動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
CG動画

CG動画の作り方を初心者向けに解説!5つの制作ステップやおすすめソフトも紹介

CG動画の作り方を初心者向けに解説!5つの制作ステップやおすすめソフトも紹介
B!

「CG動画って初心者でも作成できる?」
「プロジェクトに活かすため、CG動画の作り方を知りたい」

ゲームやアニメのみならず、様々な映像で活用されているCG動画について、作り方が気になる方もいるのではないでしょうか。

建築業の完成図などでもよく見かけるように、架空の空間や通常は見ることのできない箇所まで再現できるため、仕事でも多くの活用シーンがあります。

本記事では、初心者の方にもわかるCG動画の作り方を解説します!

記事の後半では、おすすめのアプリ・ソフトについても紹介していますので、CG動画づくりの入口として、記事の内容をご活用ください。

CG動画とは

CG動画とは「Computer Graphics Animation」の略で、コンピューターを用いて作成されるアニメーションや映像のことを指します。

CGには2D(2次元)と3D(3次元)の両方のアプローチが含まれており、非常に幅広い表現が可能です。

2DCGと3DCGの違い

2DCGと3DCGの主な違いは、表現の次元と制作技術にあります。

2DCGは2次元(縦・横)の平面上で表現されるグラフィックスのことを指します。

従来の手描きアニメーションに似ており、キャラクターや背景が平面的に描かれるのが特徴です。

2DCGは、線画や色彩を駆使して表現の幅を広げることができ、情感豊かな表現に適しています。

一方、3DCGは3次元空間(縦・横・奥行き)で表現されるグラフィックスを指し、立体的なモデルやオブジェクトを作成して動かすことで、アニメーションを実現します。

3DCGは、リアルなテクスチャ、光の反射、影の表現など、現実に近い視覚効果を生み出すことが可能なため、映画やゲームなど、リアリズムを追求する分野で多用されています。

CG動画制作のメリット

効果的なCG動画を制作するにあたって、制作のメリットを知っておく必要があります。

CG動画の特徴を把握して、メリットを活かした動画作りを行いましょう。

撮影が難しいシーンも映像にできる

CG動画の大きなメリットは、実写では撮影が困難なシーンも映像化できることです。

例えば、宇宙や海底、歴史上の建造物や遺物の再現など、通常のカメラでは捉えられない場面をリアルに再現することが可能です。

教育や科学、エンターテイメントの分野で特に有効で、視覚的にわかりやすい表現で、言葉で表現するには難しい内容を伝えることができます。

さらに、商品の内部構造や、通常は見ることができない場所の映像化など、様々なシーンに応用できる点も魅力です。

抽象的な内容も伝えられる

CGは、抽象的なアイディアや複雑なメカニズムを視覚的に表現するのにも非常に有効です。

企業のビジョンや新技術の説明、教育的な内容など、言葉だけでは伝わりにくい情報を視覚的に示すことで、より多くの人に理解してもらえるようになります。

CGを利用すれば、直感的で魅力的な形で情報を伝えることができ、視聴者の興味を引きつけることも可能です。

実写よりもコストを抑えられることがある

実写に比べて制作コストを削減しやすいことも、メリットのひとつです。

特に遠方へ移動しての撮影や、動画制作に特殊な設備が必要な場合、CGを使用することで費用を抑えられることも。

また、CGなら必要なシーンに対して事前に正確に計画でき、不要な撮影や再撮影のコスト削減にもつながります。

特に予算に限りがある中小企業などにとっては、大きなメリットとなるでしょう。

制作後に修正や調整がしやすい

CG動画のもうひとつのメリットは、制作後の修正や調整がしやすいことです。

色の調整や特定の要素の追加・削除など、CGならではの柔軟な修正が可能です。

実写の場合、こうした変更は再撮影や手間のかかる後処理が必要ですが、CGでは比較的簡単に行うことができます。

そのため、製品やプロジェクトの変更にも素早く対応でき、効率的に制作できます。

製品のデザインが変更になった場合等も、CGなら迅速に映像内の製品情報を更新できますね。

CG動画の作り方

CG動画を制作するには、主に以下の2つの方法があります。

  • CG動画のソフトで自作する
  • プロに依頼する

CG動画のソフトで自作する

ひとつは、CGソフトウェアを用いて自身でCG動画を作成する方法です。

CGソフトには、初心者向けの無料ソフトからプロフェッショナル向けの高度な有料ソフトまで様々あります。

ですが、CG動画の制作習得には時間と練習が必要で、高度な動画制作にはそれ相応の技術が求められます。

個人で趣味や練習としてCG動画を作成する場合や、簡易的な動画が必要な場合に良いでしょう。

キャリアアップで本格的に学びたい方は、本腰を入れて学ぶ必要があります。

プロに依頼する

企業で高品質なCG動画が必要な場合、または専門的なスキルや時間が限られている場合には、動画制作会社やクリエイターに依頼しましょう。

プロのクリエイターやアニメーターが、依頼者のアイデアに基づいて動画を制作してくれます。

プロに制作を依頼する場合は、高品質な動画を期待できる反面、制作費用は自作に比べて高くなりがちです。

CG動画制作は専門的な技術が必要で、多くのクリエイターが関わるため、通常の動画制作よりもコストがかかることを理解しておきましょう。

CG動画の作り方と流れ

では、実際にCG動画はどのように作っているのか、手順を見ていきましょう。

細かくは案件やどういった動画を制作するかによって異なりますが、大まかな流れとしてはほぼ同じです。

  1. 動画の企画・構成・シナリオを作成する
  2. 三面図を作成する
  3. 素材を作成する
  4. レンダリングする
  5. 編集

①動画の企画・構成・シナリオを作成する

CG動画制作は、まず動画の企画を練りましょう

ここで、動画の目的やターゲットオーディエンスを明確にし、どのようなメッセージを伝えたいのかを定めます。

次に、動画の構成やシナリオを作成し、動画の大まかな流れや、重要なシーンの順序、ナレーションやテロップの内容も決めていきましょう。

この段階どれだけ企画と構成をしっかり組み立てられるかで、効果的なCG動画制作への鍵となります。

②三面図を作成する

次に、CG動画に登場するキャラクターやオブジェクトの三面図を作成します。

三面図とは、対象物を正面、側面、上面から見た図のことで、三面図を作成することで、立体的な構造や寸法を正確に把握できます。

特に3DCGの場合、正確な三面図はCG制作の基礎となり、リアリティのあるキャラクターやオブジェクトの制作に不可欠です。

2DCGでも、キャラクターの一貫性を保つために三面図を描いておくと役立ちます。

③素材を作成する

つぎに、以下の工程を踏みながらCG素材を作成していきます。

3DCGを主体とした流れは少々複雑なため、ひとつひとつ把握しましょう。

3-1)モデリング

モデリングは、CG動画のキャラクターやオブジェクトを形作る過程です。

モデリングソフトウェアを使用して、対象物の形状を作り出します。

3DCGの場合は、3D空間で対象物のサイズ、形状、比率などを細かく調整して、リアリティなモデルを作成しましょう。

3-2)レイアウト

作成したモデルを仮想の3D空間に配置します。

レイアウトは、最終的な映像の見た目や雰囲気を決定する重要な工程です。

この段階で、シーンの背景やキャラクターの位置、カメラアングルなどを設定します。

3-3)リギング

リギングとは、モデルに骨格や関節を設定する工程のことです。

キャラクターやオブジェクトは、作成したモデルを空間に置くだけでは動き方がわかりません。

動く為の骨格の動きをシミュレートし、設定します。

リギングは、キャラクターの自然な動きや表現力を高めるために必要な工程なのです。

3-4)スキニング

スキニングは、リギングされた骨格とモデルの肌や外皮を連携させる作業です。

リギングまででは、モデルは関節がついた骨格剥き出しの状態に近いです。

スキニングをすることにより、骨格の動きに合わせてモデルの外皮(最終的な見た目の部分)が適切に動くようになります。

人間のキャラクターで言えば、骨の動きに合わせて表情が動いたりするようにすることになり、キャラクターの動きをよりリアルに表現できます。

3-5)ライティング

ライティングでは、シーンやキャラクターに光を加え、影や反射を設定します。

光源の種類、強度、方向などを調整して、映像の雰囲気や質感を作っていきます。

よりリアリティに近づける作業で、立体感が一気に増します。

④レンダリングする

レンダリングは、制作した3Dモデルとシーン設定を実際の映像に変換することです。

モデリング、リギング、スキニング、ライティングの結果を組み合わせ、最終的な映像を作り出します。

レンダリングは、情報量が多く、映像に変換するために高度な計算を必要とするため、時間を要することが多いです。

⑤編集

最後に編集作業が行われます。

ここでは、レンダリングされた映像を編集し、必要に応じて音声やテキスト、特殊効果を加えます

編集は、視聴者にとって魅力的な映像作品を完成させるための最終段階です。

細かな箇所も調整をし、修正を重ねて完成に至ります。

CG動画の制作におすすめのアプリやソフト

この見出しでは、CG動画の制作におすすめのアプリやソフトを紹介します。

初心者の方は、まず無料で使用できるアプリやソフトで、制作の仕方を身につけましょう。

無料で使用できるソフトは、機能が限られているものが多く、基本を学ぶのに適しています。

作業になれ、さらに高度な機能やクオリティを求められるようにようになってから、有料ソフトを購入することをおすすめします。

無料で使えるアプリ・ソフト

Blender

「Blender」は、オープンソースで完全無料の3DCG制作ソフトウェアです。

オープンソースとは、ソースコードや設計が公開されており、誰でも利用、表示、変更、配布ができるコードのことです。

このソフトはモデリング、アニメーション、レンダリングなど、CG動画制作に必要なあらゆる機能を備えています。

日本語にも対応しており、無料でありながら世界中の多くのクリエイターに利用されています。

高機能であるため、初心者が使いこなすにはある程度の学習が必要ですが、一度習得すれば高品質な動画制作が可能です。

Tinkercad

「Tinkercad」は、オンラインで利用できる無料の3Dモデリングツールです。

直感的な操作性が特徴で、初心者でも簡単に3Dオブジェクトを作成できます。

教育機関でも利用されているため、学習や趣味の範囲でのCG制作に適しています。

ブラウザ上で動作するため、特別なソフトウェアのインストールは不要です。

Metasequoia

「Metasequoia」は、日本製の3DCGモデリングソフトです。

もとは有償ですが無料版もあり、無料版でも基本的な機能は利用可能で、有料版ではさらに高度な機能が追加されます。

直感的な操作性と、高いモデリング機能が特長で、日本語に完全対応しているため、国内のクリエイターにも人気があります。

キャラクターや物体の詳細なモデリングに優れているため、細かなディテールを重視する制作者におすすめです。

有料で使うアプリ・ソフト

MAYA

「MAYA」はAutodesk社が提供する高度な3DCGアニメーション制作ソフトで、ハリウッド映画製作などのプロフェッショナルな現場で広く使われています。

3Dアニメーション、モデリング、レンダリング、VFX制作など、CG動画制作の全工程をカバーできる機能を備えています。

その高度な機能性と拡張性がMAYAの最大の魅力ですが、個人利用者には高額なライセンス料がネックとなる場合があります。

ですが、本格的にCG制作のスキルを身につけるなら、MAYAを扱えると3DCG制作のキャリアに大きく貢献するでしょう。

3ds Max

「3ds Max」もAutodesk社が提供する3DCGソフトウェアで、特にモデリングとレンダリングに強みを持っています

豊富なプラグインによる高度なアニメーションとエフェクト制作が可能で、ゲーム開発や建築ビジュアライゼーションにも広く利用されています。

デメリットとしては、3ds MaxはWindows環境に特化しており、プラグインが豊富でありながら、プラグインなしでは高度な制作が難しいという点が挙げられます。

Adobe After Effects

「Adobe After Effects」は、動画の編集と合成を得意とするソフトウェアです。

モーショングラフィックス、ビジュアルエフェクト(VFX)、3Dアニメーションの制作が可能で、映画やテレビ番組の特殊効果制作に広く使用されています。

また、プラグインを使用することで機能が拡張され、多岐にわたるクリエイティブな映像制作が可能になります。

スマホソフト

パソコンで行うほどのものではなくても、スマホやタブレットなどのデバイスでも、CG制作できるソフトがあります。

WIDAR

「WIDAR」は、スマホやタブレットを使って3Dモデルをスキャンし、編集できる革新的なアプリです。

iOSとAndroidの両方に対応しており、手軽に3D制作を行えます。

WIDARの最大の特徴は、3Dスキャンから編集、映像制作に至るまでの一連の作業をスマホひとつで完結できる点です。

スキャンモードでは、スマホで3Dモデルを様々な角度から撮影することで、高精度で鮮明な3Dモデルを生成可能。

どこでも、誰もが手軽に3Dクリエイティブな作業を楽しむことができるアプリです。

CG動画を制作するなら作り方を熟知し提案力のある「Video Works」!

VideoWorksバナー②-20231023

簡単なCG動画の制作や、趣味としてであれば個人でCG制作を行っても良いですが、仕事に活かすとなると相応のクオリティや動画制作の知識が求められます。

現在は無料のソフトウェアでも質が高いものが多く、知識を身につけるには良いツールですが、実践となると、プロに依頼することをおすすめします。

フリーランスのクリエイターと出会える「Video Works」なら、CG動画制作にも対応可能です。

Video Worksのサイトに登録して専用フォームに依頼内容や予算を記入し、公開依頼をするだけで、登録クリエイターからの提案がもらえます。

おすすめポイント①:CG動画をはじめ動画制作実績が豊富

Video Worksは、年間1,000件以上の案件を対応しており、CG動画の制作を含め、制作実績を豊富に持っています

全国から様々なスキルを持ったクリエイターが10,000名以上登録しているため、動画制作に関するあらゆる案件に対応可能。

提案数だけでなく、提案力も高いクリエイターが多いため、自社のニーズに沿いながらも、より質の高い動画制作が目指せます。

▶ 業界最大級の実績と高い提案力で、高クオリティな動画が制作できる

Video Works制作実績①:リストグループ クリスマスグリーディング動画

Video Works制作実績②:コンセプト動画 予約・キャッシュレス決済システム「hacomono」

おすすめポイント②:数万円〜クリエイターに依頼可能

数万円〜の費用でプロのクリエイターに依頼ができることも魅力です。

丸ごとの動画制作の依頼から、CG部分だけ、アニメーションだけ、編集だけといったスポットの依頼も可能です。

また、間に代理店を通さないため余計なマージンが発生せず、適正価格での依頼ができるため、数万円〜でプロクオリティの動画を制作できます。

自社内製では不安だった部分をプロにカバーしてもらうこともできるので、初心者にも安心ですね。

▶ 自社の予算や制作の希望に合わせて、クリエイターと二人三脚で動画制作できる

おすすめポイント③:最短即日で発注できる

おすすめポイントの3つめが、依頼から最短即日で発注できるスピーディーさです。

現在、10,000名を超えるクリエイターが登録しているため提案が集まりやすく、最短5分で提案がもらることも。

クリエイターと条件が合えば即日発注までできるスピード感も、プロジェクトを円滑に進めていくなかでメリットになります。

動画制作初心者の方にもご利用いただけるよう、専任のコンシェルジュにより利用サポートもあるので、安心してご相談、ご依頼いただけます。

▶ タイトなスケジュールにも対応できるクリエイター数の豊富さ

まとめ 〜CG動画の作り方を知って初心者はプロと一緒に制作しよう〜

本記事では、CG動画の作り方やメリットを解説しました。

また、これからCG動画制作を学びたい方は、紹介した内容を参考に、無料のソフトを使いこなすことから始めてみましょう。

CG動画を仕事に活かせるようになるまでには、時間を要してしまいます。

自社内製を目指す場合も、できるまではプロの力を借りることで、同時に学べる点も多くあるでしょう。

Video Worksなら、企業のニーズに沿った依頼相談や発注にも柔軟に対応可能です。

思いがけないクリエイターとの出会いもあるVideo Worksで、新たな動画制作の可能性を一緒に広げていきましょう。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。