動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
研修動画

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポイントも解説

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポイントも解説
B!

「研修動画を業者に外注したいけど相場はどれくらい…?」
「研修動画を相場より安く作ってくれる業者はある?」

などなど、研修動画の制作依頼を任された方のなかには、外注で制作依頼を出したら相場がどれくらいになるか気になる方は多いですよね。

予算はある程度あったとしても、できるだけコストは抑えたいことでしょう。

今回はそんな方に向けて、研修動画の費用相場を詳しく解説していきます。

記事後半では研修動画の制作費用を安くするポイントも解説しまうので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

VideoWorksバナー②-20231023

研修動画の費用相場を種類別で解説

研修動画といっても種類はさまざま。

ここでは主要3パターンの動画について制作したときの費用相場を解説します。

研修動画の種類 制作依頼を出したときの費用相場
セミナー型動画 約5〜15万円
マニュアル型動画 約5〜15万円
ドラマ型動画 約80〜200万円

セミナー型動画の費用相場

セミナー型研修動画の制作にかかる費用の相場は一般的に「約5〜15万円」とされていますが、撮影内容や場所により変動します。

研修には一般的に約30分程の講義が含まれ、その撮影には通常1台のカメラを用いるのが特徴的です。

セミナー型研修動画をさらに効果的に活用する方法として、eラーニングという学習管理システムを付加することも考えられます。

eラーニングは電子教材を用いた学習を可能にし、学習内容の理解度をテストしたり、受講者同士のコミュニケーションを促進したりするためのプラットフォームです。

eラーニングシステムを導入する場合、研修動画の制作費用に加えて月額の利用料が発生します。

利用料はサービス提供者によりますが、一般的には3〜8万円程度が相場となっています。これにより受講者の学習履歴や達成度の確認、テスト作成など、研修内容の定着度を向上させるための機能を利用できます。

マニュアル型動画の費用相場

マニュアル型研修動画の制作にかかる費用の相場は、ビデオの内容や長さ、編集作業の量によりますが「約5〜15万円」が一般的です。

その内容は細かな手順や作業プロセスの解説から、複雑な動きも含めた具体的な方法の提示まで、幅広くカバーします。そのため動画制作費用は比較的高価となりがちです。

しかし動画の時間が長くなると編集作業が複雑になり、フッテージや資料の追加が必要になるため、費用相場は約10〜30万円に上がる可能性があります。

たとえば価格を抑えるために一台のカメラを固定し、講師の一方的な解説となるような場合、5〜15万円の費用相場となります。それに対し、より高品質で視覚的に訴える動画を制作するには、カメラマンの人件費や編集作業の増加により10〜30万円の費用が必要となります。

その一方で、よりわかりやすく伝えるために、字幕やナレーションを付加したり、イラストやグラフを挿入したりすると、その分追加費用が発生します。しかし、これらの手段によって、視覴者が容易に理解できる研修動画を提供することが可能になります。

高価な費用を投じてでも、視覴者にとって分かりやすい動画を制作することが最優先の目標、という点について理解が深まれば幸いです。

ドラマ型動画の費用相場

ドラマ型研修動画は、現場の仕事をリアルに描くために、従業員と共に働く日常を撮影する密着取材スタイルや、プロのキャストを起用してリアルな状況を再現します。

その結果、より分かりやすく鮮明なイメージをみんなに伝えられ、研修の効果を大いに高められます。

このようにリアリティを追求した映像製作には、それなりの制作費が必要となります。

なぜならプロのキャスト引き立てなどによる人件費や、高品質な撮影や編集にかかるコストなどが発生するからです。一例として、動画制作だけの費用でも最低でも80万円以上は見込む必要があります。

さらに、全景を撮影するために特殊機材(ドローンなど)を使う場合などは、費用はさらに上昇します。総額で言うと一般的には「約80〜200万円」となることが多いです。

そのため、細部まで再現した高品質なドラマ型研修動画を作成するためには、少なくとも100万円以上の予算を見込んでおくとよいでしょう。

しかし一方でこの費用は、動画の質や効果に直結します。美しい映像やリアルなストーリーを通じて、従業員の理解度を向上させる効果が期待できるからです。

まとめると、ドラマ型研修動画制作には高額な費用がかかりますが、その効果はそれだけの価値があるといえるでしょう。

研修動画の制作における費用内訳

研修動画の制作には主に「企画・ディレクション費」「動画制作費」「諸経費」の3点がかかります。

これら費用について、詳しく解説していきます。

企画・ディレクション費

研修動画の制作にはさまざまなステップがあり、それぞれで追加費用が生じます。

そのなかでも最初の重要なステップとなるのが企画作業。これは通常プロデューサーやディレクターがおこないます。研修動画の目標、コンセプト、台本、スケジュール等を設定するのが主な業務です。

企画費とは、このような作業にかかる費用のことを指し、進行管理の中でも重要な位置を占めます。

高品質な研修動画を作るためには、これら要素を確実に押さえながら進行することが重要。

従ってプロに依頼することで、より高い効果を得られます。企画費は概ね5万円以上が見込まれます。

さらに、ディレクション費も重要なポイント。これは研修動画の企画構成やディレクションをおこない、制作会社のディレクターやプロデューサーの人件費を含みます。

研修動画の内容や進行スケジュールを決める要素であるため、ディレクション費は最低でも3万円以上が必要と考えておくと良いでしょう。

動画制作費

動画制作費の相場は約15万円からと考えられます。なお研修動画の制作費は、大きく2つのパートに分けられます。

1つ目は撮影費で、ここにはスタッフの人件費(例えば、カメラマンや照明、音声などの専門スタッフ)、使用する機材のレンタル費などが含まれます。

撮影内容やその規模によって金額は前後するため、具体的な予算はプロジェクトごとに異なるでしょう。

2つ目は編集費です。これには動画編集作業や吹き替え、テロップ挿入などのポストプロダクション作業が含まれます。

また撮影場所がスタジオ以外である場合や、編集の難易度によっても費用は変動します。

諸経費

撮影機材費、美術費、音響効果費、マスターデータ作成費、また撮影にスタジオが必要な場合はその手配費用も考慮する必要があります。

初見では「意外と多いな」と感じるかもしれませんが、これらの費用は動画内容や撮影規模によって変動し、制作会社による金額の差はあまり見られません。

また諸経費には撮影機材や音響効果、そしてナレーションなどの費用も含まれ、これらはプロジェクトの規模や内容に応じて増える可能性があります。

たとえば使用するカメラの台数やBGM、ナレーションの挿入が増えれば、当然ながら諸経費も増加します。それらを考慮に入れると、諸経費の相場はおおよそ10万円以上と考えることができます。

研修動画の品質を高めたい、より多くの人材を投入したいといった要望がある場合、それに伴う諸経費の増加を覚悟する必要があります。

そのため、動画制作の企画段階からしっかりと予算を考えることが重要となります。

研修動画の制作費用を安く抑えるには?

研修動画の制作を外注すると、「企画・ディレクション費」「動画制作費」「諸経費」とさまざまな料金がかかります。

ではこれらを安く抑えるにはどうするのが良いのか、具体的なポイントは以下のとおりです。

  • 研修動画の尺を短くする
  • 自社で企画をする
  • フリーランスに動画制作を依頼する

研修動画の尺を短くする

制作費用を抑えたいならば、まず研修動画の尺を短くするという手段が効果的です。

一般的に動画の尺が長いほど制作や編集にかかる手間と時間、そしてそれに伴う費用が増える傾向にあります。

具体的には動画の尺が短くなると、テロップ、BGM、ナレーションの挿入箇所が少なくなり、それらの制作工数が削減できます。

これによって、全体のコストを抑えられます。

ただしこの方法はすべてのケースに当てはまる訳ではなく、見る人の目線からすると動画の長さがわかりやすさにも影響します。

重要な内容を短くまとめた動画は効率的ですが、内容が多すぎて理解しにくいということは避けたいため、制作会社としっかりと相談しながら、本当に伝えたいポイントに絞って動画の尺を計画することが大切です。

自社で企画をする

研修動画の制作費を削減するにあたり、企画やディレクションを自社でおこなうのも効果的です。

制作会社に企画全般を依頼すると、それに伴う費用が当然発生します。

そのためアニメーション動画のコンセプト設定やストーリーテリング、さらには一部の撮影や編集作業を自社で担当することで、必要となる外部人材の数を減らし、全体のコストを抑えられます。

ただしこうした企画作成・作業には、専門的な経験や技術が求められます。

そのため自社でこれらのタスクを行う際には、十分なリソースと該当分野の経験者がいることが前提となります。

自社内でこれら条件を満たす場合、可能な限り自社で企画を進めて費用を抑えることを検討してみましょう。

フリーランスに動画制作を依頼する

研修動画の制作費用を抑える方法として、フリーランスや個人クリエイターに依頼するという選択肢も考慮に入れてみてください。

個人やフリーランスに制作を依頼すると、制作会社を利用するよりもコストが抑えられる傾向にあります。

フリーランスは企画からディレクション、撮影、編集といった制作全社を一手に担うケースが多く、その結果人件費や外注費を削減できます。

しかし個人の能力や実績はその人により異なります。制作会社での経験が豊富な者、独学で習得した者、それぞれにメリット・デメリットがあります。

そのため誰に依頼するかを決定する前には、その人の実績や評価を十分に確認することが重要となります。

費用面で便利なフリーランスに依頼する際は、信頼性とクオリティの確保が重要です。

結果として提供される動画の品質は依頼する個人の能力に大きく依存します。

信頼できてかつ実績を持つフリーランスを選ぶことで、コストを抑えつつ高品質な研修動画を手に入れられます。

研修動画の制作・依頼なら「VideoWorks」へ

VideoWorksバナー②-20231023

VideoWorksのおすすめポイント①研修動画の制作実績が豊富

VideoWorksではあらゆるジャンルの動画を制作してきており、研修動画の制作実績も豊富。

またVideoWorksでは国内最大級10,000名の、プロダクションから独立した優秀なクリエイターが登録しており、ハイクオリティな動画を制作してくれます。

VideoWorksのおすすめポイント②数万円から研修動画の制作を依頼できる

動画クリエイターに研修動画の制作を直接依頼できるため、動画内容によっては費用相場の半額以下で依頼できます。

今回紹介したように個人クリエイターへ制作依頼を出すことで、映像制作会社に直接依頼するよりも抑えられます。

VideoWorksのおすすめポイント③最短即日で動画を発注できる

VideoWorksでは10,000名近くの動画クリエイターをかかえているため、クリエイターからの提案が数時間で集まります。

そこで最短即日で対応できるクリエイターが見つかるとすぐに発注可能。

スケジュールがタイトでお急ぎの方でも、まずはVideoWorksにおまかせください。

VideoWorksでの研修動画の制作に関するよくある質問

ここでは、VideoWorksのユーザーが研修動画の制作を依頼する際、実際に寄せられた質問をピックアップして紹介します。

ぜひVideoWorksに制作を依頼するにあたっての参考にしてください。

アーカイプ動画の制作はできますか?

はい。VideoWorksではアーカイブ動画の制作もできます。

ユーザーより要望をいただき、そのうえで制作いたします。

カメラの台数など制限はありますか?

必要なカメラ台数についてはご要望に合わせて調整できますので、ご安心ください。

制作内容の相談から乗っていただけますか?

問題ございません。

ご提案ベースで進めさせていただきます。

指定の日付で撮影対応可能ですか?

はい。VideoWorksでは指定の日付で撮影可能です。

VideoWorksでは2万名近くのクリエイターが登録しておりますので、スケジュールの空いている動画クリエイターを調整・ご提案します。

写真撮影も依頼できますか?

もちろん、写真撮影もあわせて依頼できます。

たとえばパンフレットや垂れ幕の制作も一緒にご依頼いただけます。

まとめ~研修動画の費用相場は「5万円~200万円」~

今回は研修動画の制作にあたっての、費用相場を詳しく解説してきました。

研修動画の場合、動画のパターンによって費用相場は異なります。

研修動画の種類 制作依頼を出したときの費用相場
セミナー型動画 約5〜15万円
マニュアル型動画 約5〜15万円
ドラマ型動画 約80〜200万円

制作してもらいたい動画の種類に応じて費用相場は異なりますから、企業の目的・方向性や、制作動画の費用対効果を考慮した制作を検討してみましょう。

なお研修動画の制作なら、制作実績が豊富な「VideoWorks」へぜひお気軽にご相談ください。

関連記事

動画制作人材探すのに困っていませんか?
フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

新着記事

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイントも解説

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイント...

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼す...

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解説

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解...

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解...

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも...

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/動画編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を動画制作会社/映像制作会社に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみてください。VideoWorksでの動画制作は、動画制作会社/映像制作会社に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。