動画制作・映像制作ならクリエイターへ直接依頼のVideoWorks
       
プレスリリース

日本最大級の動画制作サービス「VideoWorks」コロナ禍で需要爆増。 流通総額15億円を突破!

Crevo (クレボ)株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:柴田憲佑、以下「Crevo」)が運営する日本最大級の動画制作サービス「VideoWorks※1」(ビデオワークス)は、流通総額が15億円突破した事をお知らせ致します。
コロナ禍によって多くの企業がリモートワークを導入し、「非対面・非接触」の時代が生まれました。これを前提としたニューノーマルな社会においては、ステークホルダーに対する従来のコミュニケーション手法も大きく変化しました。
また、動画配信サービスの急速な拡大も受けて、企業における社内外のコミュニケーションを動画に置き換える動きが急速に加速しました。その影響を日本最大級の動画制作サービス「VideoWorks※1」は大きく享受し、流通総額は、2020年10月-12月までの対前年比は201%超えとなり、短期間で15億円を突破する事ができました。
「動画新時代のクリエイター経済圏をつくる」をミッションに掲げるCrevoは、今後もクリエイティブの価値が最大限発揮されるインフラの構築を目指します


<VideoWorks流通総額直近3ヶ月対前年比較>





※1「VideoWorks」は、「できる限り低価格で制作したい」「クオリティにとにかくこだわりたい」「短納期なのだけど制作を依頼したい」といったような、企業ごとのさまざまな要望に応えることのできる最適なクリエイターと出会いを提供する、7,000名以上のプロクリエイターが所属する日本最大級の動画制作サービスです。
 https://videoworks.com/

■流通総額が急増加した背景

コロナ禍では、できる限り「非対面」でのコミュニケーションが求められるようになり
これまで「対面」で行っていた様々な活動が「動画」に置き代わりました。



新型コロナウイルスの拡大防止に伴う「ステイホーム」施策の影響により、人々にとって動画がより身近な存在になり、コミュニケーションの手段として動画を活用しようという流れが生まれてきました。それに伴いこれまで「VideoWorks」に寄せられていた動画依頼も変化し、実写やアニメーションといった動画の種類だけではなく、制作過程も完全オンラインにしたい、社内のインナーコミュニケーションに活用したいなど、制作手法や活用方法も多岐に渡るようになってきました。そんなニーズにすべて対応できたことによって、流通総額の大きな拡大を実現することができました。

■コロナ禍により大きく変化した動画活用法


01.    社外コミュニケーションを動画に置き換え
クライアントや一般消費者への営業資料、
パンフレットやサービス紹介資料を動画に作り変える企業が増加しました。

<大手マーケティング会社様の声>
国内での新型コロナ感染拡大状況を踏まえ、当社では全部署がテレワークへの移行を進めていました。それに伴い対面の営業が行えなくなり、オンライン商談で活用できる適切な動画制作への注力するようになっていきました。動画はパンフレットでの文字情報よりも記憶に残りやすく、イメージを的確に伝えることができます。また、短い時間で多くの情報を的確に伝えられます。営業担当者は今まで営業資料で説明していた時間を短縮しやすくなり、その分、お客様の声にヒアリングの時間を割くことができるため、より質の高いコミュニケーションをとることができているという声もあります。「VideoWorks」で制作したことによって、いままで属人化していた営業の質が動画によって安定させることができました。助かっています。


02.リモートワークに対応できる「非対面・非接触」の完全オンライン制作
「非対面・非接触」のコミュニケーションが求められるのは動画制作過程も同様です。
制作の依頼から納品までを「VideoWorks」の制作管理ツールを使用することで、
完全オンラインでのコミュニケーションを望まれる企業が増加しました。


<大手化粧品会社様の声>
従来、動画制作の方法は、広告会社とオフラインでの定例を設定して進捗を管理していました。しかし、コロナ禍によってリモートでのコミュニケーションに移行したことで、これまで対面でやりとりしてきた方法が機能しなくなり、制作のやり取りが難しくなってしまいました。そんなとき「VideoWorks」を知りました。このサービスでは制作管理ツールを使用して、動画制作に関わる全ての人とオンラインでスケジュールを一元管理でき、チャットでやりとりもできるため、スムーズにコミュニケーションをとることができました。またそれによって、ルーズになりがちだった制作期間をきっちり守ることができ、実際には短縮することもできました。加えていまは「非対面・非接触」をみんなで守らないといけない時期。そんな時期だからこそ仕事依頼から、動画の納品までを完全オンラインで行うことができたのは非常にありがたかったと感じました。

03. リモートワーク下におけるインナーコミュニケーションに動画を活用
リモートワークによって社内コミュニケーションの希薄化を解決するために、
トップによるメッセージの配信、社内イベントのライブ配信、
情報共有を動画に変換する企業が増加しました。


<大手消費財メーカー様のお声>
社内のデジタルトランスフォーメーション化を急速に推し進めて行く必要があり、新たにDX推進部を会社として立ち上げました。新部署設立にあたり、設立の目的や、活動内容を社内に浸透させていく必要があったため、動画をコミュニケーションツールとして活用することにしました。動画は、社員が時間や場所を選ばずとも、繰り返し視聴ができるため、従業員に深い理解を浸透させることができます。また動画の視聴状況によって、従業員の反応を数値で把握する事ができたので、その点も動画を制作してよかったと感じました。

「VideoWorks」について

「直依頼」だから、納得のいく価格とクオリティ。日本最大級の動画制作サービス
URL:https://videoworks.com/



企業とプロ動画クリエイターが直接つながることで、「安く」「早く」そして「クオリティ」の高い動画制作を実現することを可能とする日本最大級の動画制作サービス。それが「VideoWorks」です。
国内外約7,000名のプロクリエイターが所属しており、「低価格で制作したい」「クオリティにこだわりたい」
「短納期で制作を依頼したい」など様々な企業の要望に合わせて、最適なクリエイターと出会うことができます。

【Crevoについて】
「動画新時代のクリエイター経済圏をつくる」をミッションに掲げ、クリエイティブの価値が最大限発揮されるインフラの構築を目指しているCrevo。日本最大級の動画制作サービス「VideoWorks」や、グッドデザイン賞を獲得した制作管理ツール「VideoWorksクラウド」といったサービスをはじめ、大手企業からスタートアップまで1000社以上の動画制作実績を誇るプロダクション機能を備えた、動画についてのあらゆる知見を備えた総合クリエイティブカンパニーです。

【Crevo株式会社】
会社名 :Crevo株式会社(英文名:Crevo Inc.)
事業内容:動画制作および動画制作サービス「VideoWorks」の運営
代表者 : 代表取締役 柴田 憲佑
所在地 : 東京都目黒区中目黒2丁目10−15 フロンティア中目黒 3F
設立  : 2012年6月
資本金 : 2億1,494万8,000円
URL   : https://crevo.jp

【お問合せ先】
Crevo株式会社
広報担当 山下・関根
TEL:03-6851-4881
E-mail: pr@crevo.jp

VideoWorksで、
気になるクリエイターに仕事を
相談してみましょう。

  • ホーム
  • お知らせ
  • 日本最大級の動画制作サービス「VideoWorks」コロナ禍で需要爆増。 流通総額15億円を突破!