動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
アニメーション動画

アニメーション動画の制作費用・相場はどれくらい?安く外注するポイントも解説

アニメーション動画の制作費用・相場はどれくらい?安く外注するポイントも解説
B!

「アニメーション動画って制作依頼を出すと相場はどれくらい…?」
「制作会社に外注するのは不安…」

アニメーション動画の制作を外注したいとき、こうお考えの方もいることでしょう。

費用相場や制作期間の目安がイマイチつかめず、制作依頼を出すのに踏みとどまってしまう方は多いです。

今回はそんな方に向けて、アニメーション動画の制作の費用相場について、動画の種類別で詳しく解説していきます。

目次

アニメーション動画の制作費用・相場はどれくらい?動画の種類別で解説

アニメーション動画と一口にいっても、その種類はさまざま。ここでは動画の種類別で費用相場を解説します。

■アニメーション動画の制作費用・相場

アニメーション動画の種類 費用相場 制作期間の目安
スライドショー 10万円~25万円 1週間~2週間
モーショングラフィックス 30万円~200万円 1.5ヵ月~2カ月
会話劇 50万円~80万円 1.5ヵ月~2カ月
ホワイトボードアニメーション 50万円~100万円 1ヵ月~3カ月
パラパラ漫画 80万円~150万円 2ヵ月~3カ月
フレームバイフレーム 300万円以上 3カ月以上
3Dアニメ 200万円~500万円 2ヵ月~3カ月
キャラクターアニメーション 50万円~150万円 2ヵ月~3カ月
フルアニメーション 300万円以上 3ヵ月~6カ月
ストップモーションアニメーション 20万円~50万円 1ヵ月~2.5カ月

スライドショーの費用相場:10万円~25万円

費用相場 10万円~25万円
制作期間の目安 1週間~2週間

スライドショー型のアニメーション動画は、連続したカットを用いたシンプルな構成の動画です。

このタイプの動画は、編集作業が比較的簡単で、1週間から2週間という短期間での完成が見込まれるため、その分費用も抑えられます。

特にSNSの短いWeb広告での利用に適しており、制作費は10万円から25万円が相場です。

また制作会社によって既存のイラストを活用することも多く、予算を低く抑えながらサービス・商品の紹介ができます。

他の種類の動画と比べてアニメーション自体のクオリティは低くなりやすいですが、効果的なコミュニケーションツールとしての役割は十分に期待できるため、低コストで用意したいときには最適な選択肢といえます。

モーショングラフィックスの費用相場:30万円~200万円

費用相場 30万円~200万円
制作期間の目安 1.5ヵ月~2カ月

モーショングラフィックスは、ロゴやイラスト、文字などの静止画に動きを付加した動画のこと。

予算と納期を抑えつつも、サービスの特徴を分かりやすく伝える効果があります。

この種の動画は、特に技術的な内容が複雑な製品やサービスの説明に適しており、SaaSやクラウドサービスなどの無形商材を扱う企業におすすめです。

費用相場は30万円から200万円と幅広く、制作期間は通常1.5ヶ月から2ヶ月が目安です。

動きのなめらかさや表現の複雑さによって価格が上昇し、イラストのオリジナル制作やベクター素材の購入にも費用が変動します。

会話劇の費用相場:50万円~80万円

費用相場 50万円~80万円
制作期間の目安 1.5ヵ月~2カ月

会話劇アニメーションは、キャラクターが対話することで情報を伝える手法で、耳に残りやすく理解を促進します。

制作には50万円から80万円の予算を見込むことが一般的ですが、キャラクターの原作使用料や声優の起用などで追加費用が必要になります。

親近感を持たせるキャラクター選定や声優の演技力が、動画のクオリティを大きく左右するため、こうした要素は予算内で最適な選択をするのが重要です。

動画の制作期間は平均して1ヶ月半から3ヶ月程度が必要とされますが、細かな動作を省いて描く絵の枚数を減らすことで効率的に制作できます。

企業が独自のキャラクターを用いる場合はグッズ化などの権利関係も考慮し、追加の権利料を準備する必要があります。

会話劇アニメーションはその多機能性により、メッセージの明確な伝達を目指す際に特に効果的であり、費用と利益を天秤にかけた戦略的な投資といえます。

ホワイトボードアニメーションの費用相場:50万円~100万円

費用相場 50万円~100万円
制作期間の目安 1ヵ月~3カ月

ホワイトボードアニメーションは生の描画プロセスを通じて情報伝達するスタイルで、サービス紹介や企業理念の説明などに効果的です。

手書きの温もりと直感的な描画は、視聴者に対して即座に関心を喚起し、理解を促す力があります。

またテロップや図解を利用して、内容の重要点を視覚的に際立たせられるのもポイントです。

ソフトウェアを利用して自作もできますが、オリジナリティを出すためにはプロの制作会社への依頼がおすすめです。

依頼することでオリジナルイラスト、練り込まれたストーリー、専門のナレーション、適切なBGMを含めた高品質な動画を作成してもらえます。

制作にはおおむね1ヶ月から3ヶ月ほどが見込まれますが、この制作期間はクライアントの要求する動画の複雑さによって変わってきます。

パラパラ漫画の費用相場:80万円~150万円

費用相場 80万円~150万円
制作期間の目安 2ヵ月~3カ月

パラパラ漫画は、手書きの絵を次々と切り替えることにより動きを表現するアニメーション手法です。

結婚式などの個人的なイベント、企業のブランディング動画などでよく用いられており、手軽なタッチで親しみやすさを演出できます。

各絵をイラストレーターが一枚ずつ丹念に描くため時間と労力がかかり、その結果として制作費は高めに設定されます。

通常、このタイプの動画制作には2ヶ月から3ヶ月の期間を要します。

白黒のシンプルな構成・デザインが主流ですが、BGMやナレーションを加えることでさらにドラマティックな仕上がりを期待できます。

パラパラ漫画は、その視覚的魅力を活かしてメッセージを短時間で強く印象付ける効果があり、特にSNSでの共有を目的とした内容には最適です。

フレームバイフレームの費用相場:300万円以上

費用相場  300万円以上
制作期間の目安 3カ月以上

フレームバイフレームアニメーションは、1秒間に複数の静止画を連続して映し出す手法。

アニメや映画でよく見られる手法で、特に企業のブランディングやテレビCMに好まれます。

費用は300万円をスタートラインに、タイアップするイラストレーターやキャラクターの知名度によって価格が大きく変動します。

有名なアニメ作品とのコラボレーションや人気監督の参加は価格をさらに押し上げ、時には1,000万円を超えることも珍しくありません。

制作期間は最低3ヶ月を見込み、多くの場合、大手の制作会社が手掛けることが一般的です。

このアニメーション形式はフレーム数の増加に比例してコストも上昇し、その精密さが予算に反映される傾向にあります。

3Dアニメの費用相場:200万円~500万円

費用相場 200万円~500万円
制作期間の目安 2ヵ月~3カ月

3Dアニメーションは、3次元空間を活用して深みのある映像を生み出す手法です。

独自のモデル作成が必須でその費用は200万円から始まり、複雑さに応じて500万円を超えることもあります。

この種のアニメーションだとキャラクターやオブジェクトをリアルに描写でき、特に商品の紹介やサービスの擬人化に有効です。

作成したモデルは長期的に使用しやすく、シリーズもののコンテンツ制作にも適しています。

立体感のある映像が求められるプロジェクトや、詳細な説明を必要とする場面での採用が増えているため、初期投資に見合う価値が見込まれます。

キャラクターアニメーションの費用相場:50万円~150万円

費用相場 50万円~150万円
制作期間の目安 2ヵ月~3カ月

キャラクターアニメーションも、視聴者に強い印象を与える効果的なマーケティングツールです。

登場するキャラクターが企業のイメージを体現し、ナレーションやオリジナル楽曲と組み合わせることで、記憶に残りやすくなります。

特にオリジナルキャラクターを使用する場合、そのデザインや声の選定にはプロの手が必要です。これによりブランディング面を強化し、他社との差別化を図れます。

制作費用の相場は50万円から150万円で、制作期間は概ね2ヶ月から3ヶ月が目安です。

有名キャラクターを使用する場合や、新規にキャラクターを作成する場合は、それぞれ使用料や制作費が加算されます。

フルアニメーションの費用相場:300万円以上

費用相場 300万円以上
制作期間の目安 3ヵ月~6カ月

フルアニメーションの動画は、テレビアニメや映画のようにキャラクターや背景が自然に動くハイクオリティな動画です。

映像の美しさが特徴的で、視聴者を一瞬でその世界観に引き込めるのがポイントです。

このタイプのアニメーションは、ストーリー性が高くブランドコンセプトや世界観の伝達に適しています。

制作には時間と手間がかかり、費用相場は300万円以上。有名アニメーターを起用する場合、費用は1,000万円を超える可能性もあります。

制作期間は3ヶ月から6ヶ月が目安です。

大手企業や若年層をターゲットにした商品・サービス紹介に最適で、他社との差別化や話題性を狙うのにも有効です。

ストップモーションアニメーションの費用相場:20万円~50万円

費用相場 20万円~50万円
制作期間の目安 1ヵ月~2.5カ月

ストップモーションアニメーションは、静止している物体を少しずつ動かし、コマ撮りすることでアニメーションを作成する技法です。

ぬいぐるみやおもちゃなどの物体を用い、その動きを通じて物語を展開していきます。

特に子供や若年層に人気があり、視覚的にもインパクトが強く印象に残りやすいです。

費用相場は20万円から50万円程度で、制作期間はおよそ1.5ヶ月から2.5ヶ月が目安となります。

ストップモーションアニメーションはその独特のカクカクとした動きが魅力で、教育コンテンツや子供向けのプロモーションに特に適しています。

また中高年層には懐かしさを感じさせることもあり、幅広い年齢層にアピールできるのもポイントです。

アニメーション動画の制作費用を安く抑えるには?

アニメーション動画の制作を依頼するとなれば、制作コストを抑えられないか考えたいところ。

制作費用を抑えたいときは、下記の点に留意するのがおすすめです。

  1. 自社で動画制作を内製できるか確認する
  2. アニメーションの尺を短くする
  3. 自社でイラストやフリー素材を用意する
  4. 個人の動画クリエイターに依頼する

自社で動画制作を内製できるか確認する

アニメーション動画の制作費用を少しでも抑えるためには、自社でできる範囲の制作作業を内製するのが効果的です。

企画構成やシナリオ作成、絵コンテなど、自社内のリソースを活用して制作の準備段階を進めることで、外注費用を大幅に削減できます。

また自社で用意できる素材があれば、それらを利用することで、制作に必要なイラストや画像の制作コストを抑えられます。

自社での内製が難しい場合でも、動画制作の目的やターゲット、メッセージなどの詳細な要件を明確にしておくことで、制作会社とのコミュニケーションがスムーズになり、余計なコストの発生を避けられます。

たとえば自社のマスコットキャラクターやブランドカラーを動画に反映させるなど、ブランディングに直結する要素を取り入れることで、制作費用を削減しながらも、効果的な動画制作を実現できます。

自社内での準備と外部への依頼のバランスをうまく取りながら、コストパフォーマンスの高い動画制作を目指しましょう。

アニメーションの尺を短くする

アニメーション動画の制作費用を抑えるためには、動画の尺を短くするのも効果的です。

動画の長さが短いほど制作に必要な時間とリソースが減少し、結果的に費用も下がります。

コスト削減を重要視するのであれば、一般的に60秒から90秒程度の尺に収めることがオススメです。

この時間内に必要な情報を凝縮し、伝えたいメッセージを明確にすることで、効果的かつ経済的なアニメーション動画を制作できます。

さらにメッセージを絞り込むのも重要です。内容が複雑化すると、視聴者がメッセージを理解するのが難しくなるため、単一の明確なテーマやアイデアに焦点を当てることが望ましいです。

動画の目的やターゲットオーディエンスに合わせて必要な情報のみを伝えることで、視聴者に刺さる動画を作成できます。

また制作会社との相談を通じて、動画の長さと内容のバランスを取ることも大切です。

効率的なプランニングとクリエイティブなアプローチで、予算内で高品質なアニメーション動画を実現できます。

自社でイラストやフリー素材を用意する

自社のロゴやマスコットキャラクターなど、既に保有しているグラフィック資源を動画制作に活用することで、新たなイラスト制作にかかる費用を抑えられます。

自社で用意することで、動画のオリジナリティは保ちつつコストを削減するのに一役買ってくれます。

また著作権フリーのイラストや写真、音楽素材などを活用もコスト削減につながります。

これらのフリー素材は特にブランディングに直接関わらない部分での利用に適しており、クオリティの高い素材が無料または低コストで入手できます。

フリー素材を利用する際は著作権や利用規約を確認し、適切に利用するのが重要です。

このように自社資源とフリー素材の組み合わせにより、効果的かつ経済的なアニメーション動画の制作を実現できます。

個人の動画クリエイターに依頼する

個人クリエイターは制作会社に比べて運営コストが低いため、同等の作業をよりリーズナブルな価格で提供できるケースが多いです。

しかし価格だけでクリエイターを選ぶのではなく、そのクオリティや過去の実績も重要な選択基準になります。

特に、企業のブランドイメージに影響を及ぼす動画制作の場合、価格だけでなく、提供される動画の品質や、クリエイターの専門性、信頼性を慎重に評価するのがポイントです。

過去の作品やクライアントの評価を確認することで、クリエイターの技術レベルや信頼性を判断できます。

また個人クリエイターへの依頼は、特定の制作作業だけを依頼する場合など、柔軟な対応ができるのも魅力です。

ただし一般的に個人クリエイターは制作の幅が限られていることもあるため、プロジェクトの要件に合わせて適切なクリエイターを選ぶことが重要です。

アニメーション動画の制作を外注するときの注意点

アニメーション動画の制作を外注する際は、以下の点に注意しましょう。

  1. 動画のイメージや目的を明確にする
  2. 動画制作会社での制作実績・料金体系をチェックする
  3. 動画制作時に使うイラストの著作権の確認

動画のイメージや目的を明確にする

アニメーション動画の制作を成功させるためには、まずは動画のイメージや目的を明確に定義しましょう。

ターゲットオーディエンスや伝えたいメッセージを明瞭にすることで、制作会社とのコミュニケーションが円滑になり、望む成果を得やすくなります。

またアニメーションに込めるべきコンセプトやスタイルを決める際、自社のブランドイメージや市場での立ち位置を考慮することも重要です。

これにより目的に適したアニメーションの方向性が定まり、効果的な動画制作ができます。

さらに予算やスケジュールの制約を念頭に置きつつ、動画のスコープを絞り込むことも大切です。

動画の長さ、スタイル、内容の範囲を事前に決定することで、制作過程での無駄な時間やコストの発生を防げます。

最終的には、明確なビジョンと具体的な要件を持って制作会社にアプローチすることが、求める動画の制作・完成につながるカギとなります。

動画制作会社での制作実績をチェックする

アニメーション動画の制作を外注する際には、制作会社の実績を入念に確認することが重要です。

自社のイメージや目指す方向性にマッチする作品を手掛けているかどうかを検証しましょう。

これは、制作会社がどのようなスタイル・ジャンルの動画に強みを持つかを理解するために不可欠です。

制作会社のWebサイトやポートフォリオを参照し、過去のプロジェクトや顧客のフィードバックを確認して、その制作会社のスキル・経験を見極めましょう。

動画制作時に使うイラストの著作権の確認

アニメーション動画制作を外注する際には、使用するイラストの著作権を確認するのも極めて重要です。

一般的に、イラストの著作権は制作したクリエイターや会社に帰属します。

したがって動画で使用したイラストを別の目的で再利用したい場合は、著作権の所有者から使用許諾を得る必要があります。これを怠ると、著作権侵害のリスクが生じます。

契約時に、イラストの著作権がどのように取り扱われるかを確認し、必要に応じて使用権や著作権の譲渡を明確に取り決めることが肝要です。

特に、自社の広告やブランディングにイラストを積極的に使用したい場合は、著作権の譲渡に関する追加料金が発生するかもしれない点を注意深く確認しましょう。

またイラストを複数の場面で利用したいと考えている場合、これらの条件を最初の契約時に明示することで、後々のトラブルを防げます。

著作権の取り決めは動画制作の品質や予算に直結するため、契約前の段階でしっかりと確認し、適切に対処することが重要となります。

アニメーション動画の制作なら「VideoWorks」におまかせ

https://videoworks.com/wp-content/themes/videoworks

VideoWorksは個人のクリエイターに動画制作を直接依頼できる、新しいプラットフォームです。

アニメーション動画の制作実績が豊富で、モーショングラフィックスの動画、キャラクターアニメーションの動画など幅広く対応しています。

アニメーション動画となると専門知識・技術がないと制作が難しく、個人に依頼しようと思っても制作できる人はすぐに見つからないものです。

VideoWorksでは特定の技術やアニメーション動画のトレンドを熟知したプロの動画クリエイターが揃っているため、ハイクオリティな動画制作をお約束できます。

また動画クリエイターからは制作にあたっての提案ももらえるため、ダイレクトに細かくやり取りをしながら、スピード感のある制作を実現できます。

またVideoWorksの場合は「ディレクターだけお願いします」「動画制作だけで大丈夫」みたく、ピンポイントでの制作依頼も承っていますから、無駄なくリーズナブルに済ませられるのもポイントです。

VideoWorksでのアニメーション動画の制作事例

ここではVideoWorksで実際にご依頼のあった、制作事例・実績を一部抜粋して紹介します。

ぜひご依頼にあたっての参考にしてくださいね。

事例①モーショングラフィックスの動画制作

クライアント情報 株式会社ワールドアライブ 様
案件の詳細 求人サイト「ドライバーコネクト」のリリースに向けた使用方法のアニメーション動画です。
利用者がわかりやすいよう課題喚起からサービス概要、メリットを絞って分かりやすく紹介しています。
動画の尺 1分07秒
制作費用 30万円~60万円
制作期間 1カ月
配信媒体 HP・コーポレートサイト/Youtube
仕事の請け方 クライアント様との直接取引

事例②キャラクターアニメーションの動画制作

クライアント情報 株式外社学研プラス 様
案件の詳細 新たに出版される書籍のPRをする上で動画を制作。
有名な漫画家さんのイラストだったため、それを最大限生かした動画にできるようストーリーなどを考慮しています。
書籍のイラストは別手配ですが、アニメーション化しやすいようデータを起こしました。
子供の興味が湧くよう、漫画形式でなくTVアニメのような動きにしています。
動画の尺 2:15
制作費用 30万円~60万円
制作期間 2カ月
配信媒体 LP・YouTube/広告(Web・テレビCM)
仕事の請け方 クライアント様との直接取引

まとめ~アニメーション動画の費用相場を押さえよう~

今回は、アニメーション動画の制作を外注するときの、費用相場について詳しく解説してきました。

改めて以下表をもとに、具体的に外注したい動画の費用感をチェックし、自社の予算と照らし合わせてみましょう。

■アニメーション動画の制作費用・相場

アニメーション動画の種類 費用相場 制作期間の目安
スライドショー 10万円~25万円 1週間~2週間
モーショングラフィックス 30万円~200万円 1.5ヵ月~2カ月
会話劇 50万円~80万円 1.5ヵ月~2カ月
ホワイトボードアニメーション 50万円~100万円 1ヵ月~3カ月
パラパラ漫画 80万円~150万円 2ヵ月~3カ月
フレームバイフレーム 300万円以上 3カ月以上
3Dアニメ 200万円~500万円 2ヵ月~3カ月
キャラクターアニメーション 50万円~150万円 2ヵ月~3カ月
フルアニメーション 300万円以上 3ヵ月~6カ月
ストップモーションアニメーション 20万円~50万円 1ヵ月~2.5カ月

またアニメーション動画の制作については、制作実績が豊富なVideoWorksにおまかせください。

VideoWorksでは専門知識・技術・トレンドをしっかり押さえたプロの動画クリエイターが揃っているため、ハイクオリティで満足のいく動画制作をお約束いたします。

関連記事

フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

研修動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

インタビュー動画の費用相場はどれくらい?制作料金を...

新着記事

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

テレビCMの値段や費用相場はどのくらい?制作費や放映費についても解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹底解説

YouTubeの再生回数を増やすコツ12選!カウント方法や仕組みから徹...

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイントを解説

YouTube広告の費用対効果は高い?広告の特徴や効果を上げるポイント...

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTubeでショート動画が再生されないのはなぜ?原因と解決方法は?

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げる制作ポイントも

YouTube広告の仕組みを出稿方式や課金方法とともに解説!効果を上げ...

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説!

YouTube広告の費用相場はどれくらい?種類や課金の仕組みも徹底解説...

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる方法は?

サービス紹介動画の制作メリットや活用シーンを徹底解説!動画の質を上げる...

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

タクシー広告は費用に対する効果はどれくらい?動画制作のポイントも

サービス紹介動画の活用事例9選!制作種類ごとにポイントも詳しく解説

サービス紹介動画の活用事例9選!制作種類ごとにポイントも詳しく解説

サービス紹介動画の作り方を初心者向けに解説!実写とアニメーションの制作の違いも

サービス紹介動画の作り方を初心者向けに解説!実写とアニメーションの制作...

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。