動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
プロモーション動画

プロモーション動画の作り方は?見落としがちな制作ポイントも解説

プロモーション動画の作り方は?見落としがちな制作ポイントも解説
B!

「効果的なプロモーション動画の作り方は?」
「プロモーション動画をプロに依頼するときに注意すべきことはある?」
「競合に負けない、独自のプロモーション動画を制作したい!」

など、プロモーションを動画で活用するにあたって、お悩みの方もいらっしゃるでしょう。

プロモーション動画は、動画制作のなかでも構成の自由度が高く、予算も分かりにくいジャンルです。

ですが、せっかく制作するなら、できるだけ効果を最大限に高められるプロモーション動画にしたいですよね。

そこで本記事では、プロモーション動画の作り方やポイントを解説します!

制作にあたって見落としがちな注意点などもまとめているので、プロモーション動画をこれから制作する方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

プロモーション動画とは?

プロモーション動画は、商品やサービスの魅力を伝え、認知度の向上や売上促進を図るための映像ツールです。

企業やブランド、店舗など規模を問わず多くのが事業が使用しています。

視覚的に訴求力が強く、インターネット上での広範な配信を通じて多くの視聴者にリーチできるため、ますます配信数は増加しています。

多彩な表現方法が可能で、特に実写やアニメーションの利用が一般的です。

プロモーション動画の目的は?

プロモーションの方法はさまざまありますが、動画を活用する主な目的とはどういったことがあるでしょうか。

認知度を向上させる

プロモーション動画の活用における最も大きな目的は、製品やサービスの認知度を高めることです。

動画を通じて視覚的な魅力を前面に出すことで、ブランドや製品の存在を視聴者に印象づけます。

オリジナリティ溢れるやストーリー構成や流れ、魅力的なビジュアルを重視した動画は、視聴者に強い印象を残しやすく、拡散性を生みます。

特にSNSのプラットフォームを活用することで、ターゲットオーディエンスの幅広い層にリーチし、ブランドの認知度を効果的に拡大できるでしょう。

関心を持ってもらい自社サービスに誘致する

プロモーション動画のもうひとつの主な目的は、視聴者を自社のウェブサイトに訪問してもらう等の行動をとってもらうことです。

動画は単に商品を紹介するだけではなく、視聴者と企業をつなぐ役割を果たします。

たとえば、特定の商品ページへのリンクを用いたり、商品に関する追加情報への誘導を含めるなどして、視聴者の導線を作りましょう。

どんな会社か、商品にどんなこだわりがあるのかなど、ブランドや商品への関心を深めてもらうことで、自社がその後の購入や利用の選択肢のひとつとなります。

問題解決

もうひとつの目的は、消費者の特定のニーズや問題を解決する方法として、商品やサービスを提示・紹介することです。

視聴者は、商品を取り入れることで、どのようにして日常の悩みや問題を解決できるかが理解できると、購入を決意します。

実際の使用例や顧客へのインタビュー等の生の声を差し込み、いかに商品やサービスのメリットを強調して、自分ごとに感じてもらえるかが重要です。

いかに商品が自分にとって有益か、をわかりやすく視聴者にアピールするというのが動画活用の目的です。

プロモーション動画を作るメリットは?

せっかく動画を制作するのであれば、そのメリットをしっかり把握してる方が効果的な動画を制作できるでしょう。

プロモーションを動画で活用するメリットは以下です。

  • 魅力を伝えやすく強い訴求力
  • 広範囲への認知度の向上
  • 情報の伝えやすさ
  • ブランドイメージの強化

魅力を伝えやすく強い訴求力

プロモーション動画は、視覚と聴覚を同時に刺激することで強く印象に残ります

映像と音が組み合わさると、商品やサービスの特徴をわかりやすく伝えることができ、視聴者の記憶に残りやすくなります。

例えば、商品の動作を直接見せることで、文章や写真だけではわかりにくいことも、動きがでることで理解しやすくなるでしょう。

BGMやナレーションを含めると、より商品を魅力的に見せられますね。

音と映像の双方向から視聴者にアプローチすることで、より強い訴求効果が得られます。

広範囲への認知度の向上

次に、より広いターゲットへの認知度向上をねらえることです。

インターネットの普及により、プロモーション動画は世界中どこにでも瞬時に届けられるようになりました。

地域的なアプローチだけではなく、日本全国をターゲットにできます。

また、さまざまな文化や言語の人々にアクセスできるため、海外でのブランド認知度を高めることも可能です。

特にソーシャルメディアのプラットフォームを利用することで、より広い範囲の視聴者にリーチし、ウェブサイトやオンラインストアのアクセスを増やせます。

チラシといった従来のローカルな広告媒体では叶えられなかったアプローチが可能になり、規模の大小に関わらず、事業拡大の可能性が広がっています。

情報の伝えやすさ

プロモーション動画は、短時間でさまざな情報やメッセージを伝えられることもメリットのひとつです。

テキストや静止画像では表現しきれない商品の特徴や使用方法など、動画を通じてわかりやすく、イメージを膨らませながら理解してもらえます。

映像で視覚と聴覚を刺激することで、記憶に残りやすいためより多くの情報を伝えることもできるため、非常に有益です。

ブランドイメージの強化

もうひとつのメリットとして、ブランドイメージを強化できることです。

オリジナリティ溢れる自由度の高いクリエイティブな映像は、商品やサービスからだけでは伝わりにくい、ブランドの個性や価値観の側面を効果的に伝えることができ、視聴者の興味関心を引くこともできるでしょう。

ブランドのストーリーやコンセプトを映像で表現することで共感を生み、信頼感を高め、より強い印象を残せます。

プロモーション動画の作り方

実際にプロモーション動画を作るにあたって、正しい手順を踏むことが重要です。

また、撮影前の事前準備をいかに細かく行えるかで、撮影・編集のクオリティや出費が左右されます。

作り方を順番に見ていきましょう。

①企画

プロモーション動画制作の第一歩は、明確な目的とターゲットの設定です。

例えば、商品の特徴を強調すること、ブランド認知度を高めること、特定のイベントやキャンペーンへの関心を引き起こすことなどがあります。

そのなかで、より具体的な目的を考える際に用いるのが、「5W1H」です。

What 何の動画を制作するのか
When いつ動画を視聴してもらうか/配信するか
Who 誰に向けた動画を制作するか
Why なぜ動画を制作するのか
Where 視聴場所/配信プラットフォームはどこか
How どのように配信するか

プロモーションする商品を上記の5W1Hに当てはめて、目的を明確にすることで、制作中も方向性がブレにくくなります。

また、企画段階では、ターゲットの分析も行い、興味やニーズに合わせた内容を計画することが重要です。

ここでいかにしっかりと企画を立ち上げられるかで、その後の構成が効率良く進んでいきます。

②構成

企画が決まったら、次に動画の具体的な構成を考えます。

構成では、動画の流れやメインとなるメッセージ、どのようなテイストにするか、BGMなどの全体像を決定します。

構成は、動画の目的に沿ってストーリーラインを作成することから始めます。

大まかな目次を作り、その後細かい内容を考えていきましょう。

重要なのは、メッセージを短く、明確に伝えることです。

映像も出だし数秒で、続けて見たいかどうかが判断されるので、導入部分は大事に構成を作成しましょう。

また、視聴者が関心を持ち、見続けたくなるような魅力的な内容やしかけ、見せ方、展開を考えることも重要です。

細かい構成が決まったら、撮影時の指針となる絵コンテを作成し、シーンごとの具体的な映像を予め想定できるようにします。

こうすることで、撮影や編集に必要な人員、必要なセッティングや技術を割り出せますね。

予算の算出を再度見直すことができ、余計な出費を抑えることにもつながります。

撮影をスムーズに行えるよう、手配は確認しながら万全に行いましょう。

以下はチェック項目の例です。

  • どのようなスケジュールで撮影するか
  • 撮影クルーは何名か(現場指揮、カメラマン、照明、音声など)
  • キャスティングはあるか(俳優、メイク、衣装など)
  • どこで撮影するか(場所を借りるか、外の場合は撮影許可の有無など)
  • 撮影まわりの準備(車や弁当の手配、撮影小物の手配など)

③撮影

構成を組んで撮影準備も万端にしてから、撮影に移ります。

撮影は、計画された構成や絵コンテに基づき行われます

適切なカメラアングルや効果的な照明、質の高い音声収録など、技術的な要素が重要になります。

撮影素材の良さが編集にも影響してくるため、一瞬たりとも気が抜けません。

また、撮影中には、計画通りに進行しているかを確認する必要があります。

実際に撮影に入ってみないとわからないことも多いので、ベストを探りながら柔軟に対応していきましょう。

キャスティングがある場合は、撮影映像の質にも直結するため、キャスティングの方たちが疲れていないか、パフォーマンスしきれる環境作りができているかなど、状況を見ながらケアする必要があります。

撮影が長引くとその分出費も増えることになるため、現場指揮は必ずつけて撮影を行いましょう。

④編集

撮影が終了したら編集作業に入ります。

ここでは、撮影された映像素材から良い素材を選出し、企画と構成に基づいて最終的な動画を作成していきます。

主にカットの選択、トリミング、色調整、テロップやエフェクトの追加などが行われます。

視聴者に飽きさせないよう、動画のテンポも大事にしましょう。

また、動画やコンセプトに合う音楽や効果音を加えることで、視覚と聴覚の両方でメッセージを強化します。

ナレーションを挿入する場合は、動画が一通り完成した時点で録音、編集を行います。

話し方やテンポなども慎重に確認しながら録音し、しっかり整音を行い、聞きやすい音声データ作成しましょう。

編集は、動画の全体的な質と視聴者に与える影響を大きく左右するため、細部にわたる注意が必要です。

視聴者にどう見えるか、メッセージはどう伝わるか、どう感じるのかなど、視聴者目線に立った動画のゴールを大事に編集を行いましょう。

スマホやテンプレートでもプロモーション動画は作れる?

結論、スマホやテンプレートを多く差し込んでも動画は制作できます

現在のスマホは画質や機能が良いものも多く、ある程度の映像は撮影できるでしょう。

また、スマホの編集アプリもあるため、簡単な映像編集であれば初心者でも作業でき、複雑な機能もないので扱いやすくなっています。

ですが、大々的な配信媒体向けではないため、アプリや内々での使用機会に留めておくほうが無難でしょう。

また、テンプレートを多用することで容易に編集可能ですが、やはり大きなプロモーションを行う際には、独自のデザインを使用した方が、企業としての信頼感やブランドイメージは向上されます。

逆にその安易さを逆手にとり、親しみやすさを打ち出す大手企業のプロモーションもありますが、ここはかなりトレンドを意識したタイミングやセンスが問われます。

制作・配信範囲を考慮し、最適な環境で制作しましょう。

プロモーション動画の作り方でポイントは?

プロモーション動画の作り方や流れを一通り見てきましたが、より効果的な動画にするためのポイントについて、詳しく解説します。

  • 伝えたいメッセージはひとつに絞る
  • テンポよく短めの動画にする
  • 冒頭のインパクトとストーリー性を大事にする
  • トレンドを取り入れる
  • スマホでも見やすい動画にする
  • テロップやBGMなどを効果的に使う

伝えたいメッセージはひとつに絞る

プロモーション動画では、伝えたいメッセージをひとつに絞ることが重要です。

複数のメッセージを盛り込むと、視聴者は混乱し、何を伝えたいのか理解しづらくなります。

ターゲットとする視聴者に響くメッセージはひとつだけに絞り、効果的に伝える方法を考えましょう。

メッセージが明確であれば、動画の内容も絞り込みやすくなり、より効果的なプロモーションにつながります。

テンポよく短めの動画にする

視聴者の注意を引きつけて保つためには、動画はテンポ良く短めに制作すると良いでしょう。

長い動画は視聴者が途中で飽きてしまう可能性が高く、重要なメッセージが伝わらない恐れがあります。

特に若い世代は、InstagramやTikTokの普及により短い動画を見慣れていることもあり、長い動画は見ない傾向にあります。

ターゲットの世代によっては、1分〜3分ほどのコンパクトな時間が好まれます。

短くてもインパクトのある内容を構成し、視聴者が最後まで見ることを意識した動画作りを行いましょう。

冒頭のインパクトとストーリー性を大事にする

視聴者の興味を引き、動画を見続けてもらうには、冒頭のインパクトが重要です。

映像や音楽、インタビューならターゲットに引っかかりやすい言葉を話している箇所からスタートさせるなど、いかに意識を向かせるかが重要です。

また、ストーリー性を持たせることで、視聴者が感情移入しやすくなります。

例えば、ターゲットが持ちやすい悩みをターゲットの世代の役者さんに演じてもらい、サービスを通して悩みが解決した、など「自分ごと化」しやすいストーリーを盛り込みます。

物語を通じて商品やサービスの魅力を伝えることで、視聴者に深い印象を残しやすくなるのです。

トレンドを取り入れる

トレンドを取り入れることで、プロモーション動画の魅力を高めます

最新の流行や人気のある要素を取り入れることで、視聴者に新鮮さを感じさせることができます。

例えば、流行の音楽、人気のアニメーションスタイル、注目されているテーマなどを取り入れて、動画に「今っぽい」魅力を加えましょう。

ただし、トレンドを重視しすぎると、自社のブランディングがブレる可能性もあります。

「ブランドとしてこうありたい」という軸はそのままに、トレンドをうまく取り入れるのは、かなりセンスが問われます。

この場合は、プロに依頼することをおすすめします。

スマホでも見やすい動画にする

スマホの小さな画面でも見やすいように、動画を構成・設計することが大切です。

現代では多くの方がスマートフォンで動画を視聴しています。

ちょっとした作業の合間や休憩時間、通勤・通学時間など、いつでもどこでも視聴できるため、視聴の機会も作りやすく、拡散性も抜群です。

大きなスクリーンや、イベント会場などで流すだけの動画であれば問題はないですが、小さな画面で視聴してもわかる内容にすることは重要です。

画面のサイズに合わせたテキストの大きさ、視覚効果の調整、縦画面での視聴に適した構成などを考えましょう。

テロップやBGMなどを効果的に使う

テロップやBGMは動画の内容をよりわかりやすく、より良く見せ、視聴者の関心を引く効果があります。

重要なポイントをテロップで強調したり、動画の雰囲気に合ったBGMを選んだりして、動画の印象を高めましょう。

ですが、あまりにテロップが多すぎたり、重要な箇所にかぶったりしてしまっては意味がありません。

BGMも動画に合わなければ違和感が先行してしまい、伝えたい内容の印象が薄くなってしまうでしょう。

動画のテンポに合う、あくまで補助役の音楽として、バランスの良い使い方を心がけましょう。

実写とアニメ | プロモーション動画で期待できる効果は?

プロモーション動画で用いられる方法として、主に「実写」と「アニメーション」があります。

それぞれの効果を把握することで、プロモーションの質を上げられます。

活用方法や効果を詳しく見てみましょう。

実写での効果

実写のプロモーション動画では、商品やサービスを利用する実際の様子をリアルに表現でき、魅力を伝えるのに有効です。

実際に人が使っている様子を見せることで、視聴者に具体的な利用シーンをイメージさせやすく、商品やサービスの効果や使い勝手についても理解しやすいことがポイントです。

また、実写の動画には共感性や信頼性を生む効果も。

ドラマ仕立てのストーリーで共感を呼び起こしたり、実際のユーザーのインタビューを通して商品の信頼性を高めたりできます。

特にインフルエンサーなどの影響力のある人物を起用した場合、その人物のファンやフォロワーにリーチし、SNSでの拡散効果も期待できます。

ただし、社員を起用する際には問題ありませんが、プロの俳優さんに依頼する場合は、撮影以外にもキャスト起用にコストがかかります。

予算と目的に合ったキャスティングや撮影方法を選び、実写動画の効果を最大限に引き出せるよう工夫しましょう。

アニメーションでの効果

アニメーションを用いたプロモーション動画は、その表現の自由度の高さが大きな魅力です。

実写では難しい、または高コストがかかるようなファンタジーや抽象的なコンセプトも、アニメーションなら自由に、かつ効果的に描けます。

特に創造性を要するプロジェクトや、非現実的なシーンの描写では、アニメーションの利用が非常に有効です。

また、アニメーション動画は、撮影やキャストにかかるコストが発生しない点も大きなメリットです。

特に社員が動画に出演できる動画ではなく、低予算でのプロモーションが必要な場合や、制作期間が限られている場合には、アニメーションが適しています。

さらに、アニメーションによって魅力的なキャラクターやオリジナリティの高い世界観を作り上げることができれば、視聴者の関心を引きつけ、製品やブランドについても印象がつきやすいでしょう。

ですが、3Dアニメーションなど高度な技術を要する場合や、時間が長くなるとその分コストが高くなる場合が多いので、予算と合わせて検討しましょう。

プロモーション動画制作で見落としがちな注意点

以下では、制作過程で見落としがちな点についてまとめています。

制作時の参考ポイントとして把握しておきましょう。

著作権や肖像権

プロモーション動画制作において、著作権や肖像権の管理は重要です。

使用する音楽やイラスト、写真などの素材が他人の著作物である場合、その利用には権利者の許可が必要です。

特に、音楽利用では配信媒体により、JASRACなどの著作権管理団体を通じた手続きが求められます。

また、オリジナルイラストを依頼する際には、後々のトラブルを防ぐため、制作者と著作権に関する取り決めをしっかり決めておきましょう。

フリー素材を使用する場合も、商用利用が可能かどうかを確認し、使用許諾の条件遵守は不可欠です。

実写動画では、出演者の肖像権が発生します。

出演者との契約期間内での使用を基本とし、契約更新や再利用についても事前に確認し、お互いに合意しておくことが基本です。

制作予算には余裕を持つ

予算の確保と余裕を持った計画を立てましょう。

高度な制作技術や専門的な機材、スタッフの専門知識が必要な場合、費用は高くなりがちです。

自社で制作する場合、人件費や設備投資などのコストも考慮する必要があります。

外注する際は複数の制作会社から見積もりを取り、コストパフォーマンスを比較検討すると、最適な発注先に依頼できるでしょう。

予算内で効果的な動画を制作するためには、制作過程の各段階でコスト管理を徹底し、無駄な出費を避けることが重要です。

制作費用+αの予算があると、いざというときにも安心ですね。

視聴者の目線に立った動画になっているか

プロモーション動画は、何よりも視聴者が理解しやすい内容であることが肝心です。

自社の社員が理解できても、一般の視聴者には伝わらない可能性があります。

特に専門用語の多用や、前提知識が必要な内容は避け、一般の視聴者にも分かりやすい表現を心がけることが大切です。

制作過程で第三者から意見をもらうなどして、外部の視点を取り入れてみるのも良いでしょう。

最終的に視聴者に伝わるものでなくては意味がないので、動画を制作するにあたって、「自己満足になっていないか」は、いちばん重要なポイントかもしれません。

プロモーション動画の作り方に悩んだら実績と提案力が魅力の「Video Works」におまかせ!

https://videoworks.com/wp-content/themes/videoworks

プロモーション動画は複雑で、かつ見せ方や制作方法もさまざまあるため、悩んでしまうことも多いですよね。

自社のブランドイメージ、商品やサービスのアピールの仕方、配信媒体など多岐に渡ります。

「自社では決めきれないからプロから提案が欲しい」「プロに制作を手伝ってもらいたいけどどこに依頼すれば…」とお困りの方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめなのが、実績豊富で高い提案力が魅力の「Video Works」です!

Video Worksは、映像制作希望者とクリエイターや制作会社とつなぐマッチングサービスで、業界最大級の制作実績を誇ります。

おすすめポイント①:プロモーション動画の制作実績が豊富

ひとつめのポイントは、プロモーション動画を含め映像制作の実績が豊富にあることです。

現在、年間1,000件以上の制作依頼があり、さまざまなジャンルの映像制作が行われています。

プロモーション動画についても実績が豊富で、実写もアニメーションも、配信媒体に合わせてクリエイターがハイクオリティな動画を制作します。

Video Works制作実績①:株式会社QuickWork様 AI営業マン「Daniel」サービス紹介動画

Video Works制作実績②: ネットショップ開設サービス「BASE」紹介動画

 

おすすめポイント②:クリエイターに直発注で数万円から依頼可能

クリエイターに直発注できるため適正価格で依頼できることも、ポイントのひとつです。

間に代理店が入らないため、余計なマージンが発生せず、直接クリエイターに相談できます。

制作範囲は、企画から動画完成まで丸ごとの依頼はもちろん、イラスト制作だけ、撮影だけ、ナレーションだけ、キャスティングだけなど、制作に関するあらゆるご相談に対応可能。

「動画の制作方法がわからなくて、誰に相談したらいいかもわからない・・・」とお困りの方は、専任のコンシェルジュによる無料サポートも利用できるので、お気軽にご相談ください。

おすすめポイント③:最短即日で発注できる

ご依頼から最短即日で発注できることも、Video Worksの強みです。

現在、全国から10,000名を超えるクリエイターが登録しており、一定の提案数を確保できています。

そのため、条件が合えば最短即日で依頼できることも。

依頼決定前にクリエイターと事前打ち合わせもできるので、しっかりと確認をしてから依頼できるのも安心ですね。

まとめ 〜プロモーション動画は視聴者目線の動画になる作り方をしよう〜

本記事では、プロモーション動画の作り方や、制作のポイント、見落としがちな注意点について解説しました。

プロモーション動画をどう活用するか、ターゲットや目的はなにか、そして視聴者目線の動画になっているか、など、留意すべき点はたくさんありましたね。

「これが正解」というものはなく、商品やサービスによって見せ方、アピールの仕方はさまざまです。

ぜひ記事の内容を参考にして、自社のメッセージを効率的にアピールできるプロモーション動画を制作してくださいね。

そして、少しでも制作にお困りのことがあれば、いつでもVideo Worksにご相談ください!

ハイクオリティな制作実績を多数持つプロのクリエイターたちが、ご依頼をお待ちしております。

 

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。