動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
インタビュー動画

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポイントも解説

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポイントも解説
B!

「インタビュー動画の制作を依頼したいけど、実際の費用相場はどれくらいだろう」
「相場よりも安くインタビュー動画を制作できる業者はある?」

インタビュー動画の制作について任された方のなかには、こうお思いの方もいますよね。

ですがインタビュー動画の費用相場は「5万円~40万円」とピンキリ。

どれくらいの金額でどんな動画を制作してもらえるのか把握し、最適なかたちで依頼したいことでしょう。

今回はそんな方に向けて、インタビュー動画を業者に依頼するときの費用相場について詳しく解説していきます。

VideoWorksバナー②-20231023

インタビュー動画の費用相場を予算別で解説

インタビュー動画を業者に外注して制作依頼を出すときの、費用相場は「5万円~40万円」です。

ですが企業によって予算はさまざま。ここでは「5万円~10万円」「10万円~40万円」「40万円以上」の金額幅を付けて、制作費用の相場について解説していきます。

■インタビュー動画の制作費用の相場表

詳細 5万円〜10万円 10万円〜40万円 40万円以上
撮影対象人数 1人 1-2人 3人以上
動画の長さ 5分程度 15分程度 30分程度
撮影条件 依頼者が用意した場所での1日撮影。ライトやサウンド設備なし。 スタジオ料金や移動費込み。基本的なライトやサウンド設備あり。 スタジオ料金や専門的なライト、サウンド設備、場合によりスタッフ費。
撮影時間 1~2時間 3~5時間 半日~1日
撮影方法 ハンディカメラ1台。ビデオ編集は基本的なもの。 プロフェッショナルカメラ1-2台。複雑なビデオ編集が可能。 プロフェッショナルカメラ複数台、専門的なビデオ編集、音楽や効果音の追加など。
オープニングのアニメ-ション 部分テロップ(タイトル・氏名など) フルテロップ(話していることをテロップで表示) フルテロップ(話していることをテロップで表示)
テロップ なし あり(オープニング映像など) あり(オープニング映像・テロップアニメーション・話題に合わせたイメージ映像をアニメーションで表現)
制作期間 約1週間 約2-3週間 約1ヶ月

相場5万円~10万円で制作依頼を出す場合

撮影対象人数 1人
動画の長さ 5分程度
撮影条件 依頼者が用意した場所での1日撮影。ライトやサウンド設備なし。
撮影時間 1~2時間
撮影方法 ハンディカメラ1台。ビデオ編集は基本的なもの。
オープニングのアニメ-ション 部分テロップ(タイトル・氏名など)
テロップ なし
制作期間 約1週間

ライトなインタビュー動画となれば、費用5万円~10万円で制作できます。

撮影対象は1人で、依頼者の指定した場所で1~2時間にわたって撮影をおこないます。

この範囲内であればライトやサウンド設備は特に設けず、ハンディカメラ1台を用いた基本的な撮影と編集で賄えます。

動画の全体の長さは5分程度にまとめられ、部分テロップ(タイトル・氏名等)付きのオープニングアニメーションも入れられます。ただし、この予算だと全体のテロップまでは付けられません。

制作には約1週間の時間を要します。撮影から編集、そして最終的な完成までの流れをスムーズに進めるため、具体的な要望や期待する完成像は早めに伝えておきましょう。

なお、5万円~10万円の予算であれば基本的なニーズは満たせますが、より高品質な映像や特殊な編集を求める場合は追加予算が必要となることをご理解ください。

相場10万円~40万円で制作依頼を出す場合

撮影対象人数 1-2人
動画の長さ 15分程度
撮影条件 スタジオ料金や移動費込み。基本的なライトやサウンド設備あり。
撮影時間 3~5時間
撮影方法 プロフェッショナルカメラ1-2台。複雑なビデオ編集が可能。
オープニングのアニメ-ション フルテロップ(話していることをテロップで表示)
テロップ あり(オープニング映像など)
制作期間 約2-3週間

10万円~40万円の予算であれば、より精密なインタビュー動画を制作できます。

撮影対象は1~2人で、15分程度の動画を制作できます。

この予算ではスタジオ料金や移動費が含まれますので、その分よりプロフェッショナルな映像制作環境が整うことでしょう。

またフルテロップ(話している内容をテロップで表示)にも対応でき、テロップはオープニング映像などにも使用できます。

制作期間は約2~3週間となりますが、その期間でより洗練された映像を提供できるでしょう。

相場40万円以上で制作依頼を出す場合

撮影対象人数 3人以上
動画の長さ 30分程度
撮影条件 スタジオ料金や専門的なライト、サウンド設備、場合によりスタッフ費。
撮影時間 半日~1日
撮影方法 プロフェッショナルカメラ複数台、専門的なビデオ編集、音楽や効果音の追加など。
オープニングのアニメ-ション フルテロップ(話していることをテロップで表示)
テロップ あり(オープニング映像・テロップアニメーション・話題に合わせたイメージ映像をアニメーションで表現)
制作期間 約1ヶ月

外部にインタビュー動画の制作を依頼する際、予算が40万円以上だとかなり凝った演出を取り入れられます。

撮影対象人数は3人以上で、プロフェッショナルカメラを複数台使用し、半日から1日の時間をかけて撮影します。

またスタジオ料金や高品質なライト、サウンド設備、スタッフ費用も含まれ、その結果として30分程度のハイクオリティな映像が生まれます。

さらに映像編集には専門的なスキルが用いられ、音楽や効果音の追加も可能。

オープニングではアニメーションを使用し、すべての会話はテロップで表示され、視聴者には視覚的な印象を残しやすくなります。

撮影自体は1日程度で終わりますが、制作期間は約1ヶ月となるため計画的に進めていきましょう。

インタビュー動画の制作費用を相場より安く抑えるには?

インタビュー動画の制作となれば、1本制作するのに5万円~40万円ほどかかります。

費用対効果の高い動画にしてもらうためにも、なるべく費用は抑えたいことでしょう。

ではインタビュー動画の制作費用を抑えるにはどうすれば良いのか、具体的なポイントは以下のとおりです。

  • インタビュー動画の尺を短くする
  • インタビューの回答者を絞る
  • 撮影場所をできるだけ変えない
  • 動画編集は自社で済ませる
  • フリーランスや個人に依頼する

①インタビュー動画の尺を短くする

尺が長い動画ほど編集に時間がかかり、それが制作費用の高騰につながります。

また、音声のクリーニングやグラフィックの追加も尺に比例してコストが上がります。

そのためなるべく短い尺の動画にすることで、制作費用を抑えられます。

ここで、尺が短くなることで「伝えたいことがすべて伝わらないのでは…」と懸念される方もいることでしょう。

ですが尺が短くすれば内容がより端的になり、視聴者からすると情報が効率的に伝わりやすくなります。

尺を適切な長さに短くすることは、コスト削減だけでなく品質向上にも繋がるわけです。

②インタビューの回答者を絞る

インタビューの回答者を増やすと、それだけ撮影時間や複数人の意見をまとめるための編集時間、そしてスケジュール調整にかかる手間も増えます。

これらはすべて制作費用に影響を与えます。

回答者を少なくすることで、その分コストを抑えられますね。

③撮影場所をできるだけ変えない

撮影場所を変えると、運搬費、セットアップ時間、場所による設定の変更など、追加で発生するコストがあります。

同じ場所で撮影をおこなうことで、これらの細かいコストを軽減できます。

④動画編集は自社で済ませる

動画制作には専門技術や時間を必要とします。

自社で編集作業をおこなうことで、制作費用の一部をカットできます。

また自社で編集することで、細部の調整や自社のニーズをダイレクトに反映させやすくなります。

外部の編集者に具体的な指示を出す手間を省け、意思疎通による誤解を避けやすくなるため、より理想とする動画を完成させやすくなりますね。

⑤フリーランスや個人に依頼する

制作会社に動画制作を依頼すると、その分の手間賃や利益が上乗せされるため、コストは高くなります。

反対にフリーランスや個人に依頼することで、手間賃などのコストを大幅に抑えられます。

ただしフリーランスや個人に依頼するとなれば、品質の確保や納期管理など、依頼者側のほうでもしっかりコントロールすべきポイントもあるため注意しましょう。

インタビュー動画の制作を依頼するなら「VideoWorks」へ

https://videoworks.com/wp-content/themes/videoworks

VideoWorksのおすすめポイント①インタビュー動画の制作実績が豊富

VideoWorksではさまざまな動画を制作してきており、インタビュー動画の制作実績も特に豊富です。

ここでは一部、制作実績を抜粋して紹介します。

制作事例①株式会社エッグセレント様のインタビュー動画

制作事例②エン・ジャパン株式会社 様のインタビュー動画

VideoWorksのおすすめポイント②動画クリエイターに直接発注できるため数万円からご依頼可能

VideoWorksではクリエイターに直接制作依頼を出せるため、依頼内容によっては相場価格の半分以下で発注できます。

小さな作業からでも低価格で依頼ができます。

VideoWorksのおすすめポイント③最短即日で動画制作の発注ができる

VideoWorksには、スキルチェックを通過した、スピーディな対応のとれるクリエイターが多数登録しています。

10,000名以上のクリエイターから提案が集まるため、最短即日で対応できるクリエイターが見つかるとすぐにでも制作依頼を出せます。

VideoWorksでのインタビュー動画制作についてよくある質問

VideoWorksではインタビュー動画の制作についても、多くのご依頼・ご相談をいただきます。

ここではVideoWorksに実際に寄せられた、インタビュー動画の制作についてのよくある質問を紹介します。

インタビュー動画の制作にあたってピンマイクでの収音をしても良いですか?

ピンマイクで収音をしても、問題ありません。

屋内外の照明について柔軟に対応できますか?

VideoWorksでは屋内外の撮影について柔軟に対応できるため、ご安心ください。

たとえば屋外の撮影では雨天から機材を守ったり、音声で風の影響を受けないようにしたりするなど、機材の扱いについても熟知した動画クリエイターが揃っています。

撮影スタジオの手配も依頼できますか?

VideoWorksでは、撮影スタジオの手配も依頼できます。

動画クリエイターからインタビューの質問を投げてもらえますか?

VideoWorksでは動画クリエイターから質問を投げかけるかたちでの、インタビュー動画の制作にも対応しています。

インタビュー途中で噛んだときは最初から撮り直しですか?

インタビューを受けている途中でセリフを噛んでしまった場合、一部の撮り直しも可能です。

場合によっては、動画クリエイターが上手く編集でつなげますので、その際はご相談ください。

まとめ~インタビュー動画の制作の費用相場は「5万円~40万円」~

今回は、インタビュー動画の制作依頼を出したときの、費用相場について詳しく解説してきました。

インタビュー動画の制作費用相場は「5万円~40万円」ですが、制作したい動画によって必要な料金は異なります。

改めて以下の表をもとに、用意したい動画の相場はどれくらいになるのか押さえておきましょう。

■インタビュー動画の制作費用の相場表

詳細 5万円〜10万円 10万円〜40万円 40万円以上
撮影対象人数 1人 1-2人 3人以上
動画の長さ 5分程度 15分程度 30分程度
撮影条件 依頼者が用意した場所での1日撮影。ライトやサウンド設備なし。 スタジオ料金や移動費込み。基本的なライトやサウンド設備あり。 スタジオ料金や専門的なライト、サウンド設備、場合によりスタッフ費。
撮影時間 1~2時間 3~5時間 半日~1日
撮影方法 ハンディカメラ1台。ビデオ編集は基本的なもの。 プロフェッショナルカメラ1-2台。複雑なビデオ編集が可能。 プロフェッショナルカメラ複数台、専門的なビデオ編集、音楽や効果音の追加など。
オープニングのアニメ-ション 部分テロップ(タイトル・氏名など) フルテロップ(話していることをテロップで表示) フルテロップ(話していることをテロップで表示)
テロップ なし あり(オープニング映像など) あり(オープニング映像・テロップアニメーション・話題に合わせたイメージ映像をアニメーションで表現)
制作期間 約1週間 約2-3週間 約1ヶ月

関連記事

動画制作人材探すのに困っていませんか?
フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!...

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

新着記事

動画制作の報酬に源泉徴収は必要?動画編集やフリーランスの場合も解説

動画制作の報酬に源泉徴収は必要?動画編集やフリーランスの場合も解説

失敗しない映像・動画制作会社の重要な選び方!動画制作を依頼する場合のポイントは?

失敗しない映像・動画制作会社の重要な選び方!動画制作を依頼する場合のポ...

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!依頼の際に重要なポイントも解説

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!依頼の際に重要なポイ...

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイントも解説

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイント...

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼す...

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解説

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解...

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解...

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/映像制作/動画編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を動画制作会社/映像制作会社に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみてください。VideoWorksでの動画制作は、動画制作会社/映像制作会社に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。