動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
CG動画

CG動画の制作費用や相場はどれくらい?制作工程や外注を安く抑えるコツも解説!

CG動画の制作費用や相場はどれくらい?制作工程や外注を安く抑えるコツも解説!
B!

「CG動画の制作相場がわかりにくく、依頼先に困っている」
「CG動画の相場と安く抑える依頼方法が知りたい!」

企業での動画活用が当たり前になってきたなかで、CGを取り入れた動画制作について、上記のように情報をお求めのご担当者もいらっしゃるでしょう。

CGは相場を読みにくいジャンルですが、非常に有用です。

相場を知り自社に合った依頼先を見つけるには、その工程や活用メリットをしっかり把握しておくことが重要ですよね。

そこで本記事では、CG動画の制作費用や相場について解説します!

CG動画の制作工程や外注を安く抑えて依頼するポイントも紹介していますので、ぜひ最後までお目通しいただき、制作にお役立てください。

目次

CG動画の相場は1人工7万円〜

CG動画制作の現在の相場では、1人工(にんく)当たり約7万円からが目安です。

この「1人工」とは、1人のCGクリエイターが1日をフルに作業することを意味し、制作にかかる総費用は作業に従事するクリエイターの人数 × 作業日数によって算出されます。

CG制作は高度な技術を要する作業であり、モデリング、アニメーション制作、テクスチャリングなど複雑な工程を経るため、これらの専門技術を持つクリエイターの技術力に応じてコストが変動します。

また、制作内容の複雑性や求められるクオリティレベルによっても費用は異なり、リアルな3Dモデリングや細かい動きのアニメーションなど、高度な技術が必要な案件ほど費用が高くなる傾向にあります。

短納期での制作や特別な要望がある場合は、追加の費用が発生する可能性もありますので、見積もりを取る際には具体的な制作内容や要望を明確に伝えることが重要です。

1分あたりの相場は140万円〜

CG動画制作において、1分間の映像の相場はおよそ140万円からというのが業界常識とされています。

多くのCGは10秒を基準にして1カットの映像を構成することが多いため、大体1カットあたり20万円~25万円程度となるでしょう。

この価格は、動画の長さや内容の複雑さ、必要なCG技術のレベルによって変動します。

例えば、単純なアニメーションであれば相場は比較的低くなりますが、高度な3Dモデリングやリアルなテクスチャ、複雑な動きを含むアニメーションを要する場合、より高い費用が必要となります。

また、特殊効果の追加や背景作成、音響効果などの追加要素も総費用に影響を与えます。

CG動画制作は時間とコストがかかる作業であり、特に高品質な映像を求める場合はそれに見合った予算を見込む必要があります。

制作会社に依頼する際は、希望する動画の内容や品質レベルを明確にし、適切な見積もりを依頼することが重要です。

高品質なCG映像を制作するには、適切な予算設定と専門的なクリエイターとの連携が不可欠でしょう。

用途別のCG動画の制作費用や相場は100万円〜280万円以上

CG動画の制作費用は用途によって異なり、100万円から280万円以上まで幅広い相場が存在します。

具体的な費用は、動画の尺、制作の複雑さ、必要な技術レベル、納期の短さなどによって変動するため、あくまで目安として把握してください。

 

動画の種類 費用
商品紹介・PR用CG動画 100万円〜170万円
テレビ用CG動画 140万円〜280万円
インフォマーシャル用CG動画 約170万円〜

商品紹介・PR用CG動画の費用相場:100万円〜170万円

商品紹介やPR用のCG動画では、100万円から170万円の範囲で費用が設定されています。

商品の特性やPRメッセージを明確に伝えるため、高品質なグラフィックスが動画に用いられます。

リアルな製品モデリングや、動画内での製品の効果的な展示には、高度なCG技術と創造力が必要です。

また、独特のアニメーション効果や、製品の機能を視覚的に説明するためのシミュレーションが含まれることもあります。

テレビ用CG動画の費用相場:140万円〜280万円

テレビ用のCG動画に関しては、140万円から280万円の相場が一般的です。

エンタメ性の高い番組では、写実的で細かなCGが求められることは少なく、抽象的な概念をわかりやすく視聴者に届けるためのCGが必要とされることが多いため、制作コスト自体はあまり高くかかりません。

ですが、テレビ番組用のCG動画は、制作時間が限られており、正確性とともにスピード感が求められます。

放映までに差し替えや変更が行われる場合もあり、放送に間に合わせるために特急対応で作業することもあるため、人件費や対応に関する追加費用がかかる場合が多く、制作費用が高くなる傾向があります。

インフォマーシャル用CG動画の費用相場:約170万円〜

インフォマーシャル用のCG動画の場合、相場は約170万円からとなっています。

インフォマーシャル(Informacial)とは、情報(インフォメーション)と広告(コマーシャル)を組み合わせた造語で、テレビショッピングや長尺の商品CMがそれにあたります。

インフォマーシャルでは、製品やサービスの魅力を短時間で効果的に伝える必要があり、製品の3Dモデリング、リアルな動きのアニメーション、視聴者の興味を引きながらもわかりやすいビジュアルエフェクトが用いられます。

例えば、掃除機をアピールする場合、実際にゴミを吸い取って見せる映像に加え、実際にどのように機能しているか、製品の中身をCG画像で制作し同時に視聴者に提示することで、より説得力を増しますよね。

また、長尺の動画制作の場合はさらに高い費用がかかることもあり、相場は流動的です。

CGを企業動画に活用するメリット4つ

高い費用を投入し正しく活用するためには、メリットを把握しておくことが重要です。

CGを活用するメリットは主に以下の4つです。

  • 撮影が難しいシーンも表現できる
  • 抽象的な内容もわかりやすく伝えられる
  • 実写よりもコストを抑えられることがある
  • 制作後に修正や調整がしやすい

撮影が難しいシーンも表現できる

CGを使用する最大のメリットの1つは、実写では撮影が難しいシーンを映像化できることです。

たとえば、人体の内部や化学反応、地球外の風景など、通常のカメラでは捉えられない場面をリアルに再現できます。

この特性は、科学、医療、宇宙開発などの分野で特に役立ち、難解な内容を視覚的にわかりやすく伝えることが可能になります。

また、商品の内部構造や360度の視界が可能になった空間のモデリングなども応用できますね。

視聴者の創造力をかきたて、イメージしやすくする利点があります。

抽象的な内容もわかりやすく伝えられる

CG動画は、抽象的な概念や複雑な理論を直感的に理解しやすくするためにもよく用いられます。

例えば、企業のビジョンや新しい技術の仕組みを、具体的で視覚的な形で表現できます。

視聴者は難しいテーマでも、CGによる視覚的な情報で直感的に理解しやすくなり、企業のメッセージや商品、サービスの詳細がより伝わりやすくなります。

実写よりもコストを抑えられることがある

多くの場合、CGを活用することで制作コストを削減できることがあります。

特に、遠隔地での撮影や特殊効果が必要な場合、実写よりCGを使った方が経済的です。

また、CGを使えば、必要なシーンを事前に正確に計画し、無駄な撮影や再撮影のコストを省けます。

特に予算が限られている中小企業にとって大きなメリットになるでしょう。

制作後に修正や調整がしやすい

CG動画のもう1つの大きなメリットは、制作後の修正や調整がしやすいことです。

たとえば、色調の変更、特定の要素の追加や削除など、CGではこういった変更が比較的容易に行えます。

実写ではこうした変更には再撮影や複雑な後処理が必要になることが多いため、CGは柔軟性と効率性の面で優れていると言えるでしょう。

CG動画の相場に関わる制作工程

では、できるだけ正しく費用を算出するために、CG動画に関わる制作工程について見ていきましょう。

  • 企画
  • 構成・シナリオ作り
  • 制作
    ①モデリング
    ②リギング
    ③テクスチャリング・ライティング
    ④アニメーション
  • 編集:レンダリングとレタッチ

企画

CG動画の制作も、通常の動画制作と同じように、まずは目的とターゲットを明確にするための概要を企画します。

動画の目的はプロモーション、教育、エンターテイメントなど多岐にわたり、この目的によって動画のスタイルや内容が大きく変わります。

ターゲット層を細かく特定することで、どのようなメッセージを伝えるか、どのプラットフォームで公開するかなどが決定されます。

例えば、若年層向けの製品を紹介する場合は、SNS向けの短い尺の動画が適しているでしょう。

構成・シナリオ作り

企画が決まれば、次は構成とシナリオ作成に移ります。

ここでは、動画のストーリーライン、シーンごとの詳細、ナレーションやテロップなどの要素を具体化します。

絵コンテを用いて、ビジュアル面でのイメージも合わせて作成しましょう。

動画の流れ、出演者の動き、カメラアングルなどを検討し、撮影や編集に必要な指示を事前に固めておきます。

構成とシナリオがしっかりしていると、制作工程がスムーズに進み、コストや時間の節約にもつながるため、細かなところまで詰めていきます。

制作

①モデリング

CG制作の最初の段階であるモデリングでは、3次元空間に3Dオブジェクトを形成します。

キャラクターや建物、風景など、必要なすべての要素を専用のCGソフトウェアを使い、すべてゼロから精密に作り上げます。

3Dモデルは、点・線・面の3要素で構成されたポリゴン(多角形)でできており、初期段階では基本的な形から始め、徐々に詳細を加えていきます。

ほぼ何もない状態から作り上げていく作業のため、この工程は非常に時間がかかりやすく、制作コストの大部分を占めることが一般的です。

②リギング

モデリングされた3Dオブジェクトに動きをつけるため、リギングが行われます。

リギングとは、スケルトンというオブジェクトに仮想の骨格を組み込んで関連付けをし、自然な動きを可能にするための準備作業のことを言います。

動作やポージングをさせたり、表情の変化や髪がなびく動き、製品のCGに動きを出すために欠かせない設定です。

オブジェクトに組み込んだ骨組みと3Dモデルを関連付けるスキニングの工程も含め、リギングは細かい調整が必要で、ここでも多くの時間とコストがかかる作業となります。

また、制作会社によってはリギングにスキニング作業を含まない場合もあるため、しっかり対応してくれる作業工程は確認しましょう。

③テクスチャリング・ライティング

作成された白や灰色のままの3Dモデルに色や質感を付け、リアリティを出す作業がテクスチャリングです。

マテリアルの設定で、光沢や透明度を表現します。

ライティングは、3D空間内での光の当て方を決定し、陰影を作り出すことで、よりリアルなビジュアルを実現します。

リアル感を重視しない場合は、このテクスチャリングとライティングの作業を軽くすることで、料金を抑えやすくできます。

④アニメーション作成

アニメーション作成では、3Dオブジェクトに動きを付けます

フレームごとにポーズを設定し、流れるような自然な動きを作り出します。

この段階で、重力や慣性の影響を考慮し、リアルな動きを追求します。

重心や仕草、動きがどう連動するのかを考慮し、人やCG対象のオブジェクトが違和感なく動くように設定していきます。

CGのリアルさをどれほど求めるかで、アニメーションの作り込み度合いも変わります。

編集:レンダリングとレタッチ

レンダリングは、3Dモデルを2Dの画像や動画に変換する工程です。

レンダリングは作業負荷が高いため、PCの処理能力に依存する作業で、高い性能を要求されます。

最終的な出力品質は、レンダリングの設定によって大きく変わるため、専用の設備を備えている制作会社もあります。

どれほどオブジェクトが作り込まれているかにより出力時間が異なり、高度なCGの場合、1フレーム出力するだけでも30分以上かかる場合もあります。

レタッチは、レンダリングされた映像の最終的な修正・加工を行います。

ここで色調整、光沢や空気感、影の追加、他の映像素材との合成などが行われます。

レタッチ工程は細かい作業が多く、出来栄えを左右する重要なステップで、最終的な映像の質が決まります。

CG動画の制作費用を相場より抑えて依頼するポイント5つ

費用がかかりがちなCG動画ですが、できれば相場より費用を抑えて依頼したいですよね。

ここでは、依頼する際に押さえておきたい以下のポイントについて解説します。

  • 完成イメージを決めておく
  • 作業をまとめて依頼する
  • 納期までに余裕をもって依頼する
  • 複数の候補先に相見積もりする
  • フリーランスのクリエイターに依頼する

完成イメージを決めておく

CG動画の制作においては、完成イメージを事前に詳しく決めておくことが重要です。

具体的なイメージがあることで、制作会社やクリエイターは作業の方向性を正確に把握でき、制作過程での迷いや修正が減ることで、無駄な時間とコストを省きやすくなります。

イメージの不明確さは修正作業を増やし、結果として追加料金が発生する原因になりがちです。

事前にスケッチや参考資料を用意し、具体的な要望を伝えることで、よりスムーズな制作が期待できるでしょう。

作業をまとめて依頼する

複数のCG動画や、関連するほかのグラフィックデザイン作業をまとめて同一の制作会社やクリエイターに依頼することで、コストを抑えることができます。

通常の動画制作であれば、自社内製できない過程や作業のみを依頼して費用を抑えます。

ですが、CG動画に関しては、一つひとつ別々に依頼するよりも、一括で依頼することで、作業の効率化が図られ、それに伴うコストダウンが期待できます。

納期までに余裕をもって依頼する

納期までに余裕をもって依頼することも、費用を抑えることにつながります。

納期までに余裕がない場合、通常料金で対応しきれない緊急の作業は追加料金が発生しやすく、費用が増加する原因となります。

また、制作側もじっくりと取り組めるため、クオリティも担保しやすいでしょう。

制作スケジュールにもよりますが、できるだけ早めに依頼できるように進めましょう。

複数の候補先に相見積もりする

依頼先を決める場合には、複数の制作会社やクリエイターから見積もりを取りましょう。

相見積もりを取ることで、価格や提供されるサービスの内容を比較検討でき、コストパフォーマンスの高い選択をして適切な価格で依頼しやすくなります。

ただし、必ずしも安い価格の提案が最適とは限らないため、価格だけでなく提案内容の質も総合的に判断することが重要です。

そのためにも、さまざまな制作会社やクリエイターの作品や価格に目を通し、予算のなかで何を優先させるべきか、指針を固めておきましょう。

フリーランスのクリエイターに依頼する

制作会社ではなく、フリーランスのクリエイターに直接依頼することも、コストを抑える手段の1つです。

フリーランスは個人での請負のため、人件費がかかりにくく、比較的低価格で依頼が可能な場合があります。

しかし、フリーランスに依頼する際は、そのクリエイターの実績やポートフォリオを事前に確認し、信頼できるクオリティを提供してくれるかを見極める必要があります。

また、個人での対応となるため、大規模なプロジェクトや短納期の案件には適さないことがあることも理解しておきましょう。

ですが、クリエイターのなかには、大手の制作会社から独立した場合もあり、その場合は個人としての実績が少なくても、高品質なCG動画を納品してくれる場合もあります。

その場合、多少規模が大きくなっても、コネクションを利用し対応してくれる場合もあるので、気になったら問い合わせしてみることをおすすめします。

CG動画の制作なら相場に適正価格で依頼できる「Video Works」!

VideoWorksバナー①-20231023

コンピューターですべて制作するといっても、手作業でほぼゼロの状態から作り上げていくCG動画。

実写や通常のアニメーションでは対応しにくい細部の映像や、対応できない規模やアングルの映像を制作できることがCG動画の魅力ですね。

ですが、その分作業や手間がかかり、より緻密な動画を制作するためには、制作期間も費用もかかります。

実写で制作するよりコストを抑えられる場合もありますが、動画の長さにより数十万円〜が相場といったところです。

フリーランスのクリエイターに依頼するにしても、気になるところに一つひとつ問い合わせや見積りを出して…と対応していくのは、かなりの手間がかかります。

特に制作期間にあまり余裕がない場合でも、妥協なく依頼先は選びたいものです。

そんな方におすすめなのが、適正価格で依頼でき、多数のクリエイターから制作提案をもらえる「Video Works」です!

Video Worksは、映像制作希望者とフリーランスのクリエイターをつなぐマッチングサービスで、業界最大級の案件数を誇ります。

依頼から発注までもスピーディで、動画制作になれていない方も利用しやすいことがVideo Worksの特徴です。

おすすめポイント①:CG動画を含めさまざまな動画制作の実績が豊富

ひとつめのおすすめポイントは、CG動画を含めたさまざまな動画制作の実績が多数あることです。

Video Worksでは、年間1,000件以上の案件依頼を承っており、リピーターが多いことからも品質の高さがうかがえます。

ご利用いただいた方からのお声として、

「自社と一緒に制作してくれる最良のパートナーに巡り会えた」

「登録クリエイターが多いため一定数の提案が集まりやすくなっており、依頼できなかったことがなく助かっている」

「自社の要望を踏まえながらいただいた多様な提案とプロのスキルで、サービス内容がわかりやすく満足のいく動画に仕上がった」

などいただいています。

全国からさまざまなスキルを持ったクリエイターが10,000名以上登録しているため、あらゆる案件に対応可能。

CG動画の制作以外でも、「こんな動画制作を依頼してもいいのかな」といった内容の案件もぜひVideo Worksへご相談ください。

Video Works制作実績①:リストグループ クリスマスグリーディング動画:15万〜30万円

 Video Works制作実績②:コンセプト動画 予約・キャッシュレス決済システム「hacomono」:60万〜100万円

おすすめポイント②:クリエイターに適正価格で数万円〜依頼できる

クリエイターに適正価格で直依頼できることも、ポイントのひとつです。

代理店を間にはさまないため、余計なマージンが発生しません。

また、企画からまるっとの依頼も、CG制作だけの依頼もできるため、案件によっては数万円〜依頼できることも。

また、Video Worksのサイトに登録後は、過去案件の詳細や予算が閲覧可能。

登録しているクリエイターの過去の実績や制作ジャンルのほか、過去にどんな案件があったのか、予算はどれくらいかなどを参考として見ることができ、より提案の集まりやすい依頼作成ができます。

おすすめポイント③:依頼から最短即日で発注できる

もうひとつのメリットとして、依頼から最短即日で発注できることがあげられます。

専用フォームに依頼内容と予算を入力し、依頼の公開申請をすると、運営の内容確認後にクリエイターに依頼が公表され、提案が集まります。

そのため、条件が合えば即日で発注できることもあり、スムーズかつスピーディな発注が可能です。

一度にたくさんの提案から選べるので、ひとつひとつ問い合わせていく手間が省けます。

発注前にクリエイターと事前打ち合わせもできるので、内容を細かくすり合わせて依頼できるのも安心です。

また、「動画制作になれていないため、CG動画の依頼方法がわからない」という方は、専任のコンシェルジュによるクリエイターの提案やご利用フォローにも対応していますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

まとめ 〜CG動画の制作費用や相場は1分あたり140万円から〜

本記事では、CG動画の制作費用や相場、また、費用を抑えて依頼するためのポイントについて解説しました。

CG動画は専門的な知識や技術、ソフトが必要なため、素人では手に負えない作業が多く、相場がわかりにくいジャンルです。

そのため、制作会社からの提案を鵜呑みにしてしまうと、余計な出費が発生してしまうこともあります。

適正価格で依頼するためにも、正しい制作過程と相場を知り、相見積もりをとることで、できるだけ自社が希望する条件での制作が可能になります。

ぜひ記事の内容を参考にしていただき、予算に合う依頼先を見つけましょう。

そして、CG動画の制作依頼先に悩んだ場合は、ぜひVideo Worksにご相談ください!

業界最高レベルのスキルを持ったクリエイターたちが、満足のいくCG動画制作を承ります。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。