動画制作・映像制作ならクリエイターへ直接依頼のVideoWorks
       
プレスリリース

ショート動画をバズらせる!プロクリエイターを選出 VideoWorksクリエイターに聞く「伸びるショート動画の設計方法」

日本最大級の動画制作に特化したクラウドソーシングプラットフォーム「VideoWorks」(ビデオワークス)を運営するCrevo (クレボ)株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:柴田憲佑、以下「Crevo」)は、VideoWorksで活躍するプロ動画クリエイターのショート動画制作経験についての調査から、媒体に対する深い理解や多数の実績を持つクリエイターを選出しました。また、代表するクリエイターに「伸びる・支持されるショート動画の設計方法」に関するノウハウのヒアリングを行った結果について、その内容を一部公開します。

VideoWorksでは無料相談会を随時行っております。ショート動画に関連するご相談など、お気軽にお問い合わせください。
〈相談フォーム〉https://videoworks.com/contact/?post_id=110019081
※お問い合わせ詳細欄に「伸びるショート動画の設計方法」とご記載いただくとスムーズです。

ショート動画の盛り上がり ーTikTokがYouTube超え 月間約一日分はショート動画にアクセス-

 ​「ながら見」の情報収集で視聴者数、視聴時間の急増 

 ショート動画のアプリとして代表されるTikTokは、2022年の四半期のダウンロード数ランキングでは全世界で2位(※1)となっており、加えてユーザー1人当たりの平均月間視聴時間は、前年同期比4割増の23.6時間と大幅に増加し、YouTubeの23.2時間を上回りました。

(出典:36KrJapan 「TikTokの平均月間視聴時間、YouTubeを上回る」 22年1~3月期 https://36kr.jp/195420/)

 また、YouTubeが2020年から開始した、最大60秒までの動画で構成される「YouTube Shorts」の月間視聴者数は、全世界で15億人を超えています。

 このように誰もがショート動画を視聴するようになった流行の要因としては、移動中や休憩中など場所や時間に縛られず、気軽に“ながら”視聴ができること、高度なレコメンド機能により自身の興味とマッチした動画を視聴できることなどが挙げられます。

 また、動画視聴の目的として「情報収集」と答えたユーザーは全体の20%(※2)であり、娯楽としてだけでなく情報収集のために動画を視聴するユーザーが増えています。

(※1)出典:MarketData”Daily Time on Mobile Passes 5 Hours in Q1 2022 Among Top 10 Mobile-First Markets” https://www.data.ai/en/insights/market-data/q1-2022-market-pulse-regional/
(※2)出典:株式会社スプレッドオーバー【情報収集の新常識!これからのインターネット動画に求められるものとは?】https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000048692.html

企業のショート動画制作における課題

見られる動画・見られない動画の二極化

 ショート動画の盛り上がりに伴い投稿される動画も急速に増える一方で、数百万回再生される“見られる動画(バズ動画)”と、数百回以下の再生回数で頭打ちになってしまう”見られない動画”との二極化が進んでいることも事実です。いかに伝えたいメッセージを適切に伝え、“見られる動画”を制作するかということに課題を感じている人も少なくありません。

ショート動画が“バズる”ノウハウとは   ー動画制作の3ステップを最短10日間で トレンドを逃さず公開-

VideoWorksプロクリエイターに聞いた企業のショート動画制作の攻略法

 TikTokやYouTube Shortsでは、フォロワー数に関わらず動画コンテンツが視聴者に支持されれば大規模な拡散が狙えるロジックのため、多くの企業や個人が認知を獲得すべく参入していますが、前述したように再生数に対する課題も多く見受けられます。

 では、どのようにすれば伸びるショート動画を制作できるのか、豊富な実績を持つVideoWorksのクリエイターに動画制作の設計方法やノウハウのヒアリングを行いました。ここでは企業のショート動画制作という観点で、制作プロセスに沿って支持されるショート動画を制作するためのポイントを纏めました。

ショート動画制作時のポイント


①企画
・社外の担当者が行う場合は、ブランディングと企業理解に特に時間をかける
・参考映像、競合他社の映像、SNSのトレンド、世の中の情勢等を常にリサーチ


②演出・制作・撮影
・少数精鋭の制作体制
・様々な表現方法で世界観を表現
・ある程度の制作準備ができたら撮影
・思いついたら撮影、編集の時に考える


③編集
・時間をかけすぎない(時間をかけた動画が支持されるとは限らない)
・開始2秒にこだわる(興味を惹くタイトル、違和感など)
・トレンド意識
 映像尺(15s、30s、60sなど)/時代に沿った内容 /BGMのテンポや選び

ショート動画のトレンドの移り変わりは目まぐるしく、様々な方法でトレンドを常にリサーチすることが必要不可欠です。また、プロのクリエイター同様に企画から編集、リリースまでの制作過程を最短約10日間でスピーディに進行するためには表現の引き出しをたくさん持っておくこと、企業SNS担当者とクリエイターが直接やりとりすることによってPDCAを最速で回していくことが重要です。

 さらに、プロセスごとの分業をなるべく減らし、少数精鋭のチーム編成にすることでクオリティやバリエーション、スピードが格段に上がり、常に最新のトレンドを取り入れた動画制作を実現します。

VideoWorks ショート動画部門プロクリエイターのご紹介

ノウハウを熟知した、豊富な実績を持つクリエイター陣

@Sho************
クライアント映像制作実績)
INSTAGRAMリール60万再生、TIKTOK40万再生。
YOUTUBEでは300万再生の動画を複数制作。
海外広告賞グランプリ・ギネス世界記録をはじめ、国内外20以上の広告映像賞を受賞。広告とバズの両立が強み。

〈制作実績〉

@son************
YouTube誘導やPR動画の用途でこれまでに400本以上の縦型動画を制作。マンガを利用したMVから実写動画を使用した動画まで幅広いジャンルを対応できることが強み。企画から運用までワンストップで受注可能。

〈制作実績〉

@ann************
YouTubeで50万再生の動画を複数制作。普段はタレントのYouTubeチャンネルの編集を担当しており、主にバラエティ、ゲーム、購入品紹介、VLOG系の動画を制作。
モーショングラフィックスを用いた広告動画や切り抜き動画等も対応可能。

〈制作実績〉

@xun************
007年よりFMラジオ局TOKYO FMの新規事業「デジタルラジオ」の技術・制作スタッフとして企画や映像・音声の収録、編集に携わり、2015年からは、YouTube動画企画「KUMON笑顔100点満点大学生リレー」(https://www.youtube.com/channel/UCBZ8xXI5d1iPqf9OivE3qHA)で演出、収録、編集、公開、アクセス解析を担当。
チャンネルの総再生回数は、現在までで788万回、動画の平均視聴者保持率は80%を超える。
アンケート調査ではKUMON新規入会者のうち「ラジオ番組とYouTube動画を視聴したことがある」という方は70%以上となっており、広告効果についても高い評価をいただくなど、「ターゲットに届く」コンテンツ企画・演出力、ファンづくりに貢献する編集力が強み。上記の派生企画として、2020年より1年間、収録映像や写真を元にしたInstagramへの投稿も行う。

〈VideoWorksへのご相談はこちらから〉
今回ご紹介したクリエイター以外にもショート動画に精通したクリエイターが多数登録しており、
案件ごとに最適なクリエイターとマッチングすることができます。
https://videoworks.com/contact/?post_id=110019081

■VideoWorksについて

「直依頼」だから、納得のいく価格とクオリティ。日本最大級の動画制作サービス
URL:https://videoworks.com/

企業とプロ動画クリエイターが直接つながることで、「安く」「早く」そして「クオリティ」の高い動画制作を実現することを可能とする日本最大級の動画制作サービス。それが「VideoWorks」です。
国内外14,000人以上のプロクリエイターが所属しており、「低価格で制作したい」「クオリティにこだわりたい」「短納期で制作を依頼したい」など様々な企業の要望に合わせて、最適なクリエイターと出会うことができます。


■Crevo株式会社について

URL:https://crevo.jp/

Crevoは「動画新時代のクリエイター経済圏をつくる」をミッションに掲げ、クリエイティブの価値が最大限発揮されるインフラの構築を目指しています。動画についてのあらゆる知見を備えた総合クリエイティブカンパニーとして、日本最大級の動画制作サービス「VideoWorks」や制作管理ツール「VideoWorksクラウド」といったサービスをはじめ、大手企業からスタートアップまで2000社以上の動画制作実績を誇るプロダクション機能を提供しています。

【Crevo株式会社】
会社名 :Crevo株式会社(英文名:Crevo Inc.)
事業内容:動画制作および動画制作サービス「VideoWorks」の運営
代表者 : 代表取締役 柴田 憲佑
所在地 : 東京都目黒区中目黒2丁目10−15 フロンティア中目黒 3F
設立  : 2012年6月

VideoWorksで、
気になるクリエイターに仕事を
相談してみましょう。

仕事依頼できる動画の種類

テレビCM Web広告 デジタルサイネージ Webサイト 展示会 Youtube Facebook Instagram Twitter ECサイト アニメーション モーショングラフィック CG 3DCG AR VR MR ドローン 撮影 編集

動画制作, 映像制作

動画制作のニーズは多様化しながら高まってきました。従来のように結婚式で使う個人的な動画などに加えて、大切な思い出のシーンを動画にして残すといった方法も人気です。映像制作を企業に依頼すると費用が高額になりやすいので、個人クリエイターに依頼するといいでしょう。動画制作を個人に依頼するなら「VideoWorks」がおすすめです。気になる費用や相談も無料で対応してくれるので安心できます。映像制作のマッチング実績が豊富で多くのクリエイターが登録しているため、得意な分野に依頼できるのが大きなメリットです。

「VideoWorks」は個人用よりも企業で活用される動画制作がメインで、用途に合わせた依頼ができます。たとえば、新商品の紹介や説明、店舗のプロモーションなど、企業のニーズに合う動画制作が可能です。映像制作の知識がなくても、まずは相談してみるといいでしょう。VideoWorksでの動画制作は、企業に依頼するよりも費用が安くなるうえにマッチング実績の多さが人気の理由です。

電話で相談する