動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
インタビュー動画

おしゃれなインタビュー動画を事例とともに解説!かっこよく見せるコツは?

おしゃれなインタビュー動画を事例とともに解説!かっこよく見せるコツは?
B!

「インタビュー動画をおしゃれに仕上げて、自社のプランド力を高めたい」
「おしゃれなインタビュー動画の制作はどうすればできる?」

など、インタビュー動画の制作を目指すにあたって、お困りの方もいらっしゃるでしょう。

インタビュー動画は活用しやすく、インタビュイーの生の声を発信できるため、訴求効果が高く見込めます。

また、おしゃれに見せることにより、企業のブランドイメージの向上にもつながるでしょう。

自社に合ったおしゃれなインタビュー動画の制作ポイントを知って、効果的な動画を作りたいですよね。

今回はそんな方に向けて、おしゃれなインタビュー動画の制作について解説します!

実例とともにポイントも紹介していますので、ぜひ動画の制作にお役立てください。

目次

インタビュー動画の種類は?

インタビュー動画は、用途に合わせて主に以下3つの種類に分かれます。

  • 企業インタビュー
  • 採用向けインタビュー
  • お客様の声インタビュー

企業インタビュー

企業インタビュー動画は、経営者や重要な役員が企業の理念、ビジョン、事業内容などを語る内容です。

企業としての取り組みやビジョンを語ることで、文書などの文字だけでは伝わりにくい想いを、ダイレクトに伝えやすくなる点が利点です。

社員同士が対談形式で語り合うインタビュー動画では、当事者間の雰囲気や関係性も一緒に発信できます。

ビジネスパートナーや株主、顧客に対し企業の方針や強みを伝えるのに有効で、企業ブランディングにも有効です。

活用方法

企業インタビュー動画は、公式ウェブサイトや株主総会、業界イベントなどでのプレゼンテーション資料として活用できます。

また、社内での新入社員研修資料や、社外へのプレスリリースとしても使えるため、多方面にわたって企業のメッセージを伝える手段として重宝されます。

採用向けインタビュー

採用向けインタビュー動画は、実際に働く社員が仕事の内容や職場の雰囲気、会社文化について語るものです。

求職者に対してリアルな職場環境を伝えることで、企業が求める人材の応募を促し、採用の質を向上させることが期待できます。

また、入社後のミスマッチによる早期退社を未然に防ぐことも。

新入社員のインタビューは、求職者と状況が近いため共感を呼びやすい利点があります。

先輩社員へのインタビューでは、入社時と現在の違いを語ることにより、求職者自身が入社後、どのような成長ができるかをイメージしやすくなります。

活用方法

採用向けインタビュー動画は、キャリアサイトや求人広告、企業のSNSなどで広く公開できます。

SNSでの公開は拡散性もあるため、企業の認知度向上にも一役買っています。

そのほか企業説明会でも利用でき、用途は多数あるため、利便性の高い動画です。

お客様の声インタビュー

お客様の声インタビューは、実際の顧客が商品やサービスを使用した体験談を語る形式です。

インタビュー動画は購買意欲を刺激し、商品やサービスの信頼性と価値を伝えるのに役立ちます。

インタビュー内で当初の悩みを語ってもらうことで、近しい状況の顧客に、自分ごととして親近感を持ってもらいやすくなります。

活用方法

お客様の声インタビューは、商品の販売ページ、マーケティングキャンペーン、SNS、メールマーケティングなどに利用できます。

実際のユーザーの経験を共有することで、見込み客に製品やサービスへの関心を高めてもらうことが可能です。

また、展示会やセミナーでのプレゼンテーション資料としても使え、製品の実績や顧客満足度を示すのに有効です。

インタビューと一緒にサービス内容のインサートをうまく絡めると、よりインタビュー内容が説得力を持ち、利用感をイメージしやすくなるでしょう。

おしゃれなインタビュー動画に期待できる効果は?

高品質でおしゃれなインタビュー動画作ることによって、ブランドへの信頼感やイメージがアップします。

具体的にどのような効果が期待できるか、見てみましょう。

企業インタビュー:ブランドイメージの向上

企業インタビュー動画は、経営者や社員のインタビューを通じて、企業の魅力や文化を伝えることでブランドイメージの向上につながります。

リアルな人物の表情や言葉を通して企業の人間的な側面を見せることができ、視聴者の感情により深く訴えられる効果も。

企業のトップや各ポジションで働いている人の魅力が、そのまま企業の魅力につながりやすくなることがインタビュー動画の特長です。

そこにおしゃれさやトレンドを取り入れることで、業界のなかでも先を走っている、というようなイメージを与えることもできるでしょう。

企業の価値観や使命感、企業理念などを直接伝えることで、顧客や業界関係者からの信頼を深め、ブランドの魅力を高められます。

採用向けインタビュー:求人に合う人材からの応募増加

採用向けインタビューの動画におしゃれなテイストを取り入れることで、流行やセンスに敏感な求職者層に響く可能性が広がり、求人に対する応募の増加が期待できるでしょう。

さらに動画内で職場の実際の様子や働く社員の声を直接見せることで、求職者に働く環境を具体的にイメージしてもらえます。

お客様の声インタビュー:購買意欲をくすぐる

お客様の声を用いたインタビュー動画は、製品やサービスを実際に利用した顧客の経験を共有することで、見込み客の購買意欲を高めることができます。

顧客自身の言葉での評価や感想は、潜在顧客に対して信頼性が高く、製品やサービスの魅力をよりリアルに伝えることができます。

顧客のリアルな体験談は、他の広告手法に比べて説得力が高く、購買への後押しになるでしょう。

おしゃれなインタビュー動画12選!

この見出しでは、企業インタビュー、採用インタビュー、お客様の声インタビューについて、それぞれ4つの事例とともに解説します。

企業インタビュー動画 編

【be Bit】社長インタビュー

コンサルティング会社のインタビュー動画です。

be Bit社の社長が、自社について冒頭で紹介をし、そこから現在の社会をどう見ているか、企業理念を語っていきます。

話の流れがスムーズで、理解しやすい構成です。

テロップなどは出ていませんが、インタビューの声をきれいに整えているので、聞き取りやすくなっていますね。

社内の風景をはさみつつ、インタビューはおしゃれで開けた撮影場所で、アングルにより自社のロゴがバックに見え、企業名も無意識に覚えやすく工夫されています。

とてもシンプルですが、シンプルさが洗練されたおしゃれな印象を与えます

【TOPPANグループ】インタビュー映像『グラフィックトライアル2022 -CHANGE-』

印刷表現の企画展についての周知動画です。

テロップのあと、音声から入り、注意を引かれます。

編集が凝っており、アニメーションの文体もおしゃれな感じが出ていますよね。

作品展周知のための動画ですが、クリエイターたちのインタビューらしく動きもあり、ドキュメンタリータッチな点も魅力的です。

カメラアングルはもちろん、撮影場所に合わせて、より魅力的に見えるよう工夫されています。

作品をより理解できるよう制作意図や制作背景を語っており、実際に会場に足を運びたくなるような、興味を惹かれる動画に仕上がっています。

【株式会社Mujin】革新への情熱/社員インタビュー 2019

産業用ロボットの会社による、社員インタビュー動画です。

動画のスタートは、ゆったりと静かで落ち着いた雰囲気で、ロボットの動く姿やインタビューを映していますが、0:38前後からBGMが変わり、躍動感のある動画に切り替わります。

企業理念や社員同士の絆を語るパートから、技術革新に挑戦していくインタビューパートへの流れを、BGMとテロップで切り替え、人の持つ温かみと情熱の対比に成功しています。

またその後企業理念のパートでは、社員が持っている展望や想いにフォーカスし、再びBGMが変わっています。

うまく切り替えを行い、飽きさせない工夫がされていますね。

【丸紅】特別企画・丸紅 柿木社長への30の質問

 海外支店も多く持つ総合商社・丸紅の社長インタビューです。

インタビュアーが社長室を訪れ、仕事のみならずプライベートにまで踏み込んで30の質問をする、というコンセプトで、某海外女性誌で行っている手法を思い起こさせます。

前編英語でのやりとりが行われ、ワールドワイドな企業らしさがでていてかっこいいですね。

プライベートな質問では奥様との馴れ初めや愛妻弁当にも触れ、微笑ましい瞬間が多数ある、たくさんの方が楽しめる動画になっています。

もとは社内用に制作された動画をYouTubeでも公開したようで、カットなしのほぼワンカメ動画と編集の妙が、トレンド感がありながらも長く楽しめる要素を持っています。

採用向けインタビュー動画 編

【豊友工業株式会社】社員インタビュー動画【RECRUIT VIDEO】

千葉県にある部品会社の採用向け動画です。

インタビューが主軸にはなっていますが、工場内の風景や業務中の動画をふんだんに使い、より仕事内容を理解しやすくなっています。

男性がほとんどのイメージがある職種ですが、あえて女性社員にインタビューを向けることで、女性採用の間口を広げる効果があります。

工場を前にインタビューを行っているので、余計に臨場感がありますね。

少し暗めの背景に、作業服の白が映え、かつ清潔感も演出できています。

働きやすさとプロフェッショナルの意識を感じさせる、映像素材のつなぎ方がかっこいいインタビュー動画です。

【プラトンホテル四日市】株式会社プラトンホテル/従業員インタビュー

三重県にあるホテルの採用向け動画です。

冒頭に逆再生などの編集技術を用いており、おしゃれな雰囲気になっています。

テロップはポイントになる言葉は大きく動きをつけ、アクティブな画面変化で、飽きさせない工夫がされています。

通常のホテル業だけはなく、企画やイベントも行っているということで、新たな領域にも挑戦していく姿勢が、編集の工夫に表現されているようです。

インタビューも固定ではなく、あえて動きを出すことで、躍動感のある動画になっていますね。

【カラカミ観光】社長インタビュー企業紹介

北海道・札幌市を本社に置くカラカミ観光の採用向けインタビュー動画です。

社長のインタビューをメインに、ホテル内の様子を紹介していきます。

また、社長自ら施設内を歩く姿は、従業員とともに歩んでいく姿勢をうかがわせます。

ホテルからのぞむ景観の良さをふんだんに活かし、開放的な背景が目を引きます。

鼓舞するようなBGMが、盛り上げたい、という上昇志向の表現に一役買っています。

社長のインタビューですが、各部署で働く従業員のインタビューをはさむことにより、現場の声もしっかり届くよう構成されています。

【IKEDA Group】リクルート動画

富山を中心に、自動車や建設機械を扱っているグループ会社の採用向け動画です。

社長をはじめとして、各企業の社員がインタビューに答えています。

さまざまなアングルやシチュエーションの動画を多数使用し、疾走感のあるBGMが自動車や機械をイメージさせてくれます。

女性の社内でのスーツ姿と、大きな機会を運転する姿のギャップの切り取り方がとても魅力的ですね。

また、地域社会に根ざした事業をコンセプトにしている通り、地元・富山への地域貢献について熱く語られており、モビリティのかっこよさと人の温かさや想いがよく伝わる動画になっています。

お客様の声インタビュー動画 編

【freee】ブランドインタビュー動画_株式会社大都さま

会計ソフトで知名度の高いfreeeの制作したインタビュー動画です。

サービスを利用することでどういう風に変わったか、どういう影響があるのか、ということを各部署の社員が語っています。

工具業界というあまり多く耳にすることのない職種ですが、バックオフィスでの活用例を具体的に打ち出し、サービスが業種問わず利用できることをアピールしながら、企業のPRにも役立っています

インタビューは緑のある窓を背景に行っており、ビジョンの開放感も表現しているかのようです。

【共感住宅ray-out】お客様の声 | 工務店を選ぶ時の決め手。

愛知県で注文住宅の事業を行っている企業の、お客様のインタビュー動画です。

住宅内の魅力を豊富なカットで伝えつつ、実際のお客様のインタビューでの盛り上がりから、とても満足している様子がうかがえます。

ドローンを使用し、住宅を真上から撮影したりなど、さまざまなアングルの撮影を行っており、住まいの様子がよくわかりますね。

おしゃれなピアノのBGMは、住宅を作り上げる仕事の丁寧さを表現しているようです。

見た目の良さと快適性、維持コスト、サービスについて詳しく語っており、注文住宅を検討したい方には参考になる動画になっています。

【bellFace】電話営業の延長編|後半:ベルフェイス(bellFace)顧客インタビュー_WebCM

オンライン商談システムを導入した企業へ、活用シーンをインタビューしています。

いちばんの特徴は、テロップのレイアウトが凝っており、聴覚だけではなく視覚にもわかりやすく印象に残りやすいことです。

また、導入したメリットのキーワードについてテロップで短い解説を入れることで、インタビューを聞きながら、どういった機能があるかも同時に紹介できています。

1分少々という短い動画のなかで、情報を入れながら理解してもらいやすくする工夫がされていますね。

短く見やすい動画ゆえに、そのほかにもインタビューがあるか探してしまう視聴者もいそうです。

【ITPRO PARTNERS(ITプロパートナーズ)】利用企業インタビュー_株式会社NTTドコモ様

ITフリーランスと企業のマッチングサービスについての導入インタビューです。

ITプロフェッショナル、即戦力、スピーディ、といったキーワードにマッチしたラグジュアリー感のある撮影風景と、躍動感あふれるBGMが、視聴者の高揚感を誘い、動画に集中させるようです。

かつ2分を切る短い動画のため、あっという間な印象を与えます。

テロップの入れ方も、インタビュー動画というよりも、番組を見ているかのような構成がなされており、エンターテイメントの要素を感じますね。

カメラアングルは2点のみで映像編集自体は比較的シンプルですが、そのほかの編集で映える動画になっています

インタビュー動画をおしゃれに作る方法6つ

おしゃれでかっこいいインタビュー動画は、企業の仕事に対する熱意やプロフェッショナルさを感じつつも、充実感を感じさせてくれます。

お客様の声インタビューでは、ワンランク上を目指せるサービスの質の良さや信頼感を演出できていますよね。

そんなインタビュー動画を制作するために重要なポイントをチェックしておきましょう。

  1. 動画制作目的やターゲットを明確にする
  2. 視聴者が聞きたい内容を含ませる
  3. 適切な撮影場所を選ぶ
  4. 複数のアングルから撮影する
  5. なるべく相槌をせずリアクションでコミュニケーションをとる
  6. インサートやBGMを工夫する

①動画制作目的やターゲットを明確にする

おしゃれなインタビュー動画を作るためには、まずその目的やターゲットをはっきりさせることが大切です。

動画が伝えたいメッセージや、誰に見てもらいたいかを明確に定めることで、内容やスタイルが鮮明になります。

例えば、若い世代をターゲットにする場合、彼らが好むビジュアルや話題を取り入れると良いでしょう。

興味を引きつけながらも、伝えたい内容や自社のブランド性からブレないよう、バランスをしっかり持たせながら制作することが重要です。

②視聴者が聞きたい内容を含ませる

視聴者が聞きたいこと、求めている情報をインタビュー動画に組み込みましょう。

たとえば製品紹介なら、その特徴や使い方、他製品との違いなど、視聴者が興味を持つポイントを盛り込むことが重要です。

動画を見ることで新しい知識や情報を得られると感じさせることが、視聴者の満足度を高めます。

おしゃれさ、かっこよさの前に、基本となる「視聴者が求めている情報を伝える」というインタビュー動画の意義は確保して制作しましょう。

③適切な撮影場所を選ぶ

撮影場所の選定は動画の印象を大きく左右します。

インタビュー内容と、背景やインタビュイーの服装などが合わないと、注意が削がれてしまい、動画に集中できないことがあります。

例えば、クリエイティブな話題ならアートな空間、ビジネスの話題ならスタイリッシュなオフィスなど、背景が内容を補完するよう心がけましょう。

また、しっかり話の内容が入ってくるよう、服装も派手すぎるものではなく、企業や採用向けの場合は仕事着を、そのほかの場合は、シンプルなデザインや清潔感のある色味を着用してもらいましょう。

④複数のアングルから撮影する

インタビュー動画の魅力を高めるためには、異なるアングルからの撮影が効果的です。

面接者の表情、手の動き、全体の様子など、様々な角度から捉えることで、視聴者に臨場感のある印象を与えます。

動画が単調にならないよう、様々なカメラ位置や焦点距離を試してみると良いでしょう。

⑤なるべく相槌をせずリアクションでコミュニケーションをとる

インタビュー中のインタビュアーは、相槌よりも表情やジェスチャーでリアクションを示すことが重要です。

相槌が音声として入り込むと、相槌の声が気になってしまい、視聴者が集中しきれない可能性も。

インタビュアーはうなずきや表情で反応を示すことで、視聴者にもインタビューされている人の話を聞きやすくなります。

⑥インサートやBGMを工夫する

インタビュー動画におけるインサートカットやBGMの工夫も、視聴者の注意を引くために重要です。

インサートカットは、話題に沿った画像や別のシーンを挿入することで、話の理解を助けたり、イメージしやすくする効果があります。

BGMは、動画の雰囲気に合ったものを選び、場面によって変えることで、動画の印象を高めることができます。

プロフェッショナルさや業務のスピード感を表現したい場合は、ジャズなどのスウィング系や4つ打ちでテンポが少し速めの音楽を、ラグジュアリー感が欲しい場合は少しゆっくりめの音数が少ない音楽などが合いそうです。

インタビュイーや話している内容を引き立たせられるよう、求めるおしゃれさに合う音楽や効果音を的確に利用しましょう。

インタビュー動画の制作費用

インタビュー動画の制作費用の相場は、「5万円〜40万円」とされています。

動画の長さや撮影方法、編集の手の込み方などで、制作費用は大きく異なります。

大まかな相場の内容を見てみましょう。

■インタビュー動画の制作費用相場

費用 5万円〜10万円 10万円〜40万円 40万円〜
撮影対象人数 1名 1〜2名 3名以上
動画の長さ 5分程度 15分程度 30分程度
撮影条件
  • 依頼者が用意した場所での1日撮影
  • ライトやサウンド設備なし
  • スタジオ料金や移動費込み
  • 基本的なライトやサウンド設備あり。
スタジオ料金や専門的なライト、サウンド設備、場合によりスタッフ費
撮影方法
  • ハンディカメラ1台
  • 基本的なビデオ編集
  • プロフェッショナルカメラ1-2台
  • 複雑なビデオ編集
プロフェッショナルカメラ複数台、専門的なビデオ編集、音楽や効果音の追加など
インサート タイトルや名前、質問などの部分挿入 あり 全面的にあり
テロップ なし

フルテロップ
(話していることをテロップで表示)

フルテロップ
(話していることをテロップで表示)

内部や一部の外部用などの公表範囲が狭い動画の場合は、5万円〜10万円ほどの相場で制作できることもあるでしょう。

採用向けの動画で、本格的に制作したい場合は10万円〜40万円、販促の用途などで広範囲に公表する場合は、40万円〜で制作した方が見栄えもよく、企業やサービスへの信頼感も高まります。

また、分数を短くしながら、そのなかでインサートやBGM、テロップなどの編集に力入れると、内容の濃い動画が制作できるでしょう。

上記の相場は一例なので、要素のなかで優先順位をつける、自社でまかなえない部分だけプロに依頼する、など工夫すると、費用を安く抑えられる場合もあります。

おしゃれなインタビュー動画を制作するなら提案力が魅力の「Video Works」

https://videoworks.com/wp-content/themes/videoworks

企業のブランド力や認知度向上に活用できるインタビュー動画は、コンセプトムービー等に比べると、制作しやすい点が魅力のひとつでもあります。

企業内部の社員が想いを直接語ることにより、親近感や信ぴょう性も増し、間接的なコミュニケーションツールにもなっています。

顧客や他社とのつながりを強化させたい場合に有効ですが、自社のブランド性を打ち出しながら、できれば費用も多くかけずにインタビュー動画を制作したい、という担当者の方も多いでしょう。

そんな方におすすめなのが、クリエイターによる豊富な提案と適正価格の依頼が魅力の「Video Works」です。

Video Worksは、映像制作希望者とプロクリエイターをつなぐマッチングサービスで、高品質な映像を多数制作してきています。

登録後、依頼内容や予算を投稿するだけで、提案を募ることができる手軽さもポイントです。

おすすめポイント①:インタビュー動画の実績が多い

Video Worksでは、インタビュー動画を含め多数の動画制作の実績があります。

年間1000件を超える依頼をいただいており、全国から登録しているプロのクリエイターが活躍しています。

ニーズや予算に合わせて相談でき、さまざまな得意分野を持ったクリエイターと出会えるのも強みです。

インタビュー動画を多用しつつコンセプトムービーに仕上げた、下記のような動画も制作しています。

Video Works制作実績例

おすすめポイント②:クリエイターへ直発注で数万円から依頼可能

クリエイターへ直発注できるため、適正価格で依頼できることもポイントのひとつです。

Video Worksでは間にマージンを含まないため、余計な費用がかからず、プロのクリエイターや企業に直依頼できることが魅力です。

そのため、企画から丸ごとの依頼も、編集だけ、撮影だけ、アニメーションだけ、など、数万円からのスポット依頼が可能です。

また、依頼前にクリエイターと事前ミーティングで話ができるので、要望やできることをしっかりすり合わせでき、安心して依頼できます。

おすすめポイント③:最短即日で発注できる提案力

もうひとつのポイントは、最短即日で発注できることです。

現在、10,000人を超えるクリエイターが登録しているため、依頼に対して提案が集まりやすく、一定数の提案を確保できています。

そのため、条件が合えば最短即日で発注できることも。

また、どういう依頼が必要か、予算の組み方がわからないなどお困りの場合は、専属のコーディネーターによるサポートも利用できます。

はじめての方も安心して利用できるVideo Worksで、おしゃれなインタビュー動画を制作しましょう!

まとめ 〜おしゃれで本格的なインタビュー動画は制作方法を工夫しよう〜

本記事では、おしゃれな要素を含むインタビュー動画をの事例と解説、作り方のポイントなどを中心にまとめました。

最後にもう一度まとめておきましょう。

  • インタビュー動画には、主に「企業紹介動画」「採用向け動画」「販促向け動画」がある
  • おしゃれに見せることにとらわれず、自社の良さや伝えたいことを軸に企画立案する
  • 最適な撮影場所でインタビューを行い、良い映像素材を撮影する
  • 編集の工夫次第でおしゃれでかっこいい動画ができる
  • 費用を抑えて外注するなら、自社でできることはやる

SNSでの拡散が当たり前になってきたなかで、いかに自社のブランド性を打ち出しながら興味を持ってもらうかが、認知度向上の鍵になってきました。

企業の見え方、見せ方のプロデュースも必要になってきましたが、その分各企業にチャンスがあることも事実です。

また、インタビュー動画はコンセプトムービーに比べると比較的制作しやすいジャンルです。

インタビュー動画を制作して、自社を最大限にアピールしましょう。

そして、おしゃれなインタビュー動画の制作にお困りのことがあれば、ぜひVideo Worksへご相談ください。

実績豊富なさまざまなジャンルのクリエイターが、自社に最適な動画制作をお手伝いします。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。