動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
タクシー広告

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも
B!

「タクシー広告のメリットや効果って何だろう」
「効果の上がるタクシー広告の制作ポイントは?」

など、タクシーでの広告出稿について情報をお探しのご担当者もいらっしゃるでしょう。

通常の動画とは異なり、タクシー内はプライベート空間になり、広告も目に入りやすいという特徴があります。

タクシーの利用層にも特色があるため、うまく訴求できれば、高い費用対効果が期待できます。

そこで今回は、タクシー広告のメリットや効果について解説します!

効果を上げる制作ポイントなども解説しているので、タクシー広告の制作にお悩みの方は、ぜひ最後まで読んでいただき参考にしてみてください。

目次

タクシー広告とは

タクシー広告とは、タクシーの車体や車内をメディアとして活用する広告手法です。

車体に掲出された広告は、街を行き交う人々の目に触れるため、特に人通りの多い地域では高い広告効果を発揮します。

特に車体全体を使ったラッピング広告は視認性が高く、強いインパクトを与えられます。

車内広告であれば、乗客は移動中に広告にじっくりと目を通す時間を持てるため、広告自体も細かな情報を伝えることも可能です。

また、タクシー広告は掲出期間も柔軟に設定でき、1週間からの短期間での掲出も可能です。

そのため、期間限定のキャンペーンやイベントのプロモーションにも適しており、短期集中型の広告戦略として活用されるこも多くあります。

【タクシー広告の種類と費用】

種類 内容 費用
デジタルサイネージ 車内の助手席背面に取り付けられたタブレット上で配信される広告動画 2.5〜5万円
ステッカー広告 ドアやリアウィンドウに貼られるステッカー広告 約1,000円〜
ボディステッカー広告 タクシーの後部座席ドアの外側に掲出される広告 5,000〜1万円
ラッピング広告 タクシーのボディ両側面を活用した広告 3.5万円〜
リアステッカー広告 タクシーの後方窓ガラスに設置される広告 3,500円〜
車窓サイネージ広告 タクシーの窓ガラスに静止画を投影する広告 1週間あたり約500万円/100台
アドケース広告 タクシー車内にパンフレットやポケットティッシュなどを入れるタイプの広告 約2,000円〜
乗客サンプリング タクシーの精算時などに乗客にサンプル商品を手渡す広告 1部あたり約40円〜
ヘッドレストポスター 助手席や運転席の背もたれに設置される広告 1,800円〜
シートベルトカバー 乗客が必ず触れるシートベルトに設置されるタイプの広告 3,000円〜

タクシー広告のメリットや効果・デメリット

タクシー広告は、ほかの広告と比べてもかなり多くの種類があり、少々特殊な広告手法です。

タクシーが持つ特徴とともに、広告出稿の効果やメリット、またデメリットについて確認しておきましょう。

メリット

限定された空間と時間で広告が乗客の目に入りやすい

タクシー広告は、その限定された空間と乗車時間という特徴から、乗客の注意を効率的に引きつけることができます。

閉鎖的な車内では、ほかの媒体に比べて視聴者の逃げ場がなく、広告が目に入りやすくなります

特に、デジタルサイネージやタブレットを用いた動画広告は、静止画に比べてより強いインパクトを与え、視覚的に引きつける力が強いです。

乗車中の乗客が退屈しやすい時間を利用して、企業やサービスの情報をじっくりと伝えることが可能になります。

富裕層や経営層・ビジネスマンに訴求できる

特定の富裕層やビジネスマンといったターゲット層にも、タクシー広告は非常に効果的です。

富裕層やビジネスマンといった層は頻繁にタクシーを利用するため、乗車中に広告に接する機会が多いです。

特にBtoBの商品やサービス、高級商品や投資商品など、この層に響く内容の広告には最適な媒体と言えるでしょう。

ビジネスマンや経営者層に直接アプローチできる点は、タクシー広告ならではの強みです。

広告内容によっては高い費用対効果が期待できる

タクシー広告は、内容や配信方法を工夫することで、高い費用対効果を期待できます。

例えば、アドケースやサンプリングといった手法を利用することで、記憶に残りやすく、効率的な広告効果を生み出すことが期待できます

ただし、広告の効果測定は他の媒体に比べて難しい面もあるため、明確な成果指標を設定し、効果を定量的に把握する努力が必要です。

戦略的な広告設計と運用によって、タクシー広告はその限定された空間を最大限に活用し、ターゲット層に強く訴求することができるでしょう。

デメリット

広告出稿費用が高い

ターゲットに直接アプローチできる一方で、出稿にかかる費用が高いことがタクシー広告のデメリットのひとつです。

特に、タクシー車内での動画広告やデジタルサイネージを利用する場合、設置と運用に必要なコストがかかるため、特に中小規模の企業にとっては大きな負担となる場合があります

動画広告の出稿費用は、タクシーの台数や期間にもよりますが、かなりの金額にのぼることがあり、全ての企業が手を出せるものではないでしょう。

このため、タクシー広告を利用する際は、費用と効果のバランスを慎重に考える必要があります

リーチできる人数が少ない

タクシー広告のもう一つのデメリットは、リーチできる人数が比較的少ないことです。

タクシーは個室空間であり、同一車両に乗車する乗客数は限られています。

特にタクシー車内での広告は、そのタクシーを利用した乗客にしかリーチしません。

これに対して、ウェブ広告や他の交通広告と比較すると、リーチできる人数が限定的になる傾向があります。

ただし、タクシー広告を適切にターゲット設定し、特定の層に効果的にリーチできれば、その限られたリーチ内でも高い効果を期待できるでしょう。

タクシー広告の出稿方法

広告の掲載や配信方法に特殊性があるタクシー広告は、出稿方法も通常の広告の出し方とは異なる点があります。

正しい出稿方法を把握し、スムーズに制作対応できるようにしましょう。

①広告配信の目的や目標を明確にする

タクシー広告を出稿する際、まずは配信する広告の目的や目標をはっきりさせることが重要です。

動画制作の企画段階にあたり、後の多くのプロセスを決めていくための基盤となる設定です。

予算の設定もこの段階で行うと、どのような広告をうつかがより明確に決定しやすくなります

目的や目標を明確にすることで、動画のメッセージ性やコンセプトを確実に反映させることができ、効果的な広告配信へとつなげることができます。

②広告配信会社を決める

次に、配信する広告に最適の配信会社を決めます。

配信会社によって提供されるサービス、料金体系、対応地域、使用するデバイスが異なるため、自社のニーズに合った会社を選びましょう。

また、動画広告の間に配信されるコンテンツの種類も、広告の効果に大きく影響を与えます。

そのため、各社のサービス内容を詳細に検討し、自社の広告戦略にマッチしたパートナーを選定することが肝心です。

③ターゲットや配信エリアを決める

ターゲット層や広告を配信するエリアの選定も、タクシー広告の効果に大きく影響を与えます。

ターゲット層が明確であれば、より効果的なメッセージや訴求を盛り込んだ広告を配信できます

また、エリアに応じて、BtoBやBtoCなど異なるニーズに応じたアプローチが可能です。

TOKYO PRIME

TOKYO PRIMEは東京で最も広く配信されているタクシー・サイネージメディアです。

サイネージ台数60,000台、月間リーチ数3000万人という圧倒的な規模を誇り、乗客に対して高品質な映像体験を提供しています。

厳格な広告審査基準により、乗客が快適に広告を視聴できる環境を整えており、そのため広告の到達度や関心度、購入意向喚起度といった指標を重視した効果検証によって、高いブランディング効果を達成しています。

TOKYO PRIMEは、大規模なリーチと質の高い広告体験を求める企業にとって理想的な広告媒体です。

THE TOKYO TAXI VISION GROWTH

THE TOKYO TAXI VISION GROWTHは東京都内最大のタクシー広告配信会社で、設置台数約12,500台、月間リーチ人数820万人にのぼります。

動画広告のみならず、車体ラッピングやサンプリングなど、多様な広告展開を提供することが可能です。

10.1インチの大画面を用いた高画質・高精細な映像は、タクシー利用者への広告の印象を深めてくれるでしょう。

また、ソニーの配車アプリ「S.RIDE」との連携により、タクシー利用の利便性も向上しています。

THE TOKYO TAXI VISION GROWTHは、目を引く広告展開と利便性の高いサービスを求める企業に適した選択肢と言えるでしょう。

④動画を制作する

配信の詳細が決定したら、次はタクシーで配信する広告動画の制作に取り掛かります。

動画は、ターゲット層に響くメッセージ性やコンセプトを、オリジナリティを持ってコンテンツに仕上げていくことが目標です。

動画制作には、ターゲット層の興味やニーズを踏まえつつ、印象に残りやすい工夫も行いましょう。

また、タクシー内という限られた空間で視聴されることを意識した動画制作が重要です。

動画の長さ、構成、ナレーションの有無、テロップの色や大きさなど、さまざまな要素を検討し、視聴者の関心を引きつける広告を作り出しましょう。

タクシー広告の効果を上げる制作ポイント

ここまでタクシー広告のメリットや制作の流れを解説しましたが、動画制作においてより効果のある動画にするために、押さえておきたいポイントがあります。

以下の主な4点に注意し、動画制作を進めていきましょう。

タクシー広告の配信会社の特徴を把握する

タクシー広告の成功には、配信会社の特徴を深く理解することが不可欠です。

各社が提供するサービスの違いや料金体系、対応地域、さらには動画の形式や内容に対する制限など、詳細を把握しておきましょう。

動画のテイストや実写の使用比率に制限がある会社もあるため、事前に配信会社の規定を確認し、ターゲットに響く適切な形式で動画を制作する必要があります。

適切な配信会社を選択することで、広告のリーチと影響力を最大限に引き出すことが可能になるでしょう。

ターゲットや配信エリアを明確にする

ターゲット層や配信エリアの明確にすることで、広告効果を最大限に引き出す効果が期待できます。

タクシー利用者の層は地域によって大きく異なるため、適切なターゲットに合わせたエリアでの配信が効果的です。

ビジネスエリアではBtoB関連の広告が、観光地域では多言語対応の観光案内広告が響くことが多いです。

ターゲットが抱える問題やニーズに基づいた広告内容を考え、適切なエリアで配信することで、ターゲットへの訴求力を高めることができます。

配信環境やタクシー利用者の特徴を活かした動画を制作する

タクシー広告の環境を最大限に活かした動画制作が、視聴者の注意を引き、広告の効果を高めるカギとなります。

タクシーの車内は比較的閉鎖的なため、乗客が動画に集中しやすい環境です。

環境にあわせて視聴者が興味を持ちやすく、記憶に残るクリエイティブな動画を制作することが重要です。

特に、音声が聞こえにくい環境を考慮して、視覚的に訴える要素を強化し、音声なしでも内容が伝わる動画を制作しましょう。

タクシー広告の動画制作では、視聴者の興味を引き付けることが極めて重要です。

限定的な空間に一定時間いるという環境では、一度広告が目に入ると、最後まで見てくれる可能性が高いです。

そのため、視聴者の興味やニーズに合わせたコンテンツを作成し、動画の冒頭で視聴者の注意を引く工夫をすると効果的です。

ストーリーテリングの技法を取り入れたり、視覚的な要素や効果音を上手く用いることで、動画全体の魅力を高め、視聴者の記憶に深く残る広告を制作できるでしょう。

動画の中で視聴者が共感できる要素を取り入れることで、広告の訴求力を高めることができます。

タクシー広告で効果を出すなら「Video Works」

VideoWorksバナー①-20231023

タクシー広告はその特殊性が特徴ですが、様々な広告の種類があり、ものによっては低価格で出せるものもあり、少ない予算でも広告を出したい、という企業にとっては利点です。

そのタクシー広告のなかでも効果的なのが、サイネージなどの動画配信です。

ですが、その分出稿費用がかかってしまうため、広告を配信するなら、より効果が出る形で配信を行い、費用対効果を高めたいですよね。

そんなご希望も、実績豊富な「Video Works」がお手伝いいたします。

Video Worksは映像制作希望者とフリーのクリエイターをつなぐマッチングサービスで、ハイクオリティな動画制作を行っています。

おすすめポイント①:タクシー広告をはじめ動画制作実績が豊富

ポイントのひとつめは、タクシー広告の動画をはじめとしたさまざまなジャンルの動画制作が豊富なことです。

登録しているクリエイターは10,000名を超え、年に1,000件以上の案件の依頼を承っています。

制作している動画のクオリティは業界最高レベルで、

「提案が集まりやすいうえ、確かなクオリティを持っているクリエイターが多く安心して依頼できる」

「こちらのニーズを的確に捉え、期待以上の提案をもらえた」

など、ご利用者からお喜びの声をいただいています。

▶ 高い提案力とクオリティを持つ動画制作のパートナーに出会える ◀

Video Works制作実績①:航空会社「スターフライヤー」機内ディスプレイ用ブランディング動画

Video Works制作実績②:ネットショップ制作サービス「stores.jp」広告用動画

おすすめポイント②:数万円〜クリエイターに直依頼できる

企画から丸ごとの制作依頼からスポット依頼まで、幅広い案件に数万円〜対応できることもポイントです。

さまざまな特徴を持つクリエイターが登録しているVideo Worksなら、企画立案から、バナー制作だけ、ナレーションだけなどのスポット依頼も可能。

また、間に代理店が入らないため余計なマージンが発生せず、クリエイターに直依頼が可能なため、数万円から発注できる案件もあります。

依頼前にクリエイターと面談・打ち合わせができるので、お互いにすり合わせをしてから依頼できるのも安心な点です。

▶ 適正価格で企業の都合に合わせて依頼できる ◀

おすすめポイント③:最短即日で発注可能

依頼から最短即日で発注できることもVideo Worksのポイントです。

クリエイター登録数は業界最大級の10,000名超えで、依頼に対して一定数の提案が確保しやすくなっています。

依頼方法も、サイトに登録して予算や依頼内容をフォームに入力して公開依頼するだけ。

そのため、クリエイターとうまくマッチングすれば即日で依頼できることもあります。

また、専任のコーディネイターによるサポートも充実しているので、「この納期で対応してくれるか」「動画制作になれていないから依頼方法がわからない」など、お気軽にご相談ください。

案件に合うクリエイターを紹介して欲しい、といったマッチングフォローにも対応しています。

▶ 動画制作の初心者でも手間が少ないため利用しやすい ◀

まとめ 〜効果的なタクシー広告を出すなら狙いをしっかり定めて制作しよう〜

本記事では、タクシー広告の効果やメリットについて解説しました。

ターゲットを明確にし、タクシー乗車層に合わせた広告制作と、適した動画配信サービスを選定することが効果を上げる鍵になりますね。

タクシーでの配信以外でも、ほかの広告同様、YouTubeなどの動画配信プラットフォームでの公開も視野に入れることで、新たな活路が見いだせることもあります。

また、PR動画やプロモーション動画は、営業活動や企業サイトでも営業ツールとして活用できます。

タクシー広告での出稿を基軸にしながらも、ほかの用途でも利用できる動画制作を目指すなら、多様なジャンルでの制作実績が豊富なVideo Worksがおすすめです。

思いがけないクリエイターとの出会いとともに、化学反応が日々生まれるVideo Worksで、ひとつ上のタクシー広告制作を目指してみませんか。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

サービス紹介動画の活用事例9選!制作種類ごとにポイントも詳しく解説

サービス紹介動画の活用事例9選!制作種類ごとにポイントも詳しく解説

サービス紹介動画の作り方を初心者向けに解説!実写とアニメーションの制作の違いも

サービス紹介動画の作り方を初心者向けに解説!実写とアニメーションの制作...

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。