チャットですぐに質問&返信がもらえるので、モチベーションも下がりにくいですね。

動画素材は900本以上あり、毎月新しい動画教材が更新されていくので、どんどん新たトレンドや情報、スキルを吸収できます。

受講中は最低15本、最大で50本の動画制作を行なうため、動画視聴で理解を深めながら、実践を重ねていけます。

動画クリエイター総合コースでは、定期的なライブレッスンも受講可能で、ライブレッスンでのみ聞ける講座内容もあります。

また、studio USはもともとが映像制作プロダクションでもあるので、受講後、依頼案件を紹介してもらうこともできます。

最初のうちはトップクリエイターによるディレクションフォローもあるので、安心して最初の成果を上げられますね。

「studio US」受講生制作動画

 

🎥 『studio US』のポイント 🎥

⭕ 初心者から学べるカリキュラムが用意

⭕ 15本〜の豊富な動画制作本数で実践しながら学べる

⭕ 900本を超える動画で、日々新しい情報やスキルを会得できる

⭕ 完全オンライン&自学習型で好きな時間に学習可能

⭕ 受講後の案件発注フォローあり

⑤デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

 

「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」は、多彩な講座でプロフェッショナル育成を目指す動画編集スクールです。

動画編集スクール名 デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
料金
  • ネット動画ディレクター専攻:330,000円(税込)
    (分割払い 月々3,548円(税込)〜)
  • 動画編集入門プラン:132,000円(税込)
  • AfterEffectsデザイン講座:195,800円(税込)
    セット割:96,800円(税込)
  • 動画撮影スキル実践講座:77,000円(税込)
    セット割:71,500円(税込)
  • クライアントワーク実践講座:184,800円(税込)
    セット割:118,800円(税込)
そのほかの料金
  • Adobeツール契約費
学習期間
  • ネット動画ディレクター専攻:3ヶ月
  • 動画編集入門プラン / AfterEffectsデザイン講座 / クライアントワーク実践講座:2ヶ月
  • 動画撮影スキル実践講座:1ヶ月
講座時間 自学習型
学習スタイル オンライン+通学型
(上野 / 池袋 / 北千住 / 町田 / 川崎 / 大宮)
学習内容・コース
  • 動画マーケティング
  • 企画シナリオライティング
  • 実写やアニメーション動画
  • オリジナル作品制作
使用ソフト
  • After Effects
  • Premiere Pro
  • Photoshop
  • Illustrator
  • XD(Storyboard Editor)
サポート体制
  • 補助金活用での費用割引あり
  • 教室でパソコン利用、講師へ直接の質問可能
  • 企業紹介やマンツーマンでの就職・転職サポート
  • 副業案件獲得サポート
  • オンラインチャットでの質問対応
  • 月1回のライブ授業
  • 実務を積みながらの実践できる
学習目的 就職・転職・副業・フリーランス向け
その他
  • ポートフォリオ制作

もともとはネット動画ディレクター専攻のコースでカリキュラムを行っていましたが、現在はそのほかにもコースが増え、動画編集系コースは5つあります。

初心者の基礎から学ぶに最適なコースはネット動画ディレクター専攻コースですが、その他にも応用編としての追加受講や撮影を含めたスキルアップのための受講もおすすめです。

講座は基本的に動画教材で行いますが、それぞれの校舎に通学して、教室を自由に使うこともできます。

オンラインのみでも受講は可能なため、全国どこからでも学習を進められます。

関東のメイン校舎以外の地域にある校舎も利用できるところがあるので、確認してみましょう。

現役クリエイターによるLIVE授業が受けられるのも魅力。

また、提携企業のYouTube用動画撮影の見学が可能で、撮影から編集を実践しながら学べます。

運営会社がWEB制作会社としてクリエイターを採用する会社なので、受講後の案件獲得のフォローも充実。

スキルを活かした就職や転職支援もしっかりしており、履歴書やポートフォリオの添削や面談練習など、マンツーマンでのサポートも心強いですね。

そして何より、経済産業省が認定した補助金対象事業のため、受講料が最大70%安くなり、補助金活用時の料金は120,000円〜とお得に受講できるのも魅力です。

🎥 『デジタルハリウッドSTUDIO by LIG』のポイント 🎥

⭕ 補助金対象事業のため、最大70%の料金で受講できる

⭕ 動画教材を利用し、オンラインと通学の両方で受講可能

⭕ 現役クリエイターによるLIVE授業も受けられる

⭕ 制作会社運営で実践しながらスキルを学べる

⭕ 案件の紹介や就職・転職サポートが充実

⭕ 豊富なコースで複合的に学ぶことも可能

⑥MOOCRES(ムークリ)

 

「MOOCRES」は、高単価が狙えるAfter Effectsを少人数クラスで身につけられる動画編集スクールです。

動画編集スクール名 MOOCRES
料金
  • クラスプラン:374,000円(税込)
    (分割払い 月々5,584円(税込))
  • マンツーマンプラン:594,000円(税込)
    (分割払い 月々24,750円(税込)) 
  • ゼロイチプラン:297,000円
    (分割払い 月々12,375円(税込))
そのほかの料金
  • Adobeツール契約費
学習期間
  • クラスプラン:4ヶ月(クラス人数:最大6名)
  • マンツーマンプラン:4ヶ月
  • ゼロイチプラン:3ヶ月(クラス人数:2〜6名)
講座時間 2時間 / 回
学習スタイル オンライン or 通学
学習内容・コース
  • プロモーション動画 / SNS広告動画 / ロゴアニメーション動画 / YouTube動画 / ミュージックビデオ
  • マーケティングスキル
  • 企画・構成力スキル
  • デザイン基礎
  • 仕事獲得スキル
使用ソフト
  • After Effects
  • Premiere Pro
  • Photoshop
サポート体制
  • 少人数制での対面授業
  • 授業録画のアーカイブ視聴可能
  • 現役クリエイター講師の課題添削
  • 24時間チャットで質問OK&サポートで疑問解決
  • Adobeツール3ヶ月分無償
  • PCレンタル実質無料
  • 卒業後も続く質問サポート
学習目的 副業・フリーランス向け
その他
  • 過去案件などの実践課題
  • オプションでの撮影実習あり

特に未経験者に適した学習環境を提供おり、高度なAfter Effectsを中心としたカリキュラムを、現役クリエイターの指導の下、案件納品までサポートを受けながら学べます。

また、マンツーマンから最大6名のグループレッスンまで選択でき、オンラインとオフラインのハイブリッド方式で受講することも可能です。

副業やフリーランスとして独立を目指す方に特におすすめで、実践的なカリキュラムを通じて、高単価のAfter Effectsスキルや営業・集客の方法、企画・構成力も身に付けられます。

少人数制の授業で質問しやすい環境も用意されており、卒業後も案件紹介やチャットでのサポートを受けられるのは心強い点です。

東京、大阪、名古屋の教室での授業やオンラインでの学習が可能で、社会人でも働きながら学べる環境が整っています。

さらに、教材は卒業後も利用できるため、学習内容を確認しながら案件に取り組んでいけますね。

「MOOCRES」受講生制作動画

 

🎥 『MOOCRES』のポイント 🎥

⭕ 現役クリエイターによる少人数での対面式授業

⭕ Adobeツール3ヶ月分無償、PCレンタル実質無料でスタート支援が充実

⭕ 転職やフリーランスでの活躍を目的としたカリキュラム

⭕ 受講中に案件獲得〜納品完了まで体験可能

⭕ 卒業後も継続して受けられる案件紹介やチャット相談サポート

⑦ヒューマンアカデミー

 

「ヒューマンアカデミー」は、受講前から就職後まで、専任カウンセラーのサポートが受けられる動画編集スクールです。

動画編集スクール名 ヒューマンアカデミー
料金
  • 動画クリエイターコース:240,900円(税込)
    (分割払い 月々5,200円(税込)〜)
  • 動画クリエイター総合コース:424,600円(税込)
    (分割払い 月々9,100円税込)〜) 
  • Web動画クリエイター総合コース:922,900円円
    (分割払い 月々13,500円(税込)〜)
    ※教育訓練給付金制度対象・上限10万円(20%)支給
そのほかの料金
  • 入学金 11,000円(税込)
  • Adobeツール契約費
学習期間
  • 動画クリエイターコース / 動画クリエイター総合コース:6ヶ月
  • Web動画クリエイター総合コース:12ヶ月
講座時間 自学習型
学習スタイル オンライン or 通学
学習内容・コース
  • ITビジネスエッセンシャルガイド講座
  • 制作実践講座(動画)
  • Webリテラシー
  • デザイン基礎
  • そのほかWebサイト制作スキル
使用ソフト
  • After Effects
  • Premiere Pro
  • Photoshop
  • Illustrator
サポート体制
  • 専任のカウンセラーによるマンツーマンサポート
  • チャットで24時間質問・オンラインでも講師への直接質問
  • Adobeソフトの特別価格購入
  • 教育訓練給付制度適用で割引コースあり
  • 各地の校舎でパソコン学習が可能
  • e-ラーニング導入
  • ヒューマン独自の就職プログラム提携企業への紹介や就職指導
学習目的 就職・転職・フリーランス向け
その他
  • ママ割・学生割などの割引制度あり

ヒューマンアカデミーの動画クリエイター講座は、動画制作の基礎からPremiere Pro、After Effectsの使い方、動画広告の企画・制作まで幅広く学べる点が魅力です。

動画編集の基本技術から実践スキルまで、未経験からプロを目指す方に適したカリキュラムが整っており、ママ割や学生割などの割引制度や教育訓練給付制度を利用して、お得に受講できる方法があることが特徴です。

講座はオンラインでも受講可能で、現役クリエイター講師がチャットでもオンラインでも質問対応を担当してくれます。

質問回数無制限のオンラインサポートや映像見放題のシステムを利用し、充実した教材と口コミでも評価が高い講座内容で、6ヶ月の受講期間を経て、未経験でも基本から動画編集・制作のスキルを習得できます。

就職・転職支援も手厚く、卒業後は無料でキャリアサポートを受けられます。

また、全国24の校舎で教室に通学することもでき、オンラインと合わせて学習スタイルに応じた選択肢があることも嬉しいですね。

専任のカウンセラーやプロ講師によるサポートが充実しており、入学前のカウンセリングから就職・転職活動時のサポートまで一貫して行います。

無料のオンライン相談会や説明会を定期的に実施しており、動画編集スクール選びで比較を考えている方は、ヒューマンアカデミーの講座内容やキャリアサポートを確認し、ほかのスクールと比較することがおすすめです。

ただし、営業方法などの案件獲得の実践スキルは受講範囲外なので、その点は注意が必要です。

「ヒューマンアカデミー」受講生制作動画

🎥 『ヒューマンアカデミー』のポイント 🎥

⭕ 教育訓練給付制度や割引制度、Adobeソフトの特別価格購入などお得な利用可能

⭕ オンラインと全国24の教室で学習スタイルや環境に合わせて受講可能

⭕ 転職・就職支援が手厚く、就職後まで専任カウンセラーのサポートが受けられる

⭕ 未経験からでも実践に活かせる教材が充実

⭕ e-ラーニングシステムを導入し学習管理もサポート

⑧デジハク

 

「デジハク」は、未経験からでも仕事受注レベルまでスキルを磨けるコスパの高い動画編集スクールです。

動画編集スクール名 デジハク
料金
  • デジハクコースREG:148,000円(税込)
    (分割払い 月々6,200円(税込)〜)
  • デジハクコースPRO:248,000円(税込)
    (分割払い 月々10,340円税込)〜) 
    ※2024年2月〜:287,000円(税込)
そのほかの料金
  • Adobeツール契約費
学習期間
  • デジハクコースREG:90日間
  • デジハクコースPRO:180日間
講座時間 自学習型
学習スタイル オンライン
学習内容・コース
  • モーショングラフィックス
  • 編集力アップ講座
  • サムネイル制作
  • デザイン基礎
  • 動画マーケティング
  • リテラシー
  • YouTube編集講座
  • SNS動画広告講座
  • ポートフォリオ制作
使用ソフト
  • After Effects
  • Premiere Pro
  • Photoshop
  • Illustrator
サポート体制
  • 受講後も閲覧無制限の学習教材
  • 動画教材が300本以上
  • 現役フリーランス講師がマンツーマンでサポート
  • 初級・中級・上級・実践と段階的な学習プログラム
  • 24時間チャット質問OK
  • 現役プロによる作品の添削サポート
  • オンライン面談サポート
学習目的 副業・転職・フリーランス向け
その他
  • 未経験からでもわかりやすい教材が充実
  • 受講後も参加できる受講生限定コミュニティあり

デジハクは、未経験から動画編集や映像制作のプロフェッショナルを目指す方に最適な、オンライン学習スクールです。

Premiere ProやAfter Effectsなどの動画編集ソフトの基本操作から、YouTubeの動画編集、動画広告の制作方法、アニメーションやモーショングラフィックスに至るまで、300本以上の豊富な動画教材を通して学べます。

教材は卒業後もアクセス可能で、学習期間中は実際の副業案件の獲得や転職活動に役立つ自分だけの動画作品を作成できる点も魅力です。

デジハクの特長として、現役のフリーランス講師による質問サポートや作品の添削、副業案件の獲得から納品までのサポートが充実していることがあります。

また。副業やフリーランスの案件獲得サポートが特徴で、未経験からでも実践的なスキルを短期間で身に付けることができます。

費用も安く、月額6,200円から受講可能で、無料説明会の参加もおすすめです。

🎥 『デジハク』のポイント 🎥

⭕ 未経験者でもわかりやすい丁寧なカリキュラム

⭕ 現役フリーランス講師陣によるマンツーマンのサポートが充実

⭕ 講師から添削&フィードバックを受けながらポートフォリオ制作

⭕ 副業やフリーランスの案件獲得サポートあり

⭕ 日々追加される動画教材を受講後も閲覧可能

⑨DMM WEBCAMP〜動画クリエイターコース

 

「DMM WEBCAMP〜動画クリエイターコース」は、初心者や未経験者でも短期間で効率的に動画編集スキルを学べるオンライン型の動画編集スクールです。

動画編集スクール名 DMM WEBCAMP〜動画クリエイターコース
料金
  •  動画クリエイターコース
    4週間:169,800円
    8週間:224,800円
    12週間:279,800円
    16週間:334,800円

    (分割払い 月々149,000円(税込)〜)
    ※コース延長:4週 88,000円(税込)
そのほかの料金
  • Adobeツール契約費
学習期間 4週間〜16週間
講座時間 自学習型
学習スタイル オンライン
学習内容・コース
  • モーショングラフィックス
  • 編集力アップ講座
  • サムネイル制作
  • デザイン基礎
  • 動画マーケティング
  • リテラシー
  • YouTube編集講座
  • SNS動画広告講座
  • ポートフォリオ制作
使用ソフト
  • After Effects
  • Premiere Pro
サポート体制
  • 受講後も閲覧無制限の学習教材
  • Adobeツール2ヶ月分無償
  • 週2回のメンターによるマンツーマンでのサポート
  • 案件獲得後の相談やレビューなどの副業サポート
  • キャリアアドバイザーによる転職サポート
  • 24時間チャットでの質問OK
学習目的 副業向け
その他
  • 未経験でも着実にスキルが身につく独自メソッド

Premiere ProやAfter Effectsなどの動画編集ソフトの基本操作から実践的な応用技術までを網羅したカリキュラムで、質の高いオンライン学習サポートで手厚くサポートしています。

ICEモデルに基づく独自開発のカリキュラムで、97%の受講生への継続学習を叶えています。

特に、最短4週間での受講が可能であり、Adobe Creative Cloudコンプリートプランの利用料が2ヶ月分無料という点も、受講者には大きな魅力ですよね。

現役動画クリエイターのメンターによる週2回のマンツーマンメンタリングを含むサポート体制が整っており、受講生が学習の過程で抱える疑問や不安を速やかに解消できる環境を提供しています。

また、このコースは就職や転職、副業・フリーランスとしてのキャリア構築に向けたサポートよりも、Premiere Proを中心とした動画編集の基礎と応用スキルの習得に重点を置いており、動画編集の基本から応用までを短期間で学びたい方に特におすすめです。

副業サポートに力を入れており、諸条件をクリアすると受けられるサービスもあります。

さらに、無料オンライン相談にも対応しており、受講前の疑問や懸念を解消する機会として口コミ満足度も高いので、迷っている方は一度参加してみましょう。

🎥 『DMM WEBCAMP〜動画クリエイターコース』のポイント 🎥

⭕ 副業初心者にもおすすめのサポートやカリキュラム

⭕ 現役クリエイターのメンターによるマンツーマンサポート体制

⭕ 4週間ごとの学習時間によって決めるプラン

⭕ 現場で使用されているツールの講義も無料で見れる

⭕ Adobeツール2ヶ月利用無料や返金保証制度なども充実

⑩MOVA(ムーバ)

 

「MOVA」は、現役クリエイターによる対面指導でフリーランスを目指せる本格的な動画編集スクールです。

動画編集スクール名 MOVA
料金 825,000円(税込)
(分割払い5種類 月々20,300円〜75,900円)
そのほかの料金 Adobeツール契約費
学習期間 6ヶ月
講座時間 3時間 / 週
学習スタイル 通学型(東京 / 福岡)
学習内容・コース
  • 撮影機材の取り扱い
  • 資料作成方法
  • 企画 / 撮影 / 編集の一通りの実践対応
  • マーケティングスキル
  • 商品紹介やポートレート動画制作
  • 実際の動画制作案件の実践
使用ソフト
  • After Effects
  • Premiere Pro
  • Photoshop
サポート体制
  • 卒業後の案件斡旋あり
  • クリエイターの仕事現場への同行機会
  • 交流会やイベントあり
  • ウェビナー開催あり
  • オンラインでの質問OK
  • 個人の進捗管理
学習目的 フリーランス向け
その他
  • 企画スキル、制作スキル、コミュニケーションスキルが学べる

MOVAのカリキュラムは、Premiere Proなどの編集ソフトの基本から映像制作の企画、撮影技術、ポートフォリオ制作まで幅広くカバーしています。

現役のプロ動画クリエイターによるマンツーマンサポートが提供されるため、未経験者でもプロレベルのスキルを身につけることが可能です。

オンラインでの学びが多いなかで、MOVAは東京や福岡にある教室への通学型です。

これにより、実際の撮影機材を使いながら企画〜撮影〜編集までのワンストップ対応を学ぶことができ、フリーランスとしてのキャリアを目指す方には特に適しています。

また、受講期間は6ヶ月と他の動画編集スクールに比べて長めですが、その間に実際の副業案件を経験することができるため、実務経験を積みながら学べることは大きなメリットですね。

基準を満たした卒業生にはMOVAからの案件紹介の機会もあり、実際の動画制作の現場で活躍するための基盤を在学中から築くことができます。

一方、受講料は825,000円(税込)と高額ですが、充実した教育内容と実案件への取り組みが魅力です。

分割支払いも多数用意されているので、本気で動画編集やクリエイターを目指したい方は、支払方法も予算と合わせて確認してみましょう。

フリーランスとして成功するためのノウハウを学び、現役クリエイターとの貴重な人脈を築くこともできるため、プロフェッショナルなキャリアを目指す方に最適なスクールと言えるでしょう。

受講を検討している方は、MOVAの公式サイトから無料個別相談を受けることをおすすめします。

「MOVA」受講生制作動画

 

🎥 『MOVA』のポイント 🎥

⭕ フリーランスで起業するための本格的なカリキュラム

⭕ 通学型で仲間と実践しながら学べる

⭕ オンラインでの質問や個々の進捗管理でスムーズに学習を進められる

⭕ クリエイターとの横のつながりも作りやすい

⭕ 在学中から案件受注を実践できる

⑪デジハリ ONLINE

 

「デジハリ ONLINE」は、副業から就転職、フリーランスまで幅広い働き方に合った講座を提供している動画編集スクールです。

動画編集スクール名 デジハリ ONLINE
料金
  • 動画クリエイター講座:281,600円(税込)
    (給付金の利用で実質費用:102,400円(税込))
  • ネット動画広告入門:53,900円(税込)
  • After Effects・Premiere講座:74,800円(税込)
そのほかの料金 Adobeツール契約費
学習期間
  • 動画クリエイター講座:6ヶ月
  • ネット動画広告入門 / After Effects・Premiere講座:3ヶ月
講座時間 自学習型
学習スタイル オンライン
学習内容・コース
  • 動画編集スキル
  • 一眼/カメラの撮影技術
  • 動画のマーケティング手法とノウハウ
  • 動画撮影の企画スキル
  • モーショングラフィックス
  • 案件を取るコツ
  • 最新のネット動画のトレンドと作成のコツ
  • 動画広告、マーケティングの基礎知識
  • 動画のシナリオライティング基礎知識
  • ロゴアニメーション
    ※講座により異なる
使用ソフト
  • After Effects
  • Premiere Pro
  • Photoshop
  • Illustrator
  • DaVinci Resolve
サポート体制
  • 副業・週転職サポート
  • いつでも質問可能
  • 最新情報でアップデートした動画教材学習
  • Adobeソフトの特別価格購入
  • キャリアアップ支援事業割引あり
  • 受講生限定イベントや交流会
学習目的 就職・転職・副業・フリーランス向け
その他
  • 通学型よりお得に学べる

デジタルハリウッドが運営するオンライン完結型スクールで、特に初心者や未経験者向けに設計されており、Premiere Pro、After Effects、Photoshop、Illustratorといった主要なデザイン・編集ソフトの使い方から映像制作の基礎までを網羅しています。

デジハリオンラインのカリキュラムは、映像制作の全過程を学ぶことができ、プロのクリエイター講師による質問サポートや制作課題への添削も利用できます。

リスキリング支援事業の対象講座として受講料の最大70%が給付されるため、講座によっては他のスクールと比較しても実質的な費用負担が軽減され、26週間の受講期間中に豊富な教材を利用できるのも嬉しいポイントです。

また、デジハリオンラインでは、デジタルハリウッドの充実した学習教材を利用し、映像制作・動画編集の基本技術だけでなく、撮影技術、動画マーケティング、副業やフリーランス案件の獲得方法、ネット動画業界への就職方法などを幅広く学べます。

卒業後は、デジタルハリウッド受講生限定の求人サイトの利用やフリーランス案件の紹介、就職・転職活動サポートなどのキャリアサポートが充実している点も魅力です。

デジハリオンラインの動画クリエイター講座に関する詳細情報や資料請求は、公式サイトで行うことができます。

🎥 『デジハリ ONLINE』のポイント 🎥

⭕ オンラインで完結でき、気軽に質問もOK

⭕ 仕事が舞い込むクリエイターになるためのカリキュラム

⭕ 現役クリエイターから実用的な内容やトレンドを学べる

⭕ 動画編集から制作スキルまで幅広く学習可能

⭕ 案件紹介・求人・週転職のバックアップまで充実

⑫SHElikes(シーライクス)

 

「SHElikes」は、女性をターゲットにしたキャリア向上を目的としたオンラインスクールです。

動画編集スクール名 SHElikes
料金
  • スタンダードプラン:13,567円(税込)~(12ヵ月一括 162,800円(税込))
  • ライトプラン:8,984円(税込)~(12ヵ月一括 107,800円(税込))
そのほかの料金
  • 入会金:14,533円(税込)〜(12ヵ月一括 162,800円(税込))
  • Adobeツール契約費
学習期間
  • 動画編集:6ヶ月動画編集コース:1~2ヵ月
  • モーショングラフィックコース:1~2ヵ月
  • SNS動画制作:1ヵ月
講座時間 自学習型
学習スタイル 通学(青山 / 銀座 / 名古屋 / 梅田)/オンライン
学習内容・コース
  • 動画編集スキル
  • YouTube動画制作
  • SNS動画制作
  • アニメーション制作
  • 映像演出
  • モーショングラフィックス
    ※講座により異なる
使用ソフト
  • After Effects(モーショングラフィックコース)
  • Premiere Pro(動画編集)
サポート体制
  • 様々な講座を定額制で学び放題(ライトプランは月5レッスンまで)
  • 月に1回のコーチング
  • 講師に質問OK
  • 本番前にSHElikes内で案件練習ができる
学習目的 副業・転職向け
その他
  • 無料体験レッスンあり

様々な講座のなかから、動画編集にあたっては、After Effectsを使った動画制作やWEBデザイン、WEBマーケティングなど、多岐にわたるスキルを学べる点が特徴で、キャリアアップに関心のある女性には最適なプログラムです。

SHElikesの入会金は162,800円(税込)で、その後は月額料金16,280円を支払うことで、さまざまなコースを自由に受講できます。

ほかの動画編集スクールにはあまりないサービス内容で、受講者が自身のペースで様々なベーススキルを学べる点が魅力的です。

動画制作の技術に加え、HTMLやCSSを使ったWEBサイト制作、インターネット広告やマーケティングの基礎、さらには副業やフリーランスとしての仕事の取り方まで学べるコースが用意されています。

動画編集だけではなく、IT・WEB分野全般のスキルを身につけたい女性にとって、SHElikesは理想的な学習環境です。

オンラインで無料の体験レッスンも提供されており、興味を持った方はSHElikesの公式サイトで詳細を確認し、カウンセリングを受けることが可能です。

女性が安心して学べる環境として、SHElikesは特に20代から30代の女性に人気があり、同じ目標を持つ仲間を見つけやすいコミュニティも魅力の一つです。

青山 、銀座 、名古屋、梅田に教室もあるので、仲間とのコミュニケーションをはかれることもモチベーション維持につながりますね。

🎥 『SHElikes』のポイント 🎥

⭕ 20代〜30代女性のキャリアアップに最適な基礎知識が学べる

⭕ 月々定額制で講座が豊富にあり学びがいがある

⭕ 月1回のコーチングや仲間との交流でモチベーション維持が可能

⭕ SHElikes内で案件練習できる

⭕ 無料の体験レッスンが受けられる

⑬Winスクール

 

「Winスクール」は、ライヴ型オンラインレッスンでオフラインとオンラインの両方に対応している動画編集スクールです。

動画編集スクール名 Winスクール
料金
  • Premiere Pro CC講座:140,800円(税込)
  • After Effects CC講座:140,800円(税込)
  • YouTube動画制作実習:104,500円(税込)
  • モーショングラフィックス実習:104,500円(税込)
  • YouTube動画デザイナー:293,700円(税込)
  • Premiere Pro&After Effects:253,000円(税込)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • 動画・映像デザイナー:330,000円(税込)
  • 動画・映像スペシャリスト:372,900円(税込)
  • 動画・映像マスター:466,400円(税込)
  • WEB・映像スペシャリスト:605,000円(税込)
そのほかの料金
  • 入会金:19,800円(税込)
  • 講座ごとの教材費
学習期間
  • Premiere Pro CC講座 / After Effects CC講座 / YouTube動画制作実習 / モーショングラフィックス実習:2か月
  • Premiere Pro&After Effects:4ヶ月
  • YouTube動画デザイナー / 動画・映像デザイナー:5ヶ月
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • 動画・映像スペシャリスト:6ヶ月
  • 動画・映像マスター:8ヶ月
  • WEB・映像スペシャリスト:12ヶ月
講座時間 90分 / 回
学習スタイル 通学(全国約50校)/オンライン
学習内容・コース
  • Web動画制作や映像合成
  • 映像編集
  • モーショングラフィックス
  • YouTube動画制作
  • グラフィックデザイン
    ※講座により異なる
使用ソフト
  • After Effects
  • Premiere Pro
  • Illustrator
  • Photoshop
    ※講座により異なる
サポート体制
  • オンライン、オフラインでの質問対応
  • 専任のキャリアカウンセラーによる就職・転職サポート
  • Adobe Creative Cloudを特別価格で購入
  • 卒業後も動画視聴可能
  • 教室受講は最大5名までの少人数制
  • 対面と同じ内容をオンラインでも受講可能
  • 該当分野の専門講師によるマスターレッスン
  • 専任のカウンセラーにマンツーマン相談して受講を検討できる
  • オンラインレッスン専用のPC貸出有り(有料)
学習目的 就職・転職向け
その他
  • 特定のスキルを選んで学べる

Winスクールは、プログラミングやWEBデザインなどさまざまな講座を提供する人気の教育機関であり、動画編集に関連するコースも充実しています。

特にYouTube動画クリエイターコースは、動画編集ソフトのPremiere Proを基礎から学び、YouTube向けの動画制作スキルも習得できます。

スクールの特徴として、Premiere Pro講座やAfter Effects講座など、特定のスキルに特化した講座を選択し、比較的手頃な料金で受講できる点があげられます。

また、全国約50校の教室で少人数制の授業を受けることができ、オンラインでの受講も選択できます。

公式サイトでは、教室の検索や無料カウンセリング、体験予約が可能で、初心者の方も安心して学べる環境を提供しています。

また、企業研修で業界トップクラスの実績を持つWinスクールは、企業のニーズに応える実践的な教育を提供しています。

未経験者にも理解しやすいカリキュラムと、プロの講師による個別のサポートが提供されており、Webデザインや動画編集の基礎から実践力を身につけることができます。

就職・転職支援も充実しており、身につけたスキルを仕事に活かすためのサポートが充実。

Webデザインやクリエイティブ関連の職種に精通したキャリアスタッフが、希望に合ったキャリアサポートを提供してくれます。

『Winスクール』のポイント 🎥

⭕ 全国約50の教室でのオフラインとオンラインの両方で受講可能

⭕ 教育訓練給付制度対象で、上限10万円までキャッシュバックを受けられる

⭕ 専任カウンセラーによる就職・転職サポート

⭕ 学びたいスキルだけなど自分に合った受講スタイルを選べる

⭕ オンラインレッスン専用のパソコン貸与あり

⑭インターネット・アカデミー

 

「インターネット・アカデミー」は、Adobe Premiere Proの基礎から高度な編集技術まで段階的に学べる動画編集スクールです。

動画編集スクール名 インターネット・アカデミー
料金
  • 動画編集講座:184,800円(税込)
    (分割払い 月々 4,900円(税込)〜)
そのほかの料金
  • Adobeツール契約費
学習期間 8回(※学習目安16~32時間)
講座時間 50分〜
学習スタイル 通学(新宿) / オンライン
学習内容・コース
  • YouTube動画編集
  • 30秒CM制作
  • ウェディングムービー
  • 音編集
使用ソフト
  • Premiere Pro
サポート体制
  • 就転職・副業・フリーランスなどのキャリアサポート
  • 自身に合った3種類の受講形式
  • 質問にリアルタイム対応
  • 現役プロのエンジニアやWebデザイナー
学習目的 就職・転職・副業・フリーランス向け
その他

YouTube動画制作やSNS広告制作、結婚式動画制作、CM制作など多様なアウトプットに焦点を当てた講座を提供しています。

受講形式の多様性もインターネット・アカデミーの魅力です。

教室への通学も可能で、講師に直接学べる上、オンラインでのライブ授業やオンデマンド授業を選択できるほか、対面式の授業にも参加可能で、グループワークなど実際の職場環境を模した経験も積むことができます。

さらに、質問へのサポートが充実しているため、初心者でも挫折することなく必要なスキルを身につけられつつ、モチベーションを維持しやすくなっています。

多忙な社会人でも学習を進めやすいですね。

受講料は184,800円(税込)と、ほかのスクールと比較しても手頃な価格が大きな魅力です。

無料相談にも随時対応しており、学習内容や受講方法についての質問にも対応しています。

Premiere Proの基本操作、より高度な編集技術、映像作品の完成、効果の設定、音の編集、YouTubeへの投稿方法など、幅広い内容を習得できます。

YouTubeに動画を投稿したい方、フリーランスとして動画クリエイターを目指す方、仕事で動画編集が必要な方など、様々なニーズに応えることができる初心者にもおすすめの動画編集スクールです。

🎥 『インターネット・アカデミー』のポイント 🎥

⭕ オンデマンド・マンツーマン・ライブ授業と3種類の受講形式から自身に合わせて選べる

⭕ 現役プロのエンジニアやWebデザイナーの講義

⭕ 転職や副業、フリーランスなどのキャリアサポートあり

⭕ 校舎にある最新の制作環境が整ったラーニングスペースの利用可能

⭕ Adobe Premiere Proの基本知識から高度な編集テクニックまで学べる

⑮Famm

 

「Famm」は、シッター派遣もある主婦の方やママ向けの動画編集スクールです。

動画編集スクール名 Famm
料金
  • 動画制作:184,800円(税込)
    (分割払い 月々8,900円〜)
    ※受講費用が0円になるキャンペーンあり
そのほかの料金
学習期間 1ヶ月
講座時間 3時間ほど / 回
学習スタイル オンライン
学習内容・コース
  • YouTube動画編集
使用ソフト
  • Premiere Pro
  • After Effects
  • Photoshop
  • Illustrator
    (講座により異なる)
サポート体制
  • 卒業後案件発注5件保証
  • ライブ配信時のシッター費用無料
  • 最大8名の少人数クラス
  • 1ヶ月半のパソコンレンタル11,000円(税込)で対応
  • 専門家によるお子様がいるママ向けのキャリアカウンセリング
  • 100スキルを無料で学び放題
  • 卒業生コミュニティへの参加
  • デザインソフト無料支給
  • 卒業後6ヶ月の講師への質問無制限
学習目的 副業・在宅ワーク向け
その他

Famm最大の特徴は、無料のシッターサービスを利用できることで、子育て中のママも安心して学習に集中できます。

受講期間は1ヶ月と短期間で、卒業後も講座を無償で受講可能です。

また、講師への質問は卒業後6ヶ月間無制限に可能で、案件の紹介保証も付いているため、学習後の実務応用もスムーズに進めることができます。

Fammの動画クリエイター講座は、最大8人の少人数制で行われ、参加者は全員がママなので、共感しやすく学びやすい環境が整っています。

授業は録画されているので、出席できない場合でも後で学習可能なので、遅れをとらず学びを進められます。

卒業後にはFammからの

受講料は184,800円で、卒業後にはWEBデザインやWEBマーケティングの教材をはじめ、100以上のスキルを学べる応用講座も無料で利用可能です。

Fammから副業案件を受けることも可能で、卒業後のサポートも充実しており、案件紹介を5件まで保証。

子育てをしながら実績作りができるのは嬉しいですよね。

ほかの動画編集スクールと比較しても受講料は安く、Youtubeの動画編集や動画広告制作の副業で月10万円の収入を目指すことも可能です。

ママに役立つオンラインウェビナーも毎月定期的に開催。

仕事と家庭を両立する働き方などのアドバイスも受けられるので、無料説明会へも参加してみましょう。

🎥 『Famm』のポイント 🎥

⭕ 1ヶ月の短期集中レッスン

⭕ ライブ配信時のベビーシッター or キッズスペースの無償利用

⭕ 専門家によるママ専門のキャリアカウンセリング

⭕ 卒業後案件発注5本保証で月に10万円の収入を目指す

⭕ 初心者でも基礎スキルを学べる

⭕ 100スキルを無料で学び放題

動画編集の仕事内容や魅力は?

動画編集とは、撮影された素材や作成されたアニメーション素材を適切に加工しつなぎ合わせ、そのほかの情報や素材を挿入・追加し動画を作り上げる作業のことです。

【主な動画編集の作業】

  • 適切な素材作成
  • ノイズの除去
  • 色調補正
  • 効果音やBGMの挿入
  • テロップ、エフェクトなどの挿入

動画編集の仕事は、撮影された複数のシーンを切り貼りして、ただ単に順番に繋ぐだけでなく、視聴者に伝えたいメッセージや感情を効果的に表現するための編集が求められます。

クライアントの意向を汲みつつ、いかに視聴者を引き付け、魅力的な動画に仕上げるられるか。

日々の情報収集をはじめ、センスを磨き続ける向上心も、長く動画編集という仕事を続けていくために不可欠です。

動画編集の仕事は需要が伸びている

動画コンテンツの人気が高まる中、動画編集の仕事は大きく需要が伸びています。

YouTubeやTikTokなどのプラットフォームの普及に伴い、企業や個人が動画コンテンツを積極的に活用していることが背景にあります。

以下、一般財団デジタルコンテンツ協会(DCAJ)が発表した「動画配信市場調査レポート2023」によると、2022年の動画配信市場規模を4,530億円(前年比107%)と推計しています。

出典:動画配信(VOD)市場5年間予測(2023-2027年)レポート

2023年以降も推移は上昇し、2026年は5,500億円を突破する予想です。

また、株式会社サイバーエージェントと株式会社デジタルインファクトが行った「国内動画広告の市場動向調査」では、2022年の動画広告市場は、昨対比133.2%の5,601億円に到達し、2026年には1兆2,451億円に達する見込みとしています。

出典:サイバーエージェント、2022年国内動画広告の市場調査を実施

インストリーム広告とインフィード広告はYouTubeでの広告媒体ですが、全体の市場規模の成長に合わせ、まだまだ規模拡大の見通しとなっています。

動画配信規模と、それに伴う配信広告規模の拡大が予想される現在、今後しばらくは動画編集のスキルは多方面で重宝されることでしょう。

動画編集仕事の魅力

動画編集のスキルを持っていることで、仕事の幅を増やしキャリアアップにつながります。

キャリアアップ以外にも、手に職をつけることで、より仕事環境や生き方を豊かにしていけるでしょう。

就職・転職にも活かせるスキル

動画編集のスキルは、就職や転職市場において非常に有利です。

現在は企業もプロモーションやPRのためにアカウントを持ってSNSの運営をしていますよね。

ほとんどが自社内製を行っているため、動画編集スキルを持っていることで就業の機会も増やしやすいでしょう。

また、YouTubeでは企業のアカウント運営や広告制作、YouTuberの動画編集のほか、現在はバーチャルYouTuberも活躍しており、動画編集のニーズは増すばかりです。

メディア業界だけでなく、広告代理店、教育関連企業、さらには一般企業の広報部門など、幅広い分野でその技術が求められています。

そのため、現在は未経験でも、スキルを得られれば動画編集者として職を得やすい環境にあります。

動画編集能力を持つことで、多くの職種にアピールするチャンスが増えるのです。

時間の融通を効かせられる

動画編集の仕事は、時間の融通が利きやすい特徴を持っています。

フリーランスとして活動する場合、自宅でのリモートワークや自由な時間管理が可能です。

また、会社に働きながら副業として動画編集で副収入を得ている方もいます。

スキルがあればさまざまな働き方が可能なため、会社員やフリーランスのみならず、主婦の方や学生にもチャンスは大いにありますね。

仕事の量も調整しながら収入を得られるため、ワークライフバランスを重視したい方には大きなメリットと言えるでしょう。

アイディアを活かすクリエイティブな仕事ができる

動画編集は、常に視聴者にどう効果的にアプローチするかという視点のもと、コンテンツを提供していく創造力を発揮するクリエイティブな仕事です。

映像のカット割り、音楽選定、色調整など、編集者のセンスが動画の出来に大きく影響します。

話題性や拡散性を動画に持たせるには、トレンド等の情報収集も欠かせません。

様々な動画に触れることで、創作意欲を掻き立てられることもありますよね。

また、撮影機材の知識がつき、自身でもコンテンツを発信できるようなると、企画力や提案力も身につき、仕事の幅が広がりスキルアップもできるでしょう。

自分のアイディアを活かし、視聴者に感動や驚きを提供する作品を作り出すことが、動画編集の大きな魅力です。

動画編集スキルを活かせる仕事は?

動画編集のスキルを得られたら、どんな仕事ができるでしょうか。

適切な動画編集スクールを選ぶには、どんな働き方をしたいか、もひとつの指標です。

動画編集スキルを活かせる仕事は多岐にわたり、企業での雇用から個人でのフリーランス活動、現在の仕事におけるスキルの応用まで、幅広い分野でその需要は高まっています。

企業で働く

企業での動画編集職では、多種多様なプロジェクトに携わることができます。

動画制作会社では、広告動画、イベント映像、企業向けPR動画、アニメ、ドラマ、映画など、クライアントのニーズに合わせた幅広い制作を行います。

また、商品やサービスのPRを目的として、自社製品の映像制作担当者を募集する企業もあります。

企業で働くことのメリットは、企業で多くの業務に携わることで、確実にキャリアアップしていきやすいことです。

職場によっては映像制作の一連の業務に関わることも可能で、ディレクション業務を担うチャンスもあるでしょう。

動画編集の仕事で就業チャンスを得て、さまざまな動画制作の業務に携わっていきたいのであれば、企業で働くことをおすすめします。

個人(フリーランス)で働く

動画編集はパソコンとソフトがあればどこでも可能なため、個人で活動するフリーランスの道も開けています。

企業と業務委託契約を結んだり、フリーランス向けのエージェントサービスやクラウドソーシングを活用することで、仕事を獲得する方法があります。

オリジナルの動画作品を動画配信サイトで公開し、広告収入や企業とのタイアップで収入を得ることも可能です。

働き方や業務分量も自分で調整でき自由度が高い分、情報収集や日々のスキルアップもすべて自分のさじ加減です。

副業を含めたフリーランスでの働き方を希望する場合は、得たい仕事に合わせて、日々個人で行なう努力は必須でしょう。

今の仕事に活かす

現在の職場で動画編集スキルを活用する方法もあります。

DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進において、動画は業務の効率化や売上・認知度アップに大きく貢献します。

DXとは、企業がデジタル技術を活用して業務プロセスを改善し、製品やサービス、ビジネスモデルを変革して、組織や企業文化、風土の改革と、競争上の優位性を確立することを指します。

そういったDX推進に合わせ、動画を活用する企業も多く、業務説明、営業資料、採用活動、動画コマースなど、様々な場面で動画の活用が考えられます。

転職やフリーランスへの転向を視野に、現在の仕事に編集スキルを活かしながら実績を積んでいく方法もありますね。

動画編集スクールの種類と特徴

動画編集スクールは、大きく分けて

  • 通学型動画編集スクール
  • オンライン型動画編集スクール

の2種類に分かれます。

せっかくスクールでの受講をはじめても、途中で挫折してしまっては意味がありません。

それぞれの特徴を把握して、ご自身の住まいエリアや働き方、学び方などのご自身の都合に合わせて適切なスクールを選びましょう。

通学型動画編集スクール

通学型動画編集スクールは、直接スクールの教室に赴き、受講する方法です。

直接講師と対峙してスキルを学べるため、臨場感溢れるなかで受講でき、一緒に学ぶ仲間とも交流を持ちやすいことが特徴です。

メリット デメリット
  • 質問がしやすく疑問点を解消しやすい
  • コミュニケーションを取りやすい
  • 臨場感を感じながらモチベーションを維持しやすい
  • 費用が高くなりがち
  • 通学のアクセスが悪いと時間・交通費の負担がかかる

メリット

通学型動画編集スクールの最大のメリットは、その場で直接質問ができる点です。

特に学び始めの頃は、わからないことも多く、学習を進めるうえで理解につまずくこともあるでしょう。

また、そのままわからないままの状態が続くことは、学習上ストレスを感じやすいです。

通学型では、疑問や不安を解消しやすく、学習がスムーズに進むため、特に初心者にとっては理解を深めるのに効果的です。

また、他の受講生との交流が可能で、モチベーションを維持しやすい環境が整っています。

直接コミュニケーションを取ることで得られることも多いため、交流を持ったり学びの空気感を肌で感じたりしたい方にはぴったりです。

デメリット

一方で、通学型スクールのデメリットとしては、受講料が高くなりがちな点が挙げられます。

スクールそのものの賃貸料や設備費などが反映されるため、オンライン型に比べるとコストが高くなりがちです。

また、通学にかかる時間と距離も考慮する必要があります。

仕事の合間などに通学する場合は、アクセスの利便性が高い場合は問題ありませんが、長距離を移動する場合、通学にかかる時間や交通費が負担になるケースも少なくありません。

そうすると、モチベーションが下がりやすくなってしまい、受講を続けられなくなってしまうことも。

逆に交通の利便性を重視しすぎても、本当に学べる内容がなかったり、講師や講座の質が落ちてしまうといったことになりかねません。

そのため、特に地方に住む方にとっては選択肢が限られる場合もあるので、コミュニケーションをとりやすいライブ型のオンライン講義を行っている動画編集スクールの受講の検討もおすすめします。

オンライン型動画編集スクール

対してオンライン型動画編集スクールは、特定の教室を持たず、または講座を教室で直接行なうのではなく、オンラインを利用して遠隔で受講できる方法です。

近年人気が高まっており、コロナ禍を機にオンライン型を導入しているスクールも多くあります。

メリット デメリット
  • 費用が安い
  • 自分の都合に合わせて学べる
  • どこからでも学べる
  • 時間効率が良い
  • 直接的なコミュニケーションがとれない
  • モチベーションの維持が難しい

メリット

オンライン型動画編集スクールは、料金が比較的安く、時間と場所を選ばずに学習できるという大きな利点があります。

自分のペースで学べるため、忙しい人にとっても柔軟に対応可能です。

講義用の教室をいくつも持たなくて良い分、スクールのスペース等施設費用がかかりにくいため、費用が安くなる傾向があります。

また、全国どこからでも受講できることが利点で、遠方であっても学びたいスクールで学べるメリットは大きいですよね。

移動時間もないので、効率よく学べる点が大きいでしょう。

動画自体の見直しができる講座も多いので、繰り返し視聴できることも魅力です。

デメリット

オンライン型のデメリットとしては、質問への即時回答が難しいことや、モチベーションの維持が難しい点が挙げられます。

特に学習中に生じた疑問点や不明点を解消するサポートが限られることがあり、わからない点を抱えたままになると、孤独に感じることもあるでしょう。

不明点が生じた場合のフォローがあるか、相談できるサポートはあるかなど、不安がある方はしっかり調べておきましょう。

また、オンライン型は直接学習の様子を見てもらえるわけではないので、学習の自由度が高い分、自分でペースを作り学びを進めて行かなくてはいけません。

受講中のつまずきが、学習のモチベーションを下げてしまうことも多くあります。

自身一人でも挫折せず、学びを進めていけるかどうかも検討ポイントです。

失敗したくない方におすすめの動画編集スクールの選び方

スクールの種類や特徴も分かったうえで、どのスクールにするか、どう選べばいいか迷いますよね。

動画編集スクールのおすすめの選び方は以下です。

  • 学習目的に合う内容があるか
  • 予算に合っているか
  • 学習スタイルに合っているか
  • プロの講師が対応しているか
  • 口コミやそのほかの評判がいいか
  • 就業支援や案件紹介があるか

先に見たスクールの種類と特徴を考慮し、ポイントを確認し検討しましょう。

学習目的に合う内容があるか

動画編集スクール選びで最優先すべきは、自分の学習目的に適したカリキュラムがあるかどうかです。

完全な初心者の場合、編集ソフトの基本操作から学べるコースが必要なため、ソフトの使い方からじっくり学べるカリキュラムが良いでしょう。

少しでも経験がある方は、より高度な技術や実践的なプロジェクトに焦点を当てたコースがあると良いですね。

目的が「趣味で動画を作る」なのか、「プロの動画クリエイターとして働きたい」なのかによって、求めるカリキュラムも大きく異なります。

自分の将来の目標に合わせて、適切なスキルを教えてくれるスクールを選ぶことが大切です。

予算に合っているか

予算は動画編集スクール選びにおいて非常に重要です。

各スクールにはそれぞれ異なる料金設定があり、高額なコースもあれば比較的安価なコースも存在します。

ですが、かかる費用は受講料だけではなく、必要な機材やソフトウェアのコストも考慮する必要があります。

例えば、Adobe Creative Cloudなどの有料ソフトウェアを使用する場合、追加でコストがかかることを忘れてはいけません。

できるだけコストをかけない場合は、ソフトの提供も受講内に含まれているかなども確認すると良いでしょう。

また、通学型スクールの場合は交通費なども発生します。

予算内で続けられるかどうか、また予算に見合った価値があるかどうかを慎重に検討し、自分に合ったスクールを見つけることが重要です。

学習スタイルに合っているか

自分の学習スタイルに合っているかどうか、もスクール選びのポイントです。

オンライン完結型のスクールは、場所や時間を選ばずに学習でき、比較的リーズナブルな料金設定が魅力です。

一方で、通学型スクールでは、直接講師とコミュニケーションを取りながら学べる利点がありますが、料金が高めに設定されていることが多くあります。

また、オンラインと通学のハイブリッド型のスクールもあり、自分のライフスタイルや学習の好みに応じてフレキシブルに学習方法を選ぶことができます。

不規則な仕事をこなしながら学習する場合は、通学型よりもオンライン型の方が学びやすいですし、多少距離はありつつも、定期的に直接講座を受けに行きたい場合はハイブリッド型が適しているでしょう。

自分のライフスタイル、学習の進め方、予算に合った学習スタイルを提供するスクールを選択することが、効果的な学習と継続の鍵となります。

プロの講師が対応しているか

質の高い指導を提供してくれるプロの講師が在籍しているかどうかも、スクール選びで考慮しましょう。

現役で活躍しているクリエイターの講師は、最新の業界動向や必要とされるスキルに精通しているため、実践的で時代に即した教育を受けることができます。

また、プロの講師から学ぶことで、実際の仕事で直面するような課題に対応する能力や、業界のネットワーク構築の機会も得られるため、キャリア形成にも大きな利点があります。

したがって、講師の経歴や実績を確認し、自分が目指す分野の専門知識を持つ講師が教えているかを見極めることが重要です。

口コミやそのほかの評判がいいか

スクールの評判や口コミを確認してみると、そのスクールの実際の様子や受講した感想が知れるので便利です。

SNSや口コミサイトでの評価は、スクールの雰囲気、講師の質、サポート体制などを把握するのに適しています。

ただし、あくまで個人の感想であるため、口コミだけで決めず、全体的な評価を見極めるようにしましょう。

また、スクールが開催する無料体験会や説明会に参加することで、実際のスクールの雰囲気や教育内容を自分の目で確認できます。

ネットでの評判とスクールの説明会などの両方を参考に決められると理想です。

就業支援や案件紹介があるか

動画編集スキルを学んだ後のキャリアを考えると、就業支援や案件紹介のサポートがあるスクールは非常に有益です。

就職や転職を目指す方には、ポートフォリオ作成の支援やキャリアカウンセリング、求人紹介などの就職支援サービスが提供されているスクールがおすすめです。

また、副業やフリーランスとして動画編集の仕事をしたい方には、案件紹介やフリーランスとして成功するためのノウハウを提供するスクールが良いでしょう。

交渉の仕方や案件の取り方、対応方法などをサポートしてくれていると非常に心強いですよね。

学んだスキルを実際の仕事に生かせるサポートで、実践に向けた対応を身につけましょう。

動画編集スクールに受講するメリット

動画編集のスキル自体は、動画編集スクールに通わなくても、独学でも習得できます。

そのなかで動画編集スクールに通うメリットは何でしょうか。

効率よく学べる

動画編集スクールに通うことで、効率的にスキルを習得できるのが大きなメリットです。

通常、動画編集スクールのカリキュラムは数ヶ月と設定されており、集中的に学習を進めることが可能です。

多くのスクールでは、学生や社会人に合わせて柔軟なスケジュールが組まれているため、忙しい日々の中でも無理なく学ぶことができます。

また、独学ではつまずきがちな理解が難しい部分についても、講師に直接質問することで迅速に解決でき、学習の進行をスムーズに保つことができます。

ご自身では学習ペースを自由にコントロールできる分、進め方にムラが出てしまったり、途中で挫折してしまったりすることもあります。

中には、「本気でスキルを習得したいから、自分にムチ打つつもりで学費を払って学習時間を設けるようにした」という方も。

動画編集スクールでは計画的にカリキュラムが組まれており、学習効率を高めるための環境が整っているため、スキル習得というゴールにたどり着きやすくなっています。

就業のサポートや案件紹介などを受けられる

動画編集スクールでは、技術習得だけでなく、就業に向けたサポートが提供されているところも多くあります。

多くのスクールでは、受講生がフリーランスや転職活動に成功するための案件紹介やキャリアサポートが行われています。

受講生は動画編集の技術だけでなく、仕事を獲得するためのノウハウや実際の案件へのアプローチ方法も学べることは、プロとして仕事を対応していく上で重要なスキルです。

実際に、多くの卒業生が各スクールの就業サポートを活用し、動画編集の仕事を得ています。

動画編集スクールは単にスキルを学ぶ場ではなく、プロとしてのキャリアを築くための重要なステップとなるのです。

プロのクリエイターから学べる

動画編集スクールのもうひとつの魅力は、現役のプロクリエイターから直接学べる点です。

講師は、実際の業界での経験と知識を持ち、最新のトレンドや実務で役立つ技術を伝えてくれます。

このため、受講生は理論だけでなく、現場で求められる実践的なスキルを身に付けやすくなります。

逆に、現役で活躍しているクリエイターではない方が講師の場合は、その講師だからこそ得られるスキルなどのメリットを確認した方が良いでしょう。

トレンドはかなり流動的で、発注から公開までのタイムラグも考慮し、常に新鮮な動画を発信していかなくてはいけないため、この点においては現役クリエイターの感覚というのは必須です。

また、プロの講師からのフィードバックを受けることで、自身の作品の質を高めることも可能です。

プロからの直接指導は、動画編集の技術を磨く上で非常に貴重な機会であり、動画編集スクールを選ぶ大きな理由のひとつとなっています。

動画編集者に求められるスキル

動画編集を生業とする上で必要なものは、単に編集作業で用いる技術だけではありません

企業にいれば同じチームの方とともに作り上げていくことになるため、周りのメンバーとのコミュニケーションも重要です。

個人で仕事をするのならば尚更、営業して案件を獲得していくためのスキルも必要になります。

作業としては個人で行なうことも多く、自由に見える動画編集ですが、見えないところまで様々な方と関わる仕事です。

  • 営業スキル
  • コミュニケーションスキル
  • マーケティングスキル
  • ディレクションスキル
  • デザインスキル

営業スキル

動画編集者が成功するためには、優れた営業スキルが不可欠です。

動画編集スキルが高くても、クライアントを見つける能力がなければ収入につなげることは難しいです。

効果的な営業活動には、自分の実績やポートフォリオをわかりやすく紹介する技術、顧客のニーズに応える営業文の作成能力が求められるでしょう。

また、価格交渉においても、双方にとって納得のいく価格設定に持っていくスキルがあれば、気持ちよく仕事ができますよね。

このためには、柔軟な対応力と交渉術が必要とされます。

一朝一夕では身につけるのが難しく、依頼内容も多岐にわたるため、経験を積みながら、営業スキルを磨くことが大切です。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、動画編集者にとって重要な資質です。

クライアントとの円滑なコミュニケーションが、仕事の質と継続性に大きく影響します。

プロジェクトの進行中は、納品までの間に頻繁にクライアントと連絡を取る必要があるため、迅速な対応、適切な言葉遣い、納期の厳守などがクライアントの信頼を得る鍵となります。

また、クライアントの伝えたいこと、要求していることを適切に汲み取り反映させるためにも、理解力・読解力という点でコミュニケーションスキルが求められます。

基本的なコミュニケーション能力を身につけ、相手の立場に立った対応とクライアントの求めることに応えていける姿勢を心がけて対応していきましょう。

マーケティングスキル

動画編集者にとってマーケティングスキルも非常に重要です。

クライアントのターゲット層や市場の動向を理解し、それに合わせた動画コンテンツを制作することが求められますが、これには、市場調査やデータ分析が必要となります。

顧客が求める動画を作成するためには、視聴者のニーズを正確に把握する必要があります。

マーケティングスキルを持つことで、より効果的な動画を制作し、顧客満足度を高めることができます。

多くの視聴者に届く動画を生み出していけると、継続的に案件を得られることにつながり、より大きな依頼をもらえるようになるでしょう。

ディレクションスキル

ディレクションスキルは、動画制作プロジェクトを効率良く進めるために欠かせません。

特にチームで動画編集を行う場合、プロジェクトの管理、タスクの割り振り、スケジュールの調整などが重要です。

ディレクションスキルを持つことで、チームの生産性を高め、プロジェクトをスムーズに進行させることができます。

一見、動画編集の仕事内容にあまり関わりの内容に見えますが、プロジェクト全体が見えていると、自身の作業自体も調整しやすくなります。

また、動画編集の立場としての意見を求められた際にも、事情を理解できていると、全体を見据えた意見を出しやすくなるでしょう。

チームメンバーとのコミュニケーションを取りながら、ともに効果的な管理を行えるようになれると理想的ですね。

デザインスキル

デザインスキルは、動画のクオリティを向上させるために重要です。

動画の視覚的な魅力を高めるためには、色使い、レイアウト、グラフィックデザインなどの知識が必要です。

特に、サムネイルやテキストのデザインは視聴者の注意を引くための重要な要素です。

デザインスキルを持つことで、より魅力的でプロフェッショナルな動画を制作でき、クライアントからの評価も高まります。

トレンドの取り入れ方にもセンスが出るので、常にセンスとデザインをどう落とし込んでいくか、というスキルや認識のアップデートは怠れないでしょう。

動画編集で利用するツール

動画編集スクールに通う前に、編集作業で利用するツールを手元に用意しなければいけません。

スクールやカリキュラムによって学べるソフトが異なるため、どのような働き方をしたいか、どのようなソフトを使った動画編集を行っていきたいか、予め知識をつけておくと役立ちます。

※それぞれの価格は、2024年1月現在のものです。

  • Adobe After Effects
  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe Photoshop
  • Adobe Illustrator
  • Final Cut Pro
  • DaVinci Resolve

Adobe After Effects

Adobe After Effectsは、動画制作における特殊効果やアニメーション作成に特化したソフトです。

企業案件の中でも、After Effectsを使用する高単価の案件が多く、このツールを扱えるようになると、動画編集者にとって大きなアドバンテージとなるでしょう

After Effectsは、基本は2Dの動画制作ですが、3D空間も持っているため、2Dの映像だけでなく3Dのモデリングなどにも対応。

そのほか、マスキング、特殊アニメーション、トラッキングなどの高度な機能を備え、WebCMやロゴアニメーション制作においても広範囲に渡るニーズに応えられるため、多くのプロが選択しています。

月額:2,728 円(税込)

Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Proは、幅広い動画編集作業に対応可能なツールです。

カット編集、トランジション、テロップ作成、他媒体への書き出し、カラーグレーディングなどの機能を有し、プロから初心者まで幅広いユーザーに支持されています。

Adobe製品との相性も良く、特にPhotoshopやIllustratorとの連携がスムーズであり、動画制作の効率を大幅に向上させます。

一眼レフ、GoPro、iPhone、その他スマホなどどのデバイスで撮影した映像にも対応しており、仕事での利用を前提とした場合、Premiere Proの習得は欠かせないスキルですね。

月額:2,728 円(税込)

Adobe Photoshop

Adobe Photoshopは、動画編集だけでなく、広範囲にわたるビジュアル制作に不可欠なソフトです。

静止画の合成、色調補正、トリミングといった基本的な画像編集はもちろんのこと、動画の一部分に特殊な効果を加える際にも活躍します。

広告やプレゼンテーション資料、WEBページの素材作成など用途が広く、使い勝手の良いソフトです。

動画制作では、サムネイルやテキストのデザインに使用されることも多く、動画編集者も必須のソフトです。

Adobe Illustrator

Adobe Illustratorは、動画制作において、ロゴやアイコン、イラスト制作に使用されるツールです。

オリジナルテロップやロゴを動画に挿入する際に役立ち、独自性と専門性を高めることができます。

座標を用いて図形を描画するベクター形式でデザインを作成するため、ロゴやイラストの制作に適しており、挿入した図形を拡大しても画質が劣化することはありません。

動画だけでなくグラフィックデザイン全般においても使われるため、動画編集者が幅広い制作に対応するためには、Illustratorのスキルを身に付けることをおすすめします。

Final Cut Pro

Final Cut Proは、Apple社が提供するMac専用の動画編集ソフトです。

直感的な操作性と高い機能性を兼ね備えており、プロから趣味のユーザーまで幅広く利用されています。

ソフト内に様々なサウンドエフェクトが組み込まれており、Apple純正の編集ツールということで、毎回新プロセッサにはいち早く対応しているのも助かります。

独自のエフェクトや、動画編集に必要な基本機能を豊富に備えており、一度購入すれば追加費用なしで利用可能です。

Macで操作するならとても利便性の高いソフトです。

DaVinci Resolve

DaVinci Resolveは、オーストラリアのBlackmagic Design社が開発した動画編集ソフトです。

特にカラーグレーディングに優れており、映像の色調整を重視したい方にとっては理想的なツールです。

無料版と有料版を提供しており、無料版でも高機能を誇るため、初心者からプロまで幅広く使用しています。

また、Linuxを含む多くのOSに対応している点も大きな魅力です。

まとめ 〜動画編集スクールは講座の内容や受講できるスキル内容で決めるのがおすすめ!〜

本記事では、動画編集スクールのおすすめをランキング形式で紹介しました。

動画編集スクールといっても、さまざまな特徴がありますね。

もう一度どういった種類があるのかおさらいしておきましょう。

  • オンライン形式 or 通学形式
  • 身につけたいスキルが学べるか
  • 自身の学習ペースに合いそうか
  • 受講後のキャリアサポートはあるか
  • 案件斡旋はあるか
  • 受講中から実践的に学べるか
  • 質問はしやすいか
  • 費用対効果はどうか
  • 無理のない予算や支払方法で学べるか
  • 営業力や現場対応力を学べるか

動画編集は今後も需要が高まっていくため、効率よくキャリアを重ねていくには、無視できないスキルです。

収入面でも平均年収に比べると高めの水準にあるため、収入アップをしつつ、自分らしい働き方を実現させることもできます。

ですが、クリエイティブな面を持ちながら、たくさんの方と関わりながら制作していくものなので、コミュニケーション能力や対応力は必須です。

動画編集スキル自体は独学でも学べますが、実際に仲間や先輩のクリエイターと関わりながら実践を積んでいけることに、動画編集スクールに通う最大のメリットがあります。

ぜひ記事の内容を参考に、ご自身にぴったりの動画編集スクールを探してみてくださいね。

関連記事

動画制作人材探すのに困っていませんか?
Chapter Twoの動画編集コース

ピックアップ記事

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!...

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

新着記事

北海道でおすすめの動画制作会社3選!プロに依頼する際に決めておきたいことも解説

北海道でおすすめの動画制作会社3選!プロに依頼する際に決めておきたいこ...

石川県で魅力的な動画づくりにおすすめの動画制作会社4選!プロに依頼するメリットも解説

石川県で魅力的な動画づくりにおすすめの動画制作会社4選!プロに依頼する...

新潟県で魅力的な動画づくりにおすすめの動画制作会社4選!プロに依頼するメリットも解説

新潟県で魅力的な動画づくりにおすすめの動画制作会社4選!プロに依頼する...

岐阜県でおすすめの動画制作会社3選!依頼先を決める際のポイントも解説

岐阜県でおすすめの動画制作会社3選!依頼先を決める際のポイントも解説

東京都でおすすめの動画制作会社3選!プロに依頼する際に決めておきたいことも解説

東京都でおすすめの動画制作会社3選!プロに依頼する際に決めておきたいこ...

和歌山県でおすすめの動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

和歌山県でおすすめの動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

岡山県で効果の高い動画づくりにおすすめの動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

岡山県で効果の高い動画づくりにおすすめの動画制作会社3選!プロに依頼す...

埼玉県でおすすめの動画制作会社3選!依頼する際に用意しておきたいことも解説

埼玉県でおすすめの動画制作会社3選!依頼する際に用意しておきたいことも...

群馬県でおすすめの動画制作会社3選!依頼する際に用意しておきたいことも解説

群馬県でおすすめの動画制作会社3選!依頼する際に用意しておきたいことも...

山形県で魅力的な動画づくりにおすすめの動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

山形県で魅力的な動画づくりにおすすめの動画制作会社3選!プロに依頼する...

人気記事

カテゴリー

授業3回分の動画教材を無料プレゼント中

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/映像制作/動画編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を動画制作会社/映像制作会社に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみてください。VideoWorksでの動画制作は、動画制作会社/映像制作会社に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。