動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
プロモーション動画

おしゃれなプロモーション動画ってどんなの?事例とともに紹介

おしゃれなプロモーション動画ってどんなの?事例とともに紹介
B!

「おしゃれなプロモーション動画ってどんなの?」
「プロモーション動画をおしゃれにするにはどんな方法がある?」

おしゃれさを追求したプロモーション動画を制作したい方のなかには、このように情報をお求めの方もいるでしょう。

おしゃれなプロモーション動画は、それだけで目を引きますよね。

また、SNSでも拡散性を期待でき、自社のブランドイメージ向上にも効果的です。

ですが、なかなかおしゃれさやかっこよさを取り入れ、プロモーション動画として仕上げるには、センスや技術がいるものです。

そこで本記事では、おしゃれなプロモーション動画について、事例をまじえて解説します!

記事の後半では、プロモーション動画をおしゃれにするためのポイントも紹介しているので、動画制作を予定されている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

プロモーションを動画で活用するメリットは?

企業やサービスのプロモーション方法はさまざまあります。

そのなかでも動画を活用するメリットとは何か、なぜ動画を用いるのか、その意義を把握していると、より制作のゴールが見えやすくなります。

プロモーション動画を制作する前に、動画活用のメリットについて確認しておきましょう。

  • 文章や画像よりもたくさんの情報を伝えられる
  • 印象に残りやすく表現の自由度が高い
  • 広範囲にアプローチできる

文章や画像よりもたくさんの情報を伝えられる

プロモーション動画の活用メリットとして、たくさんの情報を視聴者に伝えられる点があります。

文章や画像のみならず、動画は音声の情報を追加できます。

音楽があることでより感情を刺激しやすく、実際の声はよりリアルさを演出します。

視覚情報と聴覚情報の2つを用い、短時間で多くの情報やメッセージをわかりやすく視聴者に届けられるのです。

そのため、商品説明はわかりやすくなり、コンセプトムービーやお客様の声を伝える動画は感情や雰囲気も伝えやすくなります。

印象に残りやすく表現の自由度が高い

動画は、文章や画像のみよりも表現としての自由度が高く、かつ記憶に残りやすい特徴があります。

実写はリアルさがあり、アニメーションは実写ではしきれない表現もできます。

実写はもちろん、アニメーションや両方を組み合わせて動きを持たせることで、抽象的な表現も伝えやすくなりますね。

コミカルな動きやBGMのテンポ良い動画や、美しい映像にノスタルジックなBGM、落ち着いた声のナレーションなど、メッセージの世界観を作りやすいことも要素のひとつでしょう。

なぜかぱっと目に入ってきた動画が気になって見続けてしまった、印象に残っていて頭から離れない、といった経験はありませんか。

情報量が多く記憶に残りやすい動画は、プロモーションには最適なコンテンツなのです。

広範囲にアプローチできる

もうひとつのメリットとして、プロモーション動画はより広範囲にアプローチできることがあります。

InstgramやYouTube、TikTokなど、動画配信アプリが日常生活に浸透している現在、いつでもどこでも見られる動画は、拡散性が高くプロモーションに最適です。

今までのチラシなどのアナログなアプローチでは、届けられる範囲が限られていましたが、デジタルな動画であれば日本中、世界中に情報を発信できます。

特に若い世代は動画を見慣れていることもあり、若い世代をターゲットにする場合はより効果的でしょう。

もちろんアナログの良さもありますが、効率的に情報を拡散するには、プロモーション動画の活用は不可欠となっています。

おしゃれなプロモーション動画事例5選!

それではこの見出しでは、おしゃれなプロモーション動画の実例と内容を解説していきます。

競合他社の動画はもちろん、さまざまな動画を参考にすることもとても重要ですので、ぜひ参考にしてみてください。

①【LIXIL】LIXILブランドムービー「いつもを、幸せに。」

快適な住環境づくりを提案する、LIXILのブランドムービーです。

「幸せ」にフォーカスを当て、幸せの多様性を肯定しながらも、身近にある何気ない幸せを支える事業を行っている、という切り口でブランディングを行っています。

最低限のBGMと、男女のナレーション、ゆったりとした映像の動きや青みがかった映像編集で、親和性と洗練されたイメージを両立させています。

生活環境を整えることで、より幸せな未来が続いていく、という観点は「自分ごと化」しやすく、多くの人に届きやすい映像に仕上がっています。

②【東北学院大学】ブランドムービー「フツウ」

東北学院大学のブランドムービーで、実際の学生たちが撮影に協力しています。

「ふつう」に焦点を当て、人それぞれに普通があり、常識があり、みんな違う、という多様性を表現しています。

多様性は現代の若い世代には当たり前に根付いている感覚で、ある種若者の感覚 = トレンドをうまく組み込んだ構成になっています。

自分は誰かと違う、誰かは自分と違う、ということを否定せず肯定し、その違いや共通点が世界を形作っている、という学び舎としてのコンセプトを打ち出せています。

大学のコンセプトに共感した生徒からの入学希望が増えそうですね。

③【TRIFF】コンセプトムービー#0 一着のスウェットができるまでの物語

ユニセックスブランドを展開する「TRIFF」によるコンセプトムービーです。

どのように洋服を作り上げているかの工程を動画に起こしています。

会社としてどんな想いを持っているか、どんなこだわりを持って、どんな工程を経て完成させているかを、職人たちの丁寧な作業風景を映し出すことで、ブランドとしての立ち位置の確立に貢献しています。

丁寧に作られている様子を見ると、着る側としても大事に扱いたくなりますよね。

映像もすべてをはっきり映し出すのではなく、フォーカスの当て方工夫することで、制作の創意工夫や試行錯誤を表現し、洗練された雰囲気もまとわせています。

BGMもピアノと歌のシンプルな構成で、映像とテロップという誤魔化しのきかない編集も、着心地へのこだわりの強さを表現しているかのようです。

④【KANEBO】「希望よ、超えてゆけ。」 CM

美容事業を展開するKANEBOのブランドムービーです。

メイクや化粧品というと従来は女性が施すもの、というイメージが強かったですが、現代はスキンケアやメイクを男性も行う時代です。

国境も性別も超えて、「変わりたい」という想いや美を追求していく姿勢を、多様性を交えて色鮮やかに表現しています。

また、洗練された文化のイメージを伝えるために都会的なカットを多数使用していますね。

BGMも往年の名曲のリメイクで、過去と現代の交錯、メッセージ性の変わらない強さなどがコンセプトとうまく絡み合い、目の離せない非常にクオリティの高い動画に仕上がっています。

⑤【株式会社スナガミ】suganami Branding Movie Full

関西に拠点を置く、橋梁専門の建設会社によるブランドムービーです。

建設会社の現場のイメージというと、やはり「汗をかきながらの肉体労働」という大まかなイメージが先行しがちですが、この動画ではその作業の中の繊細さにも焦点を当てています。

こまやかで気の抜けない作業の積み重ねで、建設物は成り立っていることがよくわかりますね。

また、大きな橋の建設現場をドローンで撮影し、壮大さに圧倒されながらも、そこで働くひとりひとりの作業すべてが合わさることで、未来の人々の利便性に寄与している、という現在と未来の「架け橋」にもダブルでかけており、心に残る構成になっています。

映像のクライマックスとともに盛り上がっていく、BGMの歌と映像のマッチングも見事ですね。

伝わるプロモーション動画を制作するポイント3つ

プロモーション動画は、伝えたい情報を正しく伝えられてはじめて意味を持ちます

より効果を最大化できるプロモーション動画の制作ポイントを、3つに絞って解説します。

  1. 目的やコンセプトを明確にする
  2. メッセージは1つに絞る
  3. あくまでユーザー目線での動画にする

①目的やコンセプトを明確にする

プロモーション動画制作において大事なポイントのひとつが、明確な目的やコンセプトを設定することです。

明確に設定することで、ブランド認知の向上、商品紹介、販売促進など、動画の目指すべきゴールを決め、制作しながらの内容のブレを防ぐこともできます。

例えば、ブランドイメージの向上を目指す場合は、動画を見終わった後にどんな感情を持ってもらえるか、にフォーカスすると効果的ですね。

主に信頼性や親和性、真摯的な姿勢、かっこよさ、などは良い例でしょう。

また、販売促進を目指す場合は、製品の具体的なメリットや、製品を使用・導入した後にどう良くなるか、を前面に打ち出し、未来をイメージしやすくしましょう。

②メッセージは1つに絞る

動画制作の際には欲張らず、伝えたい核心的なメッセージを1つに絞ることが重要です。

多くの情報を盛り込みすぎると、情報の重要度が分散されてしまい、動画で本当に伝えたいメッセージが薄れ、視聴者がメッセージを捉えにくくなります。

動画のテイストはあくまでメッセージを効果的に伝えるための、補助的な要素に過ぎません。

動画ごとにで最も伝えたい要点を明確にし、メッセージの要点をより効果的に伝えるためにはどういう表現をすればいいかを考え、シナリオを構築していきましょう。

③あくまでユーザー目線での動画にする

消費者に響くプロモーション動画を制作するためには、ユーザー目線を忘れてはなりません

商品やサービスの特徴を伝えるだけでなく、それが消費者のどのようなニーズや悩みに応えるのかを、動画でアプローチすることが重要です。

制作側が作りたいことだけを作っても、視聴者に正しく伝わらなければプロモーション動画の意味を成しません。

ユーザーの視点に立ち、彼らの期待や悩みを動画で解決してみせることで、商品への興味や信頼を深めることができます。

また、あまりにアーティスティックな動画になってしまっても、コンセプトムービーとして理解されにくいこともあるでしょう。

視聴者にメッセージをしっかり受け取ってもらえる内容になっているかは、プロモーション動画のみならず、動画制作全般において最も重要な視点だと言えるでしょう。

プロモーション動画をおしゃれに制作するポイント

プロモーション動画の制作ポイントをおさえたら、次は動画をおしゃれにするための要点を確認しましょう。

制作ポイントは明確に保持しながら、エッセンスとして以下の要点を盛り込んでいきましょう。

  • トレンドを取り入れる
  • 打ち出し方や切り口を工夫する
  • テロップやBGMなどにこだわる
  • 重要なパートはプロに依頼する

トレンドを取り入れる

プロモーション動画の魅力を引き出し、おしゃれに見せるには、最新のトレンドを取り入れてみましょう

例えば、現在流行しているような音楽や、ドローンを使用した映像や個性的なアングルなど、人気の映像技術を利用することで、動画のインパクトを強めます。

特に若い世代にアプローチする場合、彼らの関心を引くような要素を取り入れるなど、ターゲットに合わせたトレンドを意識することも重要です。

先に紹介した映像作品に多く用いられている「多様性」という考え方も、ある種トレンドのひとつになるでしょう。

また、SNSでの拡散を意識した短くコンパクトな内容にすると、より多くの人の目に触れるチャンスが増えます。

ですが、トレンドはあくまでコンセプトや目的を際だたせるための要素にすぎません。

トレンドを意識しすぎて、当初の目的や訴求が薄れないようにしましょう。

打ち出し方や切り口を工夫する

プロモーション動画の打ち出し方や切り口を工夫することで、動画の魅力をより引き立てることができます。

例えば、商品の特徴をダイレクトに伝え紹介する代わりに、商品を使った生活シーンを描くことで、視聴者に商品の使用イメージを持たせ、「自分ごと化」してもらうことができます。

また、地域性を活かしたコンテンツや、特定のターゲット層に向けたメッセージなど、視聴者に合わせたアプローチを取り入れてみましょう。

自社のコンセプトを比喩的なドラマに仕立てにしてみたり、アニメーションに落とし込んだりなど、見せ方の切り口を工夫してみても視聴者の興味を引きやすいですね。

テロップやBGMなどにこだわる

テロップやBGMの的確に選ぶことも、動画の魅力を高める重要な要素です。

視聴者の注意を引く洗練されたテロップや、動画の雰囲気に合ったBGMの選定は、動画全体の印象を大きく左右します。

特に、テロップのフォントや色、配置などは動画のプロフェッショナルな印象を与えるために細部にわたって注意を払いましょう。

重要なパートはプロに依頼する

高品質なプロモーション動画を制作するためには、重要な部分はプロのクリエイターに依頼するのがおすすめです。

特に、SNSでの動画配信だけではなく、大きな会場での配信や大々的なプロモーションの現場など、専門的な撮影技術や高度な編集スキルが求められるシチュエーションでは、プロフェッショナルな技術で動画の質を大きく向上させる必要があるでしょう。

そして、動画の質がブランドイメージに大きく影響します。

経験豊富なクリエイターは、動画制作のコンセプト作りやディレクションにも貢献できるスキルを持っています。

全体のクオリティを高めるためにも、重要な部分はプロに依頼することを検討しましょう。

おしゃれなプロモーション動画の制作なら提案が豊富な「Video Works」

https://videoworks.com/wp-content/themes/videoworks

できるだけ視聴者の興味関心を引ける動画を制作するには、さまざまなしかけや工夫が必要です。

また、動画のクオリティがブランドイメージや認知度に大きく影響します。

自社で動画を内製できれば外注費用も抑えられ、スムーズに制作を進行させることができますよね。

ですが、十分な制作環境や人的スキルがない場合、特に大きなプロモーションを行う場合には、プロの手を借りて品質を向上させなくてはいけないことも。

その場合に、「的確な提案をしてくれるところに依頼したい」「この部分だけ外注に依頼したいけど、こんな細かい依頼受けてくれるところはあるかな・・・」と困ってしまう方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめなのが、細かいスポット依頼にも対応でき、提案が豊富な「Video Works」です!

Video Worksは映像制作希望者とプロのクリエイターをつなぐマッチングサービスで、業界最大級の制作実績があります。

映像制作に関するご相談なら細かい依頼にも対応可能で、かつさまざまなクリエイターで出会えるチャンスがVideo Woksにはあります。

おすすめポイント①:プロモーション動画の制作実績が多数ある

ひとつめのポイントとして、プロモーション動画をはじめ映像制作の実績が多数あることです。

たくさんの実績や経験があり、クリエイターの提案力にも定評があります。

さまざまなテイストや業務のスキルを持ったクリエイターが登録しているため、あらゆるジャンルの動画制作に対応できます。

Video Works制作実績①:株式会社QuickWork様 AI営業マン「Daniel」サービス紹介動画

Video Works制作実績②:子供服通販サイト「devirock」シネアド用プロモーション動画

おすすめポイント②:クリエイターに数万円〜直依頼できる

クリエイターに数万円〜直依頼できることも大きな魅力です。

Video Worksでは代理店をはさまずにクリエイターに直で相談・依頼ができ、余計なマージンが発生しないため、適正価格で依頼できます

あらゆる業務に対応できるため、企画からの丸ごとの制作依頼から、バナー作成だけ、編集だけといった作業業務、現場指揮やキャスティングの依頼などもご相談いただけます。

依頼前にクリエイターと打ち合わせができるので、安心して依頼できる点もポイントです。

おすすめポイント③:最短即日で発注できる

もうひとつのポイントは、依頼から最短即日で発注できることです。

Video Worksはサイト登録のあと、依頼したい内容や予算を投稿するだけで、クリエイターから提案を受け取れるシステムです。

現在10,000名を超えるクリエイターや制作会社が登録しているため、依頼に対して提案が集まりやすくなっています。

そのため、条件が合えば最短即日で依頼できることも。

納期をお急ぎの場合や、制作過程でお困りの場合にもスピーディに対応できるため、活用しやすくなっています。

また、利用方法にお困りの場合は、専任のコンシェルジュによる利用サポートやマッチングフォローも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

まとめ 〜おしゃれなプロモーション動画は工夫が大事〜

本記事では、おしゃれなプロモーション動画の事例と、制作のポイントについて紹介しました。

印象に残るプロモーション動画の制作には、明確なコンセプトや目的があり、そこにさまざまなエッセンスや要素がうまく構成されています。

要素だけが独り歩きしてもプロモーションは上手くいきません。

記事で紹介した内容を参考に、ぜひ効果的でおしゃれなプロモーション動画を制作しましょう。

そして、動画を制作される場合は、いつでもVideo Worksにご相談ください!

対応力と提案力に長けたプロのクリエイターが、高クオリティな制作のお手伝いをいたします。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。