動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
インタビュー動画

インタビュー動画の作り方やコツは?構図や撮影・編集など詳しく紹介

インタビュー動画の作り方やコツは?構図や撮影・編集など詳しく紹介
B!

「インタビュー動画ってどうやって制作する?」
「おしゃれなインタビュー動画の作り方を知りたい!」

さまざまな用途に使用できるインタビュー動画の制作について、このようにお悩みのご担当者もいらっしゃるでしょう。

インタビュー動画は企業の紹介に採用活動、商品紹介と幅広く活用できるため、作り方を押さえてコンテンツとしてどんどん利用していきたい方も多いですよね。

ですが、インタビュー動画をどのように作ればいいのか、制作のコツは何なのかわからなくて手を出せずにいる、という方はいませんか。

そんな方のために、本記事ではインタビュー動画の作り方を解説します!

撮影や編集のコツ、活用方法までまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

目次

インタビュー動画とは?

インタビュー動画は、経営者や社員、ユーザーなどが直接カメラの前で話し、企業や製品、サービスの魅力を伝える形式です。

実際の生の声を発信することで強い印象を残しやすいため、さまざまなシーンで活用されています。

インタビュー動画のメリット

インタビュー動画を制作するメリットは、主に以下の3つです。

  • 伝えたい内容について信ぴょう性が高められる
  • 臨場感がありリアルに伝わりやすい
  • 文字よりも記憶に残りやすく拡散性が期待できる

伝えたい内容について信ぴょう性が高められる

インタビュー動画は、出演者の生の声や表情を通じて、内容の信ぴょう性を高める効果があります。

実際の感情や熱意が直接的に伝わることで、視聴者に文字だけでは得られない説得力を与えやすくなります。

商品やサービスのレビュー、会社やスタッフの紹介に特に有効なメリットです。

臨場感がありリアルに伝わりやすい

話者の表情やジェスチャー、周囲の環境を映像に映すことで、視聴者に強い臨場感を伝えてくれます。

この臨場感で、視聴者は情報をよりリアルに感じとり、伝えたいメッセージが深く印象に残りやすくなるのです。

特に企業の文化や雰囲気、イベントの様子などを伝える際に効果的です。

文字よりも記憶に残りやすく拡散性が期待できる

もうひとつのメリットとして、情報を視覚的、聴覚的に豊かに伝えるため、視聴者の記憶に残りやすいという特長があります。

動画は、単なるテキストや静止画よりも情報量が豊富で、感情を伝える力も強いため、視聴者に深い印象を与えます。

また、動画はSNSなどでの共有がしやすく、情報の拡散も期待できます。

使用されるシチュエーションと活用方法

さまざまなメリットがあるインタビュー動画ですが、実際にどのようなシチュエーションで利用されているのか、活用方法を紹介します。

企業やサービス紹介 | 背景や想いを伝える

 
企業やサービス紹介でのインタビュー動画は、事業の背景や経営者の熱い想いをダイレクトに伝えるのに有効です。

社員のリアルな声を通じて、企業文化や働く環境の魅力、作ったサービスにかけた想いや背景などを、単なる文章や写真以上に、生き生きと具体性を持ったメッセージにできます。

こうした動画から企業の本質やサービスについて知ることで、視聴者にその価値を深く理解してもらえるようになるでしょう。

実際のインタビュー以外に、サービス開発中の様子を映像に残しておき、効果的にはさむことでより説得力を持たせられます。

上記の動画はカメラアングルは一定ですが、時折イメージ画像をインサートして、画面上のリフレッシュ効果をつけています。

質問や回答をテロップで表示しており、インタビュイーである社長の言葉が視覚的にも理解しやすくなっていますね。

社長の仕事や従業員に対する真摯な姿勢や想いが伝わってきます。

採用活動 | リアルな雰囲気を伝える

 
採用活動でのインタビュー動画は、職場の実際の様子や社員の生の声を映し出すことで、働く環境のリアリティを伝えます

これにより、求職者は入社前に職場の雰囲気を肌で感じやすく、より職場イメージを持ちやすくなるのです。

また、企業の人材への期待や理念も伝わりやすくなるため、採用成功率の向上にも役立ちます。

どんな社員がどんな想いを持って働いているのかを求職者が知ることで、就職後のミスマッチによる離職を防ぐ効果も期待できるでしょう。

上記の動画では、数人の社員の業務内容や、業務にあたって心がけていることなどを語っています。

インタビュー中のアングルは一定ですが、インタビュー音声を残しながら、別に撮影した業務風景をインタビュー内容にあわせて切り替えているため、より社内の雰囲気や業務内容を理解しやすくなっていますね。

やわらかみのある映像も、温度感がリアルに伝わってくるようです。

お客様の声 | 生の意見で信頼感を上げる

お客様の声を伝えるインタビュー動画は、商品やサービスの使用感をリアルに伝えることで、信頼性を高めます

単に機能や成分、メリットなどを説明されても、実際の使用感がわからないと手が出ない、という経験がある方もいるでしょう。

そういった新規顧客に対して、実際のユーザーが語る具体的な経験や感想は、強い説得力を持ちます。

また、実際の使用シーンを映し出すことで、自分が利用したら・・・と自分ごとに置き換えやすくなり、サービスや商品をより身近に感じ、購入意欲を刺激する効果も期待できます。

上記の動画は、自社アプリの導入実例を紹介する動画で、導入企業やお客様の実際の感想をまとめています。

インタビュー以外に、実際に作業している映像や、サービスの実際の画面を表示しながらサービスの利点を話しており、導入時の利用風景がイメージしやすくなっています。

インタビュー中のカメラアングルも双方向で撮影しており、全体的に映像の変化を感じやすく、飽きさせない工夫がされています。

制作に必要な機材

インタビュー動画を制作するにあたって、撮影から編集までスムーズに作業するための機材も揃えておきたいところです。

納得できるクオリティのインタビュー動画を制作するために必要な機材を紹介します。

カメラ:異なるアングルで撮影可能

インタビュー動画の撮影にあたっては、カメラが複数台あると理想的です。

異なるアングルで撮影可能なため、編集で映像に動きをつけられ、視聴者の関心を引きつけられます。

一眼レフカメラを利用すれば、対象の強調が可能ですが、撮影時間の制限には注意が必要です。

手元に一眼レフがない場合、今はスマートフォンでも高品質な映像を撮影できるため、状況に応じて選択しましょう。

三脚やジンバル:映像ブレを防ぐ

映像のブレを防ぎ、高品質な動画を撮影するためには、三脚の使用が欠かせません。

外撮影では、予期せぬ風や動きに対応できる安定性の高い三脚があると良いでしょう。

手ブレを防ぐことで、映像のクオリティを保ち、視聴者が最後まで見やすい動画を制作できます。

マイク:クリアな音声録音

インタビュー動画の重要な要素である音声をクリアに録音するため、外付けマイクの準備は不可欠です。

多少のノイズであれば、音声編集ソフトでも除去できますが、元の音声データがきれいだと編集も楽に済みます。

ピンマイクやガンマイクなど、状況に合わせたマイクを選択しましょう。

また、外部のノイズを防ぐウインドジャマ―の使用も効果的で、高品質な音声で録音できます。

本格的な動画を撮影する場合には導入を検討してみると良いですね。

照明:表情を明るく魅力的に

インタビュイーの表情を明るく、魅力的に映し出すためには、適切な照明の設置が不可欠です。

室内の光だけでは不十分な場合、LEDライトなどを追加して、三点照明の効果を狙ってみましょう。

また、自然光を活用するなど、光源の工夫により、映像の印象が大きく変わります。

インタビュー内容に合った雰囲気になるよう、ライティングも工夫しましょう。

動画編集ソフト:編集の自由度を高める

撮影後の編集作業には、機能的な動画編集ソフトが必要です。

編集ソフトには、映像のカット編集から音声調整、テロップ挿入など、幅広い機能が搭載されており、本格的な動画編集ができます。

有料ソフトは機能が豊富ですが、専門知識が必要なことも多いため、初心者の場合は無料ソフトや機能のシンプルなソフトから利用してみましょう。

撮影した映像の質と編集作業の効率を考慮し、編集者に最適なソフトを選択しましょう。

インタビュー動画の作り方:事前準備

インタビュー動画を制作するにあたって、撮影前の企画立案が非常に重要です。

撮影の準備で不足が出ないよう、構成まで入念に考えをめぐらせ決定しましょう。

動画制作の目的とターゲットの明確にする

効果的なインタビュー動画制作は、目的とターゲットを明確にすることから始まります

例えば、販売促進用のインタビュー動画を制作する場合には、ターゲットとなる動画視聴者のデータや顧客層を基に綿密に分析し、自社製品やサービスの特徴と合う層を特定することで、効果的な動画制作に近づけます。

採用動画にインタビューを用いる場合は、「求職者に関心を持ってもらい、応募数を上げたい」などの目的を達成するための企画立案が必要です。

動画の目的がしっかり定まれば、視聴者に訴えかけるメッセージも鮮明になり、動画全体の方向性を決定する大きな指針となります。

また、目的やターゲットを明確にすることで、自社やサービスの強み・特長も見えてくるはずです。

しっかりと把握し、構成制作に役立てていきましょう。

企画の作成と構成の決定

次に、具体的な企画を作成し、動画の構成を決定します。

企画段階では、動画の流れや撮影シーン、メッセージの展開方法などを詳細に考える必要があります。

撮影場所や背景、インタビュイーの服装も視聴者に与える印象に影響するため、慎重に選びましょう。

また、動画のストーリーに関しては、導入から結論に至るまでの流れを明確にし、視聴者が理解しやすいストーリーや展開を心がけます。

この段階での構成決定は、撮影と編集の方向性を定めるため大変重要です。

できるだけ細かく、内容に矛盾がないよう注意しながら決定しましょう。

質問内容について

インタビュー動画の核となるのは、質問内容です。

質問はインタビュイーに事前に共有し、準備をしてもらうことが望ましいです。

質問の構築にあたっては、ターゲット層が興味を持ちそうなトピックや、動画の目的に沿った情報を引き出すことを意識します。

また、インタビュイーの回答が自然でありながら、メッセージをしっかりと伝えることができるよう、質問の言い回しや順番にも配慮が必要です。

  1. 会社やインタビュイーの紹介
  2. インタビュー内容についてのきっかけ
  3. 経過と現在の状況
  4. 今後の展望

きっかけは、採用動画での社員インタビューであれば、就職を決めたきっかけや当時の志望理由を、企業やサービス案内・販促動画の場合は、サービス立ち上げやサービスに出会った経緯などで、視聴者の状況との親近感を持たせましょう。

きっかけを得てからの現状までどのように変化があったか、今後どのようになりたいかを時系列に話すことで、インタビューの流れがスムーズになりますね。

また、事前にインタビュイーと十分にコミュニケーションを取り、スムーズなインタビューが行えるよう準備を整えましょう。

インタビュー動画の作り方:撮影のポイントとコツ

編集をスムーズに行うためにも、良い素材を多数残せるように撮影することが重要です。

実際に撮影に入る際に注意すべきポイントについて解説します。

撮影前のポイント

撮影前の準備がいかにできるかで、インタビュー動画の品質が決まります。

まず、カメラ、三脚、マイク、照明などの機能確認と設定を行います。

また、撮影場所の環境音や光の具合も確認し、理想的な撮影環境を整えましょう。

インタビュイーとのコミュニケーションも重要で、事前にインタビュイーと話をして緊張をほぐし、リラックスした状態で撮影に臨めるよう心がけます。

撮影時のポイント

撮影時は、インタビュイーの位置やカメラの角度を工夫して、視聴者に伝わる効果的な映像を作り出すことが重要です。

インタビュイーの表情や言葉以外のコミュニケーションも大切な要素なので、インタビューでの雰囲気等も適切に捉えられるようにします。

質問内容に沿って自然な会話の流れを保ちながら、ポイントを押さえた質問を心がけましょう。

また、インタビューをする人間は、視聴者の注意を削がないよう、相槌をあまり入れないようにします。

インタビュイーの様子を見ながら、端的な回答で終わらないよう話を広げる、話が反れそうなら軌道修正をするなど、インタビューの流れをコントロールできると良いでしょう。

構図やアングルのコツ

インタビュー動画では、構図とアングルが非常に重要です。

画面を縦横に三等分して線の交わる箇所に被写体を配置する三分割法を用いたり、被写体を画面の中央ではなく少し横にずらして撮影することで、バランスの良い映像を作ることができます。

また、カメラの高さや角度を変えることで、異なる視点からの映像を得ることができ、動画に深みや変化をつけられます。

インタビュイーのアップや全身、周囲の環境を含めたショットなど、多様なアングルを取り入れると、画面に変化がつき、視聴者を飽きさせない工夫ができます。

スマホでの撮影方法とコツ

スマホの撮影でも、手軽ながら高品質な動画を作成できます。

スマホ撮影の際は、安定した映像を得るために三脚や、手ブレ補正ができるジンバルを使用します。

また、外部マイクを接続することで、クリアな音声を録音できます。

照明に関しては、自然光を活用するか、追加の照明機材を使用することを検討しましょう。

スマホカメラの特性を活かし、画面タッチでピントを合わせたり露出を調整したりすることも重要です。

また、編集アプリを使用することで、カット編集やテロップ追加などの基本的な編集作業もスマホ上で行なえます。

インタビュー動画の作り方:編集のコツ

素材が撮れたら、次に重要な編集作業に入ります。

動画のクオリティは編集で大きく左右されるので、主に以下のコツをおさえながら、目的に合った訴求になるインタビュー動画を作りましょう。

  • 適切なピックアップでコンパクトな動画にする
  • テロップでわかりやすくする
  • BGMや効果音で雰囲気をもたせる
  • インサートを挿入する
  • 編集上の落とし穴と対処法

適切なピックアップでコンパクトな動画にする

インタビュー動画の編集では、要点を的確に押さえ、コンパクトにまとめることが重要です。

長々とした映像よりも、短く要点を絞った動画の方が視聴者の関心を引きやすく、メッセージが明確に伝わります。

余計な「あー」「えー」などの間がある部分はカットし、視聴者が関心を持ちやすい内容を中心に構成しましょう。

編集でのカットは不自然にならないように注意し、スムーズな話の流れを保つことが大切です。

テロップでわかりやすくする

テロップの使用は、インタビュー動画をよりわかりやすくするために効果的です。

特に重要なポイントや視聴者が注目すべき箇所には、目立つ色やフォントを使用してテロップを挿入します。

テロップは視覚的な情報として視聴者に伝わるため、聞き逃しがちな部分の強調や、言葉だけでは伝わりにくい部分の説明に役立ちます。

テロップの色や大きさ、フォントも内容や雰囲気に合わせて選び、動画全体の調和を考えましょう。

また、聴覚障害者へのアクセシビリティ向上にもつながるため、全ての言葉を字幕として表示することも検討しましょう。

BGMや効果音で雰囲気をもたせる

BGMや効果音の追加は、動画の雰囲気作りに欠かせません。

インタビュイーの想いや熱意の訴求力を高めたり、話の盛り上がりを演出したりする効果があります。

ただし、BGMや効果音はインタビューの内容を邪魔しないように注意が必要です。

音量は控えめにし、話の内容とマッチするジャンルやテンポの音楽を選びましょう。

インサートや映像の切り替えとともに、効果音の追加や音量の調整も行い、インタビューをより良く演出できるよう心がけましょう。

インサートを挿入する

インサートカットの挿入は、インタビュー動画の理解を深めるために有効です。

インタビュイーが語る内容に関連する画像、グラフ、図表などを映像中に挿入し、視覚的な補強を行います。

インサートが挿入されることにより、抽象的な話が具体的に理解されやすくなり、動画の説得力が増します。

インサートのタイミングは、話の内容と密接に関連している部分に合わせると良いでしょう。

編集上の落とし穴と対処法

編集作業では、いくつかの落とし穴に注意が必要です。

  • 重要な情報をカットしすぎてしまう
  • 動画全体の流れが不自然になる
  • テロップやBGMが内容と合わない

などです。

編集作業を行った後、一度冷静に内容を見直し、可能なら第三者に意見をうかがってみましょう。

編集に没頭して見落としがちになることもあるので、不要なミスを防ぐにも有効です。

また、テロップやBGMの選定には、動画の目的やターゲットをしっかり意識することが大切です。

動画の全体的な流れや一貫性を保ちながら、メッセージが伝わるよう丁寧に編集しましょう。

インタビュー動画の効果的な活用方法

インタビュー動画は目的やターゲットを持って制作しますが、目的用途以外にも活用できます

せっかく制作した動画なので、最大限活用し、自社の利益に変えていきましょう。

社内外での活用

インタビュー動画は、社内外でのコミュニケーションツールとして活用できます

社内では、新入社員研修やチームビルディングの資料として使用し、企業文化やビジョンの共有に役立ちます。

また、社外では、会社の魅力を伝える企業紹介や、製品・サービスの特長を訴求するためのマーケティングツールとして活用できます。

特に顧客の声を取り入れたインタビュー動画は、新規顧客獲得やブランド信頼性向上に有効です。

マーケティングとしての活用

SEO対策の一環としてインタビュー動画を活用することで、ウェブ上で目にする機会を作れます

キーワード戦略に基づき、検索エンジンでの上位表示を目指しましょう。

また、企業のウェブサイトやブログに動画を埋め込むことで、訪問者に対する情報提供の質を高め、サイトの滞在時間の延長やコンバージョン率の向上が期待できます。

動画はテキストコンテンツに比べて情報伝達が効果的で、視聴者の関心を引きやすいため、マーケティングの主要な手段として位置づけられます。

SNSでのシェアと拡散

SNSを活用したインタビュー動画のシェアや拡散は、ブランドの認知度向上に有効です。

XやFacebook、YouTubeなど、様々なプラットフォームで動画を共有し、ユーザー発信の拡散を促進しましょう。

SNS上でのインタラクションを活発化させるためには、視聴者が興味を持ちやすい内容の選定や、コメントやシェアを促すようなキャプションの工夫が必要です。

また、インフルエンサーや業界関係者に動画を紹介してもらうことで、より広い範囲にリーチすることも可能です。

インタビュー動画を自社制作する場合とプロに依頼する場合のメリットは?

インタビュー動画を自社で制作するにあたってのコツを見てきましたが、動画のクオリティを担保するのであれば、プロに依頼するのがいちばんです。

自社制作とプロに依頼するメリットや注意点をそれぞれを解説します。

自社制作のメリットとデメリット

自社制作の最大のメリットは、コスト削減と細かなニーズへの対応がしやすいことです。

自社の環境やニーズを理解しているため、より細やかな要望を反映させやすくなります。

一度機材を揃えてしまえば、その後もさまざまなシーンで活用できるので、継続的に動画を制作する予定がある場合は良いでしょう。

一方、デメリットは、必要な技術や機材、時間の確保に大きな労力が必要であることです。

特に動画制作の専門知識がない場合、期待した品質の動画を作り上げるのが難しくなる可能性があります。

また、動画制作の業務がもともとない場合、時間とリソースを制作に割くことで、本来の業務に支障をきたす場合があることも考慮すべきでしょう。

プロに依頼するメリットと注意点

プロに依頼する最大のメリットは、高いクオリティの動画を確実に制作できることです。

プロフェッショナルな技術や経験により、効果的な動画を短期間で提供できます。

しかし、注意点としては、コストが自社制作に比べて高くなることや、自社の意図が十分に伝わらない場合があることです。

外注する際は、提供する情報の質と量が重要となり、プロジェクトの管理にも綿密な注意を払う必要があります。

また、依頼する会社の選定には慎重に行い、制作会社とのコミュニケーションを密にすることが成功への鍵となります。

インタビュー動画を外注する場合に気をつけたいこと

目的や用途、予算を明確にする

外注する前に、動画の目的や用途、予算をはっきりさせましょう

動画は採用活動、製品紹介、ブランディングなど、様々な目的で利用されます。

自社の雰囲気や社風に合っているかはもちろん、用途に応じた内容やトーン、スタイルが求められるため、必要な内容を明確に伝えることが重要です。

また、予算の設定も不可欠で、制作会社に期待する動画のクオリティと合わせて、コストのバランスを見極めなければなりません。

予算を含め必要な情報を明確にすることで、効果的な動画制作が可能となります。

担当者の打ち合わせをしっかり行う

外注先との密なコミュニケーションは、動画制作の出来不出来を左右します。

担当者との打ち合わせでは、表現したい動画のスタイルや内容を詳細に伝えましょう。

期限や納品形式などの実務的な要件も必ず確認します。

また、担当者との相性も重要です。

担当者との定期的なやり取りを通して、制作の進捗や問題点の早期発見、修正などがスムーズに行えます。

伝えたいことが伝わるか、より良い提案をもらえるかなど、発注前に打ち合わせができる場合は、信頼できる担当者かどうかもチェックしましょう。

できることは自社でやる

コスト削減と効率化のために、自社でできることは内製しましょう

例えば、インタビューの質問内容の作成や出演者の選定、撮影素材の提供など、自社のリソースを活用することができます。

また、完成した動画の宣伝や配信も、自社のウェブサイトやSNSを活用することで、外注費用を抑えることも。

自社で対応できる部分は対応し、外注は最小限に留めることで、効率的かつコストパフォーマンスの高い動画制作が実現します。

インタビュー動画の作り方に困ったら「Video Works」にご相談を!

https://videoworks.com/wp-content/themes/videoworks

インタビュー動画の撮影にも、視聴者が魅力に感じる撮影構図や、品質を上げるための撮影環境の整備など、いくつもポイントがあることがわかりましたね。

また、インタビュー内容を引き立たせるための編集をいかにできるかで、視聴者への訴求効果も異なってくるでしょう。

ですが、制作になれていない方には、企画立案から編集まで一括して対応するのは難しいですよね。

特に販促用や採用動画などの場合、動画のクオリティが会社のイメージや評価に影響することも。

外注を検討したいけど、細かい相談に対応してくれるかわからないし・・・とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめなのが、企画立案からスポット依頼まで対応できる「Video Works」です!

Video Worksは、映像制作依頼者とプロのクリエイターをつなぐマッチングサービスで、映像制作に関することなら何でもご相談可能です。

おすすめポイント①:インタビュー動画をはじめ制作実績が豊富

ひとつめのポイントは、インタビュー動画の制作実績が豊富なことです。

Video Worksではジャンルにとらわれず、さまざまな映像制作実績があり、インタビュー動画ももちろん多くに対応してきています。

登録クリエイターの豊富さと、経験による提案力で、ニーズや予算に合ったインタビュー動画の制作が可能です。

制作事例①株式会社エッグセレント様

制作事例②アシストマイクロ株式会社様

おすすめポイント②:最短即日で発注できる提案力

依頼から最短即日で発注できる提案力があることも、ポイントのひとつです。

Video Worksでは現在10,000名を超えるプロのクリエイターが登録しており、映像制作に関するさまざまな依頼に対応しています。

そのため、依頼に対して一定数の提案が集まりやすく、最短即日ので発注も可能。

また、全国のクリエイターが登録しているため、撮影などの現場依頼も対応しやすくなっています。

おすすめポイント③:企画立案から数万円〜のスポット依頼まで対応

もうひとつのポイントは、丸ごとの依頼からスポット依頼まで幅広く対応していることです。

企画立案から編集・仕上げまでの丸ごとの制作依頼はもちろん、イラスト制作だけ、バナー制作だけ、整音だけ、などの細かいスポット依頼まで対応しています。

スポット依頼や動画内容によって数万円〜での制作依頼も可能です。

また、専任のコーディネイターによるフォローサービスもあり、どう依頼したらいいか迷った場合や、クリエイターを紹介してほしいなど、ご利用にあたってのさまざまなサポートを行っています。

はじめての方でも利用しやすいサービスの厚さも、Video Worksの魅力です。

まとめ 〜インタビュー動画の制作は目的に合った構成・撮影を行おう〜

本記事では、インタビュー動画の作り方や活用方法、制作のコツなどを解説しました。

最後に内容をもう一度おさらいしましょう。

  • インタビュー動画は、企業紹介、採用活動、販促活動などさまざまな用途で利用できる
  • SNSを利用しての拡散性も高く便利
  • インタビュー動画の制作にはカメラ、三脚、マイク、照明、動画編集ソフトなどの機材をそろえる
  • 目的やターゲットを明確にして企画・構成を行う
  • 撮影前の事前手配や準備は入念に行う
  • インタビュイーから話を引き出しながら、最適な場所で撮影する
  • 編集でテロップやBGM・インサートを利用しながら見やすいコンパクトな動画を制作する
  • 動画制作を外注する場合は用途や目的・予算をはっきりさせ、信頼できるクリエイターに依頼する

インタビュー動画は用途も多く、訴求効果も高いためさまざまに活用できます。

ぜひ解説した内容を参考に、インタビュー動画を制作してくださいね。

そして、制作にお困りのことがあれば、ぜひVideo Worksへご依頼ください!

実績豊富で提案力豊かなクリエイターが、視聴者の印象に残る動画を制作します。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。