動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
研修動画

研修動画の作り方まとめ!形式や制作で大事なポイントも解説

研修動画の作り方まとめ!形式や制作で大事なポイントも解説
B!

「効果的な研修動画はどうやって作ったらいい?」
「自社の内容にあった研修動画の制作方法を知りたい!」

社員やアルバイト教育で用いられる研修動画の制作において、このようにお悩みの担当者もいるでしょう。

動画は文章だけの研修よりも理解しやすく、効率も良いため多く用いられています。

ですが、わかりやすい研修動画をどう作ればいいのか、何に気をつけて制作すればいいのかわからない、という方もいますよね。

そんな方に向けて、本記事では受講者に伝わる研修動画の作り方を解説します!

研修動画で用いる形式や、大事な制作ポイントなどもまとめていますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

VideoWorksバナー②-20231023

研修動画とは?

研修動画は、社員教育に用いられる動画コンテンツで、基本的な業務知識や社内ルール、ビジネスマナーなどさまざまな内容を含んでいます。

また、従来の講義形式の研修と異なり、好きな時間に何度も学習できるメリットも。

研修動画の内容は業種によってさまざまで、例えば接客業であれば、扱っている商品やサービスに関する説明、お客様への対応方法やマナーなどの内容が用いられるでしょう。

本格的に仕事に従事するための最低限の知識を学べる、便利なコンテンツが研修動画です。

研修動画の活用法

研修動画の活用法は多岐にわたり、新入社員やアルバイトの教育、全従業員向けのコンプライアンス研修、サービスの使用方法の説明などが含まれます。

また、採用活動においても、求職者が入社後の環境をイメージしやすいよう「こんな研修を行っています」と研修動画を用いて紹介することがあります。

研修動画には様々な形式が存在し、講義録画、ドキュメンタリー形式、実写やアニメーションを使ったマニュアル形式などがあり、どの形式を用いるかは、伝えたい内容や目的によって選びましょう。

研修動画のメリットと効果3つ

研修に動画を用いるメリットや効果は主に以下の3つです。

  1. 学習効果を高められる
  2. 場所や時間に囚われず受講できる
  3. 研修クオリティを均一化できる

学習効果を高める

研修動画は動画と音声を組み合わせることで、テキストだけでは難しい動きやプロセスを効果的に伝え、学習効果を高めます

特に複雑な業務内容や手順の説明において、イラストを利用したり、BGMやナレーションを絡めた動画は、学習効果を高めるのに一役買っています。

動画を用いることで視覚と聴覚を同時に使用するためイメージしやすく、より深く理解したり、記憶に残りやすくなったりするメリットがあるのです。

若い世代の活字離れが指摘されていることもあり、見慣れている動画を用いることは、学習への興味を引きつつハードルを下げる効果も期待できます。

場所や時間に囚われず受講できる

研修動画のもう一つの大きな利点は、場所や時間を選ばず学習できる手軽さです。

動画を用いることで、企業側としては研修受講者と講義者のスケジュールを調整したり、講義会場を抑えたりする手間が省けます。

研修受講者にとっても、自身のペースで学び、繰り返し視聴することによって、より理解を深められるでしょう。

特にテロップを多く用いた動画の場合は、内容を見直したい場合に見たい項目に移動しやすく、かつ音声を出しにくい環境でも要点を把握しやすくなります。

アルバイトへの研修を含めた場合等、さまざまな就業背景を持つ方への研修が多い場合は、動画視聴のシチュエーションを考慮し、適切な研修動画を制作しましょう。

研修クオリティを均一化できる

研修動画は、講師の個人差による研修品質の差を抑え、均一化できます

全ての研修受講者が同じ質の情報と知識を得ることができ、社内での認識の統一や業務の効率化をはかれます。

また、研修の標準化により、新しい従業員が迅速に業務を開始できる体制が整い、長期的な人材育成にも効果的です。

さらに、動画を制作する手間がかかったり、外注する場合はまとまった出費がでたりしますが、研修にあたっての講師の必要性が低減することで、長期的に見た場合の研修にかかるコスト削減も期待できるでしょう。

研修動画の種類と特徴

研修動画といっても、動画の形式はひとつではありません。

それぞれの用途に適した動画のパターンを選択する必要があります。

どのような動画の形式があるのか見てみましょう。

  • セミナー形式
  • マニュアル形式
  • ドキュメンタリー形式

セミナー形式


セミナー形式の研修動画は、講師が実際の研修や講義を行う様子を撮影したものです。

マナー講習や業務内容説明、企業の理念などさまざまなトピックに対応でき、講師の身振り手振りを取り入れることで説得力を増す効果があります。

この形式では、実際にセミナーや講義に参加しているような臨場感があり、受講者に強い印象を与え、内容の理解を促すことが期待できます。

マニュアル形式


マニュアル形式は、具体的な仕事の流れやサービス、接客のプロセスなどを説明する動画です。

実際の作業の流れを動画で表現することで、テキストだけでは伝わりにくい細部も明確に示すことができます。

イラストやアニメーションを活用し、動画を見ながら作業を学べるよう工夫するとよいでしょう。

この形式は、複雑なプロセスや手順をわかりやすく伝えることができ、特に画面操作や機械の使い方などを説明する際に効果的です。

ドキュメンタリー形式


ドキュメンタリー形式は、社員が働く様子や社長のインタビューなどを撮影した動画です。

注意喚起を促すための研修動画の場合は、上記の例のようにドキュメンタリー形式で再現動画を制作するものも多くあります。

会社のビジョン、歴史、働く環境などを伝えることを目的としており、ストーリー性を取り入れることで視聴者の興味を引くと同時に、親近感を持たせることが可能です。

社員の日常や社内の雰囲気をリアルに伝えることで、新入社員アルバイトが、働く自分の姿を具体的にイメージしやすくなります。

また、職場の実際の様子を垣間見ることで、従業員のモチベーションを上げ、社内の一体感を生みやすくする効果も期待できるでしょう。

研修動画の作り方

実際に研修動画を撮影する手順をまとめると、以下のようになります。

  1. 動画の目的設定と企画立案
  2. 動画の構成とシナリオ作成
  3. 撮影と編集

研修動画の種類ごとに、上記の手順を解説します。

セミナー形式

セミナー形式は撮影した素材の切り貼りは少ないですが、その分講師がスムーズに話をし、受講者に伝わるようなシナリオ作成が求められます。

動画の目的設定と企画立案

目的を明確にし、講義の内容を計画しましょう。

研修の対象者や達成したい効果を考慮し、教育したいテーマや講師を選定します。

実際のセミナーのように、対話形式やQ&Aセッションを含めても良いですね。

動画の構成とシナリオ作成

動画の構成では、いわゆる見出しや目次部分を考えます

大まかな流れや構成を練るために、動画で伝えたい事柄を書き出し、丁寧に情報を整理しましょう。

シナリオは、講義の流れや重要なポイントに焦点を当てて作成します。

講師の発言や身振り手振り、視覚資料(スライドやグラフ)の使用を考慮に入れ、スムーズに進行できるよう注意を払います。

また、受講者に伝わりやすい話し方、説明の仕方を、リハーサルを通して内容の調整を行うことも大変有効です。

撮影や編集時に困らないよう、細かいところまで確認しましょう。

撮影と編集

明るい照明を確保して講義の撮影を行い、はっきりと自信を持って話しましょう。

編集では、講義の重要ポイントを強調し、必要に応じて視覚資料を挿入します。

セミナー形式は基本的に撮影しっぱなしですが、撮り直した箇所があった場合は、違和感がないように素材をつなげましょう。

受講者が理解しやすいよう、クリアな解説と気が削がれない流れを保持することが重要です。

マニュアル形式

マニュアル形式は、具体的な手順や作業プロセスの説明に適しているため、撮影や録音だけではなく、アニメーション制作が必要な場合もあります。

動画の目的設定と企画立案

実務的なスキルや手順について、どの作業やプロセスを、どのように説明するかを計画します。

マニュアル形式での研修動画は、主に受講者が動画を見ることで特定の作業を正確に実行できるようにすることが目的です。

具体的な業務の流れや手順、重要なポイントを明確にし、受講者が実務に活かせる内容を目指しましょう。

動画の構成とシナリオ作成

作業の手順を段階ごとに分けて構成を作成し、各ステップの説明方法やシナリオを決定します。

アニメーションを使用する場合は絵コンテを、実写の場合は撮り方やカット割などの詳細な撮影計画を作ります。

アニメーションを用いる際には、目的を明確にしましょう。

例えば、複雑なプロセスを簡潔に説明する、言葉の説明では難しいポイントを視覚化するなど、メインになる受講者の世代や目的に合ったアニメーションのスタイルを選ぶ必要があります。

シナリオ作りは、手順の説明を明確かつ簡潔にできるように心がけましょう。

撮影と編集

手順の正確さと分かりやすさを重視し、実際の作業プロセスを撮影しましょう。

撮影の仕方や画角に迷う場合は、余力があれば何パターンか撮影しておくと、編集時に選択の幅が広がります。

編集では手順の順序を明確にし、必要に応じてテロップや図解を挿入して説明を強化します。

ナレーション台本を微調整し、映像編集をしながらナレーション録りも行いましょう。

できれば反響などがない環境で、クリアな音声を録音し、ノイズもできるだけ取り除きます。

適切なBGMを加えることでテンポも良くなり、受講者が動画の内容に入りやすくなります。

ドキュメンタリー形式

講義や説明動画とは異なるドキュメンタリー形式は、見せ方を工夫したりストーリーを組み込んだりすることで、自分ごとにしやすいメリットがあります。

動画の目的設定と企画立案

研修動画でドキュメンタリー形式を用いる場合は、企業文化や働く環境の紹介、社員の様子や仕事経験の共有を主な目的とします。

リアルな職場の様子や社員の声を動画内で見聞きすることで、企業で働く人間にフォーカスしながら業務を理解できます。

受講者に企業に対する理解や親近感を持ってもらえるよう、どういった社員に登場してもらうかもよく検討して選定しましょう。

また、社内の業務研修用だけではなく、注意喚起を促す研修動画も再現VTRのようにして制作すると、自分に置き換えて理解しやすいため有効です。

動画の構成とシナリオ作成

社員インタビューの計画や、1日の業務の流れを追うストーリーラインを作成します。

実際の業務や職場の雰囲気をできるだけありのままに伝えるため、シナリオは柔軟に調整できると良いでしょう。

インタビューなどは時間の操作が難しいため、どの社員のインタビューにどれだけの分数を使うのか、どういった点を盛り込みたいかを明確にし、質問の内容やプロットも作成しておくと役立ちます。

また、研修動画に再現VTRを利用する場合は、その台本も作成しましょう。

撮影と編集

シナリオを元に、実際の職場や社員の活動を撮影します。

業務の流れを追う場合、できるだけリアルな映像が好ましいため、受講者の目線に近いカメラ位置で撮影すると良いでしょう。

撮影中は環境音も入りやすいため、社員にも意識してはっきりめに話してもらうようにしましょう。

再現VTRの撮影は、カメラワークも重要です。

編集では、動画内の流れを整え、受講者の興味を引き、共感できるような内容に仕上げます。

社員の声や日常の風景を効果的に組み合わせ、企業のリアルなイメージを伝えましょう。

再現VTRでは違和感がないように、音声や映像の均一化を含め、より細かい編集が求められるでしょう。

Power Point(パワーポイント)を利用しての動画作成

PowerPointを利用して音声の録音や画面録画を行い、編集することでも手軽に動画が作成できます。

この方法はマニュアル形式で有効で、少ない機材と人材でも作成でき、録り直しも簡単に行える点が特徴です。

ただ、単調になりやすいという面もあるので、なるべく数分の短い動画で、コンテンツや導入サービスの簡単な説明など、複雑ではない内容に用いることをおすすめします。

本格的な動画作成の前の練習として、手順を追ってみるために使用しても良いですね。

実写とアニメーションの動画の違いは?

実写動画とアニメーション動画は、それぞれ異なる強みを持ち、状況に応じて選択することが重要です。

また、効果的に使うことで受講者の理解力を深め、記憶に残りやすくできます。

実写とアニメーションを動画に用いるそれぞれのメリット、デメリットや見え方の違いを確認しておきましょう。

実写形式の特徴

実写形式とは、実際の人物、環境、物体を使用して撮影し動画を作成します。

実際の人物、環境、物体を使用することで、リアルな表情や動作を通じて説得力のあるメッセージを伝えます。

受講者に感情的なつながりを生み出し、共感を呼び起こして記憶しやすくメリットも。

実際の業務やプロセスの詳細な再現が可能なことから、教育や紹介動画に適しているでしょう。

さらに、実際の従業員や顧客の生の声を伝えることも可能で、リアルさが自分ごとに捉えやすくなる効果が期待できます。

実写形式に向いている内容:人間の感情や体験を伝えたい場合や、採用動画、社内研修、製品紹介など

アニメーション形式の特徴

アニメーション形式は、イラストやCGを用いて制作されます。

架空のシナリオやキャラクターを用いることで、印象に残りやすく、伝えたいメッセージを強調する効果があります。

実写撮影が不要なため、時間や場所の制約を受けずに制作できる点も魅力です。

視覚的に魅力的なビジュアルが受講者の注意を引きつけ、オリジナリティに富んだ表現が可能です。

抽象的な概念を具現化して理解を深めたり、実写では堅苦しくなりがちな複雑なプロセスを分かりやすく伝えるのに役立ちます。

アニメーション形式に向いている内容:仕事や業務の紹介・指示、製品概要の説明、複雑なサービスの紹介など

研修動画制作で大事な6つのポイント

ひとえに研修動画といっても、さまざまな用途とそれにあわせた動画形式があることがわかりました。

では実際に研修動画を制作する際に抑えておくべきポイントやコツは何でしょうか。

  • 動画の目的を決める
  • テーマごとに短めの動画を作る
  • 業務内容とポイントを整理する
  • テロップを活用する
  • 閲覧環境に注意を払う
  • 受講者が受け身にならないよう工夫する

①動画の目的を決める

研修動画を制作する際、まず最初に動画の目的を明確に設定することが重要です。

たとえば、新入社員に対する研修動画の場合、目的は「社内ルールを理解してもらう」や「仕事のフローを頭に入れてもらう」などが考えられます。

動画の目的を意識することで、構成も立てやすく、よりわかりやすい効果的な内容を作成できます。

②テーマごとに短めの動画を作る

動画の長さは視聴者の集中力に大きく影響します。

そのため、各テーマやトピックごとに10分以内の短い動画を制作すると良いでしょう。

短い動画は移動時間での視聴や作業中にすぐ確認できるメリットがあり、制作側にとっても撮影や編集の時間短縮につながります。

また、長い動画では時間のコントロールがしにくく、長い分数を見ただけで気負いさせてしまうことも。

短い動画は、受講者の都合に合わせて2つ3つと進めることもでき、細かな区切りを設けることでリフレッシュもできるため、モチベーションの保持に役立ちます。

③業務内容とポイントを整理する

研修動画では、伝えたい業務内容やポイントを事前に整理し、必要なものだけに絞ることが大切です。

例えば、「介護施設のマナー&コンプライアンス」動画では、介護が終わってから施設に戻るまでのフローを再現し、注意点をまとめることが効果的です。

動画が長くなりそうな場合は、複数の短い動画に分けるなどの工夫をしましょう。

④テロップを活用する

テロップを使うことで、動画内で特に重要なポイントを明確に伝えることができ、研修の効果を高めることが可能です。

音声環境が良くない場所での視聴でも、テロップがあれば理解しやすいこともメリットです。

外国人スタッフを雇用している場合は、異なる言語のテロップを用意することも検討しましょう。

ただし、テロップは視聴者が読み取れるスピードで表示することが前提です。

ナレーションもテロップの速度を意識しながら、早くならないように気をつけましょう。

⑤閲覧環境に注意を払う

研修動画を制作する際は、受講者が使用する閲覧環境を考慮することが重要です。

特にスマートフォンでの視聴が多い場合は、テロップの文字サイズなどに配慮が必要です。

また、使用されるブラウザによっては再生に対応していない可能性もあるため、様々な環境でのテストを行うことをおすすめします。

⑥受講者が受け身にならないよう工夫する

研修動画制作においては、受講者が受動的な態度にならないよう、工夫することが重要です。

ひとりでの学習が一方通行になりがちな研修動画では、教育効果を高めるために双方向性を持たせる必要があります。

動画の途中でクイズを挿入し、受講者に考える時間を作ったり、ノートを配布して自分の言葉でまとめるなどすると、受講者を動画の内容に積極的に関与させ、学習への参加意識を高められるでしょう。

また、動画の開始前に前回の内容を復習する時間を設けることで、受講者の記憶をリフレッシュしながら整理させ、新しい学習内容への理解を深める効果も。

研修動画の形式によりアプローチの仕方は異なるので、それぞれに合った効果的な方法を考えてみましょう。

研修動画を外注するなら適正価格で依頼できる「Video Works」におまかせ!

VideoWorksバナー②-20231023

研修動画の制作は、内製化も進んでいます。

自社ですべてまかなえるため、コストや効率、業務スピード、セキュリティ面などでメリットがあります。

ですが、そのための人材を確保したり、動画制作になれている社員がいない場合は、一から知識をインプットし制作しきるまで時間を要します。

また、動画のクオリティとしても自信のあるものは生まれにくく、違和感のある動画の使用は、受講者の理解を妨げてしまうことも。

自社でできることはしたいけど、大事な作業はプロにまかせて、受講者にしっかり情報が届けられる研修動画にしたい方もいるでしょう。

そんな方におすすめなのが、適正価格でプロのクリエイターに依頼できる「Video Works」です!

Video Worksは、動画制作希望者とクリエイターをつなぐ国内最大級のマッチングサービスで、クリエイターに直依頼できるため余計なマージンも発生せず、スムーズなやり取りが可能です。

おすすめポイント①:研修動画の制作実績がある

Video Worksのおすすめポイントひとつめは、研修動画の制作実績も豊富にあることです。

現在登録しているクリエイターや企業は10,000名以上。

得意分野もさまざまなあり、動画ジャンルも多岐にわたり制作を行っています。

過去の実績や他社からの評価も公開しており、クリエイターの選定に役立ちます。

また、過去の実績などスキルはもちろん事前に面談を行い、情報からだけではわからないクリエイターとしての質も確認し登録しているため、一定のクオリティも担保できています。

依頼決定前にクリエイターとの事前打ち合わせも可能なため、人柄や相性なども確かめてから依頼したい、という方にもぴったりです。

ー Video Works制作事例

おすすめポイント②:最短即日で発注できる

もうひとつのポイントは、案件依頼から最短即日で発注できる点です。

Video Worksでは腕利きの人材が多数登録しているため、案件依頼に対して一定数の提案が集まりやすくなっています。

そのため、案件に合うクリエイターとめぐり会いやすく、即日での発注も可能。

できるだけ早く依頼したい、という場合にも、なかなか提案が集まらなくて制作が遅くなってしまう…ということもありません。

また、専任のコーディネイターによるクリエイターの提案も可能なため、動画制作になれていない方も利用しやすくなっています。

依頼からスピード感を持って制作できるのは魅力のひとつです。

おすすめポイント③:数万円〜のスポット依頼も可能

Video Worksでは、企画から丸ごとの依頼からスポット依頼まで、幅広く対応しています。

「動画制作の企画立案から対応してほしい」「実際の撮影・編集を依頼したい」「動画内に挿入するイラストだけ制作してほしい」など、動画制作に関する依頼は何でもご相談いただけます

また、間に余計なマージンを含まないためクリエイターに適正価格で直依頼できます。

そのため、スポット依頼の場合は案件により数万円〜依頼できることも。

動画撮影のためのキャスティング担当や、音声収録スタッフも募ることができるので、「こんな依頼できるかな」とお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください!

まとめ 〜研修動画は受講者の視点にたったポイントを抑えて制作しよう〜

本記事では、研修動画に使用される形式や作り方、ポイントについて解説しました。

コストや外注の手間を抑えられ、便利なツールが増えてきたことで、動画を自社で制作する機会も増えてきました。

研修動画は、受講者にとって理解や知識の大事な入り口となるツールであり、コミュニケーションのひとつでもあります。

しっかりと伝えたい情報を伝えられ、受講者の身になる動画にしたいですよね。

ぜひ記事内で紹介した内容を参考に、適切な研修動画を制作しましょう。

そして、高品質でより理解の進む研修動画を制作したい担当の方は、ぜひVideo Worksへご相談ください!

プロの視点から、より伝わりやすい研修動画にするための提案と制作をいたします。

関連記事

動画制作人材探すのに困っていませんか?
フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

新着記事

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイントも解説

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイント...

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼す...

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解説

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解...

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解...

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも...

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/動画編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を動画制作会社/映像制作会社に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみてください。VideoWorksでの動画制作は、動画制作会社/映像制作会社に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。