動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
タクシー広告

タクシー広告の費用はどれくらい?配信や広告の種類と費用対効果についても解説

タクシー広告の費用はどれくらい?配信や広告の種類と費用対効果についても解説
B!

「タクシー広告を出したいけど、費用がどれくらいかかるか知りたい」
「費用対効果の高い広告を出したいけど、タクシー広告はどんな種類があるだろう?」

プライベートはもちろん、ビジネスシーンで利用することの多いタクシーですが、様々な広告が車内外に掲載されていることに注目したことはありますか?

タクシー広告をはじめとした公共交通機関の広告は、一般的なウェブサイトやSNSの流れていく広告とは異なり、メリットもあります。

ですが、なかなか費用が想像しにくいタクシー広告。

本記事では、そんなタクシー広告の種類や費用相場について解説します!

タクシー広告を利用するメリットや費用対効果を上げるポイントについてもまとめているので、ぜひ最後までお目通しください。

目次

タクシー広告とは

タクシー広告とは、タクシー車内や車体を使用して展開される広告のことで、実は様々な広告形式があります。

一般的な交通広告と比較して、よりプライベートな空間で直接的に消費者にアプローチできるため、高いマーケティング効果が期待されています。

特に、動画広告などの新しい形式の広告が登場し、首都圏を中心に普及していますが、最近では地方でも人気を集めています。

広告の掲出期間も1週間からと短期間でのプロモーションにも対応可能であり、短期集中型の広告戦略に利用されることも多いです。

タクシー広告の種類と費用相場

タクシー広告といっても、実は様々な種類の広告があることをご存知でしょうか。

普段気に留めていないと、タクシー1台につきどれくらいの広告が打てるかわからないですよね。

以下がタクシー広告の種類と各費用相場です。

種類 タクシー1台あたりの費用相場(月額)
デジタルサイネージ(動画広告) 2.5〜5万円
ステッカー広告 約1,000円〜
ボディステッカー広告 5,000〜1万円
ラッピング広告 3.5万円〜
リアステッカー広告 3,500円〜
車窓サイネージ広告 1週間あたり約500万円 / 100台
アドケース広告 約2,000円〜
乗客サンプリング 1部あたり約40円〜
ヘッドレストポスター 1,800円〜
シートベルトカバー 3,000円〜

デジタルサイネージ(動画広告)

タクシー広告の主流として知られているのが、デジタルサイネージ(動画広告)です。

車内の助手席背面に取り付けられたタブレットを介して動画広告が配信され、乗客に直接サービスや商品を訴求します。

費用の相場は、タクシー1台当たり月額2万5,000円から5万円程度です。

乗客の注意を惹きやすく、効果的な広告戦略として注目を集めています。

ステッカー広告

ステッカー広告は、定番なタクシー広告のひとつで、コスト効率の良い方法です。

ドアやリアウィンドウに貼られるステッカーは、乗客のみならず、ほかの運転者や歩行者の目にも入ります。

ドアステッカーは月額約1,000円から、リアウィンドウステッカーは月額約3,500円から利用可能です。

これらは比較的安価でありながら、高い訴求力を持っています。

ボディステッカー広告

ボディステッカー広告は、タクシーの後部座席ドアの外側に掲出される広告です。

ラッピングより小規模でありながら、乗客の乗降車時や、停車時に外から目に止まりやすいため、効果的な訴求が可能です。

費用相場は、1台あたり月額5,000円から1万円程度となっており、中規模の予算でもアプローチが可能です。

ラッピング広告

ラッピング広告は、タクシーの両側面を活用した広告で、大きな広告面積で強いインパクトを与えることができます。

ですが、広告面積が大きいため、ほかの広告と比較してコストは高めです。

一般的な料金相場は、タクシー1台あたり月額3万5,000円からとなっています。

特に注目を集めたい場合やブランド認知度を高めたい場合に適しており、広告以外でもバスや電車などでよく見られます。

リアステッカー広告

リアステッカー広告は、タクシーの後方窓ガラスに設置される広告で、後続車や歩行者に対しても効果的にメッセージを伝えやすくなります。

広告面積が広く、訴求力がありますが、ステッカー広告と比較しても比較的リーズナブルです。

費用相場は、タクシー1台あたり月額約3,500円からとなっています。

車窓サイネージ広告

車窓サイネージ広告は、タクシーの窓ガラスに静止画を投影する新しいタイプの広告です。

2021年に日本で始まった広告で、珍しさから話題性を狙いやすく、周囲の注目を集めやすい特徴があります。

費用相場はタクシー100台で月額500万円程度と高額ですが、そのインパクトはほかの広告手法と比較しても特に高いです。

アドケース広告

アドケース広告は、タクシー車内にパンフレットやポケットティッシュなどを入れるタイプの広告です。

乗客が自由に持ち帰ることができるため、訴求力が高く、興味を持った方に影響を与えやすいため、費用対効果が期待できます。

このタイプの広告は比較的安価で、一般的な相場はタクシー1台あたり月額約2,200円からです。

乗客サンプリング

乗客サンプリングは、タクシーの精算時などに乗客にサンプル商品を手渡す広告方法です。

サンプリングは、栄養ドリンクやウェットティッシュなど、すぐに使用できるアイテムが良いでしょう。

リーズナブルな価格設定で、一般的な相場はサンプル1部あたり約40円からです。

ヘッドレストポスター

ヘッドレストポスターは、助手席や運転席の背もたれに設置される広告で、乗客に直接視認されやすい位置にあります。

比較的安価で設置でき、一般的な相場はタクシー1台あたり月額約1,800円からです。

限られた予算内で効果的な広告を行いたい場合に取り入れたい手法です。

シートベルトカバー

シートベルトカバー広告は、乗客が必ず触れるシートベルトに設置されるタイプの広告です。

乗車時にすぐ目に入るため、効果的な印象を与えることができます。

費用はほかのタクシー広告と比較しても比較的リーズナブルで、一般的な相場はタクシー1台あたり月額約3,000円からです。

タクシー広告のメリットとデメリット

タクシー広告はその特有の広告手法のため、メリットやデメリットも通常の広告とはまた異なります。

それぞれの特徴を把握して、効果的な広告作りや配信を行いましょう。

メリット

閉鎖された空間で広告が目に入りやすい

タクシー広告は、閉鎖的な空間であるタクシー内で展開されるため、乗客の目に入りやすくなります

一般的なウェブサイトやSNS、また同じ交通機関でも、駅のホームなどにある広告は基本的に流れていってしまうものが多く、立ち止まって内容までじっくり見る機会が少ない傾向にあります。

ですが、平均乗車時間が約18分とされるタクシーでは、乗客が広告に接する時間が長く、目的地に着くまでの間に広告をじっくりと見てもらう可能性が高まります。

特に動画広告は、静止画よりも視覚的に目に付きやすく、乗車時間の時間つぶしにもなるため、乗客の注意を引きやすいでしょう。

また、タブレットなどのデジタルデバイスを利用した広告は、現代的な印象を与え、注目度を高める効果も期待できます。

タクシー利用率の多い富裕層や経営層・ビジネスマンに訴求できる

富裕層や経営者層、ビジネスマンといった特定のターゲット層に直接アプローチできることも、タクシー広告のメリットです。

こういったユーザー層はタクシー利用率が高く、特にビジネス関連や高級商品の広告に対して高い関心を持つ傾向にあります。

このため、これらのターゲット層に向けたBtoBの商品やサービスのプロモーションにも適しているでしょう。

費用対効果が期待できる

タクシー広告は、特定のターゲット層に効率的にリーチできるため、広告の出し方によっては費用対効果が期待できるというメリットがあります。

乗客が広告を見る機会が多いことに加え、乗客が広告に興味を持った場合、タクシーの閉鎖的な環境内でその場で情報を収集したり、反応したりする行動を起こしやすく、アプローチしやすいことも特徴です。

アドケースやサンプリングの広告もあり、街中で見知らぬ方にふっと渡されるものより、乗車したタクシー内や運転手から入手した、という経験がより記憶に残りやすくなります。

ですが、タクシー広告では、CTR(クリックスルーレート)やCV(コンバージョン)などの具体的な成果指標を把握することが難しく、広告の効果を正確に測定することができないという問題もあります。

CTRとは、ユーザーに広告が表示された回数のうち、広告がクリックされた回数の割合のことを指し、CVは、Webサイトで得られる最終的な成果を指します。

タクシー広告に絞る場合は問題ありませんが、複数の広告手法と併用する場合は、ユーザーへアンケートを実施するなど、流入経路を把握できるようにしましょう。

デメリット

出稿費用が高い

タクシー広告のデメリットのひとつは、出稿費用の高さです。

特にタクシー車内での動画広告やデジタルサイネージは、設置と運用にかかるコストが高く、低予算での広告活動には向きません。

例えば、タクシー1万台での動画広告の出稿費用は、月額250万円から500万円程度となり、中小規模の企業には負担が大きい可能性があります。

また、最低契約台数の制限がある場合もあり、一定数以上のタクシーに広告を掲出しなければならないため、総コストがさらに上昇することもあります。

動画以外のステッカー広告などは費用が比較的抑えられるので、タクシー広告を利用する場合は検討しましょう。

リーチできる人数が少ない

タクシー広告のもう一つのデメリットは、限られた人数にしかリーチできないことです。

一日にタクシーを利用する乗客数は限られており、特に車内での広告はタクシーを利用した乗客にしか見られないため、リーチできる人数が限定的です。

これに対して、ウェブ広告や他の大衆向け広告手法は、より多くの人々に広告を見せることが可能です。

ですが、タクシーの乗客層とターゲットが合う場合は、不特定多数への広告を行うよりも効果を見込めます。

費用対効果を上げるためのポイント

広告動画の効果を上げるためには、ターゲットに正しく訴求する広告制作と配信方法が不可欠です。

以下のポイントを押さえて、効果的な広告配信を目指しましょう。

タクシー広告の配信会社の特徴を把握する

タクシー広告の効果を最大化するためには、まず配信会社の特徴を理解することが重要です。

各配信会社によって、掲載できる動画の形式や内容の基準は異なります。

たとえば、一部の配信会社では、動画のテイストや実写の割合に特定の制限がある場合があります。

事前に配信会社の規定を確認し、適切な形式で動画を制作することが重要です。

ターゲットや配信エリアを明確にする

ターゲット層や配信エリアを明確にして、広告動画を制作しましょう。

タクシー利用者の層は地域によって異なるため、ターゲットに合わせたエリアでの配信が効果的です。

例えば、ビジネスエリアではBtoBのビジネス関連の広告が、観光地域では多言語対応の観光案内広告が適しているでしょう。

また、地域PRや観光PRの内容も、余暇を求めるビジネスパーソンには刺さるかもしれませんね。

ペルソナをたて、自社がどのように訴求できるか、あらゆる方面から検討してみましょう。

配信環境やタクシー利用者の特徴を活かした動画を制作する

タクシー広告の特性を生かした動画制作も効果を高めるポイントです。

タクシーの車内は比較的閉鎖的な環境であり、乗客は動画に集中しやすいという特徴があります。

このため、視聴者が興味を持ちやすく、記憶に残りやすいクリエイティブな動画を制作することが求められます。

また、特定のタクシー会社によっては音声無しでの配信が基本となっているため、視覚的に訴える動画の制作が必要です。

視聴者の興味を引く動画制作をする

タクシー広告の動画を制作する際には、視聴者の注意を引き付けるための工夫をしましょう。

ターゲットが抱えている問題や悩みにいかにアプローチできるか、というコンセプトのもと、乗客の関心事や流行を反映した内容を取り入れることで、より視聴者に共感を得やすくなります。

動画の冒頭で興味を惹きつける要素を設けることや、ストーリーテリングを取り入れることも効果的です。

効果音やビジュアルエフェクトを適切に用いることで、動画全体の魅力を高めることも大切です。

せっかく動画内容をしっかり見てもらえる機会になるので、少しでも訴求できる内容を詰め込みましょう。

タクシー広告の動画出稿の流れ

タクシー広告の出稿は、通常のWeb広告やそのほかの用途とは少々異なるプロセスがあります。

大まかな流れは同じですが、タクシー広告の特性を理解し、スムーズに作業できるよう流れを把握しておきましょう。

①広告配信の目的や目標を明確にする

まずは、タクシー広告を出稿するメリットや効果をもとに、配信する広告の目的や目標を明確に決めましょう

いわゆる動画制作の「企画」にあたる過程ですが、その後の様々なプロセスを決めていくのに必要です。

この際に予算も決めておくと、よりどのような広告をうつか決めやすくなります。

②広告配信会社を決める

その次に、広告配信会社の選定を行います。

配信会社によって提供されるサービスや料金体系、対応地域、使用するデバイスなどが異なるため、自社のニーズに合った会社を選びましょう。

また、動画広告の間に配信されるコンテンツの種類(例えばニュースや天気情報など)も、広告の効果に影響を与えるため、検討する必要があります。

③ターゲットや配信エリアを決める

次に、ターゲット層や広告を配信するエリアを決めていきます

ターゲット層が明確であれば、より効果的なメッセージや訴求を盛り込みつつ、広告をうつのに適切なエリアでの配信を計画できますね。

どのようなテイストでどのようにアプローチするのか、動画制作の指針にもなります。

例えば、BtoBの製品やサービスであれば、ビジネス街を中心に配信することが効果的です。

若い年齢層の営業職がターゲットの場合はエネルギッシュに、逆に働き盛りで事務などの専門職の方には、雰囲気よりも伝わりやすさを重視したほうが、アプローチできそうですね。

配信エリアを絞ることで予算の調整もできるので、あわせて検討しましょう。

また、各メニューにより配信秒数も異なるので、動画の規格も必ず確認しましょう。

主な配信会社を紹介します。

TOKYO PRIME

TOKYO PRIMEは、サイネージ導入台数60000台、月間リーチ人数3000万人を誇る日本・東京最多台数No.1のタクシー・サイネージメディアです。

広告審査基準を厳格に設け、乗客に快適な映像体験を提供しています。

効果検証では「広告到達度」「広告関心度」「購入意向喚起度」を重視し、ブランディング効果の高さを誇っています。

THE TOKYO TAXI VISION GROWTH

THE TOKYO TAXI VISION GROWTHは、設置台数約12,500台、月間リーチ人数820万人の東京都内最大規模の配信会社です。

動画広告だけでなく、車体ラッピングやサンプリングなど多様な広告展開が可能です。

10.1インチの大画面で高画質・高精細な映像体験を提供し、都内のタクシーユーザーに快適な乗車体験を届けています。

ソニーの配車アプリ「S.RIDE」と連携し、タクシー利用の利便性を高めています。

④動画を制作する

広告配信の詳細が決まったら、実際にタクシーで配信する広告動画を制作しましょう。

動画は、ターゲット層に響くメッセージ性やコンセプトを、オリジナリティを持ったコンテンツに仕上げていくことを目指しましょう

動画の内容は、ターゲット層の興味やニーズを踏まえていることが第一条件で、さらに印象に残りやすい工夫が必要です。

また、タクシー内という限られた空間で視聴されることを意識した動画制作も重要です。

動画の長さや構成、ナレーションの有無、テロップの色や大きさなど、さまざまな要素を検討することで、視聴者の関心を引きつけ、記憶に残る広告を作り出しましょう。

配信会社やメニューによっては、音声なしでの動画のみの場合があります。

その場合はテロップを目立たせたり字幕を入れて文字情報を増やしたり、文字情報がなくても理解できるような世界観や動きを意識しなくてはいけません。

サイネージの大きさで伝わる内容にしなくてはいけないため、見え方にも注意しましょう。

また、YouTubeなどの動画配信プラットフォームでも公開できるよう、動画を仕上げていくと良いでしょう。

タクシー広告を費用対効果を高く制作するなら「Video Works」

VideoWorksバナー①-20231023

タクシー広告といっても、様々な種類とそれぞれ異なる費用がかかることがわかりました。

ほかの広告とは異なり、具体的なプライベート空間を活用しつつ広告を展開するという、少々特殊な媒体です。

タクシー内で配信するサイネージ広告も、しっかりとターゲットをしぼり、タクシーという乗り物を利用する方に合った内容を制作する必要があります。

「Video Works」なら、様々な動画の形態に対応できる、経験豊かなクリエイターが多数登録しています。

映像制作希望者とフリーランスのクリエイターをつなぐマッチングサービスを利用すると、制作会社一社一社に見積もりや問い合わせをする手間が省けます。

おすすめポイント①:タクシー広告をはじめ動画制作の実績が豊富

Video Worksは、タクシー広告でも使用するデジタルサイネージを含め、動画制作の実績が豊富にあることがメリットです。

年間1000件以上の依頼があり、リピーターが多いことがクオリティの高さを示しています。

さまざまなジャンルに精通した数多くのクリエイターが登録しているため、細かなニーズにも対応可能です。

Video Works独自の厳しいスキルチェックにより、業界最高レベルのハイクオリティな制作・業務対応を提供しており、デジタルサイネージ等の見え方や規格に注意を払わなくてはいけない動画も制作しています。

▶ 豊かな経験と知識で視聴者に効果的に訴求できる動画が制作できる ◀

Video Works制作実績①:店内デジタルサイネージ用動画「カンタン美白テク!」

Video Works制作実績②:デジタルサイネージ用動画 ヘアケア商品「ラサーナ」

おすすめポイント②:数万円〜の費用で依頼できる

クリエイターに直発注できるため、数万円からの料金で依頼ができることも魅力です。

依頼は、企画からの丸ごとの制作はもちろん、バナー制作だけ、ディレクションだけ、編集だけとったスポット依頼も可能。

また、代理店を通さないため適正価格でクリエイターに直発注でき、数万円〜で依頼できることもあります。

クリエイターが決めきれない、もっと効率よく依頼先を決めたい、という方は、専任のコンシェルジュによるマッチング提案もできます。

▶ 動画制作費用を抑えることでタクシー広告出稿範囲の可能性を広げられる ◀

おすすめポイント③:最短即日で発注可能

もうひとつのポイントは、依頼から最短即日での発注が可能なことです。

Video Worksには10,000名を超えるクリエイターや制作会社が登録しており、ご依頼に対して一定の提案が集まりやすくなっています。

そのため、お互いに合意がとれれば、その日のうちに発注まで行うことも可能です。

制作会社各社への問い合わせの手間と時間が省けるため効率がよく、同時に相見積もりができるので、自社にあった依頼先が見つけやすくなっています。

▶ 手間と時間が省けるため、もとの業務に集中する時間が作れる ◀

まとめ 〜タクシー広告の費用はタクシー1台あたり1,800円〜5万円以上〜

本記事では、タクシー広告の種類や費用相場について解説しました。

タクシー広告とひとえに言っても様々な種類があり、費用としてはタクシー1台あたり1,800円〜5万円以上でした。

そのなかでも訴求力の高い広告がデジタルサイネージです。

タクシー利用者が視聴者となる広告のため、ターゲットやコンセプトはしぼりやすくなります。

Video Worksなら、費用対効果を高められる効果的なハイクオリティの動画制作が可能です。

動画制作に関するあらゆるご依頼に対応可能なので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。