動画制作/映像制作/動画編集ならクリエイターへ直接依頼できる「VideoWorks」
       
マニュアル動画

マニュアル動画を制作するメリットやデメリットは?15のポイントと活用方法も

マニュアル動画を制作するメリットやデメリットは?15のポイントと活用方法も
B!

「マニュアル動画はどういう場面で活用できる?」
「マニュアル動画のメリット・デメリットを知って制作・活用したい」

企業でもマニュアルを動画で制作し、活用する場面が増えてきた中で、上記のように情報をお求めのご担当者もいらっしゃるでしょう。

社内の人材育成や情報共有場面だけではなく、製品の購入者向けにも制作されるマニュアル動画。

基本的な動画制作ツールがあれば制作しやすい動画ですが、視聴者に有益な動画に仕上げるためには、マニュアル動画自体のメリットやデメリットを知ることが重要です。

本記事では、マニュアル動画のメリット・デメリットを中心に解説します。

マニュアル動画の種類や、紙マニュアルが適している場合についてもまとめているので、ぜひ最後まで読んでいただき、マニュアル活用にお役立てください。

VideoWorksバナー②-20231023

マニュアル動画の種類と特徴

マニュアル動画と一括りに言っても、用途によって内容や作り方は異なります。

マニュアル動画はおおまかに以下の4種類に分類されるので、その特徴を見てみましょう。

業務手順マニュアル

業務手順マニュアル動画は、新入社員や派遣、アルバイトに仕事の流れや作業手順を効率良く教えるために活用されます。

動画による説明は、従来の紙のマニュアルよりも時間を短縮し、指導係の負担も軽減できるため、時間や人的コストの削減が期待できます。

特にアルバイトなどの時間制約がある雇用形態であれば、最も有効に活用できますね。

さらに、動画ならではの視覚的な情報で、仕事の全体像が明確に伝わり、イレギュラーな対応も含めて効果的な研修が可能です。

研修マニュアル

研修用マニュアル動画は、新人教育において重要な役割を果たします。

映像を活用することで、社内マナーや名刺交換の仕方など、振る舞いや考え方を包括的に教育できます。

特に実技を伴う研修では、動画による指導がより実践的で効果的です。

管理職や店長職向けの店舗運営マニュアルとしても動画は有効で、さまざまな状況に応じた対応を視覚的に学べます。

営業・接客マニュアル

営業・接客マニュアル動画は、新人営業員にセールスプロセスや接客の基本を教えるために役立ちます。

動画は、トップセールスマンの成功事例を共有するなど、インタビューを交えながらの動画が効果的でしょう。

臨場感を持って伝えることができるため、新人社員のスキルアップにつながります。

接客マニュアルでは、動画を通じて、適切な話し方や態度を学べるため、高品質なサービス提供を目指す企業にとって有益です。

画像やテキストからは理解しにくい声色や身の振る舞い方やスピードなど、動画なら正しく伝わりますね。

製品チュートリアル

製品チュートリアル動画は、製品やサービスの使用方法をユーザーに分かりやすく伝えるために用いられます。

動画での説明は、特に複雑な製品やソフトウェアの操作を視覚的に示すのに適しています。

動画は制作の手間がかかる分、わかりやすさや丁寧さを持ってユーザーに情報を伝えられるため、クライアントの顧客満足度向上にもつながるでしょう。

また、アプリの特性を簡潔に伝える動画は、営業やマーケティングツールとしても大変有効です。

マニュアル動画活用のメリット7つ

マニュアル動画を企業で活用するにあたって、主に以下のメリットがあります。

内容を把握し、正しいマニュアル動画の導入を行いましょう。

  1. 直感的に理解しやすい
  2. 場所や時間を選ばずに視聴できる
  3. 短い時間で情報を伝えられる
  4. 長期的に見てコストを削減できる
  5. マニュアルの紛失リスクを防げる
  6. 教育内容や質を統一できる
  7. 外国籍労働者向けとしても活用しやすい

直感的に理解しやすい

動画マニュアルは視覚と聴覚の情報を同時に流すことで、直感的に理解しやすくなります

例えば、機械の操作方法や接客マナーなど、動画を通じて実際の動きや音声を示すことで、紙のマニュアルでは難しい細かなニュアンスや状況を伝えられます

動画では具体的な行動やトーンが視覚的に捉えられるため、理解度が向上し、記憶にも残りやすくなります。

場所や時間を選ばずに視聴できる

動画は場所や時間を選ばずに視聴できる点も、メリットのひとつです。

スマホやタブレットなどのデバイスを利用して、オフィス外や移動中でもマニュアルの内容を確認できます。

クラウド保存することで、必要なときにいつでもアクセス可能になり、忙しいビジネスシーンにおいても柔軟に対応できるのが魅力です。

ただし、セキュリティ面には注意が必要で、情報漏洩や持ち出しのリスクがあります。

企業秘密が含まれる内容の管理には特に慎重に行い、視聴該当者にも入念に指示しておきましょう。

短い時間で情報を伝えられる

動画マニュアルは、短い時間で多くの情報を伝えられます

従来主に使用されていた紙のマニュアルでは、長文や多くのページを必要としますが、動画では動きや音声を使って多くの情報をコンパクトに伝達できます。

また、視聴者は動画を受動的に見ることができるため、最後まで注意を向けやすく、情報吸収にも効果的です。

さらに、動画は繰り返し視聴できるため、理解が深まりやすいという点も大きなメリットです。

長期的に見てコストを削減できる

制作時の制作費用はかかりますが、動画マニュアルの導入は長期的なコスト削減につながります

紙のマニュアル制作には、印刷や製本のための費用がかさみ、特に大量に必要な場合はそのコストは顕著です。

動画マニュアルであれば、一度作成すれば複数人が利用でき、追加の印刷や配布コストが不要になります。

また、情報の更新や修正の場合も再印刷の必要がなく、資源消耗の観点から環境にも優しい選択肢となりますね。

マニュアルの紛失リスクを防げる

紛失のリスクを大幅に減少させられることも、メリットのひとつでしょう。

紙のマニュアルは紛失や破損の可能性があり、重要な情報が漏洩するリスクも伴います。

しかし、動画マニュアルはデジタル形式で保存されるため、紛失の心配がなく、必要に応じてアクセス制限やセキュリティ対策を施すことができます

クラウドストレージや社内ネットワークを利用すれば、いつでも安全にアクセス可能で、情報管理も効率的に行えます。

ですが、動画データも意図しないシチュエーションでの情報漏洩の可能性もあります。

引き続き情報の取り扱いには、会社をあげて注意しましょう。

教育内容や質を統一できる

マニュアル動画を活用することで、教育内容やその質を統一することが可能です。

従来のマニュアルでは、指導者による解釈の違いや教え方の差によって、教育の質にばらつきが生じることがありました。

動画マニュアルでは、同じ内容を全員が同じ方法で学べるため、教育の均一性が保たれ、一貫した品質の高い教育が実現します。

また、新しいスタッフが入社した際のオンボーディングプロセスをスムーズにし、時間と労力の節約にもつながるでしょう。

外国籍労働者向けとしても活用しやすい

動画マニュアルは、外国籍労働者向けの教育にも活用できます

言語の壁を越えるのが難しい外国人労働者でも、動画は映像を通じて直感的に理解できるため、日本語の理解がまだ十分でない場合でも作業手順や安全対策を伝えられます。

また、紙のマニュアルを複数の言語に翻訳するのは時間もコストもかかりますが、動画マニュアルなら自動翻訳機能を搭載したツールを用いることで、簡単かつ迅速に多言語化が可能です。

多様な言語背景を持つ労働者への教育が容易になり、企業の国際化への対応にも役立ちますね。

マニュアル動画活用のデメリット5つ

逆に、マニュアル動画を導入するにあたってデメリットやリスクがあることも忘れてはいけません。

動画では網羅できない内容を理解し、正しくフォローするためにも、しっかりと把握しておきましょう。

  1. 確認したいところが見つけにくい
  2. 優先順位を分けて保存できない
  3. ネットやデバイスなどの視聴環境が必要
  4. 動画制作のスキルが不可欠
  5. 修正や更新が難しい

確認したいところが見つけにくい

動画マニュアルでは、必要な情報の部分を探すのが難しいことがあります

特に、長時間の動画では目的の箇所を探し出すのに時間がかかるため、効率が悪くなることがあります。

より利用しやすくするためには、動画を細かく分割して、各セクションごとにタイトルや時間を明記すると良いでしょう。

優先順位を分けて保存できない

動画マニュアルでは、重要度や優先順位に基づいて情報を整理することが難しいです。

紙のマニュアルでは、重要な情報を説明している部分を強調表示したり、自分でブックマークを用いたりなどの情報整理ができます。

ですが、一方向に情報が流れていく動画ではそのようなカスタマイズができません。

特に動画の内容を理解するのに個人差がある場合に顕著になるため、補足資料を予め用意する等の対応を検討しましょう。

ネットやデバイスなどの視聴環境が必要

動画マニュアルを視聴するためには、インターネット接続や専用の端末が必要となります。

特にネット環境が整っていない場所や、端末を持っていない方にとってはマニュアル視聴が難しくなってしまいます。

また、高齢者もデジタルの対応が難しい場合もあるので、年齢層にも配慮が必要です。

動画マニュアルを導入する際には、視聴環境面の対策も考慮しましょう。

動画制作のスキルが不可欠

効果的な動画マニュアルを作成するには、一定の技術と経験が必要です。

簡単に映像をつなぎ合わせた動画であれば、スマホでの撮影や無料ツールを駆使し、制作もできるでしょう。

ですが、本格的なマニュアル動画の制作となると、撮影、編集、ナレーションなど、多くのスキルが必要です。

知識がない場合は外部の専門家に依頼することになり、コストが発生することも念頭に入れておきましょう。

修正や更新が難しい

動画マニュアルは、一度制作すると内容の修正や更新が難しい点が挙げられます。

例えば、マニュアルの一部分を変更したい場合には、動画全体を再編集する必要があるため、時間と労力がかかります。

紙のマニュアルや電子文書と比べて、更新が頻繁に必要な環境では不便となる可能性があることを理解しておきましょう。

マニュアル動画をメリット性を高めるポイント3つ

マニュアル動画導入のデメリットをカバーしつつメリット性を高めるために、制作や活用において気をつけたいポイントがあります。

主に以下に着目してマニュアル環境を整えてみましょう。

短めの動画に分けて用意する

効果的なマニュアル動画を制作するためには、短い時間で伝えたい内容を絞り込むようにしましょう。

例えば、全体的な流れを説明する動画と、個々の操作手順を細かく説明する動画に分けることで、視聴者は必要な情報をすばやく見つけやすくなります

動画の長さは、できるだけ5分以内に収めましょう。

短い動画を制作することで、視聴者は区切りをつけながらマニュアルの学習を進めることができ、視聴者の集中力を維持しやすくなる効果もあります。

情報を盛り込みすぎない

マニュアル動画に情報を詰め込みすぎると、視聴者は重要なポイントを見落とす可能性が高まります。

そのため、動画内で伝える情報は必要最低限に留め、わかりやすく簡潔なメッセージを心がけることが大切です。

各動画で扱う内容を明確にし、視聴者が求める情報に直接的に焦点を当てることで、動画のメリットを最大限に活かせます。

テキストなどのアナログ資料を併用する

マニュアル動画は非常に便利ですが、全ての情報を動画でカバーするのは難しいことがあります。

そのため、動画で伝えきれない細かい部分や、頻繁に参照する必要がある情報は、テキストや紙のマニュアルで補完することが効果的です。

また、動画で触れた内容の詳細を記載した資料を用意することで、視聴者はより深く内容を理解しやすくなります。

動画と併用することでより効率よく学習でき、自分の理解度に合わせて資料を整理できるため、相乗効果が期待できるでしょう。

紙マニュアルが推奨される場合

動画マニュアルについて、メリットやデメリット、効果をあげるためのポイントについて解説しました。

結論からすると、マニュアルは動画の方がメリットは多いのですが、紙媒体でのマニュアルの方が好まれる場合もあります

以下の場合は、動画よりも紙でのマニュアルの制作を重視すると良い場合が多くあります。

状況に応じてマニュアルの媒体を選択しましょう。

高齢の受講者が多い場合

一般企業の社員向けであれば動画の方が効果的ですが、高齢の受講者に対しては、動画マニュアルよりも紙のマニュアルが適しています。

紙マニュアルの利点は、技術的な操作や特別な機器が不要であることです。

高齢者の中には、動画を再生するためのデバイスやインターネットの使用に不慣れな方もいますよね。

紙マニュアルであれば、視聴前につまずくこともなく、スムーズに情報を得られます。

また、作業したりコミュニケーションをとったりしながらの方が覚えやすい方も多い年齢なので、その場でメモをとったりできる紙媒体の方が、使い勝手が良い場合もあるでしょう。

情報更新が多い場合

頻繁にマニュアル情報が更新される場合も紙のマニュアルが良いでしょう。

動画マニュアルの場合、情報の更新ごとに新たな動画を撮影し、編集する必要がありますが、時間とコストの両面で負担が大きいです。

一方、紙のマニュアルであれば、必要な部分だけを簡単に修正し、新しいバージョンを印刷することができます。

迅速かつ柔軟に最新の情報を提供できるため、情報の更新が少ない内容については動画を、更新が多い内容は紙媒体を使用するなどしましょう。

受講者の理解度や知識に差がある場合

紙のマニュアルが推奨される3つめに、受講者の中に理解度や知識の差が大きい場合があります。

紙のマニュアルであれば。個々の受講者が自分のペースでマニュアルを読み、理解を深めることができます。

また、紙のマニュアルでは、重要なポイントにマークをつけたり、空いている箇所にメモをとったりすることもできますね。

受講者は自身に必要な情報を整理しながら効率的に学ぶことができ、それぞれが理解しやすいように学習を進められるでしょう。

マニュアル動画のメリットや効果を最大化して制作するなら「Video Works」!

VideoWorksバナー②-20231023

マニュアル動画は一度制作すればその後も繰り返し利用でき、何度も視聴することで内容の理解を深めやすくなることがわかりました。

逆にデメリットもあるため、ポイントを正しく理解したうえで最大限に動画を活用できるよう、導入には注意が必要です。

企業の体制やマニュアル内容によって、どのような動画を制作するべきか異なってきます。

マニュアル動画を自社内製しても良いですが、「制作している時間がない」「制作してみたが思ったような品質のものにならなかった・・・」という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめなのが、企業の用途やニーズに応えつつ、メリットを最大限に活かしたマニュアル動画を制作できる「Video Works」です!

Video Worksは、映像制作希望者とフリーの映像クリエイターをつなぐマッチングプラットフォームです。

予算に合った動画制作や相談内容に応じた提案も可能で、多数の動画制作実績があります。

ポイント①:マニュアル動画をはじめとした動画制作の実績多数

Video Worksは、マニュアル動画をはじめとした動画制作の実績が多くあります

年間で1,000件以上の案件を承っており、リピーターが多いことからも満足度の高さがうかがえます。

多岐にわたるジャンルで豊富な経験を持つクリエイターが登録しているため、編集だけ、ナレーション制作だけなど、特定のニーズにも柔軟に対応可能。

さらに、独自の厳しいスキルチェックにより高品質な制作が可能で、クリエイターのプロフィールや実績はサイト上で簡単に確認できます。

Video Works制作実績①

Video Works制作実績②

ポイント②:数万円〜クリエイターに直依頼できる

数万円〜の低価格でマニュアル動画の動画依頼ができることもポイントです。

企画から丸ごとの制作依頼から、撮影は自社で行い、編集やナレーションといった部分的な依頼をしたい、といったことももちろん可能です。

また、代理店を介さず直接クリエイターに直発注できるため、コストパフォーマンスが高く、数万円〜依頼できます。

依頼方法も、サイトに利用登録したあとに予算や依頼内容を専用フォームに記入するだけです。

依頼候補先ごとに見積りをとったり問い合わせたりする必要がないので、発注までの手間が大幅に短縮できます。

ポイント③:最短即日で発注できる

述べ10,000名以上のクリエイターが登録しているため、依頼に対して提案がきやすく、最短即日での発注も可能です。

もし依頼に対してクリエイターが見つからない場合でも、専任のコンシェルジュが適切なマッチングを提案してくれるので、安心して依頼できます。

また、クリエイターには発注前にオンラインで面談もできるため、事前にどういうふうに動画の制作を進めたらいいかなど、細かい部分の相談をしてから決められます。

依頼に対してさらにクリエイターから提案をもらえることもあるので、より効果的な制作が期待できますね。

まとめ 〜マニュアル動画はメリットを最大限に活用しよう〜

本記事では、マニュアル動画のメリットやデメリットについて解説しました。

動画は大変便利ですが、場合によっては、紙のマニュアルの方が使い勝手が良いこともあります。

また、動画の補足内容を紙のマニュアルで用意したり、研修で使用したりする場合は、実演や実践で体験を交えることで、より効果的になることもあるでしょう。

ぜひ記事でまとめた内容を参考に、マニュアル動画を最大限に活用しましょう。

また、マニュアル動画制作の外注を検討されている場合は、ぜひVideo Worksへご依頼ください。

企業の状況や都合に応じて対応できる柔軟性で、メリットを最大化できるマニュアル動画制作をお手伝いします。

関連記事

動画制作人材探すのに困っていませんか?
フリーの動画クリエイター募集中

ピックアップ記事

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!...

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作をプロに依頼する場合の相場は?必要な制作費...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

動画制作の依頼から納品までの流れを解説!知っておく...

新着記事

動画制作の報酬に源泉徴収は必要?動画編集やフリーランスの場合も解説

動画制作の報酬に源泉徴収は必要?動画編集やフリーランスの場合も解説

失敗しない映像・動画制作会社の重要な選び方!動画制作を依頼する場合のポイントは?

失敗しない映像・動画制作会社の重要な選び方!動画制作を依頼する場合のポ...

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!依頼の際に重要なポイントも解説

企業におすすめの動画制作会社/映像制作会社10選!依頼の際に重要なポイ...

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイントも解説

プロモーション動画の制作でおすすめの制作会社4選!依頼先選びのポイント...

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼するメリットも解説

展示会やイベントの動画制作に強いおすすめ動画制作会社3選!プロに依頼す...

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解説

ウェビナーの動画制作に強いおすすめ制作会社3選!配信方法のメリットも解...

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

動画制作の企画書の作り方は?企画に進めたくなる作成ポイントも解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

研修動画の勘定科目は研修費?外注と自社制作で異なる点についても解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解説

イベント動画の効果やメリットはある?最大限に活用するためのポイントを解...

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

研修動画を用いるメリットとは?デメリットや制作のポイントも解説

人気記事

カテゴリー

VideoWorksで制作依頼のできる動画ジャンル

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作/映像制作/動画編集を個人クリエイターに依頼するなら「VideoWorks」

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を動画制作会社/映像制作会社に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみてください。VideoWorksでの動画制作は、動画制作会社/映像制作会社に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。