動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
テレビCM

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説
B!

「テレビCMをうってもなかなか効果が出ない…」
「効果の出るテレビCMの制作方法や運用方法を知りたい」

Web広告の存在感が日に日に高まる昨今、テレビCMを打って効果はあるのか、疑問に思う広報担当者もいらっしゃるでしょう。

テレビは若年層こそ視聴者数は減っているものの、親しみを持っている40代以上の世代はまだまだ視聴している方がいらっしゃいます。

そのため、テレビCMの制作や運用方法を工夫すれば、まだまだ費用対効果を高めていけます。

本記事では、テレビCMの効果について解説していきます。

効果が出にくい原因や、費用対効果を上げるポイントについてもまとめているので、テレビCMの放映についてお悩みの方は、ぜひ記事の内容をお役立てください。

VideoWorksバナー②-20231023

テレビCMの基本的な3つの効果を知ろう

虫眼鏡・ひらめきのイメージ

効果的なテレビCMを制作、放映するには、まずテレビCMの特性や効果を知っておくことが大事です。

テレビCMには、主に以下3つの効果や特徴があるとされています。

Speed UP

テレビCMの最大の強みは、情報を瞬時に大量の視聴者へ届ける力を持っていることです。

ほかの広告手段に比べて圧倒的なスピード感を実現できることが特徴です。

テレビCMでは1日に延べ数百万から数千万人にリーチでき、新しい商品やキャンペーンの認知がすばやく行えるだけでなく、市場での存在感をも高めてくれるでしょう。

対してインターネットでのWeb広告は数日以上かかると言われており、情報伝達の速さは大きな武器です。

Scale UP

テレビCMのもうひとつの強みは、より広範囲に届くということです。

テレビCMは、非常に多くの人々にリーチするため、ブランドや商品の周知に大変有効です。

ターゲットを狙い広告を展開するインターネット広告とは異なり、メインターゲットの周辺や、それ以外の人々にも届く周知範囲の広さがあります。

不特定多数の様々な年齢層や興味関心を持つ広い視聴者に到達することで、ブランドの認知度向上や話題性を作ることができるのです。

また、ある程度の費用をかけなければテレビCMは流せないので、認知度が上がると同時に、企業としての信頼度向上も期待できるでしょう。

Interest UP

テレビCMは、Interest、つまり興味関心を喚起する効果もあります。

テレビはその特性から、インターネット上のメディアのように探しにいくものではなく、テレビをつければ情報やエンタメが流れてくるため、視聴者が受動的になるという特徴をもっています。

そのため、テレビCMも受け入れられやすくなっており、それまで意識していなかった商品やサービスに対して好奇心を抱かせやすくなるのです。

ブランドや商品に対する興味を深め、消費者の購買意欲を高めることにもつながります。

テレビCMのメリット・デメリット

メリットとデメリットの比較のイメージ

テレビCMの効果や影響力は大きいですが、規模が大きい分メリットやデメリットも振り幅が大きくなります。

具体的にどういったメリットがあるのか、またどういったデメリットがあるのか見てみましょう。

メリット

  • サービスや企業の認知度向上
  • 商品やサービスの販売・売上促進
  • 世間からの信頼感を得やすい

サービスや企業の認知度向上

内閣府の消費動向調査によると、2023年テレビの普及率は2人以上の世帯で95.1%に達しており、いまだテレビは日常生活に密接に組み込まれています。

若者のテレビ離れが進む現代でも、テレビは大多数の人々にリーチする有効なメディアです。

そのため、広範囲の視聴者にリーチが可能なため、短期間で企業や商品の認知度を大幅に高めることが期待できます。

適切な番組や時間帯でCMを放送することで、新しい商品やサービスを市場に紹介し、広く知ってもらう基盤を築く一助になるのです。

商品やサービスの販売・売上促進

テレビCMは、商品やサービスの特徴を効果的に伝え、視聴者の購買意欲を刺激します。

例えば、高級感あふれる映像は富裕層にアピールし、清潔感のある映像は女性顧客の注意を引きやすくなります。

特に、インターネットでの検索や購入に先立って、商品やサービスに対する興味を喚起することで、売上の向上につながるメリットがあるのです。

世間からの信頼感を得やすい

テレビCMは、放送されるだけで一定の信頼性を消費者に与える効果があります。

テレビ局の厳しい審査基準をクリアしたCMは、その商品やサービスが一定の品質や倫理性を満たしていることの証となる側面も。

テレビCMには高額な投資が必要であるため、それを実施できる企業は安定した経営基盤を持つと見なされ、結果として消費者の信頼を獲得しやすくなるのです。

また、テレビCMを通じてブランドイメージを向上させることが可能で、長期的な顧客ロイヤルティの構築に貢献します。

デメリット

  • コストがかかりやすい
  • ターゲットを狙った放映がしにくい
  • 費用対効果を計測しにくい

コストがかかりやすい

テレビCMは他の広告手段と比較して、特に高額な投資が必要になります。

制作費用だけでなく、放映するためのメディア費もかさみます。

例えば、YouTubeなどの動画広告が月10万円程度から可能なのに対し、テレビCMは数百万円を超えることも珍しくありません。

しかし、その高いコストをかける価値は、テレビCMが持つ広範囲なリーチと影響力にあります。

多くの人へ迅速に情報を届ける能力は、テレビCMならではの強みです。

ターゲットを狙った放映がしにくい

テレビCMは広い範囲に情報を届けることができますが、特定のターゲットに絞った広告展開は難しい面があります。

例えば、特定の番組や時間帯にCMを放映しても、その視聴者全員が商品やサービスに興味を持っているわけではありません。

WEB広告のように細かいターゲティングが難しく、広告の効率性に課題が生じることがあります。

ターゲットに向けてどのように情報を届けるかが、テレビCMの戦略を練る際に重要な考慮事項となるでしょう。

費用対効果を計測しにくい

テレビCMの効果測定は、誰が実際にCMを見たか、また見た人がどのように反応したかを正確に把握することが難しいです。

インターネット広告のように、クリック数やコンバージョン率を直接測定することができないため、投資した費用に対する具体的なリターンを計算することが困難です。

調査による間接的な効果測定は可能ですが、その精度や速報性には限界があります。

この点が、テレビCMを検討する際の大きな課題となっています。

【動画制作】テレビCMの効果が出にくい原因

動画編集をする女性

「テレビCMをうってもなかなか効果が出てる実感が湧かない」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

次のCMを制作する前に、まずは思うように効果が出なかった原因を特定することが大事です。

CM動画の制作自体でなにか改善できるポイントはないか、主な原因となり得る以下のポイントに該当していないか、確認しましょう。

視聴者にわかりにくい内容になっている

テレビCMが効果を発揮しない大きな理由の一つは、伝えたいメッセージが視聴者にとって理解しにくいことが挙げられます。

商品やサービスの特徴、魅力を明確に伝えることなく、複雑で抽象的な内容になってしまうと、視聴者は何を伝えたいのかを見失ってしまいます。

また、あまりインパクトに寄りすぎてしまっても、「なんだかよくわからない」とスルーされてしまうことも。

効果的なCMを作るためには、目的を明確にし、その目的に沿ったシンプルで直接的なメッセージを構成する必要があります。

分析に基づいた企画と、視聴者が直感的に理解できるわかりやすい表現が求められます。

記憶に残る内容になっていない

CMの内容が視聴者の記憶に残らないことも、効果が出にくい原因です。

印象的なビジュアルやメッセージ、ストーリーテリングを用いて、視聴者の心を捉えることが重要です。

特に冒頭で強い印象を与え、視聴者が動画の残りを見たいと思わせ、最後まで見てもらう工夫が必要です。

例えば、ユニークなキャラクターやオリジナルのストーリーを用いることで、他のCMとの差別化を図り、視聴者の記憶に深く刻まれる内容を作り出せます。

CMの秒数に合った効果的な構成も大事になるでしょう。

トレンドを追えていない

現在のトレンドに合わせた内容でないと、特に若年層の視聴者からの関心を引きにくくなります。

トレンドを取り入れることで、CMに新鮮さを加え、視聴者の好奇心を刺激することが可能です。

ですは、トレンドを取り入れる際は、ブランドのアイデンティティとの兼ね合いを考え、無理なく自然に組み込むことが大切です。

トレンドを意識しつつも、独自性を失わないバランスが重要になります。

制作費用をかけすぎている

高額な制作費用を投じても、それが直接的な効果に結びつかない場合があります。

費用対効果を考えたCM制作が求められる中で、過度に高い制作費用は、結果として投資の回収が難しくなる原因となり得ます。

効果的なCMは、必ずしも高額な制作費用を要するわけではなく、クリエイティブなアイデアと戦略的なプランニングによって、コストを抑えつつも高い効果を生み出すことが可能です。

重要なのは、制作費用の規模ではなく、いかに予算内で目的に合った効果的なCMを制作できるかです。

【運用・出稿】テレビCMの効果が出にくい原因

 

次に、運用やCM出稿の側面から、テレビCMの効果が出にくい原因がないかを検証しましょう。

動画そのものが良くても、活かしきれていなくては意味がありません。

制作と同等、またはそれ以上に、数多あるテレビCMのなかから視聴者に注目してもらえる運用ができているか、CMを用いながら視聴者をゴールに向けた誘導を行えているかどうかは、とても重要です。

放映時間がターゲットにあっていない

テレビCMの効果を最大限に引き出すためには、ターゲット層がテレビを視聴している時間帯に放映することが重要です。

例えば、若年層をターゲットにした商品のCMを、彼らが学校や仕事で忙しい平日の昼間に放送しても、そのメッセージは届きません。

ターゲット層の生活リズムや視聴習慣を考慮し、彼らが最もテレビの前にいる可能性が高い時間帯を選ぶことが、CMの効果を高める鍵となります。

出稿タイミングが合っていない

商品やサービスの特性に合わせた出稿タイミングの選定も、CMの成功には不可欠です。

季節商品やイベント関連のサービスの場合、関連性の高い時期やイベント前にCMを放映することで、視聴者の関心を引きやすくなります。

逆に、タイミングを逃してしまうと、たとえ内容が良くても視聴者の興味を引くことは難しくなります。

そうした場合、コストだけがかかってしまい、思うような成果は期待できなくなってしまいます。

放映コストがかかりすぎている

高額な放映コストは、テレビCMの大きな障壁の一つです。

特にプライムタイムなどの視聴率が高い時間帯は、視聴者が多い分コストも高くなりがちです。

しかし、必ずしも高いコストをかければ効果が出るわけではなく、ターゲット層や目的に応じた適切な時間帯を選定することが、コストパフォーマンスの良いCM運用につながります。

中小企業であれば、地方テレビ局から放映を開始するなど、放映枠と定められいる放映料をしっかり把握して無駄のないようにしましょう。

テレビCM放映だけで終わっている

テレビCMの放映後、視聴者がさらに情報を得られるような仕組みを用意していない場合、CMの効果は半減してしまいます。

例えば、CMで興味を持った視聴者が詳細を知るために訪れるWebサイトの準備や、SNSでのフォローアップなど、マルチチャネルでのアプローチが重要です。

テレビCMとオンラインの連携を強化することで、CMの訴求力を高められます。

そもそもターゲットがテレビCMを見ていない層である

テレビCMでの課題のひとつとして、ターゲット層がテレビをほとんど見ていない、または全く見ないという現実です。

特に若年層は、インターネットやSNSを情報源として利用する傾向が強く、テレビの視聴率は年々低下しています。

このような状況では、ターゲット層に効果的にリーチするためには、Web広告やSNSを活用したマーケティング戦略が必要になります。

ターゲット層のメディア利用傾向を正確に把握し、適切なチャネルでの広告展開が求められます。

テレビCMの効果測定

資料のイメージ

効果の高いCM制作を行うには、効果測定はなくてはならないものです。

その効果測定は、テレビCMの放映前後でしっかりとデータや情報を集める必要があります。

この見出しでは、どのような情報収集が必要かを解説します。

放映前にデータを集めておく

【効果計測のために事前に用意しておくデータ】

  • テレビCMの目的と目標
  • KPI (重要業績評価指標) の設定
  • ペルソナとセグメント (見込み客グループ) の特定
  • サービスや商品の現在の数値・データ

テレビCMの効果を正確に測定するためには、放映前の詳細なデータ収集が不可欠です。

まず、広告の目的を明確に定義し、それに基づいた具体的な目標を設定します。

目標は、認知度の向上、ブランドイメージの確立、商品やサービスの理解促進、販売促進、顧客ロイヤルティの向上など、多岐にわたります。

これらの目標に対して、CM認知率や想起率、ブランドイメージ指標、商品・サービス理解度調査、売上目標、顧客獲得目標、顧客満足度調査、リピート率など、具体的なKPIを設定します。

ターゲット層を年齢、性別、職業、収入、ライフスタイル、興味・関心などで明確にし、CMの放映が最も効果的なセグメントを特定します。

事前にターゲット層のテレビCMに対する意識調査や、競合他社のCM調査を行うことで、自社のCMが市場にどのように位置づけられるかを理解できます。

さらに、自社の商品・サービス情報、販売状況、顧客情報、広告予算などの内部データも収集し、これらの情報を基に効果的なCMの企画・制作を行います。

CM放映後の効果測定がより精度高く、迅速に行えるようになります。

効果測定のための事前準備をしっかり行うことで、放映前後の数値を可視化しやすくできるため、CMの成功を左右する重要なステップと言えるでしょう。

放映後の測定方法4つ

  • GRP (Gross Rating Point)
  • GAP (Gross Attention Point)
  • Webサイトやほかメディアへの流入
  • 購入時のアンケート

GRP (Gross Rating Point)

GRPはテレビCMの広告効果を測る基本的な指標で、放映されたCMがどれだけの視聴者に届いたかを示します

この数値は、CMが放映された時間帯の視聴率と、そのCMが放映された回数を掛け合わせて算出されます。

例えば、視聴率が10%の時間帯にCMを3回放映した場合、そのGRPは30となります。

  • 視聴率10% × 3回 = 30
  • 視聴率15% × 2回 = 30

GRPが高ければ高いほど、多くの視聴者にCMが届いたことを意味しますが、視聴者がCMをどの程度意識して見たか、または見逃してしまったかはこの数値からは読み取れません。

そのため、GRPを効果測定の唯一の指標とするのではなく、他の指標と組み合わせて分析することが重要です。

GAP (Gross Attention Point)

GAPは、GRPの次に重要な指標で、視聴者がCMにどれだけ注目していたかを測るためのものです。

この指標は、センサーカメラなどの技術を用いて、視聴者がテレビ画面をどれだけの時間注視していたかを測定します。

1秒間画面を見ていれば1GAPとして計算され、この合計がCMの注視量を示します。

GAPにより、実際に視聴者がCMをどれだけ意識して見ていたか、その内容にどれだけ集中していたかが分かります。

GRPとGAPのデータを組み合わせることで、CMの到達度だけでなく、その内容が視聴者にどれだけ伝わったかをより正確に把握できます。

Webサイトやほかメディアへの流入

テレビCMの放映後、Webサイトや他のメディアへの流入増加を測定することも、CMの効果を評価する有効な手段です。

CMを見た視聴者が、放映された商品やサービスに興味を持ち、さらに情報を求めて自社のWebサイトを訪れることが期待されます。

この流入数の増加で、どれくらいCMが視聴者の関心を引き、行動を促したのかがわかります。

また、特定のキャンペーンやプロモーションコードをCMで紹介し、それがWebサイトでどれだけ検索されたかを分析することで、CMの具体的な影響を測定することも可能です。

購入時のアンケート

商品やサービスを購入した顧客に対して実施するアンケート調査は、テレビCMの直接的な効果を測る方法の一つです。

購入の動機やきっかけについての質問を通じて、テレビCMを見て商品を購入したという顧客の割合を把握することができます。

CMが実際に購買行動にどれだけ影響を与えたかを直接的に評価できるため、非常に有効です。

ただし、購入者全員にアンケートを実施するわけではないため、サンプル数や回答内容に偏りが出ないよう注意が必要です。

また、アンケート結果を他の測定方法と組み合わせて分析することで、テレビCMの総合的な効果をより正確に評価することができます。

テレビCMの費用対効果を上げるポイント

マーケティングや戦略のイメージ

テレビCMに限らず、動画は費用をかけようと思えばいくらでもかけられるものです。

ですが、何より大事なのは費用対効果で、どれだけ予算内で効果的な動画を制作し、ターゲットにアピールしていけるかが重要です。

長期的なアピールを通し、カスタマーや視聴者とつながっていける広告制作と運用のポイントをまとめました。

ターゲットに合った動画を制作する

テレビCMを成功に導くには、まずはターゲット層を正確に把握し、そのニーズに合わせた内容を制作することから始まります。

例えば、30代の子育て中の女性をターゲットにする場合、彼女たちが直面している問題や興味を持ちやすいトピックを取り入れたCMを制作することが重要です。

ターゲット層の日常生活や価値観を理解し、それに resonating (共鳴する) するストーリーを展開することで、視聴者の心を掴み、「買いたい」「利用したい」という気持ちを喚起させることができます。

ターゲット層の詳細な分析を行い、彼らが本当に求めているものを提供することが、高い費用対効果を実現する鍵となります。

視聴者にとって魅力ある動画を制作する

視聴者が最後まで見たくなるような魅力的な動画を制作することも、費用対効果を高める重要なポイントです。

開始5秒で視聴者の注意を引き、興味を持たせることができれば、CMのメッセージを最後まで伝えるチャンスが生まれます。

意外性のある展開、心を動かすストーリー、美しい映像、印象的な音楽など、視聴者の感情に訴えかける要素を取り入れることで、CMの記憶に残りやすくなります。

視聴者が共感し、感動する内容を心がけることで、ブランドへの好感度を高め、最終的な購買意欲につなげられるでしょう。

必要以上に制作費用をかけすぎない

テレビCMの制作には多額の費用がかかるため、予算内で最大の効果を出すことが求められます。

高額な制作費用をかけたからといって、必ずしも高い効果が得られるわけではありません

効果的なCMは、創造的なアイデアと戦略的なプランニングによって生まれます。

予算を効率的に使用し、シンプルながらもインパクトのあるCMを制作することが重要です。

また、ターゲット層がテレビを見ている時間帯や曜日を選んで放映することで、限られた予算内でも高いリーチを実現できます。

費用対効果を意識したCM制作と放映計画が、ブランドの目標達成につながります。

狙った放映枠や出稿タイミングで放映する

計画・立案のイメージ

テレビCMの放映枠には種類があり、種類によって費用や放映枠の買い方が異なります。

タイムCM

タイムCMは、特定の番組の前後に企業名や商品名をアナウンスする形式の広告です。

特定の番組の視聴者に直接アプローチできるため、ターゲット層と番組の視聴層が一致している場合に非常に効果的です。

例えば、子育て中の親をターゲットにする場合、子供向けの教育番組やファミリー向けの番組をスポンサーすることで、直接的に関心の高い層にメッセージを届けることができます。

スポットCM

スポットCMは、特定の番組に依存せず、様々な時間帯や番組間で流れる形式の広告です。

広い範囲の視聴者に対してブランドや商品を露出させたい場合や、短期間で集中的にプロモーションを行いたい場合に適しています。

スポットCMは柔軟性が高く、ターゲット層の視聴傾向に合わせて最適な時間帯を選ぶことが可能です。

SAS (Smart Ad Sales)

SAS (Smart Ad Sales) は、テレビCMの放映枠をより柔軟に購入できる新しい形態です。

15秒単位で放送枠を選択し、予算や放映タイミングを細かく調整できるため、特定のイベントやキャンペーンに合わせた出稿が可能になります。

SASを利用することで、必要な時に必要なだけ広告を放映し、費用対効果を高めることができます。

Webでの配信を活用する

テレビCMの効果を高めるためには、Webでの配信を積極的に活用することが重要です。

テレビCMと連動したWeb広告を展開することで、テレビだけではカバーできない層へのリーチが可能になります。

特に、動画広告やSNS広告は、テレビCMのコンテンツを再利用しやすく、ターゲット層に合わせた精密なターゲティングが可能です。

そのため、テレビCMの視聴者がさらに詳細情報を求めてWebサイトを訪れる流れを作り出すことができます。

また、リスティング広告やTVer広告を活用することで、検索需要のキャプチャやテレビ番組の視聴者への追加アプローチも効果的です。

自社のLP (ランディングページ) を充実させる

テレビCMを見た視聴者が興味を持ち、さらに情報を得ようと訪れるであろう自社のLP (ランディングページ)は、非常に重要な役割を果たします。

そのため、LPは充実させ、ユーザーフレンドリーにすることが必須です。

LPでは、CMで伝えきれなかった商品やサービスの詳細情報、購入方法、お問い合わせ先などを明確に提示し、訪問者の購買プロセスをスムーズに進めるように設計する必要があります。

また、CMで興味を持った訪問者を確実に顧客に変換するために、特別なプロモーションや限定オファーをLPで展開することも有効です。

一度で成功を目指さずにPDCAサイクルで運用する

PCDAのイメージ

テレビCMの運用においては、一度で完璧な結果を求めるのではなく、PDCAサイクル(Plan-Do-Check-Act) を回して継続的に改善していく姿勢が重要です。

CM放映後の反響をチェックし、そのデータを基に次のプランを立て、さらに実行していくことで、徐々に費用対効果を高めていくことが可能になります。

特にWebでの配信を活用している場合、リアルタイムでのデータ分析が可能なため、迅速なフィードバックが期待できます。

このサイクルを通じて、ターゲット層の反応を細かく分析し、より効果的なCMへと進化させていくことが、長期的な成功につながるでしょう。

効果の出るテレビCMを制作するなら「VideoWorks」!

VideoWorksバナー①-20231023

テレビCMは多くの方にリーチし、情報を広範囲に瞬時に伝えられるとても影響力のある広告ソースです。

ですがその分、放映コストがかかったり、高品質な動画制作が必要だったりと、費用も多くかかりやすくなっています。

自社内製するにも、ある程度の機材やマーケティング知識のある方がいないと、正しい運用や動画制作は難しいですよね。

ですが、制作会社や広告代理店に依頼すると、高額になりがちです。

できるだけ費用を抑えつつ動画制作お依頼したい方は、「VideoWorks」にご相談ください。

VideoWorksは、映像制作希望者とフリーの動画クリエイターをつなぐマッチングサービスです。

テレビCMを含め制作実績多数


Video Worksでは、年間1,000件を超える案件がやりとりされており、業界最大級の制作実績を誇ります。

テレビCMの制作も実績が多数あり、提案力のあるクリエイターが多数登録

今まで出会えなかったクリエイターと、新しく動画制作を進めたい方にぴったりです。

クリエイターのプロフィールや制作実績は、Video Worksのサイト上で簡単に確認できます。

Video Works制作実績:子供服通販サイト「devirock」プロモーション動画

※Youtube添付箇所※

数万円からプロに依頼できる

Video Worksは、間に代理店をはさまないためマージンが発生せず、クリエイターに直依頼できます。

企画からまるごとの依頼はもちろん、編集、アニメーション制作、ナレーションだけ、などのスポット依頼も可能。

自社では対応しきれない作業だけの依頼ができるので、数万円〜で依頼できる案件もあります。

依頼内容を投稿して集まった案件を比較検討できるので、一社一社見積りを問い合わせる必要もなく、手間を省けます。

最短即日で発注可能

現在10,000名を超えるクリエイターがVideo Worksに登録しており、ご依頼に対して提案が集まりやすくなっています。

そのため、条件が合えばご依頼から最短即日で発注いただけることもあります

また、専属コンシェルジュによる無料の利用サポートもあるので、「相談しながら依頼内容を決めたい」「手一杯なので依頼に合うクリエイターを紹介してほしい」といった対応も可能です。

広報の対応で重要なスピーディーさと充実度の高いサポートで、安心してご依頼いただけます。

まとめ 〜テレビCMで効果を上げるなら正しい動画制作と運用を続けよう〜

本記事では、テレビCMの効果について主に解説しました。

最後にもう一度おさらいしておきましょう。

  • テレビCMの効果は、主に「Speed UP」「Scale UP」「Interest UP」の3つがある
  • 認知度や信頼感の向上、販売促進といったメリットがあると同時に、コストがかかりやすくターゲティングの精度が上がりにくいデメリットがある
  • CM放映前後にしっかりとデータ収集し、広告計測を正しく行う必要がある
  • 視聴者にわかりやすく費用対効果の高いCM動画を制作する
  • ターゲットに届きやすい放映枠での放映を目指し、ほかのWeb広告やサイトと連動させる
  • 検証と改善を繰り返し、長期的に見たCM運用を行う

効果的にテレビCMを制作し運用していくには、正しい知識とデータ収集が重要です。

また、テレビCMのメリットや、ほかの広告とくらべての効果や特徴を把握しておかなければ、長所を活かしきれないままになってしまう可能性もあります。

ぜひ記事の内容を参考にしていただき、効果の出る広告制作と運用を行っていきましょう。

また、費用を抑えつつ効果を期待できる動画制作をご希望の場合は、ぜひ「Video Works」にご依頼ください。

高いスキルと提案力で、質の高いCM制作をお手伝いいたします。

関連記事

動画制作人材探すのに困っていませんか?
フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

採用動画の費用相場はどれくらい?制作料金を抑えるポ...

新着記事

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社3選!依頼先選びのポイントも解説

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社3選!依頼先選びのポイント...

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼す...

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解説

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解...

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解...

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも解説

動画編集をプロに依頼する場合の費用相場は?安く外注するためのポイントも...

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMの効果測定の方法や流れは?費用対効果を高めるポイントも解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解説

テレビCMって効果ある?費用対効果を高める動画制作や運用のポイントを解...

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/動画編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を動画制作会社/映像制作会社に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみてください。VideoWorksでの動画制作は、動画制作会社/映像制作会社に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。