動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
研修動画

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説
B!
研修内容を動画化するメリットはどんなことがある?」
メリットを活かしながら研修動画を制作する場合のポイントを知りたい」

企業での研修業務でも、短時間で多くの情報量をもたせられる動画を用いることが多くなってきました。

自社でも導入を検討しようと、情報をお探しの研修担当者の方もいらっしゃるでしょう。

ですが、動画を制作したからといって、うまく活用できるとは限りません。

動画運用にはジャンルを問わず、メリットやデメリット、内容に最適な形式などがあり、まずは知識をつけることが推奨されます。

本記事では、研修動画を制作し運用するメリットについて解説します。

研修動画を活用するにあたってのデメリットや、動画に向いている研修内容についてもまとめているので、ぜひ最後までお目通しいただき、内容をお役立てください。

■ この記事の結論 ■
  • 研修動画のメリットは利便性や効果の高さ
  • 制作費用がかかったり動画の導入が適さない場合もある
  • 研修内容に最適な形式やポイントを押さえた動画制作が重要
VideoWorksバナー②-20231023

研修動画を採用するメリット5つ

メリットとデメリットの比較表とビジネスマン

動画自体が生活に浸透していることもあり、研修動画を採用する企業も増えてきました。

研修内容を動画化することで得られるメリットは多くありますが、主に以下の5つが挙げられるでしょう。

学習効果を高められる

研修動画は、視覚と聴覚を同時に刺激することで、受講者の理解を深め、記憶に残りやすくします。

動画は、実際の作業プロセスや手順をリアルに再現できるため、テキストや静止画だけでは伝えきれない細かなニュアンスや、動きを伴う技術を効果的に学習するのに最適です。

また、動画ならではの演出や、実際の職場での事例紹介を通じて、受講者のモチベーションも高められます。

さらに、繰り返し視聴することで理解が不十分な部分を補強できるので、学習効果の最大化も期待できます。

研修内容を均一化できる

研修動画を使用することで、どの受講者も同じ内容を同じ品質で学べることもメリットのひとつです。

講師の個人差や地域差による研修内容のばらつきをなくし、全社員に均一の知識やスキルを提供できます。

また、新入社員研修だけでなく、昇進や異動に伴うスキルアップ研修、安全教育など、さまざまなシーンでの活用が可能。

研修の質を一定に保ちつつ、教育体系を効率的に運用できます。

長期的なコスト削減が期待できる

コスト

研修動画の導入は、初期投資は必要ですが、長期的に見ると大幅なコスト削減が期待できます。

従来の集合研修では、会場費、講師への謝礼、参加者の交通費や宿泊費など、毎回の研修ごとに多額の費用がかかります。

その点、研修動画は一度作成すれば何度も繰り返し使用できるため、現地で対応する研修で繰り返し発生するコストを削減できます。

また、研修の質を一定に保ちながら、全社員に均等な教育機会を提供できることも特徴のひとつです。

ですが、事業や研修の規模によっては動画を用いない方がコストがかからない場合もあるので、状況に応じて判断するようにしましょう。

時間や場所を選ばず受講できる

研修動画は、通信環境があれば時間や場所に縛られずに受講できる自由度の高さもポイントです。

勤務時間が不規則な社員や、遠方に住む社員も、移動時間や場所を気にすることなく、自分のライフスタイルに合わせて研修を受けられます

また、研修の受講機会が平等に提供されるため、社員のスキルアップやモチベーション向上にも繋がるでしょう。

自分のペースで学べる

研修動画は、受講者が自分のペースで学習を進められるというメリットもあります。

繰り返し視聴が可能なため、理解が不十分な部分を何度も確認できるほか、理解しやすい部分は早送りして時間を節約できます

受講方法に柔軟性があることで、受講者の理解度を高めやすく、学習効果の最大化が期待できます。

また、自分のペースで学習できることで、学習意欲の向上にも繋がり、より積極的な学習姿勢を促せるでしょう。

研修動画を採用するデメリット5つ

メリットとデメリットの比較のイメージ

研修動画を採用する際には、その利便性や効率性に注目が集まりがちですが、一方でいくつかのデメリットも存在します。

研修動画の効果を最大限に引き出し組織全体の学習効果を高めるためにも、デメリットそれぞれを理解し、適切に対処することで、研修動画の有効活用につながります。

通信環境に依存しやすい

オンラインとオフライン/選択/サイコロの目を変える手

研修動画の最大のデメリットの一つは、通信環境に大きく依存することです。

動画研修を受けるためには、安定したインターネット接続が必要となりますが、場所によっては通信速度が遅い、または通信制限がかかることもあります。

特に、動画はデータ量が多いため、通信速度が遅い環境ではスムーズに視聴できない場合もあるでしょう。

また、スマートフォンで動画を視聴する場合、Wi-Fi環境がなければ、データ通信量の制限を超えてしまうことも考慮する必要があります。

特にリモートワークやテレワークが普及している現在、より一層重要な課題となっていることも事実です。

初期費用がかかる

研修動画を導入する際には、初期費用がかかることも大きなデメリットです。

高品質な研修動画を制作するためには、プロの動画制作会社に依頼することが一般的ですが、その費用は決して安くありません。

また、自社で動画を制作する場合でも、撮影機材の購入や編集ソフトの導入、さらには撮影や編集に関する知識を持った人材が必要です。

こういった初期投資は、特に中小企業にとっては大きな負担となることがあります

さらに、研修内容が変更になった場合には、動画の修正や再撮影が必要となり、追加のコストが発生する可能性があることも理解しておきましょう。

細かい修正や更新が難しい

研修動画のデメリットのひとつは、一度制作してしまうと、細かい修正や内容の更新が難しい点です。

特に、法律改正や社内ルールの変更など、研修内容を頻繁に更新する必要がある場合、動画の再撮影や編集が必要になり、時間とコストの両面で大きな負担となり得ます。

また、専門的な編集技術を要するため、内製で対応するには限界があり、外部の制作会社に依頼するとさらにコストがかさむことになります。

動画の一部をモジュール化し、必要に応じて容易に差し替えられるようにするなど、対策を講じるようにしましょう。

一方通行になりやすい

矢印・一方通行

研修動画は、基本的に情報の一方通行であるため、受講者が疑問や不明点をその場で解消することができません

そのため、理解不足や誤解が生じる可能性があります。

対面研修のように、リアルタイムでの質疑応答やディスカッションが難しいことや、受講者間のコミュニケーションや情報交換が生まれにくく、学習の深化に欠ける点が課題です。

補完的な措置として、動画視聴後のディスカッションの場を設ける、オンラインでの質疑応答時間を設定するなど、双方向のコミュニケーションを促進する工夫が求められます。

緊張感を保ちにくい

研修動画は、受講者が自分のペースで学習できるメリットがありますが、その反面、緊張感を保ちにくいというデメリットもあります。

自宅や職場で一人で視聴する場合、周囲の目がないため、集中力が途切れやすく、学習効果が低下する可能性があるでしょう。

また、受講者が動画をバックグラウンドで流しながら他の作業を行うなど、研修に真剣に取り組まないケースも考えられます。

こういった問題を解決するためには、動画の途中でクイズやテストを挿入する、視聴完了後に理解度テストを実施するなど、学習の成果を可視化し、受講者の達成感を高め、モチベーションを維持する工夫が必要です。

動画に向いている研修内容とは

虫眼鏡・ひらめきのイメージ

研修も様々あり、内容にあった研修材料を作成することが重要です。

主に研修動画に向いている内容は以下があります。

新人研修

新人研修では、企業文化の紹介や基本的なビジネスマナー、社内ルールなど、新入社員が知っておくべき情報を効率的に伝える必要があります。

動画研修を利用することで、一貫した内容を新人全員に伝えることができ、理解度も高まるでしょう。

また、動画は視覚的な情報が豊富で、実際の職場の様子や先輩社員の声を直接見せられるため、新人が会社に対するイメージを深めやすくなることもメリットです。

さらに、動画ならではの再現性と繰り返し視聴の利便性により、新人自身のペースで学習を進めることが可能です。

作業や操作マニュアル

特定の機械操作や作業手順を学ぶ際、テキストや静止画だけでは伝わりにくい細かなポイントがあります。

動画研修では、実際の操作手順を映像で示すことができるため、視覚的に理解しやすくなります

撮影アングルを変えたりしながらの動画であれば、作業時の目線からの風景を再現できたり、どのような動きをするのかといった細かな情報を伝えられたりなど、動画ならではの学びやすさがあります。

また、動画は実際の作業速度を調整したり、特定の部分を何度も繰り返し見ることができるため、受講者が自分の理解度に合わせて学べる点もメリットで、作業の正確性や効率性を高めることが期待できます。

マナー研修

名刺交換をする男性

ビジネスマナーや接客マナーなど、社会人としての基本的な振る舞いを学ぶ研修にも動画は有効です。

特に、正しいお辞儀の仕方や名刺交換の手順など、視覚的な情報が重要なマナー研修では、動画を通じて具体的な動作を示せます。

動画ならではのリアルな再現性により、受講者は正しいマナーを視覚的に捉え、実際の場面での振る舞いに生かせるでしょう。

また、マナー研修の動画は、新人だけでなく全社員が定期的に見返すことで、社内におけるマナーレベルの維持・向上にも貢献します。

研修動画の種類

動画サイトで勉強しよう!なイラスト素材

研修動画は、その内容や目的に応じて様々な形式で制作されます。

ここでは、特に有効な研修動画の種類としてセミナー形式、マニュアル形式、ドキュメンタリー形式について詳しく見ていきましょう。

セミナー形式

 セミナー形式の研修動画は、講師が実際の研修や講義を行う様子を撮影したスタイルで、新入社員研修や特定のテーマに関する知識の提供に適しています。

講師の話術やプレゼンテーションスキルが動画を通じて直接伝わるため、受講者は講師の熱意や情熱を感じ取ることができます。

また、講義形式であるため、大量の情報を短時間で効率的に伝えることが可能です。

ですが、受講者との直接的な対話やフィードバックの機会が限られるため、理解度を確認するための工夫が必要です。

マニュアル形式

 マニュアル形式の研修動画は、具体的な仕事の流れやサービス、接客のプロセスなどを説明する動画で、特定の作業手順や技術指導、機器の操作方法を具体的に示すのに適しています。

動画であれば、実際の作業の流れをリアルタイムで見せることができ、テキストや静止画では伝えきれない細かな動きや注意点を明確に示せます。

イラストやアニメーションを活用して、作業のわかりやすさ重視で制作しましょう。

ドキュメンタリー形式

ドキュメンタリー形式の研修動画は、企業の文化や働く社員の様子、特定のプロジェクトの進行過程などをリアルに伝えるのに適しています。

ドキュメンタリー形式の動画は、社員の日常や企業の雰囲気を伝えることで、受講者に企業への帰属意識やモチベーションの向上を促します。

また、ストーリー性のある動画内容を通じて、受講者の感情に訴えかける力があり、実際に働く人々の声や経験を通じて、仕事の意義や業務への取り組み方を学ぶことができます。

質の良い研修動画制作のポイント

虫眼鏡・はてな

研修動画は、単に内容をつなぎ合わせて制作すればいい、というものではありません。

動画ならではの利便性を最大限活用しながらも、何よりわかりやすく、受講者が内容を落とし込みやすい内容にする必要があります。

以下のポイントに気をつけて研修動画制作を検討しましょう。

目的やゴールを明確にする

研修動画を制作する際に最も重要なのは、その動画の目的やゴールを明確にすることです。

何を伝えたいのか、受講者にどのような行動を促したいのかを事前にしっかりと定義しておきましょう。

例えば作業研修の動画であれば、「一通りの作業内容を頭に入れてもらう」「細かい作業方法を理解してもらう」などが考えられます。

この目的やゴールが明確でないと、動画の内容がぼやけてしまい、受講者にとっての学習効果も低下してしまいます。

また、目的やゴールを明確にすることで、動画の構成や内容を計画する際の指針となります。

内容やテーマを細分化する

上部にハサミで4つに切り分けて分散されたウッドキューブ

研修動画の内容やテーマを細分化することも重要です。

ひとつの動画に多くの情報を詰め込みすぎると、受講者が情報を消化しきれず、理解度が低下してしまう恐れがあります。

そのため、テーマごとに動画を分けることで、受講者が一つひとつのテーマに集中して学習できるようにしましょう。

また、細分化された動画は、受講者が必要な情報をピンポイントで探しやすくなるため、学習の効率も上がります。

包括的な内容であれば10分前後、細かな作業内容であれば、5分以内ほどにまとめると良いでしょう。

YouTubeなどの配信サービスにあげる場合は、ブックマークをつけるのもおすすめです。

視聴環境に配慮する

研修動画を制作する際には、受講者がどのような環境で動画を視聴するかを考慮することが大切です。

例えば、スマートフォンで視聴する受講者が多い場合は、小さな画面でも内容が理解しやすいように、テキストや図表、テロップのサイズに注意して作成します。

また、通勤中や移動中に動画を視聴する受講者もいるため、音声だけで内容が理解できるように、ナレーションや字幕の活用も検討しましょう。

また、字幕があれば、外国籍の従業員への研修にも便利です。

受講者目線での動画を制作する

研修動画を制作する際には、受講者がどのような情報を必要としているか、どのような形式が理解しやすいかを考慮することが大切です。

受講者の立場に立って、内容が明確でわかりやすい動画を心がけましょう。

また、受講者の関心を引きつけるために、実際の業務シーンを取り入れたり、具体的な事例を紹介したりすることが効果的です。

動画内で質問を投げかけることで、受講者が能動的に内容を考える機会を提供するなどの工夫も大切です。

必要に応じて紙やデータ媒体の資料も作成する

ビジネスイメージ/書類/資料

動画研修は視覚的な理解に優れていますが、すべての情報を動画でカバーすることは難しい場合があります。

また、高齢の従業員の場合は、動画の操作になれない方も多く、動画研修が適していないこともあります。

そのため、動画と併用して、紙やデータ媒体の資料を用意することも検討しましょう

これにより、受講者は動画で得た知識を資料を通じて再確認でき、理解を深めやすく、資料は受講者が後で復習する際の参考にもなるため便利です。

プロに依頼する

研修動画の品質を保証するために、プロの制作チームやクリエイターに依頼することもひとつの方法です。

動画制作のプロは、教育内容の効果的な伝達方法を理解しており、高品質な映像制作技術を持っています。

また、プロに依頼することで、動画の企画段階から制作、編集、配信までの一連のプロセスをスムーズに進められます。

企画から撮影までは自社内製し、編集だけ依頼するのも手です。

費用はかかりますが、投資対効果を考慮した場合、プロに依頼するメリットは大きいと言えるでしょう。

メリットをふまえた研修動画の制作なら「Video Works」へ

VideoWorksバナー②-20231023

動画が生活のなかで当たり前になってきた背景もあり、研修動画を取り入れる企業も多くなりました。

わかりやすさを促進し、紙利用の削減もかなえられるため、多くのメリットがありますね。

ですが、研修内容や研修を受ける世代、業種によってメリットや活用方法は様々です。

「自社に最適の研修動画をどう制作すればいいのかわからない」というご担当の方もいらっしゃるでしょう。

経験豊富なフリーランスのクリエイターを多く紹介している「Video Works」なら、クオリティの高い研修動画の制作が可能です。

ご利用も、Video Worksのサイトに登録後、予算や依頼内容を入力して公開するだけでクリエイターから制作提案がもらえます。

研修動画を含め様々なジャンルの動画制作実績

Video Worksでは、研修動画はもちろん、様々な動画制作の実績が多数あります

現在登録しているクリエイターや企業は10,000名以上、高い提案力と対応力で自社のご要望にあった研修動画制作が可能。

また、過去の実績などスキルはもちろん事前に面談を行い、情報からだけではわからない人柄や対応力についても確認できたクリエイターばかりなので、一定のクオリティも担保できています。

Video Works制作実績

数万円〜プロクリエイターに依頼できる

Video Worksでは、企画から丸ごとの制作依頼からスポット的な依頼まで、幅広く対応しています。

様々なスキルを持ったクリエイターが登録しているため、「撮影まで自社で行うので、編集だけお願いしたい」「ナレーション制作だけ依頼したい」「企画立案から丸ごと対応してほしい」など、あらゆる動画制作に関する依頼に対応可能です。

また、間に余計なマージンを含まないためクリエイターに適正価格で直依頼できるため、案件や依頼内容によって数万円〜依頼できることも。

専任のコーディネーターによるクリエイターの提案や、相談しながらの依頼にも対応しているので、動画制作になれていない方でも安心してご依頼いただけます

最短即日で発注可能

案件依頼から最短即日で発注できるため、お急ぎのご依頼も相談いただきやすくなっています

多くのクリエイターが登録しているため提案が集まりやすく、Video Works内で相見積もり&コンペができるため、手間がかからず早めに発注できます。

そのため、「見積もりや問い合わせの手間や時間がもったいない…」「急ぎの案件のため、クリエイター条件に合うクリエイターを紹介してほしい」という方に特におすすめです。

発注前にテレビ通話等でクリエイターと直接相談や内容のすり合わせもできるので、一度話し合ってから決められるため安心です。

まとめ 〜研修動画は利便性や自由度の高さがメリット〜

本記事では、主に研修動画のメリットについて解説しました。

時間や場所を選ばずに、スマホやタブレット、パソコンから閲覧できる利便性や資料持ち歩きの荷物が少ないこと、また、内容の理解のしやすさなどがメリットでした。

メリットがある一方でのデメリットとして、制作の手間や通信環境、双方向性の希薄さがあげられました。

ですが、ある程度の予算や手間がさければ、かなり有益なツールです。

紙媒体の資料で補足したり、動画視聴だけではなく、受講者への質疑の時間を設けたりと工夫することで、自社に合った研修動画の運用が可能です。

ぜひ記事の内容を参考に、自社での研修動画の活用をご検討ください。

また、動画制作にお困りのことがありましたら、「Video Works」までご相談ください。

予算やご要望に沿いながらも、ワンランク上の動画制作をお手伝いいたします。

関連記事

動画制作人材探すのに困っていませんか?
フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!...

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

新着記事

動画制作の報酬に源泉徴収は必要?動画編集やフリーランスの場合も解説

動画制作の報酬に源泉徴収は必要?動画編集やフリーランスの場合も解説

失敗しない映像・動画制作会社の重要な選び方!動画制作を依頼する場合のポイントは?

失敗しない映像・動画制作会社の重要な選び方!動画制作を依頼する場合のポ...

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!依頼の際に重要なポイントも解説

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!依頼の際に重要なポイ...

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイントも解説

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイント...

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼す...

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解説

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解...

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解...

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/映像制作/動画編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を動画制作会社/映像制作会社に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみてください。VideoWorksでの動画制作は、動画制作会社/映像制作会社に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。