動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
アニメーション動画

アニメーション動画の作り方は?ツールや外注先選びのポイントも解説

アニメーション動画の作り方は?ツールや外注先選びのポイントも解説
B!

「アニメーション動画ってどんな種類がある?」
「アニメーション動画の効果的な作り方を知りたい!」

など、企業動画にアニメーションを組み込んで制作するにあたって、情報をお求めのご担当者はいませんか?

アニメーション動画を制作するメリットは多く、活用シーンもさまざまあるため、企業での導入は大変おすすめです。

ですが、アニメーションと一括りにしても、たくさんの種類があります。

また、アニメーション動画の作り方を把握することで、狙いを定めやすくなり、より効果的な動画作りが期待できます。

そこで本記事では、アニメーション動画の作り方と多様な種類について解説します!

制作ツール選びのポイントなども紹介しているので、ぜひ最後まで目を通していただき、制作の参考にしてください。

目次

アニメーション動画の制作メリットとは?

アニメーション動画は複雑な情報やデータを分かりやすく伝えるのにとても効果的です。

動画内での説明やプレゼンテーションが生き生きとし、視聴者の注意を引きつけやすくなりますね。

また、実写では表現が難しい抽象的なイメージも形のないサービスについても、アニメーションを通じて具現化できます。

アニメーション動画を制作するメリットを把握することで、アニメーションの良さを活かした効果的な動画が制作できます。

そのほか、以下のポイントについて見てみましょう。

  • 制作コストを抑えやすい
  • わかりやすい動画が制作できる
  • 再編集しやすい
  • 幅広いシーンで活用できる

制作コストを抑えやすい

アニメーション動画の大きな魅力のひとつは、実写動画に比べてコストを大幅に削減しやすい点です。

実写動画と異なり、撮影に必要な機材やロケーション、モデルの手配などが不要で、基本的にアニメーションソフトウェアを使えば、比較的低予算でも高品質な動画を制作できます。

特にスタートアップ企業や小規模事業者、また、あまり大々的な共有をしない低予算の動画制作においては、魅力的な制作方法と言えるでしょう。

わかりやすい動画が制作できる

アニメーション動画は複雑な情報やデータを視覚的に表現しやすく、内容をわかりやすく伝られます

キャラクターやオブジェクトを用いてストーリーを展開することで、視聴者の理解を深めることができるのです。

例えば、人材関係の業務で導入すると問題が解決する、等のサービス説明や、その成果などについては、実写ではなかなか表現するのは難しいです。

具体的なイメージや抽象的な概念も、アニメーションを通じて直感的に理解できるため、教育用コンテンツや商品説明など、多様な用途に適しています。

再編集しやすい

アニメーション動画は、再編集がしやすいことも大きなメリットです。

後からでも簡単に修正や変更が可能で、実写動画では再撮影が必要な場合も、アニメーションならば素材の変更や追加が容易に行えます。

市場の変化や情報の更新が必要な場合も、アニメーションなら元の素材を再利用し、追加や修正もしやすいです。

そのため、長期的なプロジェクトや更新が頻繁に必要なコンテンツ制作において、柔軟な対応が可能です。

幅広いシーンで活用できる

アニメーション動画は汎用性が非常に高く、さまざまなシーンでの活用が可能です。

企業のプロモーション、教育、広告、ソーシャルメディアコンテンツなど、幅広い分野で効果的に使用できます。

視聴者の興味を引きつけるアニメーションは、メッセージを効果的に伝えるための強力なツールといえるでしょう。

アニメーション動画の種類

アニメーション動画といってもたくさんの種類があります。

まずはアニメーション動画の主な種類がどんなものか、見ていきましょう。

  • スライドショー型
  • モーショングラフィックス
  • 会話劇
  • ホワイトボードアニメーション
  • パラパラ漫画
  • フレームバイフレーム
  • キャラクターアニメーション
  • フルアニメーション
  • ストップモーションアニメーション
  • 3Dアニメーション

スライドショー型

スライドショー型のアニメーションは、一連の静止画像を順序良く表示して動画進行をしていく、非常にシンプルな手法です。

音楽やテキスト、簡単なアニメーション効果を加えることがほとんどで、製品の紹介や企業のプレゼンテーションに適しています。

低コストで制作が可能なため、予算に制約のある場合にも活用できます。

モーショングラフィックス

参考動画:ヤフー データソリューション

モーショングラフィックスは、テキスト、イラスト、ロゴなどの静止画素材に動きを加えた動画のことです。

この画面上の動きが視覚的な魅力を生み出し、視聴者の注意を引きつけつつ、情報をスムーズに伝えます。

広告やウェブサイト、教育資料などでよく使用され、特に技術的な内容が複雑な製品やサービスの説明など、無形商材を扱う企業におすすめです。

会話劇

参考動画:紙兎ロペ

会話劇アニメーションは、キャラクター同士の対話を通じて情報を伝える手法です。

キャラクターの表情やジェスチャーが視聴者に感情移入しやすくし、メッセージをより印象深く伝えられます。

特に教育や広告分野で効果的に利用されており、企業が独自のキャラクターを用いる場合はグッズ化等の動画制作のみに終わらない、多岐にわたる制作が期待できるでしょう。

ホワイトボードアニメーション

黒板や白いボード上に手書きのイラストが描かれ、物語が進行していくスタイルがホワイトボードアニメーションです。

この種類のアニメーションは、ストーリーの流れが視覚的に追いやすく、複雑な情報やプロセスをわかりやすく説明するのに適しています。

また、ライブ感があるため興味を引きやすく、視聴者が飽きにくいという特徴もあります。

教育やサービス紹介・企業紹介などのビジネスプレゼンテーションで利用されることが多いです。

パラパラ漫画

参考動画:鉄拳×国立国際医療研究センター病院

パラパラ漫画スタイルのアニメーションは、手描きのイラストを高速で切り替えて動きを表現します。

パラパラ漫画はとても個性的な手法で、手軽なタッチで親しみやすく、感情的な物語やユニークなキャラクターを表現するのに適しています。

そのため、結婚式などの個人的なイベント、企業のブランディング動画、プロモーションビデオに使われることが多く、オリジナリティを重視する場合に最適です。

フレームバイフレーム

フレームバイフレームアニメーションは、1秒間に複数の静止画を連続して映し出す手法です。

アニメや映画でよく見られる手法で、各画像は手描きやコンピュータグラフィックスで制作され、非常に滑らかな動きを表現できます。

詳細な表現が可能で、映画やテレビ番組、広告などで広く利用されています。

キャラクターアニメーション

参考動画:サムティ

キャラクターアニメーションは、人物や動物などのキャラクターに動きをつけていく動画です。

登場するキャラクターによって視聴者に動画への興味を引き、メッセージを共感してもらいやすくする効果があります。

そのため、オリジナルキャラクターを制作する場合は、デザインや声など、総合的に企業と合致しているかが重要です。

企業のイメージキャラクターを用いることでブランドの認知度向上に寄与し、印象に残りやすい動画を制作できます。

フルアニメーション

参考動画:日清食品

フルアニメーションは、キャラクターや背景が全てアニメーションで表現される高度な手法です。

キャラクターの細かい動きや表情、環境のディテールまで丁寧に描かれるため、リアルな世界観を作り出すことができます。

映像の美しさが特徴ですが、その分制作費や制作期間が長くなります。

この動画タイプは、高品質なアニメーション映画やテレビシリーズ、制作費が潤沢な広告に適しています。

ストップモーションアニメーション

参考動画:旭化成

ストップモーションアニメーションは、実際の物体を少しずつ動かしながらコマ撮りすることで、一連の動画を作成します。

クレイアニメーションやカットアウトアニメーションがこのカテゴリーに含まれます。

この手法は視覚的に独特で、ぬいぐるみやおもちゃなどを使用するため親しみやすい動きや表現が可能ですが、制作には多大な時間とコストが必要になります。

特に子供や若年層に人気があるため、教育コンテンツや子供向けのプロモーションに用いられることが多いです。

3Dアニメーション

参考動画:Panasonic


3Dアニメーションは、コンピュータを使用して3次元のグラフィックを作成し、動きをつける技術です。

現実に近い表現が可能で、立体的な視覚効果を生かした映像は、視聴者に深い印象を与えられますが、独自のモデル作成が必要なため、費用は数百万ほどになることも。

教育的な内容やエンターテイメントに広く用いられており、特に製品の紹介では、より鮮明で詳細なグラフィックで表現できるため重宝されます。

アニメーション動画の作り方の流れ

それでは、アニメーション動画の作り方について順を追って見ていきましょう。

  1. 企画・構成
  2. 絵コンテ作成
  3. 素材作成
  4. 中割り作成・彩色
  5. 編集

1:企画・構成

まず、アニメーション制作自体に入る前に、動画の目的やターゲット、伝えたいメッセージを明確にします

企画の内容が固まったら、実際の動画制作にあたって、以下を決定していきましょう。

【構成で決定すること】

  • 動画の長さ
  • 動画のストーリー(内容)
  • キャラクターの性格設定
  • 動画のトーンやスタイル(世界観)

動画の尺やシーンの構成、ビジュアルスタイルなど、全体の流れを設計したら、次にシナリオ作成に入っていきます。

この段階での決定事項は、後の制作工程に大きな影響を与えるため、慎重に考慮する必要があります。

時間をかけて適宜修正を行いながら、全体像をしっかりと固めていきましょう。

また、単発ではなくシリーズ化する場合は、その後の展開の仕方も視野に入れ、次につながる動画の要素も必要です。

2:絵コンテ作成

シナリオを作成したら、キャラクター設定などを元に、絵コンテを制作します。

絵コンテは、アニメーションの「青写真」とも言えるもので、シーンごとの構図やキャラクターの動き、セリフ、効果音の指示を含んだ詳細な映像プランです。

絵コンテには、映像の流れやキャラクターの感情の動きを視覚化し、シーンの構成やカメラの動きを具体的に描き出します。

動画のなかでの映像の切り替わりやアングル、効果、背景なども指定していきましょう。

絵コンテは、視聴者にどのような視覚体験を提供するかを詳細に計画し、アニメーションの全体像を形作る、制作の元や見本となるものです。

丁寧に作っておくと、あとの制作がよりスムーズに進みます。

3:素材・原画作成

素材作成段階では、アニメーションに必要なすべてのビジュアル要素を制作します。

キャラクターのデザイン、背景、小物などが含まれ、各要素の細部にも注意を払い描いていきます。

キャラクターデザインでは、表情や衣装、ポーズなどを細かく考慮し、背景では、物語の世界観を反映させるための色彩やテクスチャーも慎重に行いましょう。

素材を作成したらそのデータを元に、アニメーションのポイントとなる箇所の原画を制作していきます。

表現したい動作によって描く枚数は変動し、滑らかな動きをつけたい場合は、描く枚数が多くなっていきます。

ここでの素材はアニメーションの質を左右するため、細部にわたって丁寧に作業を行いましょう。

4:中割り作成・彩色

原画を作成したら、アニメーションの流れを滑らかにするために重要な中割りの制作に入ります。

中割りは、原画の間に挿入される原画の間の動きを描いたイラストのことで、キャラクターやオブジェクトの動きが自然に見えるようになります。

アニメーションの細かな動きや遷移を注意深く描き、一貫性を保ちつつ、動画の動きがなめらかになるように描いていきましょう。

彩色段階では、色彩を加え、光と影の効果を使って、アニメーションに深みとリアリティを与えていきます。

5:編集

すべての素材が揃ったら、編集作業に移ります。

編集では、絵コンテに基づき、素材を組み合わせて連続する映像に仕上げます

不要な箇所があれば修正をし、カットの順序やタイミングの調整、効果音や音楽の追加、テキストやタイトルの挿入など、総合的な仕上げを行います。

編集の工程では、全体の流れやリズムを考慮し、視聴者にとって魅力的で理解しやすい映像作品を目指します。

音声を入れる場合は、映像ができてきた状態で録音を行い、整音後、最後に映像と重ねて違和感がないよう、タイミングや音量など、映像になじむように調整します。

最終的な試写と微調整を経て、アニメーションは完成です。

アニメーション動画のツール選びのポイントは?

アニメーション動画を自社内製する場合に重要なのが、制作ツールです。

アニメーション動画の制作におけるツール選びは、使用目的や利便性に大きく左右されます。

現在はパソコン以外に、簡易的な動画であればスマホで制作できるものもあります。

まずは制作をパソコンで行うかスマホで行うかを決定し、最適なツールを選びましょう。

アニメーション動画を制作するならパソコンかスマホか

デバイス パソコン スマホ
メリット
  • 細かい編集がしやすい
  • 容量が大きい
  • 長時間動画にも向いている
  • 高性能なソフトや機材が導入できる
  • 作業環境を気にせず外出先でも手軽に編集できる
  • 初心者向きのソフトも多数ある
  • 比較的安価で始められる
  • 短時間の簡単な編集に向いている
デメリット
  • 作業環境が限られている
  • 費用がかかる
  • 画面が小さいため細かい編集に不向き
  • 容量が小さい
  • 作業できることが限られる

パソコンはその大画面とマウス操作で、細かい編集やテロップの挿入がしやすいことが特徴で、クオリティの高い動画を制作できます。

豊富な容量があるため、長時間の動画編集にも適しています。

一方、Wi-Fi環境が必要な場合や、移動中や移動先での利用には不便さがあるため、常に作業環境を選ぶ必要があります。

対照的に、スマホは携帯性に優れ、どこでも手軽に編集作業が行えるのが最大のメリットです。

無料のアプリも豊富にあり、初心者でも簡単に動画編集を始められます。

しかし、スマホは画面の小ささや容量の限界から、長い動画の編集や細かいカスタマイズが難しいというデメリットもあります。

スマホは短い動画やシンプルな編集に適しており、手軽に動画制作を楽しみたいユーザーには適しているでしょう。

アニメーション動画のツール選びは、パソコンとスマホそれぞれの特性を理解し、ご自身の目的や作業環境に合わせて選ぶことが重要です。

ですが、企業として動画を制作する限りでは、ある程度のクオリティが必要となります。

自社内製では難しい場合や、高品質はアニメーション動画を制作する場合は、制作会社やクリエイターへ依頼をしましょう。

アニメーション動画で使用するツール選びのポイント

それでは、ご自身でアニメーション動画を制作する場合に、ツール選びで気をつけたいポイントについて、以下3点を解説します。

  1. 費用対効果に見合っているか
  2. テンプレートや素材が豊富か
  3. マニュアルや使用フォローはしっかりしているか

費用対効果に見合っているか

アニメーション動画のツール選びで最も大切なのは、費用対効果に見合っているかどうかです。

使用するツールは、制作の目的や期間、利用する人員のスキルに合わせて選ぶ必要があります。

有料ツールは高機能で高品質な作品を作成できますが、無料ツールも手軽さと基本的な機能を備えています。

大掛かりな制作でない場合や、かなり利用範囲が狭い場合などは、無料ツールで十分なこともあるでしょう。

予算内で使用できる範囲と追加費用の有無を確認して、コストパフォーマンスに優れたツールを選びましょう。

テンプレートや素材が豊富か

ツールに備わっているテンプレートや素材の種類や量も大事です。

多様なキャラクターテンプレートやエフェクトがあれば、作業効率が大幅に向上し、よりオリジナル性の高い作品を作ることができます。

素材が少ないと、時間と労力を要する自作が必要になることも多いでしょう。

特に初心者の場合は、自作となるとどれくらいの時間や作業量を要するかわかりません。

効率的な制作のためには、豊富な素材を提供しているツールを選びましょう。

マニュアルや使用フォローはしっかりしているか

アニメーション動画制作は複雑な作業が伴うため、初心者にとってマニュアルがしっかりしているかどうかは非常に重要です。

ツールを導入する前、にマニュアルが詳しく、わかりやすいかどうかを確認しましょう。

特に海外製品の場合、英語のみのマニュアルだと理解が難しい場合もあるため、日本語でのサポートがあるかも重要なチェックポイントです。

十分なサポートがあれば、トラブル発生時の迅速な対応が可能になり、動画制作が滞る心配が少なくなります。

アニメーション動画を制作するなら作り方を心得ている「Video Works」!

VideoWorksバナー①-20231023

アニメーション動画は、手軽にできそうな簡易的なものから、専門的な技術や知識が必要な本格的なものまで、実に幅広く、そのなかでもいくつものスタイルがあります。

アニメーションを制作する作業や物理的なソフトなどだけではなく、制作までに必要な企画構成にも、アニメーション動画に関する正しい知識が必要だとわかりました。

できれば自社で制作できれば費用も抑えられますが、簡易的な動画ならともかく、本格的なアニメーションはプロに依頼しなくては制作できません。

ですが、実際にプロに依頼するとしても、どこに依頼すればいいのかわからない、という方も多いでしょう。

制作会社やフリーランスを調べて問い合わせて…と一つひとつ対応していくにも、かなりの時間を要します。

そこでおすすめなのが、一括依頼でさまざまなクリエイターや制作会社から提案がもらえる「Video Works」です!

Video Worksは、映像制作希望者とフリーランスのクリエイティブをつなぐマッチングサービスです。

業界最高水準のスキルを持ったさまざまなクリエイターが登録しており、今まで出会えなかったクリエイターとの新たな出会いも大きな魅力です。

おすすめポイント①:アニメーション動画を含め制作実績が豊富

Video Worksは、アニメーション動画制作を含め、さまざまなジャンルの制作実績が豊富です。

年間で1,000件以上の案件を承っており、リピーターが多いことからも満足度の高さがうかがえます。

多岐にわたるジャンルで豊富な経験を持つクリエイターが登録しているため、編集だけ、彩色だけ、ナレーション制作だけなど、特定のニーズにも柔軟に対応できます。

さらに、独自の厳しいスキルチェックにより高品質な制作が可能で、クリエイターのプロフィールや実績はサイト上で簡単に確認できます。

Video Works制作実績①:「司法書士法人A.I.グローバル」採用向け会社紹介動画

Video Works制作実績②:早稲田大学スポーツ科学学術院(細川研究室)様 小学生向けの教育ショートアニメーション

Video Works制作実績③:GMOクリエイターズネットワーク株式会社様 FREENANCE byGMOのサービス説明動画

おすすめポイント②:アニメーション動画も数万円〜依頼できる

数万円からの低価格でアニメーション動画の依頼が可能なこともVideo Worksの魅力です。

企画から丸ごとの制作依頼から、シナリオ制作やナレーションといった部分的な依頼も可能です。

また、代理店を介さず直接クリエイターに直発注できるため、コストパフォーマンスが高く、数万円〜依頼できます。

依頼方法も、サイトに利用登録したあと、予算や依頼内容を専用フォームに記入するだけ。

内容を運営側でチェックした後、クリエイターに一斉に依頼が公開され、クリエイターから提案が受け取れます。

依頼候補先ごとに見積りをとったり問い合わせたりする必要がないので、発注までの手間が大幅に短縮できます。

おすすめポイント③:最短即日で発注できる

述べ10,000名以上のクリエイターが登録しているため、依頼に対して提案がきやすく、最短即日での発注も可能です。

万が一、適切なクリエイターが見つからない場合でも、専任のコンシェルジュが適切なマッチングを提案してくれるので、安心して依頼できます。

また、クリエイターには発注前にオンラインで面談もできるため、細かい部分の相談をしてから決められます。

思いがけないクリエイターからの提案を受け取れることもあるので、新しいクリエイティブな出会いが期待できることも魅力のひとつです。

まとめ 〜アニメーション動画の作り方を把握して効果的な動画を制作しよう〜

本記事では、アニメーション動画の種類や作り方をメインに解説しました。

また、アニメーション動画を自社内製する場合のツールの選び方についてもまとめました。

最後に全体をおさらいしておきましょう。

  • アニメーション動画は、制作コストを抑えやすく、わかりやすい動画制作に適している
  • 活用シーンの幅が広く、さまざまな動画ジャンルで用いられている
  • アニメーション動画は制作方法により、たくさんの種類がある
  • アニメーション動画は、企画構成、シナリオ作り、絵コンテ作成、原画・中割作成と編集の5ステップでできている
  • パソコンでの制作は、長時間動画や容量を利用する手の込んだ制作に向いている
  • スマホでの制作は、手軽に編集できる短時間でシンプルな制作に向いている
  • 自社内製で対応できない場合や本格的なアニメーション動画を制作する場合は、外注をする

ぜひ内容を参考にして、用途やニーズに合ったアニメーション動画を制作しましょう。

そして、アニメーション動画を外注する場合や、自社内製でお困りの場合は、ぜひVideo Worksまでご相談ください!

高い経験とスキルを持ったクリエイターたちが、新たな出会いと作品づくりを心待ちにしています。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。